支族の証明

In deepさんの記事、すばらしいです。
https://oka-jp.seesaa.net/article/194784607.html
神の怒りだ、大地の怒りだ、カルマの結果だといった考え方は、当たらないでしょう。
神や大地にひれ伏すことも、過去の罪を悔いることも、まったく無関係であるという東北人の自然さがそれを物語っています。
ではこの人々が負った宿命があるとすればなんなのか。目的とも言い換えられるものでもあります。
その目的をどうしても推理してしまうのが私の性質なのですが、きっとIn deepさんとは異なり、やや下卑た考えになってしまうように思いますが、
これは壮大な実験ではないかと思います。
いったい、この民族は何者なのか、どんな特質を持っているのか、存続可能な種族なのか不可能な種族なのか、生理的にも精神的にもいかなる動きをするのか。
このようなことが、どこかこの世の壁の向こうのようなところから計測されているといった感を持ってしまうのです。
マトリックスだから、当然そうであっても仕方ない。そういう発想の下地があるので、推理が下卑てしまうのも仕方ないと思ってください。
で、彼らはどうだったのか。どう判定されているのか。
大地が毎日毎時のように揺れても、彼らはその場から逃げ出そうとしない。
もし支族なら、長い漂泊の経過を辿ったDNAを持つから、移動することにはためらいはないはず。
しかし、まるでそこが安住の地であるかのように動かない。大地が震度6に揺られ、放射能濃度が高まっているという噂や事実論にも動かされない。家族が居なくても、子供がたくさんいても、変わりはない。
政府が強制退去させるまで、きっとそこにい続けるでしょう。
それは、彼らが平安の都エルサレムを見つけてしまったからではないのか。
厳冬と積雪の自然界の厳しさ、またしきたりや掟の厳しさから、どう見ても、場所が要因ではない。
きっとそれは、心の中にあるエルサレムであるため、現実の場所には無関係なのではなかろうか。
何かすでに悟っている。諦観のように見えるが、生きる気概が立ち昇っている。すべてを失ってなお。
魂の成長だけが獲得できる平安の都が、東北人の心の中にはあるように思えます。
その性質が日本人全体のものであるかどうかは、まもなくわかってくることでしょう。
産業、企業活動はあらゆる場所で壊滅的状況です。
生活用品不足が被災地ばかりでなく、日本全体に及んでくることでしょう。
失業者も増大し、インフレも半端なものではなくなりそうです。
武士道が定着できた民族性がどのようなものだったか、世界は見届けることになるかもしれません。
そのときに、あの国はバビロンなどでは決してなかったと感じていただければ幸甚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です