瑞祥の時代

瑞祥とは、吉凶正反まだらの事象のことを言う。
ちょうど中庸の水面に、波風を立てて、波の高きにある者を低くなった者すべてで支え、虚空へと飛ばすに似て、自ずと行き先に高低が生じる習い。
それぞれが、それぞれの受け持つ役目を果してこそ、瑞祥を迎えることができる道理となる。
そのために、敢えて邪悪の範たる者もいただろう。
そのために、身奇麗にして精進を重ねた者もいただろう。
人類はおよそが地球を出て、ジプシーの道を進むことになる。
しかしそれは、生命の種子を風に乗せて運ぶように、人類の種子を他の惑星や異次元時空に送り込むことでもある。
UFOが介助せずとも、単身魂となり赴くこともまた冒険ロマン。
時は間もなしと告げる人たちでいっぱいになった。
時節柄として、こんな思いつきを書いてみた次第。

「瑞祥の時代」への10件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pです。
    私ばかり連続してのコメント恐縮です。
    瑞祥 味わい深い言葉ですね。
    それよりも 奥人様 の大乗仏教のような
    考え方、とても共感できます。
    とてもほっとする文章です。
    親鸞の悪人正機説を思い出します。
    善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。
    今の時代、悪事の表面化が著しいこと
    その悪事が取り返しのつかない事態を
    次々に起こしていることで
    限界を迎えているような気がします。
    柏崎原発で、東京電力が 悪い 悪い という
    だけどその原発の発電で暮らしている
    自分がいる
    じゃあ、自分が文明的生活を止められるか
    止められませんと
    悪いのは自分じゃないのかと
    思ったりしますが
    自分も含め、悪を演じている側を理解し
    無限の愛で支えることが限界に来ているのかも
    しれません。おそらくこれは
    物理的にという意味とカルマの問題で
    です。
    未だ、前向きに念じることで開けるとする考える方を見ます。それについては、一定の理解を示したいと思います。2012年についての捉え方もそうですが、自分の人生を振り返ってみて
    良いことも悪いこともあったが
    必ずしも良いイメージをもって、未来が自分の思うとおり打開できたわけではないはずです。
    これが宿命ではないでしょうか?
    地球という霊性修行の場も、歪みが来て
    建て替える時期が来たのかなと
    今は個人的にそのように捉えております。
    >それぞれの道に相別れていく
    >逢坂の関のような場
    この時代、シンクロ したり
    偶然言い当てたり
    出会いがあったり
    そういう良い面もあると思いますが
    私は実は、上記の
    逢坂の関の近くに住んでおりますので
    大変驚きました。
    以上感想まで。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは奥人様。せっかちな私でごめんなさいね。でも、奥人様やここの方達は皆さん高尚な方達ばかりで、本当色んな事を沢山聞いて勉強したいんです。もう、私ってば知識なさ過ぎなので・・。(泣)皆様、こんな奴ですがどうぞ、宜しく。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おお、シンクロ。偶然とは言いがたい導きのようなこと。
    私の考え方の土像は、おおかたシンクロの粘土が貼り付いているようなものです。
    とても共感できることをお書きになっているので、安堵感ゆえに書く言葉がありません。
    私の思いも、まさにそのようなことです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    イシスさん、ほんませっかちやねえ。(^^;;
    いやいや、とてもいいことなので、わんぱくにふるまってくださいよ。
    私も共に勉強させていただきます。
    よろしくね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
     奥人様、皆様 
     何か災害があったときには、我々社会でも救助隊が駆けつけます。宇宙規模でも同じでしょうね。ただ宇宙規模の場合は、事後でなく事前となるのは予想できます。また平面の救助活動でなく3次元以上の救助活動でしょうか。
     そのような特殊な場合は、隣村のことは介入できない掟だ・・等とは誰も言いますまい。ましてや「おらの村だーつ」と無理に居残りも出来ますまい。財産や地場への執着に束縛されている場合はどうしようもないかも知れません。
     心身とも軽量化していれば、介助側も楽ですし、当事者たちのショックも軽いものでしょう。
    緊急避難の宇宙的体育館もあるでしょうし、しばらく非難生活もあるでしょう。反省等の時間もあるでしょう。これらは肉体レベル、アストラルレベルでもあるでしょうね。
     天にあるごとく地にも。深遠な言葉に、軽い考えの応用ですが、そんなに解らないことでもないのでは?
     気楽に精進するのがいちばんだとも思えます。イザトいうときは、宇宙の同胞を信頼するのもいいことでないかと思います。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そういうルートのあることを期待いたしましょうか。
    もともとここもUFOから始まって、いろいろ冒険していますが、さいごは宇宙の同胞にお願いできるようなら一安心ですね。
    地にある如くが天に・・地上の応用ですね。馴染みやすそうです。(^^;;

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今日、ふと思った事を書いちゃいます。私はこの愛しい地球の最後がもし来たとしても、この地球の最後を看取れるとしたらとても幸せだと思うのです。最後を看取れず、ただ、弱っていくたまちゃんを尻目に死ぬのはただただ悲しい。この蒼き惑星と一緒に宇宙の塵になるのも良いかもね。でも、出来れば青い空と緑の大地に抱かれ、風の中に包まれたいなぁ。が、イシスの理想です。ごめん、皆様どうかスルーしてやって下さい。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    噂では千の風になれるそうですね。
    赤茶けた砂漠化した地球を吹き渡る風では情緒がないようなら、太陽風とかもまたいいかも。
    空間にぷかぷか浮いているのがいたら、私かもしれないので、声かけてください。

  9. SECRET: 0
    PASS: 1d782b3ceeac6fa5ae1bd1323b1adedf
    >吉凶正反まだらの事象
    来るようですね…
    ~8までのコメントと思いっきりズレますが、
    朝青龍は横綱をクビになり、織田信長の末裔は
    栄誉の道を歩めず、(悪いことばかり(TдT) )
    挙句は、命を懸けて、国家権力と戦って
    勝ち上がったはずのTY町の新町長は挙げられた
    人たちに引きづり降ろされ、田舎の町はまた
    核の脅威に晒される…

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    吉凶正反まだらとは、人間万事塞翁が馬というより、人間の関わる物事は、万事が馬くいくことはないということですかね。
    変な洒落になりました。(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です