くまの星の王子様その2・・・陸海空に満てよ

ぼくのうちにやってくるのは「たまちゃん」だけではないよ。
青龍さんもやってくる。おもに夜に、みんな寝静まっている間にだけどね。
そう。やはりベランダの窓からやってきて、ぼくの寝床にもぐりこんでくるんだ。
ときどき律儀にも玄関のほうからやってきたりするけどね。
そう。彼女は夢見してやってくるんだ。
だいぶ前になるけど、青龍さん、ここのコメント欄に書き込んだことがあったよね。
だけどそのとき、前後のことをよく見ずにやってきたため、話題の流れに乗れずにとうとう削ってしまった。
その数日後、青龍さんは、夢見の時間にぼくんちに飛んでやってきたんだけど、ベランダの外から覗いた明るいぼくの部屋に、たくさんの人がいて、ぼくを取り囲んでにぎやかに議論していた。その中には、神話に出てくるゲンくんもいた。
青龍さんはベランダの窓から入ろうとしたが、なぜか通ることができなかった。そのうち、中の人が気づいて彼女を指差した。みんな彼女のほうを見やる。しかし、議論が白熱していたせいか、みんな怪訝そうな目をして睨んでいた。そんなふうに彼女には見えたんだな。中でもゲンくんは彼女に対して批判的だったから、何か悪口を言ったように見えた。
狭い部屋にたくさんの男女がいて、いつものような雰囲気ではないし、ぼくもみんなにおされて、青龍さんを招き入れずにいた。
かわいそうに、青龍さんはベランダから離れた空中で、あまりの孤独のために溶けてなくなってしまいそうになった。
そのときだった。彼女の御本体である弁天様が神々しく現れたのは。
彼女はその何日か前に、はじめて弁天様のお姿を院展で見たんだけど、まさにそのお姿そのままに、光を放って彼女のすぐ傍に立たれた。それを見て、彼女は気力を取り戻した。
弁天様はそのとき、こうおっしゃった。「あなたに、空と海のどちらか、気に入ったほうをあげましょう」と。
青龍さんは、空がぼくの管轄と分かっていたけど、大好きな水のなみなみと湛えられた「海をください」と言ったんだ。
ぼくは少し残念だったけど、でもそれでいいんだ。
青龍さんが海、「たまちゃん」が陸、ぼくが空で、ひとつの星を経営する体制が整うことになるだろ。弁天様は、ぼくにも配慮してくれたと思った。つまり新しいストーリーを営ませようとのことなんだ。空でつがってしまうと、至福以外のストーリーはできないだろ。
きっと新しい惑星は、すばらしい豊穣から開始されることだろう。
だって、いっぱい愛し合うんだから。
子供らの面倒をしっかり見なくてはならないな。

