ツイートのバックアップ 9/23~26

鶴亀はミッション授受のこともある
https://twitter.com/1st64503291/status/1308650195236732931

9月23日
@Morusuta1
昨日はミッションをいただいたような格好になりました。
およそ私にミッションを持ってこられるのは亀の印章を持つ方と相場が決まってます。
2001年には乙姫顔の女が国祖神様の封印解除をせよと。
2014年には亀の宮司がまだ封印が解けてないから早うせえと。
昨日はその詳述をせえと。

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 9月22日返信先: @1st64503291さん, @Morusuta1さん2014年5月に国祖神様の封印解除が叶いました。当然このお方たちも古代ビルダーですね。龍体が本体だと言われてますし。そのお蔭か、満を持して山のあなたから応援が参りました。ようやくでございます。高次元の超科学力には低次元宇宙人の最強兵器も通用しないもようです。それを証明したのが

こうしたミッションに相当することは暗示や寓意を以て示されるのが常であるため、このように解釈しました。これは生き甲斐に繋がることです。
直接、宮司氏のサイトを掲げるのは差し憚られるので、間接的ですが、封印解除に至った経緯をここに紹介します。
https://cloudy.悠遊夢想.jp/2016/04/24/

簡単に経緯を申しますと、2014年3月に同氏のサイトを発見。4月に封印幾何学図形を発見。道具をそろえて期日を計って解除儀式を開始したのが5月1日夕刻からでした。
一番目の彼女からプレゼントされた乙姫の玉を左手に持ち、坂本氏伝授の九字切り術で図形に対し破砕処理を。
2日の朝夕で都合3回。

すると5月3日未明の夢に神世の係官らしき人物が説明に現われました。神世はすでにこの件知れ渡り浄化されている由。捕縛される多くも、遁走して地上に下った邪神もありで地上はたいへんかも知れないと。もし地上も直ちに浄化するとなら、事の発端は神世ゆえ、その理解を及ぼすなら叶うと聞きました。

この夢を証するかのように、3日午前中には飛騨地方で震度3の群発地震。飛騨は日高見からきてますから、神世高天原を意味します。また5日午前5時には震度5地震が珍しくも千代田区で。これらが験になるかと思いました。
8日未明の夢には国常立神。10日には宗像三姉妹。
これで救出叶ったかと思いました。
null

宮司氏との事後の連携は困難でした。彼は先代からの古神道の伝授者で遺された文献も多く、その道を通じてのみ貢献できるとお考えだったようです。とんだ素人門外漢の登場にびっくりされたのでは。
しかし、私が乙姫の玉を使ったのに、彼は音玉の秘儀を使われる、その似た音韻には感慨深く思いました。

私は思ったのですが、神世のことは川の上流での出来事。それがいずれ下流の地上界へと下ってくるはずなので、放っておいてもいいのではと。それに、地上がほどほどに瓦礫と化していたほうが建設も容易ではないかと思うわけで、困難な努力よりも世の中のウオッチにとどめにこやかに眺めていようかと。

そこに督促がかかったわけではないにしても、新たな亀さんを介してちとお尻をつつかれたような気になったような次第です。
まあよろしいではありませんか。大建て替えを目指すルートには天地のびっくり箱が開くぐらいのことがあってもおかしくないわけで、のんびりやっていったらいいかと思いますよ。

私は何の宗教にも関心がないただの真理探究者です。今回のことに関係ありそうな大本教。その教祖の霊界物語をちょっと見して、あまりの分量にこれはかなわんとギブアップ。聖書も黙示録をかじった程度。解釈がどう施されていようが自己流解釈。金銀銅石木でできた偶像とはおカネでしょの具合。

古事記神話の解読は日本人ならではの感性で神名から伝わってくるものを直感的に感じ取ります。たいそうな発見になりそうな場合は、その準備のためか事前に予備知識していたりします。だから図書館や本屋に調べに行ったことがない。必要とあらば今ではネットがある。待ってれば向こうからやってくる。

