平田留三会長の夢を見た

今朝4時50分頃から6時40分にかけての夢で、平田さん(日本UFO研究会)らしき人の夢を見ました。
お盆だからでしょうかね。
ピロ魂さんの体脱体験の話をしていたからか、どうやら私も久しぶりに体脱体験したのかも知れません。明晰夢の部類でした。
それでも、けっこう長い夢だったはずが、最後のほうしか覚えてなくて。
彼は向うでも何か事業をやっておられて、けっこう羽振りがいいようで、私は彼を何カ所かある事業所のうちのあるところにタクシー運転手としてお送りしたのです。
小高い丘を埋め尽くすようにしてある住宅街を眺望するようなところでした。
彼の経営する食堂に誘われて、お好み焼きのようなのを作ってくれるのですが、そのときに、面白い話があってなあ、あんたも手伝ってくれへんかといったお声がかかったようなんです。
ちょっと平田さんは風貌が親父に似ているのです。昨日は、Youtubeで「おやじの海」なんて聞いていて、久々に父のことを思い返していましてね。海の男でした。死後すぐに丹後の伊根に戻って、向うで遊んでいたような父。よほど故郷が良かったんでしょう。⇒ 死せる父、夢枕に
そんなこだわりのある雰囲気を醸していた父に似た平田さんが、代わりに出てきたような。
お盆であることを実感いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です