出口さん関連の本をはじめて読みました

つい数日前、出口王仁三郎さん関連の本を初めて購入し久々に読書しまして、ある切り口から入ったときの彼の著述や口述の中身から、彼は邪神系崩壊の型を新神話風に設定されていたことがわかりました。
彼の著わした膨大な著作の一部たりとも読んだことがないため(目も頭も字についていかないから)、よほど興味したことから入るしかなかったので、今回購入した本はとても有効でした。
どうやら彼も新神話のようなものを、彼の脳裏の空間に書いておられたことを知ったような次第です。(霊界物語や大本神論や彼の発言録などをもとに縦断的に書いてくれたこの本ゆえ、とてもわかりよかった)
彼は大本弾圧事件が日本の辿る道になることを預言し、その通りになってきたようです。
彼は最終局面において、邪神系がこの型に嵌って崩壊するシナリオを設定しています。
それがいわゆる、神一厘の仕組みというもので、九分九厘もうだめだという段になって、グレンとひっくり返すシナリオになっているということのようです。
いっぽう私も似たようなことをしていて、独自の新神話によってシナリオ設定しています。
火の鳥という新顔の宇宙最強摂理を置いて、世界が混乱に見舞われるときを見計らって、いったん人類の霊のみならず、人の仮面をかぶった悪魔たちの霊も併せて焼却し、魂レベルのシャットダウン状態にし、正常に回復可能な魂のみ再起動し蘇生していくという、ちょうどパソコンのウイルス駆除と再立ち上げのようなイメージの回復処理を救済の型にしています。
私の超宇宙理論がコンピューターモデルによるため、このような方法も採れるわけです。
そして、この世は一種のソフトウェアプログラムであり、そのタイトルは私流に言うなら「黄泉の国の物語」とでも付けたいところです。古事記神話のシナリオからするとそうなるからです。
いっぽう出口さんはどうやらこの世はずばり「地獄」であると言い切っておられるようです。
邪神と正神をきっちりと分けておられて、邪神が圧倒的優位だから弱肉強食、優勝劣敗の摂理で強い者勝ち、悪い者勝ちがまかり通るのだとおっしゃいます。
しかしそれでも両者がせめぎ合いながら、この壮大な神劇は進行しているのだとされているようです。
黄泉の国(死体置き場の国)も地獄もそう変わりませんけど、黄泉の国のほうが定義しやすいのは、イザナミさんが死体であってなお生きて采配を奮っているということで、いわばゾンビがトップに居座るような常態を指すわけです。
死体が指示を出し始めたら、すぐに死ねとか殺せとかなるので、くわばらくわばらなわけですね。
地獄とはそもそも環境条件が普通ではない。弱肉強食と優勝劣敗の摂理が支配的で、それはもう弱者には辛い。トップにまともな人が立たない、悪霊憑きばかり立つという意味に出口さんは捉えていたようです。
そんな地獄あるいは黄泉の国からどうやって脱出するのか。
出口さんは、邪神系崩壊と世の建て直しによる、一種の次元上昇のようなことが起きて、良い世界になるということのようでした。
いっぽう黄泉の国は、すべての執着を捨てて、イザナギさんがやったように、ただひたすら脱出してイザナギ世界に入ることに専念することがひとつ。(これは古事記流)
もうひとつは黄泉の国の滅亡に際しての焼却&シャットダウンによる、一種のシステムダウン状態に置いてから、浄化し再立ち上げするという新神話に基づく、けっこう自然な成り行きになる工程によるもの。
さて私の新神話では、霊界次元で火の鳥による焼却処理は行われるため、現界への影響はさほど感じられないかも知れません。が、邪悪な霊がいなくなるということで、ひとりでに現界にも浄化の形で現れてきます。
それは霊的レベルで行われ、肉体レベルの経験はなるべくスムーズに繋がるように計らわれるということで、もしかするといつの間にシャットダウン&焼却が行なわれたやら、顕在意識的には把握がつかないかも知れません。
そのときは、ある日の朝突然、世界から邪悪な世相が消え去っているという不思議を経験するかも知れません。あるいはまったく夢の中の世界への移行になるかも知れませんが、きっといい夢になっているでしょう。
人々に取り憑いていた悪霊とその類がいなくなり、もしかすると邪悪だった人が気が付いたように改心したり、強欲者が慈善家に変貌したりするでしょう。
世界は邪神の手から解放されて、一気に分かち合いの精神でみなぎり、弱肉強食の摂理などどんどん解消されて、いたわりと慈しみの世相になることで、人と人が互いに信じ合うことができるようになるでしょう。人と生き物たちが互いに心で分かり合えるようになり、思いもよらない情報が彼らからもたらされて、感動するようなことも起きてきます。
法律などで人の行為を縛らなくとも、ひとりでに行為に尊厳と美徳が備わるようになります。
おかしなそそのかしをする悪霊的存在がいなくなるからです。それが人類に元あった資質だったと理解されるまでにそう時間はかからないでしょう。
世界はかつて黄泉の国の惨状を呈していたものが、一気にイザナギ世界へと変貌していることを確認するでしょう。
まるで長い悪夢から覚めたような感慨を持つ人もきっと多く出てきますよ。
ここも出口さんと共通するのですが、
その浄化のときは、大患難の最中にやってきます。私はこの世を去って天帝様にお目通りし、最後の審判を求めるための基礎資料を渡して督促し、朱雀に変じて火の鳥を起動しにまいり、地上が大患難の混乱の最中に焼却とシャットダウン処理が行なわれることになります。しばし忍耐していてください。
さてしかし残念なのは、出口さんのも私の新神話も、フィナーレに魂にとっていいシナリオを設定しながらも、まだこれからのことなのだということになります。未来のことゆえ、まだ見た人はいないのです。先の見えない希望の光だけ置くような宗教のようではいけないのですが、私も自分の死後でのことゆえ、みなさんと同じ立場で眺めることができないのが残念なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です