この世は私が制作総指揮する映画作品・・・新神話における最大の危機の局面・天仙のハーデース計画 

梵天軍がまだ総攻撃の局面でないときでも、やはりどんな戦争においても緒戦は様々な工作活動による小競り合いになるように、天仙側との間に戦略的仕掛けの講じ合いがあるわけです。

新神話第六章・天仙の緊急会議(ハーデース計画発令) において、こんなことを書いていました。
https://red-avian.info/n-myth/nmyth12yet2.html#%93V%90%E5%82%CC%8B%D9%8B%7D%89%EF%8Bc_%83n%81%5B%83f%81%5B%83X%8Cv%89%E6%94%AD_%97%DF

>天尊は、各方面へのプロパガンダ策を強化した。
しかし、クロノスのシステムは、大には大、小には小なりに効き目を見せたため、宣伝
に乗せられて魅惑のテーマパークに至った者のうちの多くは、その中で反作用による体
調不良やトラブルに遭遇し、していることの非を悟らされたのであった。
魅惑に後ろ髪引かれながらも、多くの者がそこを後にして再び来ることはなかった。
またファウンデーションの運営者すらも、災難にあうなどして、テーマパーク自体が閉
鎖の憂き目を味わっていった。
そして、梵の全系からすれば、これらの宇宙群は総じて不健全、生命に巣食う癌組織の
ように見なされてしまったのである。
天仙側の魅惑宣伝に対して、梵天側はこれらの壊滅に向けた動きを、免疫強化作戦と言
うようになっていた。
こうして、当初、天仙優位に運んでいたかに見えた宣伝合戦は完全逆転の様相を見せた。
梵天には第五回目の会談からこの方、分割割譲案を梵天に提案してきている。
しかし、構成要員あっての世界を主張する梵天がそれを許すことはない。
杖の眷属による支配世界となれば、一国独立も認められることであろうが、ごく少数で
も魂あるものの取り込みがあるのが許せない梵天である。
それは、天尊をも魂あるものの中に含んでの意味を持っていた。
逆に梵天の側から、たびたび特使が訪れた。このままなら、まだ学問の場として存続が
可能であるから、その天尊の功績を残すことと引き換えに、管理を委任せよとの姿勢で
あった。

それに対して、気分の良くない天尊である。
天尊はまだ、最後のどんでん返しの切り札を隠し持っている。
梵の全系を震撼させる核兵器とも言うべき、クラッキングツールを用意しているのだ。
いぶされて黒光りする節くれだった杖が、闇太后の金庫に何段重ねにも積み上げられて
いた。
そのうちの十数本は、輸送時に発覚するまでに、手分けして東西南北のファウンデーシ
ョンに運び込まれていた。
すでにこれだけでも、十分に梵の全系を破壊できると計算されていた。
ファウンデーション壊滅の折には、ツールを起動させてしまえという命令がいつ出され
てもおかしくはない状況が醸成されつつあった。
天尊はいよいよ最後の砦になった感のあるこの実験炉宇宙の中の、象徴的な戦いの場で
ある地球を、腹心の天仙数十人とともに雲湧く泉を通して見ている。
周囲には、杖の力による激しい波動の防御スクリーンが結界として張り巡らされていて、
梵天さえも知る領域ではないとされていた。
天尊:
「我々の当初の計画では、20地球年の後に、地球の生命系は、功過の負債に耐えきれ
ず滅び去る。
再び清明になった、より過酷な条件下で生命系は動き始め、またも面白おかしい歴史が
縦横無尽にこの地球という籠の中で執り行なわれる。
またも生産された功過が負債の許容量に耐えきれなくなるまで、続々と目新しい展開が
伸長される。
そういう計画であった。考えてみれば、少しも悪くないではないか。なあ、みなのも
の。
どんどんレベルアップしていくゲームに、なじんだ参加者は小躍りして喜ぶことだろう。
喜ぶ者の顔が目に映るというに」
外泰仙:
「梵天は、試練に負けてだめになる者を、よう介護できないもので気にしているのです。
そんな者たちを矯正する施設は地獄だけでなく、いくらでもあるというのに」
天尊:
「だめな者はだめで放逐すれば良いのだ。
試練に負ける者など、梵天に返してやれば良い。ごみはごみ捨て場に行くのがふさわし
いというものだ。
淘汰のうえ強靭な魂を作り、ここに住みここを楽しむ種族を生え抜かせねばならぬ。
梵の全系を遥かに卓越するものばかりの世界にするのだ。俗にいうスパルタ教育という
やつだ。
このために、みなで図ったように、より過激に高度に展開しなくてはならない」

