これから生き残る人に向けての超現実的アドバイス

私は今後、大建て替え(日月神の仰る)しかないとして、その方向のタイムラインに進みますが、この世界にまだ残りたいという方のために、面白半分情報(つまり漫談的仮説ね)を披露しておきましょう。
これから先、リーマンショックのようなことがあれば、2008年当時の千倍の規模の経済的大津波が予想されているようです。(間違い情報かもしれませんので各自調べてね)
これによって、ほぼ確実に世界大恐慌になり、大規模戦争辞さずの事態になろうかと思います。
未来をデス体験の中で見てきたらしい木内鶴彦さんによれば、生きんがために都市部から郡部に向かって簒奪や殺戮が行われるという未来図で、食べられるものは草でも何でも、たちまち取りつくされてしまうとのこと。生き延びるためには、地続きのところに居てはやられるので、人跡未踏の無人島など孤島に小規模人数で移住して助け合って凌ぐしかなくなるとのことでした。
こんな話をするのは、まだ早いのですが、なってしまってからでは手遅れ。よって、鬼に笑われるかもしれませんが、耳より情報というかデタラメラッキー情報というかを一席。(笑)

木内さんは死後体験で空から地上を見ているわけです。死角がありますよね。宇宙とか地底とか海底とか。
そこで、ひとつは地球上がダメになるからってわけで、火星移住という話が富裕層の間で持ちあがっているのはすでに本当だと思います。しかし、これはコーリー情報でご存知のように、火星に連れて行かれた人の多くは奴隷として、という話がありました。
地球上で今、けっこう大勢の人が失踪しているそうで、彼らは惑星間奴隷貿易の商品になっているとかなんとかいう話。人類は創られた当初から奴隷目的だったからでしょうか、惑星間カースト制度の犠牲者ですね。

私の知人で、宇宙船に乗って片道40分で火星に行って帰ったという人がいて、今度行くときはもう帰ってこないと予定しているそうなのですが、まあ彼は身体を鍛えてきた人だから、将来的にスタートレックのエンタプライズ号などの有能な乗組員(ミスター加藤のような)としてやっていくのだと思うのですが、たいがいの人は気を付けたいところですね。

次に地底ですが、米大陸の地下にはすでに、要塞のような避難所が地下通廊で繋がっているとかで、やはり政府関係者や富裕層を主賓にした居住空間があるとか言います。普通人でそこに一枚加えてもらうというのは、ハードルの高いものがあるかと思います。それに、お金持ちや要人相手というのも、アンモラルさを醸していて、宇宙人が関わるなら、ドラコ同盟系あたりで間違いないでしょう。普通人で入れば、またぞろ、惑星間奴隷市場に差し出されることを覚悟という次第かと。それでも生き延びればオンの字ですかね。

ところで、地底への避難経路としてもう一つあります。コーリーが言う、地球離脱文明の側の地底世界です。この文明は、宇宙文明とは交流はありますが、一定の距離を保っており、地球上文明とは隔絶されてあるようです。そのくせ、地上世界のことをつぶさに見届けてきたらしく、かなり古くから幾多の文明の興亡を見てきているらしいです。アガルタとかシャンバラと言われた文明です。コーリーの話では、すでに4次元密度にあるという聖域ですね。(アセンションしておかないと入れないのか、それとも入門時にアセンション付きなのか)
しかし、ここは世界各地の地底に根を張っていて、人類がいざ滅亡に瀕した時に、幾分かの人々を救いあげて、次の時代に人類を繋げてきたみたいです。その代表的なのがホピ族ですね。
彼らはマサウウという人類の守護神によって、再びこの時代の開始点に置かれた人々でした。

ところで、このマサウウにそっくりな神様が日本にもおられます。スサノヲ様です。前の時代に何かよからぬことをしでかしたとかで、この時代の人類の守護者になったというのがマサウウ様。スサノヲ様も、過去世に天地騒乱の失態をなされまして、地上に追放されて、人類の黎明期に関わっておられます。
そして、古事記でスサノヲ様は根の堅洲国(地底世界)に住まわれているとされていて、地底世界のマサウウ様と同じなんですね。

実は古事記には、過去の時代からこちらの時代に橋渡しされた民族の逸話が遺っています。まさにホピの日本版です。
知りたいですか?  そうならこちらへ⇒ こちら
怖がらないでください。おかしなサイトへの誘導などありませんし、ぜんぶ無料です。
そして、ご覧になった縁のある方にだけ、そこに地球上で生きながら避難できる場所の入り口がありますよ、と神話のネズミではありませんが、お伝えできたらと思います。入り口の場所は、各自でお探しください。仮説は立てられますが、私も知らないのです。

