おかしな時空のおかしなおかしな物語

これからの世、そろそろ二元性世界の極性の切り替え時期(闇一族と鬼面一族の交代時期)にあって、どうやら陰湿邪悪な側(あちらからすればこちらが異端という相対的善悪論に陥りますが)がなおも長期にのさばろうとして、AIを駆使した世界創造による延命策というリング外の特設リングに聴衆を連れていこうとしているようです。私から言うなら、ゲームがまた下位のゲームを産出しようとしている現場が今です。

バシャールさん 2016年~2050年までの話
https://golden-tamatama.com/blog-entry-2593.html
>あなたは驚嘆するでしょう。
シンクロニシティが現実の中で一斉に起き始めます。
それらの多くが、再びあなた方の人生を今まで夢だとかおとぎ話だと思っていたようなものに変えてしまうでしょう。
しかしあなた方が発見するのは、現実が実際はいかに動いているかということなのです。

正直な感想、まだこの時代の延長をしていきたいのかという思いなのですがねえ。それを各個人の選択意志を介入させることで、異質の考えを持った人の意見も反映されるといった風にしてあるので、まあこれも致し方ないかと思うわけですが、不平を言ってもねえ。
シンクロニシティに関しては、私はまさにこのことを実感してきた2000年代でした。それがみなさんにも今年から起きてくるという。本当に面白いですよ。
そして達観と言うか、鳥瞰と言うかが自然にできてきて、あらゆるものの動きが手に取るようにわかってきますよ。

このように語るバシャール説は、拙・超宇宙の仕組み論の出す結論(意識原理の宿る個々人がそれぞれの観測系の中心であって創造主なのだという説)の帰結なのですが、私が予測するなら、バシャールが予見するようなことが起きるのは少数で、おおかたはせっかく特設リングができることなので、志向する人、趣向が合っている人などは喜んでそこに向かっていかれるのではないかと思います。こちらにいても、闇一族が無責任に撒き散らした瓦礫の廃墟と超汚染の死につつある星をどうするかという困難さが予想されますから、人の志向するところに戸を立てられないという諺どおり、ただし行き先もまた仮想現実なのですが、いまこの実時空と見えている世界も仮想現実だというなら、その等級を以て差を論じられても、相似像にすぎないからイケイケドンドンになるだろうというわけです。選択肢が恐怖やら不安やら他者同調性により狭められた中での選択を迫られて、追い込まれてしまう人も多いと思います。目覚めぬままに人よどこへ行くって感じですね。

では何のための特設リングかと言うと、また新たな仮想世界に支配構造を作って、そこにふんぞり返る支配神、差配神を生み出したいというわけではないですか。天下りして、そこで幅を利かせたがる官僚体質丸出しだというのが見えてます。
それを了解の上で、それでもいいやと仰るなら、志向して行かれると面白みがまた味わえるでしょう。みんな面白みや冒険を求めて、こんな世界にやってこられているのだから、仕方ありません。もうちょっとケービングを愉しんで行かれたらいいでしょう。しかし、創造主性を失っては、またぞろ奴隷ゲームの奴隷になってしまいますから、お気を付けください。

私には全部丸見えしてしまうものだから、よくまあと呆れて見ているのですが、まあそれも私個人の主観なわけで、バシャールの言うようになっていくことが明らかなので、私は私固有の世界で目指す方向を決めて進みます。そう言っているうちに、私の世界線からは人が極端に減っていて、それだけ異端的で孤独なわけですが、これも仕方ないのです。しかも、最悪のコース、破断鉄橋を渡る世界線なものですから、とうにお勧めしているように誰もこの列車に同乗していようとは思わないでしょう。最後は、私は観測主体的プログラムとして制御権はあるものの、周りの外界は単なるデーター群となっていることでしょう。そして、私がこのゲーム世界を離れるとき、すべての蒐集情報を持って元の世界に戻り、最後の審判を惹起して焼却処理し、大建て替えを私固有の世界で成し遂げます。目指すのは、仮想現実世界からの脱却と一元性世界プレローマの実現です。そこからさらに絶対的実時空を目指していきます。
みなさんは個々が創造主です。それぞれの時空経験をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です