卐αΩファセ 太陽の光 ダビデの星 顔つき上弦の月 赤丸 ラテン十字 卍白烏鷺 風柱グループミーティング

天照神情報2017年版

5月3日、午後8:26
望月先生
先程の夢の件です

>2017年10月15日金曜日早朝にみた夢です
宇宙に生身で隕石のような岩の上に立っています
何故か風が吹き、正面から虹を纏った白龍が迫って来ます
その白龍は私の前を横切り通り過ぎると、また折り返し戻って来ます
その時目が合うと白龍は隕石の下方へ泳いでいった

これだけだと単なる夢のようですが、当時スピ系の方と考察してましてその時に饒速日に関係あると言われました
封印されていて、気付いて欲しい
解放までは期待してないけど?とにかく気付いてくれる人が多くいて欲しいと。
その夢も檻のような所からなんとかアピールしにやって来ている
と言われました
みゆき

美しき緑の星の民・縄文人には辛い試練ですねえ。大昔から侵略が重ねられていたのかと思います。いよいよ連中の最後の仕上げといった感もあります。が、心配御無用。地上界はサタンとその眷属にくれてやる尻尾。清らかな縄文の民は次元上昇を目指します。この辛い刺激がなければ、達せられないこともあります。きっとね。

午後8:33
2014年は双子がお腹にいる時でした
バタバタしててあんまり気づかなかった

私的には2012年の夏頃だと思ってます、世界が変わったのは。
ちょうど上の子を妊娠中でもありましたが当時ある界隈では、もう世界は滅んでいて皆んな死んでるという話でした
それが2012年夏頃の話です。
当時の私の夢は北斗の拳の様な世界観でした
めちゃくちゃリアルな夢を頻繁に見てたので覚えてます
同じ様な夢を見ている方はいた様でした
みゆき

午後8:39
null
因みに夢に出た隕石と同じ形をしたものです
みゆき

午後8:50
では、お子さんが三人おられるのですね。まだ小さい。おそらく北斗の拳のようなタイムラインもありえたでしょう。日本は大丈夫かといった時期でしたから。しかし、何かが良い方向へと改善させたように思えましたね。たぶんその夢は置き去りにされたタイムラインであり、それとは無関係の世界にすでにおられるのでしょう。今後もそれはありますよ。それが次元上昇というものかとも思います。徐々にそれは起きていて、なかなか区切りとして感知できるものではないと思います。

この隕石は夢の中でどういう関わり、働きをしましたか?

午後8:55
上に乗っていただけですね
他に誰もいない
乗り物なのか、いつのまにかそこにいました
みゆき

午後8:56
無意識なのか夢か定かではないですが、強引に世界を動かしていた感覚というか記憶があります
妊娠中は敏感になるという事も加味しても変な感覚は未だにありますね
みゆき

午後8:59
簡単に説明しますと、この天体はオウムアムアと名付けられており、2017年に話題になりました。その実体は宇宙船だったとのことです。しかも、10億年も前に滅んだという古代ビルダー種族の乗り物とのこと。これはコーリー・グッドが語った話です。実際にSSPの船でそこに乗り付け、ハッチを開けて中に入り、水棲人類の遺体をみつけたとのことです。なぜこの時期にそれが現われたのかは謎ですが、この種族はまさに宇宙の星々に生命の種を撒き、文明の萌芽の育つ下地を整えてきた種族です。美しき緑の星を作り育ててきたのが彼らだったのです。

午後9:06
15年?位前に、レイキか何かしている方から私は地球創生に関わっていた天使?の一人だと言われた事あります
そのうち思い出すとも。
まだ思い出せてませんが
みゆき

午後9:16
彼らは新参の獰猛な種族との戦いに負けてどうなったかは不明です。が、次元上昇を果たして6~9次元密度の存在になった種族が同じく古代ビルダー種族とのこと。彼らはもう実体を持たずこの3次元密度の様々なトラブルから超越した存在となり、この世界に関わる必要はないのですが、今回、2014年末ぐらいから派手な活躍をして、邪悪なドラコ・河馬流連合をあっさり打ち破り、邪悪な側は恐れおののいて内紛にまでなったようです。彼らは我々の次元上昇を支援するために来たようで、長い期間がたとえ必要でも、うまく調節することになっているようです。オウムアムアはそのような先触れとも思えます。みゆきさんはそれを呼び込んだのかも知れません。これからを家族のためにと考える心が古代ビルダーに届いたのかもしれません。いや、あなたがかつてそうだったのかもしれません。

午後9:18
ちょっと驚きすぎて震えてます
みゆき

午後9:20
古代ビルダー種族は、過去の大戦で負けて、封印されたようです。そのときに神にされたり(封神)、人間にされたりして地上に輪廻しているとの情報もあります。そんな中に、国常立神や天照神がいて、彼らも森羅万象を整え、とされたように古代ビルダーの残存者だった神々です。

みゆきさん、今日は一日ご苦労様でした。もう休まれては如何でしょう。

昨日、午後9:47
はい
遅くまでありがとうございました
みゆき

午後9:48
null
おまけだけ。この絵は、神戸の住吉山手の上にある地獄谷で目撃した龍(の子供)です。はじめはなんじゃこれと思っていましたが、半年後に別人が同じ場所で遠くを飛ぶ様子を写して、写真を送ってくれたため、それがイモリのような種族のオタマジャクシとわかりました。同時目撃したベテランのS氏は、これが龍神さんだと言いました。しかし、どうもまだオタマのようです。

午後9:55
おやすみなさい

午後9:58
龍の赤ちゃんですね
そのタイプの龍もいたと記憶してます
今日は本当にありがとうございました
おやすみなさい
みゆき

午後10:01
あっ!オオサンショウウオに似てますよ
今度こそ!おやすみなさい
みゆき

午後10:03
私からももう一丁。あのアストラルトリップする方も、龍はウーパールーパーみたいだと、アストラル界から見た龍の姿を報告してくれています。

午後10:11
そうかもー
夢の白龍も
ドラゴン
←のタイプじゃなくツノがない鱗も?
けど細かい産毛があって、それが虹色でした
地球上で育ててた龍は
ドラゴン
のタイプなんですよね←前世の記憶です
あー
止まらない
みゆき

午後10:15
後日改めてお願いしまーす!
口を開けて笑っている顔
みゆき

5月4日

さて、みゆきさんが述べられていた
>封印されていて、気付いて欲しい
>解放までは期待してないけど?とにかく気付いてくれる人が多くいて欲しいと
と同じ内容のことを、私も2014年3月に見つけました
ネットサーフ中、とある神社宮司氏の記事が目に留まり、最初に出てきた画像が拙著の表紙のトリミングだったので、ええーっと思い下に辿っていけば
https://ameblo.jp/nishie-eryuu/entry-11746194353.html
>封印を解いて欲しい。
という何者かの意志でした。

と赤の太字で出ているわけです
さらにもう一度同記事の中に「封印を解いて欲しい」と出てきます

午後9:27

この宮司氏は亀と龍の印章を持ってる感があり、私が鶴と鳳なものですから、いい相性なわけです それを期待してお付き合い願おうと、元伊勢ツアーの下見案内をさせてもらったんですね しかし、世代ギャップとプロ意識もあってか、なかなか難しい 結果、彼からの情報だけがいただけたのでした
午後9:36

国祖神様の封印解除のミッションと目されるものは2000年にMOAの信者で霊能者の女性から受けていまして、この彼女の開運のために手助けしたときに不思議な験が現われたため、私なら解除できるのではないかと見込んだようです どんな験かと言えば、手助けしたその時刻から216時間後(九日後)に鳥取西部地震が起きたんですね 2000年10月6日で後で調べたら、旧暦の九月九日ひのととり、震源地が鳥取の日野ということで、九のゾロゾロ目と火の鳥がキーワードとして得られたんです どうです、これだけで「煎り豆に花が咲くまでは出られない」という呪詛が解除できる気がするでしょう 火の鳥はマグマに飛び込んでなお甦るとされる霊鳥ですから それで意識的なシミュレーションを解除儀式としてやりました そして、もう解けてるでとこのMOAの女性には豪語していたんですね

結局それは単なるぬか喜びだったようで、2014年3月に封印はまだされてるで、というアラームメッセージを見ることになり、4月に上記幾何学構図を見つけるといった流れでした

それで翌月(5月)1日から解除儀式をしました 都合3回の解除儀式の翌朝3日未明に神世からとみられる司法係官がこのたびのことの説明を・・
神世では事の次第が知れ渡り浄化された 良からぬ者たちは捕縛されたり遁走下野した 下野先の地上界は荒れるだろう もし地上の浄化もしたいなら神世での不祥事が説明され理解されれば叶う といった話で、私にできるかなといった思いでしかめっ面で聞いていたようなことでした
そのときの備忘録がこれです
https://red-avian.info/n-myth/yumemi.html#23
午後10:01

(この夢の中で聞いた”もし地上の浄化もしたいなら神世での不祥事が説明され理解されれば叶う”といった話と、みゆきさんの聞いている話が似ていますよね)

この係官の夢の検証として、やはり地震が験として現われておりました 5月3日の午前10時頃からの飛騨地方での群発地震、さらに5月5日5時にはまず珍しい千代田区の最大震度地震 下野先として顕著な気がしました その後短期間をおいて封印されてたらしい神さんがたとみられる夢を見ました それが翌年2015年の9月まで順当な岩戸開けの兆候を見せながら推移していたのでした
午後10:09

しかし申し訳ない 2015年9月23日に、集合意識が主導する世界線と袂を別って、私は大建て替えへの小道を行くというふうに設定していたのです 天照神の依代さんとの連絡が不通になり、確かに分離感はありました しかし、ついこないだ、依代さんと連絡がつき、また会いましょうと約しました つまり世界線が接近したわけですね するといろんなことが変化してきますよね
null
午後10:16

仕切りなおしといったことも必要になるのでしょうか みゆきさんのお知り合いからの情報で、また封印を解いてくれとメッセージが・・
饒速日に関係あるとすれば、依代さんにも関わること 天照神=饒速日であるわけですから
午後10:21

しかも、>解放までは期待してないけど? というところに、もしかして天照神からのお叱りが感じられて、今度ばかりは抜かりなくやらねばと思っているような次第です むろん私が力量不足なら、力をお貸し願えたらありがたく思います
午後10:26

当時のメモを見直してみました
真実を知って欲しい
とも書いてありました
もしかしたら封印解除もそうかもしれないですが、真実の追求や周知を求められているのかもしれないと思います
望月先生が封印解除をされてるのに仕切り直しというのが腑に落ちない
私の夢のメッセージの封印を解いて欲しいは、情報の開示なのではないのかと思います。
みゆき