最後に海底があります。そこは海底基地などと無粋なこと言わずに、竜宮と言いましょう。そう、神話モードにならなければ、行き着ける場所ではありません。神話モードはアセンションに似ていますが、神懸かりすれば簡単に入れます。私は日子ホホデミ(山幸)としての神話キャラクターがありますから、割合簡単に受け容れてもらえます。

しかし、私はもっと高邁な理想・大建て替えへの希求がありまして、万民万有情のためにもこれを強く進めたく思います。

 

チン不帰還3日目となる

まだ晴れていた日から、何があったかわかりませんが、チンが帰ってきておりません。
大食漢のチンですのに、いったいどうしているのやら。
帰り道がわからなくなったのか、それとも何かの事故に遭ったのか。
今日明日は雨風が強まる虞があり、いっそう帰還しにくくらないかどうか。
3日間不帰還なら、仏壇で拝むことになります。
チン
ff11.jpg
今日の残る3猫
jj11.jpg

リサランドールさんの多次元理論と異次元と未来人

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MRR5i11szXk
リサさんの仰るとおり、5次元の世界というのは、この3次元世界からでは観測にかからないのです。それを昔の人は知っていて、神(隠り身)と呼んで、実在しているが見えないものだと分類していました。
古事記の神話「天地のはじめ」にその見えない機構について書いてます。しかもこの次元でなく、別天(別次元)にあるとさえしているのです。その機構について、私はモデル化しています。それはコンピューターモデルで、膨大な情報量をこなす超コンピューターという設定です。神の創造の次元なので。
また、コンピューターでモデル化することにより、難しい5次元6次元といった空間概念も簡単明瞭になるのです。それは今のパソコンPCとプログラムソフトの連係動作だけで説明できます。もう今ではほぼ誰でも理解できるでしょう。
古事記・天地のはじめ https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/dan-a.htm
超宇宙のモデル化理論 https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/uchuron.htm
自然科学を対象とする物理学では、人為的メカニズムが潜在しているなどとは、絶対に言いません。感覚的に分かっていても、基礎研究の積み重ねが伝統の科学では、まず解明つかないのです。それに加えて過去の宗教観(神は人為でない)が、僭越な機械モデルでの解釈を拒ませています。
しかし、いつかは、高次元的背後メカニズムを、何らかのモデルで与えねばならなくなります。そうしなければ、神の数式をいくら操っても、現象を製造できないからです。その見込みあるモデルが、コンピューターなのです。古事記も現象生起の摂理の息子が「思い金の神(コンピューター)」としています。

ベテルギウスが爆発してるらしい

約640年前に、同時並行的には爆発してるみたいですね。もうすぐ観測されるとか。
この星は私にとって、とても重要な星なんです。平家の落人の子孫だから? というのもあります。
それより、四神獣のうちの朱雀を受け持つのが私ですから、新神話上ではこの星の力を得て、世界の建て直しをすることになっているのです。
新神話の筋書きでは、パワーチャージしに行くことになっているのですが、爆発してしまったら、ないじゃないかって?
そんなことないのです。すでに私は別のタイムライン上で、朱雀を起動してチャージに行っているのです。
私がそれをしたのは2011年3月のこと。すでに、青龍、玄武は2010年5月、白虎は10月に別天に移行した中で、かごめ歌のいついつ出やるを成就させるべく移行しているのです。いついつ=五月五月
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-965.html
こちらの私は、プレイバックしてリスタートしたタイムラインにいますから、人生は繋がって見えていますが、実は大きく変化しているのです。
そう、別のタイムラインにやってきたと思しき311以降、日本という国は変化してしまいました。あのときを境に、変節してしまったみたいです。
その原因は何か。それは私が、あえてそのパターンを辿る時空にタイムラインをセットし、リスタートしたからでしょう。この森野にあてがわれた時空の中にそれがあるから仕方ないのです。
救世主は、何でもしなくてはならないのでしょう。ただし、単一のタイムラインを使ってというわけではない。この超宇宙が可能にする奥の手がいっぱいあるのです。
それを私は、ツィッター上では、第三時空にいると書いていました。(いまはツイッターも過去カレよろしくやぶっちゃいました) 第三時空は調査のためのタイムラインであり、本命の正神復活への活動と並行してやっておくべき、諸悪の抽出と分析作業のためのものです。
いずれも未来の世界を安定的に平和な黄金郷にするための工程と思っていただかねばなりません。
そして、こちらで観測されるベテルギウスの爆発は、実はそうではなくて、火の鳥の飛翔と帰還そのものだということになります。そのように新神話で設定されています。
むろん、その羽根に触れれば、灼熱を浴びますから、おいそれと近づけません。地殻変動も激しくなります。そしてマキシム時には、赤星のパワーを無量大数倍してスパークし、被観測ソフトそれ自体を一瞬に焼却してしまうことでしょう。
そのとき有情の魂はいったん虚空に投げ出されて、観測する対象がなくなります。いわば電源ダウンのようなことが起きます。しかし、回復可能であれば、また再稼動されるのは、一般のパソコンの非常時処理を見てもらえばわかりいいでしょう。
システム入れ替えがなされて、クリーンになった世界に、原初の世界が再復興されることになります。
地球が、太陽系が、この銀河がどうなるの?・・・大丈夫です。みんなバーチャルなので、新しいソフトに入れ替えるだけで済むのです。
ただし、ウイルスとその汚染のひどい宿主は、完全なる無に帰します。それを解脱と呼んで、救済してあげることになっています。左端から右端まで救済するのがこの救世主の役目です。

