米国のUFOディスクロージャーを前にして、エドガー・ミッチェルのメール文がリークされました

今後、米国のUFOディスクロージャーの一環で出てくるかと思われますが、In Deepさんの次の記事がありました。
https://bit.ly/2dQQ50W
メール文の中の「境界を隣接している宇宙からやってくる非暴力的な知的生命体は、地球に零点エネルギーをもたらし、私たちを助け続けている」という部分に関し、私の十八番であるシンクロに基づき謎解きを開始します。
「境界を隣接している宇宙」とは、5次元以上の宇宙のことで、地球の歴史の過去現在未来が一望可能な場所のことではないか。
私はたまたま洋画の「インターステラ―」を8日に見た直後だったので、そうか、こういう場所があるんだという思いでした。いや、映画はいいもんです。ビジュアルにそれが見せてもらえるんですから。
コーリーが言っていたブルーエイビアンズは6次元とかで、なおさらに鳥瞰できるわけでしょうかね。
「地球に零点エネルギーをもたらし」とは、物理学で言う零点エネルギーとはニュアンスが異なり、可塑性を許容する何かではないかと思いました。引き寄せの法則とかの原因とされているようですし。つまり、想像=創造へと円滑化させる何か、という感じのものかと思われます。
私はこれを2000年からいきなり実感しだしました。それはもう、それ以前とはガラっと時空の質が変わってしまいました。だから、時空の断裂感が大きいのです。
たぶん多くの方が感得されているのではないでしょうか。時間の経過が早くなったとかの感じ方もあるでしょう。おそらくそれが各自のタイムラインを求める方向に推し進めていくのではないかと思います。
また、このミッチェル氏のメールの詳細についてはトカナが報じています。
https://tocana.jp/2016/10/post_11153_entry.html