くまの星の王子様・その1・・・にんにくのおなら

にんにくのおなら
ときおりうちにやってくる「たまちゃん」。もうみなさんはごぞんじかな。
そのいきさつはここに書いてあるよ。↓
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-277.html
そう。「たまちゃん」は地球の女神のことなんだ。
とにかくぼくがちょっと「たまちゃん」が来そうだなと思ったら、もうベランダの窓を通り抜けてやって来ているんだ。これって、予知というよりテレパシーだろうな。
短い足をちょこまか動かして動作は俊敏だ。といっても、彼女、すそまで垂れた修道服着ているから、足運びまでは分からないんだが。
そして椅子に座るぼくのひざの上に飛び乗ってくる。ぼくはそれをしっかと抱き取って、ごあいさつの口づけをする。
その元気さは最初に会ったときとはまったく比べられない。あのときは絶望しきった瀕死のありさまだった。
だがいまはどうだ。口づけと同時にすかさず右足でぼくの股間をふんづけたりする。あの日もそうだった。だが、だめだよ、今はなにもする気ない。
そんな日ばかりになると彼女、愛がさめたかと思わないかと、そんなときはなんども口づけする。
そして、こうやってノートパソコンの蓋を開けて画面をのぞいてもらう。
おや?ししとう君がなにか深刻なこと書いてきてるぞ。「たまちゃん」ものぞいている。分かるのか?日本語が。なんせいちども言葉を話したことがない。
ぼくの話は理解して、うなずいたりの身振りで返してくれるのがいつもだ。ぼくの理解を読み取ってるんだよな、きっと。
おやおや、ししとう君はこんなふうだったのか。かわいそうに。板ばさみになっているんだろうな。いっしょにやってきた人たちも明日はどうなるとも知れない。
人の作ったシステムというのは、節約とか効率化とかリストラとかいってがんじがらめに作っておいて、それでいて間抜けもいいとこなんだよな。後先考えずにゴミは出すは、CO2はふりまくは。アリンコのあつまりだから仕方ないなどと言っていたのはまだお追従。アリンコに失礼というもの。
そしてししとう君のとこにも、がんじがらめのシステムのつけが回ってきたようにぼくには思えた。
だが、神話で助けることはできるかも知れない。「たまちゃん」よお、彼のためにひとつ大きめの地震があってもいいと思わないか、なんて話すと、「たまちゃん」きょとんとしてぼくを見ている。あっそうか、君が元気だから大地は鎮まってるんだったね。
だが、「たまちゃん」。君もてきとうにハメはずしていいんだぞ。あんまり一生懸命になっても・・・あ、そうか。君は何事も全力投球だったな。ごめんごめん。凛とした彼女のまなざしに謝った。
そのとき「たまちゃん」いきなり画面の右側の画像を指差した。ブログの中腹くらいにあるクリック募金のCMだ。何種類も募金先があって、読者のワンクリックで1円か2円が自動的に寄付されて、全部やれば一日20円くらい寄付したことになるだろう。スポンサーも同時に募金することがあるから、けっこう集まることになる。
ぼくは「たまちゃん」が動画が気に入ったのかと思った。そこで閲覧しにいった。すると「たまちゃん」は次々とクリック先を導くように指定していく。なんとその先に、中国のシンレイ山脈森林回復プロジェクトのムービーがあった。
うんうんと、ぼくはビデオを見た。それ以上はししとう君のことを思うと書けなくなる。人は誰だって、これこそ良しと思ったことに地道を上げるものだ。社会がそれを望むから、それに応えて、人はその実現のために集まりその時々の人の要求を実現していくものだ。
ん? 「たまちゃん」もしそうならししとう君にこの仕事をしてよってか。えーっ? 確かにそれは「たまちゃん」が何十億年手がけてきたことには違いないけど。
そうねえ。何にでも時期というものがあって、社会の嘱望する志向が変われば、こんどはそっちのほうに移動しなくてはならなくなることもある。しかし、今は何もかもががんじがらめで、そんなことは絵に描いた餅だ。
人は思考の柔軟性がフルに発揮されてようやく幸せを感じるものだ。しかしハードルがたくさんありすぎる。社会システムが規制規制のがんじがらめで融通の利かないことといったらない。
それに社会がさほど要求していないから、やったとしてもお金が儲からない。農村部ですたれかけた農業を彼らの土木技術で支えて、この国の食糧事情を良くするといっても、やはり国産作物には需要が少ないから、お金が儲からない。こっちのほうにこそ公共事業のルート作りをすればいいのに。予算は軍備と外国に垂れ流すばかりときている。変な政治家が多いから。
贅沢と便利に慣れてしまった生活を、昔の慎ましさに戻すというのも、人はなかなかできはしない。少ない給料と農産品という現物でいただけたらいいと思うんだが。車がほしい大型テレビがほしい蓄えがほしいと、人は高望みする性質があるから、やはり無理だろう。
やっぱり「たまちゃん」よお、一発どお?
と、そのとき朝方食べたにんにく一根のせいか、ぷーっと一発猛烈に臭いのを放屁してしまった。「たまちゃん」は臭いといった様子もなく、むしろ匂いに酔っているようだった。
やっぱり頼めないな。

