他化自在? で 意識を移すか

「夢に胡蝶となる」について、物思うこと多いこの頃です。
最近、めっきり夢を見なくなったからでしょうか。
前回の夢はどんなものだったか思い出すに、この日のコマのひとつになったときの夢でした。核爆弾使用の判断を下す王族のひとコマです。これを私は、北朝鮮の金○○と見立てたわけでした。もうひとコマ、王族はいて、その二人で全責任を負って実行せねばならないと、周囲の雰囲気から追い詰められている感じがしていました。金親子かな。王族でない三コマほどは、軍部の重鎮ではなかったか。ほんとうはしたくないんだけど、抜き差しならないようになっている感じでした。だって、王族の継承が適えば、正日にとってはいいわけですから。
あれから何日間見ていないのか。昔はそんなことは絶対になかったのに。
同じ背景の夢を、ストーリーを違えて見てみたりしたこともよくあったのに。
今は、その夢すらないというか、憶えていないだけなのか。
それで結局、私の存在すべきパラレルワールドが、もういつしかなくなったのだろうということしか言いようがないのです。パラレルワールドの私のほうが先に死んでいるのでしょうか。こちらの私が死ねば、どこに行くのだろうと思ったりするのです。
さて、そこで前回の不思議な夢について、また深く考えてみるわけですが、
私のパラレルワールドはもうない。しかし、他者の人生を自分のことのようにして味わうことはできていそうです。
たとえば、金正日の側近になって、彼をしてユーモアたっぷりにゼスチャーさせてみたりしたのは、他でもない、私だったのです。
これは他化自在という境地なのではないのでしょうか。つまり、その人物に成り切って、コントロールすることもできるといった。
北朝鮮にばかり意識が飛んでしまうというのも変な話なのですが、金の側近になってみたり、そのものになったりしているのでしょう。
そして、彼の心情も何となくわかるのはなぜ。
彼は親日の心を持っているように感じたのです。
親の日成が、もしかしたら日本人の種だったのではなかろうか。
もうとうに話半分の世界ですが。
日本には、ノドンで百発狙っていても、彼は撃ちたくない。
攻めるなら、むしろ韓国のほうを攻めるだろうと。
日本への敵愾心を誇示することで、国内の意思統一を図ったが、それは星一徹を超えようとする飛雄馬のようなもの。ほんとうは故国への憧れのようなものがあるのではないか。
しかし、築いてきた敵愾心が周囲の側近たちとの共有物になっていて、もはや意志の変更は効かなくなっているといったことですね。
まあ、話半分、妄想半分ということで。
今回、孤立感を深めた北は、もしかしたら原爆記念日から終戦記念日までの間に、暴発日を予定していたのではないか。それを事前に察知できるのは米国だけで、これではまずいと考えた米は、クリキントンを贈って、北の意思を和らげたのではないかという気がします。
あの正日の喜びようはほんものですよ。クリキントンとの取り決めがあって、軍部に対して成果を出すことができたからです。
それに比べて日本は、裁判員制度で持ちきりで、こんなノー天気な国民もないでしょう。マスコミが日本人面して威張っているだけの国なのです。
そのような日本には鎖国こそが似合っているのであり、世界にそう宣言して篭らなければ、国が存続しないような気がします。まあ、奇跡的に保っているのは、国津神の守護が徐々に浸透しつつあるからとしておきましょう。

