お怒りはもっともながら、シナリオなので大人しく素直に

原発利用「過去分」に反発・・・福島事故賠償の国民負担案
https://this.kiji.is/171582356449902594
簡単な記事ですが、見ていたら「国民」という言葉が消え去っていることに唖然とします。新電力は反発、しかし国民はOKなんだと見て取れます。共同通信には国民が目に入っていないことがわかります。というより、共同通信の考えはおそらく他のマスコミ同様、昔から国民=マスコミでしたから、国民は何も言わずに自分たちの書くことに賛同するものと思っているんですね。
そして、法人は人間と見て擁護していいが、個人はそうではなくなりつつあることをほのめかしているのでしょう。我々に気付きを与えてくれるいいマスコミです。しかし、私ら少数だけ気付いても、ねえ。なんともなりません。
いやいや、この世は少数のプログラムがいて、残りはすべてデーターにすぎないのです。単なるデーターに動きを期待していたら、スカ食らいますよ。逆に大人しく食われてください、プログラムのみなさん。
米国のホワイトPの活躍。それは世界線でのそういう設定です。個人の働きかけでどうなるものでもありません。トランプ勝利は世界線上での大きな選択肢のひとつだった。そういうわけです。ふん、面白くも糞もない。
本日19日の0時過ぎです。夜中は特に中年に達した猫たちの三匹中、特に二匹のウエットフード好きが、それこそ2,3時間おきに腹減ったと起こしにニャアニャア言ってくるさなかの合間の短時間に見た夢に、亡き親父が丹前姿で薄暗い部屋の中に出てきて、立っているのです。私が、いまどうしているのか尋ねたら、「今はちょっと不調でなあ」と言うのです。その理由になる夢が荒唐無稽にも続いたのですが、よくわからずじまいで、猫のシャンの鳴き声で目が覚めました。
シャンに餌をやり、猫のトンの様子を見ようとベランダ通路に出ますと、何とそこには食べたなりの餌が大量に吐き出されておりました。いったい誰が吐いたのか。トンはそんなに食べないのでシロ。黒猫ブーがその前に銀のスプーンのパウチとサバカンの水煮をたくさん食べていて、どうやらそれが吐き出されているようでした。ブーがクロのよう。
毎度たくさん食べるのです。そして、腹が減ったらやってくる。シャンがやっと病気回復の途にあって、次はブーなのかと、私はもうへとへと。ブーには以前から亡き父が懸かっているようで、行動が似ているのです。どうやら、調子が良くないというのは、父であり、その依代のブーの体調ではないかと思った次第。親父よ、いつまでもこの世に魂魄を留めず、行くべき場所に行った方がいいよと、仏壇でお祈りしました。

