天から降りた貴婦人の示したこと

こちらに書くことにした理由は、貴婦人の示したことを映像にしたYoutubeビデオ(12/21に見た)がもうアカウント停止されてしまっていて、よほどヤツラにとって都合がよくなかったと思われるからです。

そこでネット文書から拾いました。

——————————-

ワシントンに示された聖母の啓示
投稿日 : 2009/03/27(Fri) 12:03
投稿者 : ANGEL

1777年の冬に、執務室で忙しくしていたアメリカ初代大統領、ジョージ・ワシントンの前に後光に包まれた美しい「婦人」が出現し、「共和国の子よ、見て、悟りなさい」という婦人の言葉があり、眼前に未来映像が展開したそうです。3つの幻を見させられた。

第1の幻=独立戦争の終結と西部開拓の様子、

第2の幻=南北戦争とその後の情勢、

第3の幻は、以下のようです。彼らはアメリカ全土を荒廃させ、焼き尽くし、国民は滅亡の危機に立たされる。さらに、黒い天使が長く恐ろしいラッパを吹くと、「千の太陽を合わせたような眩しい光」が“上空で”炸裂し、すべてを粉みじんにした。この幻視の後、「星が留まり、露が大地に注ぐ限り、合衆国は続くであろう」と言われたそうです。

これは極めて近い内にアメリカ本土の上空で核爆発があるということかも知れません。この、ジョージ・ワシントンの幻視に関する記録は、アメリカの国立図書館所にも、ホワイト・ハウスにも保管されています。

——————————-

「共和国の息子よ、よく憶えておきなさい」

ビデオでは、闇の天使が大西洋から水をすくって米大陸にかけるごとに黒雲が覆い、米国は艱難に遭ったと語られていました。
第1の幻はワシントンが関わった戦
第2の幻はリンカーンが関わった戦
第3の幻はトランプが関わるのだろうとしていました。
というのは、闇の天使の吹くトランペットの綴りの中に、トランプの綴りが存在するからとのことです。

しかし、この最後の戦いは最も熾烈なものとなり、しかしそのとき、太陽の光が射すとともに光の天使が剣を持って現れ、黒雲は闇の天使と共に消え去り、その後、共和国は末永く続いていくと結ばれておりました。

だから、トランプは大丈夫でしょう。もしそうでなかったとしても、目覚めた人々が最後の聖戦を戦うことになるのでしょう。
私はANGELさんが推理されたアメリカ本土上空での核爆発の線も確かにあることながら、これは太陽フラッシュのことと解釈したく思います。

太陽フラッシュは、人々のゾンビ化の原因だった寄生AIナノ生命体や、その導入用器材、様々な洗脳機器を破壊する最上の摂理です。これによって、操られていた人々は自分たちのしてきたことの重大さに気付き、ある者は発狂死したりすることになり、とても住み易い世界になるとのことです。

ツイート上で説明
https://twitter.com/1st64503291/status/1204736320871907328

ツイート上で説明・その他
https://twitter.com/1st64503291/status/1177895821716537344
https://twitter.com/1st64503291/status/1183553263955660800
https://twitter.com/1st64503291/status/1209473682659106816

最後の審判とワンセットになった太陽フラッシュなので、私としても向こうで仕事ができることを楽しみにしています。

ガッチャマン・ホルス、ここにあり
https://red-avian.info/Hols.html

キャッチコピー
ホルスはおるすよ、お留守じゃなかとよ、ここにおるすよ

トランプ敗北の予感

さて、今日の記事はちょっと過激かもしれません。
トランプ支持派なのにトランプ敗北を予感してしまったからです。
題材にしたのはこのビデオです。
なぜ、正義が負けるのか? 不正と悪が勝つと世の中・・

私もそのことは法則のようなものと思い、何度かツイートしています。

なぜいつも破壊と失敗を以て終わってしまうのか
https://twitter.com/1st64503291/status/1273404099745034241
悪は、ただ破壊しさえすればいい。建設には時間が掛かるが、破壊は一瞬で済む
https://twitter.com/1st64503291/status/1155358829573394433
1万の赤子に対し、1人のヒールなプロレスラーを想定し、どちらが勝つか考えたら良い
https://twitter.com/1st64503291/status/1315105983480225792

