ベランダ栽培

我が家は狭い。ベランダがあるといっても、ここで耕作をとなれば、1坪を通路にし1坪を利用するという格好になる。
このため、省スペースであることが必須となる。鉢やプランターも置いているが、これではたちまち埋まってしまうし、とてつもなく重くなってしまう。
そこで、水耕栽培との折衷的方法として、ペットボトル栽培を試みた。目下、シュンギクとコマツナ、そして花が対象だ。
たとえばこれなど、露地よりもまだ生育がいいくらいだ。写真下はペットボトル不足で焼酎の紙ケースを利用している例。
2008042011.jpg
2008042010.jpg

問題はポッドにある移植先を探す暫定苗である。コマツナ、シュンギク、キャベツ、花類。
2008042012.jpg

露地はまだ多少空いているが、日陰になる。ペットボトルがなかなかいいので、これに類したものとしてこんなものを工夫してみた。
20080420000.jpg

ラミネートフィルムをセロテープでとめて、底を不織布で覆ったものである。昔、たまたまこんな装置セットを安く手に入れていた。不用品の再利用ができてとてもいい。ただし、昔の傘貼り内職のようなことをすることになる。これも食い詰め武士ゆえ。長屋で頑張りましょう。
これがいずれ重量級のキャベツを除く、苗の定着先になるだろう。
さて、いつでもレタス式水耕栽培の途中経過を。写真の下に行くほど最近日となる。
こんなものを準備
2008042003.jpg

こんな手順で
2008042006.jpg
2008042007.jpg

今日の状態
2008042008.jpg

本当はもっと親切な記事だったのだが、エンター一発押したら消えてしまった。
いきおい質と量を落とした過労気味記事となりました。申し訳ない。
只今の調査時点の数

「ベランダ栽培」への27件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人様
     本日2回目のコメでありますが、「いつでもレタス」を通販で注文しました。テヘっ。
    すこしづつでも栽培なども手がけていければいいなーと思っとりますです。はい。
    御先導有難う存じます。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    おお、あなたもやられますか。
    これでamatoさんについで二人目となりますね。
    みんなで状況報告しあいましょうね。
    ここでちょっとアドバイスです。
    プラスチックカップは、透明のものより半透明のもののほうが生育がいいみたいですよ。(只今経過観察中)[絵文字:v-218]

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    お邪魔でなければ、新ネタがあるのですが、如何でしょうか・・・。[絵文字:v-212]

