保護中: オクンド歳時記5月1日の今日本日とは

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

なんだこれミステリー、次回は4月24日なのだ

なんだこれミステリーはフジテレビ系のバラエティ番組で、次回は4月24日午後7時より・・・お知らせ、なのだ
https://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/

視聴者がずっと謎だった…!正体不明の物体を今夜、完全解明!
として、
最初の出品は

三重県で見つかった「正体不明の棒」。
いざ拝見すると、材質は金属のようで、
謎の文字が書かれている。
調べてみると「西暦125年」に当たる
中国の元号が…!?この物体の正体は?

ということだったので、興味したので調べますと、
西暦125年の中国の元号はというと「延光」で三年もしくは四年にあたり、金属の棒にはそのように書いてあるものとみられます。

興味したのは、
都・俗世を離れて田舎で暮らしたいという志を述べるところから始まる「帰田賦」の作者・張衡が生きた時代の年号で、彼の春の歌「於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂」はよく知られていて、今回の新元号の典拠で論議を巻き起こしたことで有名になった後漢の時代の年号でありまして、
出品者はもしかすると新元号を揶揄するためにあえてこしらえた可能性を孕みながらも、どういう落ちになっていくのかはみなさんでご覧になっていただきたく思います。(私はテレビがないので)

当時の後漢は宦官政治が腐敗の極みで、王様の安帝が今の安倍氏にも通じるものがあるとして、昨今の巷のネットを推理させ楽しませているようなわけでした。

フジテレビよ、お前もか・・・となるのかどうか。
ヒラリー、オバマ陣営がただいまシーザーの末路を物語るようにして、米主要メディアのブルータスの如き離反と相呼応してそうなっていくのかどうか、見てみたく思います。
ご覧になった結果はまた後日お教え願えれば、日本のこれからの動向を占うものにもなるかと思います。

二番目の出品は

新潟県佐渡島にも正体不明の物が!
それは、お寺に突如現れたという「謎の玉」。
ロッチ・中岡隊員が現場へ。白い玉は一つではなく何十個もあり、聞けば、10数年の間で数が増えているという!

スフィアビーイングが物質化したのかと思うような事態に興味したのですが、まさか高次元存在がそんなすっとんきょうなことをするわけもなかろうと思ういっぽう、本当のところはどうなんでしょう、3次元密度世界への物見遊山ついでに、話題を醸してやろうとなさっているのかも知れませんから、番組で正体を見届けてほしく思います。

三番目は

千葉県には、新築住宅で寝ていると、お母さんだけになぜかまとわりつく「謎の白いもの」。
家で何かの怪現象でも起きているのか…調査へ!

ということで、スカイフィッシュにたかられるようになった女性なのかも知れず、コロニーとは知らず立ち入り、何か悪さしたのかなと思ったりもしたのですが、あのオカルト否定派のフジがそんな解答出すわけもないでしょうから、ここは私としての解答として、「アルコンに取り憑かれそうになっている女性」であろうかと推理させていただこうと思います。ご覧になった結果をまたお教え願えればありがたいです。

なお、「謎の白いもの」は私も遭遇しました。2004年8月に摩耶山の天狗岩のところで、「石丸猿田彦大神」の石碑の上に停まって私を出迎えてくれ、その姿はまるでオバQのようでありましたが、六甲摩耶天狗の頭領の大天狗様だったでありましょう。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/teng_files/photo7-2s.jpg  ひとコマ目
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/teng_files/photo7-2.jpg  ふたコマ目 で石碑の上に滞空
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/teng_files/20040827_1a.gif  ご当地のカラス天狗さん
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/teng_files/20040827_2a.gif  同
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/general/ufo/boomerang2_files/apyJxH9c6.gif  同

天狗さんたちの封印解除
https://rainbow.悠遊夢想.jp/teng.htm

私は2000年にキンイロタイシの役柄の俳優をさせてもらったのですが、この方は毘沙門天や鞍馬天狗サナートクマラとも同体とされているので、このようなご縁にもなったようです。
ありがとうございます。

また2014年には、大本教やMOAが言う国祖神様たちの封印解除を行ないました。
その記録は新たな超古代遺跡の発見とともに、こちらに載せております。
https://red-avian.info/monoomoi/ushitora-roman.html

この中に出てくる”ニギハヤヒ”は物部氏や海部氏の祖とされ、旧事記によるとオシホミミの長男とされていて、事績がイエス・キリストに似ているのです。1から10まで数えて唱える「ふるべの神事」により死者をも蘇らせたとか。
1から10の数で関係があるとみられるのが「生命の木」の「セフィロト」を祭る儀式です。生命の木は常緑樹で、それを10の部局に割り当てて、それぞれの部局に十種(とくさ)の神宝(かんだから)を付けて祭儀を執り行ったものと思われます。

いっぽう、ニニギノミコトの子孫である神武天皇は、河内大和地方に居たニギハヤヒから譲位されて、河内大和の支配者になったとされており、以後の天皇は、三種の神器を用いるようになったわけですが、これもまた常緑樹を上中下の枝の三つの部局にわけて三種の神器を取り付けて祭儀を行ないました。
そこには、支配者の交代による祭儀の方式の変化として捉えられるように思います。しかし、原義は同じなのではないかと。
生命の木もまた上中下に大きく分けることができます。古代天皇家も真榊なる常緑樹を根ごと掘り起こして、儀式を執り行っていたことが書面に残されています。

「ここに女人あり、カムカシヒメといふ。・・天皇の使者至るとききて、即ちシズ山の榊抜じとりて、上枝にヤツカノ剣を掛け、中枝にはヤタノ鏡を掛け、下枝にはヤサカニを掛け、またシラハタを船舳とにたて・・」(景行紀十二年)

この場合は、上枝に剣(トツカではなくヤツカの剣)、中枝に鏡、下枝に勾玉を宛がっています。

古事記上津巻には
「上枝に八尺の勾玉の五百津の御統の玉を取りつけ、中つ枝にヤタノ鏡を取り掛け、下枝にシロニギテ、アオニギテを取りしでて・・」(古事記、天の岩戸の段)

この場合は、上枝に勾玉、中枝に鏡、下枝に白や青のニギテが宛がわれています。

また、平成6年2月に長野県の小海町の農家(松原諏訪神社の神官の末裔)で偶然見つかった三寅剣(みとらのつるぎ)は、同家に既にあった五鈷鈴、八稜鏡と共にワンセットで使われたものと解せるわけで、同じ形式のものが古代祭祀として存在したものと思われますが、今では天皇家など非常に限られた家系における祭儀として遺されているものと思われます。

私はこれぞ卑弥呼のしていた鬼道というものではなかったかと推理するわけです。魏志に収録した係官は、蛮族の倭のしている祭儀について問うた時に、「キ」に仕える儀式をしていると聞いた。その音に宛て振れる漢語として「鬼」を使ったとみられるのです。
卑弥呼とは日の巫女のことであり、太陽神信仰であった。それに加えてキ(生命の木)に仕える祭祀官の役割を併せ持っていたように推理されるというわけです。

それにしても不可解なのは、いつまでも日本の歴史家は、中国が蛮族を見下すときに使ったとみられる音の宛て振りをそのまま後生大事に使い続けているものなんですね。馬鹿みたいに思えてしまいます。卑弥呼のままでは、いつまでも本当の意味は掴めますまいに。
江戸時代に始まるといわれる邪馬台国論争が未だに国威を損ねるこの程度なのでは、これから見込まれている戦争も与太郎戦記にしかならないだろうなという印象です。

