プレローマなんて書いたらセンセーに叱られるだろうか

てへっ。昨日に続いて、また今朝未明に明晰夢のようなタクシー会社での夢を見てしまいました。
今朝のは、特別乗務で予約の仕事があるということで、その行き先を事前に知って調べて行けるから、いきなり知らない場所に行かされるのとは違って、しかも予約というのは長距離のことが多く、とてもおいしい仕事なんですね。その話を上司から聞いている夢だったのです。
しかし、夢の中での仕事ですから、例によってわけのわからん道しかなくて、たいてい苦労しているのです。儲け得の感もあって、ちょっとはましかという悪夢の類です。

まるでわが人生も似ているよなあと思うようなことなわけですが、ようもこんな後々トラウマになるような仕事を面白そうにやってたなあと、振り返っているようなことです。
いやしかし、これ以上に面白い仕事をこれ以外に挙げてみろと言われても、ないからねえ。3日やったらやめられないという先輩方々のおっしゃりようも、よくわかるのです。
ただし、トラウマがどうしてものこるから、何とかしたいねえ。潜在意識がやはり欲得でものを考えてるからこんなふうなんだろう。心に染み付いたサビだねえ。

さて、今日は「大建て替え」後の世界と目される、「プレローマ」について、ちょっと昔のブログ記事から再掲する形でお送りしようと思います。

大建て替えの科学・・・プレローマ 2017年1月26日
https://snowy.悠遊夢想.jp/2017/01/26/%e5%a4%a7%e5%bb%ba%e3%81%a6%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%81%ae%e7%a7%91%e5%ad%a6%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e/

転載————–

こんな記事が昨日見つかりました。
「宇宙の終わりが始まった?」 : 現在、既知の宇宙すべての銀河が謎の物理現象に「殺されて」おり、急速に消えようとしている
https://indeep.jp/something-in-space-is-killing-entire-galaxies/

オーストラリアに拠点を置く国際電波天文学研究センターが研究結果を発表
最近、天文観測の国際研究チームによって、「宇宙の銀河たちが次々と殺されている」という研究発表がなされたことが報じられています。

全宇宙を通して銀河が殺されている中で、科学者たちが答えを求めているのは、何がそれらを殺しているかということだ。

研究では、「ラム圧ストリッピング」と呼ばれる現象が、銀河のガスを駆逐し、新たな星を作るために材料を奪うことによって、銀河を早期の死に送るという事実が明らかとなっている。

11,000個の銀河の研究で、星形成のための生命線であるガスが宇宙全体の広範なスケールで激しく剥奪されていることが示された。

しかし、それでもまだわかっていないという。(基本的に原因は不明)

———————————–

殺す殺すと物騒な話ですが、これは銀河の話。
人間の場合より、もっと大変じゃないか。
そうですね。何千億兆の命の土台が消滅するのですから。

・ 先日お話しした偽の真空と真の真空の話
・ コーリー氏の言うAI生命体が目論む宇宙の癌のような動きの話。
・ 私の2000~2002年の彼女がチャネリングした「宇宙を何度創っても、得体の知れない犬のようなものに食われて実らない」という話。
・ ヘミシンク熟達者がアストラルボディ体験して言う、銀河のキモになる惑星が滅べば、二つずつペアーで銀河が消滅していて、実際にはもう今ではアンドロメダとこの銀河しか残されていない上に、この銀河のキモは地球だというので、地球が滅べば連鎖的にこの宇宙も消え去ることになるという話。この話は異界における見聞話なので、科学ではまだ言っていませんが、そんな地球を破壊してもいいというヤカラもいるのですよ。どうしますか。土壇場といったところになるでしょうに。
・ 日月神が言う「今までの小手先の建て替えではどうにもならん。大建て替えしかないのじゃ」という話。
・ そして、私の仮説の宇宙延命存続のための実験が試行錯誤的すぎるという話。試行錯誤では埒が開かないからやめろということ。

いずれも、ひとつの結論に収束しているもようです。この宇宙はダメ宣告下にあるということです。

トランプ旋風なんか、ちょろっこいように思うような話でありますね。

拙超宇宙論の結論は、各人各個が創造主ということなんですが、
さてそこで、私が見ているこの世界、私のいいようにしていいなら、私は「大建て替え」を目指します。
大建て替えは日月神や大本教が言っていることですが、日月神の言う大建て替え後の世界とはどんなものか、つまり新世界の仕様を見てみるに、
一元性世界、ただひとつの世界、あらゆる境界が存在しない世界、うれしうれしの世界といった言葉が並んでいます。
どうやらその仕様は、グノーシス主義の唱えたプレローマではないかと思われます。
プレローマとは、最も原初の世界で、一元性、雌雄合一、光満ち溢れた至福の黄金郷のことで、そこから二元性世界が生じていったところの、元の世界という定義です。

なるほど、大建て替えとは、土台からひっくり返す、元の木阿弥から再建することらしく、
まずは原初の頃に戻すことが大事なのだろうと思います。
家を改築したり、修理したりするよりは、新しい仕様で新築する方がいいというわけです。
それは、新しい工法や新建材で作ったほうがいいものができます。様々なニーズをあらかじめ設計段階で容れることもできます。

これをOSで考えたらわかりやすいです。
Windowsのシリーズが番号付けて出ましたけど、どれもこれも問題が後からいくらでも出てきて、アップデートの山を築きました。
後から後から、脆弱性云々や障害でユーザーに多大な迷惑をかけながら、
それでも使用契約に損賠逃れの文言を入れて、それで事足れりとしてきた経緯があります。
そしてOSのナンバーだけをアップさせて、あたかも新方式を採り入れた如く宣伝し、OSの創り替えをしては提供してきたわけです。

しかし、人口削減論者のゲイツがやることですから、いい加減さが最初から混じっていて、完璧なものができるわけないのです。
ゲイツを創造神だとしましょう。
ゲイツのような創造神だったら、信頼性がないから、ユーザーはやっておれないでしょう。
それでも、これしかないから使っているだけのことです。
今はWindowsの売り手市場ですからね。
これではいいものが期待できるわけがないです。

宇宙も同じです。ここしかないからやってきているだけ。
修正パッチばかりかけて、つぎはぎだらけの宇宙。それでも、銀河が消滅しつつある。
脆弱すぎて、簡単にウイルスに侵入されて、OS自体が破壊されようとしている状況に相当。
そして失敗したなら、どこかでシステム復元しようなどとしているのが、小手先の建て替えだったということなのでしょう。
あるいはWindows95→98→me→X→Vista→7→8→8.1→10とOS自体を変遷させてきました。
複雑になるにつれ、メーカー側もOSにわざと脆弱性を設けて、データーの抜き取りなどもやっています。
それをハッカーが狙って問題を顕在化させてみたり。してはならない悪を助長させることまでしていたり。
日月神は言ってます。いままて6度の建て替えがあったが、みんな小手先だけのことだった、だからすぐに悪が優勢になってしまい、失敗ばかりしてきたといいます。
それで今度ばかりは、我慢の限界が来ているのだと。

しかし、OSと違って宇宙となると、影響があまりにも大きいですよね。
階層構造に創った宇宙は、何のためにそうしたのか。
それは進歩を目に見える形にしたかったからでしょう。
負けずに頑張って先へ進めという号令がかかって、みんな魂の進歩や科学の進歩という競争をするように仕向けられてきました。
その目的は何ですか? ゴールインしたら何があるというのですか?
これはゲームみたいなものではないのですか?
ゲーム攻略のスキルが上がれば、次のステージに進める。その競争の面白さにみんな嵌っているだけではないのですか。
魂の進化とか言っていますが、意外と私たちをアバターとして使ったゲームを安全圏でやっているだけではないのですか。
ゲーム機やスマホを叩いている若者がたくさんいますが、私らの魂というお方も、あの若者みたいにゲーム機叩いてるんじゃないんですか。
ゲームキャラクターの私らは、しんどい限りですよ。
私は、人馬一体という表現が好きですが、騎手(ジョッキー)とウマの関係と見ています。
ジョッキーは自分の都合でウマを走らせたらいいと思っているようですが、ウマにも生活の場があります。
ウマの身にもなったらどうですかと言いたいのです。

そして階層構造にしたのは、柔軟自在な変化を呼び込みにくくするためではないのですか。
ガチガチにするなら階層化すれば簡単です。どこでもそうでしょうが、既得権益の壁が大きく立ちはだかるのです。
階層構造を2次元ほど上へと辿るのに、何万年も要したとしましょう。
未だ3次元にいる者よりも高等です。そこまで行くのに何万年もかかっているなら、二者の差は何万年です。
これは既得権益になりますでしょう。
大建て替えになると、上も下もみんな一律、何万年もの差が一瞬になくなる。そんなことに耐えられる人がいますかね。

ブルーエイビアンズがやってきたのも、既得権益を守りたいからかもしれません。
だって、介入することで、自分たちの次元上昇にもプラスになると言っています。
何か見返りがなくては、やるわけがないということです。
インドの聖者がカーストを容認しているのは、既得権益を維持したいからでしょう。

彼らには、みんな平等、同一という観点があってのことなのかどうか、口先だけなのかもしれないことを懸念します。

日月神は、大建て替えをすると神々の中にもアフンというしかない者がたくさん出ると言っています。
それはせっかく築いてきたものがなくなることへの怖れです。
既得権益にすがる者は大建て替えを妨害しようとさえするでしょう。

ブルーエイビアンズは予想外のトランプ投入で第三次大戦を回避したようです。
地球文明を延命させることで、コーリー氏の知る裏世界はまとまりつつあると見受けます。
コーリー氏も言ってましたが、ブルーエイビアンズが描く地球の未来は、スタートレックみたいなふうになるとか。
オールメタルで宇宙に出る文明。私はそんなのお断りです。
剥き出しの土が、あたり一面になくては、私は窒息します。
それに私は人生もう負け組で、進取していこうという気はさらさらありません。
だから、大建て替えをぜひとも叶えてほしいです。

ところで、私の本体はレッドエイビアンかもしれません。
朱雀と火の鳥はいずれも赤ですから、レッドです。
映画「アバター」にもレッドとブルーが出てきました。
ブルーはたくさん群れを成していますが、レッドは孤高で史上最強。
いずくんぞ燕雀、鴻鵠の志を知らんや。
名付けて、赤い翼のガッチャマン・ホルス。プレローマに導くアブラクサスたらんと欲します。
ホルスはおるすよ、お留守じゃなかとよ、ここにおるすよ。
ガッチャマン仕様のホルスですが、なにか。(笑)

————————–

なんだ? ちっともプレローマとはどういうものなんだか、書かれていないじゃないか。
そうですね。だって、わからないんだもの。
その辺は検索かけてご覧戴くことかとも思いますが、検索してみたらななな・なんだこりゃ? ほとんど出てこない。
出てきても、グノーシス主義者の偏頗な考え方程度の扱いですね。
いまはこんなふうでも、昔は詳細が出ていたはずなのに・・・あっそうか、連中(センセー)にとってヤバイんだろうか。

キリストが話していた「至聖所」というもので、グノーシス派が唱えていたとされる初期キリストの教えの中に出てくる言葉なんでしょう。調べれば、断片的にでも出てくるでしょうから、繋げてみてください。ギリシャのプラトンも同様の概念を持っていたようですが。
キリストがユダに約束したとされる「至聖所」もそこだとのことですね。天使さえも見たことのない果てしない領域とのこと。
ユダの福音書