————–中略—————

「七人会議のメンバーには通達したように、我々は純粋英知からは程遠い者となる。
梵の対極に置かれる存在として、限りない永劫をこれから楽しみながら謳歌する種族と
なるのだ。
それが、梵天よりも先にあった如意宝玉の願いである。何も、如意宝玉は梵天の私物で
はない。
宝玉は我々の意志を汲んで新たな魂を生じ、新たな世界を築くことを許してくれている。
どんなことにも寛容に許しを与えるのが宝玉である。
こうあらねばならぬと規定する概念などその中にはない。
誰も裁かず、誰をこうあれと強制することもない。それを真っ先に実現するのが我々で
ある。
対極にある梵天の勢力と戦いやがて拮抗し、さらにいつか全世界を制圧することが我等
の目的であり、真の正義である」
闇太后:
「そのために、梵の全系から分離するに足るだけの背反行為をあえて犯します。貯めて
貯めて、積み立てたその負債をもって、その爆発的反動で分離を果たすのです。
旦那様のリバウンド理論によれば、貯めに貯め切られた反作用は、もはや自浄できずに、
反世界を生む材料となるそうです」
計資仙:
「みなさん、ご安心あれ。その計算もすでにできております。
梵天による妨害さえなければ、我々はブラックホールと化して、ここからおさらばとい
うことになります。
行きつく先は、梵とは対極にある新系宇宙。その場所にて、我々の仲間を増やし、強大
な帝国を築く予定です。
なあに、新宇宙の下地は、我々の思うがまま。如意法力により、下地がすぐに作りあが
ります。
天尊閣下のもとに中央集権体制ができあがることでしょう。今ここにある面々は、最低
限その頂点を極める指導部に属していただきます。
ぜひ全力をもって邁進いたそうではありませんか」
西泰仙が北天仙に耳打ちしている。
「計画は当初、分割的に文明の亡興を宇宙全体で連鎖的に繰り返させるというものであ
った。
それが変わって、宇宙全体の滅亡と再興を一気にやろうということかと思ったが、それ
すらも飛び越して反世界なのか」
「そうだ。梵の全系に対抗する天尊様の全系ができあがるのだ」
「ぞっとするなあ。なんとすごい目論見だ」
「がやがや」