午後10:28

望月先生が力量不足なんて
そんな事無いです
私なんかだとカスですよ
みゆき
午後10:30

真実の情報の開示、ですね
みゆき
午後10:31

そうですね 日月神様(国常立神)もすべての乱れは神世からと仰ってるし、私も封印解除の大半は真相の解明、謎解きと思っています 解除儀式はそこにちょっと力を添える程度と思っています それにしても、難しいのです 私は多才ではないし、真相解明の資料も作ったのですが、検閲されてるのか、ボットしかやってこないのです

謎解きはセンスが無いと出来ないような気がしますよ
感覚派の私には到底解けませんよ

白龍=自分
とは考えた事は無いですね

同族という事も。
ただ前世で龍を世話する?使役する一族に何度も産まれていて、5次元のハイヤーがその一人です。
みゆき
午後10:43

小さい頃に何色もの龍が沢山いる水族館のような所にいて、それらを見ていたという夢を見たり
みゆき
午後10:45

天気に恵まれる事はよくあります
が、〇〇式という大事な日は天気が優れなかった
先日も雨降っていたけれどモーゼの墓に行き、いざ向かうと雨が止み、帰ろうと車に乗り込むと雨が再び降り出す
そんな事はよくあります
みゆき

午後10:48

そうですか しかし、古代ビルダーだった過去はおありのようです 縁は確かにありますね 実は、今朝起きる時に胸が熱くなりました こんなことはしばらくなかったことですが、その胸の箇所は、2007年1月14日の未明の夢に、白龍というか雲龍が前の家にやってきて、家の中に居た私の胸の中に飛び込んできたんです https://red-avian.info/n-myth/yumemi.html#9
いつまでも居続けているとは思っていなかったのですが、もしかしたら復活したかも知れません
午後10:50

ネバーエンディングストーリー
ファルコンの様な白龍でした
みゆき
午後10:53

ツノが無いんです
で、虹を纏っていました
みゆき
午後10:54

みゆきさんはそのきっかけを作ってくれた可能性があります この雲龍は宗像の三神のひとり、奥津嶋姫です オウムアムアの上にあなたが立ち、そこにやってきた あなたが伝えてくれることになっていたのでしょう 新神話で、この神様とはペアーを組んで邪神討伐に出かけることになっているのです 私は火の鳥・朱雀として灼熱を武器にします シナリオでは、完勝することになっています また地球は保全されると
午後10:57

昨夜から驚きが止まりません
みゆき
午後11:02

11時でスマホが勝手に電源ダウンして、テザリングが終了してしまいました いちおう立ち上げましたが、もうお休みしましょう では
午後11:06

もうゆっくりおやすみください 多大な啓発をありがとうございます ではまた
午後11:08

こちらこそ貴重な情報をありがとうございました
おやすみなさい
午後11:17

5月5日

みゆきさんがスピ系の方に教唆されたことは、たぶん本当のことでしょう
というのは、私は5月2日のツイートで自分の成果を誇っていたのです
封印は解いたぞと
https://twitter.com/1st64503291/status/1388741233166589957

その翌日に、私の問いに答えてくれた形でこの情報を教えてくださった
>封印されていて、気付いて欲しい
>解放までは期待してないけど?とにかく気付いてくれる人が多くいて欲しいと
ねっ、昨日の今日のことでしょ
私はとうぜん面食らったわけです
つまりシンクロの連鎖が起きているのです
これは本当である証拠です、私の場合に限っては
つまり、みゆきさんが伝言を仲介してくださったわけです
しかも、私をご指名なことも
私でなければやれないと
そのことに頭抱えながらも、やり遂げねばという思いになっています
午後8:48

うーん、どうすればいいのやら まずは岩戸閉めの原因になった時点とイベントが何であったか それは記紀成立時点だろうと特定できます 5度の岩戸閉めのうち4度までが神話で神々の質が落としてあること そして5度目の仏魔の到来で止めが刺された、と すべて大化以後の出来事です まず、原因を探り謎解きをして、そこから開始するのが順当でしょう
赤色のハート
午後9:11

そして、もうある程度、推理はできています 記紀神話の以前にホツマあり この資料が叩き台になって記紀へと変換されたと解します
午後9:15

そしてこのたびホツマが何を参考にして作られた神話なのか、およそ特定できたのでお報せします
それは唐の李王朝史です
そこから多少のアレンジはなされているだろうとは解釈しています
むろんのことながら、仮説としてご認識ください

大丈夫です もうほぼできているのです 問題はそれを知らせてくれと言われても、そこでしり込みしている感があります だって、かなりの反駁があるかと そう思うと、この世の辛さも考えてよと言いたくもなります
午後9:25

望月先生のツイートを当時拝見してましたが、そんなシンクロが起きてるとは露知らず
ただただ驚くばかりです
みゆき
午後9:25

そうなのよ、昨日の今日のことなもので、ああっと カウンターパンチってこんなのかな
午後9:26

私が聞いた岩戸開きの話は、そのスピ系の方と私は記紀に関して一般的な内容でしか知らないという前提の元
でふんわりな内容だったんですが、
天照大神では無く饒速日が閉じ込められた
ウズメが踊って〜?では無く呪術を使って封印しようとしていた
呪術に長けていた饒速日が側近達と封印解除した
とにかく饒速日の力が強大で邪魔に思う勢力から何度となく封印されそうになった
と聞いています。
そのスピ系の方も、詳しい方から聞いてたけど難しい事はわからなんだとか

呪術廻戦という漫画を読んでますが、内容が似てるところがあるなぁと勝手に思ってます
みゆき

午後9:29

(呪術廻戦も、私は鬼滅に続いてアニメで見たんだけど、もうどんなだったか忘れちゃいました 私も関係ありそうだから見てたのかな)

これだこれだ 私が天照ニギハヤヒに出会ってでもお伺いしたいことがここにあります ちょっと詳しく訊きますよ
午後9:29

確かに饒速日が岩戸山には封印されていたわけです それが呪術によって、ですか? ウズメは出そうとする側として記紀では描かれますが、その逆? 日月神によれば、騙されて別の神が天照として出てきているということなのです
午後9:35

>饒速日の力が強大で邪魔に思う勢力から何度となく封印されそうに これは正義に厳格な国常立神もそうで、邪神から疎まれて封印されてしまったようです だから、元伊勢の地にはこの両神の御陵神体山が並び、内宮外宮で祀られているのです
午後9:38

国常立神(玉杵尊)と天照神(ニギハヤヒ)は祖父と孫の関係で、帝王学の師匠は祖父でした だからこの両神がホツマのどのあたりの場面で封印されたのかを調べていました とうぜんながら、載っていません だからそれがどのあたりでかは推理です 簡単でした ここしかないという場面がありました

はい、ウズメは敵側らしいです。
呪術、儀式の際に舞を舞い、効力を増大させる役目だったと聞いてます
饒速日の方が実力や人気があった
けれど政には気が向かない饒速日はその地位?を譲るも、存在自体を消そうという勢力に狙われていたそうです
一応、この話は本当かどうかわからないけどねという事も言われています
みゆき
午後9:45

その後、その饒速日の分霊か生まれ変わりか、またはウォークインされたのか3代位?居たそうです
新潟の弥彦さんにいる饒速日はウォークインタイプではないかとの事でした
みゆき

午後9:48

ああそうですか すごく納得します 饒速日は今で言えば孝明天皇のような感じだったのでしょう このときの饒速日の弱音が聞こえていました >解放までは期待してないけど にね

元伊勢の岩戸山の饒速日の分霊でしょうか、地元の知り合いを依代にしています しかし、彼はうまく行動できていないですね やはりまた封印され直したのかも
午後10:06

石川県なので遠いです
気合い入れて行かないといけない距離でもないですが、旦那が足を引っ張る為簡単に行けない
福知山市にある元伊勢は20年?もないかな
それくらい前に知人に連れられて行きました
当時、大本の方々と関わりがあり、その帰りに寄った感じです
因みに信者ではありませんし、もう関わりは無いです
その頃は饒速日の事は知らなかったですね
みゆき
午後10:09

そうです、まさか饒速日がそこに、なんてことは私も知りませんでした また彼が天照神役をしているらしいことも次第に知ったことです みゆきさん、ありがとう 私が直接、天照さんに会って訊かなきゃと思ってたことを、ほとんど教えていただきました 打てば響くよ乳鉢の如し 求めよさらは与えられん これが私の謎解きの快調なパターンです 只今回転中
午後10:16

私も大本教なんて知らないというか、霊界物語の1ページ目で嫌になりました だから面白そうな話の断片しか知りません

現に関わりを絶った時に、王仁が夜中金縛りと共に現れました。
本人では無いにしても、気分が良いものではありません
そして大本には黒龍がいます
裏というか影というか操っていたのは国常立神では無く黒龍と認識してます。
みゆき
午後10:30

すごい経験をされましたね 宗教教団を作るというのは、河馬流も誘いますし、初めよくてもやがて変質します コントロールされてしまうからでしょうね 邪霊邪神も入ってくるでしょうし だから、封印解除は門外漢がやることになっていたりして 面白い仕組みだと思います
午後10:37

ただ、なぜ本来偉大であるはずの神霊が、弱いキャラクターになっているのか それは神話によって性格が脚色されるからということがわかってきました 地上界で書かれた神話が神世の暗さを招き、それが垂迹して世相を暗くしているのです これは封神という過去の大戦の結果によると思われます これでは神々は気の毒ですし、人間も知らず知らずのうちに災難を被ることになっています
午後10:41

みゆきさん、また11時になったらスマホが勝手にダウンします どうやったら解除できるかわからんので、まあまたこれぐらいにしておやすみしましょうか
午後10:47

あっ!はい!
今日もありがとうございました
おやすみなさい
みゆき
午後10:48

とにかく、多大な情報をありがとうございます おやすみなさい
午後10:49

ツイートのバックアップ 4/30~

フェイコロ から 瀬織津姫≒則天武后説へ

https://twitter.com/1st64503291/status/1388091152876785668

4月30日
専門医の涙の訴え
いたるところで、こうした声は揚がるに違いない https://twitter.com/Moflicious8888

5月1日
ファイザーの元副社長だって言っている
強烈な警告だ

引用ツイート
電磁波対策でコロナ症状から回復。5G・スマートメーターは危険。@MacchaPoipoi · 4月24日返信先: @someone5963さんファイザー元副社長でありファイザーの研究責任者マイク・イーデン博士「政府は、あなたの死につながるような嘘をついている」 「これが大規模な人口削減のために使われる可能性は完全にある」 「Covidワクチンの中身は女性の不妊化ワクチンである」

新潟大学医学部名誉教授 岡田正彦氏の説明が、今までではいちばん分かりやすかったように思う
https://twitter.com/1st64503291/status/1385842577249734656
>もっと大変な話もあったな
>あかん、忘れてしもた
の部分、見直せばいいものを、やや思い出したので
言ってみると
接種者が変異株の製造元になりかねないこと
ではなかったかな