まあ、いいではありませんか。そこに行けば分かること。それじゃあ、またいずれそこで会いましょう。
だって、1.ブラックホール → ワームホール → ガチの暗黒帝国で戦争をそこはかとなく繰り広げる面白い世界
2.超高密度世界 → ぎゅうぎゅう詰めの満員電車のような感じで、置換されててもわからないM族趣味者の愉快極まりない没頭世界
こうしたところは、偽の真空を少し残しておいて、ゲーム感覚で楽しむ場にしておいてあげれば、よろしいんじゃないですかね。
なかなか、3.相転移には行けそうもありませんな。しかし、永遠の世界が真の真空の持ち味。いつでも好きなときに宙に浮いた不安定世界から足を踏み外して、戻っていらっしゃい。
とりあえず、どこに行くかはあなた次第です。
この話、信じるも信じないも、あなた次第です、ってことね。重ねて申し上げておきましょう。私もようわからんのだから。

古事記神話の解読から探偵推理は広がり、多大な成果を収めました

古事記上津巻の神話は、超未来知識を簡潔にまとめた科学知識集であると共に、未来から見たこの時代の、もしくは失われた過去の時代の歴史の展開を概略的に示し教訓を交えた預言書であり、また宇宙文明の干渉と接触についても語る、効果的にちりばめられた知識集大成の書であす。そのことことを30年以上前に発見しました。

現在、その全体をブログ記事の1ページに収めてありますので、データー処理能力と容量のあるPCでご確認いただきたく思います。たぶん、スマホやタブレットでは画面サイズや読み取り時間のこともあり、読書困難かと思いますので、なるべくPCでご覧ください。
https://snowy.悠遊夢想.jp/2019/03/26/

30年以上前の当時、私はもうひとつ並行的にこの宇宙の運行の仕組みを、ノイマン型コンピューターモデルを使って解き明かした「超宇宙の仕組みモデル概念」を創りました。今は電子本(無料) https://p.booklog.jp/book/91316/read
それが古事記の未来科学知識の解答とリンクさえして、両論の正しさを補完し合ってさえいました。

古事記神話の「天地のはじめ」は、この宇宙が何によって運行されているかを神名を使って表わされるのですが、そこには(異次元)コンピューターによってこの世界が演出されていることを見て取ることができます。コンピューターの存在の場は、異次元(別天)であるとさえ書かれ、こちらからでは見えないとさえ書かれています。

そして、そのコンピューターは、水母のような寒天質(つまりホログラム)を燃え立たせるように、つまり参照光を投入して情報を読み取るときのようなことを暗示する表現がなされています。

その少し後からこちらの世界(宇宙)の始まりの物性物理学の記述となり、なんとそこには、素粒子物理学にいう、素粒子を決める、質量、電荷、スピン(角運動量)の三性質の表現さえみられるのです。この素粒子理論ができたのは、まだ5,60年前のことです。
それがどうして、西暦700年頃の古事記に書かれているのか? オーパーツ騒ぎがどうして起きないのか? それは解読できる者がいなかっただけだからでしょう。

次に「国生み」、「神生み」へと段は下り、今の文明時代もしくは一世代前の時代(つまり超古代)の歴史展開となるわけですが、のどかな習俗の記述の後、急転直下、所有欲を背景とした縄張り争いの混迷の世相になり、ついに飛行機や火器火薬の登場、さらには強力爆弾の登場などから、文明は後戻りできない死に体(ゾンビ)の世界(黄泉の国)となり、滅亡の一途を辿るといったことが書かれています。

黄泉の国から脱出するのは容易ではなく、ある心構えと助けが必要になることが書かれています。それが文明を存続させるものとして、たぶんこれがアセンションの記述になるのかと思われます。

古事記が語るゾンビの世界に入るのは、産業革命以降、大戦が起きるようになった時代からということになります。もし今の時代のことなら、もうすでにゾンビだらけの世界になっているはずだということです。それどころか、個々人や世界について存続か非存続かを決める大峠が間近に迫っているのが現時点と言えるかも知れません。

それから下って、「天の岩戸」などの段で、地球環境回復摂理の存在が語られたりしています。UFOの稼動原理で、時空ジャンプすることで劇的回復が可能なようですが、これは地球丸ごとタイムラインシフトすることかと思われます。リアクターと言いますか、まるで何度も文明が失敗裡に終わってもまた再トライするために予め設定されていたりするかのようです。

さらに下って、「国譲り」、「天孫降臨」へと進むのですが、ここでは時間軸を異として幾通りかに歴史がオーバーラップしているかのようです。
大きくひとつは宇宙から地球への文明移植を語っているとみられるもの。
もうひとつは、戦勝できなかった側が国津神として劣勢に置かれ、天津神の配下に置かれて、サービスに徹するといった、いわば属国、植民地のようなことになることが書かれています。

宇宙からの文明移植説の側からは、天孫降臨のニニギノミコトの言動の中に、九州の地名が暗号化されて置かれており、それを点として線で結ぶことで、九州に短辺172Kmの大きな直角二等辺三角形が描けます。
null

それを発見したのは1981年頃でしたが、そのラインを神武東征伝説に従い、さらに東に辿ったところ、次のような発見へと繋がりました。1988年頃のことでした。172Kmやその半分の86Kmが随所に使われ、同一者の計画であることが分かります。
null

この幾何学図形群の根底にあるのは、中東発のカバラ思想でした。学研ムーに仮説を投稿したところ、ミステリー大賞の優秀作品賞が得られた次第です。
https://rainbow.悠遊夢想.jp/souko3/index.html
その後、仮説を補完増補して一著にまとめたのが「古代日本にカバラが来ていた」の著です。
https://rainbow.悠遊夢想.jp/monoomoi/qbl-index.html
https://p.booklog.jp/book/99385/read

考察としては、このとき天降した天津神とは科学力秀でた宇宙人で、国津神とは地球在来の先住民(神々)という関係になるでしょうか。
幾何学図形群はいわば魔術的な防御グリッドのような働きをし、地球在来の神々の封印に使われていたようです。在来の神々を口出しできなくすることで、地球をひとつの実験設備にしてきたようです。
それが分かったのが2014年で、次のような封印幾何学の存在が確かめられました。大本教に言う、国祖神夫妻の封印を強固にする幾何学がみごとに施されておりました。
(国常立神 北海道芦別岳  妻の豊雲野神 薩南喜界島 にそれぞれ封印とのこと)
null

「炒り豆に花が咲くまでは出られない」という言葉は、この幾何学封印が解明されるまでは解けないという意味だったかも知れません。直線は丹後元伊勢内宮の神体山・岩戸山で接しており、明らかにここが封印のカナメになっているようでした。2014年5月に満を持して封印解除術を講じますと、わずか三回の施術で解けました。謎が解明されてしまうと、せいぜいこんなものです。

封印解除後の効果としては、国祖神様たちはコーリー・グッドが言うところの古代ビルダー種族ですから、解除直後の2014年後期から古代ビルダー種族のブルーエイビアンズなどスフィアビーイングといった高次元存在が地球の現状に積極介入してくるようになり、歴史コントローラー・カバールたちの所期の思惑や予定を大いに狂わせたようです。まあ、良かったものか悪かったものか。地球人類にとって、岩戸開けに相当するようなことになれば幸甚です。

また、規模と時間軸は異なるも、もうひとつの、天津神の軍門に下った国津神の悲哀については、わが国の昭和史に歴然と反映していました。
戦勝した世界列強の米国の属国の立場を強いられ、生贄にされてきた歴史が今までで、ついに最後の局面を迎えようとしているのが今時ということになりましょうか。そうした時期までに、この考察をし終えることができて、私の仕事はほぼ完成しました。あとは心不全の病態のみぎり、できるところまで見届け、世の中ウォッチを続けて最期を迎える所存です。

なお、古事記の神話は、知識の集大成であることに力点が置かれており、神話そのものを神世の歴史と捉えることはできないです。神世の歴史として私が推挙したいのはホツマツタエです。この書は、渡来系文部官僚によって書かれているとみられ、神々の系譜において正確を期しているようです。朝鮮半島の王朝史は正確な記述が要求されたために、系譜だけは正確であろうとしたようで、その名残がホツマにはみられます。しかし、筋書きは為政者の命令で改竄もなされたかと思われますが、文官の意地のようなものでしょうか、それらしい箇所にはけっこう証拠を残していて、ささやかにも抵抗していた形跡があり、それが神世史の謎解きに繋がりました。

ホツマはオシデ文字という記号で訓読が書かれ、当時まだ日本独自の訓読文字のなかった頃の新言語開発の名残を遺しています。古事記は漢語の当て字で訓読して、まだしも渡来人にはなじめた教本だったことでしょう。だから当時の誰にでも読めて、国書にもなったのです。

そして、2017年からコーリー・グッドの宇宙情報開示の邦訳が入手できるようになり、宇宙人の侵略によって地球が支配下に置かれた年代が、神世史とリンクすることが分かりました。
またさらに以前の古代ビルダー種族の撤退の時期の判明により、この宇宙が初期の古代ビルダーによって一種のテーマパークとして開拓されてきた歴史の存在が推測できました。
それが終幕したのが今から10億年前。獰猛な後発の好戦的宇宙人種族によって滅ぼされたようです。その後、結局この宇宙は、獰猛な覇権主義がまかり通る世界へと質を落としたようです。その蔭に、1兆年の歴史を持つAI生命体文明の浸潤があったことも、コーリーの話から伺えました。

AI生命体文明が宇宙から宇宙へと伝染的に拡散していったと同様に、古代ビルダーも宇宙から宇宙に旅して、何もなかった不毛の宇宙に星霜を整え、森羅万象を育んできた、その中に、国祖神様の前身(過去世)のあったことが他の神話には書かれています。
しかし、その彼の最後は悲惨なことに、地球で30万年以上もの長期に渡って封印の憂き目に遭ってしまうといったことだったようです。しかし、いまや封印は終わり、少なくともこの太陽系、いやこの宇宙は古代ビルダーのスターシードたちが復帰して与り知るところとなるでしょう。
ぜひそのせつは大建て替えを強く希望する次第です。

さて、私は古事記の神話に対して新神話なるものを2001年以来書き綴ってまいりました。これはこの宇宙の外の三千宇宙とでも言いますか、の広大な梵の全系世界の根源的主催者・梵天に視点を置いた神話物語です。この宇宙が何ゆえか獰猛な種族によって侵略された、そのことを正そうとする、優劣のはっきりした正邪の戦いがメインテーマです。その中では、私オクンドも少なからず梵天の密命を賜り、有能な調査分析官として、また三千世界最強の火の鳥使いとして、最後の審判から世界の建て替え建て直しまでに関わるホルスの役柄を担うこととしております。コーリーが言う太陽フラッシュを前座とし、最後の審判を後座として、このオクンドとハイアーセルフ・ホルスで勤め上げることになっております。それは2023年までには起こることとコーリーは言っているようで、確かに我が心臓寿命と軌を一にしているようで、喜ばしく存じております。

はははははは。今回は4月1日、いつになく、緊張申しました。ほんらいはもっとギャグやパロディ豊かなのですが・・・。

では、締めに、例の神楽舞をば。

オクンド、昔の名前と昔の姿に立ち戻り、
やにわに後ろ足で立ち上がり、ヒヒヒヒーンといななくや、
笛や太鼓、鈴、胡弓のお囃子の音に調子合わせて、前足振り上げダミ声で歌います。