これもみな、ハイアーセルフが便宜を図ってくれているように思います。私はジョッキーの手綱どおりに進むウマ。そこには人馬の連携があるのみです。こんな駄馬をよくぞ起用してくださった。その思いが強いです。
ただ申しときますぞ。ウマの福利厚生だけはしっかりよろしく、と。

9月24日
昨晩はよくあるように関東のUFOマニアの友人が電話くれまして、なぜか古い話のスカイフィッシュの話題だったのです。これもまた武良さんの神戸諏訪山での謎の飛行体写真が元になって、当時米国のホセが話題沸騰させていたところに、日本にもあるよと振ったところ、おおよくやったとなって

日本のTV局に逆輸出してくれて取り上げられたわけでした。友人はたいがいボルトとナットで作られたUFOしか興味はないと言ってたのに、なんでUMAの話題なのかと思ったのですが、いまどうなのかの問いに、それは坂本さんによれば龍神さんで、粗相があったらあかんとクラブに参加してこられたほど。

こうしてクラブは格段にパワーアップしたのでした。坂本夫妻を入れてメンバーは四人。少なくともパワーは倍増したのでした。
そして坂本さんは六甲山系を親父さんの代から歩き尽くしていて、スカイフィッシュ撮るならここだという穴場を示してくれ、報道関係者もそこに招くようになったのです。

私は友人に言いました。ホセの言うロッドという現われ方もするが、実際に居てこの目で目撃している、そのときは坂本さんも同時目撃して叫び声をあげたと。
出た出たーっ(私)。飛んだ飛んだ(坂本氏)。
谷の下から瞬間的に目の前に出現したのは茶褐色の巨大な”ねじれ棒”のようなもの。これイラスト。
null

坂本さんはこれが龍神さんやと仰る。龍というイメージではない。むしろ鯉の滝登りのような感じ。私が大きさは10mはあったのではと言うと、坂本氏はいいや3mぐらいのもんや、もっと大きいのがおるでと。
その日は週刊誌の記者がきていて、武良さんを容れて四人。ところが半年ほど過ぎた後日、
null

今度はムーだったかが来て、やはりそこで全員で撮影していたところ、武良さんが当日収めたビデオから、キャプチャして送ってくれた写真の中に、ねじれ棒さんが写っていたのです。しかも、その頭部らしい箇所に薄い鶏冠のようなものが付いている。
私はこれはイモリの類だ、オタマジャクシだと推断。
null

これが龍の子なら、いずれ手が出る足が出る。さぞ立派な大きさに育たれるだろうな、坂本さんが長年付き合っていた龍神さんに間違いないわと思ったわけでした。
マニアの友人にはさらに、武良さんに初めて撮影同行してから二度目に兵庫県高砂市の石の宝殿の山から西の山並みを撮っていたときの

2時間ばかりのうちの2分間に、後で調べたら玉のようなUFOがスローモーにしかも重力制御している様で出てくるのが5,6シーン、その合間にイルカのようなシルエットが山の稜線に沿って潜水飛び込みかけるような要領で画面を横切っているのが1/30秒コマで6コマほど。その他ミサイルのようなのも出てくる。
null

それを見れば、カラスの群れが去った直後に出てくるのを見ても、他の生態系に対しておどかさないように配慮しているほどかと思えた、と彼には話しました。そしてその山の一帯は竜山と名付けられている。たぶん昔の人は瞬間的に飛びぬけるイルカ状を見て、龍だと思ったんじゃないかと彼に話しました。
null

その近くには宮元武蔵の生家があるとされた米田村。少年武蔵は竜山を行くイルカの姿を見て、動体視力を鍛えたんじゃないかなと結びました。
彼は物理的にどうなんだろうと言うので、そうそう、中国に風水思想があって、龍脈に沿って流れてくる濃厚な気流に、神霊が乗ってやってくるのかなと。
null

