ニライカナイ(蓬莱島)とミルク信仰の琉球

メイさんから沖縄旅行の成果をいただきました。
私は行ったことがないため、いいキャッチができないかもしれません。
https://blog.goo.ne.jp/mei39mei/e/a70c25be15cb4bd8bc2acb09ceff6294
https://blog.goo.ne.jp/mei39mei/e/5401dd945739ad7adb1cbf4193b67780
が、メイさんのブログにもある、琉球の信仰の中枢にあるニライカナイとは何かと見ていくとき、
神々の住む東の島、蓬莱島伝承と変わらないのではないかの印象を持ちました。
メイさんが行かれた那覇の海辺東端にある池上宮。古い昔、この辺津宮から
桃源郷の趣の名残る久高島を中津宮とし、その先にあるニライカナイという神話世界の奥津宮を
遥拝していたのかもしれないなと思ったりします。
また、ミルク信仰は弥勒のなまったものとのこと。
このたびの一連の推理推敲の過程とシンクロするものがあり、取り上げたくなりました。
八重山方面のミルク神は、子連れの女神というのも、中国の布袋=弥勒の伝播の流れとは異なり、
面白いものがありそうです。
このたび、メイさんは波上宮の裏側の巖倉のほうに海から回られ、祭神三神の遺影を求めて
写真を撮り、神の顔が出ているかもしれないとのことで送ってくださいました。
私は心霊写真解析は得意ではないのですが、オーブの表情読みをしていることもあり、
こういう場合はどうなのかな、とトライしてみました。
上二枚がメイさんからのオリジナル写真。
メイさんは二枚目に祭神三神が出ていると仰います。
下が私が、これではなかろうかとクローズアップしてみた写真です。
ikenoueguu_ura.jpg
sinnrei.jpg
koudeha.jpg
陰影の多い岩場ですから、そのせいもあってか、顔と見れるものはたくさんある気がしました。
右の矢印のところには、二つ以上顔が出ているといった感じですか。

「ニライカナイ(蓬莱島)とミルク信仰の琉球」への9件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    ありがとうございます。
    今日はちいさいコンサートをしてきました。
    半年振りで緊張して汗だくになりました^^;
    実は私がそうだと思ったのはすこし違います。
    大きな洞穴の手と
    その真下の穴の白いひげの顔
    そしてこの一番したのお写真でちょうど切れてしまっている
    右上角のお姿です。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日もお疲れさまでした。
    しかし、このパズルは難しいですね。
    洞の中に、人が手を組んで座っており、頭部の下半分が浮き出ている感があるのは認められました。
    その右の矢印のところに色の黒い場所があり、その全体が修験者風の男の顔で、やや傾げてこちらを流し目で見てますよ。
    左の矢印のところは、三尊対象としたときに、ややこじつけ的ですが、モアイ的な顔と見て取りました。
    真下の穴の白い髭の顔と右上隅の姿は、うーん、どこでしょうね。
    もしやして、同じUFOも見え方に個人差があるように、この場合もそういうことがあるのかも。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ニライカナイ(琉球)、カーニムエイソ(南太平洋諸島)、蓬莱島竜宮(日中)は英雄浦嶋伝説で結びつくようです。
    英雄イエスのような天降伝説を持つニギハヤヒは、家系図を辿れば、浦嶋伝説を持つヤマトスクネと同一人物といいます。海洋文化圏の琉球にどうしてニギハヤヒなのか。分かるような気がしますね。
    蓬莱島の音信を携えて中国を出た徐福は神武天皇になり、彼を導いたヤマトスクネ・ニギハヤヒによって大和征服が成った。それぞれの英雄の念頭には、伝説の理想郷の夢があったに違いありません。

