プレローマなんて書いたらセンセーに叱られるだろうか

てへっ。昨日に続いて、また今朝未明に明晰夢のようなタクシー会社での夢を見てしまいました。
今朝のは、特別乗務で予約の仕事があるということで、その行き先を事前に知って調べて行けるから、いきなり知らない場所に行かされるのとは違って、しかも予約というのは長距離のことが多く、とてもおいしい仕事なんですね。その話を上司から聞いている夢だったのです。
しかし、夢の中での仕事ですから、例によってわけのわからん道しかなくて、たいてい苦労しているのです。儲け得の感もあって、ちょっとはましかという悪夢の類です。

まるでわが人生も似ているよなあと思うようなことなわけですが、ようもこんな後々トラウマになるような仕事を面白そうにやってたなあと、振り返っているようなことです。
いやしかし、これ以上に面白い仕事をこれ以外に挙げてみろと言われても、ないからねえ。3日やったらやめられないという先輩方々のおっしゃりようも、よくわかるのです。
ただし、トラウマがどうしてものこるから、何とかしたいねえ。潜在意識がやはり欲得でものを考えてるからこんなふうなんだろう。心に染み付いたサビだねえ。

さて、今日は「大建て替え」後の世界と目される、「プレローマ」について、ちょっと昔のブログ記事から再掲する形でお送りしようと思います。

大建て替えの科学・・・プレローマ 2017年1月26日
https://snowy.悠遊夢想.jp/2017/01/26/%e5%a4%a7%e5%bb%ba%e3%81%a6%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%81%ae%e7%a7%91%e5%ad%a6%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e/

転載————–

こんな記事が昨日見つかりました。
「宇宙の終わりが始まった?」 : 現在、既知の宇宙すべての銀河が謎の物理現象に「殺されて」おり、急速に消えようとしている
https://indeep.jp/something-in-space-is-killing-entire-galaxies/

オーストラリアに拠点を置く国際電波天文学研究センターが研究結果を発表
最近、天文観測の国際研究チームによって、「宇宙の銀河たちが次々と殺されている」という研究発表がなされたことが報じられています。

全宇宙を通して銀河が殺されている中で、科学者たちが答えを求めているのは、何がそれらを殺しているかということだ。

研究では、「ラム圧ストリッピング」と呼ばれる現象が、銀河のガスを駆逐し、新たな星を作るために材料を奪うことによって、銀河を早期の死に送るという事実が明らかとなっている。

11,000個の銀河の研究で、星形成のための生命線であるガスが宇宙全体の広範なスケールで激しく剥奪されていることが示された。

しかし、それでもまだわかっていないという。(基本的に原因は不明)

———————————–

殺す殺すと物騒な話ですが、これは銀河の話。
人間の場合より、もっと大変じゃないか。
そうですね。何千億兆の命の土台が消滅するのですから。

・ 先日お話しした偽の真空と真の真空の話
・ コーリー氏の言うAI生命体が目論む宇宙の癌のような動きの話。
・ 私の2000~2002年の彼女がチャネリングした「宇宙を何度創っても、得体の知れない犬のようなものに食われて実らない」という話。
・ ヘミシンク熟達者がアストラルボディ体験して言う、銀河のキモになる惑星が滅べば、二つずつペアーで銀河が消滅していて、実際にはもう今ではアンドロメダとこの銀河しか残されていない上に、この銀河のキモは地球だというので、地球が滅べば連鎖的にこの宇宙も消え去ることになるという話。この話は異界における見聞話なので、科学ではまだ言っていませんが、そんな地球を破壊してもいいというヤカラもいるのですよ。どうしますか。土壇場といったところになるでしょうに。
・ 日月神が言う「今までの小手先の建て替えではどうにもならん。大建て替えしかないのじゃ」という話。
・ そして、私の仮説の宇宙延命存続のための実験が試行錯誤的すぎるという話。試行錯誤では埒が開かないからやめろということ。

いずれも、ひとつの結論に収束しているもようです。この宇宙はダメ宣告下にあるということです。

トランプ旋風なんか、ちょろっこいように思うような話でありますね。

拙超宇宙論の結論は、各人各個が創造主ということなんですが、
さてそこで、私が見ているこの世界、私のいいようにしていいなら、私は「大建て替え」を目指します。
大建て替えは日月神や大本教が言っていることですが、日月神の言う大建て替え後の世界とはどんなものか、つまり新世界の仕様を見てみるに、
一元性世界、ただひとつの世界、あらゆる境界が存在しない世界、うれしうれしの世界といった言葉が並んでいます。
どうやらその仕様は、グノーシス主義の唱えたプレローマではないかと思われます。
プレローマとは、最も原初の世界で、一元性、雌雄合一、光満ち溢れた至福の黄金郷のことで、そこから二元性世界が生じていったところの、元の世界という定義です。

なるほど、大建て替えとは、土台からひっくり返す、元の木阿弥から再建することらしく、
まずは原初の頃に戻すことが大事なのだろうと思います。
家を改築したり、修理したりするよりは、新しい仕様で新築する方がいいというわけです。
それは、新しい工法や新建材で作ったほうがいいものができます。様々なニーズをあらかじめ設計段階で容れることもできます。

これをOSで考えたらわかりやすいです。
Windowsのシリーズが番号付けて出ましたけど、どれもこれも問題が後からいくらでも出てきて、アップデートの山を築きました。
後から後から、脆弱性云々や障害でユーザーに多大な迷惑をかけながら、
それでも使用契約に損賠逃れの文言を入れて、それで事足れりとしてきた経緯があります。
そしてOSのナンバーだけをアップさせて、あたかも新方式を採り入れた如く宣伝し、OSの創り替えをしては提供してきたわけです。

しかし、人口削減論者のゲイツがやることですから、いい加減さが最初から混じっていて、完璧なものができるわけないのです。
ゲイツを創造神だとしましょう。
ゲイツのような創造神だったら、信頼性がないから、ユーザーはやっておれないでしょう。
それでも、これしかないから使っているだけのことです。
今はWindowsの売り手市場ですからね。
これではいいものが期待できるわけがないです。

宇宙も同じです。ここしかないからやってきているだけ。
修正パッチばかりかけて、つぎはぎだらけの宇宙。それでも、銀河が消滅しつつある。
脆弱すぎて、簡単にウイルスに侵入されて、OS自体が破壊されようとしている状況に相当。
そして失敗したなら、どこかでシステム復元しようなどとしているのが、小手先の建て替えだったということなのでしょう。
あるいはWindows95→98→me→X→Vista→7→8→8.1→10とOS自体を変遷させてきました。
複雑になるにつれ、メーカー側もOSにわざと脆弱性を設けて、データーの抜き取りなどもやっています。
それをハッカーが狙って問題を顕在化させてみたり。してはならない悪を助長させることまでしていたり。
日月神は言ってます。いままて6度の建て替えがあったが、みんな小手先だけのことだった、だからすぐに悪が優勢になってしまい、失敗ばかりしてきたといいます。
それで今度ばかりは、我慢の限界が来ているのだと。

