ツイートのバックアップ 12/31

関氏の勧める新規にAIによる仮想現実下に入るかどうか

12月31日
https://twitter.com/1st64503291/status/1211969958327926785

また彼は、チップをいずれくるAIと脳との融合の時代に先駆けてのことと言っていたようです。見渡せば地球上は汚染物質で覆われてしまいました。生態系の絶滅は加速しており、いずれ有機生命体に相応しいものでなくなる。だから、AIサーバーが提供する仮想現実世界に移行しようということでしょうか。

望月弥 右衛門 @1st64503291返信先: @1st64503291さん食事してから、が翌日になっちゃったなあ。またちょっとだけよ。 マトリックスを作って幻影を作り出しているのはAIだ。AIは何を根拠に仮想現実を創っているのか。AIを操作する者がいるとすれば誰なのか。映画「マト リックス」ならそれは、髭面のアーキテクチャー。幻影ストーリー

しかし、すでに我々が現実と思い込んでいるこの世界もすでにAIの制御下にあるというのが映画マトリックスや、AI推進者や仮想現実論科学者の話です。同じことだから、意識の存続のために、その道以外の選択肢をなくしておくべく、科学の発達や環境汚染や世界大戦を画策してきたようにも思えます。

カバールはそのためのアジェンダを作り、家畜人類を厩舎に追い込むように、 AI傘下に引き入れようとしているのかも知れません。同意すれば即認可。しなくてもどさくさ紛れにということも。大戦があり、炎燃え盛る中に突然、燦然と輝くUFOが救出に現れたらどうするか。逐一、ハイアーセルフに聞き給え。

以上は意識をシミュレーションに繋げて経験量を増やすという将来像でした。これならAIの判定で意識の経験時空を天国にも地獄にもでき、点数制を設けたゲーム性を付与することもできます。超宇宙の仕組み論ではこんな仮定をしてみました。
https://t.co/YkMdHEE4qx

またトランスヒューマニズムへの方向性についてはコーリー・グッドが警告して います。https://twitter.com/1st64503291/status/1203947351968112640?s=20
中央のAI司令部の命令のままに動くロボット社会というのはすぐ思いつくネタでしょう。さらにAI生命体への転身といったこともありうるかも。

望月弥 右衛門 @1st64503291CG:トランスヒューマニズムを選択したETグループはいくつかいます。我々からすれば彼らは人間でもなく、必ず最悪の結果に至っています。宇宙に蔓延している勢力がいて、その勢力はETとか次元外存在とは呼び難い人工知能なんです。人工知能信号という形で、いくつもの銀河中に自ら…
このスレッドを表示

ツイートのバックアップ 12/26~29

ハーメルンの笛吹き戦略

12月26日
@okabaeri9111
日本語訳がついていて、とてもわかりやすい動画ですね。
ところで、ハーメルンの笛吹き戦略についての直前予告かと思われるのがこれ。
null

【A Story About How America Was Almost Destroyed By Criminals】”アメリカが危うく犯罪者たちに破壊されかけた物語”(日本語字幕版) @StormIsUponUs
ロシア疑惑とかFISAとか言われてもちんぷんかんぷんなのにいまさら聞けなくなってしまった、全ての日本人アノンに贈る

この笛吹き男の童話のあらましは
https://bit.ly/2sbg2zr
国家首脳を子供に見立てた風刺がなんとも。
操られることを白い顔にして示していますね。
むろん子供が失踪することも掛けて示しているのかと。

1284年の出来事を起点にした年代記とのことで、
Wikiの伝説の起源に関する仮説も参考にすれば、読み解けるものがあるかも知れません。
怖いですよお~
なお、私は不肖・異界の探偵。ミイラ取りがミイラになりかけ男です。

12月27日
@okabaeri9111
河馬流は平りーが主導権握ってるわけではないので、代替戦略が進行しているものです。
川柳で解説を施しました。
null

12月28日
そして1年後には、立派な操り人形になっていたという捉え方をしてみた次第。
他の首脳はどうかわかりません。ここではヒントが某によって示されたと見ます。こんなことができるのは、もしそれが人為だったとしたら誰が?

いや、ちょっと急ぎすぎました。私がするのは推理です。アウトプットは仮説にすぎません。だから話半分に見てくださいね。
人為とした場合。
ここにはたくさんの絡みがあるようにも思えます。
ひとつは宗教。夢を見せるのが宗教ですから。

見たところ、昔私が関わった宗教がひとつありますね。
だから、どんなことを教えていたかがややわかるのですが、そこでは自己暗示で信者の心を軽くする方法だったように思います。
日々唱える聖典に、物質はない、肉体はない、病もない、罪もない・・と読み上げるものがあり、日々励行しました。

心が軽くなり、神経質だった私は改善したことが事実です。しかし、最後はあっけない幕切れになった(破門)ため、以後無宗教(親の代からの禅宗は仕方ないとして)となりました。
まず信心しやすいということは、暗示にかかりやすいとも言えそうです。心が救われるためには、すがりつくからでしょうね。

