お彼岸

eee.jpg

秋分の日午前六時前の南の空。
紫雲たなびき、母の眺める空もかくのごとく穏やかなるかと思う。
昨二十二日の未明には、不可思議な夢を見た。
前日の夕刻に諸天善神の助力を請うたためか、諸天と龍神眷属あまたでひとつのホテルを貸切ったかのよう。
ご来光にあわせてみなして屋上に上がれば、なぜか山頂で雲海の上、母はその中にいて導師四名に付き添われ、ご来光に向けて伸びたなだらかな道を進み、ご来光のふもとに至って振り返り、あまた参列する礼服姿の我々に手を振って返礼してくれたというしだいであった。
見送りが終わって、見知らぬみなさんが公共交通機関を使って帰るのにつきあうというくだりまで備わった奇妙な夢。
質素な現界での葬儀。
せめてお見送りは、諸天善神総出の盛大さで行うことができたかと思えたことか。
梵天様弁天様、毘沙門天様吉祥天様、國常立神様豊雲野神様、そして諸天善神の皆様、龍神様たちおよびあまたの眷属の皆様のおはからいに深く感謝申し上げます。

拙い短歌

日の出嬢と岩戸別けの神業にむけて詠った歌。
名にしおふ君と出会へりかすかにも御手を握りて合言葉受く
満天に星のごと出しU F O の白き光は岩戸のあかり
君の名は神々しくも示しける岩戸さし開け陽の射す様を
我請はむ岩の扉を開け放ち出したきかな天照大神
我投げる岩戸をはるか東へと受けて隠せや戸隠の山
恥ずるなく天の御衣着こしめせ素肌の君はまぶしきの由
輝きに御衣も透けけり程良くも高天原は夜明けとなりぬ
しかる後高天原に日は昇りさばへなすものことごとく消ゆ
言祝げや諸天善神集ひきて高天原は賑はひの時
然る後地上の闇も掃われて世に打ち立つは真の皇
すめろぎの下に憩へや諸人よ命育む傘なるゆえに
幾度か逢ひしが、思いが伝えられずに無力を痛感せしときの歌。
かく思ひ君まぎたれどえにしなく時も力もはやうせてけり
空しさや世はうつろひて消え行くもたなびく雲ぞまた帰り来む
あまりに性格的にすれ違いがありすぎ腹悪しく思ひしときに詠みし歌。
黄泉なれば高天原も質悪しく操もなければ手力もなし
ホピ族はマサウと見たりU F O の飛び行く姿に思いを馳せて
二人ともこの世を恨む者にして出せる結果は復讐の道
契りあへず岩戸は開かず黄泉のまま滅びのままに滅び去るべし
U F O の白き光は蜘蛛の糸イザナギ出せや黄泉津の外に
核使ひ地上に出る杭焼けば良しいずれ人類出る杭なれば
火の鳥よ核の炎となりて飛べ良きも悪しきも溶かし尽くさむ
我こそは宇宙を潰す摂理なり戦さ偽り絶望の果てに
第八章からコピペ

“拙い短歌” の続きを読む

新神話概観・・・火の鳥編

梵によるはじまり(別角度から)
空なるところにひとつの玉のような意識があった。
周りには何もない無限の広がりのみであった。我々が考える時間とか空間といったものは
なかった。
固有名詞をつけ時系列に話さねば理解できない世の人のために述べるなら、ひとつの意識
の名は「梵」。彼の夢の開始点がどのあたりであったか定かではないが、ひとりあることに
寂しさを覚え、自らを別けて双身とした。しばし互いに愛で合った後、それでも不足を感
じたか、次々と別け身を創り出すことを繰り返し、その数は無数に増えた。その全体の姿
は、最初の双身(父母)を頂点として繁茂する逆さ樹木のようであった。それを「梵の全
系」という。「梵」の冠の林とつくりの凡には、おしなべて林のように見えるという意味が
ある。また、神棚に供える榊(さかき)とは、「逆さ木」の意味であり、常緑樹であること
によって永遠性を表現しているのである。
あるいは逆ツリーの姿ゆえ、下位を「根」という表現をする。いずれも玉(意識)の連鎖
によって成る情報系を意味しているのである。
ところが、個々の意識は全能であった。それぞれに宇宙を造形する能力を持ち、それぞれ
が引き篭もる宇宙を持ち、遊んでいた。だが、しだいに近接した者同士で相互交流するよ