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    森野さん!!
    有難う御座います。
    Pさん!!
    コメント有難う御座います。
    国際戦略コラムを拝読中に右耳のクロック音により以下転記
    ----------—以下転記はじめ----------–
    食糧危機の時代になっている。
    休耕田と言う国家政策は、早く止め増産体制にする必要があるが、現時点で農家の就業年齢は平均65歳以上となり、農業の担い手がいない。
    有機野菜は、水耕栽培という野菜工場でできる。
    最大36毛作ということもできる。もう1つ、営農に民間企業の参入を許すことが必要である。
    海外生産を商社は行っているが、その国の食料が不足すると輸出禁止ができる。
    このため、日本の食糧確保にならないことになる。
    商社は海外での食料確保は難しいと言っている。特に温暖化でオーストラリア小麦の生産が半分程度と落ち込み、世界的に食糧の輸出禁止を出す国家が増えている。
    アルゼンチンなどもその中にある。
    輸出できるのは、小麦ではカナダ、米国など少数になってしまった。
    今後の温暖化で生産国の供給が減り、中国など新興国家群の消費が増えると恐ろしい事態になることが想定できる。
    もう、自由貿易主義の先生方が言う単純な農産物輸入論は成り立たない。国家政策として国内での食糧の確保を優先する政策が必要になっている。
    36%しか自給できない日本は危うい。FTAでの農産物輸入自由化は行うべきで、日本企業や農家は有機野菜など級品を栽培して、逆に中国やアジアに輸出すればいいのである。
    食糧輸入が止まる時を想定して企業の参入を促進して、一定枠の普及品も作る処置を取るなどを考えることである。
    国家が供給を保障することと自由貿易を守ることを両立させることである。
    また、FTAを阻害する介護師などの労働者の受け入れは、正しいと見る。労働力不足が待ったなしの状況になっている。
    CIAとMI5は同じ穴の狢であると田中さんが話した所から議論になった。ここでも隠れ多極主義という考え方に多くの議論が集中していた。
    しかし、米英の時代は終わったという所では意見が一致していた。
    YSさんが、天皇関係の本を5月に出版するそうである。樟脳が戦前では大きな儲けを鈴木商店に与えていたようだ。樟脳の原料が樟であり、神社には樟の木を植えていたと。
    ここから先はYSさんが、どこかで発表するそうだ。
    伴さんは、平和協会の講演会を5月に行うことで調整していると。Oさんは、天台宗が応援しているインド亡命チベット仏教会やインド仏教会の代表と会ったと。
    いろいろな人と話していると、複雑な問題を複雑のまま、考える時代になったと感じる。簡単化してはいけない。欧米思考では成り立たない世界がそこにある。
    単純な欧米の論理が倒産して、複雑な生態系をベースとした現実的な解法を見つける日本的な実証主義の時代が始まろうとしている。
    この日本的な実証主義が工場にセル生産方式や諸数値を「見える化」して、工場を現場主流で競わせて改善するという人間主義の現場ができてきた。
    樟脳、微生物などが化学原料に再度なる時代が来る。石油から植物や微生物に原料が変更されることになる。
    この研究でも日本が最先端にいる。事象を単純化しないことが重要で、いろいろな要素を丹念に調査して、その中から有効な成分や機能を見つける。これは忍耐力が必要な作業であり、欧米や中国では難しい。
    少数のエリートに頼る時代は過ぎ、構成員全員で考える時代が来たのである。エリートの時代から多くの職人の時代になったのである。
    総合力で勝負する時代である。エリート主義の金融の時代は終わり、現場の職人が中心の実体経済の時代が始まる。
    それはとりも直さず、日本の時代である。
    欧米文化から日本文化の時代が始まろうとしている。その予兆はゲームや食の文化に出ていたが、とうとう金融混乱で本番になったのだ。
    さあ、どうなりますか??
