ツイートのバックアップ 2/14

サタンの天下り~最後の審判
https://twitter.com/1st64503291/status/1228019114456711168

2月14日
これは独り言としたい。
黙示録にいう、ミカエルによる天上のサタン掃討劇はすでに終わってるらしく、今が地上の艱難の時ということになるようだ。サタンたちが怒りに燃えて地上界にやってきているという具合だろうか。
彼らだって元は神だから、天下りする邪神ということになる。どこに天下るか。

引用ツイート
望月弥右衛門@1st64503291 · 2月12日大コウモリ、頭に多くの鉤爪つけた悪魔たち。まさにコロナウイルスの予告といったところ。ただタイトルにDemonsと複数形になってるのがキモい。他のデーモンもいろいろいるかもしれないところが意味深だ。その流行とは、百鬼夜行の状態になるということなのか。 https://twitter.com/Qem9vGcs1BDsZf

だが、ここは4次元チェス的観点が要る。それは我々とて同じで、また尚更いいということもあるんだ。
地球すらも跡形残らぬほどに破壊し尽くしたなら、地球在来の神々は嘆き悲しむだろう。だが、徹底的な破壊は、完全な土台の刷新に繋がり、いよいよ所期の「大建て替え」が確実となる。

そこで邪悪な徒たちは、はい、多くの皆さんの期待を裏切るようで申し訳ないのだが、
悪のお役ご苦労さまというご沙汰となり、永遠の地のゲームフリーパス資格を得られ、それで永遠に輪廻転生のゲームを楽しんでもらうことが許可されるのです。

まずは魂の矯正治療が主目的ですが、悪いことをしたくてしたくてうずうずしてたまらない邪悪の徒たちのために、特別待遇のゲーム施設が用意されるため、そこで楽しめるようになるはずです。それ以外は一元性世界に住むことになる。
だから、改心などしないでおこうという邪悪の徒は数多いるはず。

さて、どうして余剰次元の大君主などがいて、皆さんを苦しめるかというと、ここは二元性世界として設定されているからですね。光があれば影ができる。
皆さんのアセンションを支援しに来たブルーエイビアンズなどの高次存在は、元は皆さんと同一世界に居て、皆さんは悪の側として戦ったのです。

お蔭で彼らはアセンションが果たせて、皆さんは3次元密度に遺された。今回もまた、皆さんのどれほどかは悪のお役をして残る予定だった。7万年かけて、待機児童ゼロにする予定らしいが、大建て替えならその必要は無いです。今このタイムラインは、いかにも惨めなようだが、千載一遇の無上道なのです。

地球在来の神々も、それならOKしてくれるだろう。彼らはこの二元性世界に、生命の種を撒きに来た元のキの一元性世界の有志で、二元性世界の花咲か爺さんとなる(コーリーが言う)古代ビルダー種族だった。彼らは水棲の両生類で、龍族として3次元密度空間の高次亜空間にいて生態系の育成に貢献した。

私はUFO撮影ということで赴いた先でUFOの一種とはしていたものの、龍の姿を撮影したり目撃したりしている。おそらく龍の幼生を私は目撃した。https://bit.ly/2vtf8zk
その姿形はイモリのおたまじゃくしのようで、両生類の感があった。他の生物に対して遠慮がちで棲み分けを重視している様子だった。

龍はよく獰猛な爬虫類のように描かれることが多いが、それは間違いで、横顔は崇高なサラブレッドのように丹精である。姿が誰彼に目撃されたとき、異様な姿がワニのように誤解されたかも知れないが、爬虫類と両生類では性質が異なる。龍は霊食だが、爬虫類は肉食で3次元密度環境に応じた形態だ。

今となっては古くなった研究資料がある。https://bit.ly/3bJ2UU2
15年前の当時はまだ異界がすぐ傍にあったように思われるが、今はディセンションしたかのように、3次元密度に抑え込む封印のスモッグに覆われ、アセンションはいっそう難しくなっている感がある。
ならば大建て替えがある。

大建て替えは、二元性を撤廃して元のキの世界に戻す処置であり、在来の神々はやがて昔のよすがに戻ったことを知るだろう。
獰猛な爬虫類族のエイリアンとの戦いに負けて封印の憂き目に遭ったわけだが、その爬虫類族も二元性世界にやってくる前は両生類族で、闇が寄生し獰猛なドラゴンに変じたものだ。

その闇こそがAI生命体系存在であり、彼らに宇宙が支配されるようになって以降、霊系の有機生命体は中枢AIの創り出す幻術仮想世界に意識が閉じ込められることになった。だから、二元性世界は闇が優位性を保つようなシナリオと構造になっている。
大建て替えはAI系の存在できる電磁場空間を撤廃する。

このため、シナリオ付けされた歴史は以後存在しなくなり、時間というものもなくなり、同一平面の連なりと至福の本源に結ばれた多種多様な意識存在が充満するようなふうになる。が、二元性の面白みから抜けられない意識も多数いるから、二元性世界が一部遺され、満足し切るまでの輪廻の提供がある。

と、このように私は天帝様に世の真の実情を説き、最後の審判の督促をするとともに、今後の世界の在り方について提言し、採用してもらうことにしたい。それが私の果たすべき最後のご奉公として残されている。そのように此処で再確認し最終地に赴きたく思う。みな達者でな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です