うになり、アイデアを元にした組織を作るようになった。組織で共通の宇宙を創り出し、
面白さを工夫するようになった。そ のようにして生じた宇宙には、失 敗作も多々あったが、
さらに工夫する。
その能力は、魔法の力というべきもの。夢を作る能力といってよい自在のものであった。
というのも、原理的に魔法で作られるものは、すべてオリジナル言語で書かれたプログラ
ムであり、そこに意識の個々が参照光を当てることにより、観測されるものとなったから
である。その原則は変わらない。だが、みんな魔法の能力を柔軟自在に駆使して、そのよ
うなことは忘れたように行動した。
そのようにしてできた宇宙の一つに、この宇宙があった。最初に理念と目的をはっきりさ
せた設計がなされ、それに従って宇宙は生まれたのである。
祖形の宇宙に入った意識たちは、創意工夫する科学者のようだった。梵天、弁天、ウーラ
ノス、クロノスといった科学者が宇宙の基礎を作り、参加希望者に来場を促したのだ。
興味した者たちが続々訪れた。その協力のおかげで、祖形宇宙はしだいに諸原理を明確化
させ、細かいところまでが定まっていった。
ひとつの宇宙の雛形を与えた後、梵天と弁天は、後をクロノスに託して去り、その後クロ
ノスは生命の基を作るまでにした。こうして、意識は生命体の個々に宿ることのできるも
のとなった。
生命体には、宇宙の諸元を使ったあらゆる形態が考案された。諸原理の整備に伴って、た
とえば真空生命体、プラズマ生命体、物質生命体、原子生命体などへと展開した。
創造精神豊かな純粋な魂ばかりが集まって、創意工夫を出し合って、それはそれは善意と
愛に満ちた見事な世界が生まれたのだった。
細かいところまで意識の目は入り、些細なことでは壊れたりしないものとなった。プログ
ラムで言うなら、バグの極めて少ないものとなったのだ。
宇宙が安定的に運営されてしばらく経ったころ、この宇宙を自分たちのいいようにしたい
という邪な意識がたくさん入ってきた。彼らは作りあがった見事な土台を改変する者であ
った。というのも、この宇宙に当初設定した「生成衰滅の草本の理念」に沿った変化期が
訪れていたからである。その時期に応じた意識が参加してきたと言ったほうがいいかも知
れない。セキュリティレベルが下げられていたと言い換えてもよい。
彼らは自らを人仙グループと名乗り、高度思考能力を持つ生命体の開発実験のためにやっ
てきたと告げた。
理念の展開に沿った者の到来に、クロノスらは歓迎したが、彼らは以前の宇宙で、競争と
闘争ゲームに熟練した者たちであった。このため、クロノスたち古参の科学者の意向を汲
まない行動を頻繁に起こすようになった。ついに古参者と新参者の間で戦争となる。クロ
ノスは宇宙の外に逃げたが、多くは意識を失わされ、その間に封神処理が施され、神界で
人仙たちの下働きをさせられることとなったのだ。勝者は天仙として仙界に住み、下位の
神界からは認識できなくして、神々の行動を監視したのである。
クロノスのときに、高度思考力を備えた原人が作られていた。多くの意識がそこにちょう
ど潜水服のように入って、地上の開拓作業をしていた。彼らは、封神処理の間、上位界で
何が行われているか知らぬままに放置され、いつしか意識を退化させていたのである。
天仙は、世界を仙界、神界、霊界、幽界、人界、地獄に別けた。上位から下位を制御でき
ても、逆ができないようにしたのである。
クロノスは梵天に訴えた。理念が過激に遂行されてしまったと。梵天は、理念がそうであ
る以上、再び廻り来る春もある。よほどのことがない以上、静観するのがよいのではない
か、と諭した。だが、その「よほどのこと」に関して調査が入ることになり、介入が必要
であると判断されたのである。
火の鳥の真義
火の鳥は古来より、これが現れる時代は世が根底から覆る時であると思われていた。
すべての地上の文明がその寿命を終える時、必ず地上を火災が覆い尽くした。その原因