    ----------—以下転記おわり----------–

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    [絵文字:v-212]というのは興味しますね。まさか[絵文字:v-39]のってことないですよね。[絵文字:v-12]
    まずはメールもしくはコメントで上げていただいて、もし記事にするときは、私の(下手な)編集が入るというのが恒例ですけど、よろしければどうぞ。
    M総研さん
    風雲急を告げる情報ですね。
    もう十年以上前から農業政策の不備の問題は言われているのに、世相が変化してしまっても政治の混乱を理由に責任回避するんじゃないですかね。見え透いたシナリオが横たわっているようで。
    旬の情報、ありがとうございます。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    伊吹山に行って来たのです・・・。
    この投稿記事が終わったら、自分も
    少しの間、お暇をいただき、「絶食=情報の遮断」をしようかなーと、思っております。
    ところで、昨日、断食して、1食半しか食べなかったのですが、
    リバウンドと言いましょうか、夜にお腹がすいて、かなり、しんどかったですね。体の方も少しずつ慣らしていかないと、食糧危機の時代は難しそうです。
    M総研様
    二つ目のコメントが消えたようです。
    各々、自分の欲する所を信じて、精進しましょう というような主旨のことを書いたと思います。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    そうなんですか。のどから手が出るほど興味ありますね。しかも[絵文字:v-212]があるとすれば、一も二もなくトップ記事直行です。
    伊吹山はまだ残雪しているわけですね?
    情報の不食は簡単ですが、本物の不食はきついでしょう。
    まず菜食主体にして穀断ちをしていくような方法ですかね。
    そんなに無理なさらずに。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    >そうなんですか。のどから手が出るほど興味ありますね。しかもがあるとすれば、一も二もなくトップ記事直行です。
    >伊吹山はまだ残雪しているわけですね?
    ありがとうございます。残雪しておりました。その写真も含めて、それでは送らせて頂きます。
    記事案は、メールに入れさせて頂きます。
    毎度、お手間を取らせて申し訳ないです。
    そうなんです。というか、絶つ というのは、
    何事も厳しいです。創造の領域を遡り、
    原初の意識状態へ行くことですから・・・。
    しかし、どうも「空」はその辺にありそうです。
    あ、でも自然にやろうと思ってます。
    当たり前に、食べている食事がなくなった自分の
    狼狽ぶりを先に観察しておきますと、後に
    何を覚悟しなければならないか・・・
    わかってきます。
    自分の場合、睡眠に来ますね。
    眠れなくなると言うか・・・。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    メールにて送りましたので、何卒宜しくお願い申し上げます。
    いつも記事に登用して下さり、感謝致しております。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人さん。
    ただ今、帰宅しました。夕食後:飲酒でアクセス失礼desu.
    団塊大量WP=working poor族の実感を噛み締めていますです。
    マジニ・・この国はヤバイ・ですよ。
    神の細部がメルトダウンしていますね。株は売り!
    立ち飲みショーチュの影響ですから・・五容赦。
    GWは何処も満員ですので、ベランダのレタスチャレンジします。
    近隣の田圃に水が張られ・・ケロッピが鳴き始めました[絵文字:v-22]。