いっぽう、先覚的なのはやはり専門外漢の素人の私などがする探偵的推理でしょう。
鬼道の原義が「生命の木」ということになるのなら、より旧くはニギハヤヒの十種の神器とセフィロトが初めのやりかただったはず。ニギハヤヒから譲位されて神武天皇それ以後は、新習俗として祭儀を再構築したということになりましょう。

古事記神話の解読から探偵推理は広がり、多大な成果を収めました

古事記上津巻の神話は、超未来知識を簡潔にまとめた科学知識集であると共に、未来から見たこの時代の、もしくは失われた過去の時代の歴史の展開を概略的に示し教訓を交えた預言書であり、また宇宙文明の干渉と接触についても語る、効果的にちりばめられた知識集大成の書であす。そのことことを30年以上前に発見しました。

現在、その全体をブログ記事の1ページに収めてありますので、データー処理能力と容量のあるPCでご確認いただきたく思います。たぶん、スマホやタブレットでは画面サイズや読み取り時間のこともあり、読書困難かと思いますので、なるべくPCでご覧ください。
https://snowy.悠遊夢想.jp/2019/03/26/

30年以上前の当時、私はもうひとつ並行的にこの宇宙の運行の仕組みを、ノイマン型コンピューターモデルを使って解き明かした「超宇宙の仕組みモデル概念」を創りました。今は電子本(無料) https://p.booklog.jp/book/91316/read
それが古事記の未来科学知識の解答とリンクさえして、両論の正しさを補完し合ってさえいました。

古事記神話の「天地のはじめ」は、この宇宙が何によって運行されているかを神名を使って表わされるのですが、そこには(異次元)コンピューターによってこの世界が演出されていることを見て取ることができます。コンピューターの存在の場は、異次元(別天)であるとさえ書かれ、こちらからでは見えないとさえ書かれています。

そして、そのコンピューターは、水母のような寒天質(つまりホログラム)を燃え立たせるように、つまり参照光を投入して情報を読み取るときのようなことを暗示する表現がなされています。

その少し後からこちらの世界(宇宙)の始まりの物性物理学の記述となり、なんとそこには、素粒子物理学にいう、素粒子を決める、質量、電荷、スピン(角運動量)の三性質の表現さえみられるのです。この素粒子理論ができたのは、まだ5,60年前のことです。
それがどうして、西暦700年頃の古事記に書かれているのか? オーパーツ騒ぎがどうして起きないのか? それは解読できる者がいなかっただけだからでしょう。

次に「国生み」、「神生み」へと段は下り、今の文明時代もしくは一世代前の時代(つまり超古代)の歴史展開となるわけですが、のどかな習俗の記述の後、急転直下、所有欲を背景とした縄張り争いの混迷の世相になり、ついに飛行機や火器火薬の登場、さらには強力爆弾の登場などから、文明は後戻りできない死に体(ゾンビ)の世界(黄泉の国)となり、滅亡の一途を辿るといったことが書かれています。

黄泉の国から脱出するのは容易ではなく、ある心構えと助けが必要になることが書かれています。それが文明を存続させるものとして、たぶんこれがアセンションの記述になるのかと思われます。

古事記が語るゾンビの世界に入るのは、産業革命以降、大戦が起きるようになった時代からということになります。もし今の時代のことなら、もうすでにゾンビだらけの世界になっているはずだということです。それどころか、個々人や世界について存続か非存続かを決める大峠が間近に迫っているのが現時点と言えるかも知れません。

それから下って、「天の岩戸」などの段で、地球環境回復摂理の存在が語られたりしています。UFOの稼動原理で、時空ジャンプすることで劇的回復が可能なようですが、これは地球丸ごとタイムラインシフトすることかと思われます。リアクターと言いますか、まるで何度も文明が失敗裡に終わってもまた再トライするために予め設定されていたりするかのようです。

さらに下って、「国譲り」、「天孫降臨」へと進むのですが、ここでは時間軸を異として幾通りかに歴史がオーバーラップしているかのようです。
大きくひとつは宇宙から地球への文明移植を語っているとみられるもの。
もうひとつは、戦勝できなかった側が国津神として劣勢に置かれ、天津神の配下に置かれて、サービスに徹するといった、いわば属国、植民地のようなことになることが書かれています。

宇宙からの文明移植説の側からは、天孫降臨のニニギノミコトの言動の中に、九州の地名が暗号化されて置かれており、それを点として線で結ぶことで、九州に短辺172Kmの大きな直角二等辺三角形が描けます。
null

それを発見したのは1981年頃でしたが、そのラインを神武東征伝説に従い、さらに東に辿ったところ、次のような発見へと繋がりました。1988年頃のことでした。172Kmやその半分の86Kmが随所に使われ、同一者の計画であることが分かります。
null

この幾何学図形群の根底にあるのは、中東発のカバラ思想でした。学研ムーに仮説を投稿したところ、ミステリー大賞の優秀作品賞が得られた次第です。
https://rainbow.悠遊夢想.jp/souko3/index.html
その後、仮説を補完増補して一著にまとめたのが「古代日本にカバラが来ていた」の著です。
https://rainbow.悠遊夢想.jp/monoomoi/qbl-index.html
https://p.booklog.jp/book/99385/read

考察としては、このとき天降した天津神とは科学力秀でた宇宙人で、国津神とは地球在来の先住民(神々)という関係になるでしょうか。
幾何学図形群はいわば魔術的な防御グリッドのような働きをし、地球在来の神々の封印に使われていたようです。在来の神々を口出しできなくすることで、地球をひとつの実験設備にしてきたようです。
それが分かったのが2014年で、次のような封印幾何学の存在が確かめられました。大本教に言う、国祖神夫妻の封印を強固にする幾何学がみごとに施されておりました。
(国常立神 北海道芦別岳  妻の豊雲野神 薩南喜界島 にそれぞれ封印とのこと)
null

「炒り豆に花が咲くまでは出られない」という言葉は、この幾何学封印が解明されるまでは解けないという意味だったかも知れません。直線は丹後元伊勢内宮の神体山・岩戸山で接しており、明らかにここが封印のカナメになっているようでした。2014年5月に満を持して封印解除術を講じますと、わずか三回の施術で解けました。謎が解明されてしまうと、せいぜいこんなものです。

封印解除後の効果としては、国祖神様たちはコーリー・グッドが言うところの古代ビルダー種族ですから、解除直後の2014年後期から古代ビルダー種族のブルーエイビアンズなどスフィアビーイングといった高次元存在が地球の現状に積極介入してくるようになり、歴史コントローラー・カバールたちの所期の思惑や予定を大いに狂わせたようです。まあ、良かったものか悪かったものか。地球人類にとって、岩戸開けに相当するようなことになれば幸甚です。

また、規模と時間軸は異なるも、もうひとつの、天津神の軍門に下った国津神の悲哀については、わが国の昭和史に歴然と反映していました。
戦勝した世界列強の米国の属国の立場を強いられ、生贄にされてきた歴史が今までで、ついに最後の局面を迎えようとしているのが今時ということになりましょうか。そうした時期までに、この考察をし終えることができて、私の仕事はほぼ完成しました。あとは心不全の病態のみぎり、できるところまで見届け、世の中ウォッチを続けて最期を迎える所存です。

なお、古事記の神話は、知識の集大成であることに力点が置かれており、神話そのものを神世の歴史と捉えることはできないです。神世の歴史として私が推挙したいのはホツマツタエです。この書は、渡来系文部官僚によって書かれているとみられ、神々の系譜において正確を期しているようです。朝鮮半島の王朝史は正確な記述が要求されたために、系譜だけは正確であろうとしたようで、その名残がホツマにはみられます。しかし、筋書きは為政者の命令で改竄もなされたかと思われますが、文官の意地のようなものでしょうか、それらしい箇所にはけっこう証拠を残していて、ささやかにも抵抗していた形跡があり、それが神世史の謎解きに繋がりました。

