播磨のミステリーサークル(平成3年5月に出現)

c_inami_p10.jpg

c_inami_p11.jpg
[写真提供 稲美町役場企画課]
地元にミステリーサークルが現れたことを初めて知ったのが2000年。
これは面白いと思い、役場に取材してネット公開したいことを申し入れ、資料を入手してホームページに揚げたりしました。
その後サーバーを多様化してから、読者がけっこうおみえだったように思います。
<平成3年5月、兵庫県加古郡稲美町に国内最大級ミステリーサークル出現>
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/watch/myscircle.html
あの大槻教授も事件直後に現地踏査されたところ。
プラズマの為せる技と結論されたかどうかは事後譚ゆえ分かりません。
私はその方向に進化したプラズマ生命体もありうると考えますし、実際に飛行するビデオ映像も撮れています。はじめはすべてUFOに分類していましたが、後にスカイフィッシュに変えていったものもあります。
能登大地震の時点の振動している屋外映像にも、初期に放送されたものには、それらしいのが映っているように思いましたが、再び見れなかったですね。(モーションブラーした蝿などの可能性はあります)
高度に進化し意識を持ったプラズマがミステリーサークルを作ったとしても私はOKですが、しかしここはやはり、UFOがメッセージ性を篭めてやらかしたと思いたいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です