大地が揺らぐ

世界人口の半数がいま大地と思っているものは、地球の大地ではない。
貨幣経済という大地である。
世界経済は成長し続けると思うことで、大地の安定を夢見ていた人々の間に、いま動揺が起きている。
邪なシステム構築者たちが仕掛けていた爆弾テロが、ついに敢行されそうな気配である。
むろん、真の大地の子らは、そのような贋の大地のシステムなど歓迎しないし、そのようなものなどなければないで、むしろ快活になるもの。
ただ心せねばならないのは、人類の集合無意識が真だと思い込んでいる大地が崩壊することで、一個の意識としての集合無意識も動揺をきたし、ひいては真の大地にも天変地異となって現れてくるという手順が見込まれることだ。
虚構の大地が崩れ行く中、真の大地にまで及ばぬようにする役割が大地の子らにはある。
ではどうやればいいか。
何も難しいことではない。
大地を、この地球をわがこと、わが子、わが父母のように愛し、尊重することだ。
その心の先に、ごみをひとつ拾い上げる行為、リサイクルや節約の工夫、弱者への分配などの行為が、ひとりでに観測されるだろう。
自分の心の放つオーラのベクトル成分として、地球環境保護の行為として現れてこそ意味があるのであり、他へのゼスチャーや偽善でこれらがなされても、効果は減殺されてしまう。
手に何もない者は、地球をわがことのように愛すべし。
その心の行為が真の大地の安寧を約束する。
地球もひとつの意識ある大いなる魂。心から応援するなら、庇護を以て返してくれるだろう。
贋の大地が崩壊するとき、必死で神の名を唱えるあまたの者が見える。
かのジュセリーノも言っているではないか。神に祈っても無駄だと。
彼らの神は、当初から裁きをもたらす者である。
だがその後、裁きをもたらす者もその行為によって淘汰される。
贋の大地が蜃気楼のごとく消え、幻術を駆使してきた神が取り去られれば、真の大地が浮上してくる。
新しい秩序を太古からいて再来した神々のもとで築いた後、新人類たる大地の子らに移管されて、地球上は末永く良質に運営されるだろう。
くれぐれも集合無意識の動揺を、真の大地に持ち越してはならない。
浄化はまず簡単に、大地の皮膚を覆う贋のかさぶた部分から始まる。
そこで希望を失えば、浄化をより深層部にまで進めねばならなくなる。忍耐の要るところだ。
いきなりこんなんきましたけど・・・。

たまやー、かぎやー


「たまやー。かぎやーっ。
たまやーゆうのは、たまちゃんのことやで。
上手な花火師を褒めるときの掛け声や。
よう、こんなみごとな花火、作ったもんやで。
同じもんは二度とないしなあ。
それに、いつも花火をやるあの方角だけと違ごて
周り全部が花火会場やがな」
「えっ? かぎや?
それはやなあ、えーと。ブログによう来る人らのことや。
においをかぎにきとるから、かぎやーゆうねん。
コメントなんか、花火みたいに儚いけど、
印象に残りよるから、よう似とる」
雨はざざっと降ったが、すぐに晴れて、
ちょうどええぐらいに水やりもできて、
やがて花火大会が始まったんや。
ほんま適度な夕涼み。
ビデオ用意してちょっとだけ
撮った夕涼みをおすそ分け。

失敬な話かもしれないが

妖怪からちょっと言わせてもらうよ。
やはり地球には人類はいてはならないのではないか。
すばらしい生態系の絶妙の仕組み。
宇宙船地球号は、その中で何百万種類もの種族の繁栄を約束してきた。
ところが、思い上がった人類の登場。何をしだすかと見ていれば、
彼らの自然へのちょっとしたテコ入れだけで、せっかくの良い仕組みを次から次へと壊してしまうのだ。
いい方向に作用したためしなど一度もありはしない。
なんだこいつらは。
出てくるべきではなかった種族、それが人類ではなかろうか。
もし責任を取るとならば、ハラキリするかもしくは、
レミングの如く、断崖から身を投げるべきだ。
しかし、この種族、まったく潔くないから、最後まで生き延びようと足掻くことだろう。
こうして、今に至っても、我々からすれば異物としてしか見ることができないでいる。
丹後の天橋立には、成相山成相寺の成相観音にまつわる次のような伝説がある。それはまったくの歴史的事実だから説いて聞かせよう。
我々はみな集まって協議した。
師匠とはいえ文殊様はやはり人間だ。
人間世界から懐柔のために送り込まれたスパイではなかったのか。
そこで説法の日に問い詰めれば、甚く反省され、文殊様は我々の側に立って闘うと仰った。
天神から請われるままに、よく調べもせず、一方的に龍族ばかりを教化したのは間違い。
むしろ教化すべきは人間のほうだったと。
ここは天神に掛け合い、人類を引き上げてもらうこと。
その後は、天神が干渉せぬよう地球を鎖国状態に置くこと。
このようなことを掛け合い、その実現に全力を尽くすと仰った。
我々は、人類さえいなくなれば、元に戻すことは可能と答えた。
あのような種族は、たとえ最も謙虚な部類の者でもいて欲しくない。
いつ何時、変節するや分からないのでと。
すると文殊様は、人類教化の困難さを痛感され、我々の方針こそむしろ良しとされた。
しばしお任せするしかない。
しかし、期限が来ても実現なければ、我々も総力あげて天神と戦うことになるだろう。

