天照大神のUFO

110.gif

上記五角形の左上、「元伊勢」の地において頻繁にUFOが目撃されている。
最頻期はすでに去ってしまい、今ではほとんど見られなくなったというが、そのUFOが頻繁に出現したのは元伊勢皇大神社の御神体山の日室が岳である。
わが親友であるGさんはそこで30分にも渡ってUFOと対面していたという。
それは光の珠であり、サーチライトのようなその光はまさに太陽神というべきものだったという。
まさに圧巻であったという。
ホツマツタエ伝説ではその場所に天照大神のご尊容が収められているとされる。
この時期、どうしての感がある。
仕方あるまい。今だからこそ。
目撃者はGさんはじめ、地元民数人である。
しかも、同じメンバーで何度も。
古代、倭姫は祭祀の場所を求めて行幸の折に天照大神に遭遇し、その場所を祭祀霊場とした。
それが伊勢であるとされる。
倭姫も光り輝くUFOに遭遇したのではあるまいか。

「天照大神のUFO」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     突然の書き込みにて恐れ入ります。
     私、大阪の番組制作会社のITSの廣田と申します。
     武良さんとご連絡が取りたいと思い、
     書き込みさせて頂きました。
     もし、何か分かりましたらメールにてご連絡を
     頂きたく思います。
     宜しくお願い致します。

  2. 天照大神天照大神(あまてらすおおみかみ・てんしょうだいじん)は、日本神話に登場する神 (神道)|神(人格神)である。『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。