ツイートのバックアップ 1/14~2/9

創造主が創ったのは宇宙創造を楽しむ子孫だった 
彼らは被造物に隷属するための存在ではない

https://twitter.com/1st64503291/status/1343794269606146049
から続く

1月24日
もしかしたら、もうこれしかないってことね
いちおう、わちきはこの件に関してのアドバイザリースタッフじゃけん
まあ、待っちょったらよか
がははははは

引用ツイート
望月火日守弥右衛門
· 2020年8月22日
私が敢えて調査しているのは、正邪の根源まで辿るためなんせあのイベントのアドバイザリースタッフじゃけん
お蔭さんでまさかと思うような真相これも私の求めに応じて作られたフェイク解答なんだろうけど確たるリングを得たとして、天帝の御前会議で発表するのだろう
新世界へのアドバイスと共に

2月6日
これ今とても大事
現役医師たちの言葉
https://golden-tamatama.com/blog-entry-brave-japanese-doctors.html
人は権威ありげなものを信じたがる
かつて正論を吐いたからマスメディアがそのまま正論を吐き続けてるとすぐ信じてしまう
垂れ流される情報に乗せられ不利益を被らされているかも知れないのに
そんな類話が並行的に今いくつも流れてるね

どうでもいいマスゴミ情報の真偽などどうでもいい
重要な我々の進路を決めるようなプロパガンダが真偽を確かめられもせずまかり通るようにしたのは、他ならぬ庶民ですよ
未来人が言った”あるんですよ、別の脅威が”
民主主義を失うに至る別の脅威のこと
その中にマスゴミ洗脳があるんでしょ?

マスメディアなど、誰かに雇われてるだけ
雇い人の言いなりになるに決まってるじゃないか
おカネになれば何だってする
みんなの未来がどうなろうと構わん連中じゃないの?
そんな連中がいっせいに一方向を向いて宣伝し出したら
大衆はその方向が当たり前のようにして進み出すのかね

ビデオに映る未来人の慟哭の中には、祖先だった人類の、創造時に強く条件付けされた”架空のものを信じてすがる遺伝子”ゆえに陥る危険性を指摘したがっている様子が伺えたんだよね
人類は全能の神が創ったという幻想
それが自分たちを優秀だと勘違いさせてきたことを
きっとどこかで知ると思うが

2月8日
地球人の進化的子孫の未来人は”創造主”はいない(ことが未来にはわかっている)と言った。インタビュ担当者はキリスト教徒のようで必死に食い下がったけどね。私も創造主は存在すると信じる。が、未来人がそう言う事情はわかる。それは啓発の言葉でもある。人類は”騙されすぎ”てきたということ。

全能の創造主が創ったものは我々の魂の中に居る子孫としての神の火花それだけ。子孫の各自が親の全能性を担って創造行為を楽しむようにさせたんだ。神の火花は自ら創り上げた被造物を純粋観照者の立場から愛で楽しむ。創造主は個々の奥底に純粋観照者として存在していて被造物に存在したりはしない。

彼こそが意識原理というもので、我考えるゆえに我ありの根本原因だ。彼が意志を持って憶念し始めて彼の観測行為は始まった。それが今では欲望体という意識体までまとって被造物を眺めて考察し、新たな被造物を生む原動力になっている。表はチベットの死者の書から考察してまとめたもの。
null

いま目覚めることが叫ばれてるけど、神の火花がそれを望むなら目覚めの工程に立会い観照するのであって、おぞましい被造物の崩壊と激しい葛藤を避けて、そのタイミングを外して早生まれしたり早逝して純粋性を保っている者も多い。お花畑で過ごしお花畑の中で世を去る天使のように恵まれた者もいる。

あるいは知性の低い猫として生まれて、その短い一生のうちに私以上の密度の高い波乱だらけの苦労多い経験をして去った者もいる。この世という被造世界は肝試し力試しするためには好まれるように思う。私は5歳のときここをお化け屋敷と知って間違ったところに来てしまったと心底後悔したのだが。

だから、この世とは何なのか自分なりに解答を見つけ自分の識域下に収めようと努力した。その結果が仮想現実論であり、この世はコンピューターが作る仮物の世界と認識することで自らを救った。今ではそれが一層正解に思えている。では本物の世界は? 仮物が終るか破壊し尽くされた後に残るものだろう。

だから、世界の存続非存続には私はこだわらないし、そのために子孫を残すつもりもなくやってきた。そして、ただの世の達観だけで終わるなら、二度とこの世とは関わるまいというのが本願だった。しかし、そこに役割を付与するお方がいて、新たなタイムラインをもらえたために有意義さが出てきた。

私は2000年で去ることになっていた。そこに新たな時空が追加されて今までやってきている。前の時空との間には過去において多少のずれがあり、いわゆるマンデラ効果のようなことがあった。そのような経験を実感した人も多いだろう。というのは、2000年問題がクリアできずに滅びに瀕したはずだから。

以後は役割に生き役割に死ぬことを念頭に置いているため、それが満ずるまでは、というのか、九死に一生のようなことが今まで何度かあったが、この世に留まっている。その役割はこの世の善悪の有様を最大限つぶさに調べて記録することと判明した。それを以ていずれさんぬる処に上奏することと心得る。

調査能力はどうやら前の時空での探偵力、集中力とやり遂げる根気が買われたようだ。そこに移情の能力も備わっているのか、調査対象の心に寄り添いその心情が理解できる。また鳥瞰的視野に立ち別角度からものを見ることができる。その程度ではあるものの、一般人としては上々ではないだろうか。

2月9日
ネガ感が強く漂うゆえに余人の立ち寄り難いサイトがある。In Deepさんのサイトだ。しかし、そこに記される内容は的確に要所を言い当てていて、もし我々がポジの心であったゆえに新世界を迎えられたとしても、この一々の問題提起が将来的にクリアされることが大事になるだろう。https://indeep.jp

深く地獄の底まで探ってその実態を的確に掴んでくるすごい能力者もこの世には必要だ。きっと彼の資料が後々規範にされることになると私は思う。彼は英語を読めなかったそうだが、あるときからすらすら読めるようになり、幅広い情報収集が可能になったとの事だ。毎日一記事を書き上げる能力もすごい。

L.Jさんが水晶透視で見た西暦3000年のクリスタルな未来には、良い宇宙人も加わり新たな地球人類が文明を営んでいるらしい。そのとき、かつていた先賢が地獄の深みまで潜って心で涙しながら集めた問題集には、一問余さず解答がなされて世界に反映されていることだろう。そう願いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です