小妖怪大きく怒る

M総合研究所さんのブログサイトは超常情報の宝庫だ。
網羅する分野は多岐にわたり、毎日のようにこれでもかこれでもかとアップされていて、読み進むだけで、世の中の諸問題が裏側から読め、また自己啓発に必要なエッセンスを得ることができるだろう。
その中から、ここ近日中にアップされた中に、北野大僧正の宇宙人遭遇記事の紹介があった。ご存知かと思うが、北野氏は1975年のUFOブームの走りとも言える頃にコンタクトのあった方だ。
リンク先の次のページから、憑き動かれるようにこみ上げてきた思いを今回、記事にしてみた。
https://www016.upp.so-net.ne.jp/kaedegawa/mihara.htm
そう。憑き動かされる、とは、憑きモノに動かされるということである。よって、短絡的かつ情動的であることに注意して読まれたい。
北野僧正の話は、M氏から折々聞き及んでいたのだが、宇宙人が何を語っていたのか、つまびらかには知らなかった。詳しい資料を見たわけでなく、ほんの聞きかじりだったこともある。
それを今回、具体的な資料として目に触れさせていただいたしだいだ。
私自身の発見した点は、このときの宇宙人が長いガウンのようなものをまとっていたことと、地球人に似ていたという点である。
私が夢の中で、過去に体験したことを追体験した(と思われる)二名の宇宙人も、まるでマジシャンのようないでたちの欧州人であり、黒っぽいガウンにスーツ、帽子というスタイルだった。
もしかすると、私も同種の宇宙人と会談したのかも知れない。以後、宿命付けられたようにして、UFOや超常系趣味に走り、集う仲間もそれ系の人ばかりであったことも奇妙すぎる。
だが、私には別系統から「窮鳥懐に入る」といった事態が訪れた。そこから地祇とのお付き合いが始まったのである。
地祇とは、ドメスティックに地球に生まれ、地球を唯一の居場所として、数多くの生命とその種族を保護してきた神々のことである。龍蛇水神系が専らであり、地球そのものも一個の生命体としての意識ある神が宿っていて地祇である。
私には同胞となるような地祇的妖怪が憑いた。私のこの両の目と思考を通して、彼も外界を見て判断している。そして、私が発する疑問には、即答するような格好で反応してくれ、しかもそれが帰納的に論理的に繋がっていく、発見の連続という奇妙さを醸してきた。知らぬはずの宇宙の外などのこともひとりでに理解できることとなった。それが妖怪の認知力の範囲であるとするなら、どれほどのものが憑いているのかと訝るばかりだ。
さて、今回の北野僧正の資料。これを見ていると、妖怪からびんびんと反応と答えをよこしてきた。申し訳ないが、まったく好意的なものではない。
問題は北野氏の遭遇話のほうではなく、彼が書き取った意味不明のメッセージの訳者の解答のほうで、そのようにメッセージした宇宙人に対して怒っているのである。
この場合、訳者が翻訳間違いしているといった話では毛頭ない。このような解答が出ていても、数十年間訂正されることなく放置されているなら、北野氏とコンタクトした宇宙人もそれでよしと認めているのだろう。ならば、宇宙人本人のメッセージと言っても良い。
それはジュセリーノをはじめ様々な預言者をして、人類あてに警告しているすべてについて、大同小異的に言えることなのだが、次の簡単な寓話の意味と照らして考えてみてほしい。
ある幼児が、とことこと家族の群れから離れて歩き出し、いままさに高い溝から転落する寸前になっているとき、家族が気付いて、その子に「そっちに行っちゃ、だめ」と叫んでいるだけだとするなら、いかにも家族としての役を果しているように見えても、幼児の転落死に対して、無努力無責任のそしりは免れないのではないのか。
