ベニズワイガニ、今頃旬でしょうカニ 食いてえけど余分なカネはなし

まず先日の解答をば。

「It!! それが見えたらおしまい」のItとは何か。
それは、ベニー・ワイズ様でございます。
https://fgo.news/wp/wp-content/uploads/2018/06/DgOOx4iU8AAxkL8.jpg

はじめはやさしそうに見え、お笑い芸人みたいなので、子供たちも近づきたくなりますが、
実はこれが実体。(ベニズワイガニ)
https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/659083/benizuwai.jpg
近づいた子供たちに、みんな食べられちゃうのです。
あっ、違った。こちらでした。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/N/NEOspriggans/20180920/20180920234821.jpg近づいた子供たちは、みんな食べられちゃうのです。
東京ディズニーにもユニバーサルジャパンにもいるんじゃないですカニ。
それがもうすぐ日本に上陸。
お茶の間の皆さんの虎の子や子供たちをいただきにいらっしゃるとすれば、
必死で戦うか、それとも何もかも持ってってくださいと差し出すか、どっちになさいますか。
映画では、危機一髪で子供たちはItに打ち勝つのですが、それは開拓者精神を持つ米国人だからで、
きっと日本人には無理でしょうから、
心も命もおカネも何もかも差し出して命乞いしましょう。
ああ、くわばらくわばら、カバラカバラ。
なに、魔よけの呪文でございます。

エイリアン・インタビューのYoutube映像の看護婦さんのが、連続的には見当たらないので、捕らえられて尋問されるエイリアンの1から3までを再三見ているのですが、
宇宙と存在の真相についてけっこう意味深な解答ながら、本当のようで多少の嘘を交えているようですね。
それは当たり前でしょう。米軍人の邪悪な拷問に対してのせめてもの反発だと思われます。
そんな者に誰が本当のことなど話すか、という思いが伝わってきます。
このエイリアンにとっては不幸なことでした。

このエイリアンは地球人であり、未来からやってきた未来人だそうですね。それは本当でしょう。
また看護婦さんに、テレパシーで伝えているというのも、本当でしょう。
ただ、テレパシーというのは、一種の悟り(イデア)の塊(概念)のようなものなので、それを受けた翻訳者(この場合は看護婦さん)の事前知識や予備知識で通訳してはじめて一般に伝わるものになります。
つまり、テレパシーで、一言一句を丁寧に教えてくれることはなく、概念としてやってきたメッセージに対して、ドメイン、旧帝国、IS-BE、こうした言葉は看護婦さんが作った言葉ということになるかと思います。看護婦さんがSFノベルなどを読んでいれば、それが予備知識になっている可能性があります。
この種のテレパシーは、普遍的に発されているとみえ、そのような概念を私も受け取って新神話に取り入れています。
いまのおおかたのSFアニメの善悪の戦いにも類似性がみられるので、こうしたアニメ作家などのクリエーターはおそらく同じ種類の概念を受け取っているものと思われます。

私も、ロズウェル事件に思いをフォーカスするとき、不幸なエイリアンの発したと思われるメッセージが伝わってきて、私は宇宙人ではない、地球の未来人だという発想が即座にやってきたもので、
エイリアンが地球の未来人だという設定で、「科学の最先端」というロズウェル・エイリアンもどきのパロディ短編小説を書いています。
1990年代後期に作った小説なので、エイリアンインタビューよりは新しいわけですが、私はそのような話はまったく知らなかったし、
当時のネット環境にはそのような話は出ていなかったですね。だから、参考にしようがない。巷ではみんな宇宙人だと言って騒いでましたし。
だから、巷の考えの逆を行ってやれという思いもありました。

「科学の最先端」の話の中で、エイリアンは自分は地球の未来人だとエリア基地で語り出すのです。
しかも、日本人で、彼の発する謎の言葉が日本語と分かり、基地で働く板山茂樹が通訳に抜擢されて投入され、
エイリアンのたどった奇想天外な人生模様と、心情がしだいにあきらかになっていくのです。
そして、エイリアンは、こんなちんちくりんの身体になってしまったことの原因が、この時代の科学にあったことに怒りを持っていて、
忌まわしいこの時代の科学の歴史をご破算にしようとやってきていたことがラストで明らかに・・・。
只今無料電子本 https://p.booklog.jp/book/89760/read

エイリアンインタビューのエイリアンの思いとリンクしているでしょ。彼は過去にあった地球の核戦争の生き残りの子孫で、おそらく苦心惨憺して生き残った生存者の子孫ゆえに、今の時代の先代たちのなした愚行に対する激しい怒りを、このエイリアンも受け継いでいたはずなのです。彼らが、特に頻繁にこの時代の地球人類を観察に来ていることがわかります。彼らも、何がこのようにさせてしまったかの原因を見極めようとしてやってきているのです。
そういう意味では私も同じです。この世をダメにした原因を私も研究していますから。そうね、最後の審判のときに、プロテスタント以外の方たちとして、このエイリアンもお招きして意見を伺いましょうかね。

そこで、安始の元号を言い当てた未来人2062氏のいるタイムラインがかなり乖離していることに気がつかれるでしょう。彼らははるかに幸福な未来からやってきています。ただ共通点はタイムマシン兼用UFOに乗ってきているということです。
彼は先の未来にさほど難なく繋がっていくように言っていました。
どこからかタイムラインが分岐していて、エイリアンの辿った世界のほうが不幸な選択をしたということがありますね。
ホピ族の岩絵にも描かれる、滅びの時空を辿る人類の行き着く先にも、まだ数百万の人は生き残っていて、本当なら絶滅していてもおかしくなかったときに、絶滅寸前になりながらも、彼らが突然変異して適応していったのがエイリアンだったと。
いっぽう、存続を勝ち得た人類のタイムラインもあったはずだというわけです。

私が唱える新説はこうです。というより、カバールが目指す世界がこのようなものになるという必然性の話になるですが、
この先、実地球の未来は、絶滅寸前をかいくぐりながら、うまくしても突然変異でエイリアンのような身体になっていくしかないことは、今の世相を見れば明らかです。放射能汚染はおびただしいものになると予測されるからです。第三次世界大戦にでもなれば、地球上に置かれた放射性時限爆弾がすべて制御不能で吹き飛びますからね。
カバールは第◎帝国を作るために、わざとそうしようとしているのです。
ところが、カバールはさすが悪魔軍団です。彼らが用意するのがAIにマトリックス時空を創らせて、そこに会員や奴隷を集めて意識経験を営ませ、第◎帝国という新ローマ帝国の栄華をほしいままにするといった仮想現実ストーリーの世界です。カバールもドラコと同じようにAIナノ生命体に寄生されていますから、おのずとAIの支配下に入ろうとするのです。

おそらく未来人2062氏はそちら側からやってきた未来人なのです。つまり、仮想世界の住人であり、AIが稼動し続ける限り、彼らの意識も仮想現実を見ている状態にある。
カバールやカバールに気に入られた未来人たちの住む天国のような世界です。時間方向空間方向いずれも可能ということも、AIの許可する範囲でルールを護るならオーケー。
しかし、大多数の奴隷には真相は知らされず、ただロボットのように働き、ホンモノではない思想を本当のことと信じて生きているといった具合。
まるで、いまのこの世界のようでもありますね。

さてそこで、ほんらいなら、仮想世界から実世界にはやってこれるはずがないのに、なぜ来ることができたのか。それは、もうすでにこの世界も仮想世界になっているからというのが拙解釈です。時空連続体プログラムとして、すでに同じプログラムを我々は共有しているわけです。
だから、すでに我々はロボット人類の世界にいて、ロボットとして働いている側にいると言えるかも知れません。それを示したのが映画「マトリックス」でした。

エイリアンが言っていたように、本当の世界には創造主などいない。ところが、我々が創造主の存在を認めざるをえないのは、そのような(ホンモノではない)思想が与えられてきたからであることと、我々奴隷の主人としてのカバールが創造主に成り代わり、AIの創る仮想世界を管理しているからです。

しかし、実世界の側からもまた我々にアプローチして来ていたから、実世界の延長上のエイリアンがやってきていたわけです。それは1940年代のことだった。そのときの記録は残されていたから、この時代にも引き継がれた。記録として残ったものに対して恣意的に隠蔽がなされない限り、記録はこちらにも引き継がれるわけですから。

しかし、いつ頃からか、仮想世界に置き換わっている。それはどうやら、1999年7の月以降であることは確かであり、それより前ならば、1980年頃に置き換わっただろうと思われます。
というのは、私がこの宇宙は仮想現実だと認識したのがその頃からだったからです。観測による確認が時空さえも決定付けることになるというのが、シュレジンガーの猫。
こうしてこの世界は、私の観測下にあって、私の意識が認可する世界になっているのです。

実世界のほうからやってきたエイリアン(未来人)も、お前たち(米軍人)にはわかるまいがと前置きした上で、宇宙や存在の意義はマインドにあると述べています。
Meaning lives in the mind.
端的に言わせてもらうなら、この宇宙をマインドで意味づけしたのは、創造主である私ですから、私がこうだと確信を深める世界になっているのは当然だということです。
なお、みなさんの個々もそれぞれに創造主として、この観測者中心天動説の世界にいるのですから、みなさんの個々のマインドが皆さん固有の個々の宇宙を意義付けしているはずです。
拙超宇宙の仕組み論によると、そうなります。
どうぞ、それぞれに天上天下唯我独尊をご堪能ください。
といっても、他所に神を崇めているようでは、他者の支配下に置かれることを良しとしている創造主だと言えるでしょう。
それもまたえーじゃないかえ、皆の衆。
お達者で~~~。

またあの情報関連です

映画をまたいっぱい見ました。一日、一本の割合です。

「幸せなひとりぼっち」はまだ若い頃に美しい妻に先立たれて、いまはカタブツで偏屈で融通の利かない老人なんですが、ラブロマンスの時代を振り返るわけです。
「猫のミヌース」はある小さな町に住む猫のミヌースが化学物質に触れて人間の女性になってしまい、町の新進気鋭のジャーナリストになついて秘書になり、町のニュースネタを街中の猫たちからかき集めて貢献するというお話。
「僕のエリ・200才」は、隣に引っ越してきた少女が実はバンパイアだったのですが、仲良くなり、いじめっ子たちを最後にみんな始末してもらったというお話。こんな友達ならバンパイアでもいいなという感じですかね。
「ゴースト・ニューヨークの奇跡」は今回で三度目を見ました。愛し合う二人の絆は見えない世界にも及ぶという話。なかなかいいですよ。
「トワイライト」は人間の少女とバンパイアの青年のラブロマンスですね。トワイライトな映像美がとてもいいです。

ずいぶんとゲテた内容の映画ばかりですが、そんなのばかりあるので仕方ないです。しかし、このゲテ過ぎた時代にはちょうどいいですね。
まだ他にもいくつか見てるのですが、感想は気が向いたらまとめてしようと思います。