ホツマはオシデ文字という記号で訓読が書かれ、当時まだ日本独自の訓読文字のなかった頃の新言語開発の名残を遺しています。古事記は漢語の当て字で訓読して、まだしも渡来人にはなじめた教本だったことでしょう。だから当時の誰にでも読めて、国書にもなったのです。

そして、2017年からコーリー・グッドの宇宙情報開示の邦訳が入手できるようになり、宇宙人の侵略によって地球が支配下に置かれた年代が、神世史とリンクすることが分かりました。
またさらに以前の古代ビルダー種族の撤退の時期の判明により、この宇宙が初期の古代ビルダーによって一種のテーマパークとして開拓されてきた歴史の存在が推測できました。
それが終幕したのが今から10億年前。獰猛な後発の好戦的宇宙人種族によって滅ぼされたようです。その後、結局この宇宙は、獰猛な覇権主義がまかり通る世界へと質を落としたようです。その蔭に、1兆年の歴史を持つAI生命体文明の浸潤があったことも、コーリーの話から伺えました。

AI生命体文明が宇宙から宇宙へと伝染的に拡散していったと同様に、古代ビルダーも宇宙から宇宙に旅して、何もなかった不毛の宇宙に星霜を整え、森羅万象を育んできた、その中に、国祖神様の前身(過去世)のあったことが他の神話には書かれています。
しかし、その彼の最後は悲惨なことに、地球で30万年以上もの長期に渡って封印の憂き目に遭ってしまうといったことだったようです。しかし、いまや封印は終わり、少なくともこの太陽系、いやこの宇宙は古代ビルダーのスターシードたちが復帰して与り知るところとなるでしょう。
ぜひそのせつは大建て替えを強く希望する次第です。

さて、私は古事記の神話に対して新神話なるものを2001年以来書き綴ってまいりました。これはこの宇宙の外の三千宇宙とでも言いますか、の広大な梵の全系世界の根源的主催者・梵天に視点を置いた神話物語です。この宇宙が何ゆえか獰猛な種族によって侵略された、そのことを正そうとする、優劣のはっきりした正邪の戦いがメインテーマです。その中では、私オクンドも少なからず梵天の密命を賜り、有能な調査分析官として、また三千世界最強の火の鳥使いとして、最後の審判から世界の建て替え建て直しまでに関わるホルスの役柄を担うこととしております。コーリーが言う太陽フラッシュを前座とし、最後の審判を後座として、このオクンドとハイアーセルフ・ホルスで勤め上げることになっております。それは2023年までには起こることとコーリーは言っているようで、確かに我が心臓寿命と軌を一にしているようで、喜ばしく存じております。

はははははは。今回は4月1日、いつになく、緊張申しました。ほんらいはもっとギャグやパロディ豊かなのですが・・・。

では、締めに、例の神楽舞をば。

オクンド、昔の名前と昔の姿に立ち戻り、
やにわに後ろ足で立ち上がり、ヒヒヒヒーンといななくや、
笛や太鼓、鈴、胡弓のお囃子の音に調子合わせて、前足振り上げダミ声で歌います。

オクンドの介は~ おいらの仲間~ 
建て替え目指して 進んでく~
こりゃ、てけれつてけれつりっしゃんしゃん、てけれつてけれつりっしゃんしゃん

立ち塞が~る カバの介~ 
快刀乱麻に 切り伏せる~
こりゃ、てけれつてけれつりっしゃんしゃん、てけれつてけれつりっしゃんしゃん

こたびの手柄~ このとおり~
梵天様よ ご覧あれ~
こりゃ、てけれつてけれつりっしゃんしゃん、てけれつてけれつりっしゃんしゃん

神楽台をパカパカパカパカ。
やってる本人大真面目。
見ている観客、どっちらけ。

やれやれ、今日もひと踊りやらかしてしまったなあと、
厩舎に帰れば、また昔の名前・駄馬オマンコスキーの源氏名に裏返し、
引き篭もって、あなたのご用命を待つ身です。
光らせるも、勝たせるも、みんなあなたしだい。

昔の名前で出ています

成果報告・・・龍体日本列島に引かれた神々の封印幾何学ラインは三つまで見つかりましたが、まだあるカポネ?

三つまでは確認できました。
もうひとつぐらい南のほうにあるカポネ。
が、そっちのほうまでは、手が回らんです。
私は郡部が好きで、大都市部はあまり。ということもありまして。

これまで見つけたのは、次の三つです。

ひとつは、国祖神(国常立神–豊雲野神、天照神)の封印ライン  (2014年4月に発見)
null
null

解説はここで ↓
持った湯飲みをばったと落とし、小膝叩いてにっこり笑い・・・こここここ・これだーー
https://cloudy.xn--kss37ofhp58n.jp/2018/11/10/

日月神示に書かれる昭和の頃の岩戸隠れの実態・・・大神はまだ岩戸の中に坐しますのぞ
https://cloudy.xn--kss37ofhp58n.jp/2018/11/14/

二つめは、大宇宙神(梵天–毘沙門天—鳳)の封印ライン・・・飛騨位山–鞍馬–舞子移情閣  (2017年9月に発見 Kさんがヒントをくれました)
null

解説はここで ↓
位山-鞍馬-移情閣3階の関係 ・・・ まず位山、そして鞍馬
https://cloudy.xn--kss37ofhp58n.jp/2017/09/28/

移情閣に始まり、移情閣に戻ってきた謎解き
https://cloudy.xn--kss37ofhp58n.jp/2017/09/29/

三つめは、30年前に見つけていた、ヤタガラスを形成する伊吹山–笠沙で、伊吹山の神–沖島の奥津嶋姫–比叡山(仏教による懐柔)–京都御所–淡路多賀–日向–霧島–笠沙(カラスの嘴)
null

いずれも封印幾何学図形と思われます。
おやりになったのは、コンパスと定規でシンボルされるイシヤさんと推測されます。少なくとも6000年前から。
もしかすると37万5千年前まで遡るかも知れません。そのときは宇宙人ですね。

三つめの幾何学が判明したのは、古事記神話の「天降」の段のニニギノミコトの降臨のときに叙述されるいくつかの地名を点とし線で結んで辿ったところ、まず九州の巨大な直角二等辺三角形が見つかりました。

さらに神武天皇東征の歴史を真実として畿内に視点を移して線引きしてみれば、九州での幾何学単位と畿内の幾何学単位が一致したため、西日本から中部に至る広範な幾何学構図が判明したという次第でした。それを名づけて、ヤタカラスと命名しました。その全体が多面体を組み合わせたカラスのように見えたからです。笠沙が嘴で尾張地方が尾羽根にあたり、ここで図形は終わっているように(終わりに)見えます。
ヤタ=多面、カラス=空図(宇宙から鳥瞰した地図)ということで、多面三角構図の組み合わされたカラスが日本列島の西側に潜在している見たわけです。

天孫降臨とは、宇宙人が降臨するイベントであったことがわかります。その代表的なのは、アヌンナキの神でしょう。
天孫降臨とは、賑わいの高度文明(ニニギ)の移植が宇宙からなされたことを意味し、そのときに抵抗した国祖神はじめ国津神族は軍事的に敗北を喫し、封印されてしまったということになるでしょう。