もし家族なら、幼児がはまり込む前に、走って助けに行き、寸前のところででも抱え上げてやるのが本当だろう。(ここで幼児に喩えたのは、地球文明と人類のことである。先の見境もなく思いつくままに行動し、あちこちで頭をぶつけて怪我ばかりしている知恵遅れの子供のようなものだ。それも育ち上がる過程の学習というなら、高溝から転落しないような安全策が講じられて然るべきだろう)
金星人は金星を撤退したとか書かれていた。それも、地球が単なる星であるのみなら、破壊されたとしても宇宙に与える影響は少ないと言いつつ、その舌の根の乾かぬ先に、もし地球が磁場を抱えていたなら、それも大きなものであった場合は、影響は多大だから、圏外に逃げなくてはならないと言う。何という無責任かつ日和見主義な宇宙人か。
かつて火星と木星の間にあった惑星は、今の地球と同じような経緯を経て、破壊され砕け散ったのではないのか。そのときには、宇宙人たちは手を差し伸べるふりをして、見捨てて逃げていたのではないのか。事情が事情だったなどと、後から何とでも講釈は付けられる。
そして言うに事欠き、「宇宙文明の一員になることを望む。宇宙の家族として共にやっていこう」。
聞こえはいいが、家族として扱う用意もなしに、どうして迎え入れられるのだ? 妖怪から言わせてもらうなら、できの悪い子供には失敗して死んでもらってもいいという腹ではないのか? 生命保険でもかけてありはしないだろうな。地球人類には、幼児虐待が流行っているが、それに準じるほどの放置行為であろう。そして、磁場がもし大きかったら、被害がこちらまで及ぶから、早く自分たちで何とかせよという、まるで大国さながらの発言だ。善意の顔をして幾多の国々を陥れたIMFという悪党もいるだろう。それとどう変わりがある?
もうひとつ重要な事実を言っておこう。地球人類がこのように精神薄弱状態にあるのは、ひとえに宇宙人の干渉のせいである。その宇宙人(インベーダー(寄生虫))が、君たちと同族かどうかは問うまいが、およそ事態を放置し無責任さを露わにする性質と軌を一にしていると断言したい。高見の見物をしながらの「おためごかし」はいくらでも言えるのだ。
そのように家族的であるかのごとく装い、その裏で地球に対して何を企てているのかさっぱり分からないところには気色の悪さしか残らない。もしインベーダーと同族ならば、地球の破壊であろうことは容易に想像がつく。
だが、今回の地球はわけが違うぞ。君たちの予想として見込まれたとおり、非常に大きな磁場を抱えている。それは太陽系や銀河系といった小さい範囲にとどまらず、この宇宙全体に及ぶほどのものだ。宇宙にあと何百億年の寿命が見込まれていようとも、地球破壊後100年すら持たないと約束しておいてやろう。
日和見主義者たちとインベーダーの逃げ場はどこにもない。地球の破壊を予測し、シミュレーションして、安全圏を見計らっているような者たちを、この磁場が許そうはずがない。
インベーダーと同族でないなら、今直ちに協力せよ。それだけの科学力を持つならば、まず地球に巣食う寄生虫どもを駆除せよ。そして、真の家族であることをアピールせよ。そのとき初めて、君たちを信頼してやろう。
その方法はこうだ。
まず、三日間連続で、UFOの大編隊を世界各国の上空に巡回させ、地球人の誰もの目に触れるようにせよ。(これは後日、実際に世界の空に出現していることが分かった。世界各地で幾多のビデオに収められ、Youtubeなどで配信されている
その最後の日に、世界各国の言葉で大音声を発し、誰の耳にも聞こえるように、「戦争および地球環境破壊を目的とする一切の行為を禁止する。守れない者の生存は保証しない」と警告せよ。