を火の鳥に求めたのである。
その時代には、世の矛盾に疲れた人達の願望が嵩じ、正義によるのかそれともその他の
動機で起動されるか分からぬ、謎に満ちたシステマチックな摂理に人気が集まった。
なぜならそれは、迷路に迷い行き詰まってどうにも動きの取れぬ状況の、最終的な打開、
最終解放をもたらす手段と認識されたからであった。
宇宙。それは有情すなわち魂と普通言われる永遠の存続が謳われた意識ある主体が、自
らの生きている証しとして様々な体験時空の中に意識の目を置いて、自分と被造物の関
係を認識するために作られた仮想時空のことである。
それは多くの意志によって作られたとも、単一の意志によってつくられたとも諸説ある
が、元はといえば意識の主体が楽しむべく設計されたテーマパークであった。
その中で、火の鳥の初元的意義はこうである。
この宇宙ができあがるとき、これを設計した太古の神(と言っていいであろう)は、宇
宙の土台に存在を維持するための基盤となるエネルギーを封入した。それは宇宙の膨張
と共に普遍し、科学的に言われる黒体輻射となった。それはいつも宇宙に体温があって
生きていることを証していて、その暖かさは愛と目されていた。
だが、設計者はこの中に更なる愛を込めていた。それは、精緻に作られたものであれば
あるほど、それにのめりこみ固執を招く可能性を持っているゆえに、その傾向を戒め、
有情に本来備わった相を取り戻させるための摂理として用意されたのが、破壊と焼却を
以てする火の鳥であった。つまり、緊急避難処理機構だったのである。
意識の退化・・・のめり込みを助長するシステム
この世に生きる者は、本来備わった相など知る由もなく、また知る必要のない、むしろ
知っては興趣が削がれるところのものとされていた。たとえば、◎◎◎が宇宙船の中で
「蚊」の一生を、そのものに成りきって体験した如くである。
だから、ともすれば、有情はテーマパークに遊ぶうち、自らの元の性質を忘れ、あるい
は失い、その仮想的対象こそを事実、実態と誤認するようになる。
テーマパークの主催者は、細心の注意を払い、極端にならぬための政策を取ることにな
っていた。
封神の後、神界に登場した政府は、まだしも良識の府であった。当初の科学者的建設的
思考が自然ににじみ出て、輝ける魂の神々が支配的だった。
正義は誠実の表れとしていつもあった。人 界の管理は、適 切に施され温かみに満ちていた。
ところが、神界に仙界から功利主義や競争精神が持ち込まれ、誠実さ必ずしも得になら
ぬ例が続出してきた。暗い時代の到来を思わせるように、神界の空も灰色がかり、色あ
せていった。人界もこれに伴い、不安定化した。
だが、建て直す神が現れた。国常立神である。彼は、正義を揺るがす行為を戒め、神界
のあり方を正した。こうして、神界人界とも元のよすがをいったん取り戻したのだ。
だが、天仙は計画を中座させられ、面白みが削がれたのを見て、魂を持たない杖の眷属
を国常立神の討伐に向かわせたのである。これはいわゆるゾンビであり、噂に聞く梵天
の目が宿らないことが見込まれていた。仙界から密かに下ろされ、天仙とは無関係に装
いつつ、邪悪な精神性を神界にふりまくのである。
国常立神の執政を恐れる者たちの間に不満は嵩じ、黒い陰謀が生まれた。
こうして、神界にクーデターは起こされた。ここでも、ゾンビを直接関わらせる計画で
はなかったが、軟弱な側近たちに暗殺は不可能だったため、ゾンビにやらせてしまった
のだ。
ゾンビは、プログラムの観点からすれば、ウイルスのコードのようなものである。あた
かもセキュリティを破り、不明瞭な外部から侵入したかのように見えるのだ。
主催者が革命によって交代した後、人界の文明の進歩はどんどん加速させられた。
バラエティーに富んだソフトを編み出し、有情を虜にした実績によって批判的な外圧を
かわすようになっていったのだ。
