ツイートのバックアップ 4/8~13

巨大な光とは反対のもの
https://twitter.com/1st64503291/status/1247866211569827841

4月8日
3行目 巨大な光とは反対のもの
有益な太陽光とは正反対の有害な電磁波や放射線のことです。人類だけでなく、地球のすべての生態系を絶滅させるためのものです。それに加担する人間は地球に巣食った癌で、自らも滅ぶことを知ろうとしません。

引用ツイート
望月弥右衛門 · 2月18日>この惑星上のすべての哺乳類は本能的に周囲の環境と自然な平衡を発達させる。だがお前ら人間はそうじゃない。お前らは、ある地域に移動したら、すべての天然資源を消費しつくす。生き残る唯一の方法は他の地域に広がることだ。地球上にこれと同じパターンをとる生物がいる。何だか知ってるか?
このスレッドを表示

4月9日
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202002270000/
>5Gで使用される 60GHz周波数帯は酸素分子を吸収するスペクトル。分子レベルで電子の軌道を狂わせ、血液中のヘモグロビンと酸素の結合能力を阻害。つまり酸欠になる。
>5G基地局は中国全体では13万基の展開、昨10月から試験運用を開始した武漢では1万基が展開され・・
コロナ詐欺 – Walk in the Spirit:楽天ブログ​今回のコロナ騒動を簡単にまとめると、https://twitter.com/HenryMakow/status/1232352763914354692計画は次のように見えます:5Gを世界中に展開、一方で同時に「感染拡大するコロナウイルス」に関係する病気に大騒plaza.rakuten.co.jp

>*コロナの本来の意味は、放電時に出る白/青白い光のことで、特定電波で発症するゆえコロナウィルスとなる・・
なるほど、コロナには二重の意味があったのか。合点合点!!
数年後にはご本尊からのコロナショックが、きっとくるー
キルショットともいい、小さかしいコロナフェイクの元締めから焼尽だ。

COVID-19PCR検査で検出されるウイルス
https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12587844131.html
インフルエンザAウイルス(H1N1)
B型インフルエンザウイルス
呼吸器合胞体ウイルス(B型)
呼吸器アデノウイルス(3型、7型)
パラインフルエンザウイルス(2型)
マイコプラズマ
クラミジア
ざ、雑貨屋ではないんだな、病院は

4月10日
コロナの評判におののいて、ザルみたいなPCR検査に引っかき回されてるってことはないのかな。安部氏はつゆ知らずとは思うが、積極的検査体制をとろうとしなかったのはまともだったかもな。
私はこの世の探偵をする気は全くないのだが、ここまで魑魅魍魎度が深いと老婆心したくもなるなあ。

そ、そういうボクは、小さいときからアスペルガーだった可能性が、あるんだな。問診判定で7割該当すると出て、小さいときにはなかった病名なもので、驚いてます。これでも親父の医学書を小六で読みきったお蔭で、博識と同時に、身体からして魑魅魍魎と知って心臓神経症というお釣りをいただきました。

そんなに病名を作ってどうするの。医学が発達したって? 煩悩の数108つから108万個にしただけでしょ。中年になって、仮想現実論を自分で作って、どうせこの世はそんなとこ、そおじゃないかえ皆の衆って気持ちになって今があります。死ぬまで生きてるってことで、何がおかしいの。猫の潔さが羨ましい。

さあて、近日中にサクアソフーのカチナ踊りが執り行われるのかな。この5月までには青い星が金星の大きさくらいには見えるそうです。https://indeep.jp/the-end-sight-is-everywhere-april-2020/

私も2年前にホピの青い星のカチナに触れましたが、これがこの時代の最後のイベントになるのかも知れません。https://bit.ly/2JTxpKb

次の時代は5次元以上、大建て替えすれば一元性世界・プレローマにまでなるのでしょうが、どのあたりになるのでしょうね。それこそ、それまでの世界(時代)は”塞えます黄泉戸の大岩”で通行遮断、これこそロックダウンとも言い、いま流行の言葉でもありますが、次元と時空の断絶といった感があります。

いやあー、いっぱい出てきますね。
もしかしたら911と似たようなフェイク騒動かとも思えてきますが、ほんとうはどうなんでしょう。
1,2年後にようやく真相が分かることになったりするのかも。
その前に、無駄死にしないでくださいよ。
https://golden-tamatama.com/blog-entry-fake-movie-shimin-reporter.html

検査数を大幅に増やした。検査キットはコロナ以外に前の7種類のケースを陽性判定したとすれば。何が目論み?
大恐慌に拍車をかけて、ハイパーインフレの末、糧断して飢餓による死者を生み出そうというのかなと思ったりもしますが、単なる杞憂でしょうか。この世に関しては素人なのでようわかりません。

4月13日
デイビッド・アイク氏の伝説的な動画の中身:コロナ騒動後の展開予想
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12589386297.html
>「コロナウイルスの陰謀:コロナはいかに私権を奪い、国民経済を破壊するか」
新型コロナウイルスは存在しない。新型コロナ(COVID-19)はインフルに似た症状にすぎず、原因はさまざま。しかし、今や全て

コロナと診断するため、その数はますます増えている。
>5Gのような強力な電磁波は自然に備わった免疫系を破壊する。電磁波で傷ついた細胞と新型コロナに感染したとされる細胞は、顕微鏡で見るとうり二つだ。
※ あとは上記ページを参考に