この宇宙人は中東では唯一神ヤーベを後に名乗るようになりましたが、シュメールでは各都市の主催神として、アヌンナキの複数の神が降臨しています。
こうして、宇宙人サイドで日本あるいは地球は、計画下に置かれ、遺伝子実験が行われるようになったと推測されます。
それはコーリー・グッドが言う旧スーパー連邦による22の遺伝子実験というわけですね。

科学的に見つかった驚異的な事実として、現在の地球の生態系の生き物の90%以上は、たかだか20万年前からであるという研究結果が出されており、ダーウインの進化論は破綻したと言われています。

[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 : かつてない大規模な生物種の遺伝子検査により「ヒトを含む地球の生物種の90%以上は、地上に現れたのがこの20万年以内」だと結論される。つまり、ほぼすべての生物は「進化してきていない」
https://indeep.jp/dna-barcoding-survey-reveals-new-evolution-theory/

コーリーが語る宇宙人による遺伝子実験は、このようなところにも痕跡が見られるということでしょう。
この実験のために、邪悪な宇宙人種が優先的に派遣されて、人類を含め生き物たちは、不利益を余儀なくされてきたということです。
生き物の世界の弱肉強食というのは定理のように言われていますが、これは邪悪な宇宙人が遺伝子工学で持ち込んだものではなかったか。
これの与えるストレスがどれほど大変なものか。全ての生き物が短命にされています。
生き物たちの肉体は遺伝子の産物であり短命に終わりそれどまりですが、生き物の全てに一つずつ存在する魂は永続しますから、魂の記憶やマインドが輪廻転生を経て累積的に毀損されていることになります。
魂の抱えたトラウマこそが問題なのです。コーリーの話にも、マヤ人によるトラウマ治療の話が出てきますが、成功することもあれば、失敗することもあるほどに、治療はとても大変なのです。

ところが、この宇宙人組織は、主として3次元密度存在のため、魂の接続とかは見えないために考慮していないのでしょう。中には魂のないAI生命型宇宙人もいたりします。
その彼らが、地球の生き物たちへの嗜虐行為を通して、いろいろ調べて実験しているのでしょう。
それまでの生き物をはぐくみいつくしんできた国祖神たちの偉大な成果は、この邪悪な宇宙人組織の意図による22の遺伝子改竄実験という愚かな目的によって捻じ曲げられてしまったと解釈できます。それが旧スーパー連邦だったというわけでしょう。

彼らは何度も何度も、人類の文明を興亡させ、それごとに何らかの実験研究を重ねていたものと思われます。最低22回は興亡させる予定だったのでしょう。
それによって地球が破壊されてダメになっても、彼らは惑星間奴隷貿易という手段で、別の惑星で実験を始められるとでも思っていたのでしょう。
そもそも、惑星間奴隷貿易の商材は地球人だったのですから、彼らの研究が終わらない限り、場所を変えて、いつまでも輪廻転生させられ、実験のモルモットにされていたことでしょう。
地球人は、罪人の集まりだから、どんな処置をしてもいいというのだったら、みなさんはどう思われますか。

ここはやはり、高次元存在が介入のために出てこなくてはならない局面だったのです。
そして、人類全員が、このような処置が施されていたことを、宇宙情報開示を通して、知らねばならないのです。
そうでなければ、どうして自立しようという気概が生まれるでしょうか。民主主義さえ達成できたらその状態に甘んじているだけでいいやという思いしか持たないでしょう。そして今生はダメでも、次の輪廻で経済的に成功すればいいやといった安易な気持ちになってしまっているのです。

新世紀エヴァンゲリオンの人類補完計画を思わせるような話で、旧スーパー連邦はその物語のゼーレという長老組織のような感じでしょうか。彼らは高次元に至る資質がなかったため、3次元密度の肉体で命の永遠性と知恵の完全性を目指していたのかもしれません。
https://www.eva-fun.net/zeele1/post_7.html

しかし、ゼーレの中には、自分だけか完全な神になろうとしたイカリ・ゲンドウのような存在もいたように、スーパー連邦にもいたかも知れませんね。そもそも3次元密度は低質な欲望の世界ですから、我良しの裏切り者も出てきます。
https://www.eva-fun.net/nerv/post_9.html
このアニメもすごいインスピレーションの産物と思います。制作者にはあのガッチャマンを生み出したタツノコプロも協賛してます。さすがです。

ダーリン・イン・ザ・フランキスというアニメも、よく似たテーマをしていましたね。いい加減、何も知らない子供たちをいじめるなという思いを持ちましたもんね。
人類も子供のようなもので、何も知らされずに、いつまでも低質な領域に据え置かれてるわけですから、自分たちの立ち位置を見直すには好適なアニメかもしれません。
いまはそのようなインスピレーション作品がたくさん登場してきているように思います。

私の思いも今までは、レイラインを引いてうまくいったら、それでお終いでした。
しかし、今は違います。それらが旧スーパー連邦が仕組んだ実験システムのエリアを維持する目的のものと思われるため、積極的に謎解きして解除に向かわせることもまた必要だと思うようになっています。

Nさんから紹介のあったコーリー/ウイルコックのPART2で、いちばん最後のほうに出てきた「負の挨拶(ネガティブ・グリーティング)」は、私も何度か経験しています。
PFC-JAPAN 20180113 古代ビルダー種族 人類の10億年の遺産の回収P2

少し前に話した、彼女に憑依した悪霊も程度のやさしい負の挨拶といえるでしょうが、1997年にあったそれは、心底震えがくるような出来事でした。
このときは、サイババさんに救援を頼むべく、プッタパルティに手紙を書いて出しました。するとさほど期間をおかずに事態は解決して、安堵したわけでした。

このビデオでも言っているように、カーラの言葉として、「負の挨拶を受けるということは、進んでいる道が正しいことを教えてくれている」ことを示すものだということ、確かにそのように思い返されます。ヘタらずにいたから、2000年以後のお役を受けることも出来た気がします。

同じことは、カルロス・カスタネダのドン・ファンの教えにも出てきます。
「(トルテックの戦士として)見込みのある者には、小暴君が寄越される。それを自分なりのやり方で解決することが求められている」と言っているのですね。
私は当時信奉していたサイババさんに依頼するしかなかったけど、それでよかったのだと思います。だって、後にMさん経由でババさんのプレゼントを受け取ることができたのです。
null

これは「黄金の宇宙卵」という「この宇宙の最初から最後までの歴史が入っている」というホログラムメモリバンクを象徴したもので、拙超宇宙の仕組み論への激励だったのです。
それは、お前の祈りはみんな聞き届けているぞというメッセージでもあったのです。ぜんぶ日本語で手紙を出したのですが、差し出すというアクションが大事だったのですね。

激励と言えば、直接に葉書きで激励してくれた方もいます。一度だけVOICEというところからスピ系の情報を購入したことのある松原照子さんからじきじきに、「それで OK!」と、手間のかかる二色か三色を使ったイラスト文字で大きく、ただそれだけ書かれた葉書きを送ってきてくれまして、当時はまだ名古屋のほうから神戸に帰ってきなりの35,6歳の頃だったので、はて、いったいどういう意味なのだろうと首をかしげていたのでした。

なんでしょうね。この方は霊視能力者で優れた予言者でもあります。当時から私の未来がわかっておられたんでしょうか。誰が見ても、いい未来だったとはお世辞にもいえないんですけど、私はとても有意義で幸せだったと思っています。
しかし、この方のお名前がすごいじゃありませんか。
蓬莱島が鶴である私の故郷なら、蓬莱島の白砂青松の松原を照らすお日様を物語るかのようなお名前です。
鶴はたいがいお日様を眺めている姿で花札や掛け軸に描かれていますから、まさに私を照らしてくれているといった風情なのです。いつも一緒に居たい気持ちになります。
null
null

