「メイオウ」

11/19の記事では冥界の王オシリスについてちょっとふれました。
https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Entry/170/
オシリスは最後の審判ですべての人の裁きに関わるエジプト神話の神様です。
邪神により殺害されて遺体をバラバラにされて封印され、妻イシスの働きにも関わらず、陽具がみつからなかったために、
現界に復帰できず、冥王として死者の裁きにあたる閻魔さんのような働きをする神に甘んじなくてはならなかったという
神様です。
日本では、ウシトラノコンシン様が類似伝承上、オシリスにあたるでしょう。
邪神クラスは170万年以上、宇宙の終結までの期間の贖罪の末、抹消。
配下(秘教組織)の人間クラスは1万年から170万年の間で贖罪経験の後、再テストして抹消か復帰。
偶像崇拝(拝金)により、癌細胞化していた人間たちは、1万年前後の贖罪の後、再テストして再贖罪を繰り返すか復帰。
正常細胞的人間は、短期講習だけで、新世界入りを果たします。
贖罪のカリキュラムはすべて別あつらえのプログラムになります。(新世界の中にはない)
170万年は、国祖神の最も短い封印期間を地球年で表した数です。
今回は特に、神や聖者や聖職者にして邪神側に就いていた者に厳しくご沙汰がある見込みです。
なぜなら、世の道理を知り自らの安泰を図りながら、世の衆生を済度せず、邪神の言辞の流布に費やし騙し、知りながら
邪神を諌めることもなく、邪神の体制を強化維持しようとした心魂が糾弾されるのです。
邪神による差配時代には、自分の子と他人の子を分け隔てした云々といった、些細な因縁づけで不合理なほどの贖罪を
させることが横行していましたが、教条的適用はもはやなされず、情状で合理的な差配がなされると思っていいでしょう。
邪神による差配時代を、占星学的には「うお座の時代」と言います。
うお座の時代は粘着性が強い「黄泉の国」(うんこ壷の国)と表現されていて、最後までべとつき、跳梁跋扈しようと
しますから、負けないでください。
今日になって、あの松原照子さんが、「メイオウ」「メイオウ」とのメッセージを得ているようで、書かれていましたが、
この方とはけっこう縁があるのです。
https://breakingnew-site.seesaa.net/article/409349401.html
むかし私がまだ30代の頃、何に入会していたのか、いきなり松原さんからハガキがきて、そこには大きなイラスト風文字で、
「それで、オーケー!」と書いてありました。
私はその頃、特に進路に困っていたとは思わないのですが、この突然のハガキの言葉には、「そのままでいていいのだ」
という、えも言われぬ安心感を持たせていただいたと思っています。
それは、先にした天才バカボンの常套句「それでいいのだ」に通じる言葉ではなかったでしょうか。
さて、「メイオウ」「メイオウ」とは・・・最後の審判が近いという意味に捉えましたが、いかがでしょうか。