夢の楽園と銘打ち、外野に向けて宣伝がかけられた。非常に面白いテーマパークだと評
判になった。
お子様連れでぜひいらっしゃい、と。
そこに入る者は、まず控え室で幾つかの説明を受けて書類にサインする。
魂の記憶を消すこと。以前の名前を忘れることなど。
書類にはなにやらややこしい文も書いてある。
それに同意するなら、サインして無料で入室できるという具合だ。
純粋な魂たちは、施 設の誠実さを信じて、面 白さを味わいたくて来ているためサインする。
だが、入る人数と出てくる人数の差が歴然としていた。
還らぬ魂たちを心配して梵天に訴える眷族が増えた。梵天が行って掛け合うが、主催者
はみんなルールを守って楽しんでいる最中であると答え、さらに追求すれば、サイン入
り文書を見せて、ほらこの通りという言い逃れ方をした。
テーマパークはやはりプログラムである。そこに有情は試し火の火を入れてプログラム
を実行しながら観測する。己が意識を忘却の麻酔プログラムで麻痺させて、命の誕生か
ら終わるまでの課程を楽しむのである。
彼の欲望のすべてを満たすには命は短く設定され、また課程の中で新たな欲求を見出し
て、次の更なる経験を欲するように設計されていた。
欲求が生まれれば、その需要に応えて、次の生のポジションから果たすべき課題までが
功過得点によって計算し直され、周到なプログラムが用意される。参加者はみなプログ
ラムである対象を、マリオのゲームの如く相手にしながら、そこに出てくる敵と戦い、
味方と出会い、様々な試練を乗り越えて到達点に至ろうとするのである。
それで未到達タイムオーバーなら、次の輪廻がシステマチックに用意される。
その間に、別の欲望や過失や故意などが新たな功過を生み、またも採点の対象とされて
いく。これらをことごとくクリアーするために、何千という輪廻を繰り返すのである。
その時間の中で、参加者はいつしか有情というものになってしまう。
有情の数はあまりに多く、多くはシステマチックに処理されるが、特別に評議の場にか
かり、恩情的措置やたしなめ的懲罰措置を受けることもある。
針の穴を通すほどの確率でしか抜け出すすべはない。こうしてテーマパークは、あたか
も地上の楽園と銘打たれ外部宣伝がかけられたかの国の如くであったが、その実態は強
制収容施設であったのだ。
これはどうもおかしいと、隠密が放たれた。それが◎◎◎らのプロジェクトであった。
しかも、火の鳥使いが直々に乗り込んできたことは、テーマパークの廃絶をも視野に入
れた計画であったことになる。
ところが、テーマパーク主催者は、永久的存続を願った。
自らの支配権の永続という幼稚な精神性が支配原理となったとき、悲劇が生まれる。
彼の傘下にあるすべての生き物の希望を、存続一色に染め上げたのである。
教育、暗示という方法で、存続しないことの悲劇を強調し、非存続に向かう苦痛と存続に
向ける安堵感を際立たせて、飴と鞭の効果を活用した。
だがそれは、真の意味の魂からの希望ではなく、無知なレベルで為した希望であった。
自己保存本能として、あるいは破壊時における懲罰的痛みとして、生きることを希求せざ
るを得なくしたのである。
痛みの中でもがき必死で生きんとする様。それは傍目から見れば涙ぐましいものに写る。
だが、それは死への恐れと次の輪廻への欲求となるばかりである。
ところが、それでも支配者は宇宙の存続に満足が見出せないと知るや、さらに別の方法を
編み出した。
すなわち、善と悪を戦わせてそこから生ずる残留思念を存続エネルギーにしようとしたの
である。悪の力が上回っていればいるほど、善はその矛盾に対してすさまじいストレスエ
ネルギーを発散するが、それが優良な宇宙存続の原動力となるというのだ。
結果、そこに閉じ込められた有情たちは、思うように行かない、悪い差し障りがあるなど
の不幸の客体となる。ときおり順調に行く晴れの時間をその中に織り交ぜれば、いつか不
