琵琶湖周航の歌10・・・箕面の六個山 (琵琶湖と淡路島を繋ぐラインのカナメ)

箕面といえば、きよしさんのお住まいもこちらだったですね。
大阪府にあって、風光明媚さを残すところと思っております。
さて、ここのレギュラーコメンテーターのメイさんもこちらのお住まいで、このたび最寄の山として散策に出られたのがご当地の六個山。
このたび、目と心の保養のために私がぜひともと申し、写真を撮って送っていただきました。
標高390mほどとはいえ、その眺望の良さは、送っていただいた写真を見れば一目で分かります。
「教学の森」として、自然林をしっかりと残している様は、とても気持ちよく、地元の努力の賜物と言えそうです。
ご自宅から六個山を撮る
rokkoyama_03.jpg

教学の森地図
rokkoyama_05.jpg

教学の森に今から
rokkoyama_04.jpg

ちいさな花も
rokkoyama_01.jpg

山桜も みんなおんなじ花盛り
rokkoyama_06.jpg

森は気と神秘と幻想を湛え
rokkoyama_07.jpg

と思えば 木が気を送り合っているのか、自然は自然でいいもんですな
rokkoyama_11.jpg

山頂からの眺望は・・・まず淡路方面
rokkoyama_08.jpg

これは霞にけぶる南の住宅街
rokkoyama_09.jpg

ちょっと足を伸ばし、ハート広場へ
rokkoyama_12.jpg

ハート広場の広い草原に羊かとみれば、メイさんの飼い犬のわんこさんでした
rokkoyama_02.jpg

道にかなり迷われたようで、メイさんの健脚もがくがくに疲労するほどだったとか。
息子さんとわんこさんに励まされながらの道中だったようです。
よくぞ写真を忘れずに撮ってきてくださいました。
お疲れさまでしたね。
また、お願いします。m(__)m


なぜ六個山なのか。
それは淡路島(あはち)と琵琶湖(あふみ)が幾何学的に相似形をしていると捉えたときに、中点に位置するからです。
「ろっこ」の語源を六つの村に求める説がありますが、六甲が武庫(むこ)の転であるように、「むこ」こそが意味ある語源と捉えたいわけです。では、「むこ」とは?
それは向かい合う・対向の意味となるわけで、いたって数学的幾何学的な表現であるわけです。
古代人に幾何学などありえないと思うのが当然。しかし、もし超古代文明があって、今回の文明ほどに発達を遂げ、今回の近未来に見込まれているような滅亡を経て、何とか次代としての今世に繋いだのだとすれば、学問的なものぐらいは持ち越したのではあるまいか、という説に立つものであります。
さて、昔の為政者は、この学問を懸命に保持して、都などを配置する原理として用いていた感があるのが次の事実です。
toshikei.jpg

農事メモ
レタス水耕栽培の昼と夜

saien1_33.jpg


saien1_34.jpg

背景の奇妙な吊るし物は、ペットボトル栽培のコマツナとシュンギク。
ハンギングベジタブルとでも。

「琵琶湖周航の歌10・・・箕面の六個山 (琵琶湖と淡路島を繋ぐラインのカナメ)」への15件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人様 おはようございます
     連休たけなわでして、気分もなにかそんな感じですかね。ゆったりできる感じであり、本来いつもこんな感じが、実は正解なんではないのかなーなんて思います。
     1部の写真で判断など出来ませんが、Pさんとメイさんでは視点が異なって面白いとも思います。(余計な講釈でした)
     縄文時代などは、現代よりはるかに豊かであったんではないかと思いますね。自然豊かで食うに困らず、空気が濃くてすがすがしい環境に、「本来の富」があるというものでしょう。自然環境の壊れたところに、豊かさがあるという錯覚は一体何時から、誰が信じてきたのでしょうか。
    信じらんないー!オーマイガっー!みたいな。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やはり自然はいいですネ。
    最近、僕も孫と休みの日には近くの山や野や川にお弁当を持って出かけて行きます。
    鳥の囀りや木々がそよ風に揺られて風の音が聞こえて、川のせせらぎの音。
    目を瞑り心から湧き出る自然の大切さと古代人はその自然を崇拝したこと。
    私達は、この一番大切なものを見失っている。
    ごめんネ!地球
    http://msouken.blogspot.com/2007/12/blog-post_21.html
    九鬼文献と高御位山と大本と「ウシトラの金神」
    http://msouken.blogspot.com/2007/12/blog-post_18.html
    どえらいことがそろそろ始まりようです!!
    是非!貴殿の見解をお伺いしたいのです。  <(_ _)>

