夢の実現だけはしたいのう

天上人の宴」のストーリーを体現したく山篭りしたが、密林の中の庵ゆえ空の眺望がいまいちで、天上人を招きたくとも、もてなしのスペースがないといった状況に、プランの練り直しを迫られている。さしずめベランダの向こうに地続きにして6畳から12畳ほどの望観台を設けて、UFO撮影の環境にもしたく思うが、この地においてUFOの影をまだ一度も見たことがない。ほんとうにやってくるのだろうか。いっぽう山嵐の神はまったく意識的に現れて、私に嫌がらせする。私がベランダに立つと決まって、猛烈な風を送り込んで、防風シートをばたつかせるのだ。まずこの神を味方につけねばならない。空の神はその先にある。
ベランダはいっぷうアトリエ風になったと思うが、見ようによっては掘っ立て小屋の仮設住宅もしくは建築現場と見られかねない。要は自分がそこをどう捉えて活用していくかなのだろう。早々に豊富な発想を生む場となれば、早々にアトリエと言えるものになろう。いつまでもぐずついていれば、仮設の建築現場のまま推移してしまう。
こうなれば、かつて夢見で見た光景のように、早々にベレー帽を購入して被り、アトリエ気分でいようか。だがあの夢では、ベレー帽の私似の人が、四角い建物の屋上で植物を植えていたんだよな。もしかすると、望観台を野菜畑にしたりして・・・。それもまたいい。
この地を開墾して畑にできるかどうかは、原状を見れば、困難限りないことが推測できる。密林は伐採しても、木の切り株や根っこは残り、純粋な畑にはなかなかなりがたい。焼畑農法というのもあるようだが、ここはガチガチの防火地帯で、人をたぶん信用しない前提で取り決めを作っているのだろう、焚き火すらも許されていない。このため、逆に恐いほど枯木や枯葉の堆積があっても放置されている。度が過ぎるのも程度がありはしないだろうか。もしもの出火が恐いものだから、急いで火災保険に入ったような次第だ。先日の山嵐などがあれば、あっという間に全山山火事になり、あのカリフォルニア州大火災と比べられかねないだろう。みんなの善意と自己コントロールがかろうじて山を守っているように思う。
畑にする・・・ああ困難。腐葉土になる前の枯葉の資源はとても豊富だが、それが自然に土になるまで待っておれない。また農作物を盗っていく動物もいる。鹿は最初の頃に見た。人に慣れた鹿らしい。イノシシもいるらしい。近所のAさんの話では、作物を盗っていく代わりに、畑の耕作をしていってくれるとのことだ。アライグマもいるらしい。このあたりになると木登りもするから、並みのフェンス程度ではオーバーフェンスされてしまう。だから、パイプなどを使って、四角い6畳ないし12畳の建屋を作り望観台にして、そこで鉢植えやプランター植えをすることになる。けっか、夢の中の人物像を目指すことになろうか。
私の夢も、ミステリー作品や物語で作る夢と、睡眠中に見た夢があって、そのどちらもを現実の世界に実現しようというのだから、いっしゆ既知外か、途方もない馬鹿ヤロウということになろう。
望観台の上に小さなテーブルを置いて、地球人だけでなく地球外知性体(宇宙人)をももてなすことができたら、夢の大部分は実現したことになる。いや後者こそ、私がこれからの未来世界に必要な交流になると考えている。明治維新のとき、アメリカやエゲレスの特使を招いて会談したように、これからはどこそこ星人(複数種)を招いて、地球の行く末から宇宙文明との交流などについて語り合えたら申し分ない。むろん宇宙旅行もさせていただく。健康体にもしていただく。人並みはずれた健康体で、辛く困難なトレーニングを経て選抜を経て宇宙に行くような方法は前近代的なやり方だったと思える時がくるようにしたいものだ。
次は私が昨年10月に、たまたまUFOを撮影してやろうという気になって買い物がてらに出かけ、神戸市西区神出町の業務スーパーの駐車場でカメラを回し始めて20分後ほどで現れた。
Youtubeに上げて当初、ヘリコプターなどと揶揄するコメントが書き込まれたが、本質を覆い隠したがる邪系の組織が働いているからだと分かった。逆に賛同する書き込みがないのは、私のナレーションがいささか飛びすぎているから、その方向で疑われたのかと思う。映像には加工も音声の後付けもない。撮り卸をそのままアップしている。加工する技術もないし、そんな面倒なことなどできないほどに目ももうろくした。