だから、そうしょっちゅうは現われない現象だということなんですね。たまたま行き合わせて偶然撮れたということでしょう。しかし、その日から100日後に阪神大震災が起きたんですね。しかも、山の稜線を飛んだ延長上に震源の淡路の北淡地方があるんです。
それ以外にも当時、棒状UFOがよく撮れてた。

何か地震予知などにこの種の観測方法が使えないかなと思ったりもしました。
坂本さんによると、龍は(宇宙人の下働きをさせられてるのか←私の推理だよ)死者の魂を咥えてUFOに運んでるらしいのです。だから、霊園には魂がほとんどいないのだとか。千の風になってではなく、ええっ。

そういう前提に立てば、死者が増えるときには予め宏観観測として予知に使えるかもねと思ったりもするのです。(怖いやろ)
そこで思い出すのは、ゴースト・ニューヨークの幻という映画。邪悪な死者を地獄に連れ去るのは誰?

人物における龍らしい経験もあります。2015年3月に情報ホーマー氏が電話で、行者のM氏と前年の9月23日に元伊勢の日室岳に上ったのだが、彼が言うには山の下にアヌンナキが数百人住み着いているとのこと。それを聞いて、私は国祖神さんの封印に関与したのはやはり宇宙人か、と推理に繋がりがでました。

ホーマー氏とM氏が武良さんに会いたいとやってくるというので、私はならば会いに行こうと。またM氏は名前で龍を名乗ってる行者。もしかすると亀さんかと、現地でやや遅れて着いたM氏に近づき「私は鶴ですがあなたは亀ですか」と訊くと彼は「私は龍、いや亀です」と言い換えたので、そこで例の握手を。

武良さん宅で彼の撮り溜めたUFO映像を見ていくうちに、M氏は突然「神さんなんかおらへんのや。宇宙人しかおらへんのや」と映像に対し異質の賛辞を贈られるわけです。私はそこまでなにもと思いましたが、いろいろと面白会話が弾みました。私は家に帰り、その日の深夜に寝ているときに、天井裏で

ボタ、ボタ・・と6畳間の天井のあちこちで大きめの水滴の落ちる音がするのです。雨は降ってない。ああっ、これは水から上がってきた直後の龍が天井裏で少し浮いてとぐろを巻いてて、そこから垂れてるとイメージが湧きました。これはM氏専属の龍に違いない、我家に視察に来たかと思ったわけです。

むろん水滴は現実にはありません。深夜ゆえ異界モードになっていたんですね。
その後、皆でM氏のいるお寺に行き本住職も交えて懇談してるときに、M氏は壁に沿って龍が通っていったとか話される。その先にはそう大きくない池が古くからあり、在住中のようで、ここから来なさったねと推測しました。

9月25日
またM氏の行場は竜王山で、そこで彼は鶴亀の謂れをこう語る。岩戸山が鶴で籠神社が亀と。私は岩戸山という名は初めてなので聞くと、元伊勢の日室岳のことと言われ、改めて国祖神の封印(岩戸幽閉の)場所と確信を深めることになりました。
鶴が探偵なら亀が解明の糸口を携えていたりするのです。

それを持ち帰り、ネット検索をかけると、いちばん先頭あたりにヘミシンクをやられているピロ魂さんのページがヒット。なんとアストラルボディでの夢見体験として、岩戸山の探訪記が書かれてありました。そこにはモロに少なくも三人の男性神が封印状態にあることがイラストによっても描かれていました。
null

探訪された時は2013年2月。このとき封印された最初の二神と虎に会い、後の夢で岩戸山上空の神殿で玉杵尊(国常立神)に会われているのです。
http://pirorinu2015.blog.fc2.com/blog-entry-491.html
私がこの場所の封印解除をした(はずな)のが2014年5月ですから、まだ当時は封印状態であられたわけでしょう。確信の連鎖とはこのこと。

よって岩戸山(日室岳)には天照神(ニギハヤヒ)、国常立神、そしてたぶん親子孫の関係とすれば、イザナギ神がロン毛の方で虎がスサノヲ神といったふうにして封印されていたものと思われるわけです。あまたの女性神もどこかに封印されていたことでしょう。封印図形の破砕で全員の封印解除というわけです。