前の記事の続き・・・この山奥に来る少し前に見た夢

私はよく、予知夢やら、あかの他人の視座に入って体験する夢を、なにげなく、まったくノーコン的に見てしまうのです。むろん、自分自身の視座であったりもするのですが、そのときはちょっと超人的な体裁をしていたりします。
むろん、夢の中でのことですから、本当かどうかは、「信じるか信じないかは、あなた次第です」の話なのですが、私はあとで、ああ、あのときの夢は、こういうことだったのか、と回顧できる場合がほとんどなのです。
だから、私は自分のことですから(バカボンの語ったもうひとりの自分の経験かも知れないし)、信じてますし、信じてあげなきゃいけないでしょう。だって、「自分とふたりで生きていくのだ」に気づいたからです。
きっと、このバカボンの言葉に辿り着かせたのも、もうひとりの自分だとすれば、今までのシンクロの不思議経験は、顕在意識ではない私の自分さんが導いてきたことかも知れないわけでしょう。
いったいこのもうひとりの自分って、誰だろう、いっぱいヒントが与えられてきたわけですけど、それによってどんどんわかってくるような、わかっていいのかどうかもわからないような。
さて、昨日もUFOや宇宙人の研究をライフワークにしている関東のある人(旧友なんです)と話するうちに、彼が私の夢体験に興味を持ってしまわれて、私のいろんな夢体験について話をしたのです。
彼の質問・・・宇宙旅行したような夢を見たか
それらしいのは、たったひとつだけど、火星だという認識しながらの夢に、古代ギリシャ風の衣装(白い布とオリーブらしい冠をした)導師のような人物が、私の視座の人物に、右のほうを見よ、と指示されて、「ああーっ、ポ、ポースの丘だ」と叫んだという夢。私は導師のほうを見ているから、そっちに何があるかわからない。しかし、導師の向うに、赤茶けた砂塵舞うなかに、ピラミッドが二つ重なり合って見えている。そして目が覚めた。
もうちょっと夢見が長かったら、その方向も見たのだろうけど、視座の人が言った、ボースの丘がどんな光景なのかは不明なのです。
いつも思うんですが、夢は「後で考えさせるように見せられている」感じがあるのです。
もうひとりの自分のなせる業なんでしょうか。
私が想像するに、きっとその方向には、火星の人面岩があるんじゃないか、というのが推測なんです。そしてそれは、ボースなのだから、ギリシャ神話のポセイドンという神で、それにちなむ記念の丘ではないか。
ポセイドンは海の神様です。しかもアトランティスの神だとも言い伝えられている。
夢に見たその当時は、火星は太古から砂漠で海などないと言われていました。ところが今では、かつて火星には広大な海があったという説が有力になっているでしょ。
私の夢は、一歩先をゆく内容を先んじて見ているようなのです。ここに書いていましたね。
こんな話しして興味を持たれました
質問者の彼は、その話に驚嘆していました。
それ以外にも、最近、かつて見た幽体離脱後の夢に見た、現在の私の予知夢の視座になる人物がとうとう現れた話もしました。それはオバサンだった。私はオバサンの視座に入った夢をむかし見たことになると。ここに書いてます。
とうとう現れました・・・予知夢に見た視座になる人物か?
それにも驚嘆されてましたね。
それ以外にも、金正日の側近の視座に入って、金さんを見ている夢の話とか。
そうだ、韮澤さんの自宅で書生さんらしき人の視座に入ったリアルな夢も。
これを今度話してあげれば喜ぶだろうな。
さて、前置きが長くなりました。
私が今日の記事で話したかったのは、この山奥に移転してくる前の三木市で見た夢なんです。
どこか見知らぬ家の中が出てきて、間取りが3DKで、部屋が連なっていて、廊下がその三部屋に沿ってあるのです。
いちばん左の部屋に、なんと、祖母がコタツに入って、コタツ台に置かれたテレビを見ている。
すぐ右の部屋(真ん中の部屋)には、なんと、父が同じようにコタツに入っていて、コタツ台上のテレビを見ている。
そこに私の後ろから、母の声がした。(何を言っていたか忘れちゃいました)
そのような夢だったのです。
ところが、今の山奥の家は、まさにそのような配置の3DKで、むろん祖母と父と母がいるわけはない(みんな亡くなっていますから)。
ところが、最近、黒猫ブーが、寒くなってきたからか、真ん中の部屋の上に作った回廊棚の猫ベッドで夜中、密かに帰ってきて寝ているのです。
そして、ブーはお盛んでして、父に似ている。A家のほうで子供を作っていて、Aさんからも、そのように言われている。
極め付け的証拠は、ななな、なんと、A家の黒猫の子猫の中に、白猫チンの尻尾(?型に固まった尻尾)をした子猫がいるのです。
ああーっ、同じ親の遺伝形質が、みごとに現れているではありませんか。
ブーフーウーは黒1白2だったけど、同一母の兄弟なんです。
Aさんに、私が亡きあとは、備蓄してある猫の餌をみんな差し上げる約束を、こないだしてきました。なんとAさんは、恵まれない猫たち(20匹もいる)のために、毎月の食費が3万円かかっているそうです。
もとはと言えば、この猫たち、「桃源郷」という屋号の別荘で飼われていた猫で、その飼い主が亡くなったため、相続親族が放り出してしまったのです。
なにか、楽園追放になったユダヤ人の祖先のようではありませんか。桃源郷とは、中国版のエデンの園なんです。
それからこの民族(猫)は苦労したか、狡猾になり、長老格は妖術すらもマスターして、私がブーフーウーの子猫時代に、悪戦苦闘したことは、もう懐かしい思い出になっています。
どうやら、当時、私の家に帰化してきたかった、石松とミケは、祖父と祖母の化身のような気がするのです。石松はミケと夫婦で、夢にまで見せて帰順の意を伝えてきて、彼らはほんとうに必死だったようです。
ミケに、夢に出てきた部屋に入らせたのは、たった一回でしたが、トンの筆下ろしをさせたり、懸命やったなあと、いま振り返ります。
ブーは大人になってから、ミケら一族と仲が良くなり、むこうで暮らすことが大半になり、食事だけしにこちらに戻ってくるようになり、私は、寝床もこちらにしなさいと諭すようになってから、ブーに思いが通じたか、真ん中の部屋で寝るようになりました。
そう、その部屋は、父がコタツに入っていた夢の部屋です。
ブーを最近、私は「おとうちゃん」と呼んだりしています。
ブーは猫としての本分をちゃんと勤勉に果たしています。それは、生前の父ちゃんとそっくり。
まるで、父ちゃんが、ブーの視座に入ったかのような、最近の事情です。
では、祖母は。結局、ミケを居つかせることはありませんでした。そのミケももう目が見えなくなったと聞いていて、きっともう死んでいるように思います。(その後を聞いていない)
しかし、いちばん左の、祖母がコタツに入っていたあたりの場所に、不思議なことに、大きなジョロウグモが営巣していて、それこそじっとして暮らしています。
はじめジョロウグモは、神棚の前に営巣しようとして、私が神棚の戸を開けるのに邪魔そうにしているのを察知して、当たり障りのない向う側に巣を張ったのです。それはもう、なにかわかっているふうでした。信仰心篤い祖母のこと。
祖母はきっとジョロウグモの視座から、私の寝起きしているのを見ているのだろうと思います。
だってねえ、私は祖母を待たせてしまっているようなのです。
これは、祖母をテーマにした物語です。祖母の話をもとにしています。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/story/tatueba.htm
どうか、読んでみてください。
祖母を幽界の里で待たせてしまっているようなのです。
今年の5月20日未明にこんな夢を見ています。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/souko1/e-dream.html#20
はやく行ってあげねば。
私が創る物語は、新神話も含め、形而上的実現力がそうとうなようですから、あー困った困った。
では、クモになったと思しき祖母を。

かつてジョロウグモは、カンナオビ(身内さん)の視座になったりして、
https://www.youtube.com/watch?v=qw9RS8DuxB0
どんな生き物もすごい活躍をしているのがこの世界であると、私は実感しています。