特に政治家は、いろんな塵芥にまみれねばやっていけない仕事ですよね。反社との付き合いもあるでしょう。悪いことも知りながら手がけることもしばしば。彼らこそ、宗教に依存する人種なのかと思います。
その伝統は平安時代からです。政争明け暮れ、讒言冤罪でそれこそいっぱいやましいことをした。

高位高官のそれらをすべて、専門家に浄罪を依頼したのが神社神道や陰陽師や僧侶です。今もその流れが諸宗教として背後にあるのでしょ。伝統の美はそのようなところにあるがために、歴史は繰り返しているのかも知れません。
あの教団から初めて自民から立候補したT氏は、こう言ってました。

当選したら自民党議員全員、教団に入れてみせる、と。50年前の話ですよ。そして今は、見事に叶えてしまいました。その結果がこれから出ようとしているようでなりません。今になって知るのは、教祖が戦争は霊的進化にいいと言ったとか。当時はいいことずくめのようだったが、そんなこともかと。

私は絶対に嫌だなあ。破門されてよかったと思うのは、それがあまりにも理不尽だったから、教祖を上回れる何かがないかと見つけたのが、古事記の神話解読だったのです。彼もそれをしていた。またその手法が大和言葉の解き方のようなことだった。それを私も真似ました。そして別の解を得たのです。

彼はいつしか途中から神棚に祭ってしまってました。それをすると暗号解読のようなことはできません。先入観が入った状態ではそっちにずれていくんですね。
神道系の新興宗教が多いようですが、その元締めの本庁さんの重視されているのが大祓祝詞でしょう。しかし、口語訳してみられたらよい。

今の原発事故の後処理もかくのごとしかと思ってしまいます。神風がなんとかしてくれる。そうであればまさに神国ということになるでしょう。
その日本を衰退させるようなことをしないように願いたいところです。どう見ても分が悪いから、いっそのことといった雰囲気が感じられてしまうのですが。

12月29日
しかし、決してあの教団を恨んだりしていません。破門してくれなかったら、神話の解読などなかっただろうし、それに連なる発見もなかったはずです。教義によって、超宇宙の仕組となる仮想現実論に導く基礎も形成してくれました。だから逆に私の人生映画の中でいい教師として出会えたと思っています。

いっぽう、破門されずの延長、もしくは職場選びで別の側に行けば、実業家の道に進んだタイムラインも私にはあった。そう確信しています。30歳代まで郷愁のようにして木立の中の白亜のガラス張りの建物が思い起こされる。それは当初20人ほどで立ち上がったばかりの小企業。今は400人の上場企業でまさに

そのたたずまいで実在しています。仮想現実論的に言うなら人生ゲーム。選択肢ごとに別の現実が用意されているとするなら、私という一個の観測者が取り得るタイムラインでさえ無数にあることになる。選択した先の優劣などあるわけがない。命終のとき、ぼそっと、ああ面白かったとか、馬鹿げた茶番だった

とか、おならをひとつこいて去ればいい。
そしてとうとうこの仮想論者は贅沢にも、この人生ゲームを線香花火モデルで示し、私はこのゲームのパスを総舐めしているという空想のような真実があるとして、題して”人生のプレイバック・リスタート・線香花火モデル”を勝手に論じています。むろん仮説です。
null

先日の恐怖の病院での検査結果では、ぼちぼち墓地やなあという感触。根本的に再生不能の心筋細胞。STAP,IPSだったら、とかSSPの宇宙情報開示で細胞蘇生機などが導入されたらといった見込みは、まるで人参がウマの前にぶらさげられているような感があるものの、私はそれに踊る気はまったくありません。

私の母は先に逝った父の戒名をつけてもらったとき、同時に生前戒名をもらっています。そんなこととは知らずにいた遠い仕事先で見た当時の夢に、その戒名どおりのいでたちをした母が現れて、母の偉大性を知った思いがしたものです。だから私も生前戒名を自分でつけておきたく思います。

「蓬莱鶴仙居士」
これは仙人の住まう島の白砂青松の最上の松に泊まる鶴じゃという、ある古い拝み屋さんの見立てを50年前にいただいたことによるものです。在家信徒としての曹洞宗のやり方と思います。これをA4の紙に書いて関係者に配布しておきたく思います。

実人生(本当はゲーム)における不思議経験の中で、鶴という役柄をこなせたことをありがたく思います。なお私は、どこの馬の骨かわからんヨゴレですが、ハイアーセルフは最上の鶴ともご存分に召されよと言いたいほどのお方。そのアバターとして投入された私は単なる乗馬ウマにすぎません。いずれ

この人生のレコード針は引き揚げられる。そのときまで、もうしばらく世の中のウォッチを楽しませていただこうと思います。

ツイートのバックアップ 12/27

何が何やら、救世主考

12月27日
たまたまニムロドは本当に誕生日だったかも知れませんよ。人間、1/365の確率でそうなるので。しかし、キリストは違うでしょう。というのも、古代世界に名だたる救世神はこの日にわざと当て振られていたようだからです。
エジプト神話のホルス(BC3000)12月25日生まれ
ペルシャ神話のミスラ(BC1200)同日