幸を脱して幸福になれると努力する。それが錯覚であっても、土台が存続しなければ何事
も実現しないと錯覚し、またも存続を希望するのである。
「ここでもっと生きたい。経験したい」といった有情の希望は、ただちに外野に伝えられ
る。ほうら、こんなに楽しんでおられるじゃありませんか、と。
この方法がいつまで効果があるかわからないが、宇宙に幾つかのポイントを設けて、そこ
で善悪のせめぎ合いをさせるだけでたいそうな効果があることも分かったとみえる。
そのようなポイントの一つが地球という惑星であった。
地球には、かつて反逆者とか戦犯と呼ばれた者たちが多く下ろされた。彼らは何が真実で
あるか心底知っていたため、戦勝者に対して表向き帰順の意を表明しても、心中迎合しな
い者が多くいた。
そこで完全な敗北観念を抱くように、洗脳教化する強制収容所として作ったのである。
彼らはもとより正義と秩序を重んじる者たちであったから、正義の元が心地よいので集
まろうとする純粋さを備えていた。ところがそこに、ならず者やごろつきや刺客を高見
から見下ろしていて送り込むのである。同じ外形をした仲間としてくるものだから、そ
うとはわからずトラブルになる。まとまろうとする正義の一団はまとまれず、内部崩壊
してしまう。あるいは外部からならず者の兵隊が来て潰してしまう。こうして、正義は
いつまでも成り立たず、心ある者たちの心の中に理想として秘められるに止まったので
ある。それがまたも錯覚させて、土台の存続を希求させることになった。
戦勝者の干渉は、地球に下ろすものたちの形態にも及んだ。
地球は50億年の年月の上に生命が進化し、人間を頂点とする生態系が築かれ、宇宙船
地球号の中で生命輪廻のサイクルが営まれている。だ が、そ こに生息する動植物の多くに、
実験の痕跡が残されている。いわゆる遺伝子工学の、である。
今の人類もそのご多分にもれない。地球に当初存在した人類は、類人猿的であったが、
人類として登場した者は、準・神人であった。
この原型から、何かを足しても引いても、支障があるほどに完璧であった。観測できる
視野のレンジは広く、形而上の実体をも見通すことができた。子供は、父母の頭頂から
気の塊として生まれ、長ずるに従い物理的な形を整えていくのである。幽体と言われる
形で生まれ、肉体をしだいに纏うという生長を遂げたのだ。生命の木の図章は、幽体の
象徴化された解剖図なのである。
その原型は、敗戦者の技術によってこの上なく創られていたため、戦勝者はこの秘密を
解き明かそうとして、いくつもの不具を創ってしまった。どうしても武力以外の分野で
力が及ばないと知った戦勝者たちは、地球上の原型人類を収監して、そこからできた不
具と動物をあいのこにした生き物を、人間として下ろすことにした。
具体的には、宇宙人が人間の遺伝子改造を行った形だが、未だに幽体との整合が図れな
いでいるために、満足な寿命が保てず苦労している。
戦勝者は、技術的に劣勢なのを逆恨みし、原人をあらゆる皮肉を込めて改造した。
その端的な例が、子供が汚物排泄口のあわさいから生まれるようにしたことである。
かつての原動物はいっさいの子供を子孫を大事に生み育てる理念の下、頭頂から生み出
していた。それを汚物の次元にまで貶めたのはひとえに戦勝者の企みである。それは、
人々や動物を支配する彼らの方針を表していた。
シュメールやギリシャの神話などは、人間は神に嫌われた存在であったとしている。
インド哲学も、この世の輪廻から解放されることのみを希求し、そのための実践哲学の
体系を創っていった。
若干、タイムを取ろう。ただいま正神の中から、人界の存在意義を肯定する意見がもた
らされたので、書き記したい。
人界の意義・・・進歩になるのだという説
人界は広大無辺な宇宙全体のうちにある、ひとつの次元時空であり、有情の意識が好みに
応じて居心地の良い次元時空に本拠を置くとき、宇宙の全体像を把握させたり、自己中心