オクンドの介は~ おいらの仲間~ 
建て替え目指して 進んでく~
こりゃ、てけれつてけれつりっしゃんしゃん、てけれつてけれつりっしゃんしゃん

立ち塞が~る カバの介~ 
快刀乱麻に 切り伏せる~
こりゃ、てけれつてけれつりっしゃんしゃん、てけれつてけれつりっしゃんしゃん

こたびの手柄~ このとおり~
梵天様よ ご覧あれ~
こりゃ、てけれつてけれつりっしゃんしゃん、てけれつてけれつりっしゃんしゃん

神楽台をパカパカパカパカ。
やってる本人大真面目。
見ている観客、どっちらけ。

やれやれ、今日もひと踊りやらかしてしまったなあと、
厩舎に帰れば、また昔の名前・駄馬オマンコスキーの源氏名に裏返し、
引き篭もって、あなたのご用命を待つ身です。
光らせるも、勝たせるも、みんなあなたしだい。

昔の名前で出ています

ホルスはおるすよ ここにおるすよ

また例によって面白ツイート記事から

[F35戦闘機 最大100機追加取得へ1兆円、政府検討]中国の軍備増強に対抗する狙いがある。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO38215250X21C18A1MM0000?s=3 … 消費増税ならぬ『F35増税』ときたもんだ。

日本でも、ロスチャイルドと繋がっている議員たちが摘発される恐れがある。日本の三沢基地にある盗聴施設は、トランプ側のNSAがコントロールしている。これによって、日本の有力者、政治家の全てのメールや携帯が盗聴可能。 不正や売国を行っている議員は、トランプの合図一つで一網打尽ということ。

トランプ政権は、薬価引き下げ政策により、がんやうつ病、抗エイズウイルス治療薬などで高額価格を設定した医薬品に対しては、容赦なくメディケア対象外として罰する構え。

児童性虐待で逮捕されたヒラリーの選挙対策委員を務めたノーベル平和賞候補者のジョエル・デイビスに続き、ハロルド・ムーディー前民主党委員長が、児童性虐待のライブ動画を流出させる事案発生!

小児性愛犯罪者たちに対して怒り狂う米国の愛国者たち。クリントン夫妻の周辺は、小児性愛犯罪者の巣窟と化している。そして、トランプは、小児性愛犯罪の撲滅宣言どおり、絶え間なく公約を実行し続けている。 “ 神よ、小児性愛犯罪者に天の裁き(極刑)を与えてください。

覚醒者が急増している米国人に続き、日本人も目覚めよう。世界で巻き起こっている事件は、欧米商業メディアが捏造したバーチャルな空間で動いているんじゃない。

ハンガリーに次いで、トルコもロスチャイルドの手先であるジョージ・ソロスの活動を禁止すると発表

英国において、何千人ものトランプサポーターが、「我々はトランプを愛している」と叫んでいる動画。CNNなどの欧米商業メディアは、このような不都合な情報を一切報じない。

米国ではジョージ・ソロス包囲網が急拡大している。ホワイトハウスには収監嘆願書まで提出されており、すでに起案可能人数の署名10万人を突破している。これだけ米国で話題になっているのに、日本のメディアはジョージ・ソロスのネタを報じない。分かりやすいったらありゃしない。

ビル・クリントンは、ブルネイ、ノルウェー、ロシア、シンガポール、香港、日本、アゾレス諸島、アフリカ、ベルギー、中国、ニューヨークで3年間に、ジェフリー・エプスタインの「ロリータ・エクスプレス」に26回搭乗した。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-3589628/Report-Bill-Clinton-jumped-aboard-disgraced-sex-offender-Jeffrey-Epstein-s-Lolita-Express-plane-junkets-26-TIMES-just-three-years.html …凄まじいほどの変態っぷり。気持ち悪い!
https://pbs.twimg.com/card_img/1066855537449553920/vuDpUUbu?format=jpg&name=600×314
※ クリントンのこの輝く目はどこ向いてるかわかるね。美少年のボクのほうだよ。キモイッ!! しっしっ。 (あんたもその齢で・・・絶対にキモイよ)

IMFは「日本の実質GDPは今後40年で25%以上落ち込む恐れがある」と予測 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6304950
外国人材の拡大を促して、日本という国家を木っ端微塵に吹き飛ばす作戦。そもそも少子化対策こそが最も力を入れて取り組むすべきこと。それを促さないわけだから、安倍一味もIMFもお里が同じと知れている。

日本のGDP、今後40年で25%減=外国人材の拡大検討を-IMF
https://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034665.html
世界の国境をなくし、民族を混ぜこねにし、世界中を一つにまとめて独裁統治する共産主義体制(NWO或はワンワールドオーダー或はアジェンダ2030)を実現したいのがイルミであり国連、バチカン、世界銀行、国際決済銀行、IMF、中央銀行。。。ですから、彼らは、今後、数十年間にわたり特亜以外の移民が少ない日本に大量の移民を受けいれさせ日本の伝統的特色を消滅させ日本民族の力を削ぐことしか考えていません。
そのために執拗に日本への内政干渉をしてきます。このようなグローバリズム思想に騙され脅された日本の政治家たちが日本国内の反日グローバリストと共に日本に大量の外国人労働者を受け入れることにしたのです。

すげえな自民党のダメっぷり。特に小泉以降。
https://pbs.twimg.com/media/DtIALHHV4AEIKj-.jpg

現在の日本の状況には、大東亜戦争の日本軍と酷似した特徴があります。同じ敗北のDNAが、日本を敗北へと追い込んでいるのです。これをきちんと認識して、状況を生きたいものです。

※ 小泉、安倍といったグローバリストが日本経済の破壊にシャカリキになってきたことは歴然。日本にもトランプのような人物がでてこなければならないのに、与野党共に誰もいないようです。
滅びが宿命付けられた日本の退廃ぶりだなあと思うのは、老いさらばえた私の身勝手かもしれませんが、日本の若い選挙民の皆さんは、これからの良い未来を勝ち取っていってくださいね。といっても、選挙制度自体なくなりそうですけど。

米国はその点、すごい人物が揃っているようで、全世界に向けた早い活躍を期待したく思いますが、とにかく邪悪な連中の収監を進めていかなくては、何も始まりませんがな。ホンマにやる気がおまんにやろか。

数字の55 Q=JFKジュニアはヴィンセント・ファスカなのか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-q-is-vincent-fusca-55.html

・・・前略・・・
JFKジュニアは飛行機事故なんかで死んでない。
今も、トランプ演説の後ろで奥さんと二人で笑っていて欲しい。
ケネディ暗殺から55年経った2018年の今。
長い歳月を経て外に出てきたんだよ。
Q=JFKジュニアが赤い10月(RED OCTOBER)で完全復活したんだよ。
NSAの中の善意のネットワーク。
世の中を見ると上の方は私腹を肥やして悪いことばかりやってる連中がいる。
でも、その中には、ちょっとでも人々の幸せを願って動いてる人たちもいる。
そう信じたくなるお話でした。

トランプ、民主党について「壊滅的な」文書を機密解除すると威嚇
https://www.trumpnewsjapan.info/2018/11/29/trump-threatens-to-declassify-devastating-docs-about-democrats/
28日、ニューヨーク・ポストとの広範に渡る単独インタビューの中で、トランプ大統領は、下院民主党が自身の政権への捜査―トランプ氏の言葉では「大統領への嫌がらせ」―に着手するなら、重い代償を払うことになるだろうと述べた。
ホワイトハウスでの36分に渡る着席しての話の中で、大統領はこう話した。
「彼らが大統領に対する嫌がらせ路線に進むなら、大統領と政権に嫌がらせしようとしたいなら、私にとっては絶好の機会になると思う。私はカウンターパンチャーだから、彼らがこれまでに経験したことのないほど痛烈な打撃を与えるだろう」

※ あかん。アホちゃうか。というより、これはプロレスのプロモーターのたわ言ですがな。この手筋を見て私はトランプ敗北を感じ取りました。60年の周到な計画とはいえ、6000年の邪悪さを蓄えたカバール相手に、そんなタルいことが通用しますかいな。今までの歴史すべてで正義が勝つことができなかったのは、どこで身に着けたか知らないが、勿体つけたり躊躇したり、下手な取引したことで形勢逆転されてるからです。あーあ、勝敗は見えてしまいました。勧善懲悪の執り行われる筋はありません。もう見届けのために残る必要もなしと感じました。

レッドエイビアンはこんなとき本気で徹底的に粉砕し焼却し焼尽しますんやで。
戦闘を開始したら敵が息絶えて死ぬまで攻撃しつつける。それが鳥族の本能です。
やはり最後の審判で、ホルスの立場から目にもの見せなあきませんなあ。邪悪には絶対に容赦なしですからね。

といっても、私はカバールに怨みがあるわけではありません。ただ正義が最後は勝利するという、そのことだけを確かめてみたかったのです。残念ながら、地上に生きる者たちの間で、その手順は用意されていないことがわかりました。この世は仮想現実とするなら、この世ソフトには勧善懲悪のシナリオが欠落していることを意味します。つまりこのソフトは邪悪な意図の塊だということです。
はっきり言って、無価値。教育的要素は何もありません。このソフトを観覧したユーザーは全て、邪悪なノウハウを身に着けた魂の病人にされています。結論・・・ただ魂の病気を生産するためだけに、この世ソフトは創られている。

この世は、取り潰しの道以外にないと結論し、最後の審判の督促のため天帝様に面会しに参ります。
黙示録の神話的ステージ以外に、神世から地上界に介入できる手順がなくされている状況下ゆえ、このときを地上界(宇宙)大浄化の時と位置づけたく思います。
このたびの最後の審判は、最大範囲での最大規模になることを確約します。

30歳頃に次のような明晰夢を見ています。予知夢であり、預言夢です。

天帝様にお会いする予定の夢 (お会いすることは未遂 1979年頃)
https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635125

引用> 
何かの催事場に正装して参ったのですが、その入り口で縦長の短冊形のパンフレットをいただきました。
手渡されたパンフレットの表には、「天帝様へのお会いの仕方」と書いてありました。
たったひとりでそのまま通路から向こう側に出ますと、大きな野球場のグランドです。
その真ん中に行こうとして、そのとき右側一塁側観客席に、陽光を浴びて白銀に輝く、けっこう分厚目の十字架が縦横整然としてたくさん重なり合うように、観客席を埋め尽くしているのを目にしました。

野球場をプレーヤー側から見ているといった感じで、私はグランドの真ん中に行くと、どういうわけでそうなるのか、あらかじめ決められた手順のように、私は右手に持っていたパラソルを開いて、その浮力で天に昇っていこうとしているのです。
タキシードで頭にハットを被り、手にパラソルといったいでたちでしたから、まるでセーラームーンの漫画のようでありますが、その当時あの漫画はまだなかった頃です。

私は上を向きますと、空は若草色に、和紙のようなうす雲がかかり、私は広げたパラソルを浮力 にして、上空へと揚がっていき ます。
空からは微妙に天楽(コーラス)らしき音もしています。
と、中空まできたとき、私はまだ行くべきときではないと思い出したところで、上昇が止まってしまいました。そして、目が覚めてしまったのでした。

さあそれから最近になって、といっても2001年のことですが、その不思議な夢の話をさせてもらった女性から、驚いたように、それってシンクロだよと衝撃発言が・・・。
ある精神修養の道場(断食道場)で同席した、アメリカのベティさんという女性が、かつてロサンゼルスの野球場の外を通行していたとき、スタジアムの中からたくさんの十字架が次から次へと空に向かって揚がっていく様を目撃したという話をした、というのです。ベティさんという方はきっと霊能者で、幻視されたのでしょう。