面白い発見・・・ネット上の二つのお・ふぉるちゅな映像

とかく有頂天になったタヌキは尻尾を残したがるようです。
ヤツラが最近やたらと自己宣伝しているヤツラのテーマソングはきっとこれでしょう。この曲は、ヒトラーも愛好したそうです。
問題は、曲ではなく、このとき使われている映像なのですが、これは明らかにヤツラの手口や出自を示しているように思うのです。(むろん、推理です)
まずこれ・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=AP_CSQgBPpQ&feature=player_detailpage
No.1パート演奏において、まず出てくるのは、彼らが信奉する神と天使たちです。自由の女神かと思いきや、地獄の差配神(両面を持つ)と十二人の地獄の天使(13神)、そこから善天使と悪天使を権化させて、庶民に崇拝させているという構図でしょうか。
劇の筋書きからすると、庶民は生贄を、この前面に出ている善悪二人の天使に捧げている。庶民の集めてきた骨が、捧げられています。その庶民とは、王侯貴族や商人、聖職者や一般庶民で、みんなゾンビ状態で、同じ方向を向き、操られている。
次にNo.5パートが演奏される。とてもNo.1とのつながりのいい曲です。その中で、劇は、天使が大八車で運んでくる収穫物を庶民がみんなで分け合うシーンになっている。この意味は、ゴイム(豚ども)から取り上げた金品、装飾品を、こちらで分け合っていることを示します。
No.5パートは再演されます。そのときに、庶民のそれぞれがどのような人々かが示されます。世の王侯貴族、セレブな娼婦、聖職者などが、各階層の代表として出てきますが、みんなゾンビの風貌です。そこに第二の大八車で、ゴイムの生贄の骨が運ばれてきて、それが戦利収穫品のようにして、みんなに配られるのです。その意味するものは、ゴイムたちの死と屍の山を成果として喜ぶヤツラの本心の姿です。
これは、ヤツラのいままでしてきたことの集大成であり、ここまで露骨に映像宣伝できるのは、いよいよ最後のフィナーレが間近であることを意味するでしょう。
さて、同じ曲で同じ構成のものが、この映像にも使われています。実に、曲と映像がマッチしていると評判の映像です。つまり、CGながらも丁寧に創り込んであります。1年前にupされています。
https://www.youtube.com/watch?v=VNJy8UCw1gM&feature=player_detailpage
No.1パートでは、マトリックスであることを示しつつ、世の中の進化形態としての今様の都市文明の有様が示される。穏やかな進行部分ではそうでしたが、クライマックスたる躍動的進行部分に変わるや消滅し、格段に進化した未来都市テクノポリスの様子となります。それは、現在の我々の都市文明の真裏でコントロールするアヌンナキの姿であり、我々の都市文明がそこから投射されたマトリックスであるに過ぎないことを示します。
No.5パートは二度再演されますが、それぞれ異なるミッションによる歴史顕現が示されています。つまり、マトリックスプログラムは、ミッションに応じてリローディングされて実演されていることを示します。タイムトンネルによって過去に遡り、歴史が何度も再演されていることを意味します。それは、歴史(時空プログラム)の改変が成されていることを意味します。
我々は、まさにバーチャルリアリティを実物として認識しているということ。それが先進的な知識者であるヤツラが見つけ出した真理なのです。
この二つのビデオによってのみでも、ヤツラがどういう存在なのかがわかります。
ゴイムたちの富と命を収奪した、彼ら選ばれた者たちは生き延びて、やがてアヌンナキを形成する神々となるのです。方法は、コンピューターを駆使したバーチャルリアリティの生成と、彼らの趣向を満たすシナリオによるソフトウェア制作によります。
それはいわばゲームソフトであり、ゲームクライアントは我々、意識ある者であって、事前に何らかの契約を結んで、ゲームに臨んでいるのです。ゲームの途中にはいくつも道標が設けられ、またヘルプを見れば、ゲームの進行がどうなっているかわかり、迷ったときの対処法にも対応しています。
しかし、何度目のミッションか知りませんが、このソフトはずいぶんと邪悪です。悪趣味もいいとこです。マリオのゲームなら、糞溜りの中を行くが如しです。古事記にいう黄泉の国の段階だから? 
クライアントは、たいした説明も受けずにやってきたケースもあるでしょう。私など、こんなソフトなら返品しますし、発禁処分ものどころか、焚書ものだと思います。悪質ゲーセンなら、即取り潰しものです。製作会社には猛省を求めたい。