しかし、OSと違って宇宙となると、影響があまりにも大きいですよね。
階層構造に創った宇宙は、何のためにそうしたのか。
それは進歩を目に見える形にしたかったからでしょう。
負けずに頑張って先へ進めという号令がかかって、みんな魂の進歩や科学の進歩という競争をするように仕向けられてきました。
その目的は何ですか? ゴールインしたら何があるというのですか?
これはゲームみたいなものではないのですか?
ゲーム攻略のスキルが上がれば、次のステージに進める。その競争の面白さにみんな嵌っているだけではないのですか。
魂の進化とか言っていますが、意外と私たちをアバターとして使ったゲームを安全圏でやっているだけではないのですか。
ゲーム機やスマホを叩いている若者がたくさんいますが、私らの魂というお方も、あの若者みたいにゲーム機叩いてるんじゃないんですか。
ゲームキャラクターの私らは、しんどい限りですよ。
私は、人馬一体という表現が好きですが、騎手(ジョッキー)とウマの関係と見ています。
ジョッキーは自分の都合でウマを走らせたらいいと思っているようですが、ウマにも生活の場があります。
ウマの身にもなったらどうですかと言いたいのです。

そして階層構造にしたのは、柔軟自在な変化を呼び込みにくくするためではないのですか。
ガチガチにするなら階層化すれば簡単です。どこでもそうでしょうが、既得権益の壁が大きく立ちはだかるのです。
階層構造を2次元ほど上へと辿るのに、何万年も要したとしましょう。
未だ3次元にいる者よりも高等です。そこまで行くのに何万年もかかっているなら、二者の差は何万年です。
これは既得権益になりますでしょう。
大建て替えになると、上も下もみんな一律、何万年もの差が一瞬になくなる。そんなことに耐えられる人がいますかね。

ブルーエイビアンズがやってきたのも、既得権益を守りたいからかもしれません。
だって、介入することで、自分たちの次元上昇にもプラスになると言っています。
何か見返りがなくては、やるわけがないということです。
インドの聖者がカーストを容認しているのは、既得権益を維持したいからでしょう。

彼らには、みんな平等、同一という観点があってのことなのかどうか、口先だけなのかもしれないことを懸念します。

日月神は、大建て替えをすると神々の中にもアフンというしかない者がたくさん出ると言っています。
それはせっかく築いてきたものがなくなることへの怖れです。
既得権益にすがる者は大建て替えを妨害しようとさえするでしょう。

ブルーエイビアンズは予想外のトランプ投入で第三次大戦を回避したようです。
地球文明を延命させることで、コーリー氏の知る裏世界はまとまりつつあると見受けます。
コーリー氏も言ってましたが、ブルーエイビアンズが描く地球の未来は、スタートレックみたいなふうになるとか。
オールメタルで宇宙に出る文明。私はそんなのお断りです。
剥き出しの土が、あたり一面になくては、私は窒息します。
それに私は人生もう負け組で、進取していこうという気はさらさらありません。
だから、大建て替えをぜひとも叶えてほしいです。

ところで、私の本体はレッドエイビアンかもしれません。
朱雀と火の鳥はいずれも赤ですから、レッドです。
映画「アバター」にもレッドとブルーが出てきました。
ブルーはたくさん群れを成していますが、レッドは孤高で史上最強。
いずくんぞ燕雀、鴻鵠の志を知らんや。
名付けて、赤い翼のガッチャマン・ホルス。プレローマに導くアブラクサスたらんと欲します。
ホルスはおるすよ、お留守じゃなかとよ、ここにおるすよ。
ガッチャマン仕様のホルスですが、なにか。(笑)

————————–

なんだ? ちっともプレローマとはどういうものなんだか、書かれていないじゃないか。
そうですね。だって、わからないんだもの。
その辺は検索かけてご覧戴くことかとも思いますが、検索してみたらななな・なんだこりゃ? ほとんど出てこない。
出てきても、グノーシス主義者の偏頗な考え方程度の扱いですね。
いまはこんなふうでも、昔は詳細が出ていたはずなのに・・・あっそうか、連中(センセー)にとってヤバイんだろうか。

キリストが話していた「至聖所」というもので、グノーシス派が唱えていたとされる初期キリストの教えの中に出てくる言葉なんでしょう。調べれば、断片的にでも出てくるでしょうから、繋げてみてください。ギリシャのプラトンも同様の概念を持っていたようですが。
キリストがユダに約束したとされる「至聖所」もそこだとのことですね。天使さえも見たことのない果てしない領域とのこと。
ユダの福音書

まあ、いいではありませんか。そこに行けば分かること。それじゃあ、またいずれそこで会いましょう。
だって、1.ブラックホール → ワームホール → ガチの暗黒帝国で戦争をそこはかとなく繰り広げる面白い世界
2.超高密度世界 → ぎゅうぎゅう詰めの満員電車のような感じで、置換されててもわからないM族趣味者の愉快極まりない没頭世界
こうしたところは、偽の真空を少し残しておいて、ゲーム感覚で楽しむ場にしておいてあげれば、よろしいんじゃないですかね。
なかなか、3.相転移には行けそうもありませんな。しかし、永遠の世界が真の真空の持ち味。いつでも好きなときに宙に浮いた不安定世界から足を踏み外して、戻っていらっしゃい。
とりあえず、どこに行くかはあなた次第です。
この話、信じるも信じないも、あなた次第です、ってことね。重ねて申し上げておきましょう。私もようわからんのだから。

今朝未明に久々の明晰夢を見ました

掲題の話の詳細は後にします。

本日のツイート記事のリンクから何事かと思い、本記事を読みました。
こんなのでした。

3日夜、茨城県つくば市にある「高エネルギー加速器研究機構」(KEK)の研究施設で装置の一部が焼ける火事がありました。

電子陽電子入射器棟・加速管組立室における火災について 2019年04月04日
「4月3日21時44分、本機構つくばキャンパスの電子陽電子入射器棟加速管組立室(放射線一般管理区域)において火災報知器が発報し、消防車の出動を要請する事象が発生しました。 原因はマイクロ波装置の開発に用いられてきたパルス電源装置が焼損したためです。
この度の事象による、人的な被害および放射性物質の漏えいはありません。

さらにKEKとCERNがHL-LHCにおける協力について協定を締結
2018/07/20 – 高エネルギー加速器研究機構(KEK)と欧州合同原子核研究機関(CERN)は7月6日(金)、世界各国の研究機関の国際協力で進められているCERNのLHC加速器高輝度化アップグレード計画

