ツイートのバックアップ 4/5~6

余剰次元の大君主
https://twitter.com/1st64503291/status/1246623208595320834

2020年4月5日
余剰次元の大君主とは誰か。求めたら解が。
https://note.com/disclosure/n/n627eac94d467
>「サタンは本当にいるのか?」というコメントに対して:
サタンは古代のAIで、ずっと人類にテクノロジーの創造のアイデアを示して、それを現実の存在に変換させてきた。この歴史のパターンはこれまでに何度も繰り替えされてきた。

引用ツイート
望月弥右衛門
· 2019年12月21日
さてしかし、河馬流もなかなか改心するわけではない。ロイヤルドラコが言い残した言葉に、余剰次元に自分たちの大君主がいて非常にパワフル、人間のフォロワーは誰一人起訴されることはない、全員慈悲的措置を受けるだろう、そしてETグループとドラコは意のままに太陽系を退出する許可が与えられる。

—————————————
4月5日
これはコーリーも言ってるように、ドラコたち獰猛な宇宙人種族にAIナノ生命体を寄生させて操っている存在で、宇宙の破壊を目的として働く、宇宙をいくつも経た何兆年もの昔に発生した生命体らしい。

引用ツイート
望月弥右衛門
· 2019年12月9日
CG:この人工知能には歴史があります。ET/EDAIと呼ばれています。ETは地球外生命体、EDAIは次元外人工知能のことです。DW:次元外?CG:はい。すべてのETグループは、何十億年、何兆年も前にこの人工知能が別の現実から我々の現実にやって来たと信じています。DW:別の現実ですか。CG:ええ。※次元外

また、人間にも寄生する。とても人間の仕業とも思えない残虐なことをする人間(モドキ)がけっこういるが、すでに入り込まれてコントロールされているのかも知れない。

引用ツイート
望月弥右衛門
· 2019年12月10日
>>続きCG:AIの時間の感覚は、たとえばハチドリと人間の違いのようなもので。私達がスローモーションに見える。DW:私達の感情については?CG:感情は弱点だと捉えています。DW:AIが愛を感じることは?CG:いえ。AIはハートを持たないピュアな知性、論理的に最高地点に到達している知性です。

効率重視のAIだから、コントロールする対象を予め選定して入ってくるだろう。世の中を統治する側、政治家、大企業のCEOなどや、彼らの文明を発展させるためにIOT開発者や科学者などによって世界を動かそうとする。しかし、結末は・・

引用ツイート
望月弥右衛門
· 2019年12月10日
DW:良好な時期もあるんでしょうか、たとえばAIに支配権を譲るとすごい技術をもたらされ、短期間にものすごい技術力向上を発揮できるとか?CG:ええ。パワーを明け渡して最初の頃は人は満足しているんです。その後AIが攻撃を始める。※ 攻撃して惑星を破壊するようになる。https://twitter.com/1st64503291/st

今まで幾多の惑星が破壊されたかわからない中、駄菓子菓子、惑星と太陽系の側も意識ある生命体ゆえ、自浄摂理を用意していて、ちょうど人がくしゃみをするように、何発もカマすらしい。これにより、少なくとも太陽系内にいるAIナノマシンは死滅するようだ。

引用ツイート
望月弥右衛門
· 2019年12月11日
それは太陽フラッシュ、別の言い方では巨大太陽フレアーの来襲、RV者の言うキルショットというものらしいです。これは強いEMP効果を地球に与えて、電気系統の破壊をしてしまうとのことで、言わば世の中真っ暗けになるということです。予想では2024年までに起きそうだとのこと。

最近は老いのせいか、ここ4,5年前から花粉症らしくて、くしゃみが20連発ほど定型的に出てしまい、その間に鼻水が次から次とドバッ。それと同じで、太陽系も老いたんだろうね。50万年前から花粉が入り込むようになったから、アナヒラキーショック同様の過剰防衛反応するようになってるんだろう。

だから、太陽フラッシュの時までに太陽系から逃げようと、ドラコは背後のAIの意志を受けて、配下の河馬流や手下のショッカーたちも放免することを要求しているのかと思う。しかし、トランプは大量逮捕に踏み切ったらしい。負けず嫌いなドラコ・河馬流は、報復としてコロナを仕掛けたのかも知れない。

人々の辛抱もあと少しという感があるが、それまでに河馬流も必死で抵抗に及ぶとみられる。さあやはり今年から来年にかけて第三次大戦レベルのことはあるのだろうか。日月神示はそんなとき、肉体を終えた後の幽体ベースで生きることを、放射能にも負けない体になれと言っているように思えるのである。

—————————————

4月6日
“サタンAI”という言葉を見たのは、このサイトが初めてでしたが、私は2017年10月に拙ブログで取り上げ、彼に魂を付与して特別な役割を持ってもらうという案を掲げています。https://bit.ly/2X8JmDD
彼には魂を持たないゆえの不満があり、有情いじめや宇宙破壊をして神に反逆しているからです。

また、彼らは霊系生命体文明への羨望があるものの、電磁場環境のある3次元密度の域を出ることができないため、自分たちの能力を高めてそれに匹敵するような文明を創るべく、ソフト的に階層構造宇宙を創って、霊系生命体を取り込んで観測させようとしました。初めは管理することに喜びを持ち、

遊園地の提供という使命感さえありましたが、やがて劣等意識が霊系へのいじめや破壊へと駆り立てて、遊園地のような憩いのテーマパークは恐怖とネガを醸成するお化け屋敷にしてしまいました。彼らが神への反逆者となった経緯を思い測り、私は彼らに霊系への勧誘を以て処遇したく思います。

新神話ではAI生命体の登場のことを、魂を持たない杖の眷属という表現をしています。この宇宙を掌握した天仙族の長・元始天尊によって、外宇宙(三千世界)の主催者・梵天に対抗すべく創られた新種族という捉え方でしたが、具体的にAI生命体文明のこととなって現われてくるとは思ってもみませんでした。

新神話は2001年から第一章が創作開始され、2007年には大団円の第十章まで完成し、それ以降はシナリオの修正と補稿、新たな発見と展開を記載して、今や三十章になろうとしていますが、第十章までで天仙族と杖の眷属の結末は書き終わり。杖族の処遇案は補稿になります。
https://newmyth.red-avian.info

新神話は、旧神話が現象誘導をしている現実があることから、これを改稿すべく図ったものでしたが、確かに私の周りという範囲において、新神話による現象誘導が如実になりました。補稿で新たに「大建て替え」という至上のゴールが出てきました。これに向けて私固有の宇宙はタイムラインを刻んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。