舞台上の演出か 青天のヘキレキ

ロンバードさん、また言ってますよ。これはいくつかあるイベントの始まりだと。
変な地震が今朝ありましたが、それはビギニングだと。怖がらせるのも、いい加減にしろ、この宣伝マンが。
わたすも夜にほとんど眠れず、眠たくて昼過ぎからさっきまで寝ていて、起きたら晴れてるんです。
寒かったぐらいなので、蚊もいなくなっていたのですが、暖かくなったか一匹飛んでました。
それまではよく降りました。雷もときどきやってきて、ひどいときには家電機器の電源を切ったりもしました。それも繰り返し何度も。
うちの猫のチンが、パニックになって、食べたものを何度、戻してましたやら。雷雨程度なら、もう慣れてるだろうに、私も気が立ってしまい、怒鳴り散らしたからでしょうか。とにかく、身体が大乃国ほどに大きいのに、気の小さい奴です。尻尾をハート型にした、尻尾を巻いたマカラのような、風貌もそれなりに格好いいのにねえ。
ミトラ・バルナの乗り物というマカラは、きっと単なるペットなんでしょう。よわっちいっと言ったらありゃしません。尻尾を立てたマカラだって、そのむかし墜落してたらしいし。猫も足をすべらせて落ちるように、マカラもね。でも、簡便な乗り物になったのです。
うちの猫はみんなでっかくなりました。体重もなかなかのもので、持ち上げられなくなっています。うちのでかい五猫とA家からやってきているおばばである小さいミケの6匹。これらがのべつ幕なしにメシを要求してくる。いまも母猫ウーが、我が嫁さんよろしく、パソの周りにうろついて、あわよくばキーボー乗りしてやろうと、待ち構える異常な妖怪のヤカタとなっています。
さてやはり、今日の日本にたった一回?(そんなことないはず)の地震がM7クラスの巨大な一発だとは。以後、ゼロですか。異常なヤカタとこの日本も化していますね。
舞台設定はできましたって感じですね。不気味さをかもすにはもってこいです。たぶん気象庁も一枚噛んでるんでは。
連動させますよ、と言っているようなものですね。それまでも、学者をしてガンガン吹聴せしめてましたし。
官邸はそんなこと、米さんから知らされていて、知ってるはずですよ。関東は大丈夫と知らされてるはずです。だから、これまでどんな異常な政策も、強引化できたのです。庶民はみんな訝ってましたけどね。何もできない柿の種であることを暴露させてしまっただけでした。
で、シナリオとしては、最大限お祭り的に、中東-極東、同時多発させるということかと思います。(推理として)なぜなら、今回で最後と思えばこその、あっと驚く面白みを用意してくれるはずですから。
オバマ、シリアGo!!と同時に、日本沈没。一方は核ミサイル、一方は地震兵器。
ヤツラをせいだいて怒らせて、こちら方面にひきつけますから、そちらのほうは生き延びてください。しかし、どっちみち、国内はとんでもない実験場になるから、といっても神の実験場だけどね、まあがんばってください。神とはみなさんの考えでは全農の神、このサイトでは邪神のことね。
さて、わたすは昨日はじめて、チッターに参加したのです。というのも、青天のヘキレキについてロンバさんにアスクするためにだったのですが、スルリと体を交わされてしまいました。
わたすのチッター名は、”oichandesga”です。以後、これでチットしますので、よろぴくね。

“舞台上の演出か 青天のヘキレキ” の続きを読む