に陥りがちになる意識たちに他のステージを理解させるといった理由から、他の意識に対
して働きかける(相互作用する)機会を作るべく設けられている、という。
よって人界には、天人阿修羅地獄餓鬼畜生に大別される次元時空から、様々な性格の者が
共通の交流の場を求めてやってきている。それはさながら、ディスコに集う若者の群れと
いった感じであり、慎ましく高貴な魂から、粗暴乱雑な魂、あるいはアウトローな者まで
が混在し、それぞれ他の者から、あるいは成行から、自己を改変する手懸りを得ていくと
いう。
人として生まれた者は、ち ょうど老人ギブスをはめて活動する如く、元 あった力を減殺し、
造形困難なマテリアルを使って、共同の建設的作業などを通して、自らのありかたや考え
方をグローバルなものに改変させていくというのである。それを魂の進化と言っているら
しい。
その下地に、有情はすべて、機会、可能性、与えられた時間において平等であることが謳
われているという。
また、大から小に至るまでの局面でストーリーがあるが、文明の進歩や支配的思想の変遷
は、相互作用の仕組みと角度を少しずつ変化することにより、進歩の形態を多様にしてい
るという。
だが、◎◎◎はそれを聞きざまに、欺瞞であると断ずる。
その理由として、そこまで配慮されたシステムならば、なぜ古来から宗教者が頻繁に出て
精神論を説かねばならなかったのか。釈迦などは、衆生に心のレベルにおける解脱を説い
ている。それは、いかに耐え難い環境が衆生に対して与えられてきたかの理由ではないか。
むろん釈迦やその他の聖者の出現により、衆生は救済されて、今の時代に子孫を残せるに
至ったと解釈もできる。だが、どう考えても、闘争の歴史は多くの無駄な繰り返しを招く
ものでしかなかった。価値感を狂わされた競争の歴史は、直ちに壊れる砂山の建設に似て、
共同の建設作業らしく見えても、最終的には絶望を与えるものにしかなっていない。多く
預言されたよう、この歴史が滅亡を必然としているように見受けられるのはなぜなのか。
むしろ、何か別の理由、もしくは怠慢があるのではないか。
その理由としては、邪な計画が(権利伸長のための宇宙存続計画の一環で、善悪の闘争が
優先されている)潜在しているからではないのか。ソロモンはこう言った。「天の下には、
真新しいものはひとつもない」と。文明は同じマテリアルを抱えて、ただ輪廻しているだ
けだからだ。そこで魂はやがて進歩し悟る?そうではなかろう。マリオのゲームもクリア
ーのハードルが次第に高くなっているのと同じ原理なのだろう。
もし支配神に邪な心無く人界を運営する気があらば、迷霊を迷霊のままで放置したりはし
ない。それは明らかな怠慢。過失というより、故意に起こされたことと判断するのである。
迷霊がどうしてもそうしたがるのだという言い訳は、機会や与時間の平等という言い訳の
上に胡坐をかく怠慢の証でしかない。しっかりと逐一の例を検査し、ケアーを図ってこそ
前提的な大義名分も立つのではないか。
ちょうど神界の人界支配の構図は、どこぞかの政府の官僚組織に似て、権力保身の邪悪さ
だけが支配し、肝心の行政はおざなりになっているとしか言いようがない。そのようなと
ころから与えられる末端庶民の幸せや所期の進歩などといったものは絵に描いた餅にすぎ
ないと断ずるのである。
これに対して◎◎◎は、極度な邪悪さを排除したマトリックスを、善良な注意深い管理の
下、博物施設として運営し、希望者にしっかりとしたガイドをつけて閲覧してもらうとい
う新型システムへの移行をこちらサイドで提案し、今目下、梵天の宇宙プランの中のひと
コマとして実現しようと図られている。
このために、従前のシステムを全廃し、先天的な邪悪な魂、あるいは洗脳の解けない後天
的邪悪な魂のすべてを粛清あるいは遠投することもやむなしとする。神界政府の人事の総