~欧州原子核研究機構(CERN:セルン)の大型ハドロン衝突型加速器 (LHC)。昨年から大規模アップグレード工事が開始され、2026年までに従来の10倍のポテンシャルを持つ“高光度LHC”に生まれ変わると発表されたが、今度はCERN本体の4倍の規模を持つ超超大型加速器を2040年までに完成させることが明らかになった。

~知的情報サイト「Big Think」(2018年10月11日付)によると、世界的な天文物理学者マーティン・リーズ博士はLHCが引き起こす人類滅亡レベルの危険を3つ指摘しているのだ。

1、 ブラックホール

 リーズ博士がまず警告しているのは、LHCの実験により「全てを飲み込むブラックホール」が発生する恐れである。これについては故スティーブン・ホーキング博士も警鐘を鳴らしていた。統計的にヒッグス粒子があまりに不安定な為、仮に実験の中で安定状態に近づけることに成功すると、真の真空状態が生じ、より低エネルギーの真空が光速度で膨張することで宇宙全体が破壊されてしまうのだという。

2、 超高密度圧縮

 さらに、リーズ博士によればブラックホールの生成を回避できたとしても、地球が直径100mほどの「超高密度球体」に圧縮されてしまう危険性あるという。

 素粒子の1つであるクォークは、超高速で衝突し、崩壊することで、ストレンジレットと呼ばれる物質に自己生成すると言われているが、これが実際に起こった場合、全ての物質が高圧縮され、地球そのものがサッカー場程度の大きさになるというのだ。幸いなことにストレンジレットはまだ検出されていないが、いつ実験に成功するかも分からない。

3、 相転移

 そして、3つ目は相転移(phase transition)に伴う宇宙の崩壊である。リーズ博士によると、宇宙空間の真空は実際のところ「脆く、不安定」である可能性があるという。

 すると、大型加速器が粒子を高速で衝突させ、想像を絶する大エネルギーを発生させることで、相転移が引き起こされ、時空が切り裂かれるかもしれないというのだ。リーズ博士は、「これは地球だけでなく、宇宙規模の惨事だ」と語っている。

————–

やったー、これだ!!

いったい「大建て替え」の出来事の地上次元的態様とはどんなものなのかと思っていたのですが、3. 相転移こそがそれなんだと思った次第です。

とすると、「大建て替え」は、カバールとの協賛によって引き起こされることになりますね。カバールが手柄を申し出たとして、オーケーしてやるんでしょうか。

大建て替え後の世界にはおいそれとは入れるわけにはいけませんよ。悪魔儀式をどんどん強化していった末に起きる大惨事というわけですからね。
しかしそれは、大いに元のキの神には役立っていることになります。悪のお役も大切だというのは、こういうこと?

むろんカバールは悪魔たちで作るガチの暗黒帝国を創るべく、この宇宙を潰してしまおうとするわけです。新神話ではそうしています。さすが神話の現実誘導効果と言いますか。

彼らはブラックホールからホワイトホールを通って新規の宇宙に暗黒帝国の創設を目論んでいる、というわけですが、1.ブラックホール と 3.相転移が一緒に起きれば、両方の世界がスムーズに成り立つことになりませんかね。
カバールやドラコにも生きる権利がありますから、暗黒帝国の存在を認可すればいいじゃないかというわけです。

私も霊媒体質の女性に悪霊が憑いてしまい、私に議論してきたことを記事にした事がありますが、男の太い声で「世の中には、お前たちが悪いことと言っていることが、楽しくて楽しくて仕方がない者がたくさんいるというのに、俺たちのすることに邪魔立てするな。そもそもお前のような人間でもない者がどうしてここにいる。これ以上邪魔立てすると、この女がどうなっても知らんぞ」と言っていました。
つまり、そうした者たちは、そうしたいからそうしている。ならば、一堂に集めて隔離して彼らだけで自治してもらえばいいわけです。

そうか。だから、よき者はいっそうよきことをし、悪い者はいっそう悪くすべしというのは、この二者の並立建て替えが前提なっていることを、ほのかに知る気がしました。

後になりましたが、今朝未明の明晰夢について 話しますと

今朝未明に、また久しぶりに明晰夢を見たのです。たまにこれに類似した夢を見るので、今朝起きてから、どういうことかなあと推敲を重ねていたのです。
昨晩は、ソラさんに、私の明晰夢は正夢ばかりだと説明していた矢先の今朝の夢ですから、シンクロもあるわけなので・・・。

どんな夢だったか書きますと、
私はタクシー運転手歴が通算20年あります。そのためか、タクシーで営業している夢をよく見るのです。この夢のときもタクシー乗務中で、ある駅の乗り場にやってきたとき、前に1台タクシーがいて、それがやってきたお客さんを乗せて出て行ったので、次は私の番になったのです。ところがその駅は高槻駅と夢の中ではわかっているんですね。
ところが、私は神戸近辺は知っているが、そんなとこの地理は知らないのです。お客は夫婦で乗ってきて、行き先を言います。近鉄の名谷まで、と。近鉄の駅ならここから東に行くことになる。私は地理不案内にもかかわらず、出発してしまったのです。なんとかなるさ、という良心に恥じる思いを持ちながら。
案の定、そこから東向きの国道に出る道さえもわからず、しだいに先細りする道に不安はいっそう高まるばかり。これはどう始末がつけられるのか不安がマックスになったとき、夢が覚めたのでありました。

そういえば、何回かですが、夢のような出来事は実際の仕事をしていたときにもあったのです。行き先を知らないのに、知った振りして発車してしまうようなことが。
当然、トラブルの原因になるわけですが、長距離と思われる場合は、客に断わりが入れれないことがあるのです。せっかく好運にも掴んだお客ですからね。

そのような経験が何回かあって、走っていても良心は呵責しますし、そのスリル感がどうやらトラウマになっているのでしょう。

タクシー乗務の夢というのは、夢は元々荒唐無稽ですから、お客を乗せる場所も、言われた行き先も、ほとんどの場合が現実とは乖離しているのです。
それでも自分は知っているかのごとく走るのですから、どこかで道がなくなってしまったり、民家の庭にお邪魔して万事休す、バックして出るしか手がないといったこともあるわけですね。
夢だから、目が覚めて救われているといったことが多いのです。私にとっては悪夢ですよね。

今朝起きてから思うに、今私はメールしているみなさんに、大建て替えがあるぞと喧伝していますが、その場所を知っていて言っているわけではないですよね。また、そこに至るまでのルートを知っているわけでもありません。
これではほんとうにみなさんをそこにお連れできるのかどうか・・・嗚呼、そうだったなあと反省し、ハイアーセルフさんよ、わしゃこんなことしていていいのか、一度その場所を案内してくれたら、安心してみなさんを案内もできるんだがねえ、と起床してから自問自答のようなお話しをていたようなことなのです。