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    伊吹山の写真、どうもありがとうございます。
    絶景ばかりなので全部載せたいと思います。
    ちなみに、伊吹山山頂付近に神社はなかったでしょうか。あるいは磐座になっているのかも知れません。古い国土地理院地図には鳥居のマークが出ているのです。
    その場所でプロットすると精妙なほぼ正五角形の図形が現れてきます。
    五角形の一点に伊勢内宮があり、別の一点に元伊勢内宮が現れ、伊吹山のその地点とは等緯度です。元伊勢の意義をリーマンさんはどうおっしゃってるんでしょう。
    今、毎日放送で「地球を救う」番組をやっていて、初歩的な話ながらも、とても有意義です。私は、人間ができる工夫は一杯あると思います。真剣なまなざしの子供たちが事態を理解して、未来の展望に繋げていってくれることを切に望みたいです。
    amatoさん
    神の細部がメルトダウン・・・まさにそうです。
    この国、この世界は、真の神が不在で、インベーダーが取り代わっているのです。
    退治しなくては。桃太郎でも金太郎でもいいから、出てきてくれないですかねえ。
    私も酎をストレートしていて、童話のキャラしか思い浮かびません。(@@;;

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    山頂には、日本武尊様の像が立っております。
    山頂の碑とその右側に石積みにて像があるのです。
    写真にもございます。
    本当は一帯全部を歩きたかったのですが、
    ガスが酷かったのと、太陽の薄日が差す瞬間と
    晴れ間が差す瞬間を待ち構えておりましたので
    遊歩道は歩けず仕舞いでした。
    ドライブウェイのパンフレットを見ましたが
    祠や神社・磐座らしきものはありませんでした。
    ですが、山頂一帯には、神秘的なオーラが漂っており
    妻も驚いておりました。
    元伊勢については、言及があったかどうか調べて
    またコメントしますね。
    世界中で人災的食糧難があり、
    どうしても他人事と考えがちですが、
    必ず因果は巡るものと考えます。
    食事量の減少に伴い、体重の減少は順調です。
    あ、自分だけ生き残ろうという魂胆ではありません。
    正念の精神で、事切れるまで頑張ろうと言う考え方です。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    http://www.pleiadesgrin.net/2008/0409.html
    UFOを見たとは言っても、それは波動の低い、次元の低い闇系のUFOを見た事になるのである。
    闇系のUFOから飛んでくる波動は低く、動物霊の憑いた我欲のかなり残る自分は特別などと思う人間は、その闇系のUFOを見て撮影する。
    そして、それを多くの人間にUFOだと言って公開する。直接見たり写真で見ることにより、闇系のUFOを通して低い波動の影響を受け、受けた人間は低い波動のコントロールを受ける。
    そんな闇系のUFOを見たり、撮影したりした人間は、自分を特別だと思う波動の低い人間である。それを又、特別な能力のある人間として扱う人間も、また自分が特別であるとか特別でないとか、能力に上下があるように思っている波動の低い人間である。
    要するに両者とも波動については感じないような人間であるが故、闇系のUFOを見抜くことができないという事になる。
    又、我欲の残っている切断された第5感と第6感が繋がっている波動の低い人間は、動物霊や低い波動の闇系の宇宙人からのチャネリングを、あたかも高次元や光の宇宙存在からの情報を受けているかのように誤解している。
    特に、動物霊や闇系の宇宙人からの情報には「予言」というものが含まれている事が多くある。そして、その内容は「地球滅亡、火山の爆発、地震、津波や経済破綻」など、人間の心をエキサイティングにさせる情報である事が多い。
    納得のいく部分もある。
    また、納得できないものもある。
    しかし、真実はひとつしかありません。
    この惑星の変貌を助けるために愛を持って人類を導いている存在もあることを知らなくてはならない。
    その理由は、では何のために彼らは人間の意識を読み取ってわざわざ出現するのか?
    マイナスの想念を読み取って出現しているのではない。
    友好的存在が直接的・間接的に関与している事実をしり、地球の異変と人間の想念の関係を敬称されたコンタクト遭遇の北野さんのことを理解しなければならない。
    そのコンタクトの存在が、動物霊となればまったく理解できないものになります。
    またUFOに搭乗したりUFOを撮影したり、UFOと遭遇した人物は特別な存在と思い込んで、真の役割を理解せずにいることは、北野さんのコンタクトメッセージにもある。
    私の場合は、最初はそのように感じていたことがあったが、「なぜ?だろう」といつも「自問自答」をしながら探求をしてきた。
    この自問自答がない者は、この方の言うような勘違いされているUFO遭遇体験者ではなかろうか?
    真のUFO遭遇者は、その遭遇の存在が高次元なのか、低次元なのか?
    そこを問いながら自問自答をして行かなければ、過去の歴史をみれば理解できるものがある。
    これが根底にある。
    この方は実際にUFOと遭遇体験がないので、自分の解釈上で、あたかも正当論的な見解をされているようですが、やはりこれは実際に遭遇した者の目に見えないつながりを実感したものにしか本当に理解できないものなのか?・・・
    また、神様とやたら連呼する者も拒絶反応を感じるのも事実だ。
    と感じて興味深く拝読させて頂いたしだいです。
    いかかでしょうか・・・

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    かつての地図上には、東に数百mもあるかどうかというところに鳥居マークがありました。今は石碑マークしか見当たりませんね。祠が石碑になっているのかも知れません。
    とにかく、たいへんな中、現場サーチをまめにしていただきありがとうございました。提供の写真は次の記事で掲載しますので。(^^)
    立ち読みさん
    あなたのお考えもひとつの仮説として捉えさせていただきます。
    私は、UFOもアセンションもその人の世界観を形成する上には、同等程度に大事であると思っています。最終的にはその人が自己実現を図るためのツールになるからと思うからです。
    私は、個々人で固有の時空(世界線)を創造しながら生きていると考えております。その一助になるその人の考え方に戸を立てるわけには参りません。あなたもご自分の考え方を押し付け的に否定されたのでは不愉快でしょう。人それぞれに仮説あり思想あり。それを一助にして自分の人生を生きています。互いの考えを尊重していただきたいですね。
    ただ、仮説を唱えることは自由です。その際に親切心あらば、表示しておられるサイトに仮説である旨、表示されたいものです。