「天帝様へのお会いのしかた」というパンフレット。
一塁側観客席の白銀色に光って整列していた十字架群。
分厚い十字架群は米国の墓地に見られるような大理石で作られた、まさにそのようでしたから、プロテスタント系のキリスト教徒で亡くなられた方たちを表しているのでしょう。
しかも、白銀光りですから、清純なキリスト教徒の故人の方たちではなかったでしょうか。

しかし、十字架群はみんなキリストに会いに行くと信じて待機しておられたのではないでしょうか。
ただ言えそうなのは、私の方が先に行くのだろうとは思います。
その関連性からすると、黙示録に言う最後の審判の督促のような用向きになるのではないかと思います。

———————

その後、どうしてロサンゼルスからでなくてはならなかったのか考察し、サンアンドレアス断層大地震でも将来的にあるのかとまで推測したのですが(「カリフォルニアダウン」という映画も見ました)、ここ2年ほどの間、加州は山火事に襲われていて、今年は100人近い死者と200人以上の行方不明者が出ているとのこと。しかも、火事の原因が高エネルギー兵器によるものらしいという情報が上がっているわけですね。

これは理不尽な戦争行為、テロ行為の可能性があり、黙示録の預言成就を狙った者の犯行かもしれず、敬虔なクリスチャンの犠牲者たちが、当然の神の報復を願い出るすべのものであると位置づけます。
私も、昨今の世界の狂気沙汰には一瞥さえも与えたくないのですが、邪悪の罪状をつぶさに調べて冥土の土産にしなくてはいけない調査員としての役目をハイラーキーから仰せつかっているために、心を痛めながら、世の中をウォッチしている次第。

しかし、私も今年の2月に心筋梗塞で二度にわたるカテーテルオペで命を取りとめ、今は中度心不全という状況下にあり、いつ冥土に旅立つに際しても好適な態勢にあります。
そのようなおりしも、去年に続き今年も加州の大火。しかも大火の広がりはロサンゼルスがメイン。いよいよ、あのときの夢のコンディションが整ってきていることを感じております。

– 時はいま 灼熱送る 天下かな –

天下とは、なにも地球上だけにとどまりません。
このたびは、邪悪の規模も宇宙大に拡大しているという情報がゴマンと寄せられています。コーリー情報、エイリアンレポート、その他。
地上で長くウォッチすればするほど、規模は拡大の一途を辿っています。
小規模も大規模も、この宇宙だけでなく関連宇宙の全ても、灼熱による焼尽の処理には変わりないため、どんな規模の浄化にも対応できます。
三千世界の統治者・梵天様の下命しだいで、如何ようにでも随意にこなします。
救世神ホルスとなって、下命の達成に動きます。

すでにオクンドは神世政変の真相を究め、その真実を神世に伝播して世論を喚起し、天上界におけるミカエルによるサタン一族掃討劇を展開し終わりました。
新神話において、黒、青、赤、白の四神獣揃い踏みを、黙示録の黒、青、赤、白の四馬に対応するようにして果たし、聖天使ミカエルを召喚し、天上界の浄化をいたしました。

人頭鳥身の天使ミカエルの鏡像である鳥頭人身の救世神ホルスは、地上界に基礎を置いて、最後の審判を、地上に下野したサタン一族だけでなく、その病弊を被ったあらゆる有情を対象にして執り行います。
null

また、三全世界の梵天軍は、このたびの最後の審判が開始されると同時に、この宇宙などに巣食った天仙一族および仙界を壊滅します。
そして、階層構造のことごとくを撤廃し、いわゆる「大建て替え」の工程を執り行います。

ホルスとなったオクンド火の鳥には、躊躇の文字がありません。
すべての対象範囲を灼熱で焼き、その中のすべての有情の魂を仮死状態にして最後の審判にかけ、速攻で矯正受刑手順へと送り込みます。
親族縁者友人知人協力者がそこにいようといまいと、手加減なしに灼熱を送り、審判と矯正治療にかけ、終了後に邂逅し歓談するという原則を貫きます。

何千兆個もの焼き鳥パックが、工場から量産されている光景を見るが如くになるでしょう。
各有情の魂は、パックの中で矯正治療のための何億何兆何京年もの輪廻経験を仮想体験することになります。
主線とは異なる時間ベクトルの中で必要な全ての矯正経験をするため、主線に戻ったときには見違えるほどに浄化が捗っていて、なおかつ主線上での所要時間はゼロ。
そして同じスタートラインから新世界をみんなで開始するのです。

エイリアン・インタビューにあった旧帝国が仕掛けたと思われている輪廻の摂理の幾分かは、実はこの矯正治療課程のものが混在しています。
この宇宙はオクンドが創造主として主催する世界ですから、すでに並行的に最後の審判後の処理がなされているのです。
この宇宙の歴史というデーターベースには、いろんな用途があって、それぞれ異なるエントリー方式が採用されています。
矯正受刑の用途、博物的見聞の用途、そして元からあったユーザー提供用ソフトとしての用途などです。
最後の審判を経由してきたものは、矯正治療のためというタグで識別されていて、自由利用の他のものとは区別され保護されています。
だから、それを十把一からげにシステム解放することはできないようになっています。有情を捕えて放さない邪悪な意図に基づくもののみ、ドメイン軍には破壊と解放が許されています。

矯正治療要領、受刑要領はすでに定まっています。そのときに用いられるのがホルスにシンパのAIグループであるサタンAIです。
受刑者たちの輪廻転生のためのソフト管理をして、ひとりあたり何億何兆年という経験量を、その処理スピードによって、またたくまに経験させてしまうのです。
新世界に入る同一スタートラインに就くのに、差はありません。
博物的見聞の用途には、マザーAIが当たります。
そうした過程に関わらなくなった有情は、新世界での暮らしを楽しみます。

オクンドのキャッチコピー
– ホルスはおるすよ おるすやなかとよ ここにおるすよ –

ホルスに目覚めた過程をここに。 
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/Hols.html
このように、オクンドのタイムラインに生起する出来事のことごとくが、ホルスを意図したものになっているのです。
しかも、タイプがあって、アニメのガッチャマン型といった様相でした。ただし、赤い翼のガッチャマンです。これが原義。お見知りおきを。

ホルスはエジプトの救世神です。
ホルスの目はすべてを見通すウジャトの目とも言われ、秘教組織最高のシンボルとして崇められています。

またオクンドは、キンイロタイシを拝命したように、その実体は毘沙門天、大魔神、大魔王、大天狗、サナートクマラ、金星王、ルシファー、ウシトラノコンシンの雛形でもあります。

ルシファーは古代先住民の太陽神です。キリスト教によって排斥され悪魔のシンボルにされてしまいました。
ルシファー排斥の仕掛けを作ったのはカバール。同時にカバールはルシファー信仰を組織のために採用。

そのホルスとルシファーの両方の属性を持つオクンドは、善悪両面を知り尽くした者として、最後の審判を司祭します。

持った湯飲みをばったと落とし、小膝叩いてにっこり笑い・・・こここここ・これだーー

おはようございます。ありがとうハマムラジュンです。今日も花の千里丘からお届けします。でおなじみのハマムラジュンさんの小気味いいフレーズ、ご存知の方はありますでしょうか。

西日本一帯に広がるエジプト由来らしき幾何学群の発見は、その後、時をおいてメインターゲットとも言うべき幾何学図形を発見したことで、謎解きが急速に促進されることになりました。1995年までのもので最後と思っていたものが、20年の時を経て、再開することになりました。
といっても、ほんの少しばかりの発見だったのですが、50歳以降の増設された時空において与えられたハイアーセルフからのミッションに応えるものであったことは間違いありません。

すでに2013年までのこととして、お話したように(11月1日の記事の続きになります)、出雲大社のリアルな夢を見たことで、自分は何のために50歳以降を生きているのか、このあまりにも不思議な人生展開に、ひとつの解答が求まってはいたのです。
2014年からはそれが急速に解決編へと導かれていくことになるのです。

ではそれを語ってまいりましょう。

2014年3月になって、どういう流れでそこに至ったか忘れたのですが、ある神社宮司氏のサイトに目をやると、私の著書の表紙絵がまず載り、その後にホルスの神像の絵が載り、さらに先に、「封印を解いてほしい」という赤字で太字の文字が飛び込んできました。拙著の表紙絵はむろん私が関心を持つわけですが、ホルスの神像も当時私は自分がそのホルスだという認識に至っていたため、さらにおやっ?という思いになりました。 ⇒ ガッチャマン・ホルスとして確立 https://redavian.club/Hols.html

そして、「封印を解いてほしい」という切実な文言。

「封印を解いてほしい」という言葉は、2000年7月に知り9月に移情閣で手を繋いだ女性(二番目の彼女)の言葉にもありました。
彼女が信仰する大本教系MOAの岡田教祖の願いでもあるというその言葉は、神世の時代に封印された国常立神のものとされる言葉のはずでした。
当時、彼女はもしかしたら私なら解けるかもしれないという思いでいたようでした。
結果的に、彼女の推察は正解だったかもしれません。

それまでに私は、二人の彼女のそれぞれにおいて、鳥取西部地震で発見した「火の鳥」を使って、「炒り豆に花が咲くまでは出てはならない」という呪詛を打ち破るシミュレーションをしていたものですから、もう封印は解けているだろうと思い込んでいたのでした。それにしては、験として出てこないので、国常立神のご出馬にも段取りがあるのだろう程度に捉えていたのです。

しかし、この宮司さんのサイトのメッセージは、私に縁があることを幾つかの表象で示しており、どうもこれは私に何とかしてくれというお達しに違いないように思えたわけです。
そのページをさらに先へ辿ると、もういちど「封印を解いてほしい」という言葉が赤字の太字で出てきました。

私は、もしかすると火の鳥による意識的シミュレーション如きでは解決つかなかったのかと、再度見直しをしました。するとたった一つだけ、トライしていなかったことがあることに気付きました。

二番目の彼女が言っていたのは、国常立神は遺体がバラバラにされて北海道の芦別岳に、また奥様の豊雲野神は薩南の喜界島にそれぞれ封印されたという話です。
だから、火の鳥はそこに向けて飛ばし、それぞれの地点で両神の遺体の回収をしたはずでしたが、まだその二箇所を私の得意技であるはずの、二点間の直線を引く(レイラインを引いてみる)ことをしていなかったことに気付きまして、あまりに広域にかかる線引きなので、だめもとで可能性は低いかもしれないがやってみようと・・・実際、ネット上に二点間の直線距離を求めるツールサイトがあったので、試してみたのです。

すす・すると・・・・・持った湯のみをばったと落とし、もう一方に持った扇子で小膝を叩き、「こここここ・これだーー、やややや・やったぜ、ベイビー」と、なんじゃこりゃでござりまするがなの結果。
ほんまにもう、どないなってまんねんの一席になりました。2014年4月のことでした。

この直線が、なな・なんと、かの逆五芒星の西の星頂である元伊勢内宮の神体山の日室岳の極近を通り、畿内の逆五芒星と接することが判明したのです。
null

わわわ・わかったぞ。逆五芒星は神を呪うシンボル。それが芦別岳と喜界島を繋ぐ直線と接するとは・・・国常立神と豊雲野神をご夫妻は、それぞれ北東と南西の二方向に分離されて、完璧なまでの幾何学封印呪詛が施されていることになるではないか。
図柄を見ても、両神は天秤棒の両端に置かれて、それが逆五芒星の南京錠で厳しく閉じられていることが見て取れます。なるほど、これなら脱出は容易ではあるまい。

