米露中の雲行き、あまりよくないようです

トランプさんのヒールぶりは、バックツーザフューチャーに出てくるビフ・タネンに似ているとのことだったのですが、どうもそのようで、何をなさるかわからなくなりました。安倍外交の成功を喜んだのですが、米露の親密度がちょっと微妙になってきているようです。彼のちょっとした言葉が、世界を揺り動かすのですから、世の中の皆さん、枕を高くはなかなかできないかもしれません。

中国にも、一国を認めるとの電話での発言はありましたが、いつまで保証されるやら。中国も気が気ではないかと思われます。

第三次大戦の足音はトランプ登場で遠のいたかなという楽観視は、ちょっとおあずけにしときましょう。

 

 

 

安倍外交大成功

日米関係はすこぶる良くなったみたいですね。
私はトランプ氏はヒールなところがあるので、何をなさるかわからんなと思っていたのですが、誰しもの意表を突いて、安倍さんを歓待したとのことです。
ハグして20秒もじっと手を握り合っていたとのことですね。
移情閣での彼女との握手なんか、ものの2秒でしたよ。
それだけで鳥取西部地震なんですから、20秒もしたら、ポールシフトが起きてしまわないですかね。(笑)
まあ、このお二人が鶴と亀の間柄ならそうなりかねないということなので、ちがうことを期待しましょう。
しかし、やはりブルーエイビアンズが、第三次世界大戦は絶対に起こさせないと言っていたらしいので、その方向にあることは確かなような気がします。

米国関係が良くなることは、これこそ弥勒の建設相が現れてきた兆しでしょう。

2008年9月25日に彼女が弥勒下生予告のお告げを空海和尚から聞いてから、それはいったいいつになるのか気をもんでいたのですが、どうやら破壊相はリーマンショックのことだったようで、弥勒はどういう存在なのか彼女が異界交信しましたら、「神の王子のパンダが生まれる」という回答を得ていました。

弥勒という方は、吉凶禍福の両側面を持つ神ですから、パンダという表現はぴったりなんです。あの白黒がちゃんとけじめられているところがすごいんです。黒は破壊相、白は建設相です。まさにその通りかと思いますよ。安倍さんはどこかパンダに似て愛嬌がありますし。
前々から申しているのですが、安倍さんはいいお名前なんです。
古代の部の民制においては、氏姓が職制を表していて、安倍(“あ”の部)とは切り開く意味があり、新規開拓者の意味付けがあるのです。これは西部開拓者魂のトランプさんとは、いい相性になるでしょう。
それから麻生さんは、朝に生まれるの意味で、新時代の幕開けに相応しい名前なんです。
甘利さんはそのまま、天の理なんです。つまり、天の予定した人なんですね。
まあ、誰ぞやは三バカトリオなんて言った人もいましたが、そんな奴は吊るし首ですな。
むろん、これがオバマやヒラリーだったら、その線もあったでしょうが、トランプによって急転直下、安倍さんはパンダの如く愛されて、日本は良くなることでしょう。
安倍さんに、有能な軍師がついたのかもしれませんね。私が行かなあかんかと思ってたんですが、もう大丈夫でしょう。
このまま、山籠もりを継続します。
言っときますが、三顧の礼がないと、出向きませんので。(笑)
いやいや、ちょっとした札ビラでごろんごろん転びます。(爆)

 