ヒラリーはずれて頭の中混乱中

私はどれにもまったく該当していないのですが、エスタブリッシュ、ウォール街、秘密系、軍産関係者の方たちも、私同様に憤り、混乱されていることと思います。
私がなぜ困っているかも、みなさんとは原因が異なるかもしれませんが、この記事の末尾に掲げることにしましょう。
みなさんは未知数の不可解な人物がいったい何をやらかすのか、不安でならないでしょう。ヒラリーならすべてマニュアル通りにしてくれるとわかっているのに、今度ばかりは、雪殿と亜三次にしてやられましたな、お代官様。
なあに、それならそれで、奥の手があるではないか。あっ、そうでございますが、あれをお使いになると・・・。
何を言っておる。毒を食らわば皿までもと言うではないか。ははっ、御意でございます。
てなふうに、彼らは彼らで何か相諮るのは時間の問題。さてしかし、果たしてトランプ当選が予想できていなかったかどうかと言うと、そうでもないようです。
シンプソンアニメやBTTF(バックトゥ―ザフューチャー)はトランプ登場を予言?
https://bit.ly/2ezCwlt
さて、米国にはUFOもよく出るし、宇宙人とも関わっているとの噂が絶えなかったわけで、ヒラリーさんならばディスクロージャーすると予告していたので期待していたら、スカくらう格好になってしまいました。宇宙人情報開示を宇宙人関係者が嫌ったのか?
そんなことありません。ちゃんと、昔からトランプ当選が決まっていたようなんです。
米映画などには、未来に起こることが予告されていることがあるから、ということから昨今、ツタヤに出向いていたわけですが、けっこう参考になりました。
UFOが存在するとなれば、タイムマシンとUFOなどは双子ですから、未来のことはわかるし、逆に未来から誰か来ているはずだということで、我々も未来人2062という詐欺師に遭遇したわけですね。巧妙な時代性を利用したインチキには注意したいものですが、際どいような本物情報も密かにハリウッドなんかに流されてるんでしょう。それゆえ、未来の見えない我々には米映画は参考になるというわけです。BTTFなんかモロにタイムマシンものですから、具満タンかもしれません。
さて、シンプソンアニメによると、2030年までトランプが、なんてこった14年も・・・ヒールぶりを発揮して、その後、女性大統領リサ・シンプソンが登場して、建て直しに奮闘して、みごと建て直すというふうになっているみたいです。それもきっと本当かもしれません。まるで小池さんの米国版? 女性でなければできないことのほうが多いと私はかねがね思っていたのですが、未来の先々を良い方向に変えていくのは女性だろうと思います。男は狼に徹しましょう。(笑)
BTTFのビフ・タネンがトランプを土台にしていたとか。よく似たシーンを集めてますね。荒廃した米大地にそびえるきらびやかなタネンのカジノビル。
主人公マーティの父ジョージが若い頃、ビフのあまりの無茶苦茶ぶりに耐えかねて、一発を見舞って気絶させたときから、タイムラインは変わって、ビフは一塊の使用人に。そして、米国には良い時代が来ていたという設定になっていましたね。
私も中一の時にそんなことがありました。私も激情を抑え切れず、一発くれてやったんです。あのままだったら、どんなだったか。まあこれも、プレイバック・リスタートしているゆえの今なんでしょう。今もしがない素浪人の身の上ですが、それでも面白い人生でした。ぜひ次回転生の際は、値段が高いからと思わず、プレミアム契約されることをお勧めします。
さて、なぜ私がヒラリー当選を心待ちにしたか。それは、ヒラリーなら軍産複合体やグローバル企業に利益を誘導すべく、世界を第三次大戦へと漸近させていくだろうという見込みがありました。つまり第三次大戦への早道を進むだろうと。
いっぽうトランプでは、ロシアへの接近により、ロシアが大戦を嫌っていることから、戦争も悪弊の箇所にのみ限定的になされることで、むしろ平和な方向付けに世界は向かうかと推測され、私としては「大建て替え」による根本改造をするには、徹底的に破壊がなされたほうが良いだろうとの思いから、ヒラリーのほうを待望したわけでした。
ヒラリーのしてきた悪事の数々を度外視するわけではありません。正義にもとるのはどちらかと言えばヒラリーです。しかしここは、世界を破局させる因子たる彼女に託したかった。もうこれ以上の人類に対する蛇の生殺しの延長はやめてほしいとの思いです。それとも、まだこのおかしな実験を続けるつもりか。
トランプの場合でも、どうやら米国は内乱含みの様相。米国債の金利が急上昇中であり、世界各国の国債金利も上がってきています。さあ、どうなっていくのか。私は羽根を隠すことなしに、日々飛行訓練に励んでいます。
はっきり言っておきたい。6次元以上からやってきたというブルーエイビアンズよ、アセンションは真の救済手段にはならない。またもや、階層化を助けることになるのみだ。見なさい。地上では、自分はアセンションの波動に乗れるかどうか戦々恐々としている。彼らは他人よりも自分が優位に立ちたいだけという心理しかない。そんなふうにして競争心を煽ることもまたおろかなことだとは思わぬか。
私は知っているぞ。君たちもまた既得権益にすがる存在だということを。ここまで進化した立場を覆されることはしたくないからな。
そのような聖者がごまんといるこの世界。高次元達成の金字塔を誰にも侵犯されたくはない。その思いが、こんなおかしな時の地球への干渉になっていることもわかる。しかし、もうこれ以上はやめろというんだ。すべては終わったんだ。終わらせねばならない時が来たんだ。すべてを自然浄化のままに任せ、人工の入らぬ状態を作りなさい。人工の手を加えようとするなら、人工の手で強制終了に持って行くことになる。これは命令だ。