今までの経過を見て、もしかするとトランプ氏はある種の依存と執着に陥っていないかと思えます。
この情報が参考になります。
https://bit.ly/3rrAWUJ
この中の私の感想の箇所
>毒木はなるべく早く抜き取って焼いてしまうことも必要です。
しかし、ちんたらちんたらしているのも現実で、これも「依存・執着」の為せる業なのでしょう。
さらなる魔の付け入るところとなっているようです。

という部分

トランプ氏が何に依存しているのかは、たぶんキリストでしょう。それを神の正義として信奉し徹底的に遵守することで神の側にあると信じているのでしょう。憲法は正義の鏡であり、聖書は神の約束です。それを守る限り勝てるはずと信じている、いや信じようとしているのでしょう。しかし、それは執着に他なりません。

もしも勝てなかった場合、多くの正義派が立ち上がるだろうと誤解しておられる感もあります。が、逆に多くの失望を招くのではないですか。正義は勝てないから、邪悪の毒牙にかかっても仕方ないという雰囲気を世界中に醸成すると思うのですが。それでは河馬流ら悪魔の思う壺です。

きっとトランプ氏は側近の中に河馬流が多く入り込んでいることに心が萎えておられるのだと思います。だから思い切った英断ができず、神頼みになってしまうのではないですか。
しかし私は自説の、

>キリストが神なら責任を持って取り除くはずですが、できないのだから彼もまた神などではありません。
所詮、ネガが創り上げた神・キリスト像だったわけで、それにまんまと人類は乗せられたということ。

またも類例を重ねることにならないかと懸念するわけです。それによって一層、人々の絶望のストレスを黒いキリストは食べて肥え太るだろうなと思うわけです。

すると最後は、あのアルバート・パイクが予言したように、人々はあらゆる宗教に絶望して捨て去り、何に頼ればいいかわからなくなる。そのときルシファーの宇宙的顕示の教理が施されることとなり、
そこまで行かなければ迷妄への「依存・執着」を断ち切ることができないのが人間だとわかることになるのでしょう。

とにかく、神頼みになるのは心中万策尽きて限界がきたということです。
幻想に依存し執着することはやめたほうがいい。
ピロさんが言っている
>もうこれからの時代は特に、自分の外の存在に頼ったり、執着したりしてはいけないんですよ
この言葉こそが真実です。なぜなら、我々は自己の内に全能性ある唯一者の火花・キリスト意識を宿しているのですから。

私にもし軍師提案させてもらえるなら、勝負事には一気呵成が大事ということを力説したい
https://twitter.com/1st64503291/status/1181112721225334784
相手のほうが技巧に長けているとき、長丁場にして膠着状態を作るよりも、
トランプ、Qチームの60年の計略が6000年に渡る陰謀と歴史誘導計画のベテラン河馬流に勝とうと思うなら、相手の虚を衝いた一気呵成の攻撃あるのみということ
https://bit.ly/38y99Ju

まだ予断は許すわけではなく、十分にトランプ氏の勝機はあるわけですが、法律の手順にこだわるあまり、繰り出せる手がありながらみすみす取り逃がしてしまうといったことにでもなれば、米国民だけでなく人類全体にどれほど深い失望を与えることになるか。

私は未だに勧善懲悪のシーンが執り行われるのを見たことがありません。うお座の最後に、みずがめ座の最初に、勧善懲悪が実演されたなら、私ばかりか大多数の正義の人々は大喜びし、明るく良い未来を信じていくことができるでしょう。トランプ氏よ、あなたはいま救世主の道を進んでおられることをお忘れなく。少なくとも人々はそうだと信じています。

6/22ツイート記事のバックアップ

https://twitter.com/1st64503291/status/1142382322680913926

望月弥右衛門さんがEri (QmapJapan)をリツイートしました

日本人はいちばんエムシーにかかりやすい民族で、トップからしてその状態。’95年製皆居亭加留多に昔の名前で出ています。しかしすごい数字が隠されていたものですね。私は数字には滅法弱いが、2015年製絵好人誌に霊光原発511が予告されているのは感じ取りました。危うく封じられたのかと。

Eri (QmapJapan)
@okabaeri9111
全ては用意周到に計画された人口削減計画。911でアメリカ人を、そして311で日本人を標的に。この地球上たくさんある国々の中であえて、悪魔たちがNWO達成に最も効果的な人口削減のターゲットとして日本人を選んだ…