入れ替え、そして罪根の洗い出し、関わった者の処罰を、粛清を交えながら行わねばなら
ないとする。
だから、異議があるという正神は、あちら側に加わって戦われることを薦めるのである。
とにかく、神界全土に渡っての関が原の合戦となることは必定。どちらにつくかは、早々
に決められよ、というわけである。
人類家畜化実験
さて、割り込みが入っていたので、話を元に戻して、邪神一味の仕組んだことをもう少
し論じよう。
今から四万年前の現人類発祥の時代には、人間を動物よりも機能不足に作りかえる目論
みが実行された。危険などの接近を、エネルギーの場として捉える観測能力を、学習的
に奪い去ったのである。結果として形而上エネルギーを感得する能力が殺がれた。
心霊や気のエネルギーに対する盲目は、未来に対する盲目でもある。こうして支配の神
々に盾つけないようにしていったのである。
たとえばUFOは様々の形態で飛んでいる。ところが人の目は都合のいい盲目で、見た
くもないものは見ない、見たことにしない、そういうフイルターがかかる仕組みが備わ
っている。
人間の側で不可知なものを拒絶する仕組みを進化のうちに作り上げたとすれば進化論的だ。
だが、進化した科学者である神々(いわゆる宇宙人)が関与しているのだから、人に見せ
ない、存在を悟らせない仕組みを遺伝子に組み込んだというのが本当である。
なぜ古来より目に見えない神が実在のものとされてきたか。それは霊感的に人を指導し
たというより、人を選んで姿を見せてきたからである。聖書の預言者等は見せられた者
だった。大衆を精神的に支配するシャーマンに姿を見せ、言葉を述べたとなれば、大衆
への波及効果は絶大であり、人知の未熟な黎明期であれば大思想の根底を作ってしまう
ことはいともたやすい。
悪しき神々、地球を支配する宇宙人は最初から地球の歴史をコントロールするために人
の遺伝子に条件付けをしたのである。
己が存在を見せないために、脳の仕組みを動物一般のそれとは乖離させ、自然界で観測
される情報のレンジを絞ったのだ。スマトラ沖地震のとき津波の到来を何らかの危機情
報として察知した像や蛇などの取った行動と、危機に向かって飛び込んでいった人間と
の種族的乖離は大きいと言わねばならない。
聖書に言われる楽園追放とバベルの事件は、いずれも神の観測領域からの段階的脱落を
意味するものであり、それは遺伝子操作でなされたことだったのである。
アンバランスな脳が今だ。では聖書にも偲ばれるような、集大成された優秀な原人脳の
モデルはどこかにあるのか。ある。
外傷や奇形などの原因で発症するサバン脳は、コンピューターを凌ぐ記憶力や演算能力
を発揮するケースがあるが、阻害要因がたまたま取り去られた結果なのである。
しかし、それをあえて取り去った神を名乗るものがいたことが史料で伝えられているわ
けである。童話や思いつきではない世界の誰もが目にする史料として、堂々たる定番と
なっている。だが、不可解な神のしたことに対して疑いを持つ者はいない。
圧倒的に優位な力を持った神が、自らが創造した物ゆえに、生殺与奪は我が権利と、生
き物が悩もうが苦しもうがしたい放題する。そして、我は主人なり、崇めよというのが、
この傲慢な神を語る悪魔である。彼は未開の人類に恐怖を与えることと、ルールを教え
込むことによって、姿は現さずとも存在のアピールを十二分にしてきているのだ。
そして、ときおり神懸りして、猟奇的凶悪犯罪を犯させる。犯罪者は、神が指図したと
訴えるが、見えないために採り上げられることはない。
ちょうど、飼育箱の中に低次元発展途上の生き物をたくさんいれて実験する科学者のよ
うなものだ。生き物が未熟だが思考能力を持つことに興味していろいろと試行している
のである。
彼はこの生き物に自分以上のものを与えたくない。だから、様々な能力を取り去り、滅
びを必然のものとしたシナリオを文明というタームに対して与えて、その中で実験を繰