世の中、楽しくウォッチングして与太話にする

今朝のニュースを見ていただけでも面白いね。3つだけだったけど、いろいろあります。
私がたまたま偶然ウォッチした順序はこうでした。
米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専門家
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6220607
https://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161111-00180528-newsweek-int
なるほど、不誠実な選挙人がいたということなんですね。それが公約通りならば、どうってことなかった。要は、選挙人レベルでの不正があった、それを突き崩せれば、引き分け以上に持ち込めるということなんでしょうか。(選挙制度自体がよくわからんので、こんな解釈を施してみましたけど) ヒラリー陣営の有能な弁護士さんたちに頑張ってもらいましょう。
次に見たニュースはこれでした。
クリントン財団の疑惑
https://amba.to/2fJAHyp
おカネの授受の問題がやはり軒並み並んでますが、おカネの総量に変化はないのだから、いいんじゃないかと思いますけどね。ただ、カネを刷りまくるのはインフレを起こすのでいいとは思いませんが。我々貧困層を直撃しますから。
さらに次はこれ。
やっぱり!反トランプのデモ隊は雇われていました
https://bit.ly/2fKTc7m
それはおカネを儲けた者が貧困層に利益を分け与える伝統的手法なのだから慈善的であって、非難される話ではないでしょう。失業対策としてもっとやるべきですが、果たしてトランプ政権にそんなことができるのかどうか、大金持ちらしいけど、慈善家ではないみたいだからね。弱者は徹底的に潰す、強いアメリカ一国主義なんてやられたら、日本は困ります。
しかし、うだるほどのおカネがクリさんとこにあって、いまクリさんたち、姿くらましてるらしいんですが、おカネをどこに持って行ったんだろ。
宇宙人系情報なども含めれば、彼らはデンバー空港や地下基地、南極、さらには火星へと難を逃れて移住しているというのですが、そんなとこでドルが通用するのかなあ。
別の宇宙人情報によれば、火星移住者なんかは奴隷の身らしいけど、その代わり長寿が享受できるらしいので、おカネを積んで最後は「地球人で私一人生き残ったわ。アトラス・シュラッグっドばい」なんちゃって。(笑)

大統領選挙は番狂わせか?

泡沫候補だったトランプ氏。とてつもない番狂わせといった印象のようですね。
ヒラリー陣営の失望感たるや、昨日見ていて鬼気迫るすごみがありました。
私もヒラリーさんで確定と思っていたので、ちょっと今後の予定が狂ってきそうです。
今後の予定? 早いこと最後のレフリーのご奉公をしたく思っているのに、また延長戦かといったことですわ。(笑)
黙示録第6章9-11節 「主よ、いつまであなたは・・・」
私はオカ系ですから、ご存知の通りUFO/宇宙人の話の側からも、ああ、やりゃあがったな、またしんどいなあ、という感想を漏らすしかありません。コーリー氏によると、ブルーエイビアンズは第三次大戦を絶対阻止すると言っていたそうですから。(なんだ、地球人類を助けるのではなく、次元上昇の見届けをしに来ているだけだと言っておきながら、なんだかんだと助けてるじゃないかの思いはあります。しかし、実にアンフェア―な状況下に人類が置かれていたことにやっと気付いたのかもしれません。アセンションできる人の割合が1/2300しかいないというんじゃあ、ねえ。いかに覚醒している人がいないかということでしょう)
そんなとき・・・
米国大統領選、トランプ勝利確定!:この結果をまったく予想しなかった日本人は普段からネットアクセスしていない証拠と知れ!
https://bit.ly/2fERqD2
とまあ、ケツまくったサイトも本日発見。
素浪人花山大吉 : たしか焼津の半次だったか、鼠小僧亜三次だったかが、御金蔵から六十五万両を掠め取って庶民に配ったとか言ってたよなあ。
焼津の半次 : おいおい旦那、俺がそんなことするわけないだろ。人聞きの悪い。
花山大吉 : ああ、そうだったな、お前にそんな芸当などできるわけがない。まあ、せいぜい鼠小僧の爪の垢でも煎じて飲んでおくんだな。
焼津の半次 : 何言ってるんだ。俺はこう見えても、悪いことなど、これっぽっちもしたことねえんだよ。
花山大吉 : あっはっはっは。よく似た名前だったから、ちょっと引き合いに出しただけだ。まあ、そう怒るな。
焼津の半次 : ふん。なんでえ。
ニャアオ
花山大吉 : あああ・・・だだだれだ、ここに猫なんか連れてきたのは・・・ダダダダーッ(土埃)
焼津の半次 : ぷっ。ざまあみろ。たかが猫に天下の豪傑が、へへ、なんてザマなんだよお。毎度毎度。
おいおい、猫よ、こっちこいや。
ニャア