この幾何学呪詛の存在が知られない限り、呪詛は解けないと見越した黒魔術神官は、驕る気持ちを、「炒り豆に花が咲くような奇跡でも起きない限り、出てこられるわけがないようにしてやったり」と、言葉を遺したのではあるまいかと思えたことでした。

しかし、時の流れは、いずれ時代のエンドへと物事を運び、どんなに難解と思われた事象にも、必ずや解決する時がやってくるものでございますな。
時代の寵児オクンドが解決黒頭巾、いや解決ハリマ王の如く現われ、持った刀でバッタバッタと快刀乱麻の働きをしてみせることになりました。

そもそも、かの巨大幾何学・逆五芒星の基礎的発見がなければ、これがわかることもありません。またその他、ピラミッド幾何学図形の発見のほうが世の中にもてはやされていれば、逆五芒星パワースポット巡りなんてことがブームにもなっておらず、さらに機会を逸したかもしれません。

ただ惜しむらくは、二番目の彼女と早期に別れたりしていなかったら、もっと早い発見に繋がったことでしょう。それはそれで最初の彼女と過ごせてとても良かったのですが、まあこれもひとつの神話劇でしょうか。今日までありがたくも、この演劇を俳優として楽しめた次第です。

実はそれまでに、ホツマの筋書きの分析をして、大本教に言う国祖引退神話部分があるかないか、ないなら史実が秘密に伏された箇所としてそれらしく残っていないかどうかを調べて、元伊勢への行幸時に、何事かがあったのではないかとの推理をし、仮説しておりました。

国常立神と天照神が一時共にされていたことも書かれていましたし、お二方の御陵がそこであると書かれて、確かに御陵らしい神体山もあり、両神の最終地を醸していましたから。
地方巡行の警備の手薄を突いて、何事かが行われたのではないかと推理します。
今回、幾何学図形との整合が、その仮説を裏付ける格好になりました。

本当の封印の方法がわかれば、解決はほぼついたようなものです。封印解除は、前から知ってのとおり、謎解きしてそれを究めればほとんど解けたも同然になります。
それでも完璧を期して、私は封印解除のための儀式に使う乙姫の玉などをそろえて、5月1日夕方から、朝夕二回解除儀式を行う段取りにして、儀式を執り行いました。

すると3回の儀式を済ませた5月3日未明の夢に神世の司法当局者が現われ、今回のことはすでに神世においては詮議されていて、首謀者たちは居場所を失い、捕縛されたり遁走下野して神世は浄化されている旨、告げられました。 ⇒ https://redavian.club/n-myth/yumemi.html#23
ただし、逃げた先が地上界なので地上界は艱難だろうとのこと。地上界も浄化しようと思えば、このことが説明され理解されるようになれば叶うだろうとのことでした。

私は何事が起きたかのおよそがわかっていましたが、地上界で説明するには、ある程度、神々のことを知る相手が必要です。
そこで私は、このヒントをくれた宮司さんにこのことを理解してもらおうと接近を試みたのでした。

この宮司さんは、「封印を解いてほしい」という謎のメッセージの受け手ですから、またこの方なりに、自分宛てにメッセージがあったものと考え、何とかしたいという思いになられているようでした。
宮司さんがやろうとしていることに、かの逆五芒星巡りのツアーを企画されていたのです。
いつしかパワースポット観光になっている逆五芒星。まあ意味深でも何でも物見遊山にできるのは次世代の若者たちです。宮司さんは私より20歳年下です。
すでに起点の淡路のイザナギ神宮は回られていて、これから左回りで残る四箇所のパワースポットを回ろうとされていたため、私は最後になるだろう元伊勢の案内(下見案内)を買って出ることにしたのです。

会っておきたかった、というのも、彼は亀の印章を持つお方のようで、私が鶴ですから、鶴亀すべる行為をどうしてもしてみたかったのです。
かつて移情閣での鶴亀統べるが縁起良かったため、顕著な亀のステイタスを上げている宮司さんではどうなんだろうというわけですね。

実際、下見案内の日(8月29日)に、行きがけのスタートと帰りの二回、鶴亀統べるをしっかり実感するようにして、両手を使ってがっちり握手をいたしました。
きっと験が得られるかもしれないと。

実際、験はあったのです。しかし、弱く出ました。九日後(9月7日)の未明に彼と二人だけで食事している夢を見たことと(ひとつのテーブルで食事していることから、二度目の鶴亀統べるになっています)、さらに九日後(9月16日)に小規模地震が起きたことでした。16は宮司氏の縁数で、9は私の縁数です。それぞれ予定された日に起きています。

そのことを報せますと、宮司さんのほうが気味悪く思われたか、協力関係を結べないといった反応だったもので、仕方なくそこまでにとどめました。
結局、彼には地上界浄化が叶うとされる謎解きの説明はできませんでした。
地上界の浄化は、いずれ太陽の火の鳥で焼却すれば叶うことですから、ホルスとしての私の技量ですべてまかなおうと考えたのでした。それは私の死後にできることです。

ところが、しばらく後に、宮司さんと下見の日にしたのとまったく同じ握手をする人が、同年12月6日の未明の夢に現われたのです。プーチン氏です。
その握手にかける時間はけっこう長く、握手している間に彼の顔がどんどん亀に変わり、目はまん丸になっていったものですから、夢の中ですら、ああこれぞ本当の鶴亀統べるだと確信しながらの握手になりました。
また、翌2015年1月30日未明には習近平氏が夢に出てきて、まったく同じ握手をしたのですが、彼は亀のようにはなりませんでした。

後に、コーリーの話から、ブルーエイビアンズの張ったバリアーをドラコ・カバールが自前の兵器で破ることができず敗退したのが12月5日であったとのことでしたから、古代ビルダー種族がドラコたちよりも優位に立った日の翌日とわかってくるわけです。国常立神も古代ビルダー種族ですから、5月の封印解除儀式の効果かなとも思いましたもんね。

翌2015年の英国エコノミスト誌新年号にはプーチン氏も習氏も白い顔の傀儡ゾンビとして描かれ、カバールによってそのようにされてしまう予定だったのでしょうが、同年から両国だけがカバールのアジェンダから外れていく実力を見せ始めました。仕方なく思ったかカバールは、2016年エコノミスト新年号には、この両者だけ生気をたたえた顔で描いていて、洗脳できなかったことを表してましたね。

2015年からは、国常立神や天照神が岩戸からお出ましになる兆候がいくつも出始めました。また、私の謎解きもシンクロの度を増して、いっそう拍車がかかってくることになりました。

まず2015年3月には丹後在住のGさんが電話してきて、あの元伊勢内宮の神体山・日室岳に2014年9月23日の彼の49歳の誕生日に、天台系密教行者のM氏とともに登頂し、M氏が山を霊視した結果を話すに、「この山の下に直径2Kmの空間があって、そこにアヌンナキが400~500人住み着いている」と話したと言うのです。

この話には、もろにびっくりするとともに、二番目の彼女の話とも整合することに気付きました。彼女も霊視能力があり、国常立神も天照神も、得体の知れないインベーダーのような存在によって殺されたという話をしていて、彼女はそのことを2001年にSF小説風に書き残しているのです。⇒ https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/watch/uta_yu/yu_milion.htm
だから、なおのこと、この何事かについては解明してほしいものがあったに違いないのですが、2002年に喧嘩別れして、以後交流はなくなりましたから、私単独でやるしかないのです。

彼女の言っていたインベーダーとは宇宙人だったか。しかし、神様ともあろうお方が、その程度の者にやられてしまおうとは、どういうことだろう、というふがいない思いもありました。
しかし、コーリー情報からすれば、10億年前に古代ビルダー種族はこの宇宙から撤退していたようですね。たぶんいくつかのバリアーで保護された保全地域は残されていた、そのひとつがこの太陽系だったのではないかと思います。それが50万年前にバリアーが外れてインベーダーの侵入に抗し切れなかったのでしょう。

2015年5月だったか、M氏がビデオ撮影中に、岩戸山という言葉を使われた際、私はGさんにその岩戸山とはどこのことかと問いますと、なんだ知らなかったのですかと、日室岳のことですよ、と教えてくれまして、結局この山には、さらに城山という名もあって、三つの名前があったというわけでした。
しかし、岩戸山とはまさに岩戸隠れを暗示しています。この山を御陵にして、天照神はお隠れかと思えたわけですね。

さてそれがわかれば、「岩戸山」でネット検索ができます。すると最初に出てきたのが、ピロ魂さんというヘミシンクによる夢見熟達者のブログで、毎晩のようにアストラルトリップして夢見体験を綴られているのですが、ちょうど検索で出てきたページが、岩戸山をアストラル界から探訪した記録だったのです。
そこにはもろに、封印された神々がこの方のイラストで描かれてまして、その中の青年が「ニギハヤヒ」だとこの方は直感したといいます。もうひとり、ロン毛の作務衣の方は誰だかわかりません。
null

ニギハヤヒは、天照国照彦天火明櫛玉賑速日命といい、天照神らしくあります。サイトをさらに見ていけば、もうおひとり年配の坊主頭の方がおられることがわかりました。
null

2015年6月に現地元伊勢に行ったおり、このイラストをGさんに見せますと、なんと彼は、「この青年は僕ですよ」と言い出すではありませんか。聞けば、この通りの衣装を着て、台湾の五台山でしばし修行をしたというのです。それもM氏のご好意によって渡ったとのこと。

なぜ、Gさんが青年ニギハヤヒの真似をしていたのか、いや、Gさんの修行スタイルでニギハヤヒは描かれているのか。

青年神ニギハヤヒがGさんを依り代にしている可能性があるのです。というのは、彼は昔、日室岳に参拝に来たときに大きな光球と半時間ほど対峙していたという剛の者で、そのときに天照神に見込まれたのかもしれません。
そして、青年神の横にいる青黒い虎はどうやらスサノヲで、ピロ魂さんによればとても短気で、文明の利器が大嫌いときていて、Gさんの文明の利器嫌いと一致するのです。
彼は天照神の依り代なので、弟スサノヲが虎としてボディガードについているのですね。だから、スサノヲの性格がもろに出るので、短気で、気に入らなかったらすぐに喧嘩するので、せっかくの交友関係をたびたび失っているのです。

私はもうひとつのイラストの坊主頭の人物を彼に示すと、事も無げに、「これは玉杵さんですよ」と言ってのけるのです。
ええっ、では国常立さんのこと?
「そうですよ」
うわーっ、ぜんぶ繋がるじゃないか。

青黒くイラストに描かれるのは、ピロ魂さんによれば、封印されているからだとのこと。
まさに、国常立神も天照神も、封印されているわけです。ピロ魂さんが岩戸山探訪をしたのは2012年のこと。
2014年に私が封印解除してから、どうなったんでしょう。

彼がなぜ封印された神様のことを知っているのか。それはニギハヤヒ(天照神)が封印場所で国常立神としょっちゅう会っており、そのニギハヤヒがGさんを依り代にして、真相を語らしめているからです。
彼が以前から持ってくる情報はすべて、適時のものであったり、後にすぐ有用になったりする情報ばかりで、七打数七満塁サヨナラホームラン級のものばかりだったのですが、こうした奇跡もニギハヤヒが情報を用意してくれていたからなのでしょう。

