フーとブー、寒いベランダの山小屋で夜を明かす

だいじょうぶです。願いは叶えられます。
神様(創造主)が、みなさんを自然の時間経過のうちに、あの局面に連れて行ってくださいます。
あの局面?
ほら、あれですよ。
黙示録に描かれるこの世の終末です。
それを今の今まで、長きに渡って、そう、何千年という人もいるでしょう、待っていた局面がしっかりと体験できるのです。
それを見届けるという願いが果たされるまでは、死んだりしません。
あなたが、意識原理の保有者ならば。
ダミーはだめですよ、単なる舞台設定でしかないですから、周りでばったばったと倒れていくことでしょう。それをものの数とは言いません。
そういう存在ではないあなたは、本懐を遂げるまで、リタイアできません。
たとえ、もういやだー、と叫んだとしても。
いや、その激しい心の変化によって、変化後の願いが突発的に叶うかも知れません。
しかし、それでは後で悔いることになりかねませんよ。
最後まで、当初願ったとおりのことをフルバージョンで堪能してください。
願いが叶うわけは、前記事をご覧ください。
鳩山という名の総理が立ったなら、日本という国は消滅するという予言が明治時代になされていたと言います。
いや、もう予言というのはほぼ当てにならないというよりも、くだらないと言えます。
それより、現在の菅総理は、日本を終わらせそうですね。
だって、彼は弥勒菩薩のように、額にいぼ黒子を持っているでしょ。
弥勒は吉凶併せ持つ有力神ですから、きっとやってくれるでしょう。
私はステイタス信仰なのです。
日本が終わらなければ、世界も後に続かない。
西のユダヤが押し込められて中東大戦争を起こし、東の十支族が押し込められて世界を奈落に引き落とす。
これでやっと、みなさんが待ちに待った局面がやってきます。
某教徒のみなさん、心待ちにしたことがまもなくです。
私は、その某教徒が断末魔の悲鳴を上げるのを見届けたいという願望があるため、彼らよりもう少し先までダイハードであるでしょう。
ウーが子供たちをキッチンにしつらえた回廊に移動した際、そこで先に寝ていたブーとフーを、猫パンチで叩いて追い出してしまいました。
それだけ、真剣に生きてるんだと、態度で主張しているかのようでした。
ブーとフーが棚の上で、眠い目をしばたたかせながら、しばし呆然と見ていること。哀れです。
もちろん私も彼ら同様、呆然と見ておりましたが、まだ決まった寝床があります。
いつしか、ブーとフー、寒風吹くベランダの、むかしに神棚をこしらえていた場所に、小さな段ボール小屋を作って置いていたのですが、その中に、おかしな二人よろしく、同居しておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。