まあそれよか大変なのが、新政権誕生後でしょうか。
トランプの公約一覧
・大統領選に勝利・就任初日に、中国を「為替操作国」に認定する。
・中国のハッカーや模造品に対して規制を強化。
・中国からの輸入品には45%の関税。
・中国の冒険主義を思いとどまらせるために、東シナ海と南シナ海での米軍の存在感を高める。
・米国・ロシア間の協力を増やす。
・メキシコ国境では35%の輸入税を課す。
・メキシコとの国境に万里の長城を築き、不法移民を認めない。
・不法滞在者のメキシコ送金は押収し、メキシコ人の労働ビザや越境手数料を引き上げる。
・イスラム教徒は入国させない。
・シリア難民は受け入れない。
・イスラム国はやっつける。資金源である石油を爆撃。
・尋問について、米国法で禁じられている水責めなどの方法を支持。
・医療目的でのマ○ファナ合法化を許可する。
・連邦政府の支出の無駄を削る。
・米軍の規模と能力を拡充する。
日本へは米軍による防衛費を要求する。全額だ。もちろん韓国にも一緒だ。
TPP(環太平洋経済連携協定)はゴミ箱へ放り込む。中止。
・法人税の最高税率を35%から15%に引き下げ。
・年収2万5千ドル未満の単身世帯と年収5万ドル未満の夫婦世帯は所得税を免除する。
・税制簡素化、及び減税(但し、富裕層は増税)。
・相続税は排除。
・金持ちだけが利用できる税の抜け道は潰していく。
しかし、トランプはまだほっかほかの一年生。いきなり締め上げたりしないという観測です。だから今のうちに、手土産持参で寄り添い付き合いをしておくにこしたことはないというのがひとつの観測かもしれません。
しかし、こんな噂もあります。
そもそもトランプはなぜ大統領を目指すのか?その心理
https://bit.ly/2fDQDnt
つまり相手が弱いと見ると、徹底的に叩き潰すという(異常)性格(まあこれが米人の基本的開拓者精神ですが)の持ち主かもしれないというわけで、オカ○みたいな発砲美人外交してたらヤバイかもしれません。
じゃあいったいどうすりゃいいんだ。
トランプ : お前とこも核兵器持たんかい。そしたら男になれるぞ。
へい、そういたしやす。
トランプ (ニカッ。ヒッカカリャガッタ)
核兵器持ちました。これで列強の仲間入り・・・
待ってたホイ。米中露から地上戦で総攻撃受けて列強の占領下・・・
なんてことのないように、まず国連の敵国条項を取り下げてもらう必要が、という順序があるように思いますが識者はいかがお思いでしょうか。
日本に有能な軍師はいるか。ハイ、ここに泡沫候補が。(爆)
まあそんなこと言って、狂気の支配的な終末の世をせいぜい楽しみましょう。
今回は、ホワイトPの反乱とでも言うべきか。ブラックP、ヒスパニックPはほとんど平倫さん側だったそうですから、ネットを利用できる階層が多かったということか。エスタブさんもおののくホワイトPだったようですが、まだわかりませんよ。大統領の椅子に座れるかどうかなど、遠い先の来年のことを言っていると鬼が笑います。槍槓なんてこともあるかもです。「カン!」のコールにご用心。(Pは差別用語になるので隠語)