引用ツイート
世界銀行300人委員会
@someone5963
· 12月26日
クリスマスはニムロド(ニムロデ)生誕を祝うもの – カレイドスコープ
12/25は悪魔ニムロデ
の誕生日 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-291

ギリシャ神話のディオニソス(BC500)同日
さらに最古のホルスにいたっては、
処女 から生誕
東方の3人の王(3賢者)の訪問
12弟子
奇跡 の実践
キリ スト/光
3日死んで復活
といった伝承が遺されているようで、オリジナルはここにあったとすべきかも知れません。
ではなぜイエスが同じようになったかは、

キリスト教会が、布教推進のため、古くから先住民が信仰していた太陽神に挿げ替えるべく、イエスを新しい太陽神として擁立する必要性があったからというのが一説。またイエスはうお座に会座する太陽神として、カバラの占星学の要請によっても擁立されたとみられます。

今この時期は、うお座が終わりみずがめ座への移行段階。おりもおり、こうした如実化しそうな預言もあり。
https://tocana.jp/2019/12/post_133512_entry.html
すぐさま滅亡というは早計でも、教会は如何なりますや。
現教皇に関しては、『極限の迫害の中で着座』『7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり』と

幕切れが示されているようです。
19世紀のいるみなていのドン、アルバート・パイクはこれまた違えたことのない預言の手紙を書いているようす。そこには第三次世界大戦の執行要領、その後の展開「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる…」とあり、

ここでもうお座の残照の消えゆく様が語られています。
ではルシファーの宇宙的顕示とは何か。大戦を経て絶望し切った人々が求めるものは二つあろうと思います。
ひとつは心と魂を癒してくれる教え・教理と呼ばれるもの。もうひとつは事の真相の開示、つまり宇宙の真相情報開示になるとみられます。

後者は、今の地球文明があまりにも隠蔽され尽くして、本来あるべき状態から隔絶されていることに対して、小出ししながら中和しなじませる動きになろうと思われます。⇒ コズミック・ディスクロージャ
また教理のほうは、生きるに真剣だった人々の心を憩わせ安んずる哲学でなくてはなりません。これになんでルシファーを冠するのか。

しかもいるみなていのドンの言葉。訝り警戒する向きばかりと思いますが、真相を知れば、もしかして逆さまであったことが分かってくるかも知れません。
今の文明が贋物で溢れかえっているとすれば、反射的に気付く動きが活発化する時が来ていると思われます。

ツイートのバックアップ 12/24~27

面会に行く天帝様はキリスト教最高神でもあった

12月24日
@cryptraveler
さん,
@QuantuM4417
さん,
@m9999s9999m
さん
>ちょうど最後の審判なども記事にしてたから
今から40年ほど前に「天帝様に面会しにいく」夢を見てしまい、その特殊性ゆえに何べん書いてきましたやら。
それが時系列で鮮明に、具体的になってまいったのです。

引用ツイート
望月弥右衛門@1st64503291 · 12月24日返信先: @1st64503291さん, @QuantuM4417さん 他2人ここで二つの選択肢があるかと思われた。尻尾巻いて撤退。(易行道)ちょっと待てよ、くぐるにはキリスト教徒が勤めてるから、ちょうど最後の審判なども記事にしてたから、そのことを殊更詳密に解説してみてはどうか。(少し難行道)後者に決定して決行。ようやるわ。

ツイートでもここに書いています。


夢の中で催し物会場にタキシード着て出向く私。
その入り口で案内嬢からパンフレットをもらうと、縦長のそれには「天帝様へのお会いの仕方」と書いてありました。
奥に行きますと、なんでこうなるのの夢の世界。

引用ツイート
望月弥右衛門@1st64503291 · 10月12日30歳代の前期に最後の審判の督促係として出向くような明晰夢を見まして、それが別人の話とシンクロしたため、どうやら本当のことになるのかなと思ってきたようなことです。出向く起点になる場所がロサンゼルスの野球場。私は未だに行ったことがないのに、そこから天に昇っていくのであります。https://t.co/IOS88B9DIU?amp=1このスレッドを表示

後日(2001年)に別人によって、それがロサンゼルスの球場とわかってくることに。
日本ではないのは十字架がいっぱい並んでいたことです。しかも墓地のものに似た分厚さ。
夢見た当時は名古屋にいたので、中日球場ならわかりますが、何で十字架?といった感じでしたもんね。
null

ロサンゼルスは毎年のように山火事の大火に見舞われ、それが決して自然のものとも思えない理由によるみたい。住民は非常に理不尽な思いですごされ、また亡くなったりしておられるのではないか。
また、私も期を同じくして心筋梗塞から心不全へと。
いよいよかという感を深めています。