ええーい、お前はいったいどこの妖怪じゃ。
へい。かつて浦島太郎になったこともある、蓬莱島の鶴仙という与太者にござります。

上から二番目のラインをもう少し詳しく説明すれば

位山–鞍馬–移情閣のラインで最も新しいのは移情閣で建造は明治、大正の頃。位山と鞍馬が大昔からのもので動かしがたいときに、その延長上にある移情閣の位置はまだしも可変。
鞍馬の位置が畿内の生命の木の図形のダアトゆえ、サナートクマラの霊廟や磐座を置いた丸というエリアから広がりを持たせることができ、その先に関連施設・移情閣はけっこう広い範囲内で移動できることになります。

現在の明石海峡大橋の本土側の舞子公園位置は、これより1Kmほど東の塩屋にあり、大橋の景観を飾るべく、いったん解体され、そのままの部材を使って現在位置に再建されたもので、この建物の施工主が呉錦堂という明治時代の華僑だった人物でメーソンリーだったことが知られていて、中国の伝統の風水術を取り入れた風水塔の役割を果たしていたと思われます。
null

その造りは八角三層で、中国の西湖にある八角多層塔の雷峰塔はあの白蛇伝の白蛇を法海和尚が閉じ込めたことで有名です。
null

昔の中国は、地の物の怪封じが盛んでしたから、このような符術が使われたもので、日本に渡ってきた陰陽師などはその流れを汲んでいます。
移情閣の呪術的役割は、呉錦堂によれば、彼が海運事業主であったことから、瀬戸内海の航路の安全のために、瀬戸内の龍を鎮めるという意味が篭められていたとか。
風水は龍を制御する術として知られていて、中台では今でも多用されています。龍をうまく利用できたら事業は栄え、妨害したら手ひどい目にあうという具合。

確かに瀬戸内で移情閣はその地方の安定を維持できていたようで、移設のために解体されている期間中に阪神大震災は起きています。魔よけの意味では効果絶大だったかも知れませんね。
このため移設後の竣工は大幅に遅れ、2000年5月頃になったとか。

我々(二番目の彼女と私)は、2000年9月27日に移情閣の2階で鶴亀統べる儀式のようなことを行い、その験がまる九日後(216時間後)の10月6日の同時刻に鳥取西部地震M7.3として顕われたのでした。
この地震で火の鳥が二度(日野鳥取、ひのととり)、言葉の中に示され、同日が旧暦の9月9日重陽の節句だったことで、9の数がぞろぞろゾロ目になるということとして顕われました。

私は、彼女の幼い頃に連夜繰り返される移情閣に辿り着くおどろおどろしい夢から解放する三階の青年を演ずるべく、二階において鶴亀統べる行為(握手)を行なったもので、彼女の開運を期してのことでした。
https://redavian.club/n-myth/2benten.html#2

では三階の青年とは誰かというときに、彼女は夢の中で「キンイロタイシ」と聞いたとのことで、御伽草子の「毘沙門の本地」に書かれる毘沙門天のことであるとわかったわけです。

鞍馬にいるサナートクマラとは、毘沙門天のことでもあります。金星王ルシファーのことでもあります。さらに源流を辿れば、ルシファーは初期の太陽神であり、キリスト教によってその座を追われ、金星に格下げされて、最後には悪魔にまでされてしまった神でした。

キリスト教(カバール)にしてみれば、かつての太陽神をそこまで侮辱すれば、悪魔として報復もしてくるだろうと算段して、ルシファーを先行的に悪魔に仕立てたのでしょうが、そのルシファーを地下で崇めて生贄の儀式をしていたのは、そのカトリック教会だったという、世界もびっくりのあべこべ物語が作り出されていたのです。

フランシスコ法王は、未成年への性的虐待を行った加害者の聖職者は「サタン(キリスト教の悪魔)の手先だ。児童虐待は、残忍な宗教儀式を思い起こさせる。そこでは人間が、多くの場合は子供が、いけにえにされた」と発言!
https://www.bbc.com/japanese/47353318

どこまでも手の込んだことをするのはカバールです。そうやっておけば、真の責任の所在をだれも気付かないだろうと算段してのことでしょう。
ルシファーさえも犠牲者だったと理解される日が来るのは、おそらく一番後になるのでは。
世の中、そのようなことばかりです。
そして、この日本に置かれた封印幾何学構図は、神々に手出し口出しできぬようにする封印の処置でもあったのです。
彼女は二階の龍の化身でした。私が担ったのは、三階の鳳であり、鶴亀統べる儀式とは、中国で瑞兆とされる鳳龍揃い踏む出来事だったのです。

このおかげで、二階の龍は解放され、彼女は開運しました。しかしまだ、三階は窓が全て閉められて真っ暗闇の中にあります。
移設前は、一二三階とも、閉ざされて暗闇でした。それが移設後は、日中国交回復記念館(孫文記念館)になり観光地としてオープン。
一階と二階を見学者に解放して入場料をとっていますが、三階は途中の階段からして暗闇であり、立ち入り禁止になっています。

なぜ開放されないかは、メーソンの儀式の間の名残があるからなのか。
あるいは、鳥の弱点を知ってのゆえのカバールの作為なのか。
鳥は鳥目であり、暗闇ではまったく見えないため、活動ができません。二階の龍は世に出て行きましたが、鳳はいつになるやら。
—–カゴメ、カゴメ、籠の中の鳥は、いついつ出やる—–

八角のカゴメから、いつ鳳は出るのでしょう。
それでなくとも、鶏は目の前に引かれた一直線だけで、催眠術にかかったように固まってしまいます。鳥は封印幾何学に、めっぽう弱いんですわ。
あかんたれやなあ。
鳥も出んかぎりは夜明けは来ませんのや。
その象徴地がこの移情閣であり、位山、鞍馬もここに結びつけられています。
生命の木の図の後ろの正面にある鞍馬(ダアト)が解放されるとき、世界は常住円相になると預言されたのが、カゴメ歌なのです。
null

さあ、いったいいつになるのやら。いや、もしかすると、今まで謎解きの正答をするだけで、封印が解除されることもありましたから、ただそれだけでいいかも知れません。
誰がそれをするか。
異界の名探偵オクンド以外にないと思います。
私が三階のキンイロタイシもお救いします。そして、毘沙門天や古代の神々(古代ビルダー)をもお救いします。
マーカーーシーーー解ーーーーきーーーーー。

おお、シンクロ!! 明日に架ける橋 明石海峡大橋
null

道満の九字切り術、試し切りの威力と後々考えさせられたこと

まずは簡単にニュースから

●政府の統計以上に物価は上がっている~実質値上げラッシュで国民はますます貧乏に=斎藤満
https://i.mag2.jp/r?aid=a5c58ed651171c&l=msm0cff3e4
(編)パソコンは性能が上がったから、同じ値段でも安くなった…?