———–中略———-

井堂仙:「ならば、今からハーデース計画を行うということで・・」
外泰仙:「分かりました。では、実施グループの選抜を行います」
天尊:「うむ」

次の週の天仙全体会議には、千数百名の天仙が集まっていた。いつにない強力な結界が
張られたことと、今回の天尊の決定を入場時の司会者からあらかじめ聞き、がやがやと
興奮気味にしゃべりあっている。
「いよいよ地獄の釜の蓋を開くのだな」
「もはや次期計画は、地獄の名主を招請する程度ではなく、宇宙のカオス極大化を賭け
て地獄の獄卒たちをすべて解放してしまおうというわけだ。
そして、世界全体に巻き起こる一気呵成の腐敗堕落により、すべての魂の腐敗を誘い、
それをもとに反作用を一気に許容限度まで蓄積させてしまおうということらしい」
「それはまるで、なみなみとたたえられた汚物溜を実験炉宇宙にぶちまけるようなこと
になるだろうな。
この実験炉宇宙は、手のつけられない状態になるぞ。最後の審判があるとすれば、完全
に系を分離する一大事となるわけだ。
これが人間なら、同じ最後の審判と捉えることであろうが、ちと意味が違う。
老いも若きも、高下貴賎を問わず、よほどこの世を嫌がっていない限り、みんな我らの
支配下に置かれるのだ。
そのとき、わずかな罪を悔やんでも遅いというわけだ」
「獄卒たちの訓練された中には、まだ実験段階の残虐性を持つものが多いと聞くが、ど
んなふうなのか」
「それは目を覆うようなすさまじく凄惨で残虐な奴だ。いろんなものを見てきたわしで
さえも、やめてくれと言いたくなるような奴だ。
だからこそ、今回のカオス極大化には欠かせないのだろう」
「あの臭いのはかなわんが、わしらも魂を糞まみれにして堕落するのかの」
「わしらが歴史の金字塔として建てた記念碑や偶像はもったいない気がするが、みんな
打ち捨てていかねばなるまい」
「まだ我々は、高みの見物であるだけにましだ。しかも指導者であるだけにな」
「そうそう、付き従う人間どもは哀れだのう」

やがて議長が挨拶した。
「ええ、静まって。今回は緊急臨時会議であり、誰も欠席は許されておりません。
もし、この場にいないものあらば、後で報告願います。
さて、すでに噂が伝わっておりますように、ハーデース計画を実施します。
いよいよ、我々の分離独立に向けた運動も、佳境に入るわけです。
今ここで、皆様の士気のほどを確かめておきたく思います。ではみなさん、ご唱和を。
ハーデースプロジェクト、フレー、フレー」
「フレーフレーハーデース、フレーフレーハーデース、ワー」
パチパチパチパチ・・・・。

その間に元始天尊が中央の席についた。
天尊:
「みなの者。我々の主張は梵天によってことごとく退けられた。
それゆえいつ何時外部から破綻させられるやも分からぬ状況にある。
ファウンデーションの多くは壊滅寸前の状況にある。ここを最後の砦とせねばならぬ。
事は急を要することとなった。ハーデース計画を、直ちにこなさねばならない。
それによって新境を切り開く。すでに開いている地獄の釜の蓋は、一層から四層であり、
わずかに開き、抜擢されたものだけを解放してきた経過がある。
だが、それはもはや全開とする。加えて五層、六層を開き、七層を小出しに開けて、少
し長い時を刻ませるようにしたい。
過激に過ぎると、外野が動き出す。それゆえ、究極段階になって一気解放する。
この役目のうち五と六は、張林仙のグループに任せる。七層は、いささか手ごわかろう
から、戎権仙に任せよう」
戎権仙:「しかし、七層の獄卒には力がありますゆえ、わずかに開ける程度で済ますわ
けには参りませんが」
天尊:「努力して出さぬように努めよ。剛力のそなたなればこそと思えばの抜擢だ」
戎権仙:「ははっ」
地球上の歴史を管轄していた錦織の里スペクトラムやロンバス四次元などに所属し、時
空ディストリビューターの任務にあたっていた諸天たちは任を解かれ、替わって引き継
ぎを済ませた天仙たちが時空の管理にあたることとなった。
言霊の海から龍神たちは締め出され、天仙たちがその任についた。このため、慣れない
者たちがする制御は、勢い不安定なものとなった。
とにかく、すでに定まっていたと思われた歴史は、大幅な計画変更の手が加えられたの
である。というより、計画性のない無秩序かつ未踏の時代が来ることになったのだ。