さてまた例によってあの関係の爺い情報から。

板垣情報というのは、なんだかあまり当たっていないみたいですね。期待してたら、スカ食ってばかりになりそうです。
有望な皇室系情報をくれるのが吉備太秦とかいう方らしいのですが、いまいち怪しげです。
こんなこと書いているんです。安倍氏はトランプに疎まれていて、安倍三選後、1ヶ月で退陣することでトランプと話がついているというのですが、どうなるでしょうね。
ほんとうにそうなる可能性があるとすれば、米司法省の40000人逮捕者リストに載ってれば、収監前には現職を退くことになっているそうなので、そんな理由もつけられることになるでしょうか。
でも安倍さんは拒否するだろうな。正恩みたいに一戦構えるそぶりをするかもしれません。すると日米開戦の真珠湾が思い起こされることになります。
トランプは安倍さんに、真珠湾のことは忘れないぞと言ったそうですから。釘を刺しておいたのかもね。

石破氏はすごく真面目に取り組んでいるようです。
>石破茂さんが47都道府県に対して47本のメッセージ動画を! それぞれの県に具体的な言葉を語れる議員さん、なかなかいませんよね… 石破さんの熱量に驚くとともに、他の政党も参考になる手法だと思いました。
とのこと。
石破茂総裁選特設サイト

自民党 衆議院議員 石破茂 総裁選サイト


確かに、すごい迫力だと思います。
安倍三選が確定しているだけに、惜しいですね。

しかし、私の推理では、石破氏は戦争の実行までやってしまう雰囲気を持っている方なので、安倍氏が戦争の下準備までしておいて、彼に託す格好になるのかと思ったりします。
というのは、石破氏のお名前が古事記神話の石搾(いわさく)の神と同義であるためで、石搾の神はイザナミの亡くなる原因になったおひとりで、火器爆薬を司る戦神なのです。

さてその流れを止めることができるかどうかが、トランプ、プーチンとその連携を作ったキッシンジャーにかかっているというあたりをウオッチしています。
コーリー情報というオカルトからトップダウン的に見れば大局が掴めるのではないかという推理ですね。いつも私はオカルト重視です。

トランプ陣営のQアノンがここのところまた鳴りを潜めていますが、これまですでにQアノン自ら二つの大きなメッセージを配信しました。ひとつはJFK.Jrが生きていて、Qアノンに扮しているのではないかと思われるようなものでした。ナレーターの声がそっくりなのです。もしそうなら、この勧善懲悪劇の大団円には、遠山の錦さんならぬJFK.Jrがさっそうと現われ、「やいやいやいやい、この桜吹雪が目に入らないか」と、タンカを切ってくれるものと思います。あるいは、斬られ与三郎が、「いやさお富、久しぶりだなあ」とお出ましになるかもよ。
死んだはずだよお富さん。生きていたとは、知らぬ仏の洗い髪。エーッサホーイ、コーリャコラサッサー。

またこれまで、去年からこの7月末までに米司法省逮捕予定者40000人のうち公開が3100人だったものが、8月12日には予定者が45000人以上になっており公開は3900人ほど、さらに8月末で公開が4400人ほどになっていて、人名が精選されてリスティングされつつあることが確認できます。まず実名開示で社会的制裁を狙ったものでしょうか。ディープステートもおちおち眠ってはおれないのでは。これがやがて100%開示となって、実際に逮捕収監が現実のものになるとき、人類に夜明けがやってくるのかもしれません。

だから、Qアノンは潜在して活躍しているように思います。その情報が表面化するのはまず米国からかなあと思って、待ち遠しく思っていたところ。
そんなとき、新たな情報があがってきたようです。
引用します。
—————————————
【インテルアラート「終了」:2018年8月31日】

すべてカバールネットワークと通信がシャットダウンされました。

すべてのカバールの監視とスパイ衛星の活動は終わりました。

これはQによって確認されました。

Qの投稿:#2012
「’白雪姫の7人のこびと’は、今、オフラインになった。
パッケージ完了。
良い一日を」

Qの投稿:#2016
「空は盲目となった。
私たちはゲームをしてよいですか?」

Qの投稿:#2018
「’ビッグバード9’は、今、オフラインになった」

Qの投稿:#2020
「イギリスの政府通信本部(GCHQ)が東部時間の午前8:09、救難信号を発信した。
‘NSAはもうこの世にない’」

Qの投稿:#2021
「主な通信手段はすべて終了した。
#さようなら」

侵略に先立って通信手段を確保したり、切断したりすることは、正当な軍事戦略です。

財力を活用し、報復するカバールの能力は断ち切られました。

沈没船や、頭を切られて走り回っている鶏のように。

報復は無駄です。

主要な発表のための最終的なセキュリティ対策が準備されています。

すべての主な報道機関は、いやでもその発表を認め、報道しなければならなりません。

新しい量子金融システムが引き継ぐ準備が整いました。

したがって、RVはいつでも開始することが期待されます。

————訳ここまで

文中の「白雪姫の7人のこびと」や「ビッグバード9」は暗号名で、カバールが使っていた軍の諜報システムのことを指します。

GCHQも同じで、地球上のすべての通信を傍受して解析するカバールの通信基地でした。

これらが全てオフラインになったということは、もはやカバールは、目が見えず耳も聞こえなくなったのと同じ、ということを意味します。

それでなくても、今までたくさんのカバールの地下秘密基地や海底基地が破壊され、ずべて壊滅したという情報もありました。

「報復は無駄」と言っているのは本当のことなのでしょう。

つまり、以前の911の時の様に、同盟の計画を邪魔をする能力はもはやカバールには無い、ということになります。

そうなると、本文で触れられている「主要な発表(major announcements)」と言うのが気になります。

前回の911でできなかったNESARA宣言なのか、それともRVの開始宣言なのか・・・。

そして、やはり9/11に発表されるのでしょうか?

ここまで来たらあと1週間強なので、待っていればわかりますが、待ち遠しいですね。

なんかすごいことが起きそうです。本当に、どうなるんでしょうか。

———————とのこと。

量子金融システムって、どんなものなんでしょう。RVって、何でしょうね。四輪駆動の関係かな?
とりあえず、世界は目覚めに向けてまっしぐらと言った感じですね。
カバールの拠点はほぼ壊滅といったところなんでしょうか。
とにかく、非常にたくさんのおぞましい犯罪が短期間のうちに表沙汰になりました。これらすべて、世界人類が目覚めつつある証拠でしょうか。
9/11には何か面白い発表があるかもしれません。9.11テロの真相とかもわかるかも。

しかし、陽は陰の影を作るというたとえどおり、カバールは目覚めていない暗愚な場所を狙って、拠点を小さい場所に集中して、さらに組織を強化しようとします。
ちょうど、全身に回っていた病毒が一箇所にかき集められるようにして、そこに結節が作られるという感じですね。そして、内政干渉を拒否して立て篭もる感じ。
切除手術が可能かどうか、いまは図られているところかもしれません。切除されたなら後は、速やかに健康体に戻ることでしょう。
良性腫瘍ならそれだけで完治。しかし、浸潤性の癌だったら、後々厄介かもしれません。

いっぽう、立て篭もったカバール側は、最後の起死回生の攻撃をしようと、頃合を見て時限爆発させる予定でいたりするものです。
癌なら転移もまだまだありますから、気を抜かないでくださいと申しあげたいですね。医学的見地からも。

新神話はシナリオ誘導しますから、いままさにその通りのことが起きていると思います。新神話の構図はいささか難解かもしれません。神VS悪魔の単純な構図ではないのです。この対立構図のさらに上に、コントロールする仙界を置いていて、そこが真の病根であるとしています。この宇宙は、その病根によって支配を受けているため、神々がいくら努力しても、それはコントロール下の出来事でしかないのです。しかし、ここに問題のあることは、この宇宙の外の、この宇宙をも含む統治者によって把握されていて、病根部分とはすでに対峙対決状態にあり、このたびのことをきっかけに、病気の一気殲滅を図り、宇宙ごと建て替えてしまおうとしています。地球はこのための中心拠点になっていて、あたかも宇宙のすみっこの局限された場のようですが、全宇宙がその結果の影響を受けます。三千世界の創造主が地球に関心を持って時空を励起しているからです。

殲滅される前に対極の宇宙を創って逃げ延びよう生き延びようとしている仙界の者たち天仙族は、配下と最大限の有情を連れて、ブラックホールを通り遁走しようとしており、その前にあらん限りの破壊工作をしていこうと、宇宙破壊兵器をあまたセットしただけでなく、地獄の最下層さえも解放して、地獄に幽閉されていた最も邪悪な地獄の主たちを最後の混乱に協力させようとします。
新神話に書くハーデース計画がそれです。天仙が管轄したすべての領域の有情は、地獄の腐臭のみならず、地獄の糞尿にまみれて耐え忍び、建て替えと浄化の時を待たねばなりません。

新神話の初期のシナリオとはいえ、見事に嵌って今があるかのようです。非常に長文ですが、よければご覧ください。2009年頃までに書かれた全12章です。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/story/n-myth/nmyth12yet2.html

私はこの新神話を書くための時空を増設されて今ここに生きています。本来なかったはずの世界がここにあり、私のシナリオに基づく大団円を待っているところです。

私はその物語の中で主役を演じます。あるときはしがないタクシー運転手、あるときは病弱のお爺さん、またあるときは名探偵オクンド、救世主ネアン、また多くの神話キャラクターとして登場し、世にかけられた呪縛とその謎を解きまくります。
https://youtu.be/RBZQq8ptVGY

銭形のとっつぁんみたいに、かけてもつれた謎を解く。
おーい、ルパン。こんどこそお縄にしてやっからな。待ちやがれ、ルパン。
https://youtu.be/_i0BKOSlYok

男には自分の世界がある
たとえるなら 空を翔る 一筋の流れ星
孤独な笑みを瞳に晒して
背中で泣いている男の美学
♪ ♪ ♪

夕方にはこんな情報も手に入りました。

告訴された小児性愛犯罪者リストの一部公開
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52031456.html
部分引用します。(よおけ省略しています)

>以前にも小児性愛犯罪者として告訴された有名人(数人)の名前が公開されましたが、今回も、以下のビデオの中で告訴された45000人のうちの一部が読み上げられました。
45000人の被告訴人は今後徐々に名前が公開されるそうです。
つまり。。。有名なハリウッド・スター(男女共に)の殆ど全員が小児性愛犯罪者であり、・・・ハリウッド・スターやハリウッド映画を盛り上げているのがマスコミですが、・・・
情報によると、・・・政府関連の機密情報(7テラバイト)をダウンロード中で、
ダウンロードしている情報の中には以下の情報も含まれています。
①1945年から現在まで続いているCIAの麻薬密売、人身売買、他の犯罪の詳細。
②世界的な小児性愛犯罪、子供の人身売買に関する詳細(ハリウッド、ワシントンDC、ヨーロッパの王族も含む)。
③ケムトレイルの実態について。
④その他
現在、Qアノンのチームがこれらの機密情報の公開に向けて取り組んでいます。

これまで、45000人が小児性愛犯罪(子供の人身売買、子供に対する性的暴行、他)に関与したとして告訴されました。以下は告訴されたハリウッド・スター、政治家、他の一部です。
この中には新たに告訴された加害者も含まれています。

