ニビルの話題も含まれていたようです

ウィキリークスでメール文の中にニビルの話が出ていたようです。ニビルは何度もご登場が延期されて今まで来ました。この延期の原因は、マンデラ効果なんでしょうかね。イベントが大きすぎて回避できないから、延期されるのみなんでしょうか。
粘土板によれば、前回ご登場の節は、大洪水で終わったとのこと。今回はどうなるのでしょうか。彼らにしてみれば、人類はこの惑星で使役できる労働力ですから、宇宙文明の仲間入りなどさせたくないでしょう。ふりだしに戻して、思想洗脳して鉱物採取に当たらせたいというのがホンネかと思います。それができないくらいなら、小惑星の星屑にとも思わないでしょうか。彼らの身体にAIナノマシンが巣食っていて、それが彼らの本性本能を司っているのなら、どうしようもないです。だからたぶん、前回と同じ、小手先の片パッチ的建て替えがこの先、宇宙間の相互の了解のもと、進められる計画なのかもしれません。しかし、それではまた同じことの繰り返しになることが明らかだから(善はのほほん、悪はびしっと集中。何を取っても能力差が歴然だからねえ)、日月神は絶対やるぞと仰ってるんですよね。ほんと、原因がわかっていて、何度も同じサイクルを繰り返すなんて、歯がゆいですわ。
さて、ニビルですけど、みんな思い込みがすごいです。粘土板にそう書いてあるから惑星だと思っていらっしゃるようです。だから、地球の11倍だとか云々。
私のはトンデモ説の新神話かもしれませんが、違うことにしていますよ。人工衛星なのです。あれは船なんです。しかも、UFOの機能を持っているから、楕円軌道を描いているわけでもないのです。重力発生装置があって、周りの空間を歪めるから、大質量の惑星に仮装してしまえる。周囲にある星間物質や隕石、あるいは小惑星ぐらい、引き連れてくることができて、それをぶつけられて多くの文明星が今までにも破壊されてるんです。
ニビルのモデルは映画「スターウォーズ」の要塞型人工衛星デス・スターです。人口が増えますから、増設のために鉱物資源は要るし、補修のための金は欠かせません。だから人類という奴隷を創って、採掘すべき惑星に投入しているのです。
彼らにも祖星はありました。しかし、精神性が置き去りになったアウトローばかり集められて葦船に乗せられて宇宙に島流しされたんです。古事記にも出てくる話です。どこが祖星か? プレアデスという説もありますが、シリウスです。シリウスの祖星はとても文明が成熟していて、非の付け所がない。しかし、幾分かずつでもネガが発生し、アウトロー化するわけで、それらを十把からげて放逐するわけです。するとデススター・ニビルが引き取るという仕組み。彼らもいずれ、役目の終わりには祖星に戻れると信じていますが、血脈あらばこその信仰です。傘下の秘密系がシリウス(イシス)崇拝しているから、親分の出自はすぐわかります。
今回は次元上昇波動が来ているから、ニビルはよう近づかない? 残念ながら、彼らは空間の分断域を造りながらやってきますから、波動の影響を受けないのです。それがUFOというものです。(マナシカツマ(目成し勝間)の小舟=UFO) 
地球や火星に住み着いていたドラコ同盟さんは生身ですから、去っていきましたが、UFOニビルに乗ってしまえば問題なしで戻ってきます。
一方、地球も一個の宇宙機(UFO)として機能するのですよ。古事記の解釈にも載せています。だから、巨大天体の接近衝突やキルショットなんざ、異次元化してでも回避できるのです。これ使わなきゃ損ですよと言ってるんですが、みんな蓋されてるからねえ。(私は古代エジプトにいた頃、その設備を設計し設置してたんですが、湯婆の里の掟で失念。残念)
ここでちょっと年代をはっきりさせときましょう。岩戸と宇宙人事件との関連がわかります。
2012年 あるヘミシンカーのアストラルボディ見聞により、元伊勢の岩戸に三体の神が封印されていることが確認されていた (玉杵尊、伊弉諾尊、天照国照彦天火明櫛玉饒速日命) それを私は2015年3月になって知ることになる 
2014年4月 国祖神が幾何学封印されていたことを発見する 
同年5月 封印解除術で幾何学封印を破砕し、国祖神と彼に付き従って封印されていた神々を救出する
2014年9月23日 M氏が岩戸山の下に直径2kmの亜空間があり、アヌンナキが数百人住み着いていることを霊視
2015年3月に私はG氏からM氏の情報を聞き、封印幾何学図形にいっそうの精度が得られたため本物と確信
(このころすでに、ブルーエイビアンズによって、上昇波動の流入を一時停止するバリアーが太陽系全体に張られて、太陽系外とのUFOなどの出入りが不可能になっていたらしい)
2014年12月6日未明の夢にプーチン氏が出てきたため、鶴亀統べるための両手でのガッチリ握手をすると、彼の頭と目は亀さんのそれに変貌 鶴亀の儀は相成ったと解釈した 翌年から彼は世界のリーダーとして、めきめき頭角を現した
2014年12月 オーストラリアからバリアー破壊の実験が試みられたが無効だったばかりか、ドラコ同盟側や地上秘密系は大損害をうけてしまったらしい
2015年3月 ブルーエイビアンズとドラコ同盟の話し合いでバリアーが外され、あわてるようにしてドラコ同盟は太陽系外に退去した
 このとき、岩戸山のアヌンナキも退去したはずである
2015年3月以降しばらく、G氏、M師との交流があり、また岩戸山のアストラル情報がもたらされるなど、岩戸開けに必要な謎解き情報が勢いよく揃っていった ドラコ系の妨害がなくなったことによる促進だっただろう 岩戸の中の天照も積極的に動いていたようだ
2015年9月 幾何学図形の接点の直近から岩戸山を撮影中に、神体山に潜伏していた鶴の形の異次元船の発進が映像として撮られる(武良さん) G氏と私が居合わせて椅子に座り情報のやり取りをしていた時であった 武良さんのダウザーが振り切れるほどに回転 そのときに異次元船が神体山から離脱し発進していた
original_003.jpeg
2015年11月 G氏は私に玉杵尊の似姿さんに会わせるとのことで、現地に行った どうして彼が神世の玉杵さんを知っているのか不思議だったが、G氏に入魂していた天照が、岩戸山で同棲している玉杵尊の顔を知っているため、私に似姿を示してくれたものと解釈できた 封印解除した返礼というのであろうか、もったいなくもかたじけない思いがした 私はこのときにも、G氏に太陽神の情報を少しは伝達したかと思う 心臓の壊れかけた青い太陽から赤い太陽への伝達・バトンタッチ