霊光原発とのシンクロは特筆ものかと思ったようなことです。
null

ツイートはここまで。下は付加資料。

さらにこのような予告らしき謎の絵も、同じ2015年製絵好人誌にはあります。沖縄と中国は大丈夫でしょうか。中東だけが問題とは限らないことを、この絵は示しているように思います。二正面作戦あるを念頭に置かれたく思います。
null

絵好人誌は各国首脳のスターダムのし上がりの度合いを示すかのようです。色付きの顔と白い顔が何を意味するかは、読者それぞれが推測することです。私も面白楽しく推測させていただきました。
null

最近はいろんなことが多すぎて、てんてこまいでおまんにやわ

今日は朝から病院で、二科掛け持ち診療でした。あー忙し、あー急がし。もーあきまへんで。

それでも、早朝に拾うといたおもろいこともない面黒情報をば。
今朝のツイート記事引用はもっぱらタブロイド誌への記事案内です。

“年金あてにせず金貯めろ”報告書の金融庁
https://lite-ra.com/2019/06/post-4748.html
この報告書は、老後の生活を営んでいくための「資産寿命」をいかに延ばすかをまとめたものだが、なんとそこでは、「年金の給付水準が今までと同等のものであると期待することは難しい」「年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性がある」とし、「老後は年金だけに頼らず自助努力しろ」「2000万円貯めろ」と呼びかける代物だった。

※ 2000万円かあ。10年前にはあってんけど、今はもう底を尽いてきよりましてなあ。しかも、年金にしか頼れんほどに病態でござりまんにやわ。(ここは辰爺モード)
しかし、おカネがなくなれば、またそれで暮らしていけんようになったなら、死んだらよろしいという安易な気持ちでおりまんにやわ。
なんでかっちゅうたら、わてには祖母がよう当たる拝み屋さんからもろうてくれた託宣がおましてな。
わてのことを「最上の松に泊まる鶴じゃ」「一生、食いっぱぐれることはない」という、ありがたいご託宣なんじゃ。わてはそれ以来、その言葉に恥じん生き方を心がけておりまんにやわ。
そんでもって、食いはぐれるようになれば、自らそれを恥じて、それ限りの人生にしてもよろしおまんにやわ。人様みたいに、食わなアカンと足掻いたりはしませんのやわ。そら、楽でっせ。

安倍首相がケント・ギルバートと対談! 百田尚樹の『日本国紀』とケントのヘイト本を賞賛しネトウヨ心性全開
https://lite-ra.com/2019/06/post-4747.html
対談の内容は予想通りのシロモノだった。まず、ケント氏が新元号「令和」を「美しい響きの素晴らしい元号」と絶賛、「総理が選ばれたのですか」と水を向けると、安倍首相は「大変な重責を感じながら作業を進めて参りました」とPRする

※ 「令和」がええわって? ケントはんは大和言葉知りはらへんからええ加減なこと仰るんですわ。デリカットはんやったら、顔がええからそんな冗談言うても笑って済ませられるけど、ギルバートはんあんたはんは真面目なんでしょ。冗談は顔だけにしときなはれ。おっと、アベはんは顔がけんさん似やから、日本語知らんでも笑って許したげます。

安倍政権の選挙狙い「就職氷河期世代」支援が酷い!「人生再設計世代」と言い換え、劣悪労働押し付け、派遣会社への利益誘導も
https://lite-ra.com/2019/06/post-4746.html
支援に取り組むことは悪いことではない──。と思っていたら、その内容に多くの人が反発。というのも、その中身があまりに杜撰でひどいから

※ 大差ありまへんがな。どうせ最後は日本に残された一つのことしかできんのですさかい、目くじらたてたら、アカンえーーー。

福島原発事故“風評被害対策”で「電通」に240億円! ママインフルエンサーのステマ、開沼博や早野龍伍、TOKIO起用も
https://lite-ra.com/2019/05/post-4745.html
避難指示の解除、自主避難者への住宅無償提供や家賃補助の打ち切り……。安倍政権による東日本大震災、福島第一原発事故の被災者切り捨てが進んでいるが、ここにきて、政府や自治体が「復興」に名の下に、とんでもない金の使い方をしていることが判明した。