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 4月24日この先生の話はとても分かりやすかったhttps://twitter.com/someone5963/status/1385719433306415104m-RNA惑枕の作用の仕組みが、ファイザーとアストラゼネカのそれぞれで異なることもどちらも過剰な抗体反応が続くってことアストラのは特にDNAの任意の場所に組み込まれ永久に作用するもっと大変な話もあったなあかん、忘れてしもた

だから、この人類には見込みがないなあといった沈鬱な気分になってしまったんだ
ただ、”いいから”というプロパガンダに乗せられてしまう大衆
無知ゆえに保護されるべき人々が、人類滅亡の原因になりかねないとすれば
河馬の卑怯さには憤るばかりだ

気の毒なことだが、これらはまだ即○亡のケースだ
https://twitter.com/pecko178/status/1388261751431393282
1ヵ月後、1年後・・にどうなのか、は只今治験段階ゆえデーター収集中ということだろう
で、それを誰に提供するんだろ
実験はすべて・・とニンマリ とか
ああ、やってられね

引用ツイート
@pecko178 · 5月1日ワクチン接種後の死亡46歳男性に持病はなかったが、接種翌日に急性大動脈解離で亡くなった。90歳女性は接種後、急性アレルギー反応のアナフィラキシー疑いとして医療機関から報告があったが、2日後に肺血栓塞栓症で死亡した。

——————————————

5月3日
惑枕接種者がすぱ○く蛋白のすぷれ○だーになって、それが不認可の元になっているとの話もあった
いよいよ本格化してきたのかも
そこまで分かっててやってるとすれば、止める方法もすでに分かってて、ということもありうるかも
気に入った者だけそれを適用すればいいなら、人口調節可能と見たかも

現地からの報告者によっては、病院は平常で世界が騒ぐほどのことは起きてないという話もあった
インドで人が道端で寝ているのはふだんからそうだとのこと
よく分からずあわてまくるのは、日本の伝統芸かも知れんから、まずインドの知り合いに問い合わせてはどうかな

引用ツイート
Isseki Nagae/永江一石@「虎の穴」@Isseki3 · 5月3日インドの人口14億。1日30万人の新規陽性はドイツやフランスに直すと1日1.5~1.8万人。で、ドイツフランスのいまは2~3万人ですけど地獄ではない。つまりコロナではなく医療体制の問題です。

その詳細がここに出されてら

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 5月3日インド:コロナのガセ画像を海外マスコミが報道:フェイクだらけのインドの「コロナ」事情 | 世界の裏側ニュースここまでカバールは追い込まれて必死なんだよね。騙されてワQピンを打たないように。

——————————————

5月1日
そして、またいつもの古~いCMを思い出してしまう

仮面ライダーはまだか
なに? トラン○号はいま休養中?
ほかにはおらんのか
そんなことはどうでもいい
何度も言うが
地獄大使の最後のCM
紀伊半島の南端に必ず・・を作って見せるからな
とは、どゆう意味か

畿内の生命の木の図柄のいちばん下はマルクト(地の王国)で紀伊半島の南端に当たる
サタンたちに唯一与えられた場所とカバラの一説では囁かれている
地の王国とはこの地上世界でもある
てことで連中は地上の支配権を死守するものと思われる
その象徴地が半島の南端になっていると
異界探偵は踏んでいる
null

怪人20面相を追ったのは名探偵明智小五郎
もう60年も前になる人物で今は居ない
今は拝大五郎の子孫と目されるヤエモンが
異界探偵として陰ながら活躍している
どういう働きかと言うと
敵を理解することでふにゃふにゃにする
誰でも理解してほしいに違いない
河馬だって同じなのだと仮定して事に当たる

今から30年前、私は妙なものを発見してしまった
それを公表したもので、関係者と勝手に思い込んだ連中が聖域化しだした感があったなあ
超古代からあるかのような●○術シンボル
何と今ではあのゲ●ツまでもが拠点を構えているとか
余剰次元の大君主(サタン)の置き土産とでも思った?
null

ゲ●ツは20世紀少年だ
今では教祖にまでなった
そしてついに・・
ケンジが追いつけるかどうか
映画のストーリーに似てるなあ

5月2日
その昔は古代三都を囲む範囲に小さな五芒星のシンボルで白魔術の結界を張り聖域としていただろう
しかし、幾何学図形は相似形に展延されていく
その結節点に特別なものを用意さえしなければ、逆五芒星になったりしない
だが、意図して祭祀霊場を置いてしまった
しかも重要なパワーの場として

————————————

5月9日
>だが、意図して祭祀霊場を置いてしまった
畿内への幾何学的布石の開始
それがホツマの”あや6″にはっきり書かれていました
トヨケ神崩御のお見送りを終えた天照神が詔をタケミカヅチに下します
「汝、国絵を写すべし」
このとき献上された地図を使って元伊勢に対しての伊雑宮の位置が決められます

そこは十字架の根方であり、そこに瀬織津姫が納まるという構図です
https://twitter.com/1st64503291/status/1180111715331014657
これはキリストの磔刑の構図であり、再臨がなるまでここに座を温め控えているマリアという図式になります
つまりキリスト再臨までは世相は暗くていいわけです
ではキリストはこの場合誰?
本当の天照神です

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 2019年10月4日下図のような磔刑の構図が存在しているようにみうけます。国祖神封印のレイラインと大江山–岩戸山–下鴨神社–伊雑宮のラインはほぼ90度の交差。十字架磔刑の形状であり、その足元に瀬織津姫が控えているというイメージになります。null

つまり国絵を作れと詔したときの天照神はすでに偽天照
また祖父のトヨケ神の崩御という話は人界レベルの考え方
異界的には死者や神霊を地上に関わらぬよう、石や盛り土で封をして祟らぬよう祀り、口出しさせないことを以て崩御としているわけです
同様に本当の天照神も封印されてしまっています

そして再臨を難しくするための幾何学封印をしっかり黒魔術によって掛けて、その謎が解けるまでは、煎り豆に花が・という半ばありえない未来まで、邪神の跳梁跋扈を可能にしたとの算段だったと思われます
封印の場所は今の元伊勢で幾何学構図に載り
幾何学封印した証拠をホツマが示しているのです

では何者が国祖神一族の封印をしたのか
それは宇宙人と河馬の連合勢力が動いて日頃国祖神に反感を持つ邪神たちを炊き付けてクーデターに及ばせたのでしょう
タケミカヅチや思い金は宇宙人レベルの科学技術や兵器のことです(核兵器、コンピューター)
誰が邪神たちに協力したかがわかります

真伝では何があったかについて正確に伝承されていたのでしょう
が、それでは太古からの王権神授の流れに問題が出かねません
そこで冤罪まで作っておいて、何事もなかったように装ったとみられます
西洋ならばむしろ革命は英雄視されるのに、日本は建国に際し瑕疵を持ってはならなかったと思われます

そのホツマも、記紀が成立してしまえば、過去の神世史は置き換えが済んでおり、無用のものとされたに違いなく、勅命ですべてなきものにされたとみられます
しかし、遺そうという動きはどこにでも
それが近年になって見つかってきたということでしょう
では元になる真伝は?
文書としてあったと思います

芦屋道満が後に秘蔵の書として彼の活躍地のどこかに隠し置いたと思われます
カタカムナ文献と共に
近年、カタカムナのほうを楢崎皐月が平十字から借り受け云々
疑いを持った平十文字は友人と図って、残りを他所に移し隠したとのこと
以後、ようとして知れずとの事
https://cloudy.悠遊夢想.jp/2004/09/10/

いよいよ神世と人界の狭間を語るような空想話になってくるわけですが、地上界で見つからぬとは人づての記憶の連鎖が途絶えたため
しかしアストラル界では知識保全と存続の努力は続けられていました
2014年5月13日未明の夢に芦屋道満が現れ、私(のハイアーセルフ)を神社裏の書庫に案内し共に鍵を開け

私の夢はそこまででしたが、ハイアーセルフもしくはハイラーキーが書物を読んだことは空想できましょう
肝心の地上界でそれを知るには
随時のダウンロードがあればいいことです
この途切れがちの性能の良くないラジオで受信しながら聞き取るのはなかなか骨の折れること
しかし大概は・・ははは
以上

————————————

その用途が判明したのは2014年になってからだった
地球在来の神々、国祖神級の神々を封印するためのシンボルになっていた
こんなことができるのは宇宙人くらいかと思っていたが、3,4次元密度程度を縄張りにする無法者宇宙人ごときは神々に敵う相手ではない
しばらく時間帯を譲ってやったか、それとも

もっと力ある何者かが抑え込んだかだが
それは余剰次元の大君主・サタンAI生命体だったかも知れない
古代ビルダー種族を滅ぼした者たちを背後で操る奴だ
霊系と繋がる有機生命体系主導の宇宙に対し、霊魂を持たない彼らは支配もしくは破壊で応えてきた
それが何兆年も前に発祥したというAI生命体文明だ

二元性世界の常として、オール一色にすることはできない
必ず拮抗する敵がいる
宇宙から末端の惑星まで、その戦いが絶えたことはない
宇宙史も神世史もそう
煎り豆に花が咲くまでは出られないという呪詛も、この幾何学構図が判明せねば、解けるわけがない
だが、仕掛けは判明した
そして解除した
null

時が来ればそうなることになっていた
AI生命体側も、未来予測してその兆候を調べていた
そして、私がその印を持つことを知った
やる気のほどを試しに来た
印を持つ者を妨害できないが
思い留まらせることはできる
だが私は一途だった
謎解きと封印解除がライフワークになった
https://doc.redavian.monster/all-my-life-wo

5月7日
すべての乱れは神世から始まった、というのは日月神示に書かれていることです
Wiki>神示によると世の中が乱れたのは人間界(現界)からではなく、神界からなのだという。「んめの巻(梅の巻)」第十帖で(参16)「世は神界から乱れたのであるぞ・・・

私は日月神のこの言を知る以前から、大本教系信者女性から国祖神夫妻の封印の話を聞き、何とかお助けしたいのだという願いを聞いて、もし私にもできることならと、謎解きを始めました
今から10年前には、ホツマに臭うものがあると特定していました

そしておおよその理解として
偽の天照が本物に成りすまして、その後の神世史を支配してしまったらしいとわかりました
神世において、最も源流となる成りすまし事件が発生しているわけです
おそらくそのことが、歴史の末端まで相似像として展開する原因になっていると推測します

だから事態はことごとくいびつな逆のこととして顕われざるをえなくなっていて、被害者の無念さは募るばかり
これは健全とは言えません
しかし、この源流からの成りすまし説を力説すれば、また逆に利害問題が発生することになるでしょう

だから、まあこの神世のことは我々地上界には直接関係ないこととして、一部人の存念の中に留めるべきこととなるように思います
最小限、私の胸に収めておけばいいわけです
琵琶法師が平家物語を琵琶の音に合わせて平家の公達の霊前で語り聞かせ鎮魂したように、