●不正だけじゃない「勤労統計」2つの欠陥、政府が思うよりずっと私たちの賃金は減っている=児島康孝
https://i.mag2.jp/r?aid=a5c58ed6523c1f
(編)戦後最長の好景気どころか、戦後最悪の不況が長く続いているだけ

まあ、そのようなことは誰しも分かってることですから、あっちゃおいてポイしといて、今回は道満の九字切り術とその効果、試してみた結果どうなったか、そしてまたその結果に悩むことになったことなどをお伝えしようと思います。

私が九字切り術について知ったのは、2003年に坂本廣志氏の作法を見たことによります。
私のやり方はたぶん見よう見真似の自己流かと思います。
その効果は、霊や意識体、形而上的摂理などが対象になり、端的な用途の一つが霊の呼び出しと尋問で、その結果如何によっては、強伏や調伏、破砕や封印解除などを行うように進みます。

お迎えの使者(親戚じゃで)を撃退

私が最初に試したのが、2002年11月に私は一度意識を失い死に掛けて、母によって助けられたその少し後に、たぶん2003年になってからでしたが、私の夢の中に、母方の祖父と叔母が出てきて、飯台を間において向こうから祖父が私を見つめており、こちらに私の弁護側として叔母が祖父を見ているといった光景。三者で話し合いをしているといったふうでした。室内は照度が少なく、薄暗い夢で、その後すぐ目が覚めました。

目が覚めてから思うのは、あれはお迎えだな、という印象でした。祖父も叔母もすでに亡き人だったですからね。
そういうわけなら、こりゃいかん。まだやるべきことがいっぱいあるのに、迎えに来られたのではかなわんと、二人をイメージしながら九字切り術を講じたのでした。
結果として、このお二人は二度と夢に現われることはありませんでした。もしかして、ひどい怪我を負わせてないかと心配。

国祖神封印結界の破砕

次に顕著だった施術が、2014年5月1日夕方から始めた、朝夕二回を毎日執り行おうという、国祖神夫妻の封印幾何学構図を前にして、そのカナメの図形に破砕術を講じる九字切り術でした。

このときは、左手に乙姫の玉を持ち、右手で九字切りの手刀を振るうというもので、封印図形の破砕と、火の鳥による焼却の一連の手続きで、頑固なカゴメの結界を消し去るという見立てを行いました。
結果は大成功。
その後、夢を介して何事が起きたかを次々に知ることになりました。短期的には夢によるものでしたが、2015年からは具体的な岩戸開けが近いという現象として立ち現われてきました。
まず、2014年後期からブルーエイビアンズらスフィアビーイングが活発に地球に介入するようになり、第三次大戦阻止を宣言。同時期、プーチン、習近平とあいついで夢で握手。プーチン氏とは鶴亀統べるを如実に実感しながらの握手になりました。この両者は反カバールの動きをみせることに。さらにトランプが2016年には出てきました。
表世界ではそのような動きですが、我々のサイドでは2015年から天の岩戸開けに向けての人的動きが出てきています。https://p.booklog.jp/book/103414/read

具体的には、5月1日夕、2日朝、2日夕までやった3日早朝未明の夢に、神世の司法当局らしい説明者が出てきて、神世ではあんたが問題にしていた事件は詮議済みで、とうに世間に知られていて、首謀者らは逮捕捕縛されたり遁走下野していて、神世は浄化されている旨、黒板を使ってまでの説明がありまして、話がけっこう混み入っていたので私はしかめっ面で聞いていたことを憶えています。
詳細は夢から覚めた時点でおおかた忘れているのですが、説明者が言うには、地上は遁走下野した悪神たちが天下ったことからいっそう大変だろう、もし地上の浄化をやりたければ、同じことが理解され説明されることで叶うだろうと聞かされた気がしました。

その夢の話をただ後で「見た」と主張するだけでは、信用されるはずもありません。私は、封印幾何学図形を発見するきっかけを作ってくれた神社宮司氏とすでにメール交換していたことから、さっそく彼に今朝見た夢のことを書いて出したのです。するとその直後に験(しるし)でしょうか、午前10時ごろから飛騨地方で群発地震が発生。飛騨とは神世高天原のヒダカミのことでもあるから、大事な験になります。その二日後5日の午前5時にはけっこう大きな地震が、なんと悪神が多く天下ったとみられる東京千代田区が最大震度5強という常日頃ない地震で、ゾロ目の5が並ぶという験が出たため、宮司氏を多少びっくりさせたかと思われます。
なお、この宮司氏は亀の印章を持つ神社の宮司で、たいてい鶴の印章の私とは相性がいいはずなのですが、20才の年の開きが世代間断絶になっているようなのと、プロと素人の差とばかりにどうも疎遠なのです。

私はこの神社宮司氏に説明して理解してもらえるかもしれないと、いろいろ話していきたく思いましたが、残念ながら、この手の神業のようなことに関しては、自分とこの古来からの秘伝などでやっていこうという唯我独尊タイプの人が多いようで、残念ですが、ていよくフラれちゃいました。するともう真面目に話を聞いてくれるような人が居ない。
ただ、妹だけは、持病の湯治のための長距離の旅の道すがら私の話をしっかり聞いてくれたので、よき理解者になってくれそうだったのです。
だから、妹に神話上の弁天三姉妹のうちの次女・瀧子姫に推挙抜擢したのでした。しかし、推挙の承諾とほぼ同時刻(2014年9月27日午前11時50分頃)に御岳山が噴火。すごい験ではあるものの、過激に出すぎの感があり、しばらく保留。しかし、再び保留解除しています。というのは、妹も優れた新神話スタッフだからです。今まででもずいぶんと貢献してくれているのです。https://newmyth.red-avian.info/?p=472

宮司氏にはフラれたものの、すぐさま12月6日にはプーチン氏が(私とは同年代で分かり合える)あちらから歩み寄ってきて(私も歩み寄りました)、がっちり両掌で握手。見る見る間に彼の頭が亀になりましたからね。鶴亀統べるで験が出たのはこれで何度目かでしたね。彼のときは地震や噴火などの験ではなく、彼自身が世界を激震させるパワーを発揮し始めました。

さて、いったい何を話してどこから脱線しましたやら。そうでした。九字切り術でしたね。

では、これが最近の施術だったということをお話ししましょう。結果は即座に出たものの、後で悔やむことになりました。

メス猫シャンに九字切り術の施術をしてしまい

シャンは非常に大食漢で、トンの10倍ぐらいは分量的に食べていました。そのくせ、栄養障害があるのか、肥満するどころか痩せ型で、そこに腎障害があるせいか、水を一日で鍋半分ぐらい飲んでしまうという日々を送っていました。私はそれを見ただけで、いかにもシャンは義務のようにしてやっているふうがあって、辛そうにさえしている感がありました。
これはもしかすると憑依霊として大食漢がいくつも憑いていて、シャンの口を借りて食道楽しているのだろうと判断し、シャンにくっついている霊をアルコンと看做して九字切りで呼び出して、即座に手打ちにしたのです。
すると、すぐその後から、シャンは食欲をなくしたようになり、どうやら口内炎でも患っているかのようになったため、すでにあった抗生剤を適量飲ませたりしたのですが、とにかく食事ができない様子。
やがて風邪の症状か、くしゃみを連発しだして、鼻炎による味覚障害が起きているらしくありました。
食事量が極端に減り、今までの食材さえもパスする有様で、食べられないといった具合なので、逆に命の心配をしなくてはならなくなりました。

トンのほうがむしろ食欲が活発で、シャンのぶんを受け持っているのかと思うほど、よく食べるようになりました。
このとき、もしかすると、憑依霊はトンのほうにシフトしたのかもしれません。

大食漢の憑依霊は、と思うとき、この辺にはたくさんの猫が食事を求めて食べられずに餓死した者が数知れずいたに違いなく、それらが多数、シャンに憑依していた可能性はあります。それを私が術を使って追い出してしまったために、霊媒だったシャンに手ひどい打撃を与えて去ったのかもしれないと思いました。
やがてシャンの具合がさらに悪化したので、体従が幼猫ほどに軽くなったシャンを車で運んで動物病院でみてもらいました。
二週間効き続ける抗生剤注射をしてもらうと同時に血液検査もしてもらったところ、FIVという猫エイズらしいことがうっすらとでていて、また高血糖で測れないほど高い数値であることもわかりました。白血球数も多く、体内で炎症があることも。