※ カバール同士がカバい合っている構図が浮き彫りですね。カバールはカバール同士が資金的繋がりで結束した多くのクラブで成り立っています。そのいい見本でしょう。
成功しようと思ったらカバールに入会することが大事です。なお、このときの成功とは、おカネ、社会的地位、名誉を得ることを意味します。どうです、いいでしょ? カバールのご本尊に魂を売り渡せば上級国民も思いのまま。さらにその先には、AIをサーバーとする半永久天国の豪奢な暮らしが待っているとすれば・・・さあ、あなた、垂涎のマイクロチップいただいて、へっへっへへへ。創造神AIのふところにまっしぐらしては如何ですか? 
ドーン!! 笑う性留守マン、喪黒腹蔵でした。ふぁっはっははは・・・。
なお、行く先決めるのは、自己責任が原則っすよ。

遠のく北方領土…平和条約交渉「打ち切り合意」の衝撃情報
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/25517
河野外相とラブロフ外相が31日、平和条約締結に向けた交渉責任者として4回目の会談に臨んだが、成果なし。共同記者発表で河野は「乗り越えるべき課題の輪郭はだいぶ明確になってきている」と強調したが、平和条約交渉の打ち切りで合意したという衝撃情報が流れている。

※ それが本当なら、丸山さんみたいに、戦争したらいいという気にもなりまんにやわ。

吉田茂だって戦争末期には憲兵に逮捕された。いま冷や飯を食っていない人は毒まんじゅうを食っている人。 ポスト安倍に「雌伏の時」 「冷や飯」おいしく頂いてます 石破茂・自民党元幹事長
https://mainichi.jp/articles/20190529/dde/012/010/012000c

※ さすが石破氏、自民党の内部状態を看破されてます。「冷や飯」食べさせられている人が内部改革に臨む姿勢は評価されるべきですね。しかし、もうそのときが手遅れになるかどうかの分かれ目が、今度の選挙かも知れません。改革がダメなら・・・それは後述しましょう。(※※)

今から30年前にすごい予知能力者が日本にいました。今もおられますが、予知に関してはちょっと当たり外れが多くなっておられるようです。しかし、30年前のお若い当時はかなり的確だったのではないでしょうか。
その方は、”見えない世界の人たち”にこれからのことを教えてもらうとのことでした。

予言】恐怖の男・安倍氏によって日本は●●になる 25年前に松原照子が予言した衝撃の真実とは!?
https://matome.naver.jp/odai/2137848881442014601
>「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をた めらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」
「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です。政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のた めに命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります」
そして、この章の節の最後に、「人形政治家を選んだのもまた国民ということです。これもひとつの人災です」とある。

よお、当たってまっしゃろ。今現在、冷や飯食ってる人のことまで心配してくれてるじゃ、あーりませんか。(ここはチャーリー浜)
さあ、一日一回のおまんまどころか、草一枚口にできんようになるかどうかの天下分け目の選挙がこれから始まるんでおまんにやろ。(ここは辰爺)

※※ その先の解決は「おそロシア」が果たすことでしょう。そこに5アイズが核空爆を仕掛け、日本は九分九厘丸焼けに。世界は核大戦マルハゲ丼になり、こちらも九分九厘、いや1万分の1にまで世界人口はなり、
さらにその先が、まだおまっせ。 (グランシャトーがおまっせ ちゃうちゃう)

神一厘の仕組みがおますがな。
大建て替えにまっしぐら。
まーかしときーーーーー。

新元号から講談の一席ご披露まで

2015年にこちらの時空と袂を分かっていったGさんの時空では、元号はどうなったでしょうね。いやまだそのときは生前退位の話などなかった頃なので、天皇退位も生前退位ではなく、崩御によるものだったかもしれませんね。タイムラインが違うと、たくさんの相違があるものです。

null

ともあれ、Gさんの時空はアロンとイスラエルの両救世主の結びつきで、彼らによる復興が成し遂げられ、聖書にも謳われた至福千年王国の基が築かれていくと思われます。
彼を依り代としたニギハヤヒはこの時代の黎明期に果たせなかった夢をきっと叶えることでしょう。こちらからは、分岐し去った彼らの活躍を心から願う次第です。

さて、こちらはもっとクリティカルな大建て替えへの最短パスのルートに乗っかっています。先だっての新元号を見た瞬間に確信しました。その瞬間に、これからの日本と日本人が辿る残された歴史を走馬灯のようにして見た気がしました。