———————–
階段から落ちても、末期の肺がんも、心臓病も、病院で陽性が出れば、死因は新型コロナになる。イタリアでは99.9%がそのように診断されている。

都市封鎖の下、ほんのわずかなグローバル独裁者が世界人口の半分を自宅軟禁に追い込む。これがコロナ詐欺だ。そして5Gを導入する。

5Gはとてつもなく強力な電磁波を出す。人間の脳を含めた肉体は電磁的に機能する。精神病も体の病気も調和を欠いたときに起こる。

「【再掲】オランダで5Gの実験が行われると同時に鳥が大量死する」

「スマホ5Gエリア拡大で自殺・うつ病が急増・猛反対の住民運動]

「WiFiやスマホの電磁波が生物に与える影響が一目でわかる写真」

「携帯・機種別の電磁波の強さ一覧と発がん性について」

「子供を携帯電話の脅威から守ろう」

中国で最初に5Gを導入したのは、コロナ感染爆発直前の武漢だ。

5Gの電波塔は世界中に急速に造られている。夜間工事までして。

住民は孤立し、自宅軟禁されているから、抗議できない。

41カ国の科学者・医師が中止を求めたにもかかわらず、連中は2019年に5Gを導入した。

英上院議会で「人体への影響調査を何回したか」と質問されたが、通信会社は「0」と答えている。

超サイコパス(精神病)のイーロン・マスク(スペースXやテスラ自動車のCEO)は5Gの悪影響を知りながら、さらに地上に照射するため、4万2000の人工衛星を飛ばす計画だ。

「宇宙レベルの危険性をはらんだ5G通信:5Gが人類にとってのエンドゲームか?」

視聴者のニューヨークのある医師が、新型コロナ肺炎で運ばれてきた患者の状態が見たこともないものだと証言してくれた。肺が3万3000フィートを飛んだ状態と同じものだったという。5Gが出す60GHZの周波数に当たれば、血流が十分な酸素を吸収できなくなるが、これと全く同じ症状だ。

5Gの普及で「新型コロナ」の死者が増え、都市が封鎖される。学校が閉まり、5Gがますます導入される。一度導入されれば、精神的にも肉体的にも、人々を操ることができる。

過剰反応で、病院は空。刑務所のよう。通信省(BBCのこと)のアナウンサーは、5Gと「コロナウイルス」の関係に触れてはならないとくぎを刺されている。フェイスブックやグーグル、ユーチューブのようなシリコンバレーの大企業はそのような情報から人々を遮断しなければならない。

自宅軟禁させているのは、民衆が一緒に抗議できないように。その間に5G電波塔の建設を急いでいる。

超サイコパスのイーロン・マスクが衛星を飛ばし、塔を建てているのは、科学技術によるサブリアリティー(亜現実:AIと脳を接続し、制限された現実と夢に没頭する世界)を全人類に、古代惑星全体に創りたいから。

同時に、ワクチン注射の中にナノテクノロジーのマイクロチップを混入したがっている。体内に入れたこれをアンテナに5Gの制御格子(コントロール・グリッド)と通信させるために。これを推進しているのが、ビル&メリンダ・ゲイツ財団だ。

目下進行中のコロナウイルス詐欺は、ある時点で都市封鎖して逃げられないよう、前から準備されていた。

流通する7種のワクチンはどれも、ビル・ゲイツが提供した。彼の財団が主催する「イベント201」は新型コロナウイルスの感染爆発を想定し、当局がどう対応するかをシミュレーションするもので、中国でコロナ感染爆発が耳目を集める6週間前に開かれた。

なぜ、オーウェルやハクスリーらが何十年も前に正確な描写ができたのか。AIに至る実現目標が計画されていたからだ。

忍び寄る全体主義は、気付かれないように一歩一歩進む。

次の段階は、食料がなくなる。政府への依存はますます強まる。

「ハンガー・ゲーム社会」が急速に近付いている。
わずか上位1%が支配し、大多数が奴隷として1%に依存する社会だ。
中間層は警察軍事階級として1%を支える。

そこで、古い形の産業や雇用形態を破綻させ、世界政府に民衆が依存する経済システムを創る。
現金はカードに、次に携帯に、最後にマイクロチップというように忍び足で進める。
そのとき、現金があっても何も買えない。完全に支配するためだ。

私は30年間笑われてきた。この3週間は危険とは思わない。
これからが素晴らしい転換点だと思う。
多数の人が力を自覚できるかが行方を左右する。
カルトは標的とした大衆を説き伏せて力を見せつけている。その力は幻想。呪いは解ける。
幕裏が見える機会だ。彼らが無力であることが分かる。

人間性を狭い箱に閉じ込めておくと、無力にできるから、そうしている。
しかし、箱から一歩出れば、無限の力を知覚する。目を開き、知覚を開き、心を開けば、監獄の壁は消え去る。
誰もが全員、真の力を取り戻す。
気泡の中であらゆるものを五感のみで感じていた。
自己を来歴や民族や性別などに規定して。天性に気付けば、永遠の創造性が現れる。
 正しいと思うことを恐れず、結果を疑わないこと。カルトが脅すのは、恐怖が支配の通貨だから。
 分断と統治が彼らのやり方。だから、多様性を認め、他人に価値を押し付けないこと。不幸が始まる。特異性をたたえ合おう。心を開き、五感の幻想を打ち破るのを待っている。
———————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です