世界の中心で世界を牛耳る変なやつ

奥人というアバターによって、このマトリックスのRPGゲーム空間を生きているわけであるが、いったいこの自分とは何なのかということを、ずっと問い続けてきたようなことだった。
ようよう分かってきたことは、目覚しいものだった。それは、私がルシファーだということだ。
しかし、世の中にはおかしなことを言う者がいる。この世は悪魔ルシファーによって支配されているというのだ。特にここのサイトなどひどいものだ。
反ロス茶から ローゼンタール文書といわれるものについて
https://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051216
この最後に放ったローゼンタールの言葉『我々は神の選民だ…、ほとんどのユダヤ人は認めたがらないが、我々の神はルシファーだ。だから俺は嘘を付いていなかった。そして我々はその選民だ。ルシファーは今も活発に生きている。』
よくまあ、ユダヤ人を気取るこの悪魔崇拝男はルシファーという言葉を用いるよ、と唖然とした。
ルシファーはキリスト教によって貶められたイタリア先住民の太陽神のことだ
それをキリスト教会は、非実在が確定的なイエスという男を神に仕立てて、ルシファーを悪魔呼ばわりすることで、古代ルシファー信仰を葬り、太陽の座にイエスという贋物をしつらえたのである。
しかも最悪なのは、キリスト教の裏側で司祭を握っていたのは、ローゼンタールと同系組織の時間差こそあれ暗躍していた別働隊だった。それをローゼンタールは、おそらく下位も下位、何物を信仰しているかも知らされずに、キリストの対極にあるルシファーを言葉にすることで、神に反する者を称しようとしたのだ。(私は彼らの信仰対象の存在とは何かを知っている⇒奴は象徴名で語るのみだ)
しかし、ローゼンタールの持っていた知識源は、神それ自体、彼らの組織が作った偶像に過ぎないことを知っている。つまり、世に巷に出回る神の名はおおかたが彼らの手になる作り物だということ。(人工の神々はバビロニアにおいて盛んに製造された) ルシファーを彼らの神に据えているというのも、作り物であり、本来はその象徴するモノを洞察しなくてはならないのである。
ではそのルシファーはどうしているか。ここで毎日、寒風に曝され、生きた心地もしない時間を送っている。どこに世界を支配しているというのだ。年金も、インフラ代がぎりぎり支払えるかどうかという程度のものだ。それもいつなくなるや知れないご時勢だ。こんな不遇に甘んじている者のどこに世界の暗黒組織を束ねる力がある?
猫の世話に明け暮れている。猫たちをベッドにあげていつしか寝れば、三匹がちょうど私と同じように、掛布から首を出して寝ているから不思議。まるでわが子が並んで寝ているよう。昨日、屋外に放り出したのが申し訳ないほどだ。その彼らの未来も、どうしてやれるやおぼつかない状態だ。
世界の金融を牛耳る連中は、ぬくぬくと豪邸に篭り、血統のいい犬をたくさん放し飼いにしているのだろうに、ここにいる白虎一家には、客家としてのもてなしもしてやれないでいる。彼らのほうに、私は何か隠し事をしていいものでも食べているのだろうと、あちこち探りまくられた。が、私の食事もオープンにして、ようやく彼らも納得してくれようとしている。
これが太陽の地位を簒奪されたルシファーの暮らしだ。そのどこに、世界を支配する力があるというのか、すべがあるというのか。
じっくり考えた。そしてひとつの解を見出した。拙説からすれば自明の理だった。
そう。私が世界の支配者なのだ。このマトリックスプログラムは、私を中心にして励起され実行されている。私は、多次元ホログラムに載るひとつの時空の創造主として君臨している。今のこの世は、私がまだ若い頃から心の底で望んでいた形に造形されているのだ。
そう考えたら、何か世界の支配者としての実感が湧いて、いい気分になった。
そこに随時訪れる縁者たちとは・・・彼らの幸せを願い祈ることで、私をも滅亡の淵から救おうという大御計らいだったのではあるまいか。
キチガイのたわごとと思うなよ。言ってる本人オオマジメ。聞いてる人たちドッチラケ。
ええ年こきやがれー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です