雄牛の帰り雲ロマン

なんと、ベンジャミン・フルフォードさんも丑年なそうな。
そして雄牛の性格をどどーんと書いてくれてまっせ。
https://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/
「雄牛はトラやライオンより強いが、弱い生き物を守るためにだけその力を使う。地球が人間牧場にならないために2009年は雄牛が角を悪者に向ける。必要であればそれを使う。必ず人類を守り抜く」
と、心強いメッセージを書いてくれている。
そういう私も丑年の雄だ。彼と似たところがちっとはあるかな?
さて、本日午前中のNHK番組は絶景と風流風雅のオンパレードだった。そんな中に、パラグライダーからの紅葉の有様を映していたものがあったが、空から見た飛騨の白川郷の合掌村の風情には感じ入るものがあった。というのも、合掌造りの十兵衛という民宿(今もあるかどうか)で、発掘調査成功の打ち上げ会を行なったことがあるからだ。それはもう、今から30年前のことだ。
何の発掘調査だったか。それは天正十三年の天正大地震で帰雲山が山崩れを起こし、その麓にあった内ヶ島氏の居城・帰雲城が埋没してしまったとされる伝説の場所を探し当てるというもので、それまで伝説のみ残り、まったく場所が特定できなかった遺跡であった。
しかし1979年5月5日、勇壮な戦国時代を語るに相応しい端午の節句の日、民俗研究家で埋蔵金伝説作家である村上良行氏を団長とした、私を含む有志一行15名で現地(御母衣ダムのやや南・保木脇から庄川を渡った東岸山側)に赴き、踏査開始から一時間ほどで、城跡とおぼしき何条にも及ぶ石垣を発見したのだ。その他、東側山肌には土砂崩れの痕がはっきり残っており、もろい砂岩質の山肌からは風が微かに噴き出していて、その奥にはたぶんに空隙ができているという感じがしたものだった。おりしも一本の山桜がそのありかを示すかのように咲き誇っていたのを憶えている。
その夕方、民宿十兵衛で地元の芸達者さんたちが民俗衣装姿で三味線を弾いてもてなしてくれ、翌日の地元新聞では帰雲城跡発見のニュースが流されたのである。その後、国道沿いの保木脇に帰雲城跡の立て看板が設けられ、その地区は教育委員会の指示で立ち入り禁止になったと聞いている。
私は1949年生まれ。今が2009年。そのちょうど中間地点の1979年(昭和54年4月末)は、私が某大手会社を辞めた年であり、その辞めた直後の発掘調査参加での快挙だったわけだった。
その後、村上良行氏とは二年ほどの親交があり、なかなか売れない作家家業で娘さんを一人前にしようとがんばっておられたときのご自宅に訪問したさい、いきなり私に一冊の古い文庫本を差し出し、「これ、面白いから読めや」といただいたのが、W.バトラー著の「魔法入門」だった。
まさかこんな畑違いの本に興味されていたとはびっくりだったが、魔法はすなわち錬金術であり、彼が持ち味だった一発山師的な埋蔵金発掘の夢と重なるものがあったのかも知れない。私は、むしろそこに書かれていた「カバラ」のほうに惹かれた。そして、私自身のそれまでの古事記研究と、カバラ(ユダヤ神秘思想)への興味とのドッキングを経て、「古代日本謎の中東思想渡来考」が生まれたのだった。
同発掘部隊の知人の話では、村上氏はあれから二年ぐらい後に肝臓病で亡くなられたとのことだ。知人は、彼は酒の吞みすぎで命を縮めたと言っていた。名がなかなか売れないこと、付き合いも欠かせないとのことで、酒量が多くなっていたという。それでも彼は、帰雲城発見で勢いをつけ、当時流行のイレブンPMに出て、清洲神社に眠る埋蔵金発掘とかタイトルした番組で、我々発掘部隊をスタジオから指示、叱咤していたくらいだったのだが。
私は村上氏の跡を継いでいるような気がする。私もいろんな発掘をいつしか進めているからだ。
また山師的なところも似ている。今の私は何か漠然としているが、やはり宝を見つけようとしている。
世界を救う宝(神話)とかUFOとか。それも自分で手にとってみなくてはならないと思っている。
足は歩かねど、ものすごい冒険をするインディー・ジョーンズのように思っている。
それも雄牛のように正義感に燃えた冒険家だ。想像世界の冒険家だ。
悪者を駆逐し、地球と人類を守り抜く雄牛でありたい。
*村上良行氏のことはさすがのネット情報にも出てこなかった。
また、帰雲城城跡の場所も、未だに諸説ふんぷんとしてあるようだ。
未だに怪しげなグループがあっちだこっちだとやっているようである。
https://www5.ocn.ne.jp/~tenpoint/
実に怪しい。というのも、石組みをたどって山すそを掘り起こせばよいだけのはずなのだ。
帰雲城に詳しいサイト⇒ https://woodone3831.web.infoseek.co.jp/c-1-3-5-6-siro-KAERIGUMO.html
そう。そこは潤沢な金を蓄えていたであろう内ヶ島氏の居城であった。最大級の埋蔵金伝説の地なのであり、もしやの利益に絡もうとする県教委や新来の発掘調査団体は、場所がすでに分かっていても、衆目をくらます対策を講じているに違いない。こうなれば埋蔵金が出尽くすまで、城跡が特定されることはないだろう。
村上氏の功績はこうして封印された。彼の名は今やどこにも載っていない。まるで帰雲城とともに埋蔵されてしまったかのようだ。あの人はほんとうに実在したのだろうか。今となればメルヘンとなってしまった。
ただ、昭和54年に地元有志によって建てられたという帰雲神社が、村上氏はじめ我々一行の往時を記す記念碑になっている。