2017年 世界はこうなる

2017年のエコノミスト誌に、今年はこうなるという予測(予言)が載っていたんですね。
私はまた、今までとはデザインが異なるに加え、Planet Trumpと書かれていたため、トランプ特集のようなものかと思い込んでしまい、詳しく見ていなかったのです。
ところが、今までとはデザインが一新されていて、タロットカードを模した表現になっていたんですね。なんてこった。解読に一か月は遅れてしまいました。
2017エコノミスト 世界はこうなる
ご存知かと思いますが、イルミや秘密結社系は、ある種の礼節を心得ていまして、凶悪な犯罪行為をするにしても、必ず人類にそれとなくわかるように事前予告するのです。それが彼らのモットーであるとともに弱点でもあり、またゆとりということでもあるのですが、そのゆとりとは、彼らと一般人類ではオツムの程度が何段も違うから、下等動物たる人類では意味が分からないと、タカをくくったところから生じているゆとりなんですね。
人類は二次元平面にのみ生きる生き物と言えるでしょう。いわばアリンコです。アリンコは目の前か、せいぜい同一平面上にいる存在を実在と見做して、アクションを起こします。もしちょっと小高いところから見たら全体が眺望できるとしても、アリンコらはそれをようしません。しかし、秘密系の人や3次元でものを把握する人は、3次元的で、何が待ち受けているか、一般人より多くを知ることができます。
欧米人にはまだしも3次元的な人がいるようですが、日本人にはまったくいないですね。政治の世界には特にそのような人が必要なのですが、皆無という状態。そのような人は軍師と呼べるのですが、日本には軍師の水準にある人はいないのではないでしょうか。かつて名軍師諸葛孔明もオカルトを最大限に重視したのですが、それがタブーであるかのように、日本人は触ろうともしません。秘密系はみんなオカルトを行動原理にしているというのに、どこか抜けてますよね。私ですか。軍師に。いいですよ。三顧の礼を以て迎えてもらえるなら、という条件でなら。

こと日本に関して言えば、エコノミスト誌の予測に仮託した犯行予告は、年々(2015→2016→2017)、致命的なものに悪辣化していますね。これが彼らの冗談にすぎないのであれば、問題ないかもしれないのですが、ちょっと描き手に苦情を言うぐらいにした方がいいのではないですか。年々エスカレートしているのですよ。ちゃんと見ている者がいるんだぞという、釘の刺し方だってあると思うんですよね。3次元が見えるなら、彼らも容易に手を出せません。それが一人もいないんじゃあ、猿山モンキーランドと思われても仕方ない気がします。

エコノミスト誌の三か年の変遷を見たら、彼らがどのように計画し、そして失敗し、どのようにプランを修正してきたかがわかります。露中が2015年のNWO計画から外れて2016年に一目置かれており、オバマ時代には消滅寸前だった米が、2017年には特筆されて、トランプが独裁色を強めて、世界に君臨するとなっています。

また、2017年には、秘密系が世界支配システムを完全なものにし、秘密系が隠れながら大衆を扇動して、TTIPやTPPやEUなどの同盟をストップ。そのようにしているのも、彼ら隠れた賢者だと言っているようです。英、仏、蘭、独の元首が生贄にされることもほのめかされてますね。そして、ついに仮想現実世界の造り主が無限者創造神として君臨しだすことも予測されています。これなんか、私が30年以上前に仮説したことですわね。2040年には、皆さん全員(そのときまでに生き残っている人だけ)、電脳内に取り込まれて、仮想世界に生きるようになるのです。

問題は日本です。2015年には沖縄米軍基地が危険水準にあったものの、政治は仮想的妄想の域にあってか、まだしもNWOのターゲットにさえされていなかったものが、2016年にはNWOの中に組み込まれると予定されただけでなく、文化財などの財産は簒奪され、国は植民地化されることが予測されていました。それが2017年には、8枚のカードの1枚を使って、死の国になることが予測されているのです。核爆発が露骨に描かれ、タロットの死神の臨席と一面の荒野、死んだ海洋水系が未来だと言っているようです。2016年の植民地化計画に、さらに人口削減が加わってきているらしいところ。彼らがする予測とは予告であることに注意が要ります。