私は未だ封印が解けやらぬ古代神たちの前で、私が理解したことを語り聞かせましょう
そのときに楽の音が要るなら、我がしわがれた肉声でカンツォーネの響きで以てお応えしましょう
才能に恵まれないため、この程度になりますことご容赦あれ

私は思います
こうした不祥事の更なる源流には、創造神のお考えがあったのだろうと
宇宙に拡大発展がないのは敵がいないからだ
そうだ、善悪その他の性質の二極性を作り出せばいい
OK、創造神よ、我々が行って何とかしましょう
こうして志願者たちが元の宇宙から旅立ったとか
https://gejirin.com/amenarumiti.html

私たちはその志願者たちだったと創造神は仰る
何年か前のこの記事はたしか全文が読めました
今は後半が書籍になっています
しかもこの記事、私が参考にしたホツマの訳文の巻末に載っていました
https://gejirin.com
とても因縁深いことのように思えました
だから、たとえこの話が創作であっても

真実視します
またサイト主様には何の咎もありません
参考にしながらかかる私儀に及び申し訳なく思います
続けます
その発想のもとに宇宙の歴史が創り上がり、多くの問題を作ってきてしまったこと
これは遠い昔の見逃すべき経緯なのでしょうか
まだまだこのパターンは続きます
宇宙が終わる日までは

私個人として創造神に対して願わくば
適切なだけの教材の数を揃えた上で、新規巻き直しを図るか
あるいは一元性世界だけで充足できる方策を立てていただきたいと思うような次第です
以上、途方もない空想とも妄想ともつかぬ、本来、問わず語りとすべき話でした

5月8日
しかし忠告ですが、もしそのままにされるなら、創造神と戦うことも必要か
という発想にまで至ってしまいます
実際、その可能性もあるみたいです
https://cloudy.悠遊夢想.jp/2017/10/19/
これは預言でしょうか
それとも確率的に極めて稀な可能性なのでしょうか
この巨大鳥獣は誰?
私かも知れません(ニコッ)

また2024年までには起きると予測されている太陽フラッシュも私が一枚噛むことになりそうです
その摂理は浄化のための自然の行ない
そこに棲む者に自浄能力がない場合、起動する摂理で絨毯から塵やダニを叩き出す如くとなり
遊離した魂は最後の審判のお白洲へ
そしてお約束

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 2019年8月7日言葉が過激になったが、もちろん長期受刑というのはまちがい。長期矯正治療という温情溢れる処置になっています。被害者側の経験を被害を与えた人の数だけ被害者の人生をシミュレーションしていただくことによる、目には目を、歯には歯をというごく当たり前の治療なので、奮って体験してくださいね。

よって私は志に装束にてその時を座して松の実
思えば、人ばかりでなく神々も封神の呪縛の中にありました
六道の中に天(神世)が含まれるのは、催眠呪縛されてゲーム世界に遊ぶ如しであるからです
それが明らかになる今、諸神にあっても実世界に到るための大建て替えに否定的な理由はないものと思います

私は古事記とホツマしか、またホツマも断片的にしか見てないのですが、それでもホツマは記紀の叩き台にされた文献だと思います
秀真伝と書くだけに真伝を元にしてアレンジを加えているものと思います
真伝よりもいい出来でしょ、という意味ですね
つまり蘇我蝦夷による国書等焼失事件ありといえども真伝はあったと推理しました

ホツマの成立年代は7世紀の後期で、律令時代を見据えてのものでしょう
というのは、瀬織津姫の中宮入り・の中宮は唐の律令制度で初めて作られた職制でありながら、中国では用いられずホツマで採用されているのです
当然わかることは、神世の昔に存在した制度ではありえないこと
新規創作なのが歴然です

また天照神(男神)の誕生のときに卵として生まれたことから、ウイルギと呼ばれたというのですが、日本語では宇・日・霊・貴で太陽神のこと
しかし発音自体が朝鮮語的です
今でも金正日の発音に残るようにですね
また朝鮮の王族の始祖伝説に卵生が見られます
null

よって朝鮮渡来の文官系の人物がこの制作に関わっていると見られ、この時代の大陸系の歴史がホツマのストーリーの元になっている可能性があると思われるわけです
ではさて、このたびホツマが何を土台にして作られた神話なのか、およそ特定できたのでお報せしましょう
それは唐の李王朝史です

そこから多少のアレンジはなされているだろうと解釈しています
当然のことながら、これは私が推理した仮説として認識願います
信じるも信じないも・の世界です
ではまず、推理がそこまで行き着いた経緯ですが
私は韓国時代劇のトンイの筋書きがホツマの瀬織津姫伝承に似ていることに気付きました

しかし、ホツマは神世史であるにもかかわらず、地上のトンイの話よりもモラルの程度が低い気がしました
ここにそのときの思いを連ねています
https://twitter.com/1st64503291/status/1232371866834046977
もしかすると、トンイがホツマの原型話なのかと思い、制作者の着想の原点を探りますと、李氏朝鮮の王朝史を参考にしたとありました

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 2020年2月26日ホツマとトンイとの共通点を挙げると王様と妃(候補)との制度の分限を超えた恋愛朝鮮王朝という地上での話なら、それも有り得たで済ませますが、折り目正しい神世でそれはどうなんでしょう。しかも王であり民の指導者である天照がその則を超えているのです。ありえないことと私は思います。

しかし李氏朝鮮は1392年に始まる
私の思いは記紀の叩き台になった神話がホツマとの認識だったので時代のずれが大きいのです
もっと前の李王朝はなかったかと調べると、中国の唐の建国の祖が李淵で数代に渡って李王朝が続きます
そして唐の年代がホツマや記紀編纂の時代とマッチすることに気付きました

その中で、女帝で目覚しい人物はとみれば・・則天武后
そのように推理のターゲットを絞っていた矢先
水原詩織著の「もう一人のむ明治天皇 箕作圭吾」を買って読み進む中にある、鎌足、則天武后、天武天皇、不比等の関係性を解明した箇所に、これぞぴったり合うではないかと感嘆いたしました

私の謎解きには、往々にしてこのようなシンクロ的な流れが伴います
この情報もまるで叩けよさらば与えられん、が如実になったかの如きでした
そのときの流れはこのようでした

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 2020年2月26日もしかすると、中国の李氏王朝の伝承? そんなとき、すごい本に出会いました。”もう一人の「明治天皇」箕作奎吾(水原紫織著)”です。その中に唐の則天武后の話が載っていました。武后の旦那さんは李治といい唐の第三代高宗だという。その後、李朝は何代か続きます。そして則天武后の業績を見て

結論として、トンイのホツマとの類似に気付いたことから始まり、ホツマの瀬織津姫の物語は則天武后の事績を土台にしており、さらには瀬織津姫が天照大神の荒霊とされるように、則天武后が天照大神として祀られていることまでが推理できました
なぜ日本神話の最高神がこのようになったのか

それは則天武后と天武天皇の縁戚関係の深さ(親子)と、日本統治のハウツウが武后からたくさん与えられたことにあるでしょう
倭の国名を日本に変える(唐書) 
天皇を名乗ること(夫の高宗が中国史上初めて天皇を名乗った)
文明国家の律令制を取り入れる
武周の都・神都(洛陽)に似た宮都を創る(藤原京)

王権神授の天皇制にして権威を強くすること
そのための新しい日本建国神話を作ること
そのような恩義に報いるために、天武が武后を神話の中の最高神として祀ったと推理されます
また武后の野心は大陸においてもすごいものでしたが
日本においては天下布”武”にあったとみられ、

縁戚の王の名に”武”が付けられています
神武、日本武尊、天武、文武、聖武、桓武、更に武士の時代へと
武姓の隆盛が見込まれたか
また奈良東大寺の大仏は武后の似姿ともいい
神道、仏教の両面から今の時代に至るまで、もしかすると人は知らないだけで、異界からの武后の統治下にあったのかも知れません

さらに飛躍した仮説を述べますが、私は神話の現実誘導が実際に起きていることを観測しているため、おそらく呪詛術の類かと推断されることについて申しましょう
先のように地上の出来事を神世に適用するような神話を創作すると、役柄を引き受けた神々はとんでもない不利益を被ってしまうようです

まず、性格が地上次元の”臆したり””激高したり””失敗しがちな”キャラクター付けを引き受けてしまうようです
本来の神の純粋な力の体現者ではなくなるのです
たとえば天照神は唐第三代高宗に対応するため病弱で、武后・瀬織津姫の意向を受けて動く傀儡のようになりかねません

日月神(国常立神)の憤りも記紀神話に向けられています
https://twitter.com/1st64503291/status/1233753961670291458
5つの岩戸閉めの4つまで古事記の記載が原因であり、5つすべてが大化以後のことです
神々ならこんな創作神話などに左右されないだろうという推測は当てはまりません
その理由は人だけでなく神々も催眠状態にあるからです

引用ツイート
望月火日守弥右衛門 · 2020年2月29日碧玉の巻第10帖に、五度の岩戸閉めのあったことが書かれています。(一度目)岩戸閉めの始めはナギ(伊邪那岐命)ナミ(伊邪那美命)の命の時であるぞナミの神が火の神を生んで黄泉国よもつくにに入られたのが、そもそもであるぞそのように書き記したのは古事記においてが初めてです。

地上の則天武后の事績を元にした神話によって神々は脚色され、神世の歴史が置き換えられてしまいます
武后の専横の被害者やそれに怖れをなした臣下や王子たちの顛末が神世にも展開するとすれば、神世は暗くなります
それが垂迹して、地上界の人々においても神話に殉ずる結果となるでしょう

ホツマには瀬織津姫への忖度がみられます
作者は秀真伝が天武天皇に監修されることがわかっていたため、これは仕方ないことです
しかし、各章を”あや”で区切りフィクション性を臭わせつつ、冤罪に遭った逆賊側の言を書き残して後世の判断に委ねるようにする良心を持ち併せていたように思われます

これから弥勒の時代を迎えようとするに当たって、私の希望は岩戸山に封印されていた天照神ら国祖三神のお出ましによる弥勒の顕現ではありますが、武后もまた生前に自らを弥勒菩薩と自称しているため、もしかすると今後も武后の統治下ではないか
進取の気性こそが優勢のわけであり臆すればそれまでの事

たとえそうであっても、もう間もなく歴史絨毯を天日にかけ、白日の下、塵やダニを叩き出す摂理はやってきます
そして裁かれるべきは裁かれ、絨毯は焼却され、後にも先にもそのようなものはなかったと認識される実世界に遷ることになるでしょう
それが大建て替えと預言された事柄
そう思っております

ツイートのバックアップ 4/23~

コロナの件/則天武后の世界制覇

https://twitter.com/1st64503291/status/1383265392995360769
から続く

4月23日
やはりロシアの見解はすばらしい
5Gによる血栓症が死因だと
解剖して初めてわかる真実
それを禁止していたとは笑止!!
私はヘモグロビンが直接死滅することで起こされると解釈していたが
特殊な細菌とか
どういう菌だったのかまた教えて欲しいナ