思えば、私がアルコンらしい蜘蛛とよだれ垂らした亀の悪夢を見てからこんなことになっているので、シャンをも攻撃したのかも。そもそも、九字切りで排除したために、今度は怒って攻撃してきたのではと思ったりします。

シャンはもしかすると、憑依霊たちのお役に立つべく、命を永らえていたのではないか。2016年10月31日に危篤状態になって、懸命の手当てをして命を取りとめてから、いっそうの大食漢になりましたから。こういう理由で命を保っている場合があるのかもしれないと、今頃になって思うのです。
自然のままにしておいてやれば、食費はかかるけど、シャンも生き甲斐が持てて幸せではなかったかと思うわけで、昨日など、かつての憑依霊に、もう一度シャンへの帰還を要請しているような次第です。
すると、トンの食事量が減り、シャンが味覚を取り戻したか、食事を要請してくるようになりました。昨晩は、そんなところです。
また、のべつ幕なしに、よう食べよりますわ。食費のおおかたはシャンのリクエストに回されそうです。(笑い泣き)

憑依霊に対しても、貢献してあげることができる、けっこう持ちつ持たれつの関係かも知れないという、生き物の不思議な話でした。

封印の解けた国常立神様、まずは観弥勒同体説により、まずは弥勒の黒相としての顕現か

さて、政治の世界はすごい話になってきました。森羅万象担当大臣が決まったそうです。表面的には、ずいぶんと顰蹙を買っているようですが、異界から見ればすばらしいことなのですよ。
森羅万象を司る神とは、国祖神様たちであり、国常立神を主体にした神霊団なのです。
前から申しているとおり、地上界では神は直接現われたりすることはなく、人(日戸)を介して事業を行わせようとされます。
たとえばこのオクンドについてもそれは同じで、私は一介の駄馬オマンコスキーであるときに、それを名馬にもするのはジョッキーである神様(ハイラーキー)であるわけで、有馬記念に勝たせたりダービー馬にできるのは、ひとえにジョッキーの手綱捌きによるのです。

どうやら、安倍シンゾーさんに国常立神が乗っかられたかもしれません。おりしも、私も彼には弥勒の黒相の役割を見ていたので、まずはその役割に向けて手綱を引かれるのではと思います。さて、日本もいよいよ正念場。あまっちょろい気持ちでいたら、足元掬われて引き潮に連れ去られまっせ、と忠言させていただいときましょう。

で、なにすりゃいいかって? 私にわかりますかいな。閑なときは道草食ってる駄馬オマンコスキーですさかい。んなこと、人が考えることでっしゃろ。

今日はこんな動画でバイチャでござる。

地上界の岩戸開けへと繋がるか・・・昨今の情勢を見て思う

昨日のツイート記事にも、深読みできる人の面白記事があったので紹介します。なお深読みはその人のする推理ですから、話半分に願います。

カルロス・ゴーンの逮捕劇について、マクロン陣営が仕掛けた可能性が急降下中!ゴーンはすでにマクロン陣営に同調しており、3月には仏政府の要請に応じて日産とルノーの機能統合の対象を生産や新規事業に広げている。マクロンからすれば、ゴーンを切り捨てる必要すらない。そもそも東京地検の上はCIA。

イスラエルでは、ネタニヤフを排除しようと展開されていた運動がまた一歩前進した。警察が彼の複数の仲間をドイツからの潜水艦購入を巡る買収スキャンダルで起訴するよう提言した。ネタニヤフの仲間は、司法取引をもちかけられている最中だろう。
timesofisrael.com/police-recommend-charging-ex-netanyahu-lawyer-others-in-submarine-bribery-case/ …

カリフォルニアの大規模火災は、DEW(指向性エネルギー兵器)による可能性が高まっている❗️米国では、あちこちからその証拠写真・動画が投稿されている。 https://prepareforchange.net/2018/11/17%20/%20the-globalist-are-waging-open-war-on-america%20/ …

DEW(指向性エネルギー兵器)を視認できる動画。

イスラエル警察は、ネタニヤフに対する別々の3つの問題で犯罪訴訟を起こすことを推奨している。これまでは、ネタニヤフは彼の訴訟を防ぐために、首相である彼の立場を利用することができた。だが今は、彼は議会の過半数を失っているため、彼自身の逮捕を阻止する力は終わりに近づいている。

ネタニヤフの陥落は、トランプとプーチンの会談の後にやってきた。この会談、インターポールの新長官にロシアのアレクサンダー・プロコプチュク大将が選ばれた。彼は世界中のイスラエルの資産と徒党代理人を排除するための警告を発信する米諜報機関によって支援されている。

[2400億円超もの悪質マルチ商法詐欺疑獄が本格始動]警視庁が捜査開始❗️「ジャパンライフ」と安倍政権のただならぬ関係!首相の最側近やメシ友記者が広告塔で7千人の被害
https://lite-ra.com/2018/11/post-4378.html …

日産クーデターを教訓に! ジャパンライフ・マルチ商法詐欺に関与した人たちにも、今後の善行によって自ら犯した罪を償うチャンスがある。今ならまだ間に合う。そう、『司法取引』という手が残されている。 これ以上、晩節を汚さないためにも、自分の心に問いかけてほしい。

◆netgeek、集団訴訟案件に
netgeekのデマで名誉を毀損された経験があるストラテジスト・永江一石氏の公式ブログによると、被害者の会でnetgeekに対する集団訴訟を起こす方針が表明されており、原告団に加わりたい人物が募集されています。

デマブログ「netgeek」、とうとう運営者の実家が自民党議員の連絡事務所で30個近いまとめブログを運営していたことが判明してしまう

世界ではディープ・ステート ( #DeepState ) 陣営が、国内では安倍一味と愉快な仲間たちがフルボッコ状態なんだけど、これは果たして偶然の一致なんだろうか。

米 63233件の機密起訴が執行されようとしています
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034368.html
アメリカ国内で小児性愛犯罪、人身売買、生贄、拷問、虐殺、子供狩りなどに関与した極悪人らが特定されており、今や、機密起訴件数が6万件以上に達しています。もうじき、その内容が公開されるとも言われています。
問題は本当にこれらの極悪人が全員逮捕され実刑が下されるかどうかでね。また、その中で最も極悪なジョージ・ソロスが含まれていなければならないと以下の記事は主張しています。
https://beforeitsnews.com/v3/celebrities/2018/2475526.html

左翼王国のカリフォルニア州は不法移民キャラバンを熱烈歓迎しています
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034380.html

ゴーン容疑者、仏国内で不正の証拠なしと仏政府
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034384.html
フランスで不正がなかったなら、ゴーンは日本(日産)からお金を強奪したということでしょう。自分で報酬の額を決めていたそうですから、いくらでも不正はできるはず。巨額の脱税と横領ですから日本や国民を欺いた反日(犯罪)行為ですね。ルノーはフランス国営企業。フランス政府が日産の筆頭株主ですからフランス政府が日産を支配していたことになります。他国政府に支配された日産って。。。

※ 2016年エコノミスト新年号表紙絵の原画に、五重塔が欧州騎士の支配下になるという計画が載っていますが、このロス茶様の計画にほころびが出始めたのは、やはりトランプさんのお蔭かな?