まあしかし、のほほん平和民族には、強い神々がついています。危機一髪でブルーエイビアンズなどが投入され、秘密系の邪悪なたくらみを阻止し、いつまでも平和であり続けることを願ってくれている節があります。だから、あまり気にすることはないでしょう。それより、心穏やかにアセンションを目指してください。電脳内で生き延びることもまた選択肢に置いておかれたらいいでしょう。実現実経験も仮想現実経験も、魂の経験的には等価ですから。

 

おかしな時空のおかしなおかしな物語

これからの世、そろそろ二元性世界の極性の切り替え時期(闇一族と鬼面一族の交代時期)にあって、どうやら陰湿邪悪な側(あちらからすればこちらが異端という相対的善悪論に陥りますが)がなおも長期にのさばろうとして、AIを駆使した世界創造による延命策というリング外の特設リングに聴衆を連れていこうとしているようです。私から言うなら、ゲームがまた下位のゲームを産出しようとしている現場が今です。

バシャールさん 2016年~2050年までの話
https://golden-tamatama.com/blog-entry-2593.html
>あなたは驚嘆するでしょう。
シンクロニシティが現実の中で一斉に起き始めます。
それらの多くが、再びあなた方の人生を今まで夢だとかおとぎ話だと思っていたようなものに変えてしまうでしょう。
しかしあなた方が発見するのは、現実が実際はいかに動いているかということなのです。

正直な感想、まだこの時代の延長をしていきたいのかという思いなのですがねえ。それを各個人の選択意志を介入させることで、異質の考えを持った人の意見も反映されるといった風にしてあるので、まあこれも致し方ないかと思うわけですが、不平を言ってもねえ。
シンクロニシティに関しては、私はまさにこのことを実感してきた2000年代でした。それがみなさんにも今年から起きてくるという。本当に面白いですよ。
そして達観と言うか、鳥瞰と言うかが自然にできてきて、あらゆるものの動きが手に取るようにわかってきますよ。

このように語るバシャール説は、拙・超宇宙の仕組み論の出す結論(意識原理の宿る個々人がそれぞれの観測系の中心であって創造主なのだという説)の帰結なのですが、私が予測するなら、バシャールが予見するようなことが起きるのは少数で、おおかたはせっかく特設リングができることなので、志向する人、趣向が合っている人などは喜んでそこに向かっていかれるのではないかと思います。こちらにいても、闇一族が無責任に撒き散らした瓦礫の廃墟と超汚染の死につつある星をどうするかという困難さが予想されますから、人の志向するところに戸を立てられないという諺どおり、ただし行き先もまた仮想現実なのですが、いまこの実時空と見えている世界も仮想現実だというなら、その等級を以て差を論じられても、相似像にすぎないからイケイケドンドンになるだろうというわけです。選択肢が恐怖やら不安やら他者同調性により狭められた中での選択を迫られて、追い込まれてしまう人も多いと思います。目覚めぬままに人よどこへ行くって感じですね。

では何のための特設リングかと言うと、また新たな仮想世界に支配構造を作って、そこにふんぞり返る支配神、差配神を生み出したいというわけではないですか。天下りして、そこで幅を利かせたがる官僚体質丸出しだというのが見えてます。
それを了解の上で、それでもいいやと仰るなら、志向して行かれると面白みがまた味わえるでしょう。みんな面白みや冒険を求めて、こんな世界にやってこられているのだから、仕方ありません。もうちょっとケービングを愉しんで行かれたらいいでしょう。しかし、創造主性を失っては、またぞろ奴隷ゲームの奴隷になってしまいますから、お気を付けください。