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんなのありましたぁ~んさん
    宇宙人は蛙のようなやつだったとのことですね。
    もしかすると爺絶倒星(ジーゼット星)の住人だったかも知れませんねえ。↓
    http://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/story/tenjobito7.htm
    また、爺絶倒星見聞録はこちら↓
    http://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/story/g-kenbun.htm
    どうだい、いいだろ。宇宙文明の惑星にゃ、試験も何にもない。[絵文字:v-8]
    マッチョな子リスお爺殿
    連休でみなさんどこか行っちゃいましたね。
    農を密にやってると、うちを空けられません。
    そうですねえ。縄文時代はこの歴史時代より長いんですよね。ただ史料がないだけ。
    そして、物質文明あたかも幸福の象徴のように言われてきましたが、どこかの文句にもあるように、昼も夜も休みがなく、火と硫黄の燃える池の中に置かれてしまってます。
    これもすべて、文明が悪いというのではなく、為政者が悪いんです。先を見据えながら文明と自然の調和を図りながら進むということができない者たちばかりが高位について、口先で誤魔化しながら人々を引っ張っていったからです。粛清が必要です。
    その点、先の爺絶倒星の星作りは参考になるとは思われませんか?[絵文字:v-10]
    M総研さん
    私が新神話の中で愛した二人の工作員は、高御位山の麓の神社で一定の契りを持ったのであります。
    よもや九鬼氏の所領だったとも知らずに、このような次第でありました。これは導き。それとも宿命?
    エジプトの神話にも、オシリスとセトの経緯に語られるように、国祖神封殺神話があります。神世はいま邪神支配の暗黒時代。下位にあるこの世がおかしくなるのも道理というもの。邪神の配下ばかりが為政の座につくからです。
    封殺の方法は結界を張ることによります。結界を祭祀霊場で押さえ、絶えず呪詛を講ずることによって不動のものにしようとしています。
    この地球は、新しいステージに脱皮しなくてはならないときに、そのがんじがらめの魔方陣が足かせになっていて、ジュセリーノ氏の予言するような地殻大変動なしには目的が果たせなくなっています。日本は特に結界の度がひどいので、列島破壊は免れないところ。
    結界を解く強い意志を持って、祭祀霊場は参拝願いたいところ。利益祈願ばかりの参拝は、その人のエネルギーが結界強化に自動的に利用されるだけ。そのような仕組みが講じてあるのです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    もしや!?
    リンクの作品は、貴殿の「夢見」ではないか?と感じましたが・・・

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんなのありましたぁ~んさん
    は~い。宇宙人との会見の夢の延長に、こんなこともあったかなあという漠然とした記憶がありまして。製作速度は非常に速かったです。
    M総研さん
    世は波動だらけということでしょうか。
    その中で、合う波動を選んで今があるということでしょうか。
    あなたとは波動が合うということになりますね。[絵文字:v-10]

  6. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
     奥人様 天気はそんなでもありませんが、うららかな連休ですね。
     M総研さんの、波動認識は私も当然ながら同感です。物質レベルでは波動の振幅・強さを話題にしますが、多分波動の大切な要素は、どんな場(電磁・重力・・)の振動か?その振幅は?というものでなくて、その周波数及び他の波動との、相互の位相差にあると思います。我々が現実と言っている、現われの世界は振幅が大きい程エネルギーが大であるわけですが、周波数、及び波動相互の位相が、実は現実化への前段階にあるようで、思念や感情などような微細と感ぜられる波動が、相互干渉や共鳴などすれば、あっというまに振幅(現実化)として変換されてしまうようなものでしょうか。意識レベルでの夢や想像自体の映像化は、これも波動なくしてありえないと言うことは、TVや携帯電話などから考えても自明でしょう。
     微細どころか、意識作用での波動は原因側にあるものなので、最大限の注意・観察が要るというのは更に自明でもある事でしょう。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    今がいちばんいい気候なのでしょうか。うららかでとても快適です。
    しかし北海道では、昨日などは30度を超えたとか。すぐにでも高温の季節がやってくるわけでしょうね。
    ジュセリーノ氏もこの5月から太陽活動が活発になり、気温もかなり上昇すると言ってますね。高エネルギー粒子が高空で衝突するからなんでしょうか。
    波動といえば周波数(クロック)。宇宙はビッグバン直後に波動の性質を現し、いくつもの定在状態に分化したと思われます。そのうちのクロックの低い帯域がこの物理世界。
    意識のペンティアムが進化していなければ、もしかするともっと低い帯域に同調して、それに該当する世界を観測しなくてはならないかも知れないですし、我々はたまたまこの世界を観測するという具合であって、みんな大同小異のペンティアム兄弟ということになるのでしょう。もっといいとこを観測したいなら、ペンティアムのレベルアップに努めようということではないでしょうか。
    ソラリスの海ならぬマトリックスの海に泳ぐPC人類に栄えあれ!!
    話が横にそれているようならご容赦。m(__)m