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なるほど。
    さすがに高配のご見解には森野異次元ワールドの世界の虜となるご意見で御座います。
    おもわず、うんんん・・・
    と唸ってしまいました。
    「人それぞれに仮説あり」
    やはり僕はまだまだ修行がたらないようです~。
    ご見解有難う御座いました。

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    この記事がもったいないので、自分の投稿記事などは、コメントが満ちてからにして下さいね。この新芽達の様子をもう少し私も見ていたいので・・・。[絵文字:v-22][絵文字:v-47][絵文字:v-298]

  17. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ほんとうに人は深遠で不思議なものですね
    私は最近も自分というものがわからない怖さや不安でいました。
    不思議な現象や体験がどこから発信され、それが周りの人やこうして公に出ることによるひょっとしたら悪影響になるのではないかと思ったからです。大したものじゃ~ありませんけれど^^;
    しかし、今までのことを振り返りますとネガティブな気持ちをもたらす人や、情報、必要な批判・否定をして下さることにより見つめなおし、気付き、軌道修正できた感謝すべき方々ばかりであったとわかります
    私も悪影響な存在であっても、そういうお役目を誰かの気づきの一助として存在していたり・・そして自分自身がそれによりまた自分を知ると思えば喜んでできるような気がしています。
    昨日もいつも見直しを結構辛口でして下さるかたに、いつものようにご批判を頂きましたが^^;
    なんだかぜんぜんその言葉が今までとは違って見えたのが不思議でした。
    その方もそしてそれを感謝で受け止めるこころもとてもうれしくいとおしく感じました。
    ネガティブな情報もしかり。
    こどもを抱えていると、自分の身の危険は厭いませんが、守るということを思うと やはり過敏となりそれに巻き込まれている自分を見ます。
    けれど、それさえも・・もしかしたら・・抱えて
    いるつもりが、抱えられて引っ張られ足手まといとなるのは私なのかもと思えた時、大丈夫なんだと安堵しこどもたちの魂と生きる力を信じられるようになりました。
    即ポジティブな気持ちになる存在情報も、恐れと恐怖や自己否定に繋がる存在情報も、必要な気付きをもたらすものであったと思います。ありがたいです。
    奥人さまはそれさえ越えた 畏敬の存在です。
    見守る愛を下さりありがとうございます。

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    元伊勢に関する、リーマン様発言要旨をまとめました。
    これらに関しての奥人様の感想も楽しみです。
    【抜粋】
    【◆リーマン 2007/05/03(木)
    >>827
    元伊勢内宮皇大神社と日室ヶ嶽の関係
     
    古いですね。 今の伊勢神宮の雛形が全てあるのですね。
    ただ、霊的な役目は一応済んだので、ただ 悠久の時 が流れるのを見てる感じです。
    北極星も変転するように、時代時代に 神の柱 が立つ場所も代わります。
    今の時代は 伊勢 なんです。
     
    日室ヶ嶽は神の山なので、原則的に神のテリトリーに入ることは禁止されます。
    とくに東斜面は絶対神聖で今も禁足地なんです。 そこに、人が踏み込むと神罰が下り
    一月以内に死ぬと言う伝承があり、実際に過去イロイロ有ったそうですが、昭和の時代に
    金井南龍と言う行者が、東斜面から入山して登頂したのですが、彼は死にませんでしたね。
    ◆リーマン   元伊勢 (天橋立)   070729#005
    「 元伊勢」と呼ばれている宮津の「籠神社」や大江の「皇大神社」について
     
    ・・・昔は、そこに神界の中心の反映があり
    光柱が立っていた、時代がありました。
    やはり、時代時代で北極星も変わるように、光柱が
    立つ場所も変わるのです。
    今は、伊勢神宮と白山に光柱が立つ時代です。】

