成相山成相寺成合観音縁起

どこのHPを探しても載っていない丹後の天橋立にある成相山成相寺成合観音の謂れ。
パンフレットにしかその伝えを残していないというのは、いかにも残念というしかない。
この中には、地球上に人類が初めて登場したときのことが書かれている。
手元にそれがないので、憶えているままに書くのであるが、
その昔、地球上には人間がまだおらず、龍神たちが支配していた。
ところが、天上の神々がこの地に人間を下ろしたいと言ってきた。
龍神たちは、そんなことをされたら秩序が乱れるのではないかと、抵抗を示して暴れまわった。
そこで神々は、当時インドで名を馳せた文殊菩薩に、龍神たちの教化と懐柔を依頼した。
文殊菩薩は、これを快く引き受け、丹後に龍神たちを集めて、説法をして改悛させ、人間に思いやりを持つことを諭した。
いたく感じ入った龍神たち。そのお礼にと、みんなして土を運び、天まで続く回廊を築いたのが天橋立。
長である弁財天と共に人類擁護の誓願を立て、弁財天を中核にして龍神たちが合体して、一体の観音菩薩となった。
これを成相観音という。
これが天橋立の二つの極に、それぞれ成相寺成相観音と智恩寺文殊菩薩が鎮座する構図となった由緒である。
だが、文殊菩薩は、今の有様を見てどう思っているだろうか。
果たして、してきたことは良かったのかどうか、
むしろ教化すべきは人類のほうではなかったかと、
悔いておられるような気がするのである。


智恩寺のすぐ傍の石材置場のあたりに、かのホツマツタエに書かれる、国常立神(豊受大神)の宮津の執政地があったとされる。
当時そこから、国常立神は鳳船に乗って、世界を巡行されたという。
理想の世界統治がなされていた、良き時代。
あれから世は移ろい、善政適わぬ時代へと進んでいった。
様々な太古の神話伝承が交錯する丹後。
浦嶋伝説。ヤマトスクネ伝説。酒呑童子伝説。
そのような地で私は、神話的位相の磁場を浴びながら、生を受けたような次第。

「成相山成相寺成合観音縁起」への9件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
                   ,,.r” ゛~~` ”ッ,,       
                 、   ,,,,,,,,,Ω,,,,,,,ヾ.             ,.、   / /
                  ミ  ミ゛ 彡三ミ  ミ ミ             .. | |l   l ,´
                ミ   ミ, _,,,,,.ハ、,,,,,_ ミ ミ.    .    _-、i::| |ニニii ‘
            、,,,,ツi:   ミ´´‘` | |´‘``ミ ミ        /,‐ヽヽ`、||
          、シ``   i:   ,ゞ、 , J レ、  ミ ミ .      .( .〉〉/
         シ  //    ミ`l ./\_,/ヾ .ミ "、何 か?  ./  ノ
        ミ/ シ        彡 !trrrrrry| ミ ミ,,      ,r’´ ,,、’゛
       ミi. /  /      ’ !w`~^’ vwv ‘、ミ  ミ      〃 .ミ
       .ミ /     i
            しまった。人間でねえこと、ついバラしちまったよ
                今日はこのバージョンで、どう?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    形くずれるから、やっぱりこっちか
       (ヽ-―-/.)__
       i’      i   ゙゙̄”’‐、
        |  ・   ・  |      ゙” 、
       /l  ●  .l ヽ      i
    .  | `ー–―´  |   __,   |  おはよう
      |            |/     |
       l   lーl.   /      ./
    ,,,,,,,,,,,|  /l,,,,|  /,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,
       ’ww’  ’ww’  ,,,,,,,,,,

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pです。
    ホツマツタエの神々については、ユニティ・デザインというところの竹内さんという方が、しきりにその神々からメッセージを受けて、全国行脚がどうしたこうした、などという活動を一生懸命されておられます。その竹内氏自身は、ヨガ行で地震予知の能力を感得したとのことで一時期警告を出されていて、的中させたことがあり、その筋では結構有名になりました。何度か予知を外されて(もしくは祈りで沈静化した?)以降現在は、控えておられるようです。
    占星術的に水瓶座の時代を迎えているという今の時代、全体的傾向として個々の啓発的事象が起こるのは、わかるのですが、一体どの神が何の役割なんだと、真剣に考えているとよくわからないです。
    今は、どん詰まりの時代になったが、やはり究極の神は、魂の修行の場として人間に地球をお与え下さったと感謝すれば良いのではないか。創造神にしてみれば、人間は、ああ、やっぱり壊したな、堕落したな、しょうがない奴だと。リセットするか建て替えするか、どうするか協議中なのではないでしょうか?普通の人間としての修行なら、もっと中世とか持続可能の時代に生まれてきたはずなのですが、今現在生を受けている我々というのは、少し意味づけが違い、だからこそ、UFOを見たとか、神秘体験をしたとか、神々と共に地球に関与している、という魂がごろごろ出てくるのかなと。
    死ぬともっと多くのことがわかるかもしれませんが、生きている内でも諸説・諸法・諸宗教の真偽が全て明らかになるかもしれませんね。そこに期待しないとやってられない時代でもありますが。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まず、人間は1000兆円という言葉は簡単に使いますが、
    1000兆個いる有情のことはまったく関心ありません。
    地球上で数え上げられる個体だけでそれ以上居るはずです。
    そのうちの65億個が考慮されて、残るほとんどが一考だにされない。
    そのような信仰があるなら、それだけでやってはったらよろしかろうとなります。
    所詮ジプシー人類、どっかの神についてどこへなっといかはったらよろしいということになりませんか。
    何の神がどうのとみなさんは仰るが、名前をつければ、何かわかるのですか。
    要は分類して、人工的な範疇に当てはめて、こうでなくてはならんと勝手に思いこんどるだけでしょう。
    少なくとも地球上の神々は、ベルトコンベアーで生産されるようなやり方が大嫌いです。
    みなさんの神々については知らんことですから、どないでも定義しはったらよろしいし、見込んだように、助けてもろたらよろしいんです。
    それから、虫型UFOとか言ってましたが、あれは昆虫です。
    地球上にそんなのがいないなら、異界の昆虫です。
    六本の脚と二本の触覚をつけて出てきてるのに、どうして人間は、自分勝手な識域下に押さえ込もうとするのか。
    その限定が、どんどん視界を狭くしていることが分かってないんです。
    いつまで経っても理解できない種族だわ。はよう進化しなはれ。
    Pさん、せっかく書いてくだっさったことは、感謝します。
    ちょっと今は、動物の想いに浸りたい時なもので、こんな返事しか。
    人間でないという虎馬が出てきとりまして。
    すみません。m(__)m