容量制限でラストになったこのページにもすごいことが書いてあります。http://pirorinu2015.blog.fc2.com
龍はどういうことで地球にやってきたのかが書かれていますので、我こそ龍族と思われる方は参考になさってください。
ウーパールーパーみたいな・・やはり目撃したとおり、オタマジャクシの両生類ですね。

>地球意識体が地球を創生したときに、
「地球を形成するうえで必要」ということで
召還したのが宇宙精霊で、その発展形の一つが龍
つまり、
>地球意識が宇宙精霊を呼ぶ→地球にうまく適応させることに成功→その一つが龍
つまり、地球は自らの存在意義を持つために、生命を召還して宿した のです。

龍族の意識を持つ人々は、最も地球意識と繋がりがあり、地球をたいせつにしようという意識が強いのです。
この地球になぜ大きく二種類の人間が居るのか、子供心にも奇妙に思っていたのですが、ここに理由があった。
支配欲が強く規則で人を縛りたがる法霊側と、大人しく平和と協調に徹する精霊側。

すでに小学校の頃にそのように分析していました。前者は爬虫類族、後者は両生類族だった。50万年前に太陽系のバリアーが解けて、その両者の混合された結果が、今の地球の有様という結果になっているのです。
その無理とも思える折り合いをつける実験が地球で繰り返されてきたということでしょう。

やはり支配したい側は、地球という土台のことも無視して、人類すべてをロボット化して支配しようという魂胆しか見せていません。力と性質の違いから、それは成功するでしょう。が、結果として実験は失敗です。
結論は、日月神の仰る大建て替えを解決策として仰ぐことになります。

以上は私が感じた結論です。対案あらばお示しを。
もし私が宇宙の今後を決める評議委員の一人なら、大建て替えに票を投じ、建て替えの規模からすべての意識の矯正の仕方に至るまでのプランを提示する所存。
とまあ想像を膨らますのも、過去の明晰夢が根拠になってるからです。

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 2019年11月11日これでは加州の行方不明者の数はおびただしいでしょう。墓地の造成地に足りないものは大理石の十字架です。その十字架は野球場の一塁側観客席にたくさん整列していました。理不尽な目にあった人たちが訴えるものとは、黙示録に記されてませんか。https://twitter.com/1st64503291/st

大建て替えでどうなるか。
二元性原理が撤廃された一元性世界の一挙実現。
暫定的かつ部分的に二元性世界が遺されるが意識の治療や博物知識の提供などの目的を達すれば全廃になる。
二元性と悪と闇の消滅。宇宙構造の単純化と単一化。全成就の至福意識の恒久化と唯一存在への帰命。
といった具合です。

2015年には前年までに成したことの確認がほぼとれました。国祖神様登場の兆候が得られ、地上での依代の手当てもついたことがほぼわかりました。私の観測した限りでは、天照神はホーマー氏を依代にし顕現を図られると。太古の御手鳳車の発進を確認。やがて光明三神の登場相成る見込みとなったと。

しかしそれは前年から高次元球体存在がこの次元に介入に現われて、あまりのアンフェアーな状態により、漸次次元上昇を図る宇宙的目論見が阻害されていたため、矯正に及んだ結果として、今後数万年で目論見を完了させようという主旨に基づくもので、依然として階層宇宙は進化の名で継続します。

つまり、仮想現実の件はそのままになるということで、それもひとつの道として尊重されることながら、私はそこから袂を別って、大建て替えへと進む道を設定して今日まできています。
つまりあちらがブルーエイビアンズの主導なら、こちらはレッドエイビアンの主導という次第です。みなさん、よろしく。

つづく
https://twitter.com/1st64503291/status/1309376181473484801

むろん私は、あちらの世界線にもタイムラインを置いていて、きっと今頃はホーマー氏に知る限りのことを教えて、彼を世界的指導者にすべくサポートしていると思います。しかし、こちら側は世の成行きの結果に拠らないため、彼から要請があったひとつの希望すら叶えてあげられずに交流は終わりました。