  19. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    立ち読み人さん
    このワールドもこんなのがあったなあという程度にしておかれたらいいと思います。みなさんの必要とするものはそれぞれに異なりますからね。
    若い頃は目も頭も柔軟で、本も読み漁って自分の基礎を作るには好適。しかし、今になると家の外に出るのも億劫なのと同様、読み物を奨められてもよほどのことでなければ読めないものです。
    それに代わるようにして、外界が人や様々な形態を通じて、必要なものをシンクロ的に届けてくれています。それを今は紡いでまとまった円環にしているところ。つまり、最終的には自分に起きることからの導きによって啓発されているのを発見しているようなことです。
    きっと老いた後は頑固者になるというのも、こうしたことからかと思います。
    あなたの発見はすごいと思いますよ。ぜひあなたのワールドとして構築していかれたらいいと思います。
    Pさん
    今朝も暑くなってきて、キャベツの苗が黄化しだしたもので、置き場所がないままにプランターに移し変えています。ちょっと作りすぎでした。というより、この時期みんな発芽するんです。
    これが済んだらシュンギクの番。それであとは楽になると思います。
    伊吹山の記事はやはり次にしましょう。栽培情報はこの記事に追加できますし、まだ目立つほど大きくなるのは先かと思いますから。
    後のリーマンさんの記事、よくぞ探されましたね。あなたのご努力に敬服いたしますが、でもやはり彼とは見解が異なりますね。しかし、それでいいのだと思います。こちらの回答も次の記事にあわせて出すことにしますね。
    メイさん
    あなたは若いです。素直に自分と自分の考え方を見つめなおすことができるから。
    私は考えをいまさら変えることのできない頑固者になってしまいました。これはこれで寂しいものです。棺桶型思考と申しますか。(^^;;
    だから、みなさんにはもっと柔軟であってほしいと願っています。
    そう。子供はそれぞれが世界です。女性の役割は世界を生み出すこと。偉大な資質です。そしてどう育てるか。人は誰しも創造主の光跡を模していることになります。
    世界は一人立ちしていくもの。その世界の守護者が子供さんの個々であるとするなら、彼らの独創性を尊重し見守ることができますね。
    あなたの苦労は、世界を背負う苦労。栄光に満ちたもの。その苦労に乾杯です!![絵文字:v-275]

  20. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    M総研様への御意見、メイ様への御意見、感服して拝聴致しておりました・・・。
    >彼とは見解が異なりますね。
    >しかし、それでいいのだと思います。>こちらの回答も次の記事にあわせて出すことにしますね。
    全く同感です。違うからこそ、「創造」には選択があり、個々に独自の時空の創造主となるわけですからね・・・。
    しかし、彼の霊的視点では、こんな風に写るんだ~と感じることはまた、我々の経験にもなり、面白いものと思います。奥人様は、まだまだ柔らかいと思いますよ~。もうすぐ一緒に半霊半人になりましょうよ!そして、他の皆様共々[絵文字:v-275][絵文字:v-237]

  21. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    何とかご一緒できるようにしたいものです。
    今日は暑かったです。ビールの季節ですねえ。
    - うまそうな絵文字に誘われビール買う -
    とにかくみんなで乾杯!![絵文字:v-275]

  22. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すごい壮大なお役目ですね^^了解です!
    喜んで!そんな風に行っていただきありがとうございます。
    とにかくこどもはすごいです。
    私たちの魂をずっと越えて 私がもがき何十年もかかってやっと解けたしがらみや洗脳なども無縁で、答えをすでに知っているかのようです。
    預からせていただいた命に なるべく私の我をくっつけないように^^;見守りたいとつくづく思う次第です。
    奥人さま・・人はいつか肉体的には(今は)老いるものですが、それぞれの役目としてそれぞれが支えあってこそ 補完できるものと信じています。
    私はまだフットワークは軽いです^^;
    車の運転もなかなかですよ^^
    足が重ければいつでも足に使ってくださいね!
    そのかわり(おいおい交換条件?^^)多くの叡智と経験からの知識をお分けください<(_ _)>
    今日からクリスマスCDの録音が始まりました。6時間缶詰でした。(自主制作ですが初チャレンジです)
    3人グループアンサンブルですので、なかなか息を合わせるのも難しく、誰かがうまく行ったかと思うと誰かがミス・・。
    それでも最後までみんな咎めることなく、笑顔で疲れた~と微笑み会って終了。
    まだまだ続きますが、それぞれしっかり立って お互いを認め信頼し 許し合えることに感謝でした。
    私事ですみません。
    それぞれが光りの柱となり補完しあえる人でありたいです。