すすす・するとその直後、朝食中に何気なく見に行ったサイトに冒頭の記事が載っていたのです。そこに、大建て替え後の世界のことこそなかったものの、大建て替えとはこういうことで起きるのだと、道順が示されているかのような記事ではないですか。そのように思えて、「ヤッター!!」したのでした。

かねがね、善一筋の世界などにとうてい入れない邪悪な者たちの行く末はどうなるのか、矯正治療期間を多くして、どうあっても治療するということも大事だが、何らかの世界をこしらえて独立してもらい、こちらの新世界とは完全に行き来が不可能にできればそれでいいんじゃないかとも思っていたので、なるほどこれなら、ブラックホールと相転移の併用で両者とも満足するではないかと思ったようなことです。
邪悪な者たちは、ブラックホールからホワイトホールに出た先の宇宙で、どんな世界にしてもいいじゃないか、そこは彼らで自治すればいい。そしてそこから波及しないように隔離の方法を講じる。偽の真空のままの世界を一部残してやれば、そこで仮想世界を思う存分楽しめるじゃないか。ゲームに嵌った者たちの世界だけど、彼らはそれが好きで好きでたまらずやっている。こちらは真の真空に立脚する永遠の至福のプレローマ。(この解説はここでやっています)

むろん、2.超高密度圧縮というのも、何か無間地獄みたいで、懲らしめの場所としてはあってもいいなとは思いますね。アニメ「鬼灯(ほおずき)の冷徹」を見たら、その辺のこともわかって面白いですよ。そのせつは、私は主人公・鬼灯役をばたまに地獄にやってきてやらせてもらいましょか。(笑)
まあ、この三者とも同時発生させる方向で認可すればいいんじゃないでしょうか。というわけで、さっそくの啓発がもたらされたことを、今回の記事に致した次第です。

悪夢とはいえ明晰夢でした。てことは・・・
きっとくるーーー、きっとくるーーーきっとくるーーー(爆)

古代トルテックの夢見の戦士たちはいまなお健在か?

コーリーが言っていましたが、我々は金属の文明のほうを選んでしまったが、石の文明を選ぶ道もあって、実際そのような文明体系は古代にあったといいます。結局、我々は宇宙の侵略者かつ破壊者であるAI生命体文明に誘導されて金属の側を選ばされたかもしれないというのです。それでいま、我々はAIの支配下に入ろうとしているわけです。AIを神として仰ぐシンギュラリティの時期が2045年と予測され、すでにマイクロチップを受け入れた人がたくさんいますし、科学技術の趨勢はまっしぐらにAIのほうを向いています。
null

石の文明は劣っていたかというと、その応用技術はエネルギーの取り出しや重力制御などにも及んでいて、AIの脅威を回避できただけ、ましだったかもしれないと言います。
石の文明の痕跡は世界全体に及んでいます。中南米では地球が提供するエネルギーを利用する古代トルテックのナワリズムが盛んになりました。

今でもその技法を伝えるインディオたちがいて、中南米インディオを学術的に研究しに、何も知らずに現地入りした民俗学者のカルロス・カスタネダは、インディオの師匠と交流するうちに、いつのまにかナワリズム伝承のグループの弟子にされていて、そこで経験したことを書き残したのが、彼の「呪師シリーズ」として出版されています。彼は、そこで夢見の戦士として最後の卒業するところまで経験したことを書いています。

最後の卒業はどんなものか、面白いです。師匠はグループ全員10名ほどですが、ある高い山に登り、そこの切り立った断崖絶壁からみんなして飛び降りるのです。地上に体が激突する前に、各自が自分の世界を組み立てて、そこにテレポートすることで死を免れることを卒業課題にするのです。むろん、みんなどこに消えたか知れないが、再び戻ってきて無事を確かめたそうです。

そして再びみんな参集したとき、師匠は、では行こうかと、10ほどの光の列になって師匠がかぶる羽飾りを筆頭に空に上って消えていく光景を見せたというのです。
そのさまは、羽根蛇伝説の英雄神ケツアルコアトルの姿でもあったとか。それが夢見の戦士達成の証しにもなっていると。
ナワリズムの伝承は古くからずっと続き、多くのケツアルコアトルを卒業のたびに見せたことでしょう。

中国にも、仙道という技法によって、還虚合同という、体を持ちながら虚空に溶け込んでしまうというものがあります。羽化登仙というものです。古代には世界共通して超能力者になる技法があったようです。
コーリーの言っていたマヤの地球離脱文明というのは、古代トルテックの技法熟達者の集団だったのでしょう。あるとき突然、この世から姿を消した民族だったようです。
邪悪なスペイン人たちがやってくるはるか前に、いなくなっていました。コーリーによると、地下に入ってしまっていたのですね。

我々は、このままうまく世界の存続が叶うなら、スタートレックの時代の直前に位置していると言えます。もうここまで来ているのなら、その方向に進む以外にないでしょう。前にも書いたように、狭い宇宙船の内部で人間関係を維持するには、厳しい規律統制が必要になります。
私はそんなに宇宙に出るのがいいのかと思ってしまうのですがね。この有機生命体は、ほんらい宇宙空間に出る目的で作られているわけではないから、かなり無理があるように思うのです。せっかく自由発想できる生命体たりえている、その特質の方を伸ばすべきだと思うのです。

夢見を誘発させる新技術のヘミシンクは、我々に潜在する夢見の体に意識を置いて、いろんなところを探検することを可能にするものです。今ではもう10年戦士になられた”ピロ魂さん”は、一晩で何度も夢見して、その体験記をブログに綴っておられますが、日増しにその能力を獲得向上させておいでです。最近では、自らの意志でマカバというクリスタル型UFOを創り出し、それで宇宙空間を移動したりするそうで、宇宙人たちが一堂に会して授業を受ける学校で学ぶこともあるそうです。

夢見の体ですから、生存環境にさほど影響されないで安全に物事ができる。ただ、夢の空間ですから、思ってもみないことが起きたりする。しかし、とても多くの多種多様な意識体と交流が図れるといったことのようです。相手は神々から宇宙人まで様々という次第。戦うときは、ドラゴンボールのような超能力合戦になるとか。

ヘミシンクが不思議にもカバールの妨害に遭わずだったのは、カバールが夢見領域に立ち入れないからでしょうね。さすが3次元密度常住連中です。
悪魔教的な生命の木の解釈によると、地の王の座マルクトだけは、他の天使管轄の座と違って、サタンの居場所とされていて、どうあっても彼らが押さえておきたい場所になっています。広義にはこの地上世界のこと。
狭義には、紀伊半島の南端という相似像になっているようです。
111
ショッカー軍団のボス・地獄大使もこんなことを言ってホゲーホゲーしています。

