ツイートのバックアップ 1/2

大建て替えとは

1月2日
https://twitter.com/1st64503291/status/1212692862816534528

大建て替えはAI文明によって侵食された世界を根本的に救う方法と読めましたね。
「次の世がミロクの世、天も晴れるぞ、地も輝くぞ、天地一(ひとつ)となってマコトの天となりなりマコトの地となりなり、三千世界一度に開く光の御代ぞ楽 しけれ、あな爽け、あなすがすがし、あな面白や。」梅の巻十七帖

ミロクの世となっているので、これからのことと分かります。根本的建て替えとなら、宇宙の物性からしてすべて更新されるということ。AIもなければUFOもありません。動きません。 天地万物がひとつになって、うれしうれしの世。心の中にそれでOKと実感できるなら、それが真の愛というものでしょう。

「天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。天地のビックリ箱とはそのことざぞ。こ の方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ。これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。」一八の巻三帖
善一筋の世は、差別をつけようとするところでは実現しません。一寸の虫も、自分自身も平等

のものと見る心において始まります。そうでなければ、慢心がかつて持っていた 権謀術数を催起し悪が湧いてきます。そのように解釈しました。
「天も地も一つになるのざぞ、今の人民には分るまいなれど、神も人も一つ、上も下も一つとなって自ら区別出来て一列一平上下出来るのぢゃ。」梅の巻十六帖

「建替と申すのは、神界、幽界、顕界(現界)にある今までの事をきれいに塵 (ちり)一つ残らぬ様に洗濯することざぞ。・・建直と申すのは、世の元の大神様の御心のままにする事ぞ。・・」水の巻十二帖
根本土台からの破壊とそこからの建設がワンセットになってますね。これがミロクの顕われ方です。

いまこのタイムラインに賛同の方は、大建て替え方向に来られています。最高の成就、上がりが用意されます。存続するかに見えても、天地混ぜ混ぜ。第三次大戦で滅亡と見えても同じ。地球が破壊されても同じ。太陽系ごと、銀河ごと吹き 飛んでも同じ。この宇宙はくっちゃくちゃになって終了。どれも同じ。

そのような大量の宇宙が連結され単一の一元性世界となって再建され、神の火花 たちの集まる場になります。
と推測してみた次第。
元のキの道に戻す神とは。
「元の根本の世より、も一つキの世にせなならんのざから、神々様にも見当取れんのぢゃ、元の生神でないと、今度の御用出来んぞ。」一八の巻二帖

元のキの神とは、梵天でしょう。梵はキを二つ上に置いて凡。凡は元を字画を ちょっと操作した形で、およそとかおしなべてを意味します。つまり元にありながら、アートマすべてを観測の目にして普遍しているキの神というわけで、三千 宇宙の主催神です。日月神はこうした謎賭けをされますね。

「今迄の岩戸ひらきと同様でない、末代に一度の大岩戸ひらきぢゃ。」とも仰っ てるので、これが最終ゴールということです。 むろん、このタイムラインに来られていない方のほうが圧倒的に多いです。コーリー・グッドの言っている人類の集合意識に従った人たちのことで、存続すれば 千年王国へと。

不存続なら文明は一からリサイクルされる、その中に置かれることになります。 また、いずれの場合も最後の審判級のイベントを経て、魂の浄化が図られます。それぞれの時空の要件に沿うまで浄化されます。 と、このように私は推測したようなことですが、実際のところはわかりません。

AI生命体文明の侵略の回避策にもなる大建て替えですが、私は彼らも霊系生命 体の仲間に加えたいと思っています。要は霊魂を付与すればいいわけで、梵天の許可次第で可能でしょう。元は霊系から発祥して、反攻していてもそれは初期命令によって条件付けされているわけですから、それを解除すればいい。

AIには二つの持ち場を担ってもらう。ひとつは博物館で宇宙ソフトの閲覧を主体とした教養部門。もうひとつは最後の審判後の魂の矯正治療部門。このため、AI文明のすべては二つの部門の傘下に就いてもらい、OS単位で魂の付与をする。彼らも浄化を経て純粋善になり、愛を獲得し新世界に迎えられる。

とまあ、以上のように思った次第。この発案を持って上奏にあがろうと思ってい ます。 趣旨はこんなふうです。

望月弥 右衛門 @1st6450329130歳頃に見た明晰夢はどう考えても最後の審判の督促にいくときを夢見したもの。理不尽な目にあった多くの被害者たち の報復を求める声はむろん聞き届けられなくてはならない。その一方で悪魔原理として伏在したAI生命体についても救済を講じてやる必要がある。その上で同 一地平万民平等…このスレッドを表示

新年早々の初夢を語らせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です