仮想現実のたそがれ

まず、この世は仮想現実であるということ。これは基本的事実です。
その根本概念なしでは、どんな悟りも空しいものになります。
しかし、仮想現実であることを、マトリックスの中にあると捉えたりすると、能動性が損なわれ、虜囚としてのやるせなさだけが募ってきて、鬱やら何やらややこしいことになってしまいます。
そこはまた私なりに解釈すれば、相手は仮想現実ならそれでいいじゃない、具体的なところが不明な部分は、こちらで面白いように解釈すればいいでしょというわけで、Okundという人物の人生ソフトをゲームとしてトライしていると見做してしまうことも悪くないでしょう。
みなさんもドラクエとかマリオだとかやったでしょう。私はせいぜいマリオでしたが、何とかハードルをクリアさせようと必死で取り組みましたからね。そして後で、何でこんなアホみたいなことに時間をとってのめり込んでたんやと、反省したもんです。
この世界には、いろんな人が楽しむためにやってきます。懲りない面々がいて、何度も何度もとっかえひっかえ、任意の人の人生ソフトにトライしています。私はこういうのってやだなと思います。
本当のことを知ってしまうと、何でこんなことしてて面白いの?という気になってしまうのです。むろん、自分の霊的特性を伸ばすためとは言われてみてわかるのですが、どうもねえ。本当にそうなんですか?
私は30歳ごろにこの世界はコンピューターが創る仮想現実だと知って、超宇宙の仕組みモデルを考案しました。https://p.booklog.jp/book/91316/read
それまでは、世界を巡ってみたいとか、自然の景観巡りをしたいとか、尽きざる思いがありました。しかし、この思いを確立してからは、どこにも行く気がなくなりました。このため未だに海外に行ったことがありません。
UFOに乗って宇宙旅行してみたいというのもかつてはありました。しかし、そんなことしても空しい気持ちしか起きないだろうと思います。
確かに30歳以前には、UFO目撃して宇宙人と親しくなりたいという希望がありました。そして、確かに友達になってくれるという赤いブーメラン型UFOに遭遇しました。https://p.booklog.jp/book/97090/read
その後、しばしば夢に、今度は白い星のようなUFOがすいすいと星空を泳ぐシーンとして出てきました。しかし、それもあるときの夢で、ピンポンのテレビゲームのようにして出てきたのを見て、そうか、夢の中の白球UFOは映像もしくはホログラムなのだと悟りました。その真実をUFOの側から教えてくれたと解釈できたのです。だから、外にあるものに歓心を奪われるなという教訓として、心の中にあります。そして、30歳で仮想現実世界観を持ってしまい、これにより、果てしない銀河の果てなどを追い求めることは空しいことと感じました。
しかし、目撃し、その後夢に何度か出てきたUFOが、いいUFOであることは、当時のUFO観測会の質がとてもよかったことと、私の求めに即応して出てきてくれたこと、そしてコーリーが言うように、夢の中のUFOがスフィアビーイング(球体存在)であることで、高次元存在であると確認できたことによります。だからこそ、私には本当のことを教えてくれたように思います。
私の心は、ガネーシャのような感じです。弟のスカンダと宇宙を三周して、早く終わったほうに父シバ神から褒美がもらえると、高速の乗り物・孔雀で旅に出かけたスカンダの後で、おもむろにネズミに乗って出発したガネーシャが、父の周りを三周して、旅は終わりましたと告げて勝利したという神話は、仮想現実世界の創造神シバの本質を衝いた話だったように思います。
https://www.bali-tai.com/?p=19732
では私はいったい何をしにここにやってきたのだろうという疑問が生じました。カルマの清算というのがいちばんオーソドックスで、ほとんど誰もが体験中のことと思います。
しかし、そのカルマの法則というのも、自分から希望して創られた法則ではありません。希望してもいないことを強制されて、何が面白いのでしょうか。その仕組みを父シバ神がお創りになったというわけですか? だったら、息子の私は父に、こんなのやめましょうよと申します。
そして私は、それを無効にするための情報集めをしていると解釈し、それを私の人生プランに設定します。
こうしてできたのが、救世主Okundの人生ソフト・タイムテーブルというわけです。
私がこの人生のパスを通過した後は、すべての拘束的法則は解除されることでしょう。おりしも、地球文明は歴史時間の最終局面にあるみたいです。ちょうど頃合いもいいでしょう。