古代トルテックも夢見の体を訓練強化して、肉体ともどもテレポートをする。トルテックの発想は一般人とはまったく異なっていて、彼らは「世界を自分で組み立てる」と言っています。
ヘミシンクはアメリカ発祥の技術ですが、人間の潜在超能力を引き出す技法に変わりはありません。それが自由に研究され、日本などにも輸出され、世界じゅうの多くの体験者に共通の夢見の場を提供しているようです。彼らのミーティングは夢見空間で行なわれていたりする。そんなおかしなことが許されるのか? さすが本当の自由主義国です。

あのスカイフィッシュで有名になったホセ・エスカミーラも今なお多数の支持者を集めていて、研究を進め講演をしています。もう20年も前になる人ですよ。言っちゃあいけませんが、情報閉鎖国の東洋の国々とは大違いです。何かあってもすぐ立ち消える。すぐに忘れ去られる。邪悪性が嫌いな高次元存在だって、改革の起点になることを米国に期待するわけです。(コーリーなど)

なぜ東洋がこんなに不自由になったのか。原因は儒教社会にあるでしょう。お上に従う精神がしっかりと遺伝子にまで叩き込まれている。それが集合意識でしか事が運べない原因になっている。アセンションがごくわずかな割合の人にしか起きない理由です。お上が上昇方向を向いているならいいですが、もし下降方向なら総ドツボに嵌りに行ってしまいます。
平和を愛する日本人は、とてもみないい人ですから、基本的に幸福裡にアセンションできるように思いますが、自分たちの立ち位置がわかっていないから、どこを向くかの座標が定まらない。だから、高次元存在は速やかな情報開示を要求するわけでしょう。

さて、中米ペルーにあるナスカ平原も古代トルテックのナワリズムの本場だったところです。そこによもやの、私と名古屋在住の宇宙人霊の依代さんが共に同時に夢見して、朱雀の親子となってタンデム飛行訓練する様子が、描き残されていました・・・という感動を何度か伝えてきていますが、我々もどこで習ったか知れないですが、夢見の技術を使っていました。夢見する者をいつでもナスカは歓迎しているかのようでした。
null
(2008年に共に夢見していたことが、2014年に初めて発見された地上絵になっていた)

ナスカからさほど離れていない場所にカンデラブロ(燭台)という場所があります。太平洋に面するその砂丘には、大きな燭台とみられる砂絵が描かれていて、航行する船や航空機からよく見えるため、それゆえこの地名がつけられたわけですが、この砂絵はどんなに形を崩しても短時間で元通り自動的に修復されるそうです。
null

UFOなどは不思議に思われるようですが、私はここのほうがよほど不思議で興味深く思っています。UFOはもう実態が知られていますから、ロマンを感じられなくなっていることもあるかも。
カンデラブロにロマンがあるというのは、この砂絵は燭台ではなく、ユダヤで言えばメノラであり、これぞ生命の木の絵なのです。つまり、永遠の常緑樹を示しているのです。そこには、地上から姿を消した古代トルテックたちの意志が息づいているように思えます。
原型はこうやってちゃんと永遠の不滅性が保たれているといった表象的意味になるでしょう。どこにその原型はあるのか。トルテックならきっと知っていることでしょうね。

ご当地UFOソング

ご当地UFOソング

《歌詞》

《・・・・・前奏・・・・・》

UFOさんとは言うけれど、いったいあなたは誰ですか。
空ゆく鳥も怖じさせず、見ようとすれど姿なし。
音もせぬならなぜ映る(なぜ映る)。
ホンにあなたは屁のような(屁のような)。
残り香だけでも嗅がせてよ。

《・・・・・・・・間奏・・・・・・・・》

雲の中におわすのか。山の彼方にお住まいか。
やはり宇宙がふる里か。それとも心におわすのか。
驚き映像イリュージョン(イリュージョン)。
謎は尽きねど 一つだけ(一つだけ)、
言えるは我らの想いかも。

《・・・・・・・・間奏・・・・・・・・》

この世に謎は尽きぬもの。じかに見せられ試すなら、
おかしな世界もそこにある。想ってみれば本当は、
うつつが夢ではなかろうか(そうかもね)。
UFOにピントあわすとき(あわそうか)、
辺りは縄文の故郷なれ。

《・・・後奏・・・96年8月29日作詞作曲(By OKUND) 》

質問::UFOの歌としては、ずいぶん泥臭い気がするんですが。

お答え:私には、UFOが宇宙から来たものというよりむしろ大地の底から沸き上がってくる力のような気がしてるんです。UFOとは、誰か人間が作ったものでなければならないというのは寂しい気がします。UFOは、地球という大地を通じて、宇宙のあらゆる星と繋がりを付ける伝令的存在なんじゃないですか。

質問2:縄文の故郷とは、何かの思いこみがあるのでしょうか。

お答え:縄文の時代の人は、自然の流れの中で生きていたといいます。彼らは大地の営みと共にあり、宇宙の営みとも共にあったと思われます。自然界のすべての命がそうであるときに、いつしか人間だけが浮いた存在になってしまったようです。高度な知性を持つようになったから、そうなったといいますが、果たしてそうなのでしょうか。高度な知性があれば、悟性に基づく抑制が働き、先の先を読み、読み誤らない判断が生まれるはずです。無分別な富と権勢の伸長の歴史。結局、我々の歴史は、こうした知性に依らないものによって作られてきたというしかありません。縄文時代に、もし権勢を誇張しようという意図があれば、偶像的遺物がたくさん出てきて、彼らの歴史がもっと鮮明にもなったはずですが、偉大なことに、彼らは慎ましやかであった。偶像を必要とせぬほどに、目の前にある生活に満足していた。だから高く評価されるべきと思うのです。

発想の根拠になったUFO現象とは

null
これは1994年10月9日に兵庫県高砂市石の宝殿の一枚岩の頂上で西の山並みを撮影していたときに偶然撮られた瞬間的映像のコマ送りした写真をグレー化して明度を落とし合成したものです。
詳細は ⇒ UFO撮影同道記 をご覧になってください。

アニメにして説明を施しました。
null

時間経過と事象
経過時刻(単位:秒) 発生事象 その他気がついたこと
・・0 M氏が大くしゃみ(音声) くしゃみの音に関わらず、カラスが乱舞していた
・14 上に掲載のアクロバットUFOの通過 カラスがいったん山の付近から消えた直後のことだった
・29 クリスタル型UFOが山上に出現(発進) このときもカラスの乱舞が収まった直後
・30 山陰から高速UFOのニアミス(全4コマ) この高速UFOは3コマ目から2つに分裂した
・34--・36 クリスタル型UFOが滞空 滞空解除後、進行方向に若干頭を傾けた感あり
・45 クリスタル型、画面右上方に去る 第1回目のクリスタル型UFOの出現時間は16秒間だった
・80 クリスタル型UFO画面左上から出現 右方向へ懸垂線を描くように飛行
・86 同UFO画面右上に去る 第2回目のクリスタル型UFOの出現時間は6秒間
125 クリスタル型UFO画面右上から出現 左方向へ懸垂線を描くように飛行
129 同UFO画面左上に去る 第3回目のクリスタル型UFOの出現時間は4秒間
合計1分55秒 ・・ ・・