光るプーチンの中東和平努力 宗教絡みで揉める米国とイランを仲裁へ
https://www.axios.com/iran-syria-withdrawal-for-sanctions-russia-netanyahu-419511bd-545f-484e-b813-9a919c72572d.html
スクープ:ロシアはイランのシリアからの撤退を引き替えにイランへの制裁軽減を提案
イスラエルのネタニヤフ首相は、非公開の聴聞会の席でロシアが最近になって、イスラエルと米国に対し、イランがいくつかの米国の制裁を軽減する見返りとしてイラン軍と代理人をシリアから撤退させることを提案したと語った。

アメリカの情報サイト「インテル」から2018年11月20日のインテルアラート
https://ameblo.jp/spiritual-lighter/entry-12420448541.html
株式市場がクラッシュするように設定されているので民間通貨償還イベント(RV)は、もうすぐリリースされる。
一旦RVが始まると、株式市場は死んでしまい、その結果、旧来の金融システムが大量出血する。
旧来の金融システムは価値がないことが明らかになり、そのことによって新たな(量子的な)金融システムへの扉が開かれる。
この段階でGESARAが公表され、中央銀行は古い金融システムの浮上の試みを完全にあきらめる。
すべての中央銀行はGESARA法の下で強制停止される。
この時点でカバールは完全に破産するだろう。
・・・・・・

※ RVが施工されたら、ベーシックインカムが一人当たり年150万支給されるというので、わりゃ嬉しいですわいな。問題は日本にいつ波及してくるのか、それまで無給でやりすごせるのか、といったことではなかろうかと思います。多少の食糧備蓄が必要かもしれません。

謎解きによって岩戸開けに直リンクしよう・・・
日月神示から日月神様とは国常立神様であると特定しました

私が日月神示のことを知ったのはまだ最近です。しかし、面白い記述がたくさんあることに気付き、解読してみようかなと思ったのは2015年になってからでした。
大建て替えのような大それたイベントは、普通一般の神々には容易にできる話ではありません。
大建て替えを約束されている日月神様というお方は、名が知られた神様ではありません。いったい御本体はどちら様だろうかと考えたりしていたものですが、諸説にもあるとおり、国常立神様で間違いないと思います。

そのことがはっきりわかったのは、碧玉の巻第10帖に、五度の岩戸閉めについて書かれていたのを見てのことです。
岩戸閉めの一度目は、イザナギ、イザナミのとき。
二度目は、日本神話の多くに書かれる、天照神の岩戸隠れのとき。
三度目は、スサノヲの根のカタスクニへの追放のとき。
四度目は、神武天皇が人皇として神世を引き継がれたとき。
五度目は、仏教と共に仏魔が渡来したときで、それ以降、乱れに乱れたでたらめな世界になったとか。

私は、おや? これらを岩戸閉めと言われるなら、もっと大事な岩戸閉めがあるだろうに、と思った次第です。
それが、まず第一番目に書かれるべき、国常立神の封印にまつわる話でしょうに、それがまず除いてあります。

そして、もう一度分、やはり大事な岩戸閉めが書かれていません。
それはスサノヲの岩戸閉めの直後に置かれるべき、ニニギノミコトの岩長姫様への理不尽な離縁の話でありましょう。
これも国常立神様が女形になって岩長姫になられたお姿でしょうに。
離縁の意味は、天津神族の考え方が、地上の生態系や森羅万象を度外視しても構わないという方針になったことを表すわけですが、
ダブルでご自身の気配を消されていることから、国常立神様であることに絶対間違いないものと思いました。

もしかすると、封印された岩戸山の中からでも、ツイートができるんでしょうか。大本教開祖の出口なお氏のお筆先や日月神示の岡本天明氏の自動書記は、まるでツイートの代理を地上人にさせているが如しです。
封印世界にも、ネット環境が出来上がっているのでしょうか。ピロ魂さんのアストラル探訪情報からすると、福利厚生のための遊興設備もあるみたいですし、看守のアヌンナキもいろいろ気を遣ってくれてたりしているのかも知れませんね。

2014年3月には、亀の印章を持つ神社の宮司氏宛て、ツイートのダイレクトメッセージを送られましたね。
そのことを書いた宮司氏のブログを見て、私は、ああこのメッセージは私宛てのものだと直感しました。どうもありがとうございます。ブログ記事の最初の画像がこの表紙画像のトリミングだったことからです。

火の鳥による封印解除だけでは、道半ばでした。さらに隠された封印の技巧があったことは、このダイレクトメッセージがあったゆえに、見つけることができたのです。手柄は私に立てさせてやろうとの親心と確信します。

2014年4月には日室岳(岩戸山)が封印幾何学のカナメになっていることが判明し、5月には幾何学結界下にある神々や心霊の方々の封印解除術を講じることができました。
https://redavian.club/n-myth/yumemi.html#23
その数日後には、国常立神様じきじきに夢に出てこられたので、お姿を拝見できてよかったと同時に、解除が叶ったことが確認できました。しかし、お年の召され方が相当なご様子ではなかったでしょうか。

2015年には、2012年に岩戸山にアストラル探訪したピロ魂さんのブログから、国常立神様はじめ三貴神と虎神様の封印のご様子を伺い知ることができました。国常立神様がピロ魂さんをハグして激励されたのは、彼女の情報がいずれ私に届いて役立てられることを見越してのことだったからでしょう(と勝手に解釈。テヘッ)。重ね重ね、ありがとうございます。
https://pirorinu2015.blog.fc2.com/blog-entry-490.html
https://pirorinu2015.blog.fc2.com/blog-entry-491.html
>絵の左には「髪の毛の長い修験者」がおりまして、
右には「少し中華風の服装の青年」が立っており、
その傍らには「深緑色の虎」がおりました。粘土色ともいいますか。
この青年も虎も、「青白い」というか、「青黒い」という色合いなのですよ。
これは「いまだ 閉じられている」という象徴なのだそうです。
https://ameblo.jp/pirori-nu/entry-11482743328.html
>あちらの世界の私は「どうにか問題解決の役に立ちたい」と思っているのですよ。こちらの世界の私とは違って、まじめなのです。
そうしましたら、なぜかこの右側の老人とバグすることになりまして
なんだか気に入られたっぽいです。

——-

この三人の神は、「閉じられている神」のようなのですよね。
多少荒っぽいですが、元伊勢を中心に張られた幾何学結界は、私の至宝・乙姫の玉と九字切り破砕術と火の鳥の灼熱で焼尽させていただき、2014年5月に神々を自由にして差し上げたはずでございます。

2015年6月には、元伊勢岩戸山裏で武良さんとGさんと会談のおり、ミテグルマの鶴(鳳)の船体を岩戸山から飛ばして見せてくださったのも、自由度を回復された国常立神様たちのお計らいでしょう。また9月には天照神様のご高配でGさんから国常立神様のそっくりさんに引き合わせていただき、まことに光栄至極でございました。何度も重ね重ねお礼申し上げます。

碧玉の巻第10帖の第二の岩戸閉めに係る、騙した岩戸からは騙した神がおでましという、ふつうならびっくりするような文言も、私は2014年までに、およそどのようなことがあったのか、ホツマを解読して突き止めておりましたから、そこに封印幾何学図形が見つかったことで、画竜点睛になったような次第です。これにより、推論は正しいことが証明されたと思われます。その動かしがたい真実を以て、神世の時代に冤罪に遭った不遇のクラキネの家系の汚名を晴らすことができたことは、天の穂日の臣下たる私の喜びとするところでございます。

可能なれば地上界においてもそれが知れ渡り、本来あるべき姿に本復すれば、世界はどれほど救われることでしょう。それが地上界の天照神様の岩戸開きではないでしょうか。三貴神様お揃いでのお出ましをせつにお待ち申し上げております。