前に死海写本の預言にいうアロンのメシアのことを書きましたが、イスラエルのメシアも日本となら、この両者の協力は日本国内で果たされ、日本だけで世界救済の展望が可能になるのかと思います。荒廃した世界で飛行機乗って他国に会談に行くなんてことは難しいでしょうから。
2016年から本格的な見届けの体制にはいったかと思われます。 G氏には伝えていないことのほうが多いです。しかし、彼には天照がすでに出入りしていて彼を導いているでしょう。私は、次の時代がまたぞろ善悪混交になることの再現を避けて、大建て替えの方向に舵を切ることにしています。彼は彼のタイムラインを生き、私は私のそれを行くわけです。私の心は晴れ晴れして清々しいです。
2018年後期からはG氏が世に出てくる。その前に、私は彼の主導するタイムラインを去って、彼とは異なる大建て替えに向かうタイムラインにいるだろう。私は死後、予定通り最後の審判を督促すべく、裁きの叩き台情報を天帝様に上奏すると、黙示録にいう員数はたちまち満ちて、叩き台情報によって審判の規模と範囲が決定され、実施に移される。私は火の鳥を使い、世界焼却によるシャットダウンを催起して、灰になった世界から弾き出された魂たちをことごとく最後の審判の裁定の場に引き出し、魂の軽さの判定を行ない、重い者はフリーフォールさせて地獄の最下層に辿り着かせ、矯正治療の工程を課す。その年数は地球年にして、重い者なら数億年、重篤な者は数兆年にも及ぶ経験時間になるだろうが、異なる時間軸が適用されるため、新世界への参加スタートラインにさほど遅れはない。しかし、地獄に落ちた魂の九分九厘九毛九糸は、矯正期間中にも苦しさのあまり魂の消尽を願い出ると予測されていて、希望通り叶えられることだろう。これできれいさっぱりになった大建て替え後の環境下で、世界は良い方向にゆっくりと進歩していく。

大建て替え : 日月神示によれば(Wiki)
世の中が乱れたのは人間界(現界)からではなく、神界からなのだという。「んめの巻(梅の巻)」第十帖で(参16)「世は神界から乱れたのであるぞ、人間界から世建直して地の岩戸人間が開いて見せると云ふ程の気魄(きはく)なくてならんのざぞ、その気魄幸はふのざぞ、岩戸ひらけるぞ。」、また「|三の巻(ウミの巻)」第十三帖でも「此の世を乱したのは神界から、此の世乱した者が、此の世を直さねばならんのざぞ、この道理判るであろがな、建直しの御用に使ふ身魂は此の世乱した神々様であるぞ。」と述べられ、人間界側からの努力が大切なのであると語られている。そして、「んめの巻(梅の巻)」第二十四帖では「人民も磨けば神に御意見される程に身魂に依ってはなれるのであるぞ、地の日月の神と栄えるのざぞ、何より身魂磨き結構。」とも書記させている。
また、
神示には過去にも世の建替は六度あったとあり、今後に起こるとされる大建替で七度目だという。そして、これが最後なのだとも書記されている。過去六度のそれぞれについてはその全てが現界のみの建替でしかなく、うわべだけの神示で言う「膏薬(こうやく)張り」のような建替の繰り返しであった為、根本的な大建替にはならず、すぐに元に戻り永続しなかったのだという。そして、今後に起こるとされる大建替では過去にあったそれらとは全く異なり、この現界はもちろんの事、神界、霊界、幽界等も含めた全ての世界に起こり、天明が最初に麻賀多神社の社務所で書記させられたように、文字通り「この世始まって二度とない苦労である」となるような途方もないことが起こるのだという。