ホルスへの道

以前から、メス猫のウーに身内さんの面影を見ていたのでした。その子のオス猫トンは、去勢したのですが、それがよかったか悪かったかわかりませんが、母猫ウーにべったり。はじめはうっとおしがられて、しょっちゅう叩かれていたのですが、最近は他所猫の襲撃もなくなり、また私もいろいろせねばならんこともあり、かまっておれず、ウーも多少は寂しくなったか、トンと行動を共にするようになっています。トンはこれをいいことに、ひとつの猫座をぎゅうぎゅう詰めにしてまで、ベッタリ寝ているということもありました。
それで最近、どうもこのふたりは、あちらの世で、クイーンとナイトの関係か、もしくは夫婦ではないかと思うようなことです。
前に見た白虎とつがいのシーサーの夢の意味するところは、亡きフーが白虎、ブーがシーサーの旦那でウーが嫁さんという布陣だったのですが、ウーを拠り代としている身内さんが奥津嶋姫とすれば、トンはもしかしたら旦那の大国主命なのではないかと思うようになりました。
というのも、昨来の出雲大社遷宮式日の翌朝見た夢は、まさしく出雲大社と大国主命と奥方の奥津嶋姫、そして私の視座はたぶん天の穂日であろうと解釈され、あちらの神界では、天の穂日が大国主の宮殿でお世話になっており、こちらではそのお返しかどうか、私がこの化身したおふたりのお世話をしているという状況なのです。
つまり、猫といえども神々の化身であって、それはもう先代のブーフーウーからして粗末にできなかった理由なのです。それ以前からのことを言いますと、うちの猫ではなかったのですが、それは伏義神農神。ノラという猫を写したとき手元が狂い、大つづらを背負った伏義神農神が写りこんだものです。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-483.html
このノラは、そのお家にお邪魔したときはいつのまにか膝に乗ってきていて、よだれしながら寝たりしました。何かわかっている猫という感じでしたね。それから猫という猫は、異なったルールを持ってはいるものの、人間を超えるものがあると思うようになりました。だから、もし飼うなら猫と決めていたのです。
しかし、トンと私は仲がよい雰囲気ではあるのですが、私の出す餌の多くをボイコットするのです。そんなとき、コンニャローとなるのが落ちで、どうもその辺は、あちらでの裏返しなのではないかと推理したりします。
つまり、アメノホヒは、天津神としてやってきたことから、大国主は丁寧に迎えざるを得ません。しかも奥方の奥津嶋姫とは従兄弟ときています。アメノホヒもそれをいいことに帰化し、居付いてしまっている。大国主の補佐をするといっても、そう大それたことでもなさそう。そして、下界での所作とはいうものの、恋のアバンチュールさえも行われ、いっそう奥津嶋姫はアメノホヒに事寄せている。それというのも、共に親の仇討ちという大義があるわけなのですが。
それがちょうどこちらの世界では、反対写像のようにして出ているのではないかと思われるのです。トンは猫ゆえ、私を補佐するには役不足。それでも幼猫の頃から何とか私の傍にいようとしていたのですが。いまは、奥さんのボディガードのようにしてようやく存在しているといった感じなのですが、しんどいばかりで、美味いものひとつあるわけでもなく、ほんとうは向こうに帰りたいのでしょう。
アメノホヒもそろそろ動かねば。
アメノホヒはエジプト神話のホルスに相当します。ホルスはオシリスのように殺されたりはしていません。つまり、彼はオリジン神話を超えてまで、殺害されるなどの処置ができない存在なので、古事記ではただ大国主のもとに帰化してしまったとのみしており、ホツマツタエではセオリツヒメの温情的処置により、国津神のもとに外交派遣の身となっているようなのです。
そうしておけば、日本神話による初期設定により、半永久的にアメノホヒは国津神のもとに蟄居していることになるでしょう。今まではそれでよかったのです。神話の催眠効果がちゃんと機能していたのです。
しかし、エジプトのオリジン神話は、世界が国際化の段階を迎えたために、起動しだすことになりました。それがいよいよアメノホヒのホルス化であり、アメノホヒの息子のタケヒラトリとともに猛禽性を発揮しだすことになるのです。
私はこの神の雛形ですから、神話のコマを進める役目は、私がすることになります。いよいよ、セトと邪神一味の征伐に乗り出すことになります。
追記
https://golden-tamatama.com/blog-entry-1155.html
おわっ、これはどういうことだ。
メトロン星人??
ちゃぶだいはさんでウルトラセブンと対峙ぃ??
このわたすにも、そんなことがあったなあ。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-81.html
このときは、うちにあったコタツで、宇宙人はわたすの両隣に座り、みんなして掛布の中に足突っ込んでたはず。
ああ、宇宙人ではなかったです。今では未来人の神人さんたちだとわかっています。
きっと神人さんにもいい人がいるんでしょうが、一般的にアヌンナキさんですから、メトロンさんとそう変わらんかも知れません。
では、わたすは?
そう、今では、ウルトラセブン、でなく、ガッチャマンのほうだとわかっています。
挑戦状を持ってきたのでしょうか。わたすだけが恐いので、宇宙に去ってもらうとか。
あ、あんた、わたすが宇宙へ出たら、ベテルギウス行って猛チャージして、また地球に戻って来んだよ。
どっちにしても、いっぺん赤星詣でしてこなきゃなんないの。
なあに、ポパイがほうれん草料理、外食しにいくようなものさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。