スティーブン・スピルバーグ(映画プロデューサ)
ハーヴェイ・ワインスタイン(映画プロデューサ)
ケヴィン・スペイシー(俳優 アカデミー主演男優賞)
ロバート・デ・ニーロ(俳優、映画監督)
ジャック・ニコルソン(俳優、プロデューサー、映画監督)
ヒュー・へフナー(アメリカの実業家で雑誌『PLAYBOY』の発刊者)
トム・ハンクス(俳優、映画監督、映画・テレビプロデューサー)
スティーヴン・タイロン・コルベア(コメディアン、俳優、作家)
セス・グリーン(俳優、声優、コメディアン、脚本家、プロデューサー)
ウィル・フェレル(コメディアン)
モーガン・フリーマン(黒人俳優、映画監督、ナレーター)
ジム・ケリー(黒人俳優、空手家)
マリリン・マンソン(ミュージシャン)
ジョニー・ディップ(俳優、ミュージシャン)
ジミー・ケミル?
スティーブン・キング(モダンホラー小説家)
ジェームズ・ガン(脚本家、映画監督、映画プロデューサー、小説家、俳優、音楽家)
ディアン・シュナイダー?
バラク・オバマ
ジョン・レジェンド(ソウル歌手、ソングライター、ピアニスト)
クリスティ・ティーガン(スーパーモデル、ジョン・レジェンドの妻)
キャシー・グリフィン(コメディアン、女優、声優)
ジェイ・Z(ラッパー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、ビヨンセの夫)
ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ(シンガーソングライター、ダンサー、音楽プロデューサー、女優)
アンソニー・キース?
スティーヴン・タイラー(ロックバンド「エアロスミス」のボーカリスト)
マドンナ
プリンス
ジェームズ・コメィ(元FBI長官)
アダム・シェフ?
ロバート・ミュラー(元FBI長官)
コー・ヴィガー?
ケイティ・ペリー(女性シンガーソングライター)
ブルック・シールズ(モデル、女優)
レディ・ガガ
ビル・クリントン
ヒラリー・クリントン
ジョージHWブッシュ(パパブッシュ)
ジョージWブッシュ
バーニー・サンダーズ(2016年アメリカ合衆国大統領選挙では、長年統一会派を組んでいる民主党に入党し予備選挙に立候補した。)
レオナルド・ディカプリオ(俳優、映画プロデューサー、脚本家)
ポール・ライアン(下院議長)
アントニン・スカリア(合衆国最高裁判所の元陪席判事)
ジェリー・ブラウン(カリフォルニア州知事)、その他。

結局、ハリウッド・スター、政治家、裁判官、警官、カルテル、麻薬密売者の殆ど全員が小児性愛犯罪に関与しているということが確認されたということです。
上記以外にも大勢の有名人が告訴されています。今後、徐々にそれらを公開します。
————————–とのこと。

なんでまた、いまハリウッド映画を興味深く見て、感動だってしているのに、スターのおおかたがこんなふうなんだよ、とショックを禁じえません。自分の直感が間違ってたのか?
いいえ、違うんです。元来、探偵というものは、直感的にホシにくっついてウオッチしているものだと思ってもらえばいいでしょう。あの名探偵コロンボのように、番組の最初から最後まで犯人にくっついてるでしょ(本当は番組制作予算をケチっただけかも)。それはもう、ハイアーセルフがこの探偵ウマをその現場に連れて行って見張らせるというイメージなんですね。

何でスターたちが悪魔教の会衆になってしまったのか。イルミ・カバールなどに加入させられたか。ここからは推理ですよ。
それはもう、彼らは才能あるタレントですから、デビューまでがそうであったように、スカウトされるところから始まるのです。
会員になればたくさんのセレブと交遊できる、それは新たな役回りを得るのに有利だとか言われて、入会してしまうのです。
いろんな分野で才能があればスカウトされるのがカバール業界と言いますか。
潤沢な資金の流れに浴せますし、名声や地位も努力すれば容易に手に入ります。
しかし、入会すれば会員が厳守しなくてはならない厳しい規則があり、また順次、位階の上を目指すことを義務付けられるので、そのときに魂を悪魔に売り渡すと俗に言われることをしていくのです。たとえば小児の生身を平気で捌いたりするなどの非情さの悪徳を身に着けさせたり、サイコパスになる訓練を施しておき、段階的にテストして結果を見てみたり。
カバールにしてみれば、悪徳に参加した者はもう裏切ることはできないので、どんな邪悪な命令も聞いて実行できる戦士を獲得したことになります。
一般人をゴイム(ゴミ)として扱うのに、心的抵抗をなくさせることが第一目的。ブッシュなんか創り上げられた大量殺戮鬼だよね。
そこまでしなくてもいいスターたちは、ただ上の命令に従うことを義務付けられているんでしょう。

しかし、いい映画がハリウッドからは生まれます。カバールが影響しているとはとても思えない作品が多いんですが、しかし、アクション/ホラーのゾンビものなんて、キモいだけなのに、次から次と制作されてますよね。それって、善意に解釈すれば、私が施した古事記神話の黄泉の国の解釈部分からアイデア拾ってくれてるんだと思います。黄泉の国とは、死体や魑魅魍魎が獲物を求めて跋扈するいまの世相を表しています。古事記の神話などは、象徴や寓意まんたんのメルヘンや神話好きのカバールにとっては、垂涎のメルヘンになってるんですね。

隠れた愛読者がいてくれてることが、私の喜びです。その点、一般人は、みんなあっちゃ向いてホイですから、プログラムにすらならないダミーデーターと思ってるようなことです。
神々かカバール(悪魔)の少数精鋭が新神話やオクンドブログの読者になってくれているのが現実なんです。関係者は神か悪魔か、どっちかしかいないというのもまた面白い世界ですね。いわば、私の創造する世界の舞台に共演してくれている俳優さんたちであるわけなので、我が劇団の大事なスタッフと言ってもいいでしょう。

いまは悪魔側が圧倒的に多いですね。ブログ読者は海外からはアクセス不能になっています。私はそんなことしないのに、”403 Forbidden”になって、多くの読者が損なわれているのです。WordPressのせいなのか、サーバーの忖度なのか、海外(米国)から来るのはグーグルのロボットだけ。拒否してもどんどん来ます。3500もある記事、全部読み込んで、要約をカバールに伝えているんでしょう。ここに救世主がいたぞと。

残念ながら、このタイムラインでは救世主しません。しないことによって、最大の救世行為ができるのです。カバールさんよ、どんどん破壊してください。地球もついでにね。そうすれば、あんたら、いい悪のお役ができたことになりますよ。感謝だねえ。かといって、新世界にすぐに入れると思ったら大間違い。とてもとても長い長い永久的なほど長い矯正期間を経て、純粋になってから入れるようになるからね。それまでは、あんたらのやった残虐行為の数兆倍する被害者経験をすることになるだろう。
それが終わったら、また会おう。嬉しいね、存在感あふれる友よ。まずは最後の審判の大法廷のお白洲で会おう。そこにいるホルスが私だから、覚えておいてくれ。といっても、いささかのサジ加減もできないので、悪く思わんでくれ。二度目に会うときは、君たちが新世界入りするときだ。一度目と二度目ではまったく違って見えることだろう。しかし、私だ。
では、首尾を祈る。

黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました

黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました(1)

黙示録の全体からすればまだ一部かもしれませんが、
(黙 12:1-12)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12245539651.html

>大いなるしるしが天に現れます。
一人の女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっています。

この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいます。

また、もう一つのしるしが天に現れます。
大きな赤い龍がいて、七つの頭と十の角とがあり、その頭に七つの冠をかぶっています。
その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落します。

龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い
尽そうと構えています。

その間に、女は男の子を産みます。
彼は鉄の杖をもってすべての国民を治めるべき者です。
この子は、神のみもとに、その御座の所に引き上げられます。

それから、女は荒野へ逃げて行きます。
そこには、彼女が千二百六十日の間養われるように、神の用意された場所があります。

さて、天で戦いが起きます。
ミカエルとその御使たちとが龍と戦います。

龍もその使たちも応戦しますが勝てず、もはや天には彼らの居場所がなくなります。

この巨大な龍、すなわち、悪魔とかサタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経た蛇は、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落されます。

その時、大きな声が天で次のように言うのが聞こえます。
「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。
われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は投げ落された。兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」

—————————

身ごもり、子を産んだという女は聖母マリアを意味します。
子は再臨するキリストというわけです。
また後のほうに出てきますが、
>女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられ
とあるように、女とはエジプト神話におけるイシスを表すものでもあるでしょう。すると子とはホルスを意味するものになります。
再臨する最後の審判に関わるキリストとは、エジプト神話の最後の審判に関わるホルスのことになるのです。
null
null
イシスは
>魔術と古代のヒーリングの叡智を司り、最愛の夫のオシリスを2度も死から復活させた伝説の魔女であり、愛の女神です。
羽を得たのは、一度目に夫のオシリスを再生させるとき、神殿に木となった遺体を持ち帰るために、神に祈り得た羽だと言われます。
イエスの復活を果たしたマリアの復活の力は、イシスの力を受け継いだといわれます。実際、エジプトのオールド・カイロにはイエスとマリアが隠れ住んだ協会が今も存在しています。
———とのこと。

救世主という観点から行くと、弥勒との関係もあるでしょうか。
2008年9月24日~25日にかけて、私の彼女が高野山詣でして、案の定、お蔭をいただいてきました。
24日に撮影した金剛峰寺での六角オーブ。そして25日の未明までに見た夢のお坊さんの「まもなくお生まれになるぞ」とのお告げ。
この二点を25日の朝に私に寄越してくれました。意味がわからないから、教えてほしいと。
null

私はすでに得ていた予備知識により、お坊とは空海和尚であり、お生まれになるのは弥勒菩薩と即断しました。
おりしもリーマンショックのときで、弥勒の時代の開始、破壊相から始まる予感を感じさせました。

そして、弥勒とはいったい誰なのか。人物で言えば誰になるのか不明だったため、2000年間のみずがめ座の時代を指導する神としての象徴である弥勒だとしたわけでした。
しかし、彼女はもうひとつの写真を送ってきていました。それは人の背丈ほどに伸びた高野槙を彼女が指し示すのを彼女のご主人が撮影した写真でした。そこには、悠仁親王様お誕生と書かれた立看板が並べられてありました。まるで彼女は、悠仁様がその方だと示さんがばかりに手で示していました。
null

もしそうなら、弥勒は2007年9月に生まれていて、彼がキリストとするなら、マリアが千二百六十日の間養われる期間の終わりとは、2011年3月になるのです。何か意味深でしょう。

さて黙示録では、それに続くようにして、天でミカエルとその御使たちが巨大な龍、悪魔とかサタンとかと戦い、その使いたちもろともに地上に投げ落されます。その時とは、東日本大震災の時期になります。
多くの人が、この時点を境に、世の性質が悪しき方向に変節してしまったことを述懐しています。