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    森のくま 様
    早く人間 奥人様 に戻ってください。いやどっちでも良いですから、楽しんでください。シンクロかもしれませんが、今 伊勢-白山 道 という人気ブログの過去記事を早読みしておりました。とにかく感謝しなさいと。神は色々あるけど、国によって名前が違うだけじゃー ガオー(熊だけに同調して) のような話を読んでおりました。先祖に感謝せーと、先祖はだどっていったら、イザナギとイザナミでしょと。そしたら皆に感謝することになるって。シンプルで良いなーと。複雑に考えてもしょうながいし、暫く私も 熊のPさん(ぷーさんじゃない!)にでもなるか。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    人間の条件
    ① 物事を分類しカテゴリーに当てはめ、そこに格納し、いつでも新しい物事が発生したときに備えて、検索できるようにしておける者になること
    ② 社会的に高評価される対象は、①の能力を鍛え発展させる者
    ③ ①の能力の獲得発展のためには、補助機械を用いてもよく、そのトータル性能の良さによって高評価される(補助機械とはコンピューターなど)
    とすれば、人間という存在よりも、一足飛ばしでコンピューターを作ったほうがいいのではないか。
    まだ今は、コンピューターにAIや自己制御能力がないから、人間が必要になっているだけ。
    とすれば・・・
    いずれ人間は社会からお払い箱になるだろうな・・と動物の目からは見えてくる。
    そこで疑問だ。
    人間はそんな自分たちの未来を分かってるんだろうか。
    どうせ短命だから、問題は先送りして、子孫の課題にすればいいなどと考えているのではあるまいな。
    どうも、そこまですら分かっているような感じもしないし。
    このくまは、人間になりたいかと問われたら、きっと二の足踏んでしまうよな。
    しかし、人間が宇宙に行くためのゲートになっているとすれば。
    「いや、そんなCMが流れてまっせ」
    それでみんな、われもわれもと押し寄せとるんかいな。
    お陰で、人間ばかり増えて、車が溢れかえって危ないこと。
    あいつら、元タヌキやったこと、分かってないんとちゃうか。狭い道、とばしくさって。
    そうか、しかし宇宙旅行だもんな。
    考えとこう。
    こうして、動物辞めて人間になった奴も数知れず。
    ずいぶんな予想との違いに、おかしゅうなっとるらしいとか。
    森のくまの奴も、およそそんなことかも知れんなあ。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん、お越しやったんやね。
    知らんと、続編アップしてました。
    といっても、メルヘンですけど。
    その節は、どうも申し訳なく、ありがとうさんです。
    人間に戻るには、いっぱつ記事に「とらうま」表現をせんと難しいかも知れませんなあ。
    やってしまいますわ。

  8. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    森の奥人様
     丹後の国は昔々は大きな湖のような海のほとりの津が多くあったのでしょうか。私の勝手な感じでは、天の橋立の名は、そんな内海にかかる橋の感じがします。
     地殻変動後、切り立った断崖が現れたのでしょうか。どんな歴史があるのか確かに見逃されているような感じです。農耕文明以前に栄えた地域であるのでしょうか。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    地質学的に過去を辿ると、真実は見えてこないかもしれません。
    過去になるほど、神話の時空間とこの時空とが重合しています。
    だから、現在の地名は残れど、過去においては亜空間のようなところを指しています。
    その昔、天への架け橋として作られた天橋立が、神話空間との分離が起きたとき、この時空に投射して海面の砂州となりました。
    要は、高次元のエネルギー物体が、ポテンシャルベクトルとして地上に投射した部分が現実の地形となっているのです。
    その後、神話空間は閉ざされてしまったわけではなく、感じ取れる人の前には実際に姿を見せています。
    神話空間にも歴史はあり、その中でどのような文明があったかは、いろいろと伝えられているところだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です