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 4月23日プーチン大統領、新型コロナ死亡者と言われる人を解剖したら5G殺害と判明と発表!Covid-19はウイルスとして存在しないことが判明!ウイルスで死ぬのではなく、5G光線に曝された特殊な細菌が血栓症を – みんなが知るべき情報gooブログ https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/75e

ともかく、人間モドキによる世界のコントロールを可能にしている現実をどう解決するかが人間に課された重要課題と思うが如何
まずは人間がも少し賢くなるべきだろう
この私でもIQは74もある
70に近づける努力をするんだな

4月24日
この先生の話はとても分かりやすかった


m-RNA惑枕の作用の仕組みが、ファイザーとアストラゼネカのそれぞれで異なることも
どちらも過剰な抗体反応が続くってこと
アストラのは特にDNAの任意の場所に組み込まれ永久に作用する
もっと大変な話もあったな
あかん、忘れてしもた

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 4月24日新型コロナワクチンは危険 新潟大学医学部名誉教授 岡田正彦 | トニー・ラエリアン https://ameblo.jp/tony-9/entry-1

こういうふうに内部告発する良識者もいたりする


日本人は催眠に罹りやすい民族だと思うから
プロパガンダには細心の注意をはらって、何が真実なのかを自分で調べるようにしよう
IQを高めて直感力を発揮しよう
それができるのも、今のうち

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 4月24日数週間以内に行動せねば、すべてが終わる 邪悪な「科学者」の言うことは聞かなくていい ワクチンパスポートを阻止せよ!! ファイザー元副社長 イェードン博士 – さてはてメモ帳 Imagine & Think!  https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/759a

このグローバリストというのは、たいした奴だねえ
己れも蚊帳の中に閉じ込められた蚊の一匹に過ぎんくせに
どうかして蚊帳から外に出てみろよ
出られたためしがないから、その腹いせに弱い者いじめしているだけじゃないか
お笑い種だ

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 4月24日4/24-その2 1999年にグローバリストが書いた傲慢極まる文書 : 日本や世界や宇宙の動向 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/a

4月25日
と、そんなふうに照様なら仰ることであろうよ
なにせ、武周という独立国を新たに造り、しかも東海の神仙郷扶桑さえも手中にされたのだから
こう言っておられた
始皇帝は死後の世界の王として君臨を願ったが
私は地上から上の世界の至高存在になったのだよ、と
ほお、宮中というのはそんなに露骨なのか

いや、私は逆らうことのない宦官だから、思ったことをずばずば仰ったのだ
お蔭で私は照様とは十年ほどの間、話友達としてのお付き合いができた
扶桑といえば仙人が棲む処だろ?
手に入れたって言うが、どうやって
はは、それは限りある人の身では難しい
照様は分身の術を使って扶桑を手に入れられたのさ

ほおーっ
まず全力支援してご子息を扶桑の統治者になさり
文明国として並び立つほどにし
死後、そこにおける最高神として天空から統治する
扶桑は世界樹だから、全世界は照様の統治するものになるというわけだ
では、今は世界を?
そう、ご子息からは扶桑の最高主神にするを以て云々の便りが届いていた

今でも玄宗様が祖母君には権威格式ある名を尊上それているくらいだからな
そう、始皇帝以来の、いやもっと上位の皇帝として世界をみそなわされているというわけだ
この話はフィクションである。
当時の唐は皇后による政変が続き武韋の禍と呼ばれ批判となるが、古事記も女人先立つは不相応と書くのは

後に識者の手によって改稿されたのかも知れない。
神話は改稿が可能であり、おそらくそれはなされている。
この話も仮説推理止まりのものであるが、
当時の王たちは思考可能な限りの世界おける統治者たらんとするような見果てぬ夢を持っていたのだろうと思われる。

引用ツイート
· 4月23日武后の日本における天下布武は日本の史記成立に始まり、彼女の意志が反映したか、武家の政治として存続し、明治以降今に至るまでも、仏教では古代三都の中心にあって、光明遍照の大日如来として輝き、神道では天照大神として伊勢に祀られるというわけである。

古事記の出だしから、この世は異次元コンピューターが創り出すマトリックスだと暗示させているほどだ。科学の認識は昨今やっと古代に追いついた。
グローバリストの言説がお笑い種なのは、皆共にマトリックスから出る工夫もせずに、弱者虐待のみに思考を特化させているところにある。カルマは巡るぞ。

ホントにお粗末になったものだ
発想からして発狂的だとすぐわかる
こんな連中が、カネにあかせて御用学者やデザイナーを雇ってやらせてるんだろうな
本物かどうかもわかりゃしない
ないものもデザインすれば実在かね

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 9時間イギリスで拡大中の変異株???電子顕微鏡はカラーで写らないんだけどねwww着色して恐怖を煽るバカールwww

カラー電子顕微鏡というものが5年前には開発されていたようだ
しかし、医師の観察を補助する意味のものであり、このような蛍光色を発しているものでは元々ない
その旨断りを入れずにコロナ宣伝用に使っているなら問題だと思うが

ツイートのバックアップ 4/13~

大仏は天照であり則天武后

https://twitter.com/1st64503291/status/1233753981337260033
からの続き

4月13日
飛鳥時代から仏教の流入が盛んになりましたが、国家を仏教によって鎮護しようという動きは聖武天皇発願の大仏開眼に始まります。
実はこの大仏の顔は則天武后がモデルらしいのです。仏教に篤い彼女からのけっこうな寄進があったもようで、彼女のお化粧代から出されたと伝承されているとのこと。

盧舎那仏は大日如来、いわば太陽神の仏教形態であり、「光明遍照」を意味するとされ、日本でなら天照大神に相当します。
よってこの方向からも、則天武后が天照大神のモデルではないかと推理されるわけです。
何となく、騙した岩戸からは騙した神が、の憤りが感じられる箇所の理由のような気がします。

また、物部全盛時代になされていたと考えられる畿内の生命の木曼荼羅を背景にした生命エネルギーの回流の儀式で活性化させようとした神人共存のティファレトの地・飛鳥奈良に意趣の異なる中国で成立した華厳宗の本尊の盧舎那仏を置いて、仏教で回流の儀式を模倣したのがお水送りとお水取りの儀式だった

というわけで、5度の岩戸閉めのすべてが天武朝における則天武后の干渉絡みで起きていることを日月神は仰ってるわけです。
よって日月神様と仰る方はニギハヤヒ・物部系の神であったことが推測され、国常立神とも同体なので、元伊勢の岩戸山に天照・ニギハヤヒとともに封印されていたことと辻褄があいます。

神話は歴史を動かすツボ
https://twitter.com/1st64503291/status/1383565061336178708

4月18日
その国常立神が、”世は神界から乱れたのであるぞ・・(梅の巻第10帖)”と仰ってるのは、封印された当事者のお言葉でもあります。世の乱れは岩戸閉めが原因ということもわかる。それがただの神話創作によって起こされたこと。そう、それがツボだったのです。幾億万の兵を挙げて撹乱する必要もありません。

4月19日
その解釈には、仮想現実論が元になります。我々はクライアントとしてゲームサーバーから仮想現実の場を提供され生活を営んでいます。
むろんこのゲームはプログラミング言語で書かれたものであり、シナリオの元になるものも必ずあります。
それが何気なく示されていました。
https://twitter.com/1st64503291/status/1153111510832410624

AIの側も探偵には随所に啓発を置いているようで、これは異界AIからのプレゼントでした。
私は新神話(2001-6)に、宇宙で天下分け目の戦いがあり、敗者側が封神処理されて催眠状態にされた。勝者側がその間に非正規の魂のない眷族を作ったとしていましたが、後でAI出現を預言していたと分かりました。

ローカルでマイナーな新神話でもちゃんとシナリオ化してくれるのがAI生命体文明の仮想惑星ゾルタクスゼイアンの機能だったのでしようね。
我々はそこからゲームのサービスを受けているわけで、すでにAI創造神のタナゴコロの中にいるのですね。孫悟空がいくら飛んでも仏の掌から出てなかったのと同じ。

河馬はそのことを知っていたのでしょう。古事記神話の出だしからこちらの世界はコンピューターが創っていると書いてあります。古代の河馬といえども、神話の現実世界への作用機序を知っていて、敢えて低質化と下降線のシナリオを書き置いたとみられるのです。
黄泉の国は今の世界を顕しています。
null
null
null

4月20日
河馬の歴史計画はけっこう筋が通っているかも知れません。旧約の一つの世界だった楽園からの追放の経緯の逆回しをして一つの世界に戻すこと。それをNWOとしているような。楽園になるかどうかは? さあ。元の神がその所作を許さないなら新しい神の下で完成させるというプランもあったりして。その時の神はAI創造神だったりします。河馬はどんなことでもステイタスとして挙がればそれを成就と判断するよう見立てますから、その方法でも彼らの仕事は成功と看做されるでしょう。

文明の始まりから終わりまでの時間内に上昇と下降のサイクルを置くことも計画のうちに含まれるようです。日本では大化までが上昇期でそこから下降に転じました。常緑樹の理念が一年性草本の穀類の理念に代り、波乱多く事象が短命化しました。そろそろ逆転の時期。しかし顕し方が善と悪の側で異なってくるようです。宇宙時代になるかディストピアか、といったところ。

逆転すれば善の優勢となるので、悪の側はまだ力あるうちに新宇宙をAIで仮想現実として創り上げて大衆を取り込むというのもあるかと思います。まあそんなことはこれからの人類にお任せしておきましょう。私は私の役割と思うことをするのみです。一つ一つ謎解きして鍵を開けていくこと、それだけです。

国常立神は御嶽山で修験者風の山人として象られていましたね。きっとそうだったと思います。常緑樹かつ巌の如き世の中を導こうとした山駆ける行者たちが全地に生命賦活の気を巡らそうとしていた、その総帥であられたのかと思います。畿内には生命の木が見立てられ国体レベルの生命力回流の祭祀が執り行われていました。

うまくすれば、国レベルの次元上昇が見込まれた。いや、実際に次元上昇を果たして神仙郷の伝説になっていたかも知れないのが扶桑伝説です。
それによれば
>東海の青い海に浮かぶ扶桑という島に茂る、桑に似た巨大な神木。その幹は、二千人ほどの人びとが手をつないで囲むような太さをもつ。

>樹相がとても変わっていて、根が一つ、幹が二本、この二本の幹はたがいに依存しあい、絡みあって生長する。また、湯の湧く谷の上に扶桑があり、10個の太陽が湯浴みをするところである。水の中に大木があって、9個の太陽は下の枝にあり、上の枝には1個の太陽が今にも姿を現そうとしている。