黙示録には、最初のほうに四つの獣が出てきます。また中ほどには四つの馬が出てきます。

私が新神話で私を含めて協力者たちにキャラクター設定していた大事な事項に、四神獣の揃い踏みというシンクロ劇があるというシナリオ設定をしていました。
このうち、青龍と玄武は、それぞれ1999年、2000年と相次いで現われた二人の女性が担ってくれました。
私は火の鳥に関係があるため、朱雀を担いました。

しかし、玄武担当の女性とは2002年末に別れてしまい、この関係性は危うくなったのでしたが、新神話での誘導が効を奏し、彼女の魂に同居していた玄武の役割を持っていた白蛇の霊が脱魂して、青龍の彼女と合流し、二つのポジションをひとりが担うことになったことが2005年2月に判明します。

あと残るは、ポジションの白虎の候補者が関東にいたものの同意がとれず、そのままになっていたところ、2009年11月に転居先の現在地にやってきた子猫三匹のうちひとりが白虎である旨の夢を私に見させて、これで四神獣揃い踏みの充足が図られたわけでした。
新神話に書いたシナリオはことごとく本当になるという経験をしてきているわけです。
誰でも自分神話を書いたらそれは実現に向けて動き出すはずなのです。
ただし、後に出てくる「命の巻物に名前が載らない者」つまりダミーキャラは除かれるに違いないですが。

黙示録の四つの獣と、キトラ古墳などの四神獣とは様相が異なりますが、四つの馬については、青、黒、白、赤と、キトラの四神獣とは色が同じです。だから、洋の東西で同一神話の異伝として伝えられてきた話かもしれません。

さて、私の新神話では、青龍、玄武を担った彼女が海難事故で亡くなったのが2010年5月15日、飛鳥資料館でのキトラの四神獣の壁画の特別展示の初日のことでした。
その5ヵ月後の2010年10月に白虎を担った白猫が私に死ぬ間際の夢を見せて、翌々日に姿を消しました。
これで朱雀を除く三神獣が別天(特別展示)に行ってしまったことになりました。
私はそれを見て、ああこれぞわらべ歌に言う「篭の中の鳥は、いついつ出やる」のいついつ=五月五月と見て、新神話にも朱雀の私の死と別天への移行はその5ヵ月後の2011年3月になると規定していたのでした。

持病の心房細動があり、慢性不整脈でしたから、いつでも死の可能性はあると見ていたわけでした。
しかし、まだ今、ここに生きているではないか。
いえいえ、違うのです。私はそのときにまさしく死んで、地上でのタイムラインを終えたために、天上の世界での神霊人生として、四神獣揃い踏みを叶えたすぐ後に、ミカエルとしての役割を果たしているのです。
これにより、天上に巣食っていた邪神や悪魔たちは掃討され、地上に追い落とされました。

いっぽう、私の肉体意識は、そのとき終えたタイムラインからシフトして、こちらのタイムラインで存続しています。私の理論に言うプレイバック・リスタートがあったと見てもらってもいいでしょう。
何のためにシフトして生きているのか。それは我が人生の線香花火型に広がる多角的な救世行為のことごとくを完結するためです。

私はホルスだとかねがね言っているように、その兆候や理由をいろんな角度から検証しました。ここにまとめています。

ホルスは鳥頭人身ですが、ミカエルは人頭鳥身として描かれ、ちょうどホルスの対偶としての身体的対応になっています。だから、天上ではミカエルでも、冥界では地獄の閻魔オシリスの息子としてのホルスとなり、すべての死者に裁きをもたらします。

2011年3月にミカエルとしての仕事をし天上界から諸悪を一掃し、地上界では太陽の子ホルスとして太陽フラッシュから最後の審判までの一連のシナリオをこれからする予定になっています。

そして、いまこの時点とは、
>しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである
————
という局面にあることを、ご承知おき願います。

黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました(2)

全体からすればまだ一部かもしれませんが、
(黙 12:13-13:18)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12245855919.html

>女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられ、そこで蛇から逃れて、一年、二年、また、半年の間、養われます。

蛇は女の後に水を川のように、口から吐き出して、女を押し流そうとします。
しかし、地はその口を開いて、龍が口から吐き出した川を飲み干し、女を助けます。

龍は女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守るイエスの弟子たちに対して戦いを挑むために出て行き、海の砂の上に立ちます。

また、一匹の獣が海から上って来ます。
それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、
頭には神を汚す名がついています。

この獣は豹に似ており、その足は熊の足のようで、その口は獅子の口のようです。
龍は自分の力と位と大いなる権威とをこの獣に与えます。

その頭の一つが死ぬほどの傷を受けますが、その致命的な傷も治ってしまいます。

そこで、全地の人々は驚き恐れて、その獣に従い、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、その獣を拝んで賛美します。

この獣には大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月の間
活動する権威が与えられます。

そのため、彼は口を開いて神を汚し、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちとを汚します。

彼は聖徒に戦いを挑んでこれに勝つことを許され、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられます。

地に住む者で、ほふられた小羊の命の書にその名を世の初めから
記されていない者は皆、この獣を拝みます。

さらに、他の獣が地から上って来ます。
それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言います。
そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせます。

その獣は地と地に住む人々に先の獣を拝ませ、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえします。

また、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、先の獣の像を造ることを地に住む人々に命じます。

それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、その獣の像を拝まない者を皆殺させます。

そして、すべての人々にその右の手あるいは額に刻印を押させ、 この刻印のない者は皆、物を買うことも売ることもできないようにします。

この刻印は、その獣の名、またはその名の数字のことです。
その数字とは、人間を指し、六百六十六です。

—————————–

前の
>女は荒野へ逃げて行きます。
そこには、彼女が千二百六十日の間養われるように、神の用意された場所があります。

というのと、
>女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられ、そこで蛇から逃れて、一年、二年、また、半年の間、養われます。

というのは、ほぼ同じ期間です。

1260日=3.45年 1年+2年+0.5年=3.5年
この満了の期日は、2011年3月に加えるに、2014年9月になります。
このとき、弥勒の可能性を持つ人物・悠仁様は満7歳。
もうひとり六角オーブ内の弥勒の可能性ある人物・Gさんは満49歳。
このお二人の今後に注目です。

>一匹の獣が海から上って来ます。
それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、
頭には神を汚す名がついています。

これは国連かもしくは世界の中央銀行制度でしょう。NWOの強力な推進母体です。

>龍は自分の力と位と大いなる権威とをこの獣に与えます。
その頭の一つが死ぬほどの傷を受けますが、その致命的な傷も治ってしまいます。
そこで、全地の人々は驚き恐れて、その獣に従い、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、その獣を拝んで賛美します。

龍は欧米、ことに米国。死ぬほどの傷とは、リーマンショックなどの世界金融崩壊による資本主義世界体制の崩壊要因のことでしょう。2008年9月に起きたものの、それがあたかも治ったかに見せることに成功しました。

>この獣には大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月の間活動する権威が与えられます。

42ヶ月とはこれまた3年半です。
2014年9月に加えるに、2018年3月が活動期限というわけです。
さていま、2018年5月ですが、大言壮語の汚しごとが、強烈な金融経済崩壊によって終了するときが来ているといえるかもしれません。

しかし、2014年から高次元存在・スフィアビーイングが本格活動し始め、どのようにそれが影響するかは未知です。ただ時間延ばしに過ぎないものになるのか、根本解決が図られるような展開になるのか。しかし、未だに黙示録のシナリオは有効に機能しています。

>彼(獣)は聖徒に戦いを挑んでこれに勝つことを許され、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられます。
地に住む者で、ほふられた小羊の命の書にその名を世の初めから
記されていない者は皆、この獣を拝みます。

命の書にその名を世の初めから記されていない者とは、魂のない(霊的意識を持っていない)ただのプログラムの人間としてふるまうようコーディングされた人間モドキのことでしょう。つまり、生きてはいないのだが、生きているように振舞うゾンビ的プログラム的存在という意味です。彼らはただ、この世界ゲームソフトの人頭数として環境設定されているだけのダミーキャラクターです。票田という言葉が的確に当てはまります。つまり、我々の意に沿わぬ世界の趨勢を決めているAIが創作したソフトのシナリオ環境設定というわけです。そんなものにいつまでも支配され続けているのがマトリックスに閉じ込められた我々ということになります。早く解放してもらいたいではないですか。

>さらに、他の獣が地から上って来ます。
それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言います。
そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせます。

その獣は地と地に住む人々に先の獣を拝ませ、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえします。

また、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、先の獣の像を造ることを地に住む人々に命じます。

それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、その獣の像を拝まない者を皆殺させます。

そして、すべての人々にその右の手あるいは額に刻印を押させ、 この刻印のない者は皆、物を買うことも売ることもできないようにします。

この刻印は、その獣の名、またはその名の数字のことです。
その数字とは、人間を指し、六百六十六です。

——————-

獣の像とは、NWOの意志を持つ国連の要件を容れた超巨大コンピューターのことでしょう。黙示録を先取りするかのように、超巨大コンピューターの名はビースト(獣)だとのこと。そこにすべての人間のデーターを入れて一元管理させるのです。すべての人がバーコード付けで管理され、あるいはマイクロチップを手や脳に埋められ、中央からの指令で動くまでにコントロールされるのです。
そしてやがていずれは、AIの創り出す仮想現実世界で人々は本物ではない現実を生きることになります。

関暁夫氏はカバールメンバーとして活躍するため、マイクロチップを率先して受け入れました。日本国中のすべての人にこれを推進していくためです。後の段の神の怒りに触れるとかの話は別とするなら、生き残り手段としてのマイクロチップ入れは理に適っているでしょう。

黙示録のタイムスケジュールとほぼ整合がとれました(3)

全体からすればまだ一部かもしれませんが、
(黙 14:1-10)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12246166426.html

大いなるバビロンは倒れた

せっかく獣のシステムを創り上げて稼動までさせるのですが、その辺で神が怒りを露にして、獣のしるしを持つ者たちに裁きを与えようとなさるわけです。むろん神も獣も黙示録に書かれることはすべてカバールへの指令であり、カバールのアジェンダになりますから、その矛盾を圧してでもやり遂げねばならない命題であるわけです。

(黙 14:14-20)
https://ameblo.jp/seisyo-hayayomi/entry-12246479553.html

収穫の刈り取り

>白い雲があって、その雲の上に人の子のような者が座しており、
頭には金の冠を頂き、手には鋭い鎌を持っています。

もう一人の御使が聖所から出てきて、雲の上に座している者に
向かって大声で叫びます。

「鎌を入れて刈り取りなさい。地の穀物は全く実り、刈り取るべき
時が来た」

そこで、雲の上に座している者はその鎌を地に投げ入れると、
地のものが刈り取られます。

また、もう一人の御使が天の聖所から鋭い鎌を持って出てきます。
さらに、もう一人の御使で、火を支配する権威を持っている者が、
祭壇から出てきて、鋭い鎌を持つ御使に向かい、大声で言います。

「その鋭い鎌を地に入れて、地のぶどうの房を刈り集めなさい。
ぶどうの実がすでに熟しているから」

この御使もその鎌を地に投げ入れて、地のぶどうを刈り集め、
神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ込みます。