悪霊に取り憑かれたか、いささか不調

私の観測では、ほとんど誰でもが、何らかのマインドコントロールもしくは霊的憑依を受けているようです。
特に今の時期は、その程度が強く、その人数は増えても、改心する側があまりいないみたいですね。
コーリー・グッドはその辺をとても科学的に平易に説明しています。
プラズマ的存在とエーテル生命体 5-6
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-plasma-beings-and-etheric-entities.html
エーテル生命体というのは、日本人の感覚では「霊体」というものになりますか。
それにもピンからキリまであって、邪悪な傾向を持つエーテル生命体もいて、たえず人の感情に取り憑いて、その人をコントロールしようとするようです。
人々にはその存在が見えないため無防備であり、取り憑かれていても本人にはわからないということのようです。
しかし、まれに影の存在(シャドウ・ビーイング)が目視できるのが、イラストを使って目の端のほうだということをコーリーは言っていますが、これは私も自分の幽体を目視した時のことからすれば、正しく思えます。私の場合は正確には、視野の周辺部です。
さて、ハロウィンの日に、私は悪霊との対決談を迂闊にも書いてしまえば、妹が突然意識を失い、足掛け3日に渡る昏睡で入院しました。おそらく、この両方ともがネガティブなエーテル生命体の憑依によるものかと思われます。この私ですら、自分のしていることがわかっていない。こんな日に書いて、シンクロの受け狙いをしたなどと思わないでください。まったくの不覚でした。
飼い猫のシャンが、ギャルそね状態で、次から次に何でも食べまくっていたものが、10月半ばに突然の食欲不振と激やせに襲われ、腎不全が疑われることになり、落ち着かない毎日だったところ、11月に入ってからは、そんなこんなで駆けずり回ったため、いま私は過去の腰痛を発したり、下半身のだるさに見舞われており、腰回りに憑依している何者かを感ぜずにはおれません。たぶん、ネガが取り憑いてるんでしょう。シャンもそうだったし、妹もそうなった。私も連鎖的にそんな感じ。取り憑きが去ったなら、腰痛やだるさはなくなると思います。シャンや妹はなかなか取れないだろうな。
では、私がどうして憑かれたか。もうひとりの自分がいて、どうして守ってくれなかったのか。それはシャンや妹に対して、言葉や態度で圧力かけましたからね。反動のカルマです。
そして、ドラコ&邪神側は、私をずっと前からマークしていて、いよいよ最後のけじめる時がやってきたと判断したからでしょう。彼らも滅びを覚悟しているのです。新神話にも書いているように、彼らにいよいよガチの暗黒帝国へのギャンブル的ジャンプの時がやってきたもようです。新神話の誘導にしっかりと捕捉されているのも彼らなのです。
AI戦争の新たなフロンティア 2-16
https://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-new-frontiers-in-the-ai-war.html
コーリーは太陽系内からのAIの除去を言っていますが、それはドラコ側に油断させるリップサービスにすぎません。
本当は、この宇宙はおろかもしかするとすべての宇宙からの脅威の除去になるのです。AIという癌因子がどこまで浸潤しているかを調べるより、すべてを根底的原理から変えてしまう大建て替えが今回、講じられることになっています。かつてのウイルスの行動パターンの通じない新たな原理が適用されるにあたり、せっかく進化してきただろうはずのハウツーの蓄積からしておじゃんになります。すべてゼロからのスタート。そして、今度ばかりは邪悪の胤をいっさい容れない世界になります。