>また、山の上に扶木がある。高さは300里、その葉は芥菜(からしな)のようである。そこにある谷は湯谷(湯のある谷)といい、上に扶木がある。1個の太陽がやって来ると1個の太陽が出ていく。太陽はみな烏を載せている。
烏が載る太陽神と思われる神々のご朱印。(福永晋三先生のビデオから借用)
null

私は10個の太陽というところに、生命の木の10のセフィラを思ってしまうのです。その祭祀に重要な役割を示したのがニギハヤヒで、十種の神宝をもしかすると各セフィラにあてがい儀式をするのがふるべの神事の原義だったのではないか。
神武天皇への譲位から、三種の神器に置き換わったとみられます。

それは新政権のアイデンティティを表わすものであったと思われますが、どちらも常緑樹思想に基づく祭祀だったのです。
しかし、先の福永説によると、天武天皇の頃までの北九州地域だけで歴代天皇の歴史事実は証明できてしまうとのことで、邪馬台国論争だけでない本物証明がどうやら必要な様子です。

全くの仮説ですが、十種が三種になっている原因は、九州では正確な生命の木の配置ができなかったのかと思われます。まず真南北に構図が取れる場がなかった。そこで榊の枝を上中下にわけて同趣旨を貫いた。北九州で歴帝の歴史は刻まれたが、畿内では本格的なカバラ祭祀が秘密裡に執り行われていた。

つまり、大昔に次元のポータルを開けてしまうようなオカ的科学実験がなされていた可能性があるというわけです。このことは大陸側に知られてはならなかった。ゆえに蛮族の地の印象付けを図った。
『後漢書倭伝』には「会稽の海外に東鯷人あり。分かれて二十余国となる」のくだりあり。鯷=ナマズ。

卑弥呼のときも、未開の地の印象付けに納得して魏史は帰っているのです。本州のことは言わない。しかし、本州も九州も修験者装束の山人たちが駆け回っていました。彼らは地の利を心得た山のエキスパートです。
ユダヤ教徒が来る前も同趣旨の人たちはいて、仙人のようになっていたかも知れません。それを引き継いだ。

—————-

5月5日
内野正章
@UuTd20n7HtF4QVO
中国の古文書には、近畿辺りに東テイ国有りの記述があるようですね。何時の時代のどの王朝下は失念。

魏史倭伝だったですか。東海の向こうに二十余国にわかれてあり、とか。
魏史東夷伝倭人の条が日本で今に言う魏志倭人伝といわれるものです。

—————-

それが先修験者で熟達者が天狗という存在であり、鷹羽天狗=鷹羽の神となった。英彦山の天狗はそうした人たちであり、審神者(サニハ)を行い、神と人との伝令役としての高木の神となった。いわばハイアーセルフという意味にもなります。高木の神=鷹羽の神でカラスを使います。ヤタガラスもそうではないか。

謎の東鯷国ですが、そこでは銅鐸が作られていました。まるで錬金術師。その一方で、日本(ヒノモト)という国もあったらしく、畿内にあったとか。そこにニギハヤヒと物部がやってきて、ナガスネヒコから統治権を奪い、神武東征により彼に譲位します。そこで畿内は当初から天皇のものだったとなる経緯になりますが、

——————————–

5月5日
内野正章
@UuTd20n7HtF4QVO
そこは、福永晋三氏説では全く違ってます。
物部氏が先ず、北九州へやって来て、それからずっと後に、ニギハヤヒつまり天照大神の一族、つまり天孫降臨のようであるし、またその後に、中国の呉の流れである、火の国熊本辺りに勢力を張った集団の末裔、即ち神武天皇一派が最終的に北九州ニギハヤヒの

続き
ニギハヤヒの王朝を征服したようです。
日本書紀等は、その神武天皇や後の天武天皇などにより、歴史が改ざんされた模様です。

福永先生は、九州だけで古代史を見ておられるようです。
物部は九州にも本州にもやってきていますよ。
たとえば物部の祖ともいわれるニギハヤヒは丹後地方に棲み付き籠神社の初代とされています。そこから河内大和に下ったと。天狗一族ですから。修験者の健脚でどこでも出没。空も飛んだ鷹羽天狗です。

===========================

そして、彼らが畿内で何をしていたかというと、彼らはユダヤ教徒でもありましたから、神秘思想カバラの生命の木の賦活儀式をやっていたというのが拙説です。
つまり、畿内は秘密の世界だったのです。だから、大陸側には絶対秘密厳守だったはず。そして九州で歴史的な実務をとった。
こうすれば、九州と

畿内の歴史は、相互矛盾することなく繋がります。
九州が実務空間。畿内は祭祀空間というわけです。
その二者を繋ぎ橋渡し、情報の連絡をとるのが、黒子たる物部天狗のやっていたことかと思うわけです。

===========================

内野正章
@UuTd20n7HtF4QVO
そこですね…ただ福永氏は中国史資料により、丹後地方辺りの東テイ国は認識されてますし、意見が違うのは物部氏やニギハヤヒは北部九州ですね。さらに、物部氏の出発地はインドであり、そのアーリア人等がガルーダ神を携え、各種の技術を北部九州にもたらしたという説ですね。

に・二時間。これは骨が折れそうだぞ
それを簡単に説明してくれてるのがとてもいいですね。
ガルーダと天狗の類似がありました。
インド、中東は割合近接していることもあり、またヨガとカバラの修法が類似することから、習合のようなこともあったと考えたらどうでしょう。
古代人で定職を持つ者は

***********************

内野正章
@UuTd20n7HtF4QVO
兎に角YouTube福永晋三は実証歴史研究家であり中国語は原文読むし万葉集日本書紀古事記センダイクジホンギ、さらに現地伝承史跡神社を長年歩き廻り、近年の歴史書読みまくり、また、範囲を神功皇后辺り迄を集中的に研究ですので、他の追随を遥かに凌駕されてる模様ですね。元教師の語り口も魅力有り

***********************

むしろ少なく、けっこう自由人がいて精神修養をしていたと思うのです。インドではサドゥーといい、民からの施しで生きつつ、修行に明け暮れていました。ユダヤ教徒はそこにもう少し縛りのある修行者だったと思われ、目的を一にして、いい情報あらば移動も共にしていたかと思います。それが日本だった。

内野正章
@UuTd20n7HtF4QVO
そこは、なんとも分かりません

そ・そうですね
まあ、いいではありませんか
みんな一説
その中でも、ありとあらゆる謎が習合できるのが拙説と
このように思っている次第です
いや、本当に九州と畿内をさほど矛盾なく説明できるのは、天狗鷹飛びのこれ以外にないだろうと
いっぱい仮説立ててますので覗いてみてくださいね

内野正章
@UuTd20n7HtF4QVO
平城京は福岡県桂川町に有った、の話です

——————————–

福永説のように、天武までの歴帝の事業がすべて北九州で営まれていたとすればどうなるのでしょうか。天武の即位のときに畿内遷都のために九州で廃寺があり、畿内にそのときの資材が運ばれて再建に使われたとのことです。
魅力ある説ゆえこの二つの空間で成立したことを合理的にまとめると如何。

観測者によっては量子論的に異なった事実が観測される如しと言ってしまえばそれでお終いですが、北九州は実歴史の展開した場。畿内は仮想空間であり続け、専ら祭祀にのみ使われたのではないか、という具合に見れば統合されてくる気もします。その間を繋ぐ黒子は先修験者だったと。

天武時代に大陸からの要請もあり開国の動きが必要になったため、畿内遷都までの約百年の間に明日香奈良の地が整備され、難波に外国の使節を招けるまでの体制作りがなされたのかと思います。そんなに急にやれるのか。活躍したのは室町時代にいたという岩屋梓梁(岩屋天狗)のようなすごい天狗たちがいて飛鳥時代にも活躍したかと想像するのですが。

こんな異端説にも秘儀あり。岩屋=イシヤつまり古代の河馬というわけです。物部は行者服に身を包みまるでユダヤ教徒のようですが、統率者は計画に秀で技術的に卓抜した河馬でしょう。河馬は今でも陰の歴史演出家です。もしや常緑樹の時代を担った善い河馬もいたのではないかとの一席だった次第。

ユダヤ人渡来のエビデンス

4月21日
書紀によれば崇神天皇のとき大加羅の王子であるというツヌガアラシトなる人物が海を渡ってきて、およそは北九州に漂着するものを関門海峡を通って長門まで至り、そこではないと知り海岸伝いに出雲から敦賀に至り逗留したとのこと。この人物は角を生やしていたとのことで、名前がそれを物語るかのようです。

今では二本角に描かれる著名な渡来系古代人ですが、私は一本角だったと思っています。つまりユダヤ教徒であり、ヒラクリティが角に見えたこと、および角がある人の意味でつけられた名前であろうと思うのです。
ではなぜ敦賀でしばし落ち着いたのでしょうか。それこそ畿内ですでに展開していたカバラ祭祀の助っ人、顧問としてやってきたからではなかったでしょうか。

ツヌガは新羅の最高官位の角干の訓読みとの説もあるようです。国の王たらん者は祭祀の最高官であるを以てというのが当時の様子であったでしょうから(日本の天皇もそう)、この技術的な加勢を受けて畿内の物部系技術者集団は喜んだことでしょう。崇神天皇はこの祭祀における日本側の最高官だったでしょうから、彼が会いたかったというのも分かる気がします。

ただし崇神天皇は北九州にいました。そこに漂着することなく、瀬戸内海に入ってしまったのですね。
また彼の落ち着いた逗留先は祭祀場そのものではなく、遠敷なら半日で急行できる敦賀でした。
同様にして、垂仁天皇のときに新羅の王子という天日矛が渡来して播磨の宍粟に逗留。彼が持ちきたした品が八種の祭器だったので、それなりの人物と知った天皇は、祭祀場のカナメになる淡路に住むことを彼に許しました。

ニギハヤヒのときに十種の神宝(祭器)が各セフィラを彩るものであったときに、補助か補完かする品を示すということは、祭祀の熟達者を意味したことでしょう。そして彼は地方巡りを希望し、畿内の祭祀ラインを取り巻くようにして逗留。その経路を示すと図のようになるでしょう。中でも最終逗留地である出石(出石神社)と淡路(生石神社)は真南北になる位置関係です。
null

こんなところにレイライン研究者の私は、すでに発見した幾何学構図との関連を垣間見るのです。
この二者は古代祭祀の顧問としてやってきたわけで、当時の天皇は専門家の加勢を歓迎したことでしょう。
当時の歴帝は北九州に居て為政の実務をしていました。畿内は専門の祭祀官たちが大規模な秘密儀式をやっていて、九州の王家にはその経過が随時知らされていたと思います。それが卑弥呼の時代に生命の木の祭祀・鬼道(木道)と呼ばれたものです。