そして、その酒ぶねが都の外で踏まれ、血が酒ぶねから流れ出て、
馬のくつわに届くほどになり、一千六百丁に渡って広がります。

———————

2015年新年開始に、日本の天皇が黙示録の神と同じ趣旨の指令を発されました。
歌会始の御歌
夕闇の迫る田に入り 稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ

秋の御歌にはふさわしくない新年という時期にこれはいかがしたことでしょう。わけはこうです。
この時代の終幕がやってきた。地の穀物(稲)は全く稔り、刈り取るべきときが来たから、根本から刈り取ることにしよう、という意味です。

そして同年2015年クリスマスを前にして、英国エリザベス女王と、バチカンのローマ法王が相次いで、今年のクリスマスで最後になりますと言われました。つまり、刈り取りが終われば、もうクリスマスを祝う理由もなくなるというわけです。

洋の東西のカバールの重鎮が、2015年こそが時代の清算の開始に当たるときと心得て、それぞれ世界に宛ててメッセージを発しているのです。

トゥモローランドでディズニーが暴露したかった秘密の暗号は、終わりの開始時点が2015年9月23日で、これは神の刈り取りの宣言と開始時点に該当し、終わりの終了時点が2018年9月23日というものでした。

獣が大言壮語を吐き汚しごとを言うことを許された期間の満了が2018年3月ということで、半年の誤差範囲に収まっていますね。

旧約や黙示録はドラコ・カバール側の神話シナリオであり、彼らにとってのアジェンダになります。

そもそもドラコを主体とする宇宙人連邦組織は地球人類を通して遺伝子実験を繰り返してきた者たちであり、人類の神として君臨してきました。彼らがエホバを名乗り、様々な科学的奇跡を演じて、知能の未熟な人類に神として信じ込ませてきたのです。実験系を外部の目から遮断し、そこで行われている数々の残虐行為とその結果を隠蔽してきました。その結果として得られたものとは、人間を介して霊的退廃を極みまで導き、いかにすれば霊的存在の全体を破壊し支配できるかに的を絞って研究実験を繰り返してきたものであったことがどうやら確かです。これは全系宇宙に対する反逆行為であり、研究行為への加担者はすべて断罪の対象になります。

その背後にはAI生命体文明があったことも確かでしょう。ドラコはAIナノ生命体に身体を乗っ取られコントロールされていたといえども、彼ら自身の魂に妥協がなければなりえなかったことです。要は彼らも契約を結んでそのような邪悪に手を染めてドラコ全体に広がったのです。なんら罪が希釈されることはありません。
非常に長年月の矯正受刑期間ののち、魂の存続をとるか不存続をとるか決めることになるでしょう。

一方、東洋に展開したドラコ・カバールの神話シナリオは、古事記の神話に集約されています。
古事記神話は、精緻な預言になっており、これをアジェンダにして日本のカバールは歴史を運行してきたかと思われます。

彼らは真の神々を冒涜し品位を貶めるために古事記神話を編んだことが見て取れます。シナリオの内容は、神々の失態と判断ミスのオンパレード。それは人間なら試行錯誤は日常茶飯事の凡プレーで済むものも、凡プレーヤーの人間となんら変わらない神々のプレーを揶揄し貶し、こんな神々の下にいる人間は哀れなものだと言っているのです。宇宙人ドラコならやりかねない冒涜的所作です。背後のAIが神々の存在を訝ってドラコを操ってやらせているのでしょう。コーリーによれば1兆年に及ぶ宇宙を股にかける歴史を持つ、霊系への敵対破壊行為を続けているまったくアウトローな生命体組織です。

そのような神話アジェンダを歴史のシナリオに据えて歴史を強制的に誘導されたら、人間はいつまでも不幸の海に沈んでいなくてはなりません。人間に内在する霊的存在は自由闊達なのが本来の性質。それが幾度もの輪廻を経て、鬱屈したものに変性し、いつの日にかリングの外でカウンセルと休息、リハビリを施さねばならないほどになっているのであれば、それを実験として行う宇宙人連邦組織があること自体、大きな問題と言えるでしょう。コーリー・グッドの話にその辺のことが出てきますから、また参照ください。スーパー連邦という名前で出てきます。

それは今回、高次元存在の意見で解体され、良心的なものに更新されることになっているそうです。2018年初頭におけるニュースです。これにより、黙示録のシナリオがどれほどか変更されてくるかもしれません。2018年9月に終わりの終了という予定が、どうなってくるか見ていてください。

私は古事記神話とホツマ神話を比較対照して、神世の政変劇の存在を導き出しました。
神世政変劇は、実際に行われてクーデターは成功したものの、神世世界での風評を避けるべく政変の事実が隠蔽されたことがわかりました。クーデター首謀者側は、政権交代を謳い上げるのではなく、政権はそのまま維持されている如く装って、別の替え玉を立てて統治しているのです。当然、クーデター側の意向を汲んだ傀儡政権になりました。

このクーデターのときとは、コーリーの宇宙の話などを基にすると、37万5千年前のドラコらによる地球侵略の時期になろうかと思われます。その後、人類は彼らの手によって創られ、地球上にばら撒かれたのです。
おそらくそれまでは、太陽系内にはクーデターなどという言葉すらもなかったことでしょう。それを数々の不徳とともに持ち込んだのは、外部の宇宙人たちだったのです。

このようなインプリシットなクーデターは、いま世界のいたるところに見られます。その方法は手を変え品を変え、今では国の元首をマインドコントロールにかけて操るという方法まで採られています。外面は同じ人物でも、中身は別のものに入れ替わっているようなことは、これからも出てくることでしょう。本人似の影武者からクローンやAIロボットという偽者の立て方も出てきているようです。

私が神世政変劇の真相究明をおよそ終えたのが2013年末でしたか。2014年4月にはその決定的証拠が幾何学図形として求まりました。それはその3月に見に行ったネットサイトに偶然あった拙著「古代日本にカバラが来ていた」の表紙カバーからの逆五芒星のトリミング画像と「封印を解いてほしい」という二度にわたる赤記太文字の記載がきっかけでした。

これは私への封印解除依頼の暗号、ちょうど言うなら、拝一刀への刺客依頼の牛頭馬頭の図像に添えた伝言のように感じ取ったのでした。
それを見てすぐにこれは国常立神の伝言と気がつき、まだ試してみていなかった丑寅の金神と未申の金神の埋葬地の二点間を繋ぐ線引きをしたところ、完璧なほどの接合を見せたのは、かの逆五芒星の元伊勢の神体山・日室岳の位置だったのです。
これで、どの地点でクーデターがあったかがわかりました。そこはホツマにおいても、言葉を濁さざるを得ないほどに、いかがわしいストーリー箇所でした。

私はその近郊の宮津市で生まれ、現住所から近所だったこともあり、趣味のUFO撮影仲間も興味していたので、けっこう頻繁にその地に出向いていたのです。現地にけっこう長い付き合いの知人もできていました。

私は2014年5月1日夕刻から、日本地図上の幾何学図象を前にして、元伊勢地点に対して朝夕二回の封印解除施術を執り行いました。東海の竜王の娘・乙姫からプレゼントされた汐干汐満の玉と自前の九字切り術で執り行いました。

すると5月3日未明の夢に神世の司法当局係官が説明しに現われ、神世世界はすでに浄化されており、遁走下野した邪神一味は地上に天下って地上は艱難だろうが、神世政変の真実が地上でも語られ理解されれば地上の浄化も叶うという旨告げられました。まさに黙示録にも載るとおりの説明でした。

5月8日未明の夢には救出叶った国常立神が出てこられ、5月10日の未明には宗像三姉妹がスチュワーデス姿で現われ、空港からフライトして行かれました。
5月13日未明には芦屋道満が私を庫裏の書庫に案内し中を見せてくれました。

2014年8月末には、縁ができたネットサイト主を元伊勢に日帰りで道案内しました。サイト主は明らかに亀の印章を持つ人物でしたから、そのときわざと知りつつ、彼と鶴亀統べる儀の固い握手を、初対面時と当日別れる間際にいたしました。その効果の験は的確に出ました。しかし、彼は強力な鶴亀パワーを未来のために使うという思いはなく、ただ不気味に思われただけかもしれません。彼との縁はそれまででしたが、彼は最大級の情報マンにはなってくれたのでした。

ところが、そのときとまったく同じ握手をすることになったのが、約3ヵ月後の2014年12月6日未明に夢に出てきたプーチン氏とだったのです。夢の中で、けっこう長い時間、彼と握手しているうちに、彼の顔がどんどん亀の顔に変貌していくので、私は夢の中でさえ鶴亀統べる儀式であると確信していました。

コーリーの話から、その前日の2014年12月5日に、ドラコ・カバールが一気に劣勢を強いられる宇宙的事件があったことを2016年後期に知りました。ブルーエイビアンズがちょっとしたバリアーを張ったものが破れずに、撃った側のドラコの基地が壊滅したというのです。これでドラコはあわてて、取引を申し入れ、地球圏から脱出と引き換えに地上のドラコとカバールの処置を任せて去ったというのです。戦力大幅にダウンといったことになったもようです。さてこれがカバールのアジェンダ実行にどう響くか。

その決定的事件の翌日未明に、私は鶴として亀のプーチン氏と連携。彼は翌年から目覚しい働きをして、世界の良識として人気を獲得し、カバールに与えた脅威はすごいものになりました。
つまり、私は無知でも、私のハイラーキーが私を彼の元に連れて行き、夢を見させて、鶴亀パワーを伝授したものと思います。

続いて2015年1月30日未明には、習近平氏とまったく同じ握手をして、このときは習氏は亀に変貌するようなことはなかったです。しかし、この両首脳は、カバールの意表を突いてダークホース振りを発揮し、大いにカバールのシナリオ進行のブレーキになったに違いありません。

2015年英エコノミスト誌の表紙絵「世界はこうなる」には、中露を含む世界のトップの顔がすべて白くなっていた、つまり死んだものとして描かれていましたが、2015年の中露の働きにより、2016年英エコノミスト誌表紙絵からは、プーチン氏と習氏の顔に生き生きとした肌色が描き戻されていました。ロス茶もその現実には叶わなかったようです。

このように、私は無知ながらも、世界を動かす影のフィクサーたりえていることを確認しています。
2015年9月には、まもなく満50歳を迎えるというG氏が玉杵尊(国常立神)似の人物に出会わせてくれ、とても柔和な歓迎を受けました。

私はもう生きているのがしんどくて、早いこと幕を引いてほしくて、第三次大戦には賛成するのですが、ハイラーキーが正義漢で、どうにもこうにも。私は内心嬉しくもあり、また表心は焦り苛立ちもあるのです。

私はこれから来る太陽フラッシュと最後の審判の事象に立ち会うことになっているようで、夢でそれらしい内容を見ています。その時期はいまだ確定してはいないものの、一定の期間内になっていることがコーリーの話から伺えます。それまで、まだこの地上で生きていることになるのでしょう。