  23. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    メイさん
    嬉しいお申し出、ありがとうございます。
    車の運転はできるのですが、長距離が億劫になっています。鞍馬や琵琶湖に行ってみたいものの、なかなか踏み切れません。そんなとき、助手席でお酒をちびちびやりながら旅をしたいのは山々なんですが・・・そんな勝手はとても言えません。(すでに言っとるではないか(@@;)
    まあこんな爺い放屁、気にせんでおってくださいね。(^^;;
    武良さんをUFO撮影にかこつけて引っ張り出しますから大丈夫。
    CDも作っていると。何でもやってみえるその若さとバイタリチーがとてもすばらしいです。

  24. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人様 おはようございます
     光柱の話しが出ていますが、これはある意味人間の精妙なエネルギーでもあろうかと思います。地球は回転して、磁極が1系統貫通し、周辺の時空にそのフィールド(場)を保っていますが、人間の想念・意識レベルでのエネルギーも同様に身体を1系統貫通しており、天と地の接続ポイントになっているのであろうと思います。人存在の原因側の心・意識作用に基づくプログラミングにて、時空への投射である調和に適った光のホログラムが、あたかも虹のように生成されるのかもしれません。
     地から天へ、天から地への精妙レベルのエネルギー直通の様々なパターンは、全宇宙の各天体でも行なわれ、天体磁場にも重合しながら各物理・非物理次元を含めた階層レベルで、ダイナミックな光ネットワークを構成しているかも知れません。UFO等も、非物理・物理次元双方において、それらの流れに乗って時空を航行しているんでしょうか。
     LAN、WANなどを構築するイーサネットシステムはその原始的なものという感じもします。

  25. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    楽しみが先にあるというのは 張り合いがあります!はい
    私たちのグループも先に打ち上げの楽しみを考えてから仕事します^^;
    希望とかちいさな夢を思えるから創造もまた楽し。
    きっと行きましょう!って鞍馬は結構ハードですぜ(山道)
    昨年ウエサク祭に行き、丑三つ時真っ暗闇の山道でひとり瞑想していたら、昇ってくる人みんなを驚かせてしまいました^^;

  26. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    一大情報システムが宇宙創造の根底にあるのだと思います。
    人間は一端末程度のものであってはいけません。
    もっと幅広い自由度を獲得していかれたいものですね。
    メイさん
    鞍馬はハードですか。歩きがけっこうあるのでしょうか。
    最近山登りしてないからなあ。
    ウエサク祭で丑三つ瞑想なんて、ちょっとおっかないですね。ホント、びっくりしますね。
    天狗さんに遭遇しないかな。[絵文字:v-34]

  27. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥の院(魔王殿)までは、結構きつい昇りですし、途中木の根が突出していて足元が悪いところもありますが、山登りのいでたちでなくてももぼれます。(20分から30分位でした 夜道でも)
    五芒星が本殿前にタイルで描いてありますところまでは下からケーブルカーも出ています。^^本殿の真正面南端の岩座のエネルギーはすばらしかったです。
    ウエサク祭はかなり興味深いお祭りで 夜通し 雨でしたのでかなり寒かったです。
    スリランカのお坊さんや踊り 般若心経やキリスト教にも繋がるような宗派を超えたものでした。尊天でしたね^^
    天狗には会いませんでした^^
    正直言って・・岩のエネルギーと金星の美しさ以外印象にないんですが。
    そうそう、鞍馬山の一番偉いお坊さんが女性・・それも90歳近いんじゃないかと思うほどの方でした。
    始まる前に渡り廊下でばったりお会いしたのですが、「どうぞ」と道を先に通してくださるとても素敵な腰の低い方だったと心に残りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です