★★★

M氏と共に、石の宝殿の一枚岩でできた裏山に登って、西の山並みを撮影中に、この映像が得られている。M氏は別の方向を撮っていて、同じものは撮れなかったが、氏のアドバイスで場所の設定をし、ほぼとなりあわせにいた氏が大くしゃみをしたことが、不思議タイムの皮切りになったことは紛れもないことである。
装備はシャープマイビデオVC-320Sと小西六カメラCV-300のセットと三脚、そして12Vが得られるカーバッテリーを持ち運びやすくキャリァーにくくりつけたもので、両手の重量に息を切らせて登ったのだった。UFOは、この異形の装備に驚き喜んだのかも知れない。
背景の西方の山というのは、石灰岩の採掘で破壊され、このような峻険な形になったものと思われる。これをUFOが遊び場にしているかのようだった。やがて採掘の末、山がなくなるとしたら、彼らはどうするのだろう。まあ、そのようなこととは無関係に彼らは無邪気だった。
M氏は、こうした現象を遙か前から知って、孤軍奮闘していたのである。この一連の映像は、氏の長年の数多ある撮影実績の根拠の正当性を応援するものである。しかしながら映像はあまりにも淡いシルエットとしてしか映っていない。プロの方には撮り下ろしの本物のUFOをぜひご覧になって、真実の姿を味わっていただきたいと思う。
(以上は1996年の記事から)

ところが、残念ながら、いまだかつてオリジナルのビデオを見たいと言ってくる御人は皆無であった。

さて、そんなとき、石の宝殿の撮影場所に、霊視能力者を伴なって先日登ってみた。能力者の女性二人は、それぞれ、この地に古来から土着している精霊を目視した。それは、ちょうど”たがめ”のような格好の生き物(普通人の目には見えぬ精霊)であり、その姿を描いてくれた。それはまさに、M氏がよく撮影する不定形な円盤型UFOの姿そのものであった。あのときのクリスタルUFOとは似ているようで異質の感があった。
霊能者は自発的に、テレパシーでコミュニケートして彼らに事情を聞いたようだ。
そして、このような今にもなくなってしまいそうな土地にしがみついていなくてはならない者たちの悲哀を知り、考えさせられて、しばらく落ち込んだという。

”千と千尋の神隠し”的な世界が、いまでも存在していることは確かである。
(赤記は2002年の記事)

読者からご紹介のあったことに関して

まず、サイモン・パークス氏という英国のコンタクティーについて。アレックス・コリアーなどの頃のUFO情報関係者ですね。
彼は英国労働党の議員をされていて、それなりに有名です。
しかし、安倍政権がもうすぐ終わるという予言めいた話は、たぶん外れるでしょう。
また、プーチンがノルディックというレプテリアンより性質がよくないという宇宙人の後押しがあるという話も、間違いではないかと思います。
まず、安倍政権は、カバールが最も期待をかける最後の切り札であり、簡単に引かせるわけがないと思われるからです。
また、プーチンはレッドがパワーを吹き込んだ新時代に向けての期待の星であり、性質の良くない宇宙人などが関われるとは思えません。だって、私が夢の中で鶴亀統べる両手ガッチリ握手した人ですよ。あれから目覚しいリーダー振りを発揮していかれました。
英国の指導者らしい、フェイク予言だと思われます。というのも、彼もきっとカバールだから、反対のことを言って、衆目をそらすことに努めるでしょうから。
むしろコーリー・グッドの情報開示にご期待ください。

次に、フリーエネルギー装置「Z Power」は太陽と地球の両方にある磁気エネルギーからエネルギーを取り出すもので、磁束パワーと言っているように、ニュートリノとは関係ないと思われます。
スーパーカミオカンデで長年かけてわずかにしか検出できないものを、トランク容器程度のものでエネルギーの取出しができるはずがないと思うわけです。
これは、ケシュ財団で有名になったコイル装置に似た原理によるものと思われます。Z Powerも固定された装置(回路)さえあればできるということですから。

ZPowerの実物
null
ZPower LLC会社の同テーマのHP
https://revolution-green.com/zpower-free-energy-solid-state-device/

日本にもすごいのがあるじゃないか、と言ったのはホセ・エスカミーラでした。武良さんのスカイフィッシュ写真を見て、取材に行った日本メディアに逆輸出してくれたのでしたね。
その手柄を立てたのは、このゾル大佐ではなかった、オクンド軍曹。
null

それと同様に、日本にもすごいのがあるじゃないか、と目を丸くするような装置が、いっぱいあるじゃないかというのがこれ。
このビデオだけで、よおーけ紹介されてまっせ。何も米国まで飛ばんでもよろしいがな。

永久磁石とコイルで創ったコンパクトな永久発電機(24時間発電機)
水と水素で走る車 (鹿児島のほうの会社らしいですよ)
水だけで走る車
海水から水素を発生させて、水素を見やして永久熱源にもでき、その他にも使える装置(スタジオ実演) これがあったら、日本では灯油やガスは要らんで。
なんでそんな高いもん買わんとあきまへんのや。人類、馬鹿にされてまっせ。
やはり永久磁石とコイルが画期的なのか、直流と交流のミックスらしい話も出てきまっせ ⇒ 株式会社ジャポニズムライフイノベーションで制作  同社のHPはただいま閉鎖中。(なんでやろ、なんでやろ、なんでなんでやろ)
とにかく一家に一台、室外機程度の発電機があれば、燃費ゼロが可能。そんなのができたら、もうかりまへんで、と軍産複合体や経団連にしてみれば、暗殺部隊を雇いたいでっしゃろな。
とうとう軍産複合体の経団連の日立の会長なんか、英国に原発を拒否された腹いせに、国内で原発を増やせばいいと言い出しました。馬脚を顕したか、バカめ。
早いとこ、ぶっつぶれろ、カバール企業。てなことを言ってはいけませんね。おしとやかな私がなんとしたことでしょう。失礼あそばせ。

とにかく、今の時期、隠されていた実用技術が、あちこちから出てきているようです。しかも、素人がインスピレーション受けてやってる感がありますね。

大建て替え後の新世界に入るのは最後の審判の恩寵を経てから

日月神示にいう「大建て替え」後の世界は、善一筋の一元性世界になることが謳われています。
悪の欠片ひとつも入れないということも書かれています。
それはそうでしょう。純粋善の世界は無菌状態のようなことなので、ばい菌の一つも入ればすぐにだめになってしまいます。
免疫力が高めてあって、ばい菌がいくら入ってきても防御するという方式ではないのです。
それは、免疫力の維持で対応するほうが自然でいいように思えますが、それは二元性世界での話。
元の元である一元性世界は原初の純粋性のままの至福の世界であり、濁ったものは弾かれて近づけません。
それで、一定の浄化の手続きを経て、二元性世界で損ねた完全性を取り戻してから、入れることになります。