私には全部丸見えしてしまうものだから、よくまあと呆れて見ているのですが、まあそれも私個人の主観なわけで、バシャールの言うようになっていくことが明らかなので、私は私固有の世界で目指す方向を決めて進みます。そう言っているうちに、私の世界線からは人が極端に減っていて、それだけ異端的で孤独なわけですが、これも仕方ないのです。しかも、最悪のコース、破断鉄橋を渡る世界線なものですから、とうにお勧めしているように誰もこの列車に同乗していようとは思わないでしょう。最後は、私は観測主体的プログラムとして制御権はあるものの、周りの外界は単なるデーター群となっていることでしょう。そして、私がこのゲーム世界を離れるとき、すべての蒐集情報を持って元の世界に戻り、最後の審判を惹起して焼却処理し、大建て替えを私固有の世界で成し遂げます。目指すのは、仮想現実世界からの脱却と一元性世界プレローマの実現です。そこからさらに絶対的実時空を目指していきます。
みなさんは個々が創造主です。それぞれの時空経験をお楽しみください。

ヒラリーはずれて頭の中混乱中

私はどれにもまったく該当していないのですが、エスタブリッシュ、ウォール街、秘密系、軍産関係者の方たちも、私同様に憤り、混乱されていることと思います。
私がなぜ困っているかも、みなさんとは原因が異なるかもしれませんが、この記事の末尾に掲げることにしましょう。
みなさんは未知数の不可解な人物がいったい何をやらかすのか、不安でならないでしょう。ヒラリーならすべてマニュアル通りにしてくれるとわかっているのに、今度ばかりは、雪殿と亜三次にしてやられましたな、お代官様。
なあに、それならそれで、奥の手があるではないか。あっ、そうでございますが、あれをお使いになると・・・。
何を言っておる。毒を食らわば皿までもと言うではないか。ははっ、御意でございます。
てなふうに、彼らは彼らで何か相諮るのは時間の問題。さてしかし、果たしてトランプ当選が予想できていなかったかどうかと言うと、そうでもないようです。
シンプソンアニメやBTTF(バックトゥ―ザフューチャー)はトランプ登場を予言?
https://bit.ly/2ezCwlt
さて、米国にはUFOもよく出るし、宇宙人とも関わっているとの噂が絶えなかったわけで、ヒラリーさんならばディスクロージャーすると予告していたので期待していたら、スカくらう格好になってしまいました。宇宙人情報開示を宇宙人関係者が嫌ったのか?
そんなことありません。ちゃんと、昔からトランプ当選が決まっていたようなんです。
米映画などには、未来に起こることが予告されていることがあるから、ということから昨今、ツタヤに出向いていたわけですが、けっこう参考になりました。
UFOが存在するとなれば、タイムマシンとUFOなどは双子ですから、未来のことはわかるし、逆に未来から誰か来ているはずだということで、我々も未来人2062という詐欺師に遭遇したわけですね。巧妙な時代性を利用したインチキには注意したいものですが、際どいような本物情報も密かにハリウッドなんかに流されてるんでしょう。それゆえ、未来の見えない我々には米映画は参考になるというわけです。BTTFなんかモロにタイムマシンものですから、具満タンかもしれません。
さて、シンプソンアニメによると、2030年までトランプが、なんてこった14年も・・・ヒールぶりを発揮して、その後、女性大統領リサ・シンプソンが登場して、建て直しに奮闘して、みごと建て直すというふうになっているみたいです。それもきっと本当かもしれません。まるで小池さんの米国版? 女性でなければできないことのほうが多いと私はかねがね思っていたのですが、未来の先々を良い方向に変えていくのは女性だろうと思います。男は狼に徹しましょう。(笑)
BTTFのビフ・タネンがトランプを土台にしていたとか。よく似たシーンを集めてますね。荒廃した米大地にそびえるきらびやかなタネンのカジノビル。
主人公マーティの父ジョージが若い頃、ビフのあまりの無茶苦茶ぶりに耐えかねて、一発を見舞って気絶させたときから、タイムラインは変わって、ビフは一塊の使用人に。そして、米国には良い時代が来ていたという設定になっていましたね。
私も中一の時にそんなことがありました。私も激情を抑え切れず、一発くれてやったんです。あのままだったら、どんなだったか。まあこれも、プレイバック・リスタートしているゆえの今なんでしょう。今もしがない素浪人の身の上ですが、それでも面白い人生でした。ぜひ次回転生の際は、値段が高いからと思わず、プレミアム契約されることをお勧めします。
さて、なぜ私がヒラリー当選を心待ちにしたか。それは、ヒラリーなら軍産複合体やグローバル企業に利益を誘導すべく、世界を第三次大戦へと漸近させていくだろうという見込みがありました。つまり第三次大戦への早道を進むだろうと。
いっぽうトランプでは、ロシアへの接近により、ロシアが大戦を嫌っていることから、戦争も悪弊の箇所にのみ限定的になされることで、むしろ平和な方向付けに世界は向かうかと推測され、私としては「大建て替え」による根本改造をするには、徹底的に破壊がなされたほうが良いだろうとの思いから、ヒラリーのほうを待望したわけでした。
ヒラリーのしてきた悪事の数々を度外視するわけではありません。正義にもとるのはどちらかと言えばヒラリーです。しかしここは、世界を破局させる因子たる彼女に託したかった。もうこれ以上の人類に対する蛇の生殺しの延長はやめてほしいとの思いです。それとも、まだこのおかしな実験を続けるつもりか。
トランプの場合でも、どうやら米国は内乱含みの様相。米国債の金利が急上昇中であり、世界各国の国債金利も上がってきています。さあ、どうなっていくのか。私は羽根を隠すことなしに、日々飛行訓練に励んでいます。
はっきり言っておきたい。6次元以上からやってきたというブルーエイビアンズよ、アセンションは真の救済手段にはならない。またもや、階層化を助けることになるのみだ。見なさい。地上では、自分はアセンションの波動に乗れるかどうか戦々恐々としている。彼らは他人よりも自分が優位に立ちたいだけという心理しかない。そんなふうにして競争心を煽ることもまたおろかなことだとは思わぬか。
私は知っているぞ。君たちもまた既得権益にすがる存在だということを。ここまで進化した立場を覆されることはしたくないからな。
そのような聖者がごまんといるこの世界。高次元達成の金字塔を誰にも侵犯されたくはない。その思いが、こんなおかしな時の地球への干渉になっていることもわかる。しかし、もうこれ以上はやめろというんだ。すべては終わったんだ。終わらせねばならない時が来たんだ。すべてを自然浄化のままに任せ、人工の入らぬ状態を作りなさい。人工の手を加えようとするなら、人工の手で強制終了に持って行くことになる。これは命令だ。