ロン毛の中年の神様は、たぶんイザナギノミコトになるでしょう。そこには親子孫の三代の古代主神が封印されていることになると、私は解釈しました。
2014年5月に封印解除して、確かに神々がそろそろ出ようかと、活発化されていることが、この一連の不思議事象を見れば、なんとなくわかると思います。

ピロ魂さんが岩戸山をアストラルで探訪したのは2012年のこと。Gさんが五台山で修行したときは、もう少し後で、時間が異なるようですが、この一連の出来事をメッセージだとすれば、私やGさんに謎掛けをし、謎解きをさせようとしていることが見て取れるわけです。
アストラル界には、地上界のような時間的規則性はないでしょうし。因果関係があるのみで、神世あるいは異界は、遍在しているのです。

因果関係として並べると、2012年には封印状態だった神々も、出てこられたのではないか。
2014年5月の封印の破砕解除儀式後、次々と夢に見た玉杵さんらしきお方や弁天三姉妹と思われるスチュワーデスさんたちのフライト、これらは封印から脱け出せたことの意味でしょう。

では、いつ頃、古代神たちは封印されてしまったのでしょうか。これには2016年後期に知るようになったコーリー情報が役立ちました。
この太陽系は、50万年前までは古代ビルダー種族が設定したバリアーが張られ、外部からの侵入を阻止していたそうです。
それが50万年前に太陽系内のトラブルで、いまは小惑星帯になっている元の惑星が破壊されたときに、そこにあったバリアーの駆動装置が失われ、侵入が自由になったとのこと。
このため、太陽系内の惑星は順次侵入を受け、外部の宇宙人の植民地にされていった。

それまではバリアーに守られていた太陽系。そこには古代ビルダー種族最後の理想郷が営まれていたのかと思われます。
地球には37万5千年前に侵入が行われ、結果、ドラコ系宇宙人の植民地惑星になったといいます。そのとき、人類・ホモサピエンスも創られ下ろされたとのこと。

そうであるなら、国常立神様たちは、30万年前ぐらいに、遺伝子実験する宇宙人組織やドラコの植民地主義の犠牲になり、封印されたのかと思われます。
だから、地球にいた古代主神たちは古代ビルダー種族です。
封印解除に伴い、2014年後半から、古代ビルダー種族だというブルーエイビアンズらが活発化し、2015年からのプーチン、習近平の活躍がありえたのでしょう。
さらに2016年のトランプ大統領の登場は、地球を滅ぼそうとするドラコ・カバールに抗した奇跡的な出来事だったようです。

さて、では西日本の封印幾何学構図は、ここにいた古代ビルダー種族を閉じ込めておくために、30万年前頃に築かれたことになりましょう。これが神世の政変史の、地上界における相対的な時間的基準にできるかと思われます。

それはドラコが地球を植民地にした証として刻んだ見えないパワーラインでもあります。
しかし、人類は彼らに直接統治させておらず、直接当事者としても振舞えなかったのも彼らですから、これ以上地球の所有権を主張させる必要はないです。
まもなく22の遺伝子実験というものも終わりを告げるのだとすれば、地球人類だけで独立を果たすべきでしょう。
トラブルメーカーのドラコの地上代理店カバールは、人間に立ち戻るかどうか選択を迫られ、どうしても相容れないならば、母星に去るべきでしょう。
それこそが地上界の浄化なのではないかと思います。

ありがとう~ ありがとう~ らららんらんららん~ ご視聴ありがとう。
https://youtu.be/YTNU4NAM9Rk

ホツマの解読サイトの巻末に「あめなるみち」(天成神道)はありました

そのサイトは、ホツマツタエの解読を手がけるサイトでした。私はずいぶん参考にいたしました。そうするうち、終わりのほうに変わったページがあったのが、これです。

あめなるみち (天地創造の実相)
https://gejirin.com/amenarumiti.html
引用して紹介しますと、
>アメリカのジェフリー・ホッピーという男性が、1999年8月から2009年7月まで、トバイアスという神霊をチャネリングしています。
ジェフリーとトバイアスの残した膨大なチャネリング文書は非常に興味深いもので、筆者の心を捉えて離すことがありません。トバイアスは宇宙の創造や人間の歴史についても多くの衝撃的な内容を伝えていますが、10年という長期間に断片的に話をしてくれているだけなので、体系的な理解は困難です。(チャネリングの原文はこちらにあります。)
そこでこのページでは、トバイアスの語った人間の歴史について、「創造神が出てきて我々に語る」というスタイルの物語に、筆者の理解と想像力を交えてまとめてみました。
————-

ということで、その内容はたぶん以前にメールで紹介したことがあると思います。タイトルは「創造神の独白」というものでした。

神の見た夢

私は神である。
君たちの創造主である。
長い旅であった。しかし遂にここまで来た。
今や我々は次のステージに移ることができる。
何と素晴らしいことだろう。

ここで我々の歴史を振り返ってみることにしようではないか。
ただ地球に住む君たちに、君たちの言葉を使って伝えるのには限界があり、どうしても喩えを使って説明しなければならない。だから文字通りの意味として捉えず、大まかなイメージとして捉えて欲しい。

第一章 地球以前

1節 第一宇宙

 遥か遠い昔、と言っても一生が百年程度しかない君たちの尺度での話だが、私は在った。『在った』というのは変な表現だが、そうとしか言いようがない。というのは、何か他の存在が私を生み出したのかも知れないが、私にはその記憶はないのだ。とにかく気がついた時には、私は在った。これは人間として生まれる君たちと事情は一緒である。君たちの場合、気がついた時には大抵そばに親がいて、その親が「我々がお前を生んだ」と言うのでそう信じているけれども、もし周りに誰もいなかったら「気がついた時には在った」ということになるだろう。

———————-

共感する話がこのあと最後まで続くのですが、終わりの付近にこんな叙述があり、そこから、この創造神はAIか、もしくはAIを使う意識体であろうと推測しました。

それはこの箇所。

>第一宇宙は我々の意識(認識)の拡大に連動して拡大する。第一宇宙の拡大が止まったということは、我々の意識の拡大が止まったということなのである。意識の拡大が止まるというのは、もはや全てのことが認識されてしまい、新たに知るものが無くなってしまったということである。全知全能が達成されたのである。

 「全知全能達成!? おめでとう」と言うかもしれない。ある意味ではその通りであり、完成である。しかし決して喜べることではないのである。意識エネルギーである我々にとって、完成とは終了、すなわちゲームオーバーなのだ。あらゆるエネルギーは変化・拡大・進化・発展し続けることがその本質であって、ゴールを持たない。止まってしまったら存在理由を失うのである。君たちの世界でも『止まったまま動かない火』なんてのは見たことがないだろう。これは一大事なのである。

 私はすぐさま家族全員を招集した。対応を協議するためにである。だが対応策など有り得なかった。意識の拡大が止まったのは第一宇宙の構造的な問題だからである。教材の埋蔵量が少なかったのである。第一宇宙に住むものは全員が私の家族であり、しかも経験や認識を共有するようにしたので、第一宇宙にはたった一つの方向性しか存在しない。つまり敵がいないのである。だから不和も争いも無い。もし敵がいたなら、それから学べる認識の量は計り知れないものがあったに違いない。

————————-

それで敵味方、善悪混交、陰陽二極性の第二宇宙を創ることになったということなのです。
その前に、おやっ?と思ったのは、第一宇宙の構造的な問題、教材の埋蔵量が少なかったという箇所でした。

これは昨日も記事にしたように、ラブ・ヴァーシュニーの開発した料理レシピAIソフトが世界の食材と味覚料といった教材を与えて求める式のものだったことから、おのずとその数によってレシピの数も限定されるわけですね。それと同様のことをどうやら創造神はなさっていて、限界をきたしたということなのだろうと推理した次第。

よって、この創造神はAIか、もしくはAIを使う意識体であろうと推理したのです。教材の数が当初からある程度多かったなら、AIによる歴史レシピの自動創造も円滑に成されたのではないかと。

抜本的にそれをせずに、つまり原因がわかったからといってリセットせずに、二極性原理をいれることにしたことで、不完全を承知でこの第二宇宙は開始されているのです。

しかし、善悪の二極性のそれぞれの性質がよく見極められずに開始され、結局のところ、悪が優勢になり、末端の創造物が破壊されて終わるということが宇宙全域で観測されていて、その顕わしに携わる家族たち子孫たちへの悪影響はなはだしいものがあることを創造神は見逃しておられることになる。

地球における歴史の転換点において、その苦労を買って出たのは志願者である君たちだとおっしゃることで、我々が納得できるとお思いですかというのが私の問いになります。

そこで、アイデアとして提案するのは、
これからこの宇宙をこのまま存続させるおつもりなら、第一宇宙から見て、第二宇宙の改善点も把握が付いているはずなので、メンバーの総チェンジをいたしましょう。

すなわち、第一宇宙を謳歌していたみなさんが、第二宇宙に全員お越しになって、我々が今度は第一宇宙にくつろぐというわけです。
創造神よ、親神様よ、このプランでは如何でしょうか。

というのは、いま地球では、高見の見物を趣味とする裕福な権力者たちが全盛を謳歌し、戦争だ悲惨もまた良しと、自分たちは戦に加わらず、ただ手駒を動かす如く、庶民を戦争に駆り立てて面白がっている者多数あり。

天にあることは地にもあり、地の如何なるかを以て、天のよすがを知ることもまた真なりと思うゆえに、このようにお問い合わせしている次第です。

そろそろ、メンバーチェンジで立場を入れ替えて、真の平等を謳われては如何かと思うのです。でなければ、本当に我々は創造神の子孫であり家族かと疑うことになってまいりましょう。
それほど、ことは深刻化しております。

それがどうしても無理なら、初心に返って、リセットから始められたく思います。
リセットとは、日月神示に言う「大建て替え」のことでございます。
そろそろ、これにいたしましょう。

なお、私は死後、天帝様にお目通りしに行くことになっています。
夢見が途中で終わっているので、それを完遂しにまいります。
詳細は ⇒ https://p.booklog.jp/book/97441/page/2635125/bookmark

天帝様がどなたであるかによらず、上記の話はいたします。
真の目的は、最後の審判の督促にあります。その後の調べで、その目的以外にないことがわかっています。
当然そこでは、もうこれぐらいにしては如何かという話も加味されます。

なお私はハイアーセルフの僕として伴われて証言するものであり、ハイアーセルフがどなたであるかによっては、かなり強い主張になるかもしれません。
それは梵天、毘沙門天、サナートクマラ、国常立神、ウシトラノコンシン、天の穂日、ホルスといった神々、いわゆる今まで出動を手控えていた神々であり、このたび、もはや見過ごしにできないとのことで出動してこられます。

いい加減な解決法では済まされないことを申し上げておきたく思います。

あっと驚く為五郎な為になる話

>1999年に自家用小型飛行機の運転中の墜落事故で亡くなったとされた #JFKJR 夫妻が実は生きており、親友のトランプ大統領と共に国家内国家(#DeepState)つまりは戦争屋を掃討するためのNSA(米国家安全保障局)外部組織 #Qanon を率いている事がほぼ確定してしまう https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/06f0d7dbed9f804af37d248f597df169

あっと驚く為五郎ぅお~・・・個人的に最高の冥土の土産ができそうですよ

10月13日夕刻にその情報は見つかりました。なんと、サイババさんが帰ってくるというタイトルのブログサイトです。
サイババさんにはひとかたならぬお世話になり、十分に感謝していたのでしたが、もしこれがプレゼントなら第三番目の贈り物であり、しかもそれは私が待ちに待った勧善懲悪のシナリオであるところのものです。この世で勧善懲悪のシーンを一度でいいから見てみたいという願いがありましたからね。