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    小松菜の水耕はきっと成功しますよ。
    露地に定植すると、初っ端から虫にやられます。
    しかし水耕だと室内でOKなので、きれいなままで育ちます。
    外で栽培するのが根太い傷男風ならば、室内のは美女風で、見た目にも美味しいと思います。

  9. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    ありがとうございます・・です。
    ・ミニトマトは20種の内1つだけが芽を出しているようです。中にはこんな奴がいるもんです。もう少し第1段階で見ていることにします。
    ・すいませんほうれん草でした。確かに殆んど芽を出しています。
    ・細ねぎはカップ+バーキュライト+ハイポニカ液の方に移植しました。
    しかしながら不思議なものです。門外漢は特にその植物生命にプログラミングされた「意思」を感じます。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    ほうれん草でしたか。それも発芽しやすいんですね。次にやりたくなりました。
    小松菜のカップによる水耕はやっていないんですが、ポッドにバーミキュライトをいれた中に苗を植えて液に浸すだけで、けっこう育っています。
    いろんな方法を試せるのも素人ゆえです。なんでもかんでもやってみていますよ。

  11. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人様
     ほうれん草はポパイの好物でしたね。!なんとオリーブも植物でありました。どうでも良いけど今気がついたわけです。[絵文字:v-394]
     やはり食料危機に関する騒ぎが、世界の貧しい国で起きてきていますね。もうすぐわが国もじわじわと水位が高まり、10、20、40、80、240%となるでしょう。20-30%の減少が人間の欲望・恐怖によって何倍にも膨れ上がるわけでしょうか。普通にがまんすれば、何もどうってこと無いわけですがね。忘れていたマイナス方向のバブルは結構きついかもしれませんね。 2-3ヶ月後には結構な騒ぎになるような気がします。今は五月晴れを楽しむべきでしょう。
     今ニュースで中国の国家主席が来日予定だとか、上野のパンダ・・の話をしていました。チベット以外に問題がありそうです・・・。今この時期であり、実に彼の国はいつも現実的で西欧的、シビアーなところがあります。
     きわどい段階になってきたようですね。さーこれからどうするか?みたいな。そのうち多くの人々が、まず物質面で揺り起こされそうな予感です。
    ここは時々覗かせてもらっています。
    http://www.y-asakawa.com/message/syokuryokiki-yocho_1.htm

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    浅川さんところのHPはブックマークしとかねばなりませんね。いつしか興味深い記事が追加されていますが、あの世の不思議のとこは、とても面白かったです。
    しかし、今年に入ってから空が不気味な唸りを発するようになりましたね。昨夜も風が強いせいか、抗議の雄叫びを上げているようで。風のひきつった顔がイメージできそうな感すらあります。自然が敵対的になりつつあるようでなりません。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    >我々が現実と言っている、現われの世界は振幅が大きい程エネルギーが大であるわけですが、周波数、及び波動相互の位相が、実は現実化への前段階にあるようで、思念や感情などような微細と感ぜられる波動が、相互干渉や共鳴などすれば、あっというまに振幅(現実化)として変換されてしまうようなものでしょうか。
    このご見解で、貴殿は非常に重要なことに触れています。
    さらに
    >意識レベルでの夢や想像自体の映像化は、これも波動なくしてありえないと言うこと・・・
    この部分がこれから訪れる変革期に非常に重要なものになります。
    我々の想念は良い想念を出さなければ良い結果が訪れないと言う事実です。
    また逆に悪い想念が地球を滅ぼすと言う結果になります。
    宇宙の同胞は、この地球人の想念が宇宙全体に良くも悪くも影響することに気づくように関与されています。
    先日、武良さんから送付頂いた北野さんのコンタクト内容のDVDが届きました。
    そのDVDの内容を聞いて、M総研は深く考えさせられました。
    大本教の言う半霊半人のようになれば、イメージしたことがすぐに現実化されてしまいます。
    良くも悪くも。
    これは魂の「振動」であり、創造の元から「振動」と繋がるようです。
    現在の地球環境の異変で、多くの生命が亡くなっているのは、我々のこれまでの我欲の結果であり、自業自涜であると感じるものがあります。
    おそらくこの地球以外の生命体のいる惑星や違う次元に存在する方の世界には「貨幣制度」などはありません。
    かれらは、精神的・霊性的にも目覚めた存在であるようです。
    当然、科学技術もその霊性・精神性の向上による産物であるようです。
    かれらは無報酬の「愛」をもって地球人に霊性・精神性の向上をされることに間接・直接的に関与されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です