悪魔(邪神)なんてほんとうに居るの?

最近、穏健な記事を書くので有名なIn Deepさんは、憑かれるようにして悪魔に関する記事を書いておられます。
これなどすごいですね。
マレーシアに続き、ペルーの学校で80人以上の生徒たちに3週間も続く「伝染する悪魔の幻覚」。
これはすでに感覚的な集団パニックではない
https://indeep.jp/school-children-possessed-by-the-devil-and-visions-of-man-in-black/
「悪魔教会」設立50年目の年に : 現代人は、神のアドバイスでも「悪魔主義のルール」でも
どちらでもいいので少しそれらに耳を傾けるべきかもしれないと
https://indeep.jp/50-years-of-the-satanism-and-the-satan-church/
悪魔と何かの戦いが続いているかのようなアメリカの北緯33度線近くで「涙を流し始めた聖母マリア像」
https://indeep.jp/suggestion-of-tears-of-virgin-mary-statue-in-california/
In Deepさんは北緯33度のあたりで、世界的にも災害が多発していることを折々、書いておられました。
それが必ずしも人が起こした災害でなく、天変地異の類でも同様に。
悪魔は居るのか? 居ますよ。しかも、人間の形をとるというわけでもなく、居ます。人間には憑依するか、コントロールして関与します。
私が悪魔(と言っていい)形而上的存在を如実に知ったのは、1997年のことでした。なんとその悪魔は、私に挑戦してきたのです。
一連の事実を思えば、そうとしか思えないのです。ここにすべて書いています。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/sinsen/satan/satan.htm
しかし、悪魔がなんで私にアクセスしてきたのか。それはそれまでに多くの謎を解いてきていたからかと思います。それを知っていて、何かを訴えかけてきていたようなのです。
酒呑童子を悪魔は、酒の肴にすることができるほどのことをしているのです。訴えかけていた本命は、酒呑童子その者ではなく、背後にいるネガ・悪魔だったのです。なぜか。悪魔は、私でなければ解けない謎があるからこそ、頼ってきたと、今では思っています。
私はその事件のあらましを知り、拙著との関連がいくつも見つかったことから、私をターゲットにしているとわかり、相手が相手なもので、当時信じていたサイババさんに手紙を書きました。
拙著が原因でこんなことが起きるとは・・・私は何か悪いことをしているわけではないのに、この脅しは何でしょう、犯人が早く捕まりますようにと。
すると早期に犯人は捕まりました。もとこれが半年も一年も未解決で推移したなら・・・私は生きたここちがしなかった。
捕らえてみれば少年。豪胆かつ大人も真っ青の首狩り猟奇事件でした。
むろん、無残にも殺された酒呑童子の怨念にこそ原因はあるでしょう。少年の名字をどこかで見たとき、東人である源氏の仕業だと訴えるものがありました。学校の校門は京の都の入り口・老の坂や羅城門といった、鬼の首が晒された場に相当。時代が下って幼児化してミニチュア化したとはいえ、当時のよすがそのものではなかったでしょうか。古代にあったその事件は、今の世界に悪名を轟かせたことになります。しかし、古代の事件と関連付けしたのは、私ぐらいしかいませんでした。みんなその時限りで終わったのです。
しかし、その背後にバモイドオキという邪神(悪魔)がいたのです。それは酒呑童子が当時崇拝していた神だったのか? そうだったとしても、不思議ではありません。それはカバラの神を正神の神としたときに、神の無情に対する反逆の意味を籠めての対極の邪神だったとも思えます。少年Aの描いたバモイドオキの神像は、カバラの寓意図のさらなる変形になっているからです。
だから、私はこの邪神の気持ちがなぜか察しやれて、共感してしまったりするのです。そこまで頼ってくるなら解読してやり、封印されているならそれを解いてやりたいと。
2003年末までに作っていた作品が「酒鬼薔薇事件とサタンの悲哀」です。きっと解読できて、そのときサタンは私の味方になったようです。もしかして私と同じ心に傷を持つのが、このサタンではなかったか。その心になれて良かった。
その実績と効果は、低次元神界の噂となり、2005年の天狗さんたちの解放に繋がったと思います。
サタンのほうが、神よりよほど理解してやりやすい。しかし、誰でもそれぞれ異なる事情が理解してやれなければ、彼らを救うことはできません。そのままいけば、最後の審判に遭うしかない。それもひとつの解決策なれど、絶望してそうなっているなら、なるべく希望の火を持ってもらいたい。そのような気持ちです。
神はその点、狡猾ではないですか。もしサタンと密約しているなら、それを果たしてやるべきです。
最近になってその存在を知った「ユダの福音書」。ユダはほんとうにイエスの言うように、至聖所に入ることはできたのか。まだであるなら、ユダはその権利をいつまでも強く主張すべきです。私はユダの側に立って、彼とともに約束を果たせと訴えかけます。