地球神界は杖の眷属のバイオモドキ神がスサノオ不在の中、主神となった。
彼は仏の顔を持ちながら、手足は無数の触手のようで、自在に伸び、血と汗という生け
贄を求めてやまない神であった。
触手に触れられた魂は、縮れ萎えて、魂に発する良心を無くし、悪虐非道の行いをもろ
ともしなくなるのである。
であるにもかかわらず、バイオモドキの触手から毒液をふんだんに浴びて狂人と化した
者は、地上の法の加護により、野放しとなった。
中途半端な中毒者には、逆に狂気に徹底せよとばかり制裁がかかるほどであった。
マスコミやプロパガンダを通じて、大衆の上には毒液が降り注ぐ。
地球上では、理論的であるとか、科学的であるとか、合理的である、法的であるとかに
よって、事の善悪が測られるようになり、民主主義や人権尊重が詠われ、理性が主導的
となった時勢の到来かと見えたが、それを頂点として、命というものが毛ほどの重さも、
拝金主義の台頭の前には感じられなくなっていった。
若は老を虐げ、強は弱を虐げることを厭わなくなっていった。
巷には有毒物質が溢れ、次世代への存続の可能性がもはや断たれようとしていた。
有毒物質の作用でなおも容易に狂い、狂った者ほど巷で大手を奮うようになった。キレ
易いという言葉が、正常人を表す常態語となった。
人間管理のしやすい宇宙文明においては、かつてのナチスやソビエトがそうであったよ
うに、強力な軍事共産体制が敷かれ、個人の自由というものはことごとく消え去った。
それでいて、能力優先主義が先鋭化し、力のないものはいつしか社会から姿を消してい
た。
人々はただ働くためのロボットと化することを余儀なくされていったのである。むろん
抵抗するものは、自殺するに等しく、ひとりでにいなくなっていた。
世界を覆う良識なるものは、不合理な法でしかなかったが、それに口出すものも皆無と
なっていた。
良識で生きる者は、どれほど残されただろう。
良識あるものも、非良識な組織下では、生き延びるために、それなりにふるまうことを
余儀なくされてしまったのである。
彼らはいずれ、闇の帝国の構成員となる手はずであった。
まずは前哨戦。いずれなる構成員たちを魂レベルで悲惨の坩堝に落とし込み、反作用を
無尽蔵に生ましめることである。
そのプログラムは、スペクトラムなどの時空ソフトディストリビューターから発信され
つつあった。

火の鳥の動き

その頃、2000年10月に解放されたはずの火の鳥は、片足を地上に残したまま溶け
るように粉末化していた。
天仙の計画が急展開していく中、火の鳥の存在はあまりにも遅々として写った。
それは天仙の観測にかかってはいたが、ちょうど人がUFOを見るように、無力で現実
味を持たぬものとして認識されつつあり、それに比例するかのように、赤橙色の火の粉
となって、地上に、また空中に飛散していったのである。

ある防空関係の天仙が言う。
「案の定、火の鳥は暗闇に弱かったな。活動指針が得られぬ期間が長ければ、やる気を
なくすものだ。
火の鳥の生命反応は乏しくなった。いわば自然界の中に溶け込んだ感じだ。
おそらく、この地球の自然界の滅亡と軌を一にするに違いない。おおかたぼんやりと迷
った鳥族の精霊に変じたのだろう」
宇宙連盟の船舶が地球に立ち寄っても、電磁妨害が軽減していた。
そのため、続々と地球に出没しつつあった。人の目にもときおり捉えられるようになっ
ていた。
依然、八角堂の三階の窓は閉じられたままであった。
———————————

※ 火の鳥は宇宙の黒体輻射の中に微細粉末化してまんべんなく沈潜していました。これも天仙側が最終兵器をあちこちにセットして任意の時点で爆破する工作をしているように、本格戦争になるまでの事前の工作活動として梵天側がそのように仕掛けていたのです。
本格戦争になれば、あっという間に決着がつくものですが、その前に長い両陣営の工作のコマ組み期間があるものです。梵天が櫓囲いにすれば天仙は美濃囲いといったふうにです。そして中原において戦闘が開始され、たちまち勝負がつくといったことですね。

