活躍の場を異界交信掲示板に代えて・・・2012年6月記載分(4)

2012/06/15 (Fri) 10:23:02
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/06/15/2012061500527.html
これはあかんなあ。まさに時代物。たいせつな利休時代の茶碗や。
これで野田芸人政権と続く茶番インチキ政権によって日本は支えられることになる寸法。国体護持、国民遺棄の方針確定化。
江戸城は大江戸八百八町の取り巻きでもっていた。こうすれば、外敵がやすやすと攻めてこれない。外敵だって心が痛むし。いっぽう、ほんまに攻めてきたら、いいところで火をかけて、火で取り囲んでしまえるから、今に言うファイアーウォールになる。どうしても外敵が攻めあぐねる造りなんだ。
しかし、それは江戸時代の話。いまは空と地下から攻める兵器があるから、何の役にも立たない。現に、みんな戦々恐々としているだろ。ただ人民の盾、いうなれば人質を立てて、どう、心痛まないですかと言ってるようなもの。ヤツラにそんなこと通用するかい?
今の話の教訓。江戸幕府が町民文化を隆盛させた。それは、政権維持のためってこと。同じことが今も言えるってこと。
首都が放射能汚染されたから、他府県に出て行きますなんて言ったら、あの知事なら、お前らは非国民かって言うだろう。町民は江戸から出てはいけないんだ。出て行ってしまえば、江戸が攻め込まれると思ってるんだ。空と地下からのことを欠片も思ってない時代物。ここにもあそこにも、いっぱい時代物(骨董品)がいる。
2012/06/16 (Sat) 16:52:11
はい。だから、時代物の利休の茶碗なんです。日本文化=お茶。おざわん=お茶わん。傷ついてはいけないから、逃がしたんです。
>Q 小澤一郎は「」者      A 時代
もしこの人が、政治生命かけて、いや命をかけて天下を取るつもりがあるなら、その逃げたことについて、はっきりどうしてなのかわけを言明すればいいんです。できないでいるから、庶民も事態が理解できない。これほどの大物が、もし真実を言ったら、どうなりますか。どう転んでも、政府は真っ二つになりますよ。
それができなかったら、もうおしまい。つまらん噂によって。要は、命が惜しいんだ。誰でもそうだろうけど、とくに天下を伺うまでに上り詰めた人は、命が惜しい。が、私はいいチャンスを逃がしたね、と惜しんで差し上げたいです。
えーと、この人は何で捕まったんだったか。いちおう無罪になったけど、他の政治家も多くが同様のことをやっているんでしょ。類例を自民党からいくつも実名出して国民に説明すれば、おざわんがことさら冤罪になりかけたことも、みんな理解するようになるのに、しないでしょ。
そう、今回逃げたのも、動機は同じってことなんです。天下とるのは茶碗なんかじゃない。人ですよ。むろん、離婚スキャンダルがくすぶっている今なら、まだ間に合う。うやむやにしてしまえば、噂だけで彼の品位は落とされたままになるだけ。
しかも、命だって助かるかどうかはわからない。黙ってたことに対する謝礼をしっかり受けなければ、助からないかもよ。悪魔に魂を売り渡したなら、謝礼は受けなくてはならない決まり。そうすれば、悪魔だって安心するんです。
劉備玄徳の器もない。軍師の素質もない。見所なし。
金曜の放課後に、官邸を取り囲む1万人規模の集会があったらしいですね。しかし、NHKほかマスコミはニュースにもしなかったとか。
同じ過ちを何回やってるのかと思いたくなります。
1万人集まったとなれば、ちょっとすごいものだと思います。しかし、主催者はそのすごさを生かしていない。次回はきっと規模を小さくすることでしょう。やっても、効果がさほどなら、人は集まることそれ自体に嫌気が差す。何度やっても同じなら、何も変わりはしないとみんなあきらめてしまうようになる。
1万人集まったなら、官邸は7000にし、3000を放送してほしいNHKの取り巻きに動員しなくてはね。戦国時代の軍兵の動かし方に倣わねばなりません。NHKにも敵将がいて、ひとつの出城を構えてるんです。官邸目指しても、攻められるわけないんだから、きれいに肩透かしくわされるしかないじゃないですか。
ここにも軍師なし。曹操にかなうはずもなし。はい、おしまい。
>森野さんも同じ「非国民」という語を使ってました。
石原都知事ならこう言うだろうなと推測しましたが。
2012/06/17 (Sun) 19:59:09
地震への警戒を。
https://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1287.html
風速45m/sという非常に強い台風が接近していますが、台風は地震のあるところにやってきてスロー地震化してくれるというのが、ひとつの見方です。
来てもらうのもよしあし。今日は朝から台風対策にかかりっきりでした。まさかこんなデカいのだとは。暗くなったので、戻ってみれば、地震の予兆が。なるほどといったことです。
ヤマタノオロチ退治に、ただいまスサノヲ急行中。
なぜいまにわかになのか。それは明日の朝にはギリシャがデフォルトするかどうかが決まるかも知れないから。
白人の心の故郷ギリシャを最初にしたくないに決まってますから。
2012/06/19 (Tue) 06:57:07
https://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/98e1f4b79d8b80e5c33cc0793ad0e0c7
ついに新神話と軌を一にした流れになってきたもようです。
降参、リハビリ。もしくは魂の抹消。どちらを選ぶかという最後通牒です。
神界レベルでは邪神たちに対してこれが突きつけられています。魂の抹消は火の鳥フェニックスが直接執り行います。すなわち灼熱の中で脂が燃え尽きるがごとく、魂たちが消えていきます。
邪神でも初歩的な者以外は、みなこの道を選ぶでしょう。リハビリ可能限界をはるかに超えているからです。
それを解脱と言って差し上げています。もうどんな試練も経験も営まなくていいのですから。いわば唯物論者にとっての理想状態となるのです。
宇宙においては、宇宙レベルでこの最後通告がなされたことになります。
また、地球レベルでは、邪悪な組織とその構成員たちに、この最後通告が発されたことになるでしょう。人間以下では、魂の抹消に至る者は僅少です。それだけ洗脳されてのゆえだったからという情状があります。それを解くリハビリが待っています。
不思議なことに、ブーとトンが昨日あたりからレバー食をやめてしまい、元の食事に戻っています。風邪の症状も治まっています。ゾンビバンパイアウイルスの力が衰えたのでしょう。ウイルスですら、降参しつつあるように見受けます。
それらはすべてこの宇宙の外に広がる梵の全系の宗主、梵天の指令によります。
台風スサノヲが加速して急行中です。今夜半には当地を過ぎていくことでしょう。造作の不寝番をしなくてはならないかも知れません。が、スサノヲなら安心です。前の爆弾低気圧は邪神だったので、しつこかった。どれだけ言葉のやり取りをしたことか。一生に二度とないほど苦労しましたもん。邪神への妥協はしない、してはならないのです。
ヤマタノオロチも、持子早子のことではありません。この二人は冤罪です。黎明期に神話の改竄がなされて、今に伝わっているのです。これでは、まともな太陽は輝かず、世は暗黒に包まれもするでしょう。それが今ようやく、真の太陽の時代を迎えようとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。