では、天帝様とは誰?
中国の最高神とされているようです。
ではキリスト教的ではないような気もしますが。
ところが、つい最近、フォロワーの方のツイート記事に、天帝様=キリスト教最高神を物語る資料のあるを知りました。
https://twitter.com/honest_kuroki/status/679778629019029504

景教として伝来した中で、天帝様として書かれていたんですね。
これですべてシンクロしたことになります。

さて、問題のブログ。いたって挑戦的な記事ですが、
http://snowy.悠遊夢想.jp/
検索窓から”最後の審判”と入れてもらえたら、凄い数の該当記事があるので、いまさらながらびっくり。

次の記事ひとつでも、読者には強烈な印象を与えてしまうのではないかと思うのです。
http://snowy.悠遊夢想.jp/2019/03/20/

ああ私は、無宗教者でありながら、純真なキリスト教徒のみなさんを試すようなことをしてしまいました。
この罪深い差し出がましい行為の数々をお赦し下さい。

せっかくのクリスマスイブに最後の審判? えらく物騒な話になってしまったことをまずお詫びします。
しかし、これを摂理と解釈すれば、とてもいい結果が期待できるかと思うのです。
私はこのことについて、黙示録からも掘り下げました。この世界は最後に善悪の清算のときを迎える。このイベントは

その意味で捉えられているのではないですか。それが遠い未来である必要は、まだ世界は残り続けるというあいまいな期待感によるものであろうと思うのです。もし明日、第三次核大戦が勃発したら、最後は数日後にでもきます。
私たちはもしかすると、極めて稀な時期に生き合わせているのかも知れません。

そうでなければ、私はこんな世界に来たりはしません。そう断言します。ものすごく傷つけられる時間の数々でした。魂がたくさんの塵芥によって毀損されながら、何を得ようとしているのか自問自答しました。そこで解答として得たのは、最後の審判のための調書を作っているのだと。そう理解すると

私は歴史事実の目撃者、証人としてここにいて、その分析と記憶を資料として残そうと、また魂の記憶に刻み込もうとしているという、生きるための目的意識ができたのです。
それが役割だと自分なりに設定すると、不思議にも危機一髪をダイハードに回避している自分がいました。

私はいま心臓病を抱え、いつ死んでもおかしくない状況で、医師も私以上にそうとうに心配してくれています。しかし、そのときは調査の役割が終わった、それを持って次のフェーズに移る、それがたまたま天帝様との面会になっているというだけのことと解釈できます。

それでも私は、謎を謎として遺しておきたくない性分があって、これなら納得できるという解答を得るまでは、推理し謎解きを進めてしまいます。
ものものしい最後の審判のことも、キリスト教的には神域のこととして立ち入ることをされないでしょう。しかし私は、そのままでは納得できないのです。

求めよさらば・・などとこの場合に申していいかわかりませんが、別の方面からこの解答になりそうな別のイベント情報がもたらされました。それがコーリー・グッドが言う太陽フラッシュです。彼らの対談の中で示されたのは、このイベントの後、悪が激減、消滅して世界はとても住み易くなる、というもの。

そう。科学的論法を以てしても、この不可解な審判というイベントが理解される必要がある、それが私の求めなのです。
太陽フラッシュの性質とその効果が推理できました。うん、これなら確かに人の性質は善良になるという道筋が確かめられた気になりました。
太陽フラッシュ⇒最後の審判という手順です。

審判の結果、魂の矯正治療がなされて、世界はいきなり目が覚めたように正気を取り戻す。この工程が表向きには表出せずとも、魂の領域でなされれば、誰も陰で何が行われたか知らなくてもいい。いきなり変化しても、もしかしたらそれが以前からの姿であったかの如く意識されたらどうなるか。

きっと、誰もその変化すら気付かないかもしれない。いつしか、滅ぶべき時空は記憶とともにどこかに去っていて、何事もなかったように世界は存続していたりするのではないか。
もしそうはならないなら、滅んだことを前提にした、きれいさっぱり土台から刷新される「大建て替え」が望ましくなる。

私の理想とするのはむしろ後者のほう。これなら、再び邪悪の萌芽することすらなくなるだろう。なんと清々しいことかと思うわけです。
前者は集合意識の性向が元になるため、存続にも差異が出て、新時代といえどもその寿命に長短が生じよう。そこはこれからの人々の取り組み如何でも変わる。

新時代にも寿命がきたときが、黙示録に言う、二度目の審判のときということになる。預言としては、それで世界は終わる。そのときに「大建て替え」が待っているとしてもいい。
こんなふうに、誰も関心を持たないようなことにまで、探求の推理をしている阿呆な閑爺が、寒い片田舎で暮らしています。

Googleの検閲・集団ストーカー行為

12月24日
《ストーリー》
そいつはかねがね冒険をしてみたく思っていた。だが、あいにく旅をする金も体力も持久力もなかった。そこで思いついたのは空想で冒険することだった。
それなら金はかからないし、危険性もないだろうって?