近未来への警鐘ブログを作ろうか

yasu8さんとの約束をひとつ果たしておこうかしら。
掲題のようなブログをひとつ用意して、いちばん怖いような話をいろいろと仕入れて、発表していきましょうか。
たとえば、次のようなサイトは元専門家だった人たちの説諭ですから、裏話まで分かりやすくしてくれています。それ以上につける薬はなくとも、私も神話の劇薬を混ぜながら解説できたらバリューも豊かになるかもしれません。
https://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/  ←正義感に燃えた命知らずのジャーナリストのサイトです
https://310inkyo.jugem.jp/  ←主として科学的分野の陰謀を伝えています
https://blog.livedoor.jp/nevada_report/  ←ここなど、専門新聞ですらも言わないまっとうな情報を惜しげもなく出してくれています
https://alternativereport1.seesaa.net/  ←行き過ぎの感あるも裏情報の深読みをするには好適か
https://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm  ←過激すぎる感があるが、情報を拾ってきてくれる力は抜群
https://ytaka2011.blog105.fc2.com/  ←yasu8さんもリンク先にしているところをみると、関連サイトなのかも
https://www.y-asakawa.com/index.html  ←いちばんバランスがいい(記事目録は半分ほど下にある)
https://goldentamatama.blog84.fc2.com/  ←たぬきおじさん、いよいよブローバンド常時接続となり、更新頻度上がるか
https://blog.goo.ne.jp/2005tora  ←イデオロギー的には右翼系だが、経済展望の論調はすごい
https://www.funaiyukio.com/  ←ご存知、船井幸雄さんのブログ
https://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/  ←文字を見ずともラジオを聴く感じで学べる
こうしたところから引用して、こうした努力を世に知らしめていきたく思います。
いたずらに恐怖心をあおるのは、フリーメイソンのやり方ですが、いまは大衆の目を覚まさせる意味で、新神話の行程にも必要な弥勒思潮運動なのです。最終目標は違っても、コラボするところはしたいと思います。

バッファロー正義に燃えて臆病を返上

お盆の時期にもけったいな情報的なシンクロがやってくるので、敬虔な人類のみなさんには申し訳ないが、ちょっと書いておきたい。
先祖供養とは遠くかけ離れているため、今は読まずに、お盆が終わってから読みたい人は読んでもらいたい。
まず、見終わるまで長くかかる映像をお送りする。
要点を言うと、群れから外れて、ライオンの襲撃から逃げ遅れたバッファローの子供が、まさに食べられる寸前で、戻ってきた親たちの反撃によって救出されるというものだ。