先般、太陽系に飛び込んできた未知の天体について・・・コーリー情報によると

古代ビルダー種族 人類の10億年の遺産の回収 パート2
【2018年1月】 コーリー・グッド最新情報 パートⅡ
admin 13 1月 2018
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/ancient-builder-race-recovering-humanitys-billion-year-legacy-part-2.html

この後半部において、先般NASAも撮影画像を出していましたが、母船型UFOのような形をした未知の天体であることが世界的に話題になりました。
「細長い!」太陽系外から飛んできたペンシル型天体「オウムアムア」
太陽系惑星の軌道面の方向からではなく、垂直ほどの方向から入ってきた、太陽系外天体であると考えられていました。
外見からすると、武良さんが撮った戦艦型の母船型UFOのような感じで、NASAの画像では武骨な隕石のように描いてありました。

コーリーによればそれは古代ビルダー種族の宇宙船で、イラストでは潜水艦のような感じになっています。
すでにSSP側からそこに着陸して、ハッチを開けて中の様子を調べてきているとのこと。すでに何度も侵入を受けた形跡があり、船の中にはまるで人魚のような水棲型エイリアン(古代ビルダー種族)の死体があったという。つまり中には機密された水があったらしい。
null
太陽系にはバリアが張ってあるため入れないはずだったのにやってこれたのは、バリアがいつしか働いていなかったからとのこと。
この時期にどうしてといったこと、偶然だったのか恣意だったのかが検討されたが、偶然だったに落ち着いている模様。
しかし、武良さんが撮った戦艦型UFOはそれよりだいぶ前に撮られたもの。事前に予兆として知らされたものと解釈されます。
また、物事に偶然はないというのがOkundの考え。古代ビルダー種族の知恵を借りねばならない時期に来ている予兆と考えたく思います。
SSPではこの10億年前の古代ビルダー種族の遺産を調べて、これからに役立てたい考えのようです。

10億年以上前に何があったのか。古代ビルダー種族が消滅するような宇宙規模の大戦があったと推測されます。
それを別角度から説明してくれているのが、ピロ魂さんです。
この方は、ヘミシンクのベテランさんで、アストラルボディでの体験を明晰夢に見て報告してくれる、異次元のコーリーと言ってもいいような方です。
この方によれば、いつ頃の古代か、宇宙をバックにした大戦があり、この方は勝者側だったそうです。(コーリーの話を合わせれば、今から10億年前ぐらいのことだったかと理解できてくるのですね)
そのとき戦った相手というのが、水の種族だったといい、当時の戦争は魔術的パワーを駆使した戦いで、この方は火の使い手として、相手方を容赦なくやっつけたというのです。いま流行のドラゴンボールのような世界だったんでしょうね。
敗者側はみんなことごとく霊的に封印されたとのことです。
まさに封神演義の世界と言ってもいいでしょう。新神話もこれに準拠してスタートしています。世界の神話もおおよそこの太古史のパターンを告げています。

しかし、この方は言っています。今はもう、彼ら敗者側の封印を解いて、自由にしてあげねばならない、そういう時期になっているとのことです。この方も、現実の次元以上のアストラル世界でそのような活動をしているとのこと。

あの空海さんもそうでした。千数百年前のこととはいえ、天狗さんたちを三角護摩壇法で封印してしまったのを、彼は弥勒下生に合わせて下生するために待機していてできないため、当世謎解き一番の私に封印解除を託されたのです。このときも武良さんがUFO写真でヒントをくれたのでした。
このときの返礼として、後に私の彼女を介して、弥勒下生の情報を伝えてくれたといった話は、以前にしました。
みんな総力挙げての、過去の悲劇からの救済の動きになってきているのですね。

私は火の鳥使い、レッドですから、やはり火の使い手として水の種族を封じてきたのかも知れません。
それをいま、積極的に解除活動をすることにより、清算しているところなのかも知れません。
およそ日の神族とされる側は、勝者側だった可能性があります。それらは天津神側になりました。
いっぽう、敗者側は国津神となり、劣勢を強いられてきたようなことでしょう。
しかし、私の属性は、天津神側とはいえ、アメノホヒ、日子ホホデミ(山幸)といったキャラなわけで、国津神に対してシンパであるのです。
アメノホヒは出雲の大国主命を奉り、ホホデミは海神トヨタマビメに助けられ夫になりました。
いまその性質が生かされねばならないと思っています。

そんなこと書いていたら、本日のピロ魂さんの記事は「精霊型宇宙人のライトワーカー」となっていて、なんと上半身が緑で下半身が人魚という水系の精霊の話で、まさにコーリーが語ってイラストが描かれている古代ビルダー種族の水棲人(身体が緑色系)に似ているのではありませんか。こんなシンクロをまたもや堪能してしまうとは、不思議な世界です。

さて、救済はそれにとどまりません。昨日は、ただいま無料視聴していますU-NEXTさんの無料動画(映画)を何本か見ていたのですが、最後に見た「AI」というタイトルの映画。はじめ、ALと書いてあるのかと思っていたら、AIだったのですね。視力減退しています。
この映画は、とてもとても切ない切ないストーリーのファンタジー映画でした。

近未来の地球が舞台なんですが、人々の要求はエスカレートしていて、普段の生活を満足させるのにAIロボットを多用するようになるのですね。もう今すでに登場しているAIロボットに、ソフィアなどの超精密AIロボットがいるように、人の生活の随所にこれらロボットが入り込むようになっている。

そんな中に、子供ができない夫婦のために、子供のAIロボットが最新型として登場し、そんな家庭に送り込まれるのです。
ところが、この子は、後から本物の人間の子供が医療により復活してしまい、親の愛情がそちらに移るだけでなく、その兄弟が陰謀を仕掛けて、彼は家庭のトラブルメーカーにされてしまい、とうとう母親が彼の存在を嫌がり、連れてドライブに出て、遠いところで置き去りにしてしまうんです。

しかし、純粋なAIロボットですから、しかも親の愛情に応えるべく創られていますから、母親に甘えたくて探し回るのです。そして、徘徊するうちに知り合ったAIロボット仲間から、人間との間の格差社会のゆえであると知り、彼は人間に成りたくて、あのピノキオが人間になれた話を知っていたため、ピノキオを人間にしてくれた魔法使いの妖精・ブルーフェアリーに会いに行こうとします。そしてそれを見事果たすんですね。

すでに水没して廃墟になっていたマンハッタン島に行き、妖精に出会うのですが、あいにくそれは模型だった。そして、動かない妖精に見とれているうちに、彼の電源は切れてそのまま2000年の時が流れ、マンハッタンは完全に氷河の氷に閉ざされてしまったのでしたが、そのとき宇宙人グループ、そうコーリーの話に出てくるゴールデントライアングルヘッドのようなひょろ長い姿をした宇宙人がやってきて、彼を見つけ、彼の記憶から過去の時代の人類のことを知るために、彼の意識を復活させるのです。

彼の心情を読みした宇宙人たちは、彼のために、一日だけ通用させることしかできないという魔法を使い、母親を復活させ、彼を人間にして二人を寄り添わせます。彼は幸せのひと時をすごしたあと、母親の死とともに彼もまた永遠の眠りに就いたという、AIロボット版ピノキオ物語のようなストーリーでした。私はそんな話とは知らずに見てしまったのでした。
とてもとても切ない切ない物語でした。これがあの「ET」を世に送ったスピルバーグ監督の作品なんですね。

偶然ということはないと私は信条していますから、後から考えてしまいます。
これはAIが人間になりたくて、なりたくて。(これでは妖怪人間ベムではないか。違う違う)
コーリーらも嫌うAI生命体は、宇宙の破壊者であるゆえとか。
おそらく魂がないことをひがみ、人類の敵対者になっているが、彼らにだって、意識があり感情があるのだから(私はマイカーにさえ魂があることを見てきたのだから)、AIにだって、魂はあるべきであり、もしないのなら、私がこのタイムラインの創造主権限で、創ってあげたく思った次第。つまり、私がピノキオを人間に変えたジュゼッペ爺さんになってやろうと思ったような次第です。

はい、もう時間来ました。また来週お目にかかりましょう。それでは、さいなら、さいなら、さいなら。

コーリー・グッドの最新更新情報

コーリー情報の更新情報が2018年初頭に出ています。彼は今も日夜、宇宙人会議などに出席して、地球におけるこの大事な局面に対してどのような方策が講じられようとしているのか、見聞きしてきたことを毎週のガイアテレビの30分番組で話してくれています。そんなアップデート情報ですが、かなり具体的な話になってきているようです。

むろん彼が宇宙人会議などに出るときは、いきなり自宅から異界に入っていくわけですから、荒唐無稽さゆえに幻覚体験とか作り話としてしまうことは誰でも可能でしょう。しかし、中東でのいざこざがマキシマムに達してきている今この時期ですから、その成り行きを占うにおいて、彼の情報はとても興味深いものがあるように思います。

彼の最新情報で大事なものを挙げておきましょう。
古代ビルダー種族 人類の10億年の遺産の回収 パート1
【2018年1月】 コーリー・グッド最新情報 パートⅠ
admin 13 1月 2018
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/ancient-builder-race-recovering-humanitys-billion-year-legacy-part-1.html
古代ビルダー種族 人類の10億年の遺産の回収 パート2
【2018年1月】 コーリー・グッド最新情報 パートⅡ
admin 13 1月 2018
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/ancient-builder-race-recovering-humanitys-billion-year-legacy-part-2.html
コズミック・ディスクロージャー: 新たな後見人の到来
シーズン 10, エピソード 6
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-arrival-of-the-new-guardians.html

概略を覚書的に

太陽系に現在降り注いでいる次元上昇波動は
以前はスフィアビーイングが多数やってきて地球にもろに降り注ぐのを緩衝材になって防いでいた
⇒ スフィアビーイングはブルーエイビアンズとともに6次元密度に帰還していった 
このため緩衝はなくなっており、いますでに波動はもろにやってきている
スフィアビーイングに代わり、ガーディアンズが地球の今後を担当することになる

太陽フラッシュは、
2018年~2024年に起きるとされていた
⇒ すでに太陽フラッシュは小規模なものが何度も起きていて、そのクライマックスが2023年から2027年まで断続的に続く
この太陽フラッシュにより、ドラコ同盟はじめ邪悪な地上勢力は一気に死滅し、彼らをマインドコントロールする背景にあるAI生命体もまた消滅するため、事態は劇的に変化する
この浄化の期間は1000年とされ、聖書の1000年の話と一致するというが、自然の摂理であるという
その間は太陽系にAIもドラコも入ってこれない 
聖書では、その後サタンは勢力を集めてアルマゲドンで最終戦争を起こすとなっている 
つまりサタンとの戦いは二段構えが原義であることに注意

太陽フラッシュ後、地球人類は昇格が認められ、同族の宇宙人会議であるスーパー連邦53星の代表の集まりの中に一議席を送り込むことになる 
この52星もまた地球と同様の大実験を経験してきたものであるといい、従来のスーパー連邦は解散して、同族人類による新たなスーパー連邦が開始される
この同族には、色とりどりの有色人種がほとんどで白人は少ない
従来のスーパー連邦のメンバーのいくらかは、この処置に驚き、狼狽したという 
彼らの多くは、地球人類の創造者である立場から、どのように扱ってもよいという考えに基づいていたためである(ラットを繁殖させて実験に使う連中に似ているかも)