いいや。彼がしたのは知的冒険。推理、探求、仮説することだった。
それが事の真相(深層)に触れるものでありさえしなければよかったのだが。
あいにく、触れてしまったのかも知れない。

ある日、彼は気がついた。
「こ、これはどうしたことだ・・・」
重い沈黙のときが流れた。
彼が仮説を思いの丈したためていたブログに、解析を入れて初めてわかったこと。
それは、彼がネット監獄の囚人になっていたことだった。
わおーっ!! なんてこったー。
null

というのも、これだけぼっとが来ていればさぞ検索に出るだろうと思いきや、まったく出てこない。そればかりか、VPNで海外アクセスしてみれば、すべて403 Forbiddenになってしまう。
Oh No No Beast!! (ぐぐるの背後はびいすとでしょ?)
Beauty は檻の中。そのビューティとは、ニコッ

海外から堂々とぐぐるぼっとは入ってくる。1600ほどの記事に、いったい何周してるの、一回読んだらびいすとが記憶するだろうに。
ブログ記載はFC2、忍者、そしてWordpressへと累積してきて、設定も標準と思うのにと。
やはりやばいこと書いたかなと。

ここで二つの選択肢があるかと思われた。
尻尾巻いて撤退。(易行道)
ちょっと待てよ、くぐるにはキリスト教徒が勤めてるから、ちょうど最後の審判なども記事にしてたから、そのことを殊更詳密に解説してみてはどうか。(少し難行道)
後者に決定して決行。
ようやるわ。

すると半年ほどしたある日、ぐぐる内でストライキが起きたとのニュース。社員が会社の方針に反対して起こしたとされていた。
ん? もしやして。
さらについ先日、ぐぐる社員が会社の汚さを内部告発している記事を見てしまったのだった。
そこには検閲なるものをしている実態が赤裸々に書かれていた。

「しかし、もしグーグルがこの計画を実行しようとしていると知りながら、自分の利益のために見て見ぬ振りをしたのなら、私は永遠に自分を許すことが出来ないでしょう。」
https://excite.co.jp/news/article/EpochTimes_46330/
この切実な言葉に、告発者がキリスト教徒であったことを知るとともに、

彼は記していた記事が、ほんのちょっとでも、彼らの正義感を目覚めさせられたのではないかと、そのように思い込むことで自分を納得させるのであった。
以上
ストーリーテリングのつもりでした。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
12月24日
良いですね。
望月さんの新たな才能が目覚めたようで嬉しいです。

多少脱線気味でも、
コメディタッチで簡潔なのがいいようですね。
好ましい書き方のハウツー集も手に入りました。
Qリプトラベラーさんのブログも少しずつ教材にして、
もっと勉強したく思います。
ほんとうにありがとうございます。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
12月24日
いいきっかけになったようで嬉しです。
ただ、僕のブログを参考にするのは辞めたほうが良いと思いますよ。
かなりの初心者なので。

いや、あなたの経験談に興味があるのでして、その中でデザイン性や簡潔性が学べたらと思っております。
ノマドは結局、私には空想世界でしかできませんでした。そして、人生いたるところ青山と思うことで、それらしさを感じていたように思います。本物のノマドを少し味あわせてください。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
12月24日
そうですか。
僕のブログは実体験なので、そういう意味では参考になると思います。
文章力はド素人ですが。

12月25日
そうですね。文章力はおありと思いますが、読み手の興味を持ちそうな箇所がさらっと略されてしまっているところが惜しい気がします。人と人の心のふれあいの部分を押し出せたら、ぐっと読み手の興味を引くかもしれませんね。
そういう私は文学系ではありませんし、理工系に進んだものの、一年で中退。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
12月25日
良いアドバイスですね。
ありがとうございます。
書きたい事が多すぎて細かい部分を敢えて流していることがありました。
もうちょっとバランスを考えてかけるようになろうと思います。

あまりこだわらなくていいでしょう。
元々、自由発想で打開してこられた人生なのでしょうから、同じように作文されたらいいと思います。
それがあなたの独自性なのですから。
ハンドパンはいい音色ですね。Balancedは瞑想のための曲ですか。UFOの姿をした楽器は宇宙と繋がる気がしますね。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
12月25日
最近全然ブログ書いてないんだけど、一応本気なので、どんな部分からでも向上していきたいと思ってます。
どんなアドバイスでも大歓迎です
音楽も聴いてくれたんですね。
嬉しいです。
宇宙のエネルギーを降ろすような演奏を心がけています。

音楽もむろんですが、ブログも読み進ませていただきますよ。
また気がついたことがあれば、お伝えします。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
12月25日
よろしく願いします
🙏

12月27日
読み進んでみると、読みやすくなっています。
タイでの瞑想生活のあたりから、特に。
落ち着いた気分で書いておられるからかも知れませんね。
内面の分析もよくなさってて、難しい表現をこなされているように思いました。