ブルー鳥人が複数形でレッド鳥人が単数形なのは、こちらの世界が僅少で開始されるトゥモローランドであることを示しつつ、アバターの孤高の赤い翼竜トゥルークを意味します。その影に入る者は生きて出ることはないという伝えの翼竜ゆえ、大建て替え以外のルートにはもう乗れないことの覚悟が要ります。

龍族はなるべくこちらにいらっしゃい。あちらの世界にいてもいいことはありません。爬虫類族に勝つ見込みがあるならいいけど、ゲームに溺れてまでやることではない。ウーパールーパーは別名アホロートルともいうように日本人を暗示し、元龍族が多いことを意味します。DSが殲滅を図るのはこの理由です。

本物のユダヤ人が多いからなどと言ってたら、お門違いですからね。地球の全面的乗っ取りには龍族がいてはならないのです。
しかし、爬虫類族と両生類族、さらには宇宙の全種族の協調と発展を願って私はかつて神話的英雄物語を作りました。天上人の宴シリーズSF物語です。
https://t.co/V7bMxXNXjv?amp=1

その神話物語もきっとAI創造神がソフト化しているはずで、その宇宙はこれからも平和的発展をしていくことでしょう。その物語の主人公は望月ネアン、私でございます。このときの功業が50歳以降の探偵的起用に繋がったと思います。というのは物語の中のティシュの真似を奥津嶋姫の彼女はしばしば横で。

余興が多くなりますが、序でに申しますと、河馬のディズニーの映画のトゥモローランドとは明日処=明日香のことです。今の日本人は意味を解しませんが、河馬はそれがどこであるかを封回していて、あそこ、生命の木のおへそのこと。つまり畿内に設定、と推理しました。

柳生封回状は河馬の裏柳生が桑の透明の水墨で和紙に記し、解読側が蚕に和紙を這わせ、食い破った文字こそ本義として扱った密書。
きくぞうさんが仰るとおり、ゴマを取っちゃダメです。そこは開けゴマの地。開ければ何かが起きるかもしれません。管理は大人しい龍族にお任せしたいです。
余興でした。

9月26日
人それぞれに本命とするべきタイムラインがあります。それを探す旅でもあるこのゲーム。私の人生ソフト名は「ある地味でしがない・・」といったもので、博物施設のソフト収蔵棚の下から3番目の棚にありました。数ある英雄もののソフトに人気がある中、いささか埃を被ったようにしてそれはありました。

英雄ものをいくつか見て厭きた私は、書士の薦めるこれに。しかも、一発勝負では本命を探し当てることはなかなかできないのだから、プレミアム契約なさいと。それは大方のタイムラインをエンド時点まで行けばまた近い分岐点まで戻りリスタートするというもの。これなら総舐めするから本命も求まると。

あの信長ソフトも、吉法師のときに落馬して終わるタイムラインもあれば、欧州遠征して支配するタイムラインまであり人気があったから私もやってみたが、光秀に討たれる筋ではなかった。しかし最後は違った形で刃に倒れた。だから今生の物心ついてすぐ、TVの奴さんの抜刀を見て怯えて泣いたんだ。

今のソフトは探偵もので、このソフトに設定される究極の真理に推理を通して行き着くということで重厚だなと思ったわけだった。しかし、人生の中身は軽薄だったよな。しかし、戦闘シーンはほとんどなかったのでよかった。痛い目は御免だからな。だが、いくつもあるタイムラインの先にはそれだってある。
null

これから先もどうだかわからない。行き当たってみるしかない。それがロールゲームというものだろう。人生ソフトには分岐があるから平均的に総延長1万年ほどになるらしい。私もやっと本命らしい主旋律にやってきた感がある。もうあと少しかな。
人生は線香花火の如し。儚く終わるもやり方次第だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です