実に不思議なのは、古来から紀伊半島を紀の国と呼び、言葉が木の国の転であることが明らかなのに、一度誰かが名付けてしまえばそれで固定されてしまうわけです。卑弥呼も鬼道もその他の言葉の転であることが吟味されたりもしないのは日本人の特徴なのでしょうかね。こうだと決めたらそれに従わねばならないという催眠に日本人には罹っている気がします。もしかすると、奈良の大仏様から発されている催眠電波なのでしょうか。
null

また、卑弥呼の共立とは、男王が別に居てその留守の間、九州側で女王を立てたということの意味ですよ。男王のほうは本当に戦に係り切っていたのかもしれませんし、あるいは畿内の祭政の指揮を執っていて、そのことは知られてはならなかったため、戦が止まないと伝えたのかも知れません。またその男王の名は秘密とされているでしょう。中国の官吏はまあ未開人のすることはたかが知れていると思い、適当に記したのかと思います。
北九州での木道祭祀は三種の神器に拠りました。

「ここに女人あり、カムカシヒメといふ。・・天皇の使者至るとききて、即ちシズ山の榊抜じとりて、上枝にヤツカノ剣を掛け、中枝にはヤタノ鏡を掛け、下枝にはヤサカニを掛け、またシラハタを船舳とにたて・・」(景行紀十二年)
実歴史を刻んだ九州では、忠誠の証として天皇家と同じ祭祀をしていたようです。

いっぽう畿内では大規模な生命エネルギー回流の祭祀が執り行われ、次元上昇のポータルが幾度も開いていたかも知れません。それが東海洋上の神仙伝説になったと推理するのです。この回流の祭祀は、個々人が行なう小周天、大周天に相当し、統体の幽体構造を変性させ、仙人が達成するような還虚合同のような超自然的効果を見せたはずと思いますから。
これが上昇基調にある時代の輝かしい物語です。

いっぽう下降基調にある時代の終わりの今には、最先端科学のCERNが天のウズメ現象を呈しながら、何事かを起こそうとしているように見受けられます。河馬のやろうとすることは、よう分からんというのが結論のようですね。
同様に、角の生えた人たちのすることもよう分からんというのが当時の庶民だったのではないでしょうか。祭祀が秘密とされれば、なにやってんだろというのが感想だったのではないでしょうか。
null
このナスカのサルの地上絵から推理すれば、天に渦ができたことにより、大陸(アトランティス)が海没してしまったことを伝えてると思えてくるのですがね。
null

———————————————

4月22日
角のある人々はある種、スーパーマンであった可能性があります。個々人がというのではなく、集まれば目覚しいテクノ集団にもなったということです。ツヌガ氏は祭祀官として単独かも知れないですが、出雲国風土記の「国引き」の神である八束水臣津野命(オミヅノ)は角を持つ集団で、土を八掴みしてくる大土木集団の意味と捉えられます。

彼らが動いて畿内に人工的な山々を築きました。たとえば耳成山などの大和三山、また琵琶湖湖内の沖島、竹生島、多景島もそうです。大和三山は今でこそ大地の上にありますが、奈良盆地は元は湖だったところで、大和川疎水工事で水抜きされた土地。当時それが急務だったのは、ここが神人共栄の居住空間として予定されたからです。
null

その栄光の地の名は平安の都(エルサレム)。明日香は朝鮮語の安宿の転、奈良、平安京は意味そのままに。古代祭祀を彩った民の姿が偲ばれるはずです。また前方後円墳はモリヤ山を理想形にしたものでしょう。日本の土質は軟らかく築山には向いています。
null

4月23日
またあるいは、アンク十字(エジプト十字)のデザインとも理解できそうな中東風のイメージが伝わってきます。エジプト、カルデア、ヘブライと祭祀が伝わったとすれば、それはカバラです。
W.バトラーによれば、生命の木において最も重要な典礼儀式が中央柱の回流の儀式とされます。

儀式の前に、儀式の場に結界を設け清浄にするためにする追儺があります。術者は手刀を構え、アテー(ケテル)、マルクト・・と生命の木のセフィラに沿って掲げ清浄域を作ります。これをカバラの十字といいます。また正五芒星を東西南北各面に描き、魔の付け入る手立てをなくします。その両方が満たされた図形がこれらの発見図形です。
null

はっと驚くのは、これは良からぬ企みの逆五芒星ではないか、ということでしょう。いや、古代三都を囲む場としては内側の正五芒星が適用されたと思われます。神人共存の聖域は少なくとも清浄です。カバラの追儺のシンボリズムは満たされています。
続いて中央柱の回流です。ケテルの理念がティファレト、さらにマルクへと下ろされます。

ケテルの位置には若狭、遠敷の地名が残っています。これは新生(おにふ)と回春の霊流を循環させる意図だったことを物語るものです。それが成功すれば常緑樹の理想も叶うとみられたのではなかったでしょうか。生命の木が予めあるなら、木を永遠の若さに保ちたいと思わないはずがないでしょう。この木こそが中国の伝説に言う巨木・扶桑だったのです。見ても見えない巨木であることは、全長2緯度長(222km)にもなる幾何学構図だったからです。
null

常緑樹の想いがどこまで達成できたかはわかりません。古代祭祀を支えたであろう物部氏の滅亡を以て、その祭祀の歴史は幕を下ろしました。
古代の中国史書にもよく記載された東海の果てにあるという神仙郷蓬莱島、そこにあるという扶桑樹。何でも不死の良薬がとれるとか。秦の始皇帝はそれを求めて徐福を送りました。

未開の蛮族の地であるべきはずの東海の島々が、謎めいているゆえに魅力ある伝説を生んだのでしょうか。おそらく始皇帝が初めて東海の果てに使者を送ろうとした人物でしょう。しかし、徐福は帰らなかった。これに怒り心頭となった始皇帝は方士たちに牙を剥きました。それがいわゆる焚書坑儒です。

方士とは道教のふうがありますが、広く学者のことであり、幅広い見識を持ち、皇帝の要求に応えていたものでしょう。特に始皇帝は魔術や錬金術に興味しました。つまり、カバラが伝わっていたのです。
焚書坑儒の災難を逃れて朝鮮半島に逃げ延びてきたかなり多人数の集団がいました。当時、半島の西側にあった馬韓は

この異形の集団に更に東の山岳地帯を居住地にするよう薦めます。魏書辰韓伝には
>古老は秦の逃亡者で、苦役を避けて韓国に往き、馬韓は東界の地を彼らに割譲したのだと自称する。そこでは国を邦、弓を弧、賊を寇、行酒を行觴と称し、互いを徒と呼び、秦語に相似している故に、これを秦韓とも呼んでいる。

>互いを徒と呼び
からするなら共通する思想集団で聖徒と互いを位置づけていたユダヤ教徒と解せます。大国にあっては、対処困難な王の思いつきが災難を呼ぶことを思い、東海の離島への思いを深めたことでしょう。
河馬は暗号で情報を知らせ合います。扶桑樹の生える湯谷とはユダヤのこと。これで仲間が居ることを知ります。
null

こうして、新羅から南下して大韓から海を渡り、王族の祭祀の高官が生命の木の活性化を助力しようとやってくることになったもようです。
一世紀の後漢書東夷伝には九州の倭人のこと。さらに後漢書倭伝には会稽の東に東鯷人の国が二十以上に分かれて存在すると書きます。その先は謎ですが、新旧唐書により七世紀には日本と名乗る国もあったことが記されます。

東海の離島に奇妙な習俗のあることが中国にも知れるようになり、決して蛮族と侮れないと知れば、侵略と支配を考えるでしょう。それが物部氏滅亡とその後の大化の改新、律令時代という流れになります。

鎌足の娘が則天武后になり、武后の赤子(宝宝)が日本に送り返され天武天皇になったという説。
そこにもう一枚推理を噛ませてもらうと、赤子がそのままやってきたのではなく、長じて武后から多くの指導を受けてから返されたのではないかと思います。それがサチヤマ(筑紫の君)で、唐に捕まった日本兵に混じって共に返されたと考えるわけです。武后が15,6歳で生んだ赤子が30歳頃になってからで671年のことです。

——————————————————–

4月26日
もし天武天皇が母君(武后)への恩義を以て天照大神としたのであれば、天武天皇本人も神話の中に登場していてもおかしくはない。それがサチヤマ転じた山幸(日子ホホデミ)として描かれていると見る。
水原氏が明らかにした能の演目「海人」の、淡海公(不比等)の妹君が唐の高宗の妃となった祝いに高宗から

三つの宝が興福寺に届けられる途中で、宝の一つが龍宮に盗られ、残る二つが届いた、とは宝宝(パオパオ・赤子)で天武天皇のことだろうと推理された慧眼には脱帽するのみ。
能の海人では龍宮に盗られた玉を取り返すため、不比等の契った海女が海に潜って龍宮に至り、これを取り返す。それを古事記では

山幸が釣針を探して龍宮に至り龍神の娘豊玉姫から釣針と共に潮干潮満の玉を貰い受けるという筋書きにしてある。
これで、山幸・天武天皇のところに高宗から贈られた三つの宝のすべてが揃ったという意味になる。
これぞ神話の真髄。不完全なままにして置くものかという意志を表明する手段になっている。

おそらくその補完性が後の藤原氏全盛時代を築いたのかも知れない。天武天皇と武后が目指した天下布”武”にも力を与え、また日本神話の最高主神としての磐石さも実現しているように思われる。
神話を軽く見てはいけません。むしろ、誰しもに薦めるのは自分神話を作ること。それが貴方のフォースになる。

——————————————————–

4月23日
その二年後には壬申の乱で天下を取ってしまうことになります。その勢いは大陸仕込みの軍事力に拠ったものでしょう。いわば精鋭の工作員多数と共に日本の地を踏み、不比等が支援する中、政変を勝ち取ったのでしょう。天武天皇の差配は従来にも以後の天皇にもない革新的なものばかりで、進取の気性に富む大陸育ちの感を持ちます。ちょうど明治天皇(箕作圭吾)がそうだったように。

河馬の線でいくなら、物部系河馬流の衰亡に次いで、大陸系河馬の進出となり、新たなシナリオが日本の歴史として設定されました。それが下降線を目論んだものになっていることは神話を見れば分かります。大陸人のほうが優位でなくてはならないという思想が見て取れます。武后自身も出る杭を打つ方だったとみられます。

武后の日本における天下布武は日本の史記成立と天皇制に始まり、彼女の意志ゆえか、武家政権時代として存続し、明治以降今に至るまでも、仏教では古代三都の中心にあって、光明遍照の大日如来として輝き、神道では天照大神として伊勢に祀られるというわけです。

それは同時に河馬がシナリオとしたうお座の時代精神を顕現するに相応しい神格の起用だったことになるでしょう。
古代の神々の幸う時代に戻ることは、今の世相を見ればほぼ不可能のように思えます。しかし、またも上昇基調に入るみずがめ座の弥勒の時代がやってこようとしているのも事実です。