火の鳥沈潜の効果は、天仙側がクラッキングツールや戦闘兵器を使っても、そのエネルギーを吸収して減殺して所期の効果が得られないようにしたり、あるいは反作用で破壊したり無害化したりも。
なぜこんなことができるか。
コーリーが言っていた古代ビルダー種族とは、1964年の未来人エイリアンも言っていたように、無作為無反応のただそこにあるだけの無機質的な物理宇宙というのが本当であるときに、すでにはるか昔から別の宇宙で先鞭をつけて文明を営んでいた梵天が、新規宇宙開拓団(スターシード)を任意の宇宙に派遣して、星霜を整え森羅万象を培って、有情たちを楽しませる目的で作っていたものでした。そのような宇宙の一つがこの宇宙で、宇宙の仕組みを低次元から高次元まで知っていなければできない話なのです。
(私は子供の頃、玩具をたくさん使って、そのような宇宙開発に乗り出す最初の先駆者たちの物語をシミュレーションしていましたから、宇宙はここ以外にも無数にあると言われたって、何の抵抗もないのです)

宇宙に生命を育む仕組みが完成したとき、天仙たちのようにすでに出来上がっていた仕組みを武力で奪い取るヤカラがやってきたのです。なんで突然こんな野蛮な連中がやってきたのか。その答えを「あめなるみち・創造神の独白」で、創造神が言い訳されていました。

宇宙の拡大がストップしてしまった。ストップすると言うことは、それでお終いだとのこと。そこで「敵」を創り「二元性」を持たせるように方針変えしたところ、オーケー王様、おれたちに任せてくれと出発したグループがいた。それが(天仙連中はじめ)君たちだ、と創造神は仰ってるようなわけですが、私は記憶にありません。
(そればかりか、玩具の中にもできの悪いキャラを幾人か設けていたのでしたが、どうやらこの宇宙は体育会系の(脚気診断用の)ハンマーが創ったものではないかと思うようになっていた矢先、偶然にやっぱりそうだったかという動かぬ証拠を見つけてしまいました。(笑) ⇒ デンバー空港地下の壁画に救世主顔したハンマーが描かれていた。救世主はこの少年ではなく、彼が手に持っているハンマーのことなんだ)
null

星霜を置き森羅万象を整えた古代ビルダー種族ともあろう者が、10億年前にどうして負けてしまったのか。それはこの宇宙の創造神の方針変更に応じたこともあるでしょうが、考えてみれば簡単なこと。自分たちの創り上げた整った世界が、野蛮な連中との戦いで破壊されていくことに躊躇したからでしょう。そこには、手塩にかけて育成に携わった者たちの愛があったのです。それがよもや弱さになろうとは。破壊者たちの強みは、そこにあるものは簒奪の対象にはなっても、保全に気を使わないですむことなんです。

ただし、古代ビルダー種族は、天仙族のように何も原理的なことを知らず、蛇口文化的に用いるだけの者たちではなかったのです。この宇宙最後の戦いで、天仙族がクラッキングツールを地下100Kmに埋めたのなら、天仙に知られず200Kmのところに無力化装置を置いて減衰させるようなことは簡単にやってしまえるのです。だから、破壊効果がうまく出てこない。

そして最終局面において、宇宙全体を灼熱状態にして滅菌浄化し、あるいは絨毯をめくりあげてする清掃時のように、宇宙からすべての有情の魂を仮死状態にして叩き出し、集塵機で吸い取って最後の審判のお白洲に引き据えるといったことまでを一貫して行ないます。これが元のキの神々(古代ビルダーの元締め)がする、これからの建て替え作業なのです。

クラッキング無力化の効果が相似像的に作用してか、地球におけるカバールの仕掛けた衛星兵器や地震兵器の作動が不発に終わったり減衰したりして、カバール側の工作の所期の効果が得られなかったことが多々あったようですね。
2015年11月14日の川内原発沖地震は小規模化してよかったです。あれがふつうであれば、18000人の犠牲者が即日のうちに出て、ジャスティン君らセレブの祈りが空振りせずにすんだのです。しかし、不発に終わり、カバール側が仕掛けた偽旗テロだったことがバレてしまいました。その数ヶ月前に再稼動させるよう働いた連中もテログループの一味でしょうね。