いよいよ悪魔の日を境に、正神と邪神の戦いが

イギリスで逮捕されたCIAエージェントが白状した内容とは…
https://bit.ly/2exwnlz
あまりにも驚異的かつ衝撃的なので、たぶんオカルト扱いされることでしょうね。
次の項目など、ほんの一部ですから、全体をちゃんと見てくださいね。
>気象潜水艦は、FM周波数を送り空気を上昇させることで、ハリケーンを作り出しています。ハリケーンは非常に簡単に作り出すことができます。
台風だってそうでしょう。フィリピン大統領が米国に離反した途端に、とてつもなくデカイ台風が二連発してます。
台湾もやられたし、日本もロシアになびこうとして、台風が・・・あれ? 地震封じのためじゃなかったのかな?
>最後に、イスラム過激派(テロリスト集団)はオバマ政権から核兵器を与えられていることがわかっています。
ウヒャー、第三次核大戦が必至じゃないですか。
さて、次の話題もすごい。
人類絶滅ウイルス「ジカ」の正体 : ジカウイルスに感染したオスは2週間後から睾丸内部の細胞が崩壊し、性ホルモンと精子の激減により男性の生殖能力が事実上崩壊することが明らかに
https://bit.ly/2e05QBp
人類絶滅が100%確定的になったという感じがしますが、そうではありませんよ。
すでにクローン、サイボーグ、アンドロイド、AIマシンが続々登場しつつあります。
新人類の未来に栄え荒れ。