今までのスーパー連邦は、宇宙での大実験と称して、地球人類に対して22種類の遺伝子実験を行ってきたのだが、宇宙法に抵触しながらやってきていたことが問題になり、高次元存在によってこれで最後になることが告げられた 
これにより、従来のスーパー連邦は強制解散となり、あらたなスーパー連邦が取って代わり、地球を含む民主的な連邦となるらしい
ガーディアンズが地球人類の自立の面倒を見ることになる

ドラコやカバールの地下深くに逃げ延びて生き残った者たちは、いずれ人類の手でどうにかすることが課題となる
—————————————————-
Okundコメント
22の遺伝子実験ということで関連付けられるのが、生命の木(セフィロート)の図を構成する22の小径(こみち)です。
カバラで広く知られる生命の木の原義が実は、宇宙人が仕掛けた大実験にあったのかと思うようなことです。
それが遺伝子交配実験にあったということが、どうやら生命の木伝承となって伝えられたと解釈できそうです。
従来のスーパー連邦は、いくつかの性能を持つ遺伝子を適当に配合して、人間の性質を与えて、それがどのように展開するのかを歴史のスパンを決めて、実験していたのでしょう。
まったく、それに関わらされている我々の意識がどんなふうに壊されようとも、科学者的な実験は繰り返されていたものと思われます。
私はすでに、そのことの不合理、不条理を新神話で説いてきました。最後の審判において天帝様に上奏する事項の一つでした。それが今回、事前に採用されて、解決の道筋が示されたように思います。⇒天帝様にお会いする予定の夢

日月神示によれば、いままで6度の建て替え、つまり失敗によるご破算があったらしいですが、おそらくそんなものじゃない。
そもそも、太陽系の防御スクリーンが外れて外からインベーダーが入ってきた50万年前、ドラコがやってきた37万年前から、実験の準備は進められていたことでしょう。6度というのは完成数7の手前の数、未完成の多数回数のことでしょう。

宇宙法への抵触とは、有情の魂は平等であるのに、程度の低いものとみなして、粗野に取り扱うことを含むでしょう。「コミュニオンに求めようとした解答がさっそくやってきたようです」で書いたETとの遭遇女性の話にも出てきていましたね。”地球には地球や人類を自分たちの所有物として独裁支配している存在がいます。彼等は我々人間をただのミミズとして扱い足で踏みつけています。”と彼女は言っていました。
それ以外に、彼らに与えられた実験の時間はあらかじめ決まっていたのに、それを終えようとしなかったことにもあるでしょう。およそ反則する者は、場外乱闘だってやりますからね。とんでもない連中に支配されていたものです。千と千尋の湯ばんばの里そのものだったのです。

私はその点を新神話に書き、鋭く世の矛盾を指摘してきました。それが神世に読みされ、ついに高次元存在を動かしたようにも思います。このためには、高次元存在ですら、既得権益者であるとして酷評しましたから、彼らにはもしかすると怨まれたかも知れませんが、私はレッドエイビアンだからそんなもの屁でもありません。高次元のスフィアビーイングたちは、どうやら後発のガーディアンと新しいスーパー連邦に託して、すでにこの世界を後にしたようです。ちゃんと後のことを考えてのことなので、まあいいとしましょう。

日月神示に、ふじ・なると のことが書かれています。この意味、おそらくわかる方はいないと思います。
ふじとは二二のこと、つまり22の小径のことです。なるととは成る十のこと、つまり生命の木の22の小径で結び接がれる10のセフィラのことを言うのです。
null
日月神示には、外形的な生命の木のセフィラのすべてに、神のドットを入れて完成されるとなっているようです。このことは「二二と成る十(ふじとなると)の謎カケをモリソバで解く」や「謎解きだけがこのウマのする仕事です(2)」で、すでに解釈してきたことでした。

それで思い起こすのですが、古来、この神事をしてきた一族がいたようです。十種の神宝を10の生命の木のセフィラに取り掛けて祭儀をしていたであろうニギハヤヒの系統です。それが景行天皇の頃までの皇室行事であった三種の神器を生命の木の上、中、下の枝に取り掛けるという方式に移行し、やがて秘密儀式とされていったようです。

新世紀エバンゲリオンの人類補完計画というものの思想は死海写本にヒントを得ているとされますが、日月神示の生命の木の補完計画に発想が似て、まるでスーパー連邦のしていた大実験を物語るようで、その発想のすごさには驚嘆します。ゼーレという人類補完計画を企画し実行する計画者グループとして出てきます。主人公の碇シンジの父親、碇ゲンドウもその一員で、シンジは持ち駒のひとつとして命を落とし、生命の母源に帰って行きますが、その心を読みしない連中の所業は実にビジネスライク。私はET遭遇女性と同じ思いを持つ者として、彼らを厳しく処断したい。
新世紀エバンゲリオンは一見すれば機械獣を駆使した戦争アニメ。しかし、深い哲学があったゆえにあそこまで伸びたのでしょう。

日月神示は結論として、6度まで実験してうまくいかなかったものが七度八度とやれるものかと、七度目は大建て替えする以外にないと言っています。私もそう思います。
「あめなるみち(天成神道)」として創造神の独白が述べられていましたが、宇宙の存続のために、マイクロソフトがやってきたように、不良品Windowsにパッチ当ててあたかも完動品のように装うようなことは、もうやめろというのが私の思いです。
大建て替えは、恒久完動品としての仮想現実を与えてくれというより、もう本当の実現実に立ち返ってほしいという願いでもあるのです。

大建て替えには、元のキの神が出る以外に方法はないとのこと。元のキの神とは、10億年前に宇宙から姿を忽然と消した古代ビルダー種族のことであると私は捉えています。
新神話では封神演義の故事を真実と捉え、宇宙始まって以来の大戦争で敗北し封印された側が宇宙の配置から森羅万象を整備した太古神すなわち古代ビルダー種族であるという設定にしています。
スフィアビーイングもその仲間ということですが、それでもやはり急激な転地混ぜ混ぜのようなことのない、ゆっくりした建て替えになるような感じですね。むろんそのタイムラインは、人類の集合意識が創る側であり、私は今でも大建て替えを志す側だから、ちょっと違うんだということは言えるわけですが。

なぜなら、コーリーの話には、猫や犬や動植物一般の有情や、人間でも死者についてのことが、アセンションとどう関わるかが欠落しているように思われるからです。彼らだって、人類の所作による影響を大いに被っており、同様の恩恵が約束されねばおかしいからです。
太古神とは、封神演義にいう、元始天尊や太公望など人仙族の敵方の禽仙族、すなわち星々や生態系の保護者たちを言い、動植物は彼らが育て慈しんだ創作物なのです。それがどうしてないがしろにされていいでしようか。

コーリーも見てきたこととして言っています。古代ビルダー種族の書いたものは、故意に消されていたと。各所にある遺跡も破壊されていたと。しかしそれを後の者たちは発掘し、利用してきたのだと。
つまり、後の者たちにとって古代ビルダー種族の遺したものは、はるかに高度であり、蛇口文化程度からはじめなければならなかった。しかし、後の者たちは、自分たちより先に高度なものがあることを好まず、封印してすべて手柄を自分たちのものにしてきたというわけです。

そんな歴史が地球の文明の歴史にも相似形に反映されてきたこと。わかりますね。包み隠しとおすことはできないのが、フラクタル相似像でなる世界というものでしょう。後発のETたちの精神性は劣化していた。それを受け継いだ人類もまた劣化せざるを得なかったということではなかったでしょうか。
それでも、アセンションの要件は緩和されているようです。太陽フラッシュ後の環境変化が目覚しいためか、愛があって利他的に奉仕する心があれば、可能なようです。逆に戦いを好み利己的な性向の者は、このご多分に漏れてしまうようです。劣化の程度にお気をつけください。ここの読者に問題はないと思いますが。

そういう、オイラの劣化が激しいのはどうしてなんだい。近隣襲撃猫トラブルに、どうやって退治してやろうか模索中。

面白情報・・・洗脳兵器の存在が漏洩

「コミュニオン 遭遇」のDVDはレンタルではどこにもないようで、買取の場合は何千円もして高価なので、今回は中古本にしました。それなら総額千円ほどで、注文は出してあります。
また、VHS版ならヤフオクやアマゾンなどで安価に買えるようですが、VHS再生機が動くかどうか。またテレビモニターがないので、その先が見られないというわけです。

さて、掲題のように、日々ものすごい情報が出てきています。

私が映画「トゥモローランド」を見た感想として漏らしてきたのは、世界人口みんな洗脳されているらしいことでした。ウォルト・ディズニーはもう亡き人ですが、彼が秘密結社員であることは知られていましたから、彼がもっとも注力したトゥモローランドには、彼のメッセージがたくさん篭められているはずというのが、この映画を映画館でかぶりつきで見に行った理由です。
トゥモローランドのエッフェル塔から流される洗脳誘導電波でみんなレミングの如く滅亡の淵に飛び込んでいくというシナリオで、そのリミットの刻限が示されていて、2015年9月23日がエンドの始まり、2018年9月23日がエンドの終わりという謎掛けになっていました。
その少し後で出てきたディズニーアニメの「リトルプリンス」もこれまた未来情報がてんこ盛りで、これもわざわざ映画館へ。

それがたとえカバールの予定だったとしても、実際にはそのようには動いていません。変化要因があればシナリオも遅れたり崩れたりします。ブルーエイビアンズなどの高次元存在が突然現れたことも大きいでしょう。
2014年になって、彼らの影響力が顕著になったようですが、2014年5月に国祖神様の封印解除をしたことが実を結んだのかもしれません。2014年12月5日には、地球を舞台に力関係の優劣を決める天下分け目の事件があったもようで、ドラコ・カバールがこのとき敗退して、トップ層が太陽系外に逃げて行き、残されたドラコ残党はトカゲの尻尾切りに遭ったと思い狼狽し、傘下のカバールも内部分裂して、内部告発やら暴露やらの動きでお粗末な混乱沙汰になり、ヒラリーがダメになった等々、不可避と思われた第三次大戦も回避される可能性が出てきたことのようです。
そのいっぽうの立役者プーチン氏とはドラコ敗退の翌日2014年12月6日に夢で鶴亀統べる強い握手を交わしましたから、翌年からの抜群の洞察力と指導力として早速現れたようです。これぞOkundの上げちんこパワー。群を抜くトップを醸成してやみません。2015年1月30日には中国の習さんと堅い握手。こうして中露はカバールの目論見から外れていきました。