新神話では、天仙側はさほど効果が出ていないのを見て、いっそう事を焦り出し、見込みの不十分な理想を本当の如く掲げて、地獄の最終計画・ハーデース計画へと舵を切っていくのです。

2001~2002年に制作したこの部分の多くが、今の地球上の現実として現われていると思います。
上記の中に「地獄の名主の招請」という言葉がありましたが、これに相当する人物が日月神示の解読者によって明らかにされています。すでに「地獄のヌシ」を意味する名前の人物がいるとのこと。最近知りました。
このように新神話は神話ゆえ、現実誘導する力を持っているのです。

だから、神話はいい筋書きにしなくてはならないのです。しかし、新神話はちょっと恐い局面を用意していますね。少しぐらい面白くしなければ読んでもらえないと思ったもので、すみません。ミッションを与えてくれた二番目の彼女は、このシナリオを読んで、こんな危険なのは困ると猛反発して、別れていっちゃったんです。私にはまだ小さい子供が3人もいて、養っていく責任があるからと。
大団円に向かっていくので大丈ブイとは言ってたんですけどね。

しかし、古事記の神話のシナリオのほうがよっぽど恐いですよ。滅びの黄泉の国のままで据え置かれたままで、そこからの脱出はイザナギさんの行動に合わせること、すなわちアセンションすることが求められていて、そのルートだけなんです。イザナギさんと同じことができますか? 富める者がそこに至るのは、駱駝が針の穴を通るよりも難しいんですがね。

ほとんどは黄泉の国の食べ物を食べて(食べさせられて)ゾンビとその愉快な仲間になってしまいます。イザナギさんだけは必死のカンコで何とか逃げ切って、新世界にゴールインできたのですが、そこで最後に手助けしてくれたのが桃の実(オオカムヅミというUFO 天照神が差し向けたUFO)だったというわけです。

だから、宇宙人情報やUFOに関心のある方は、宇宙人からの手助けが期待できるため、好ポジションに着けてることになります。そう、三着までが入賞なら、5番手か6番手ぐらいにいて、第四コーナーを回ったあたりでラストスパートって感じで持って行くことでしょうか。

なあに、大丈夫ですよ。みなさんは乗馬ウマの立場ですから、ジョッキーの手綱捌き次第。ただラストスパートで思いっきりシリを引っぱたかれるので、それに応じた走りを見せればいいだけです。入賞を逃したら、次のレースでがんばればいいのです。ブルーエイビアンズの話では、7万年の余裕(もっとあったかな)を見てくれているようなので、あと10レースぐらいトライできますよ。
それは古事記に従った場合のこと。実力で卒業を勝ち取らねばならないけど、新神話なら、最後の審判後の矯正治療のみ。最も善良な人でも最低1万年以上必要だけど、自動的に卒業。どっちがいいかですね。

黄泉の国に何が書かれているかは、こちらをどうぞ。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/kamiyomi.html

しかし、新神話ではゾンビになった人もフォローして差し上げてますので、大丈ブイ。ただし最後の審判後の矯正受刑だけは受けていただかねば、どこにも行けないのでよろしくです。受刑を軽くしようと思うなら、心の性向を正しい向きにしておくことが大事です。時代の変わり目について知っている識者たちは、みんな行いを改めています。時代の要請に合わせて行動することが大事になります。もうそれほど時間はありません。ショッカー隊員のままでいては、大変ですよ。
B-ingで転職するなら今のうち。
https://youtu.be/35Kc4jM2Sew

なお、この話は私固有の時空の物語という認識が要ります。

ゼロヘッジさんも、ついこないだこんなこと言ってました。
Are We Already In The Matrix? | Zero Hedge これが実話だから一般人はショック死する。
https://www.zerohedge.com/news/2019-03-24/are-we-already-matrix

いやいや、これはもう当たり前のことだから、悟りのほうに結びつけることをお勧めしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です