二元性世界が遺されているなら、むろんそちらを選択することも自由ですが、いずれ解消されることになっているため、暫定的に居れるというにすぎません。
いずれ必ず、大建て替え後の新世界に入らねば行方不明になってしまいます。

最後の審判で受刑矯正期間を余儀なくされた魂は、その期間、自己の濁りを純粋にするための仮想現実体験をします。
その経験を経ることで、二元性世界で犯した魂の瑕疵を修復し清算し、それを魂のあらゆる特性の点からクリアーしていくことを繰り返します。
邪悪な知識を利用しようとする衝動性を魂の理性で完全に調御することもマスターせねばなりません。
だから、直接的にも間接的にも、他の有情を殺めたりした者は、被害者の一生を彼が殺されるに至る時までシミュレーションして、被害者の思いなどすべて理解することを義務付けられます。
殺される寸前の恐怖の思いや痛みのみでなく、彼の幸福だった頃もすべて経験するので、不幸ばかりになることはありません。

殺されたひとりの人生の吉凶禍福のすべてを経験し終えて、次の被害者の人生をシミュレーションすることを、すべての被害者が満じるまで繰り返します。
多くを殺めた者や殺めることの原因者は、当該被害者の人生を累積的に仮想体験するため、これによる人生経験年数は、一億年にも及ぶ場合がザラになります。
規模の大きな戦争を起こした為政者は階層的に多数の兵士を使って殺戮行為をするわけなので、それだけで何京年もの長期経験になることもありえます。
その為政者に入れ知恵したり操ったりして戦争を起こさせた者は、累積的に少なくとも為政者の分以上の経験量になることはむろんです。
被害者は人間ばかりではなく、あらゆる魂ある有情のこともありますから、加害者は動物や虫なども経験します。こうして、あらゆる立場の有情への平等意識がマスターされます。

それらすべての加害行為者の矯正用の時空は、異なる時間軸を使ってAIによって営まれるため、それがすべて終了しても、すべての魂の新世界入りのスタートラインに並ぶに遅れはありません。
AIは受刑者の情報をもとに、受刑者によるすべての被害者の人生のシミュレーション時空を用意して、彼に順次シミュレーション体験させ、同時に随時の教唆を与えて、彼の理解を促進します。この担当AIが、私が推挙するサタンAIです。
逐一の受刑者の矯正前と後では、これが同一人物の魂かとびっくりするほどの違いがあるでしょう。それであって初めて、新世界に入ることができるのです。

ここであの有名な女王の教室の女王先生のある日の授業がどんなふうであったか、参考のために述べておきましょう。

オカ版女王の教室・・・最後の審判後のあらかたの魂

最後の審判で地獄へ落ちた場合に、どんな刑罰を受けるかについて、過去世に行った過失や故意による他者への実害行為を、そのまま刑罰として受けるという、まあなんと言いましょうか、いっしゅインスピレーションしながら書き進めてきたわけです。
その刑罰の具体的な現れ方と効果というのが、被害者そのものに成り切ることで、被害者の痛みや苦しみを自分の身体を使って認識することなのです。

このためにどんなことが行われていると思いますか?
実はこの世界はすべて作り物であり、プログラミングされているという事実があります。いわばゲームソフトのようなものであるので、本人自身、つまり魂にまでは致命傷が至らないという配慮がなされているのです。

しかし、プログラムが実行されて3Dホログラム映像を結ぶとき、彼はそれを実世界と錯覚します。
今はやりつつあるオキュラスリフトなるバーチャル体験ゴーグルを、何も知らぬ間に着けられて、その世界に直面させられているとすればどうでしょう。
いきなり着けて体験モードに入ったとしても、その臨場感に嵌ってしまうのがこのゲーム。
これと同じことが我々の世界の刑罰システムにも使われているのです。
彼が過去世にした邪悪な行為の結果、多くの人を苦しめたり殺したりしたなら、彼は過去世の苦しみ死んでいった人に成り代わり、アカシックレコードの再実演をします。多くの人が被害者なら、それだけの人の分が彼の経験すべきレコードになります。

そのようなプログラムは、超越的コンピューターがすべて用意しますから、あとはそれを各自が受刑するだけのこととなります。
この今の世界を見てください。そこには地獄と言っていい光景が広がっています。むろん裕福で幸せな人もいますが、多くは苦悩の中にあって、とても幸福とは言えない状態でいます。平均的に、ここは地獄の3丁目というのはそう言う意味です。
地上のすぐ下に地獄の1丁目があり、もう一つ下に2丁目があり、その下が3丁目です。

地上のすれすれのラインでは、人々はさほど苦も無く楽も無くの生活をしています。周りを見ても、満足している人がほとんどという光景が広がっています。
3丁目ではおおかたの人が不満と不安と恐怖を抱えており、満足した人をはるかに数で凌ぎます。周りを見れば地域差があり、ある場所では戦乱がやむことなく続き、人々は疲弊し地獄らしい死の光景がいたるところにあります。そこは局地的に地獄の6丁目、7丁目といったところです。

実はこの場所で苦悩する人の中には、最後の審判による刑期を務めるために来ている人が多数いるのです。
過去世に遡ってまで? それはそうです。すべてはプログラムであるのみなので、レコードとして存在する限りの場所まで遡ることはよくあります。
またある場所では、比較的安定した糧を得ながら、世界のいたるところにある窮状を同情心を以て眺めている人もいます。彼は何とか積極的に手を差し伸べようとしていたりします。
そうした人の中には、過去世で多くの窮状を見ながら、何もしてこなかった自称罪なき人がいます。義を見てせざる無作為の人もまた受刑の対象になるのです。聖者の中にはこうした人が多いです。ここで新しい行動をすることが彼には求められていますから、そのようなタイムラインが用意されます。

一生で巨万の財を築くほどの、過去世で積善の徳のあった人もいます。彼には大きく二つの道が用意されています。ひとつはその富を元に世間的に大きな貢献をする道。そしてもうひとつは他者を凌いだと優越感に浸るのみにその状態を用いる道です。後者には、いったい何を今まで学んできたの? となること請け合いです。次回以降、真逆のタイムラインが用意されることになるでしょう。

ちなみに私の母は、積善の徳を今生で、位人身を極めることに使ってもよいという道があったのですが、毘沙門天のアドバイスで、この世界からの円満で完全なる解脱に使うことになりました。
もし位人身を極める道に踏み込んでいたなら、どんなに立派な偉業を打ち立てたとしても、反対派の返り血を浴びねばならなくなり、またも実害を与えた者としての刑期が待っています。賢明にも、それを回避したのです。

