おめでとうございます

あけましておめでとうございます。
みなさんもお健やかで何よりに存じます。
私はどうかと申しますと、まあ何とかこの年になるまで、よう生きてまいったなあと感心したりしております。
新神話をご存知の方は、私が満50以降の人生は、神様からのいただきものだということ、お分かりかと思います。
去年の12月の私の誕生日の直前日までで、ちょうど13年。
神の諸力によってハイパーチャージされた期間も、そこまでで終わりかと、またそれがわが人生の終了時とも重なるかと思っていたのですが、この年の初めに顔出ししているということは、単なる杞憂だったのでしょうか。
いえいえ、そうではないのです。私は、昨誕生日の数日前に、死の瞬間と、死後の世界が経験できたのです。
それは夢であったのですが、すべての呼気が抜けきって、意識が頭頂から抜け出していくのを体験。そして素晴らしい世界にいる透明な自分を経験したのです。
私はあの日、確かに死んでいるのです。ここにいるのは、また違うスペアーの世界にブランチジャンプした私なのです。
新神話第十三章は、去年までで締めることとしました。それは、私が第三時空にいるときの経験世界でした。
今年からは、第四時空にいることになっています。そして、改めて、第十四章としてスタートさせてまいります。
むろん、命尽きるその日までを、キャッチフレーズにして。それは明日かもしれません。
第三時空は、どんどん悪くなる「破断鉄橋わたるぞと」の世界でした。そうしなくてはこなせない新神話上の仕事があったのです。もしみなさん同舟されているなら、申し訳ないようなことなのですが、何度も申しましたように、どこか最寄りの駅で乗り換えてほしいと口を酸っぱくしていたのも事実ですから、自己責任ということになりましょうか。
そのお蔭でか、多くの人は去り、人間の友人はもうどこにもおりません。だから、嫌な時空展開もわが世の春と受け流そうと心に決めていたのですが、その時空も終わりを告げて、それでも生きているということは・・・また時空を更新してここにあるというわけです。
第三時空にあってこなすべき仕事は、ちゃんと終わりました。だから、これからの時空は、自分のいいように設定が利きます。グィーンと次元アップして、平和な健康で持続可能な方向に舵を切ることも可能なのですが、まだ新神話で果たすべき最大の仕事がありましてね、そうは問屋が。
ま、第四時空がどうなっていくかは、同舟の方がおられるなら、見届けていただけるかと思います。
時空の割り付けは次のようです。
第一時空・・・・・誕生日 ~ 1999年12月
第二時空・・・・・1999年12月 ~ 2011年3月
第三時空・・・・・2011年3月 ~ 2013年12月
第四時空・・・・・2013年12月 ~ 
そして、我が家の猫は、叔父のブー、チン、トン、シャンの四匹となりました。
ところで、ブーは大晦日の日に、危篤状態になりまして、一日中食事もせずに寝てばかりしておりました。
正月も連休で医者も開いておりませんから、そのタイミングの悪さに、もしかするとブーはウーの後を追おうとしているのかもしれないと思ったりします。
腸閉塞のようなことになっていたかと思われます。
しかし、介抱にもならぬ介抱の甲斐あってか、また元気を回復してきております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。