弱小な一般市民たちは、遺伝子に刻み込まれた種族の臆病さを克服して、ついに生贄を要求し続けていた抑圧簒奪者を追い払った・・・ようなことを象徴しているような映像だ。親バッファローの、及び腰ながらも果敢に攻撃する勇気に心を切り替える場面がミソだ。視聴者数1000万を超える空前の大ヒットとなっているのも頷ける。
自然界の「弱肉強食」の掟からすれば、致し方ないことのように思われていることがたくさんあるが、これは「自然界でさえも、随所でその節理自体の是非が問われている」シーンであろうと思われる。日テレの報道番組で流れたために、探したところ見つかったものである。たまたま、次のような記事を思いつくままに書いていた矢先のシンクロとなった⇒ https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-359.html
自然界においても義憤の反撃があるなら、人間界においては言うに及ばずであろう。
そのようなとき、またびっくりするような話を見つけた。
https://alternativereport1.seesaa.net/article/50333133.html
私からすれば、背後のことは自明の理だったようなものだが、よもや聖書の原型がこのようなことを語っていたことまでは知らなかった。
-------------------
ローマ・カトリック教会の用いる聖書(旧・新約聖書)よりはるかに古い(8000年前)、最古の聖書である、古代シュメール語版聖書の中には、こう記されている。
神は天から金塊等の貴金属の採取のために地球に訪れ、人類に貴金属の蓄積を命令した。神は人間を家畜として育て、人間の肉を食べ、血液を飲み、食事とした。神は、「一部の選ばれた人間達」に貴金属採取を任せ、地球を去った。「選ばれた人間達は」貴金属採取のために、神の命令の下、全人類を奴隷とする権利がある。この奴隷を使い金塊を蓄積し終わった時、不要になった奴隷の全人類を戦争で絶滅させ、神の来訪を待つ。人類の絶滅と金塊の蓄積を確認した神は、地球を再び来訪し、地上に「神の国」が実現する。神に「選ばれた人間達」は、他の人間達を支配する権利を確認するために、「神を真似し、神と同一の行動」を取る。神と同様、選ばれた人間達は人間を殺害し、その肉を食べ、血液を飲む儀式を定期的に行う義務がある。
------------------
これは本当のことなのか???
よもや戯作しているということはないのか?
私としては単に、マトリックス主催者とはこういう存在として捉えるだけでいいと思っていたのだが、ここまで出揃うと、私の今までの仮説はもはや真実と言っていいだろう。
この神の意向を汲む者は、「選ばれた人間達」つまりエージェントとして動いていることになる。貴金属とはモロにその意味なのか、それとも象徴なのか。(人間の意識体験、感情、真理の発見といった、彼らにも啓発になるような美味しいもの、あるいは勤勉の労力、血と汗といった)
そこで、あのバモイドオキ神の絵柄を思い出す。酒鬼薔薇君はとんでもない神と対話していたことになるが、むしろ素直に神の実像を見ていたことになろう。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-100.html
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-291.html
そうした邪神含めその代理人的ヤカラは、地球の自然界に住む立場の我々からすれば、インベーダーつまり寄生虫でしかない。我々もかのバッファローがやったように、勇気を奮って追い出すということも必要ではないのか。そのためには、まず根本を知ること。目覚めることしかない。
だが、今は残念ながら人類そのものが洗脳されていて、寄生虫扱いの上、全滅させられつつあるようでならない。それは支配神の思う壺、シナリオ通りでしかないことになる。
また、これはUFOや宇宙人の問題、予知夢など含め予言の根幹にも関わることだ。善良一辺倒神話は見直すべきであるし、慎重な見極めが必要になるだろう。すなわち、残忍なエージェント側に着いた者の工作である場合のあること。これからの忠実な手下として、危急時に救うUFOもあるということを見越さねばならない。
私が生き延びよ、桃の実の救いがあるからと声を大にしていたのは何だったのか。もはや、何が何やら、さっぱりだ。
サバイバル後にもカンが必要とは。いやはやたいへんな時代になりそうだ。