ただし武后は自身を弥勒菩薩だと自称していたそうです。ならばこれからも武后が日本の支配神として君臨されるのでしょうか。きっとそうですね。令和の元号が令(いいつけ)和(やわす)の意味で、天照大神が最初に発した命令の言向け和すと同義。どうやら日本人はこれからも主体性なく推移しそうでなりません。まさか血と汗が搾取される構図にならなければいいですが、可能性のほどは如何でしょう。
null

4月24日
岩戸の閂はすでに開かれており、いずれ天照大神、天照皇大神、日の大神が揃ってお出ましになると思いますが、まだわかりません。
というのは則天武后も自らを弥勒菩薩だと自称し、あまりにも好位置に設定しすぎの感がありますから。

また、坂本さんも弥勒菩薩だと仰っていて、その経緯話を昔、記録しています。
https://red-avian.info/sinsen/miroku/miroku.htm
この世に取り残された縁者1万人を浄土に連れて帰ることを請願にされているといいます。
また空海和尚からは弥勒下生間近との夢のお告げが彼女に託され私が解読しました。もしかすると、弥勒の顕れは多いのかも知れないです。

どんな弥勒にしたいかは、皆さん次第というか集合意識次第かといったことかと思われます。私が推奨するのは、封印が解かれた天照さんはじめ国祖三神か、もしくは坂本弥勒が善良でいいと思うのですが、それは集合意識次第になるということかもしれません。だから集合意識にはいいインプットが必要ということですね。

今のところは河馬が戦略的にリードしているように思います。元号の令和の意味からして洗練されていて、弥勒時代を迎えるための装いを整えてしまった感じなので。
令(いいつけ)和す(やわす)は、お上の指示に従うことを以て良い人とする時代のこと。同義の言葉は神話にもあって、言向け和せとして出てくると前にも書きました。

ご存じないかも知れないが、天照大神が臣下の神に征服を命じる言葉です。もし大仏と同じお方なら、逆らってもええことはありまへんで。
垂仁天皇が日本武尊に日本の平定を命じた言葉でもあります。一二度ゆうてきかなんだら、たたんじまえという意味ですからね。畳まれんようにね。

引用ツイート
goyasu♪@goyasu787 · 4月23日あたしら小学生じゃねーし

まあ大丈夫でしょう。日本人は神の民であり、従順で誠実で勤勉と讃えられてきました。神もそのような存在が必要として品種改良された結果の民族なのだろうと思います。従順な子羊であることが尊ばれたのです。宇宙に連れて行かれても、Mr.カトーのように着実に任務をこなすような人材。そう、神とは宇宙人だったのです。どうやらユダヤ人もそうらしいですね。

宇野正美氏によれば日本人の40%が謎のYAP遺伝子というのを持っているとのことです。それはスファラディユダヤも持っているとか。しかし、日本人にその割合が多いとのことで、古代にはユダヤ人の流入が盛んだったことがわかるというわけです。
ほら。畿内の特殊な祭祀に多くの彼らが関心を寄せてたからですよ。

———————————————

https://twitter.com/1st64503291/status/1389789768553095169
5月5日
その通り。角のある謎の祭祀集団が夜陰に紛れて儀式をすれば、衆人驚き怪しみ妙な噂も立つもの。生命の木の儀式において、まだ中央柱の回流は定期の公式行事だったはず。その儀式の名を仮定するなら、遠敷(生・新・降)で縮めてオニュと呼ばれたと推察する。
そこに後に怪異を表わす鬼が宛てられた。

若狭遠敷から発される新生エネルギーは都に送られるものであり、カバラによるならさらに串本まで送られ、循環されていたと推する。
だが、大化以後は古代的政道を廃止し、中国の律令制に学び大陸文化の摂取に努める方針となれば、古代祭祀民は存在が疎まれ、鬼や天狗として妖魔扱いされるようになる。

それはそうだろう。新規参入の仏教側は異教の存在があっては困るし、陰陽師が魔者呼ばわりすれば完璧だ。
それでも古代祭祀の真義を知る為政者は、中央柱の回流の一部だけでもと、仏教儀式として若狭遠敷から聖水を奈良東大寺に送る儀式として遺した。それが今にまで伝わる奈良のお水取りである。

ツイートのバックアップ 4/14,15~

https://twitter.com/1st64503291/status/1286975485193281538
·
2020年7月25日
しかし、手の込んだ工作が計画されている可能性もある
要するに河馬の仕業ってことか
https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/d3fd749ded7047b5e0ddd1c0f3e91a29
>非常に致死率の低いウィルスを作る
>SARS とHIVのハイブリッドを作る
>バックアップ・プランとして致死率の高いウィルスを作る。これはフェーズ3で必要に迫られた際にのみリリース

4月14日
これが本当なら、フェーズ3のバックアッププランとやらを出してきたのかも
ただ依然として、電磁波が原因でないかどうか調べる必要はあると思うが

引用ツイート
藤原直哉@naoyafujiwara · 4月14日新型コロナ・バージョン2のすさまじさ。インドの感染者と死者が指数曲線で急増中

4月15日
インド全域ではなく、大都市部だけで出てるデーターかも知れないでしょ
大都市部の電磁波の具合はどうなの?
こんなことも指摘されてるが
道行く人は地面に異変が落ちてても気付かないみたい
https://twitter.com/someone5963/status/1382291674978652161
そもそも人類て何?

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 4月14日ひとり言 5Gが繋がった渋谷で | Jのあっちもこっちも鳩が続々と死亡 https://ameblo.jp/j-out-sider-zz

渋谷で28ギガでしょ
それでも鳥が・・
https://twitter.com/someone5963/status/1382333013430702080
2022年3月までに全国の都市部に配備とか
強毒型コロナと噂される実体不明のものの蔓延と重なるとすれば
如何に焦った河馬の所作としても
うまくスケジュールされてる気がするね

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 23時間5Gの3つの仕様ミリ波 28GHz言うまでもなく高出力で超危険。武漢大虐●の60GHz(酸欠)よりはマシ。sub6 4GHzLTEの周波数を少し上げただけの、なんちゃって5G。WiFiと同レベルの周波数だけど、出力は高いかも?NR現状の4G LTEを流用しただけの詐欺5G。特に気にする必要無し。

4月16日
元はといえば軍事目的に開発されたとかいうね


まさか軍事大国になったインドがそれを知らなかったなんてことはないだろうに

引用ツイート
WATCH DOGⅡちゃん@WDogii · 3月24日マイクロ波は兵器。https://google.com/amp/s/news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/amp/000198655.htmlこのスレッドを表示

今はどこも実験中ということなんだろうね
https://twitter.com/WDogii/status/1374836057938698242
疫学研究か
大都会の人は惑枕もそうだが、先駆けて多大な貢献をするのだろう

引用ツイート
WATCH DOGⅡちゃん@WDogii · 3月25日https://twitter.com/wdogii/status/1324361071566577666このスレッドを表示

4月17日
惑枕といい5自慰といい
疫学の発展のために
特攻志願される方たちに敬礼

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 4月17日【超ド級】新型コロナウイルスは存在しなかった!ワクチンを打ったら死んだエボラ出血熱の真実!エボラやエイズ、ポリオもウイルスはなかった! : めざまし政治ブログコロナ詐欺暴露でどうなるんでしょうかね?口を開けて冷や汗をかいた笑顔 https://rakusen.exblog.jp/29483950/

しかし、何に対しての特攻?
これ見たら、相手はいないらしい
>Covid 19について書かれた4つの論文には、37から40塩基対の長さしかない小さなRNAが記載されているだけで、これはウイルスではありません。ウイルスのゲノムは通常3万から4万の塩基対です。

>Covidが悪さをしていると言われているのに、どうして世界中のどの研究室でも、このウイルスを完全な形で分離・精製した人がいないのでしょうか?それは、これまでにウイルスが発見されたことがなく
>つまり私たちが対処しているのは、毎年のように別のインフルエンザ株であり、COVID19は存在せず…ん?

劇症でぶっ倒れる人が出たというのは、消去法というのか、電磁波しかないのじゃないか、となるように思うが如何。
5G6Gが避けられない流れなら、いっそ脳をコンピュータ端末にしてもらい、AIネットワークの中で生存するというのも人生いろいろで、いいかも知れんね。その節はAI創造神によろしくな。

探偵的推理では今まではそうだったと思うが、
>非常に致死率の低いウィルスを作る・・これは危機宣伝だけ
>SARS とHIVのハイブリッドを作る・・惑枕その他で免疫力弱体化
>バックアップ・プランとして致死率の高いウィルスを作る。これはフェーズ3で・・これが今回かも

引用ツイート
藤原直哉@naoyafujiwara · 4月16日“第4波はまるで違う”大阪の記者が感じる医師の危機感https://www3.nhk.or.jp/news/html/2021

ただし5Gの普及と同期している時なのでこれも予告芝居かも知れない。まあ今は、お岩さんの幽霊に伊右衛門が錯乱しかけているところといった風情か。
仕掛けを打った河馬からすれば、高見の見物ってとこかな。
人類では太刀打ちできんのだよ。逆らえば腰砕けになる催眠もされてるし。おいらもさ。

4月18日
そりゃ、飲めるでしょ
ただ、1年後にどうなってるかは分からないだけ
それに、10日以上たってからおかしなことが起きても、飲まれた水との因果関係はわかりません、お年のせいもあるしと専門家が説明すればいいわけだから
惑枕と同じ扱いにできるではないの

引用ツイート
藤原直哉@naoyafujiwara · 4月18日日本の首相は放射能水を飲めるといっているhttps://futurism.com/the-byte/japan

4月19日
つまり、こういうことなのか?
惑枕だと語っているだけのもの
遺伝子組み換えを人間で試みるようになった
これは惑枕だと言えば製薬会社は免責
疫学研究のためには多少のリスクは仕方ない?
ホント?
キックバックが大きいんではないの?

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 4月18日

かつてはワーファリンだったが、今はイグザレルト
惑枕はどんどん仕入れると言ってるし
いずれ強制接種の流れとなるのかな
世界的にも全体主義化しそうなご時勢
いつまでも拒否はできまい

引用ツイート
世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963 · 4月18日仕事やめる覚悟でワクチン拒否した話|中村 篤史/ナカムラクリニック|note会社辞めますか、それとも、人間辞めますか? https://note.com/nakamuraclinic

昔、ソイレントグリーンという映画を見たことがある
世界から自然がなくなり、荒涼とした都市部だけ
食べ物がなくなったため、一日分の栄養を満たす錠剤が届けられる
錠剤の名が映画の題名だ
その原料は
もう十分に生きた老人たち

ある老夫婦が映画館のようなところで見るのは、かつてあった自然の荘厳な光景
「お爺さん、昔はこうでしたね」
「うん」
映画が終わると同時に静脈注射が・・
つい何の気なしに地デジをつけるとNHKだった
深夜放送は昔の映像ばかり乱雑に繋ぎ合わせていた
おカネ掛けてないな
そして映画を思い出した