  4. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    奥人さんありがとうございます。いつもありがとうございます
    そう思います。
    気が付くと同じ物語を追いかけているって感じがして、今回ブログでしつこく波上宮・久高島を追いかけた気がしています。
    そもそも私が行く先々に現れるニギハヤヒ どんな存在かも謎ですし名前も伝説も変えられ 
    この2年調べて行くうちにも 多くの方が解明した?ような情報がほんとうに増えました。
    いくつもある名前がどんどんひとつに向かっているような・・
    でも いつもここに戻るけど 止まると不思議とお叱りが三次元的に来る感じですので^^;
    このまま 何事もなく通り過ぎます。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    かつてニギハヤヒについて解き明かそうとしたことがありました。
    ここ↓はお読みでしょうか?
    http://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/qbl-4.html#1
    当時の時代に存在した英雄伝説を、一身にまとって人心を掴んでいった人物と解釈していました。確かにそれなりの知識を持ち、技術化応用できる錬金術部隊を率いていたようです。
    いわば当時の魔法使いというわけですね。

  6. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    はじめて読みました。。。なんか血湧き上がる興奮と言う喩えがぴったりです。すごい・・・いつもおもうけど奥人さんって。
    なんなんでしょうね・・。
    饒速日命は自らの事績を神話に隠蔽したのではなくて、神話に示されたことを「神の計画」として、その預言完結のステップを自ら踏んで、次代の後継者に繋ごうとしたのであると結論づけたい。
    残されているものが 時の権力によりゆがめられているということは聞き存じておりましたが。
    上記のような奥人さんのご意見は目からうろこです。
    奥人さんがそうされているように、ニギハヤヒも神話を現実の神の計画としようとしたんでしょうか
    英雄ですか?
    う~ん 私の感じているニギハヤヒは・・・
    とても愛にあふれ 自分の食べる分も分けて与えるようなやさしいお方でした。(夢でのことですけど)

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ニギハヤヒも神話を現実の神の計画としようとしたんでしょうか
    きっとそうでしょう。
    神話の役柄を何通りも一身に受けて、神話の成就のために雛形として生きた人だったのでしょう。
    性格的には愛情溢れる人格者でも、大目的のためには徹底できる魔法使いだったということです。
    平将門も性格は彼と似ていたでしょうが、大目的をそのために折ってしまう徹底のなさが敗因だったことになるかと思います。

  8. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    ニギハヤヒを追ううちにアマテラス=ニギハヤヒ
    これが一番大きな名前ではないかと思っていました
    今朝アルクさんのところを見るとそのように書いておられました。
    昨年ニギハヤヒは出雲からこの地をとおり、西から東に向かう姿を感じ 夢に何度も現れました。
    あ~イワト開きがあったんだと思いました。
    イワト開きのために意識を集中しているのは、そのころ私だけではなかったんですが、この旅立ちの頃
    ご縁あるとそのころ思っていた方々に同様な不思議なことがあったのを覚えています。
    全員女性でしたから、きっと男神さんに間違いないと そしてニギハヤヒだと だからイワトを開いて出たアマテラスは男神さんニギハヤヒと感じました
    いつも彼が動き出す頃、縁者は何かしら感じるような気がしています。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ニギハヤヒはアマテラスの霊威を帯びようとしたかも知れません。当時の英雄イエスをも自分の中に取り入れたほどですから。あるいはヤマトスクネの側面からは英雄浦の嶋子を取り入れてます。
    こうやって大衆を味方につけながら、自らの中に神霊と霊験を蓄えて、魔法を強固にしていくわけです。
    しかし、当時のニギハヤヒ/ヤマトスクネがしようとしたことは、大和による国の統一でした。大和のやり方は、現在の覇権主義者と変わるところはありません。そしてバックには同趣旨の秘教組織がいました。ニギハヤヒも組織員。
    もしニギハヤヒがその手段の非を悟ったなら、あるいは自らが歴史の開始者を担ったという自負があるなら、今度は覇権主義者と秘教組織の歴史に終止符を打つために現れてもおかしくはないですね。
    私はその方針を持って顕われてきていることに期待しますし、きっとそうでしょう。岩戸開きは神界の混迷と禍事を取り払うことを意味しますから。その後に地上界もクリアーになるわけですもんね。
    しかし、すごい夢を見ているんですね。
    何か役割を持った巫女さんであることは紛れもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です