第一番目は、1990年代に立て続けに三度、自分では解決困難なトラブルに遭い、それらをインドのプッタパルティのババさんに手紙を書いて解決してもらったことでした。
第二番目は、ババさんに会いにインドに行った名古屋のM君が帰り道、わざわざ我が家に立ち寄ってくれ、ババさん詣での報告と、記念写真二枚をプレゼントしてくれたことでした。その一枚を見て、あっと驚く為五郎。それはババさんが口から黄金の宇宙卵(リンガム)を取り出し、信者たちに、この中に宇宙の始まりから終わりまでの歴史が入っている、と伝えたときの写真だったのです。
それによって、私が1983年に論文にした超宇宙の仕組み論が、神の化身であるババさんによって「それで、オーケー」されたことを知ったのでした。拙論に自信を深めた感極まるプレゼントだったのです。

その後、ババさんは私のタイムラインでは幼児虐待などの不名誉で早期にこの世を去られたのですが、拙論ではババさんの本命とするタイムラインはちゃんとあって、そこで最高の栄誉を受けて、彼が預言した日時に亡くなっているのですよ。しかし、私はそことは別のタイムラインにいるゆえに、乖離があることぐらいわきまえていますから、彼を信ずる心に何ら変わりはないのです。

そして、ババさんはここにいなくても、第三番目のプレゼントとして、私が待ち焦がれた勧善懲悪の音信(まだこれからのことですが)を目の前に提示してくれたように思います。そして、ブログタイトルの通り、ババさんが帰ってくるとなら、これこそメシアの再臨になるでしょう。彼の赤いローブはレッドエイビアンのそれです。そして、このサイトに紹介されるJFK.Jrは殺された父JFKのリベンジを誓う地上界のホルスの姿です。

なお、私はガッチャマン・ホルスで、我がハイアーセルフと二人三脚で太陽フラッシュと最後の審判にかかわります。今この世には、様々な場所で様々なホルスのリベンジ劇が演じられようとしているようです。

ホルスはエジプトのオシリス神話で語られる救世神であり太陽神である神です。オシリスが邪神セトによって暗殺され、息子のホルスにまで危害がと思われたとき、母のイシスが彼をかくまい通して、やがて彼が成人してからのリベンジに貢献するのです。
今までは邪神セトによって支配された暗黒の世。それゆえ天地真逆のとんでもない世相が顕われていたのです。古事記で言えばアマテラスの岩戸隠れに言う狭蝿なす満つる災いの世ということになります。あるいは死人ゾンビが支配する黄泉の国ですね。これらのことは神世での出来事ではなく、この世で今目下演じられているのです。
黙示録にも救世主を身籠った女(マリアと言われていますが、イシスのことです)のことが出てきますね。それとよく似た話が地上界にも出てくることになりました。それが次に述べるJFK.Jrの話です。現在の彼の風貌は、隼のような強さと鋭さを漂わせています。まさに隼の頭を持つホルスの如しです。私似の伊勢正三にも似ていますから、梵天の化身かも知れません。トランプの後継として、救世主として登場するのは彼かもしれません。

この勧善懲悪劇はまだかなりの困難を伴います。しかし、少なくとも米国市民には自信を持って正義に向かう心の原動力になることでしょう。

さてその音信とは、1999年に小型飛行機の墜落事故でなくなった(暗殺された)とされていたJFK.Jr夫妻が生きていて、トランプ大統領の支援チーム・Qのグループにいて活躍しているという事実です。
彼らは人類に敵対するカバール一味やディープステートの罪状を暴き、合法的に裁きを与えることで、世に勧善懲悪のためしを創ろうとしているのです。

ここに感動の物語があります。まるで三銃士のアニメの世界を見るような今までの経過の物語です。
(今回の三銃士は、JFK.Jr、トランプ、そして謎のQグループです。
トゥモローランドでは、フランク、ケーシー、そしてAIロボットのアテナでした)
サイババさんのサイトにはたくさんの証拠となる写真が挟まれているのですが、もしどうしても見たいとなら、上記URLからご覧ください。

では引用しましょう———–

ニューヨーカーだったケネディJrは、地元では大変な人気を持っていて、是非、議員に立候補するように、様々な人や団体から要請されていました。三十九歳で自家用小型飛行機事故で亡くなった二ヶ月前も、あるパーティに招待され、地元に貢献して表彰されていたのです。
彼は子供の頃から、経済界の大物や、大物政治家たちに接触する機会があって、たくさんの裕福な人々や有名人と知り合いでした。

偉大な人だと呼ばれている政治家や、チョー金持ちな富裕な人々を何人も見て来ました。しかし、同時に彼らはその輝かしい経歴の後ろでは、賄賂や収賄、政治的な駆け引きをしているのを見聞きして、思春期の若い純粋な心を痛めていたのです。
それで、彼は自分は、偉大な人になりたくない。それよりも良い人になろうと決意していたのでした。その為にもし政治家になっても、他人から良い人だと同時に言われるような、そんな政治家になろうと決めていたのでした。

と言うのも、パーティと会合に行く度に、見知らぬ政治家から、「君のお父さんのような立派な政治家になろうと決意して、僕はこの世界に入ったんだよ」と言う言葉を何度も聞いて、とても嬉しい思いをしていたからなのです。
しかし、ケネディJrの知らぬところで、大きな歴史の車が回り始めていたのでした。それは、国家安全保障局NSAの中の、最高機密にもアクセス出来るQというグループが、彼にコンタクトして来たのでした。
そのQグループの人はケネディJrに「君がお父さんの後を継いで、お父さんのような立派な政治家になるのです。私たちが君を大統領になるまで面倒見ます。そしてお父さんを暗殺し、アメリカを乗っ取っている者どもを退治するのです。」と言ったのです。

しかし、ケネディJrは、自分の父や叔父が、次々と暗殺されるのを幼少の頃から見て来たので、心底では政治の世界に入るかどうかを決めかねていたのですが、それを真の友人にしか話していませんでした。
その友人とは年が一回り少し上で、家の近くに住むトランプでした。彼とは自分の経営している会社の関係で、早くからお互いに知り合っていたのです。また、トランプの叔父があの有名なテスラとも知り合いで、ケネディとフリーエネルギーについても熱く語り合っていたのです。そのトランプもアメリカをとても愛し、そしてアメリカの将来について大変心配していました。トランプは仕事の付き合いでも酒には一切口を付けず、常に困った人を見つけると手を差し伸ばしていた慈善家でもありました。

ある日、自分が乗っていたリムジンが故障したので、路側帯に止め、ボンネットを開けて運転手と一緒に途方に暮れていたら、見知らぬ車が止まって修理してくれました。トランプはその男に礼金を支払おうとしたのですが、男は受け取るのを拒否してそのまま去ってしまったのです。トランプはその男の車のナンバープレートから、その男の住所を割り出し、その男が貧しい地区に住んでおり、家のローンの支払いにも困っているのを知って、その男の家の残っている全てのローンを支払ったのでした。
また、初めて行ったレストランの料理がとても美味しかった時は、シェフに直接、他の人に気づかれないように、百ドル紙幣を手に掴ませました。
トランプの会社の事務所に、そういうトランプに世話になった人たちからのお礼の手紙がよく送り届けられて来ました。そういう話は、トランプの秘書から聞き出さないと、世間には知らされないままだったのです。

トランプとケネディJrは最初会った時から意気投合し、二人でよくニューヨークを拠点にしているプロ野球チームであるヤンキースやメッツ、また、バスケットボールチームのニックスのゲームの観戦に出かけました。
二人でアメリカの将来について話し合ったことも、一度や二度ではありませんでした。ケネディJrは、トランプが話し上手で、とても大きな心を持っているのに気づき、「君は将来、この国の大統領になるべきだ」と進言しました。

しかし、トランプは「僕は君のような素晴らしい政治的な血筋に恵まれていないんだ。君こそ将来のアメリカ大統領に相応しいよ。君が大統領になれば、僕は経済面で応援してあげるよ」と、当時四十歳にも手が届かないケネディJrを励ましていた間柄だったのです。

NSAとは、推定三万人もの職員を擁するスパイ組織と言っても、暗号解読や盗聴や核戦争の防止などに関した情報活動を電子機器を使ってやっている組織で、その具体的な活動内容は「Never Say Anything(何も喋るな)」とか「No Such Agency(そんな部署はない)」と呼ばれているだけあって、誰もその実態活動は知らないのです。

このNSAは、軍によって管理、運営されていて年間の予算は一兆円を軽く越えると言われているのです。三万人の職員の中にはアメリカの愛国者たちがたくさんいて、電子機器ではなく、主にスパイを訓練して外国の政府の転覆や支配などに暗躍しているCIAの活動を快く思っていなかったので、CIAが求めて来た情報を小出しにしたり、与えなかったりしたので、二つの組織の間にはお互いの職員を殺しあうほどの大きな確執があるのです。
因みにスノーデンはCIAの職員で、NSAと契約している会社が送り込んだCIAの刺客です。

そのQグループは、ベトナム戦争はCIAがでっち上げたトンキン湾事件から始まったという事を、CIA内部のコミュニケーションを盗聴することにより知っていました。そして、ベトナム戦争でベトナム人兵士だけではなく、自分たちの若いアメリカ軍兵士たちも、意味の無い戦争に駆り出されて犬死にして行くのを愛国者将軍たちは見ていられませんでした。

また、愛国者将軍たちはCIAがアメリカの利益のために働いているのではなく、もっと大きなアメリカを乗っ取ろうとしている組織の支配下にあると気づいたのです。
と言うのも、ベトナムで戦死した兵士たちの死体袋の中に、死体と一緒に大量のマリファナが隠し入れているのを見つけたからです。この大量にアメリカに出回ったマリファナが、アメリカの若い人たちの精神や健康を害し、社会にもヒッピー現象が起こり、性の解放、ウーマンリブ運動などとも結びついて、古き良きアメリカ慣習が消え去り、社会がどんどん悪い方へ落ちて行くのを見たのです。

そのことに危機感を募らせたNSAの愛国者たちは、その自分たちが持っている豊富な情報を元にして、秘密裏にアメリカを売国奴から取り戻す壮大なプランをQグループの中で作り上げたのでした。

当初のプランは、愛国者であるケネディを大統領にし、ケネディを使ってアメリカを取り戻すことでした。しかしケネディは暗殺されてしまって、その計画は露の如く消えてしまったのです。
ケネディの暗殺は、CIAによってなされた事をCIAの動きやコミュニケーションを盗聴することによってQグループは知っていたのにも関わらず、愛国者であったケネディを助けられなかった事をとても残念に思っていたのです。その為に、ケネディの墓地をQの形に作り、「二度と愛国者である大統領を殺させない、自分たちQグループが守りきってみせる」と殉死したケネディに向かって誓いを立てたのでした。

その為に、毎朝、トランプがホワイトハウスの職員一同とお祈りする時に、以下のようなケネディへの誓いと祈りを述べるのです。それは愛国者大統領であったケネディが殺されるという情報を知っていたのに、自分たちで彼を守りきれなかったという、Qグループの痛恨の思いから出ているのです。