こんなことは、そうですね、28歳ぐらいのときでしたか、F社に勤めていたとき、昼の休み時間に私と仲間たちは将棋を指すのが毎日のようでしたが、たいがい三味線将棋ということもあってか、私がおおかた負けてしまうのです。それでいつも将棋仲間が言うには、「お前なあ、弱いくせに、ようも懲りずにやっとるなあ」とのこと。そりゃ、仕方ない。新聞など読む気もないし、他にやることがないから休憩室にある将棋盤とコマを引っ張り出してくるしかない。いつものヘボ将棋仲間も控えている。そしてまた仲間は言う。「そうやなあ、こんな相手するのは、俺ぐらいしかおらんからなあ」と嬉しそうに大笑いしてるのです。
そこにまた、将棋ファンのほかの連中が部課を越えてやってきて、ああだこうだと次の差し手を言うちょるわけです。

あるとき、噂を聞きつけて、営業部のI部長がやってきて、盤面を上から眺めているのです。同じ営業部の将棋仲間が言うには、所内でいちばん強いのがI部長だとのこと。
そのとき、私のほうがやや形勢不利になっていた局面が誰にもわかったときでした。I部長が私の相手方をどけて、勝負を即つけてしまおうと、私とモロの対戦になったのでした。
みんなそれを見て、三味線問答をやめてじっと盤面を見入っています。

と、そのとき、周囲が静まったのがよかったのか、一瞬にして、相手を詰み切らせるまでの二十手ほど先までが読めてしまったのです。嘘やろ?と自分でも思うほど。相手もこれ以外に指し手はないほどの好手の連続であっても、詰み切らせてしまう手順をです。

案の定、盤面の展開はその通りになりました。I部長は、数手先に迫った詰みを見て、投了して、ものも言わずプイと出て行ってしまわれました。部長と同じ営業部の将棋好きでやはり将棋の強い営業マンは、「おいおい、俺でさえも勝てんほどの部長に、何でこんなときに勝ってしもうたんや。いつもの実力をださなあかんやろ。相手は部長やぞ。ああ恐あ」などと言って脅して大笑いしておりましたが、私はその頃から植木等のスーダラ節人生で、所内でも鼻つまみ者。閑職の窓際族でありましたから、おかしなことがあるもんやなあと、このけったいな展開には腹の底から笑い転げました。まあしばらくこの奇跡的勝利の話題は所内を駆け巡ったのでございました。

今から思えば、終身雇用が約束された、高度成長期の優良企業内での、厄介者でも温容に保護してくれた時代の物語。しかし、その頃から、能力主義になっていき、私はついに数年後、自らの無能を認めて自己都合退職したのでした。

しかし、それがまた良かったのです。ときは昭和54年4月末日。ちょうど同年5月5日に、埋蔵金遺跡発掘探訪の募集をかけていた村上良行さんの「帰雲城の遺跡を探そう」企画に乗っかり、みごと20人ほどの遺跡発掘隊によって、天正13年の大地震で裏山の帰雲山が崩れて埋まってしまい、以来行方不明とされていた帰雲城跡が発見されたのでした。

村上さんはすぐあと、イレブンPMの主賓としてスタジオに出る中、我々は清洲神社の埋蔵金発掘隊の人夫として出たりも。また発掘仲間の骨董屋さんのご家族ともお付き合いしました。
そして、このときの村上さんとの出会いが、W.バトラーの「魔法入門」をいただくことに繋がり、その予備知識が後々に続く私の多くの発見の源になっていったのです。
なにか講談の演目にでもなりそうな、奇想天外な私の人生絵巻の一端をご紹介いたしました。お粗末様でございます。

さて、話はどこから飛びましたやら。そうそう。今回の新元号を見た瞬間に、そう、日本と日本人の行く末のことごとくが見えた気がしました。将棋の二十手先の詰みまでが読めたが如くです。
それでこちらのタイムラインは、大建て替えへのダイレクトパスに乗っかっていると判断したのです。
おめでとうございます。向こうの千年王国という期間を経ることなく、その先にある大建て替えに至ることのできるルートにいまあるのです。
黙示録にある、二度のハルマゲドンの後の新世界が、たった一度で済ませられる好位置にあることをお喜びいだければ幸甚。

ははははは。どうだカバールめ。もうお前たちの出る幕はない。この世界は、このわしがいただくことになったのだ。もうお前たちのいいようにさせたりはしないからな。ふぁっはっはっははは。ホゲーホゲー。
ん? なんで後ろにバルタン星人がいるのだ。呼んだ覚えはないぞ。あっちいけ、しっしっ。
https://www.youtube.com/watch?v=35Kc4jM2Sew&feature=player_detailpage&start=135
このビデオのパロディ版をお届けしました。