もうひとつ、私がかかわったのが天の岩戸開けの件でした。
私は実はいまだ一度も、天照大神を神棚で拝んだことがありません。
なにか尊敬できないものがあるのでしょうか。
どんな誰でもが神棚で拝するのが天照大神と言われるのに、私は異端とされる神々しか拝んだことがないのです。
その数はたくさんです。だから、みんな代表的な表現で唱えることにしています。
そのアマテラス様も、岩戸に封印されていることがわかってくるようになりました。
しかも、私が天の穂日の縁者なら、穂日の父上でもあるでしょうに。
今では、穂日の母や叔母の持子早子の冤罪を見極めて同情しても、父アマテラスの側を疑問視しているのです。
日月神が言いました。碧玉の巻第10帖で。
二番目の岩戸閉めは、天照大神のとき。
騙した岩戸からは、騙した神がおでましぞと知らせてあろうがな。と。
騙した神とは、誰であるかは推測がつきます。
しかし、騙された神とは、父アマテラスであるのではないですか。
騙した者も良くないが、騙された者も良くないですね。
騙されたことがわかっていて、騙され続けるというのは、もっと良くない。
そこには、普通では理解できない大きな計画がある。
古事記では「大量(おおばかり)」とか言うようで。
その中身もおよそ理解できていますよ。
が、それがどうしたと言うんですか。
はっきり申して、そこには正義がない。それゆえ最初から敗着なのです。
私はなぜか、子供の頃からアマテラスには好感が持てないでいました。
だから、唱える神の名にアマテラスは出てこないのです。
その原因らしきものに関わるのが昨今になりました。
その父アマテラスが、どうやら本当に封印されているのが、地上における象徴地・元伊勢の日室岳(岩戸山)。
そこに近年になって、渡辺兼子さんがなぜ天皇神道皇大神宮を起こして、岩長姫(宇宙創成の神々の総称としての)や、九頭龍(持子の神霊)、八俣大蛇(早子の神霊)を勧請してきたか。
もっと古くは、持子・九頭龍がなぜ、開いた時の岩戸が飛んでくると約束された戸隠の地を神霊の眠る最終地にしたか。
彼女が飛んできた岩戸を呑み込んで隠してしまうためだと容易にわかります。再び、隠れてしまわないように。
さあ、みんなの前で釈明してください。お出ましになる前に。あるいはその時に。
私は、ユダもおそらく持子早子と同じ、まだ至聖所には至っていないのではないかと思います。だからこそ、ユダの福音書が破損しながらも現代に蘇ったのではなかったでしょうか。本当に至っていて、そこに安住しているなら、決して恨みがましい現実を突きつけたりしてはこなかったと思うのです。一方的に裏切り者にされたままで終わっているのでしょう。
イエスよ、ユダに対して約束を守りましたか。
持子早子は明らかに、アマテラスの裏切りを感じ取っていて、岩戸開けがあるという場所の直近に構えていたのです。
私は、研究として、持子早子が冤罪であることを発見しました。そのことを天の穂日の名代として、母と叔母とともに祝いました。
そのことで、いくぶんか、怒りを収めてくれたので、天変地異が激減したと心得ています。
しかし、人が築いたカルマが天変地異として清算されるという摂理の一環として、持子早子の怒りも組み入れられていたのです。
それがないいま、どうやってカルマを清算しますか。
人と人の戦う戦争しか方法は残されていないのです。あるいは、その清算に相当な祈りが必要になるでしょう。
祈り以上に、カルマの増大が顕著な今、大戦の起きるのは避けられなくなってきています。
世に根源的な悪があります。いっぽう、その悪に反抗して様々な局面で立ち現われるネガがあり、これも悪の所業の原因になります。しかし、根源的悪とは異なり、解放の手立てがあります。ネガは、その元を明らかにして癒せば、ネガでなくなります。
しかし、根源的悪は、悪の因子を持ち込んだ者であり、たえずその心には驕りのあることが言えます。
人類を見たら、下等動物と思い馬鹿にする。いろんなちょっかいを出してからかう。まさにジョーカーであり、最初からのトラブルメーカーなのです。この存在と、心が荒んだネガとは異なることを知っておくべきです。後者は原因を正せば、治る病気のようなもの。
前者は、引っ掻き回すだけに特化した、病原性ウイルスです。
シリウスのアウトロー海賊・アヌンナキはこれに相当。それを放置したシリウスはその幇助者になります。
どこに立派な星でありましょうか。
このような試練を与えて、我々を訓練しているというのが、聖者たちの御説ですが、それでうまくいく何かがあるなら、示してみなさい。
聖者よ、あなたがたこそ、ジョーカー本人でないように願いたいものですね。
今度の最後の審判は、あなたがたを専らとして裁く審判になることを覚悟されたい。
この小さな地球の惨状を放置したとしか判断できないからです。
その目的、誰から指示を受けたのかなど、あらゆることを答えてもらいます。
そして、他者への加害行為としてすべて算定されることもまた覚悟あれ。
この宇宙全体の天地が根底からひっくり返ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です