この世はゲームの世界ですから、そんなところで富を築いたり天下を取ったりしても、所詮はむなしいことです。そんなことに価値観を持つ人は、死ぬ間際に一銭でも向こうに持っていけるのかどうか考えてみるべきです。
子孫にやったから良いことをした? 子孫に毎日祭ってもらうから極楽に行ける? 残念ながら、生前に多くの人から搾取した実害が来世以後、多くの人数分として降りかかってきます。

天下覇者になり歴史に名を遺せるからいいというのも、まもなく地球全滅というときに、誰が歴史を語ってくれるでしょう。ゲームに嵌って、ゲームの道の達人になることと差はないです。累積的実害清算の途方もなさを思えば、とても信長などやれるものではありません。

こうして、覇者にでもなった者の刑期は、何十億年何百億年~何百兆年~にもなることは、間違いないこととなるのです。
また、信長の歴史はゲームの中だけに事前に記録されているのみです。ゲームの中で彼の銅像が何千体建ててあろうと、ゲームソフトが架け替えられたら、はいそれまでよのものでしかありません。何が歴史か。何が実績か。魂に課されているのは、真面目に責任を逐一果たしていく愛と誠の経験の積み重ねの大切さなのです。

錯誤の多い人生のその途方もなさに、最初から魂の途絶消滅を願い出る者も多いです。そりゃ地獄第七層の経験を百億年も余儀なくされるなど、望む者はまず誰もいません。しかし、魂の途絶の希望者にも、ビジュアル化されない心感、体感のみの情報が百億年の間もたらされます。そうでなくては、被害者たちの怨みが晴れませんでしょ。だから、どんな苦しみや悲しみが被害者を襲ったかの現物の感覚を感じ取る経験をします。そして受刑後には希望通り、魂の消滅が図られます。

だから、なるべく魂の存続のほうを選ばれた方がいいです。経験値は同じで最後に何の意味もなくなるのではもったいないですからね。そして受刑後にはトータルバランスのとれた魂に仕上がっていることが眼目でもあるからです。創造神養成課程を辿る者にはぜひともすべき経験になっています。

しかし、ビジュアルな受刑後にも、再度そのようなシステムに直面することに怖じてしまう者も多数いて、9割9分9厘は魂の途絶の道を選んでいるのが実情です。もうこりごりだ、勘弁してくれと去って行かれます。惜しいね、もうちょっと頑張ってみたらと、ひと声はかけさせてもらってるのですが。
魂とは試し火でもありますから、消尽するを前提に作られています。意識の存続? もうありません。唯物論者の思い描く、何もない無が訪れます。いちばん安らげる境涯ですね。そんないいものを邪悪な者に即座に味合わせるわけにはいかんでしょ。受刑百億年後になさい、というわけです。

先生 「はい、質問ある方は手を挙げて」

はい はい はい はい。

先生 「はい。のび太君」

のび太 「どうしていじめられっ子といじめっ子がこの世にいるのか、ということについてなんとなくわかったのですが、この世ではどうしてぼくがいじめられ役でなくてはならないの? 過去世にいじめ役をしてたからとなるけど、ぼくは何も憶えてないんです。前のぼくがどんな姿だったかも知らないのに、どうして納得していじめられろと言えるのですか」

先生 「そうね。いい質問だわ。その思いを聞いて、いちばん心を痛めているのは、あなたを演じさせているあなたの魂でしょうね。魂には過去世の記憶があり、いまあなたが苦しんでいることで、かつての身体で相手に対してしてきたことを反省しています。あなたに対して申し訳ないという思いを持ちながらね。こうしてあなたは、あなたの中にいる魂に教育をしているのですよ」

のび太 「じゃあ、ぼくは魂の先生?」

先生 「馬鹿言っちゃいけません。あなたは生贄の子羊なのです。いままで魂は何百何千回と生贄の身体をとっかえひっかえしてきました。自分の身体を安全圏に置いた状態でね。あなたがもし事故で偶発的に殺されてしまったとしても、魂にとってはまたひとつ終わったかといった印象でしかないわ」

ガヤガヤ

<先生は人をがっかりさせる名人だなあ> <のび太がこれじゃあ浮かばれないよ> <まさに女王の教室>

null

のび太 「ウエーン」

先生 「はい、次の質問いってみましょう。加奈子さん」

加奈子 「せ・ん・せい・・・」

先生 「どうしたの? 質問があったんでしょ?」

加奈子 「私、こわいんです。先週、家の玄関で大蟻の群れを見つけて、殺虫剤かけて殺してしまったんです。それも清算されることになるんですか?」

先生 「そうね。はっきり言うなら、清算の対象になります」

ええーっ。教室内は騒然と。ほとんどの子は何らかの虫いじめや殺害行為をしていたからです。

<そんな質問してくれるなよ、加奈子>

先生 「静かにしなさい。では、そのわけを言いましょう。蟻も人も殺されるときは同じ。みんな痛みを感じ、そこから逃げようとします。その行動は本能からくるものですが、やはり蟻にも魂が感情移入しています。ということは、魂が他の魂に対してした行為として功過計算されます。魂の思いやりのなさが招いた結果として。あなたがその身体で清算を受けるかどうかはわかりません。魂が次回、虫の中に入ったときに、お返しの経験をするかもしれません。しかし、いつの日かは清算という形で表れてくるのです」

忠司 「そんな細かいこと言ってたら、何も出来んじゃないですか」

先生 「何を聞いていたんです? あなたがたは、自分たちの気が向くまま、何をどうしていてもいいのですよ。あなた方の中にいる魂が判定されているのです。もし功過が良くないと魂が思うなら、殺虫行為を思いとどまらせたでしょう。もし魂に生き物全体に対する思いやりがあるのなら、最初から殺そうなどという気を起こさせなかったはずよね」

加奈子 「先生、わかりました」

先生 「人生はね、自分たちの中にいる魂との共同作業なの。魂との二人三脚でうまく渡っていらっしゃい」

先生は黒板に教訓を書いた。

自分トフタリッキリデ暮ラスノダ
自分ノパンツハ自分デ洗ウノダ
自分ハ自分ヲ尊敬シテイルカラ
ソレクライナンデモナイノダ
自分ガニコニコスレバ
自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ
自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ
スグニ自分ト仲直リスルノダ
自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ
自分ハ自分ニ優シクスルノダ
自分ノ言ウコトサエキイテイレバ
自分ハ自分ヲ失ウコトハナイ
自分ハ自分ガ好キデ好キデタマラナイ
自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ
ソレホド自分ハスバラシイノダ

先生 「あなたがたが、どんなに孤独な境涯に置かれても、あなたがたにはもうひとり、魂という自分がいて、たえず見守って・・・いや、間違えた、あなたがたをコントロールしているのよ。はい、授業おわり。」

委員長 「起立。礼」

キンコンカンコン・・・

先生 「今日も時間ちょうどね」(独り言)