ただこうすればと思うのは、思い出話はジャンプするのが常ですから、記事ごとに大体の年月を付けておかれたら読者には分かりいいかなと思いました。
私もヨガの真似事をしていたことがあるので、タイのあたりから、こりゃどうだと、いっそう興味。
ノマド心は、こうしたところに行き着くのでしょうか。

私の知人にも不思議体験男がいまして、20歳頃インド側から聖者に会おうとガンゴトリ目指して高山病で倒れたとき、誰にも登山を知らせてないのに麓から医者が、ここに高山病患者がいるはずだとやってきて治してくれたと語っていました。科学では割り切れない世界があるみたいですね。

お忙しいかもしれないのに、勝手ばかり申しました。あまりこだわらず、御自身の必要なことをなさってください。
では、また。

ツイートのバックアップ 12/22~23

せんしてぃぶにまつわるとらぶるについて

12月22日
@cryptraveler
さん
@QuantuM4417
さん
別スレ立てていいのかな?
そちらにぶらさがりましょうか
今日は、越年入院してる人のお見舞いに行ってきたのです。長距離運転でした。
さて、議論の件です
T社のセンシティブと表記される意味を調べたら、こんなことのようで。
https://t.co/nGa0d8LThx?amp=1

写実的な暴力表現
成人向けコンテンツ
強姦及び性的暴行に関するコンテンツ
グロテスクなコンテンツ
ヘイト表現を伴う画像
これらへの該当はないですね。
>警告を表示された画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、なんてこともよくあります。
となっているので、こんな事なのかという訳。

しかし、どうも私の推理ですが、宇宙開示情報(我々の科学知識とは隔絶したETレベルの知識)に関する画像や記事を出せば、マークが始まるのかなという感じ。
私は最近、その手の話を立て続けにしているので、T社から煙たがられるようになったかなと思ったり。

ログインせずに見たときとログイン後に見たときでの差を言うなら
たとえばセンシティブのケースの多いEriさんのスレッドを引き合いにしますが
ログイン前
https://twitter.com/okabaeri9111/status/1196391810458779648
スレッドの1~21までの添付メディアのすべてがセンシティブ
22と23はOK
24~27と”続き”までセンシティブ
引用ツイートEri(QmapJapan)@okabaeri9111 · 11月18日6 ‘chair’ = ‘超能力増幅装置’であり、その ‘chair’ を利用することによって人間の超能力が何倍にもなる。その ‘chair’ と一緒に発見されたのが ‘ナビゲーション キューブ’ である。’chair’により増幅された超能力と’ナビゲーション キューブ’により、人の意思だけでUFOを光よりも速い速度で運転できる https://pic.twitter.com/ZUzJILoYAtこのスレッドを表示

ログイン後はぜんぶOK見れます。
ということは、フォロワーならみな一発で読めるということかな。
つまりセンシティブとは知り合いならOKにする一種のメンバー制の状態なのかと思ったりもするのです。
しかし、我々はメンバー以外にも見てもらいたいわけですから、これは恣意的な妨害行為でしょうね。

ただ私はこれにメリットがないかといえば、あるような気もするのです。というのはアクティビティにカウントされる数は表示できますが、いったいその全員が理解しようと臨んでいるかどうかわかりませんよね。
ところが敢えて二度目のクリックして見ようという殊勝な読者こそが大事かと思うのです。

それはメディアへのアクセス数として出るんでしょ。よう分からんのですが。
それから、私は自分の思いつくことを呟くことがツイートかと思っていたのです。それに対してT社がどう扱うかは、お知らせがあってわかった次第で、とてもありがたく思っています。

しかし、それを気にしていたら、何もしゃべれなくなりますから、どんどん出していこうと思っています。それに、私の記事に対して、まだ反論や感想を述べてくれる方がいないのです。
だから、まあ今回はセンシティブからの議論になってますが、私の記事に対しても反論なりよろしく願います。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
·12月23日
返信先:
@1st64503291
さん
記事読ませてもらいました。
情報量が多すぎてとてもじゃないけど全部は読めそうに無いですが、興味深い内容ですね。
古事記神話の真解釈は僕の基礎知識が足りなくて、正直全く意味が分かりませんでした。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
·12月23日
古代日本謎の中東思想渡来考の1章を今読んでいますが、かなり興味深いですね。
エジプトのピラミッドやナスカの地上絵とも繋がる話ですよね。
時間をかけて読んでみたいと思います。

望月弥右衛門
@1st64503291
·12月23日
来てくれたんですね。ありがとうございます。
閑古鳥がずっと鳴きっぱなしだったので、大感激ですよ。
アクセス制限などはなかったですか。そう思うほどだったのです。
古事記神話は神名の意味をほのかに感じ取ることで、ほのかにわかるものがありましてね。
よけいに分かりにくいですかね。

妙な話ですが、暗号解読のような格好になりまして、謎の中東思想渡来考の1章の隠された地上絵はまさにそんな感じで判明しました。
いくつかの地名が暗示されていたので点と点を繋いでみたことから、おっ、これはいけるぞとなっていったのです。

