初夢らしく龍の夢

弱小かつ病態なるものでも、夢見の世界においては広大活発な経験をするものである。
それは知られざる世界における栄光であり、いかなる立場にあるかを垣間見せてくれているような気がする。(僭越やなあ。でも明日をも知れん病人やで許してなー)
本日、2007年1月14日未明、午前四時台の夢である。
私は小さな四角形をした家の二階のまん中に居て、北と南の開放された窓から、うろこ雲漂う昼間の明るい空を眺望できる状態にあった。
南の空を見ていると、どこからか降りてきた雲が長くたなびき、消えることなく、我が家の上空を反時計回りに旋回し始めた。
見れば、龍のようであった。雲によってできた龍。雲竜とでも言うのか。一周目のときはまだそうとは気付かなかったが、二周目となって、これは龍だと気付いた。
我が家の北側に回ったとき、それはありありと馬のような面構えをしており、夕日を浴びたか心なし赤みがかり、後ろが長く流れて、ところどころうろこ雲のように切れつつも、尻尾らしく従っているのを見た。雲が龍の形を形成して飛んでいるのだ。
方向を変え、南側に回ろうとしたとき、私には龍の顔が正対して見えた。眼光もありなかなかの面構えだが、どこか優しい感じがする。
屋根の上すれすれに南に回ろうとして、尻尾が屋根に触れた瞬間に、じゅぼっと水がかかったような音がした。どんどん接近してきている。もしかして、私を探しているのか?
龍はまた南から北上を開始。再び北面から南を窺おうとして正対する格好となったとき、もう龍は目標を捉えたらしく、北面の窓めがけて飛んできていた。
そして、閉められた窓をひげでぴょこっと開けると、もろに部屋に入ってきて、私の身体めがけて飛び込んだのだ。
うわーっ!! 私の中に入っちゃったよ。合体したようだ。
この光景は近所の人も見たようで、家の中に入ってきたおばさんや少年らが、私のほうをすごいといった表情で見つめている。そこで私は拳法のように腕をぐるっと回して英雄ウルトラマンのポーズをとった。どんなものだと。そのとたん、夢から醒めたのだった。何だ。夢だったか。
久しぶりに見た夢。腕の痛みや不整脈でさほど眠れたものではなかったときに、ようやく見た正月らしい夢だった。
もしや奇跡が起きているかもしれないと、腕の痛みや心臓の不調が治っているかどうか調べてみた。だが、そうは問屋が卸さなかった。
雲でできた龍。色からすれば白龍というのか。
ネバーエンディングストーリーに出てくるような。
千と千尋の神隠しのハクみたいな。
どうかいい年になりますよう。


こんなことは、20数年前にUFOに眼の中に飛び込まれて以来のこと。
先日の金正日の側近になった夢よりどれほどましか知れない夢見だった。
それから二日後十六日の未明の夢だ。
一つ目は危機一髪といったものだった。公園らしきところに居た普通の男のように見えた者が実は変質者で、私を眼光鋭くじっと見据えて近づいてくると、いきなり押し倒して馬乗りになり、急所のタマを握り潰そうとしたのだ。私はやにわに夢から覚め、このままやられているのでは駄目と、対策して再び夢に入って、これをみごと退治した。その方法は猛禽類的なえげつないものなので書けないが、夢見の戦士は、夢の中で窮地を迎えたなら、夢の中でそれを解決してこなければならない。これは悪夢を見た人にはぜひお薦めする。
変質者を退治して夢から脱すると、何かあそこに鈍痛がする。触ると、タマ袋が小さく引っ込んでしまっていた。
現実の巷では、毎日のように陰惨な変質的猟奇事件が発生していたが、夢の世界においても変質者が出没するとは。ああ。
ゲンが悪いため、夢の見直しを次に行った。
導入のイメージングは必要なようだ。
昨来胸に飛び込んだ雲龍を懐に呼び出し、愛撫しながら眠りに入った。すると、夢の中になんと彼女が現れたではないか。
そして私にとって最も輝かしく、すばらしい夢となった。
彼女は白のワンピースを着ていて、空を指差している。
わずかな隙間から見える白雲が散見できる青空があった。
天井の板屋根の一部が破損して空が見えていた。
彼女が指さなければ、夢の中で空など見られたかどうか。
さらに彼女の上を見上げる横顔が神々しく輝いたかと思うと、
私は共に明るく自在な空に浮かんでいた。
私は彼女の表情にうっとりしながら抱きついていた。
彼女主導で、共に飛んでいた。
そのとき、彼女が言った。
「鳥には空がほしいでしょ」と。
そうだ、鳥だったんだと気がついて私も羽ばたき、
上空に向かってどんどん上がった。
あとは二人の身に起こるべき一連の手続きなのだろうか、
よく聞き取れなかったが、楽しげな二人の声が青空に飛び交っていた。
夢から醒めた。そう、私はそれまで籠の中の鳥だった。
ようやく雲龍である彼女によって籠の外に出られたと思った。
それから三日も経たない未明の深夜。ふと目が覚めたとたん、いきなり幻視だったのだろうか、ベッドの脇に泣き腫らした顔をした修道女姿の彼女らしい者が私の顔を覗いていた。
私は「おい。どうしたんだ」と、てっきりそれを彼女だと思い、ベッドに寝かせてやった。むろん意識の身体のため、感触はない。しかし、手厚く保護した。そして、事情を聞いても何も答えないので、翌朝からは彼女の身に何かが起きたに違いないと、気をもむ日々となった。だが、その後彼女には何事もなかったことが分かった。
それで、あれは誰だったのかに関して思索するに、どうやら地球の精ではないかとの結論に行き着いた。私は、この現実の立脚地である地球のことをあまり考慮に入れていなかったのだ。
それからは、数日間毎晩のように、地球の精を抱っこして寝た。
ところが、ある日の白昼の風呂場でとんでもない目に遭った。
まるで浴槽に吸い込まれるようにすべって、頭から突っ伏して、湯に溺れそうになったのだ。それだけではない、風呂の縁で胸を強打して、肋骨が折れてしまった。
これにも理由があった。私は弁天の分霊の化身と契っているため、別の女神を相手にしたことを咎められてしまったのだ。
いやしかし、これは自分の中でどういう噛み砕き方をするかにかかっている。修道女を彼女であることと判断した筋書き作りをすれば、それでいいのである。
このため、地球の女神という愛し方は私にはできないと判断。地球を取り巻く海の神の化身という認識の仕方をそれからはとるようにして、ようやく肋骨は治癒していった。
しかし、地球はあのときの愛情に答えてか、穏やかな何事もない日々をしばらく顕わしていたように思う。
行き着いた結論はこうである。
地球はそうと分かるイメージングをして、心ある者の個々が優しく愛撫するようにすれば、必ず元気を回復して、そこに住む生き物を助けてくれるに違いないという確信である。
だから、誰でもよい。心あるみなさんが、この瞑想を行ってもらいたい。世界平和の祈りは、その中にひとりでに含まれている。
経緯の詳細は新神話第十一章(直リンク不可のため、いったん中間ページに入って指定してください)に。これは私が実際に経験している神話とも言える世界です。
(この赤記部分の記事だけは四月初頭に行う)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。