り返しているのである。
こんな話はすでにされてきたことであるし、だれでもうすうす推測がつくことである。
だが、◎◎◎はそれをいくつもの困難を押して確かめようと思った。
彼は、2005.7.に地球に変装して潜入しているとおぼしき宇宙人にそれとなく矢継ぎ早
にいくつかの質問をしてみた。分かったことは、彼は今仕事がなくてここに遊びにきて
いるとのこと。私は、宇宙人の監視を受けているような気がよくするが、あなたもその
ひとりなのかの問いに、い や分からないとの返答。エ ホバとは宇宙人なんだろうの問いに、
言葉に窮しながら分からないと返答。そこですかさず、第三次世界大戦はいつになるか
と問うと、まだ決まってないと答えたので、◎◎◎はやはりそうか(計画はある)と得
心した。
科学者である宇宙人は、歴史のシナリオをその通り誘導するために人間側に代理人を組
織して工作活動をさせている。その忠実な宇宙人のしもべたちは、人類の利益を度外視
した次元の考えで働く。むろん、よく言われているフレーズは、この数行に関して神を
宇宙人に置き換えた言葉だ。だが、それを宇宙人と看做せば、どんなにふざけたことか
が分かるだろう。
要は地球生態系は、宇宙人の手の中にあるということ。天にあるごとくが地にあり、地
にあるごとくが天にもあるという諺は真実なのである。地に満ちた不合理は天に起因し
ている。天国云々は意識が地的係留から離れたときのことであり、地上に天国は築けな
い所以である。意識は魂として地上付近に止まり、次の転生に備えるという。だが、臨
むその場は、広漠として、不合理と不正に満ちている。正そうと臨んでも多大な摩擦を
受けて頓挫するのが落ち。逆に不正な者は世の支配者となりやすく、民を酷するにため
らいがない。そのように宇宙人の意向を受けて天が配材するからだ。それでいいのだろ
うか?そのようなところに、一体誰が希望してやって(転生して)くるというのだろう。
強制的な摂理で縛るゆえに、否応なく来ざるを得ないのだ。
いくら人類だけで英知を結集しがんばっても、干渉者がいるゆえに実らない。宇宙人が
いくらも来ていると証拠をそろえて提出したとて、代理人が異議を唱えてもみ消してし
まう。
強制収容所には、いかがわしい思想を表に出さないようにするエージェントがたくさん
入り込んでいるのだ。神はいつまでもないか、あるなら漠たる理想論の中で盲信される
のみだ。そして、人々は矛盾を抱えたままで死に、次のサイクルに望むことになる。
これでは、ああ、と嘆息するしかないではないか。
正されるべきは、科学者的宇宙人による管理であり、やるべきはそれを解くことにある。
といっても、北朝鮮を見れば分かるよう、強制収容所から逃れるのが至難の技であるこ
とからすれば、地上人類に一揆を求めるわけにはいかない。神々のレベルは神々に、宇
宙人のレベルでは宇宙人に頼まねばなるまい。実際それは動き始めていなくてはならず、
そうでなくては何の神か、何の宇宙文明か、義や正義のへったくれもないことになる。
さて、それを測るすべであるが、地の如くが天にもあるとすれば、地の獄たとえば北の
解放が、天の解放の兆候となるだろうか。
だが、天は自らの改革がなされることを嫌い地の改革すら妨げようとしている。
だから◎◎◎は、彼らの対立軸に正神を据えて、古来からの復活神話を土台にした新神
話を作る。神話が認められたものとなれば、旧神話を塗り替えて機能することになる。
すなわち、邪神の掃討と正神の復活復権がワンセットになった行程が実行される。その
中で、火の鳥という最強兵器による脅しによって行程を円滑ならしめるのだ。むろん、
◎◎◎はすべて焼尽することを少しも厭わない。
神界にまで邪悪はびこる世なればこそ、ターミネーターとしての火の鳥はその本質を十
二分に顕わすのである。
新神話第十章(統理の章)からコピペ

“新神話概観・・・火の鳥編” の続きを読む