ご当地UFOソング

ご当地UFOソング

《歌詞》

《・・・・・前奏・・・・・》

UFOさんとは言うけれど、いったいあなたは誰ですか。
空ゆく鳥も怖じさせず、見ようとすれど姿なし。
音もせぬならなぜ映る(なぜ映る)。
ホンにあなたは屁のような(屁のような)。
残り香だけでも嗅がせてよ。

《・・・・・・・・間奏・・・・・・・・》

雲の中におわすのか。山の彼方にお住まいか。
やはり宇宙がふる里か。それとも心におわすのか。
驚き映像イリュージョン(イリュージョン)。
謎は尽きねど 一つだけ(一つだけ)、
言えるは我らの想いかも。

《・・・・・・・・間奏・・・・・・・・》

この世に謎は尽きぬもの。じかに見せられ試すなら、
おかしな世界もそこにある。想ってみれば本当は、
うつつが夢ではなかろうか(そうかもね)。
UFOにピントあわすとき(あわそうか)、
辺りは縄文の故郷なれ。

《・・・後奏・・・96年8月29日作詞作曲(By OKUND) 》

質問::UFOの歌としては、ずいぶん泥臭い気がするんですが。

お答え:私には、UFOが宇宙から来たものというよりむしろ大地の底から沸き上がってくる力のような気がしてるんです。UFOとは、誰か人間が作ったものでなければならないというのは寂しい気がします。UFOは、地球という大地を通じて、宇宙のあらゆる星と繋がりを付ける伝令的存在なんじゃないですか。

質問2:縄文の故郷とは、何かの思いこみがあるのでしょうか。

お答え:縄文の時代の人は、自然の流れの中で生きていたといいます。彼らは大地の営みと共にあり、宇宙の営みとも共にあったと思われます。自然界のすべての命がそうであるときに、いつしか人間だけが浮いた存在になってしまったようです。高度な知性を持つようになったから、そうなったといいますが、果たしてそうなのでしょうか。高度な知性があれば、悟性に基づく抑制が働き、先の先を読み、読み誤らない判断が生まれるはずです。無分別な富と権勢の伸長の歴史。結局、我々の歴史は、こうした知性に依らないものによって作られてきたというしかありません。縄文時代に、もし権勢を誇張しようという意図があれば、偶像的遺物がたくさん出てきて、彼らの歴史がもっと鮮明にもなったはずですが、偉大なことに、彼らは慎ましやかであった。偶像を必要とせぬほどに、目の前にある生活に満足していた。だから高く評価されるべきと思うのです。

発想の根拠になったUFO現象とは

null
これは1994年10月9日に兵庫県高砂市石の宝殿の一枚岩の頂上で西の山並みを撮影していたときに偶然撮られた瞬間的映像のコマ送りした写真をグレー化して明度を落とし合成したものです。
詳細は ⇒ UFO撮影同道記 をご覧になってください。

アニメにして説明を施しました。
null

時間経過と事象
経過時刻(単位:秒) 発生事象 その他気がついたこと
・・0 M氏が大くしゃみ(音声) くしゃみの音に関わらず、カラスが乱舞していた
・14 上に掲載のアクロバットUFOの通過 カラスがいったん山の付近から消えた直後のことだった
・29 クリスタル型UFOが山上に出現(発進) このときもカラスの乱舞が収まった直後
・30 山陰から高速UFOのニアミス(全4コマ) この高速UFOは3コマ目から2つに分裂した
・34--・36 クリスタル型UFOが滞空 滞空解除後、進行方向に若干頭を傾けた感あり
・45 クリスタル型、画面右上方に去る 第1回目のクリスタル型UFOの出現時間は16秒間だった
・80 クリスタル型UFO画面左上から出現 右方向へ懸垂線を描くように飛行
・86 同UFO画面右上に去る 第2回目のクリスタル型UFOの出現時間は6秒間
125 クリスタル型UFO画面右上から出現 左方向へ懸垂線を描くように飛行
129 同UFO画面左上に去る 第3回目のクリスタル型UFOの出現時間は4秒間
合計1分55秒 ・・ ・・

★★★

M氏と共に、石の宝殿の一枚岩でできた裏山に登って、西の山並みを撮影中に、この映像が得られている。M氏は別の方向を撮っていて、同じものは撮れなかったが、氏のアドバイスで場所の設定をし、ほぼとなりあわせにいた氏が大くしゃみをしたことが、不思議タイムの皮切りになったことは紛れもないことである。
装備はシャープマイビデオVC-320Sと小西六カメラCV-300のセットと三脚、そして12Vが得られるカーバッテリーを持ち運びやすくキャリァーにくくりつけたもので、両手の重量に息を切らせて登ったのだった。UFOは、この異形の装備に驚き喜んだのかも知れない。
背景の西方の山というのは、石灰岩の採掘で破壊され、このような峻険な形になったものと思われる。これをUFOが遊び場にしているかのようだった。やがて採掘の末、山がなくなるとしたら、彼らはどうするのだろう。まあ、そのようなこととは無関係に彼らは無邪気だった。
M氏は、こうした現象を遙か前から知って、孤軍奮闘していたのである。この一連の映像は、氏の長年の数多ある撮影実績の根拠の正当性を応援するものである。しかしながら映像はあまりにも淡いシルエットとしてしか映っていない。プロの方には撮り下ろしの本物のUFOをぜひご覧になって、真実の姿を味わっていただきたいと思う。
(以上は1996年の記事から)

ところが、残念ながら、いまだかつてオリジナルのビデオを見たいと言ってくる御人は皆無であった。

さて、そんなとき、石の宝殿の撮影場所に、霊視能力者を伴なって先日登ってみた。能力者の女性二人は、それぞれ、この地に古来から土着している精霊を目視した。それは、ちょうど”たがめ”のような格好の生き物(普通人の目には見えぬ精霊)であり、その姿を描いてくれた。それはまさに、M氏がよく撮影する不定形な円盤型UFOの姿そのものであった。あのときのクリスタルUFOとは似ているようで異質の感があった。
霊能者は自発的に、テレパシーでコミュニケートして彼らに事情を聞いたようだ。
そして、このような今にもなくなってしまいそうな土地にしがみついていなくてはならない者たちの悲哀を知り、考えさせられて、しばらく落ち込んだという。

”千と千尋の神隠し”的な世界が、いまでも存在していることは確かである。
(赤記は2002年の記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です