そんな基地外だからできる功業もある。私がかつてレイラインの面白さに惹かれたのが30年前にもなろうか。当時、古事記は暗号化文献であるという発想から、一連の目の覚めるような解答を得かかっていたときに、宇宙人でなくてはできないような鳥瞰的立場から、推理の正しさを検証することができようとは思っても見なかったことだった。古事記の与える祭祀拠点と、古代からある大祭祀霊場を点とし線で結ぶとき、精妙な幾何学図形が浮かび上がってくる。それは西日本(九州)から中部(尾張)に至るまでを、エジプト神聖幾何学で結ぶ図柄として現れた。それを総称して、ヤタノカラスと名づけた。それは多面三角構図という意味である。三本足のカラスは太陽のカラスと言われ、古代祭祀の神聖シンボルであった。三角はそれにちなむ。
古事記上津巻を暗号化文献と考え、解釈して本にしたもの (1978年)
古代日本の見えざる地上絵と古事記解釈を通して得られた歴史読み物として本にしたもの (1995年)
古代日本のヤタノカラス
ヤタノカラスは、どうやら日本列島上空からの視座をも暗示している。当時に精巧な地図があったかどうかは、前著を見ていただけたら分かると思うが、実在したことは間違いない。とすれば、日本列島のそれもあって然るべきであり、少なくとも地図があっての祭祀霊場の布石があったと推測される。
宇宙人の干渉と知識移入があったとするなら、これほど分かりやすい話はない。宇宙人が神と称して原住民の前に現れ、農業の仕方から祭祀の仕方まで教えたその一環で、古代からの長きに渡って、今なお世界宗教の形で地球人の思考回路を牛耳ってしまったようなことだ。どんなに科学万能を歌い上げても、インベーダーの息のかかった宗教ひとつ、分析できないでいるのが地球人類の頭脳なのだ。これではなあ・・嗚呼と嘆くしかない。
ヤタ(八田)は多面体であることを表す。それを極限まで持っていけば円になり球体になる。ならば玉と言ってしまえばいいではないかと思うが、現れたものが楕円球体であったら、真円の球体の玉とは言い難い。それに加え、当時の知識階層は分析する科学者たちであった。だから、コンパスや定規を駆使するその技術者集団がつけた名前がヤタであってもおかしくはない。前著では古代中東の神官層が作った知識集団が古今、世界史と宗教史を彩ったとしている。その彼らは、古代にやってきた宇宙人を神としているのだ。つまり、インベーダーの手先なのである。
こうして、宇宙人の乗り物であるUFOは楕円球体なのがオーソドックスな形として、今なおやってきていると見られる。だが、当時の宇宙人は純粋に善でありはしない。それは歴史が必然性のもとにあったと見る私などからすれば、はっきりと断言できる。今の地球の文明の1タームは、まるごと彼らの実験場であったに過ぎなかったのだ。だから、1タームの終結点がもしまもなくなら、次のタームに関しては独尊の独立国的環境があらねばならないと思うわけで、是非現下の時点での宇宙人社会との交流開始がなされねばならないと思うわけである。それも、不平等条約のような結末でなく、対等の関係が構築されねばならない。
少なくとも、私が思念を宇宙に投げかけて現れた宇宙人の乗り物UFOは、善良に出現してくれた。友達にしてくれの問いには、即座に正体を見せて反応してくれた。夢の中にも現れた。UFOビデオ撮影友の会をひょんな人との出会いで立ち上げ、あれからいろんな種類のUFOを撮影した。三角形が形を変化させるものや、オバQのような霊体的UFOもあった。スカイフィッシュなどというUMA撮影にも関与した。そのようなシンパの宇宙人もしくは異界人とおつきあいすべきであり、ヘリコプターで未開の原住民の前にやってきて、国王として居座るような宇宙人の手合いとは決別し、放り出さねばならないことは当たり前である。ユダヤ/キリスト教の元になった聖書の神はこの手合いに他ならず、放逐すべき対象だ。
今はとにかく世相が極まってきている感があり、私のすべきこととしては、対等かつ友好な宇宙人との交流がまずあらねばならないというわけだ。人ができないなら、私がやる。根気強く、待ってみることにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です