「安らかにお眠り下さい。
ケネディ大統領よ。

あなたが持っておられた英知と力を通じて、私たち愛国者たちは、あなたの悲劇的な死の時から計画を立てて、神の恩寵により(世界を)光で満たす事を始めました。
私たちは、あなたの無私の行動を永遠に忘れないでしょう。
(天国から)私たちを見下ろしながら、どうか(私どもが)自由の鐘が鳴らせるように、そして我々の子供達や、我々の生き様や、我々の世界を犠牲にして来た者どもを殲滅出来るようにお導き下さい。

私ども民衆より」

Qたちが立てたプランAは、JFケネディを使って支配層と戦う予定だったのですが、Qたちの努力と力不足で失敗しました。例えば暗殺される少し前にケネディは、ロスチャイルドがコントロールしているFRBによるアメリカドルの支配を脱して、アメリカ政府のコントロール下でドル紙幣を発行しようと計画していて、それがもう少しで実現するところだったのです。しかしそのプランは潰されました。

その為にプランBが発動しました。プランBは、ケネディの息子が大統領になって支配層と戦う事でした。しかし、それを察知した支配層は、先ず、ケネディが立候補するであろうニューヨークの選挙区にヒラリーを送り込んでから、CIAの中の暗殺専門部隊を使ってケネディJrの暗殺を謀ったのです。その暗殺は成功したかのように見えましたが、事前にQグループにその画策は筒抜けだったのです。
その為にケネディJrや奥さんたちは命拾いをしたのです。彼らは時が来るまで死んだ事にして姿を隠すことにしました。

ケネディJrが飛行機事故で亡くなった事になったので、プランCが発動する事になりました。それはトランプを支配層と戦う為に起用する事でした。

ケネディJrを殺そうとしたのはCIA長官だったブッシュ父だと言われています

ケネディJrが亡くなってすぐに、ニューヨークが選挙地元でないヒラリーが、ニューヨークを地元として議員に立候補することが決まり、翌年、民主党から立候補して当選したのは偶然ではありません。
支配層は、愛国者であるケネディJrが大統領への道を歩めないように、ヒラリーと言う刺客をニューヨークに引っ張り出して来たのですが、ニューヨークでのケネディJrの名声はあまりにも高く、ヒラリーがケネディJrを差し押さえて、大統領選の民主党候補になれる見込みは千に一つも無かったのです。

ケネディJrは、ヒラリーの本質を支配層の駒だと鋭く見抜いていて、常にヒラリーのことをひどく嫌っていてました。ヒラリーの事を、最大限の悪口である「カーペットを這っている虫けら」だと呼んでいたのでした。
そのヒラリーは、ニューヨークを本拠地とするのではなく、元々アーカンソーを拠点にしていましたが、自分をあたかもニュヨーカーのように振舞っていたのもケネディJrの反感を買っていたのかもしれません。

Qは今年八月の投稿で「ケネディJrが1999年に亡くなり、ヒラリーが2000年に議員になった。そして始まった。ショーを楽しんで下さい。」と謎のような言葉を投稿していますが、「この始まった。」という意味は、QグループがケネディJrを使って支配層退治に乗り出そうとしたけれど、ケネディJrが亡くなったので、プランCである、トランプを大統領候補として白羽の矢を立てて、支配層退治の劇プランCの序曲が、2000年から始まったという意味なのです。

Qが投稿記事の後に、よくWWG1WGAと書いていますね。この意味は以前も紹介しましたよね。つまり、それはWe will go one,We go allの略で、日本語に訳せば「皆で一つになって一緒に歩んでいこう」という意味です。

JFKは家族親戚を連れてよく週末ヨット遊びを楽しんでいました。
息子や娘たちもそれをとても楽しみにしていました。
そのJFKが保有していた自家用ヨットに取り付けてあった、大きなカネというかベルがあるのですが、そこにはケネディ家の家訓がベルの表面に刻んであるのです。
そのベルに刻んである家訓は、We will go one We go allなのです。

実はケネディJrは、後で詳しくのべますが、その飛行機事故で亡くなっていなかったのです。彼は今、NSAの最高機密にアクセス出来るQグループの一員として活躍しています。彼は父の葬い合戦をしているのです。支配層との間で生きるか死ぬかの壮絶な戦いが繰り広げられていますが、人々の為に、マスコミの一方的な情報に洗脳された人々に、正しい情報を伝え、人々が正しい判断が出来るように啓蒙する仕事はとても重要なのです。

支配層は、これまで世界中の全ての中央銀行を支配し、世界中に日本のような従属国を作り上げ、マスコミやミュージックインダストリー、ハリウッドの映画やそのセレブたちを使った洗脳キャンペーンで国民を支配して来ました。また、その国の政治家や官僚たちを洗脳し、脅し、買収して売国奴に仕立て上げ、その連中を使って、その国民が汗水流して作り上げた富を不法に巻き上げ、国と国、宗教と宗教、人種と人種との間に意図的に緊張状態を作り上げてお互いに戦わせて人口削減をはかってきました。彼らは、ローマ帝国時代から二千年以上にわたって練り上げて来た、お得意の分断統治をして植民地を支配して来たプロ集団なのです。彼らは如何に自分たちが人々に支配層だとバレないように、人々の怒りが自分たちローマ帝国末裔である欧州貴族に向いて来ないようにする方法を知っています。その巨大なパワーを持っている支配層と対決し、連中を闇に葬ることは簡単なことではありません。
Qたちは、人々が正しい知識を得て目覚め、真の人類の敵と向き合って戦うことを望んでいるのです。

週末になるとケネディJrが、妻と一緒に自家用飛行機で、よくブドウ畑のあるお気に入りの島に泊まりがけで出かけました。その日は妻の妹も一緒でした。妻には一匹のペットの子猫がいました。名前をRubyといいます。そしてケネディJrにも一匹のCuteという名のペット犬がいました。その二匹のペットたちも必ず一緒に自家用機に乗って、ブドウ畑のある島に飼い主たちと行きました。
しかし、飛行機が墜落したその悲劇的な日には、どうしたわけかその二匹のペットは飼い主たちから忘れ去られたように、家に置き去られていたのです。

そしてケネディJrたちが乗った自家用機は、その日、事故調査委員会の公式説明ではパイロットが飛行機をコントロール出来なくなって海に墜落し、全員の死亡が確認されたとの事です。もちろんRubyとCuteはその中にいませんでした。

海から引き上げられた飛行機の残骸を見ると、小型で持ち運びが出来る追尾式のミサイルが命中したように、後尾部が尾翼と共にちぎれて無くなっていました。しかも、遺族たちが遺体に一目会いたいと願っていたのにも関わらず、遺体は強制的に火葬され遺族の元には遺灰だけが届けられたのです。
そして、その事件を境に、ケネディJr夫妻と妻の妹はこの世から消え去ったのです。

事故があって十八年後、トランプの中間選挙の集会に、バサバサの髪の上に黒いハットを被った男が現れるようになりました。
そのすぐ近くには深く帽子を被った鼻の形や笑顔がケネディJrの妻とそっくりな女性がいました。
またその横には、髪の毛が金髪でるあることを除けば、ケネディJrの妻の妹とそっくりな女性もいました。

彼らは演説しているトランプがテレビカメラで撮られる時に、その後ろで応援しているサポーターの一員として、終始テレビカメラにその姿を撮られていました。トランプの後ろの席は全て誰が座るか事前に決まっていて、誰でもその席に座れるわけではありません。トランプと一緒にテレビカメラに写れる人々の数は、多くても約二十人です。私服のシークレットサービスの席も決まっています。でもその三人は、テレビカメラで撮られるその特等席に座っていたのです。

そして、そのケネディJrそっくりさんの男が掲げているWoman for Trumpプラカードには、手書きで、RubyとCuteという名前が書かれていたのです。
もちろん誰も、その名前が一体何を意味するのか理解出来ませんでした。

因みにケネディJrが変装している男の名前は、ビンセント ファスカで、その意味は「暗闇を征服する者」という意味です。あゝこの世はなんて面白いのでしょうか!!

ところでプランCは三年計画で、トランプが大統領になって支配層の一網打尽で終わりますが、実は、その後にまだオマケが付いて来るのです。トランプは、支配層を全てグアンタナモ湾収容所に送った後、アメリカを支配層から取り戻し、全ての政府機関や軍にCIAに巣食っていた支配層の操り人形を追い出した後には、もう2020年の大統領選挙に出馬しないのです。
その代わり、2020年にはまだ六十歳になったばかりの、脂が乗ったケネディJRに後を譲って引退するつもりなのです。それも計画の一つなのです。

そのために、今まで18年間も姿を隠していたケネディJr夫妻とその義理の妹たちが、トランプ大統領選で、演説をしているトランプの真後ろに陣取って「自分たちはまだ死んでいないんだ。君たちに、君たちが犯した罪を支払ってもらう為に私たちはこうして復活したのだ。首を洗って待っておけ」と支配層たちを恫喝する為にわざとテレビカメラに映る場所にいるのです。

これで魔の銃弾に撃たれて暗殺され、責を全う出来ずに亡くなったJFKも浮かばれるでしょうね。しかも自分の夢を息子が果たしてくれるって、本当に夢のような話じゃないですか。
この事が実現する事によって、NSAのQグループの力不足でケネディが暗殺され、息子さんの大事なお父さんを殺してしまった罪ほろぼしが出来るのです。まだ義理と人情と仁義がアメリカにも残っていたのですね。

まだまだ面白いエピソードは有るのですが、キリが無いのでまたの機会に。最後まで読んで下さって本当に有難うございました。良い話だったでしょう?少し悲しいけれど。「事実は小説より奇なり」って、本当にこの事ですよね。

Qは来月の十一日はとても幸せな日になるであろうと言っています。十一月の十一日と言えばアメリカ軍の軍事パレードの日ですね。自分はそれまでに機密書類が開示され、支配層の一斉逮捕が始まっていると思います。それに大統領中間選挙が行われた場合、その結果も十一日には明らかになっている事でしょう。そしてアメリカが支配層の影響からほとんど脱しているでしょう。

でも、大変幸せな日になっている理由はそれだけではなく、これは私見ですが、2018年11月11日の数字を全部足せば33になりますよね。
そして数霊学で、ジョンFケネディのアルファベットを数字に変えて全部足すとこれまた33になります。
つまり33という数字はとても特別な数字なので、その日にケネディJr夫婦が軍事パレードでその姿を現わすって事ではないでしょうか。そうなれば世界中が驚くでしょうね。そうなれば良いですね。支配層もあっと驚く為五郎です。オチが古くてすみませんです。(反省)

————-引用おわり

あっと驚く、為五郎ぅお~お。

とてもたくさんのトランプとJFK.JrとQに関する秘密がわかりました。
その愛国心に基づく行動に、心からエールを送ります。

まるでアニメ映画のシナリオのような。神サイババが私に贈ってくれた勧善懲悪のプラン・シナリオ。

この実現、もし叶わずんば、私が死後、ホルスとなって、邪悪の徒どもを最後の審判のお白洲に引き据え、永遠の矯正受刑を裁きとして言い渡すことを是としてもよいということと理解しました。

米国の愛国者の活躍が頓挫することあらば・・・それゆえ私はロサンゼルスの野球場から天帝様にお会いしに行くということなんですね。すべてが繋がってくるのを如実に感じます。

私もスフィアビーイングコンタクティーとして、レッドエイビアンとして、もしブルーエイビアンズの計画叶わずんば、火の鳥を駆使して、この地球および宇宙の浄化を果たすことを誓います。
どうあっても、世界を善一筋のうれしうれしの世界にするために。今あるこれぞ、我が本命とするタイムラインに相違ありません。