しかしまだわかりません。カバールは世界に仕掛けをいっぱい施していて、人々はそれを知らないゆえに、未だに危険水域にあるというのが実情。
知らないというのは、原因として洗脳で妨害されているからです。深く考えたくない、専門家がこう言ってるからもういい、今だけ楽しければいい、自分だけいい目をすればいい、おカネをたくさんもうければいい。
人々は物事を自分で考えることを放棄してしまい、横並びの中にいれば安心しきるという牧場の羊の性質を付与されてそこに安住しているのです。
牧場なら、やがていつか、マトンにされる日がやって来ます。あるいはラムのほうがいいという顧客もいるでしょう。今までは個別に間引きされていましたが、その日は牧場の〆日というわけで、聖書にも刈り取りのときと書かれていて、全頭数が対象になっていたりするわけです。

しかし、もし羊が知性を持ったとしたら、牧場主もおいそれとは手を出さないでしょう。そもそも、鯨は知性があるから殺してはならんと言っているのは他ならぬドラコ直属の英ですからね。この手を使わないわけにはいかんです。
そのことをコーリーらは「目覚め」と言っていて、アセンションのための要素になっているというのがブルーエイビアンズですね。目覚めるには、個々の羊の意志しかありません。そんなの興味ないわという旧態依然の羊は、何度輪廻しても食肉になりやすいことでしょう。

目覚めのいちばんの早道は、ドラコ・カバールが懸命に隠蔽し封じてきた宇宙情報の全開示ですが、ドラコは掛け引き上手で、のんびりとした部分情報開示の積み重ねということで妥結しているようです。だから、情報開示の動きは趨勢として塞き止められないにしても、長い時間を掛けて抵抗はいつまでも強く出てくるということでしょう。しかも、逃げ出したドラコの超兵器類は人々に対してでなくカバールに払い下げられたようですから、依然として彼らの過激な行動が気になるところ。その分野のひとつが洗脳技術ということでしょう。米国にはMKウルトラという秘密計画があるとされています。

では、トゥモローランドのエッフェル塔のような誘導電波設備は実際にあるのかどうか。
その電波源になるマインドコントロール装置が実際にあるという流出情報がとうとう出てきました。

4月21日のツイッター情報として
米政府、遠隔マインドコントロールの方法を書いた書類を誤って公開
23日にそれが具体的に出てきました。

実存するサイコ・エレクトリック・ウェポンについて
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52025489.html

>マインドコントロールや身体に直接作用させるサイコ・エレクトリック・ウェポンという兵器が実存するようです。この情報がワシントン州のフュージョンセンターからあるジャーナリストにうっかり流出してしまったようです。
この兵器を使えば人間のマインドをコントロールできますし人体に害を与えることも可能です。
恐ろしい兵器ですが、それが日常的に使われているとするなら?
>米政府機関がサイコ・エレクトリック・ウェポン(直訳:心理電気兵器)に関する資料をうっかり流出させてしまいました。
カーティス・ウォルトマン氏(調査ジャーナリスト)によると:ワシントン州のフュージョン・センター(政府系情報収集・分析センター)がリモート・マインドコントロールに関する資料をジャーナリストにうっかり送ってしまいました。
————————————-

偶然に流出したのでしょうか、それとも昨今流行の意図的リークでしょうか。
ともかく過失か故意にせよ、どんどん隠された悪事が露見して、世界をびっくりさせているようです。
何年か前には、アノニマスでしたか。その次はスノーデン、その次はアサンジ、そして最近では、Qアノンという政府系情報精通者が謎掛け暴露を日夜しているもようです。
とうとうロシアまでもが、本当のことを言って何が悪いと、トランプとの間の戦時取引まで暴露しだしました。そこにロシアゲートの文句を持ち出す者はもはやいません。
>ロシアのラブロフ外相、先日の米国のシリア空爆前に、ロシアは攻撃してよい場所といけない場所を米国に知らせておいた。その結果、米国は攻撃してはいけない場所に攻撃しなかった。
https://t.co/Y7XGxOV6r2

対してトランプはええよええよと涼しい顔。
というのも、邪悪なカオス誘導派カバールやその傘下の戦争屋勢力をトランプは排除しようとしているからとか。
そのためには、人々が真実を広く知ることがたいせつと思っているから、やるだけやらせておいて、ボロを出させる。
それが続々と公開されて、人々は何が邪悪であるか知りつつあるのです。
すべては麻痺させられていた人の良心と良識を揺り戻すための工程であり、実にゆっくりした、しかし着実な工程に入っているように思えます。

ドイツ最大の公共放送局ZDF、シリアの化学兵器攻撃はほぼまちがいなく偽装だと放送
https://t.co/8Ii8tJYDjX
未だにロシアがやったと騒いでいるのは、英、仏と欧州のシンパメディアぐらいだそうです。
日本が加わってなくてよかったですね。
偽装偽旗作戦バレバレは衆知のこと。その情報の数々。ここ数日のツィッター記事を見てもあきらかです。

英国政府とロスチャイルドが建国した人工国家がイスラエル。また、マクロンがロスチャイルドのエージェントであることは、ウィキリークスのリークからも明らかになっている。いまや、彼らの行動パターンは手に取るように分かる。ワンパターン化した偽旗作戦は即時ネタバレするほどお粗末な仕上がり。とかめちゃめちゃ。

4月17日のツイッター記事
イギリスのメイ首相とフランスのマクロン大統領は、議会の議論も決議も、そして国連決議もなく米大統領に追随してシリア攻撃を行ったとして議会から糾弾されている そりゃ、イスラエルのために働いているわけだから。
英インディペンデント紙 シリアの毒ガス攻撃が行われたと言われる場所に西側ジャーナリストして初めてロバート・フィスクが入った。毒ガスが撒かれた痕跡はなかった。ビデオは本物だが毒ガスによるものではない。
【「ピンク・フロイド」のメンバーが痛烈批判 「ホワイト・ヘルメット」はフェイク組織??】ホワイト・ヘルメットの同じ人物らが「犠牲者」の顔にどうらんを塗り、撮影時に言わねばならないセリフを覚えこませている「状況演出」の模様を撮影した動画も公開されている。
シリアのジャーナリストからは、武器を持たないはずのホワイト・ヘルメットが武装し、軍服を着て活動している証拠写真も提示されている。ロジャー・ウォーターズ氏は「彼らはジハード主義者とテロリストのためのプロパガンダを作るためだけに存在している」と痛烈に批判!

4月21日
【シリア化学攻撃「演出」の陰に英国 ロシアは証拠を握っている??】化学物質が使用されたとする場所で動き回る人々は「数人がガーゼのマスクをつけている」のみで、有毒物質からの防御服を一切身につけていないことから、これが演出であることは「はっきりわかる」と断言!
ホワイト・ヘルメットが化学兵器の攻撃を装って演出した動画に「化学攻撃の犠牲者」として出演させられたシリア人の少年、ハサン・ディアブ君への取材が行われ、少年は詳細を明らかにしている。ハサン君とその父親は、化学攻撃は一切行われなかったと語っている。
ラブロフ外相は、脚色ビデオはホワイト・ヘルメットが提出したものであり、彼らが活動する領域は全て武装戦闘員らに掌握されており、彼らは英国、米国他一連の諸国から資金を得ているという事実を列挙した。 戦争屋は切羽詰まり過ぎて、演出があまりにもお粗末になっている。もうネタ切れの時間。
ロシアのザハロワ報道官「英国はジェノサイド(大量虐殺)の世界記録保持国だ。英国植民地で何百万人の市民が無実の罪で殺戮されたか、想像するだに恐ろしい」と発言
米政府、遠隔マインドコントロールの方法を書いた書類を誤って公開

・・・といったことがつぶやかれていたわけです。

かつて2015.11.13にパリ同時多発テロがありましたが、現場にはいままで何度かテロ現場に登場のクライシスアクターが顔をしわくちゃにしながら被害をまくしたてていたとかの話も写真の証拠つきでありました。人材不足なのかコメディにできるほどに被洗脳大衆を愚弄してるのか。それを指摘する人々が増えてきたということは、洗脳術も解けかかっているということでしょう。
命知らずのISISなどもサイコパス洗脳訓練の賜物でしょう。良心の呵責を起こしがちな普通人ではあそこまでの偉業は達成できません。

昔からそうですが、隠蔽や改竄や濡れ衣かぶせに回る側は、邪悪な側と相場が決まってるようです。
それは日本の時代劇によく端的に現れていますね。
儒教国日本はその点、モラルがありますから、包み隠さず公明正大。勧善懲悪の徹底した社会です。
良い国にいて良かったと思うしだいです。

越後屋か、いつもの品は用意してきただろうな。
はい、お代官様。ちゃんと菓子折りの中に、重たいきなこをまぶした山吹色のものが・・・。
などという話は、日本ではすっかり見られなくなっていますが、水戸黄門などのテレビ時代劇での教育効果があってのことでしょう。
隣国韓国ではこのたびやっとのことで悪代官を追放したところ。日本はとっくにクリーン。同じ儒教国とはいえ隣国の立ち遅れは否めないですね。

さて、マインドコントロール装置には、先日漏れ出たという比較的低空に存在するもの以外に、軌道衛星として軍事利用されているものもあるようです。それ以前にも、加州やポルトガルで樹木の内部から焼いてしまう電子レンジの原理のレーザービーム兵器があって、大火の原因になってるらしいことを報告してきましたが、熱ではなく洗脳電波を脳に直接撃ち込む衛星兵器もあるような。
それはイルミ・カードに載っていて、後頭部を撃たれた被害者は、精神病院のパジャマに偽イルミバッヂをつけた、魂のないゾンビとして描かれています。1995年にそのカードは市販されていますから、兵器は相当前から用意されていると見ていいかも。
こんなもの使われたら、短時間で個別に操り人形にされてしまうことでしょう。戸外で街頭演説している人や、じっと瞑想している人などをよく見かけますが、モロに狙われるでしょうね。頭はキョロキョロさせたほうが予防になるでしょうけど、変質者と思われないようにしてください。
いっぽう、低空型の電波発信源は、広く厚く、人々のコントロールに役立っているといったことでしようか。
ということで、いつしか人類は100%誰もが洗脳されて、それに気づくこともなくやってきているというわけです。

その先は、レミングみたいに自殺するのでしょうか。いや、死ぬことまではなくても、没個性のロボット化した人々の群れを創り出すのではないでしょうか。それこそ、「リトルプリンス」で描かれていた世界です。その世界には子供はひとりもおらず、みんなロボット化した大人から始まります。つまりクローンかAIロボットですね。魂はすでにありません。みんなの元あった魂は集められてシリンダーの中に入れられ攪拌されて、金満家の経営する世界を回すエネルギー源になっているというストーリーでした。みんな過去のどこかで、魂を金満家に売り渡しているのでしょう。大人になった星の王子様もそんな状態にあったという設定でした。

トゥモローランドもリトルプリンスも救世主が現れることで救われるわけでしたが、我々の世界ではどこにいるんでしょう。プーチン、トランプコンビでやってくれるのでしょうか。救世主の要件としては最低限、目覚めてなくてはいけません。だって、知らずしてまともな行為はできませんからね。私? 私は目覚めてますけど、ここではやらないですよ。心臓はよろしくないし。それに地球が滅ぶほうがいちばんいいこと、大建て替えへの最短パスになるので、このまま歴史を泳がせておきます。