ラストバタリオンへの期待

ヒトラーが生前に用意したとされるラストバタリオン。心の底で期待してしまうのはなぜだろうか。
ヒトラーの画策したことは、確かに多くの殺戮を伴う無残なものであった。だが、その信条の裏には、おそらくは未来の、ユダヤによって形作られるおぞましいビジョンが、彼特有の霊視能力で垣間見ていたからとされている。
そのビジョンとは、今まさに米猶が世界平和に対して牙を剥き、侵略し破壊してやまない光景であっただろう。米猶がしているのは、殺戮よりももっと残酷な、人としての機能を損傷させて、動物以下の状態で生きながらえさせるという刑罰を異邦人に対して与えることであるらしい。
彼らの宗教思想は、あたかも平和の仮面を被っているが、人類の存続を願うものでなく、選民による速いパラダイスの到来を希求するものゆえに、むしろ異邦人の滅亡と世界の破壊を画策することになると、誰しも読めなくてはならない。
唯一、国際的な良識の府として設立された国連に対して、もはや事態の収拾能力を期待する声が聞かれることはなくなっている。
以前の記事でもしたように、日独伊が戦勝していたなら、もっと良い展開がありえたと信じたい。だが、そのパラレルワールドは過去の幻想として埋没してしまった。
そこで、ラストバタリオンに期待が向かう。
この記事を書いているときには、私は彼らにもうこの際、人が思っているような世界の救済を期待したりはせず、むしろすべてを終わらせる役目を果たして欲しいと思ったりしていた。
だが、推敲をめぐらすうちに、様々なシンクロがあって、改まった解釈をファンタジー的ながら先の記事に書いているのでご覧願いたい。
ラストバタリオンの噂を知ったのは、つい最近のことで、あまたある預言の中のどのあたりを占めるのか、分析しているところだ。
もしかすると、古事記の「黄泉の国」からの大脱出を助ける桃の実のことかと思ったりもしている。これなら、生き残るべき人類の救出に当たる役だ。むろんそのときには、黄泉軍(地上軍)を撃退してしまうシナリオが併せて存在する。ヒトラーもこれなら溜飲を下ろすことだろう。
いつからか偶然にUFOの件で活動するようになっていたが、今ではそれとこれを結び付けて考えているしだいだ。なぜ、UFOをライフワークのようにしだしたのか。
私は、たぶん実際にUFOの搭乗員と会見しているだろう。26年前に夢で見たのは、記憶を一旦消された40年前の経験的事実であったと考えている。ダークスーツ姿の英国風紳士だったが、旧ドイツ兵だった可能性はなかったか。これには目撃者もいて、照合が取れているのだ。
あのときいったい何を話し合っていたのだろう。未来がどう展開するか。彼らが何をして、私がどう関わるか。そういった細々とした仕様が語り合われていたように思うのだが。

宇宙人はや(2)

Gの嵐(関西版)を見なくてはと深夜寝ずにテレビを見ていた。
内戦と飢餓のスーダンに医療行為をしにいった医師がいる。妻子を残して。
我々はこういう優れた人たちに対して何してやれるわけでもなくただ頭を垂れるのみだ。
同様にスーダンの住民に対してもである。
フランスではアフリカ・アラブ系の若者が暴動を各地で起こしているという。
貧困と差別。困窮地帯から移民を受け入れた国でありむしろ善意であろうとしたはずであろうが、集合の中の同列にあると認識する人は周囲との差別化にもろく、ただそのことだけで恨みを持ってしまう。
社会というもの自体、その中に様々な種類の集団と同列意識を抱えており、そのおのおのの集合の中に競争と戦いの種が存在する。
誰決めたとなく、自然にそのような社会が出来上がるのが人類社会。とすれば、人間であること自体、もとより心休まる存在ではないと言える。
幸福の器が初めからないのであろうか。あるいは、幸福とは何かを未だ知ってはいないのかもしれない。集合の中でそれが実現できないと知って隠遁する人も多い。
ここはやはり、宇宙人に会って意見を聞きたい。すべての人の幸福を実現できる社会について。
そう思いつつテレビを見ていたところ、いつしか眠ってしまっていた。
Gの嵐はどうだった?はや。

“宇宙人はや(2)” の続きを読む