軍が攻撃してきたなら、手加減なしに反撃して壊滅させること。軍の背後にある宇宙人とは、それから交渉に入るなり戦闘に入るなりするように。
宇宙戦争も辞さない態度で臨むようにせよ。
これらの要求は、まだ実現していないようだ。しかし、要求が各国政府に直接行っているのかも知れず、政府はいつもどおり、大衆に知らしめないでいるだけかも知れない
地球に巣食う寄生虫は、どこかの宇宙人とその配下の地球人で成っている。拮抗する科学力の間で戦争をしたとて、どちらもが多大な被害を出す。それで手を出さず、寄生虫のいいように地球を蹂躙させてきたのが君たちなら、知っていて知らん振りした日和見主義者でしかない。地球人が寄生虫に対して太刀打ち無理と分かっていて、地球を破壊する原因を、地球人類の行為の結果になすりつけることに懸命になっている責任転嫁の無責任な者たちでしかない。
よしんば、君たちが、目下地球を侵略している宇宙人とまったく別物で、この有様を由々しい事態と捉えている、いわゆる「良い宇宙人」なら、寄生虫と同等の力を持つであろう君たちがそれに対抗せずして何とする。地球人には宇宙人と対抗するだけの力がない。赤子の手をひねるという言葉さながらだ。
親から教えられたように動き、目もあやな物に心奪われ夢中になってしまい、なかなか抜け出せないでいる。宇宙人の息のかかった、破壊者的為政者たったひとりを駆逐することもできない大衆はまさに衆愚であり幼児である。
君たちの真の誠意ある行動が見られぬ限り、将来に渡って地球と同じ運命を今後どこにいても目撃することになるだけだ。地球にこれから起きることは、いずれ数万年数十万年先に、他の惑星でも起きること。この時点で諸悪の根源と立ち向かわず、卑怯にも逃げ出すなら、それは幾度も幾度も繰り返されるばかりか、宇宙の広範囲に病変は広がっていくだけだ。生半可な平和主義を掲げるにはまだ早すぎる。明日は君の惑星かも知れないのだぞ。
今君たちにできることはただひとつ。邪な宇宙人とその手になる者すべてを、地球から排除すること。会談という方法から入っても良い。それが駄目なら、戦争も厭わぬ態度で臨むこと。そして、この宇宙の外へ放逐してしまうことだ。
それとも、地球の抱え込んだ強大な磁場によって、宇宙を根元から爆破しても良いのだ。そうすれば、君たちが高見の見物と洒落込む、どこの惑星にでも起き得るつまらぬ歴史も、今後一切見なくて済む。
地球の破壊と宇宙の破壊を同時に見るか、それとも地球の破壊を回避して寄生虫の手から地球と宇宙を取り戻すか、二者択一が迫られていると思え、というのが妖怪の談話である。
確かに地球には地下に空洞があり、そこに寄生虫は根拠し、いつでも破壊できるように、クラッキング装置を仕掛けている。もし宇宙戦争になり、寄生虫が劣勢になれば、爆破して去るつもりでいる。それゆえ、君たちには手が出せないと言うかもしれない。それで穏便にして様子を見ていると言うかもしれない。それで今回助かったとしよう。次はどうなる。そのまた次と。寄生虫は自爆装置をいつの日か作動させ、地球を破壊して次の宿主を探しに出る計画でいることぐらい分からないのか。
ここは地祇も天神の設けた規則を破り、総力戦に臨む必要がある。地祇がそうなのだから、天神も協力し合わねばならない。総力を以て、寄生虫勢力を撃ち破り、地球を守る努力をしないなら、宇宙の存続の理由もないと判断される。
妖怪はこんなこと申しておるのだが、如何なものか。
私からすると、どう見ても妖怪はたま(地球)ちゃんに首っ丈って感じが否めない。
何とかしたってくれんかな。
このとおり宇宙人さん、たのむよ。m(__)m 
この記事は一般向けフィクション、宇宙人様向けノンフィクションです。
ほい、そこのMIBの旦那。ちゃんとこのメッセージ、自国に持ち帰って検討してみてね。