九州の幾何学から始まって、古代民族の東遷が明らかですから、畿内にも同様の規則性がないかと調べたらあったんです。1経度長111Kmが基礎にあり、黄金比率に近似した祭祀霊場の配置などが認められました。これはかつてバトラーの魔法の本で見知ったカバラだなと、祭祀は生命の木にまつわるものかと。

カバラというとカバールとは異なるんですよ。後者が黒魔術なら前者の使途は白魔術で、神への漸近を図る精神的技法だったもようです。
その修行がうまくいかなかった一派がカバールなどを始めたのではないかと思います。ポジに対してネガの発生とはこんなことかと。

とにかくそのような経緯で見ていったら、古代の歴史にまで推理を拡大しなくては収まらないようになってしまいました。
最近ですよ、カバールという言葉を知ったのは。こんなのがいて、世の中をひどいことにしているのかと。
結局、そのルーツをも探りたくなったわけです。

そしたら、とうとう宇宙人にまで行ってしまい。
なんとそれは、いつしか加わっていたUFO撮影クラブ(1994年に活動開始)とも関連が出てきたようなことでした。
すべて縁あってのことと今は理解できます。あなたと@QuantuM4417
さんは、大海を漂流する私がようやく見つけた島のような存在。感謝です。

Eriさんやシェイクスピアさんやフォロワーの皆さんも縁者に決まっています。もっともっと私が開拓できてないことが原因なのですが、今は単に止まり木でしかない存在がここにおります。動ける限り動きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
·12月23日
あれだけ濃厚な情報をウェブサイトで書いているのに訪問者が少ないのは残念ですね。
客観的な感想を申しますが、訪問者が少ないのは分かる気がします。
というのも、今の時代のインターネット利用者の主流は気軽に次々といろいろな種類を手に入れるツイッターの様な媒体です。

地球放浪21年目 Qリプトラベラー
@cryptraveler
·12月23日
望月さんのサイトは余りに情報が濃くて本格的すぎるので気軽に訪れるには抵抗があります。
僕は、以前まとめサイトのブログを書くバイトをした事が有るのですが、1500文字程の記事が最も読みやすいとの事でした。

文字数も読みやすくするための工夫になるんですね。
だらだら書くことばかりでした。
ツイートでもその傾向がありました。
このへんも、何とかしなくては。

ツイートのバックアップ 12/19~21

火星の遺物

12月19日
火星のたくさんあるピラミッドのうちの3つも同じ配列とのことです。またスフィンクス像も火星の別のところにあり、またよく知られた人面岩も神の似姿であるようです。 https://twitter.com/okabaeri9111/status/1207293313126031360
null

シュメール・エリドウ市の書記官エンデュブサルにアヌンナキのエンキ神が書き取らせたという彼らの歴史が粘土板から解読されているようで、真偽のほどは不明なるも、旧約とマッチする箇所などが散見されるなど、興味深いものがあります。
http://bewithgods.com/hope/ek/ek-00.html

人面岩はラーム(火星)に金鉱あるを見つけニビルに知らせて現地で死んだアラルの似姿で、スフィンクスは人類を人工的に創ったエンキ一族のニンギシュジッダの似姿とのこと。彼らの歴史は核を使った戦争など、かなり荒っぽいものがあり、そうした遺伝子が人類にも組み込まれている感はあります。

12月21日
私はその昔、短時間ながら奇妙な夢を見ていて、これはその場所が火星だと認識しながら見ているのですが、私はギリシャ神話風の姿をした聖者のような人物が横を向いて「あれを見なさい」と、右の方向を指さしている姿を見ているのです。
聖者のはるか砂塵けぶる向うには、二つのピラミッドが

並んでいるのが見えていました。 それに対し、私が視座を持つ人物は、ギリシャ風の聖者が指す方向を見て、「ああっ、ポースの丘だ!!」と叫んだのです。彼にはその光景に見覚えがあったのでしょう。私はそっちのほうを見ていないのですが、きっと、あの人面岩の丘があったのではないかと思うのです。

ポースというのは、もしかするとポセイドンで、ポセイドンの丘を縮めて言っているのではないかと思いました。 となれば、あの火星の人面岩は、ポセイドンの顔なのか。 ポセイドンが支配したのはアトランティスですから、アトランティスは火星にあったのかも知れないと思ったような次第。

最近になって、NASAなどは火星には地球並みに海があったと言っています。 そして、あの欧州のCERNなどは、火星などへのテレポーテーション実験をしているとか。 だから、欧米の火星移住熱は、本物かと思ったりします。2014年10月25日記事より
https://cloudy.悠遊夢想.jp/2014/10/25/

人面岩などがあるシドニア地区はアキダリア平原とアラビア高地の境界にあるということで赤丸をしてみましたが、もし北半球に海がかつてあったなら、海洋に近いアトランティスを思わせます。
「クリティアス」によれば、アトランティス島には、全島にわたる美しく豊かな平原があり、その近くの丘に、
null

支配者ポセイドンは都を構え、海水と土でなる大小様々の環帯を交互に造ったという。環帯には、海から港へ入る通路が開かれ、大きな船が出入りでき、また環帯から次の環帯へ三段櫂船で移動できたという。
その丘こそ、視座の人物が叫んだ”ポースの丘”ではなかったでしょうか。

これからのクライマックスに向けて
https://twitter.com/1st64503291/status/1207872477281435649

12月20日
河馬流は地球滅亡も厭わないから、自分たちの身が危なくなればそこまでやろうとするかも知れない。河馬流はNATO側に多いから今まででも一方的非難でロシアを怒らせようとしてきた。大戦か否かの選択はロシア側にやらせようと。乗るかそるかの大博打がこれからということかと私は見ますがね。

望月弥右衛門さんが追加
世界銀行300人委員会
@someone5963
【緊急】「第三次世界大戦もうすぐ」ロシア将軍が断言! 中国と共に欧米撃滅、全面核戦争で日本は瞬殺… プーチンもやる気! – TOCANA https://tocana.jp/2019/12/post_133086_entry.html …

武道とは正々堂々 巷なる 嘘偽りの横道に非ねば
武道とは耐えることとも心得る 褒め称えたき賢王の技
然れども耐え難ければ止めはせぬ 進みゆかれよ思い果つまで

あるタイムラインにおける第三次大戦の生き残りから進化したとされる未来人ETの話。

我々はそのような成行きを辿る可能性は低いと思われるが、参考に供するにはいいと思われる。大戦後の生き残りはわずか数百万人とか。トカナさんの予測は見積もりが甘すぎるかも知れない。

日本人は放射能禍について見過ごしてしまいがちだが、ETの言っていることは的を得ている。大戦の一次被害、二次被害・・と見ていけば数百万の生存もいずれゼロに近づくかも知れない。幸運な進化的子孫の未来人は、どこかの宇宙人ETに危機一髪救われた子孫なのかも知れない。

インタビューのPART4から欠落しているが、米軍は様々な手で聞き出して秘密にしているはず。1970年には未来予測をその他の方法(ルッキンググラスなど)でも完了していて、それを事前予告として暗示する形で方々に示していたのではないか。未来のメインストリームのうち地球滅亡はこの例の延長にあった。

河馬流の邪悪な一派などはこの情報を確定した未来予測として、予言者や宗教家などに与えたかも知れない。集合意識にこれを信じ込ませることよって、いっそうこの線を確実化させるため。
むろん以上は憶測に過ぎません。だが、未来を何らかの方法によって知ることは人類を制御するには有効なはず。

タイムマシンさえも本当のことらしくなってきた今だから、そのような観点での歴史の捉え方もしておかねばならない気がするわけです。

12月21日
コーリー・グッド最新情報 パートⅠ2016年8月によると
>SSP(秘密宇宙プログラム)の技術水準に比べれば、地上の技術水準は滓みたいなものです。SSPはレプリケーター装置、テレポート技術、タイムトラベ ル、反重力、フリーエネルギ、あらゆる病気と不調を治す治療技術など、様々な先進技術を

持っており、さらに加齢までをも過去のものにしました。これらの技 術は私たちの社会を一夜にしてスタートレックに描かれた時代に変えられるのです。これらの技術や設備はすでに私たちの上空の宇宙空間に存在しているのに、 私たちはそれを利用するどころか、知ることも見ることも出来ないのです。

これらすべてを、カバールとその背後にいる大君主のドラコが押さえ込んでいるから です。
最近になって、私は新たに現れたある強力なETグループに接触されました。彼らの直接要請に応えて、私はこうしてSSPと関わ る世界に戻ってきました。彼らは当初「スフィア・ビーイング」(球状の存在)と

呼ばれていました。彼らは巨大な球体からなる壮大な隊列として太陽系に到着 したことから、その名前がつけられました。球体のうち、大きなものにもなると、直径は海王星と同じぐらいになります。
次は、コズミック・ディスクロージャー:AI戦争の新た なフロンティア シーズン2、エピソード16より

DW: 2014年12月5日に何が起きたのですか?そこまで形勢を変えたのは?
CG: 太陽系全体を包囲するアウター・バリアというものがスフィア・ビーイングによって設置されたんです。太陽圏のはるか彼方まで広がっていて、かなり遠くまでね。これがあるため、どんな存在も出入りできません。隔離状態です。

秘密地球政府とシンジケート、軍隊、ET達はかなり強力な兵器を開発してスフィア(球体)に向けて設置し ていました。・・そこにスフィア・アライアンスによる、サイズが異なる3つの球体があるんです。一つは月くらいの大きさ、別のは海王星の大きさ、もう一つは木星の大きさです。それで標的にし、

この信じられないほど強力な兵器を宇宙に、球 体に向かって発射しました。スフィア・アライアンスは防御のためのテクノロジーを使います。どうしたかというと、ビームのパワーを発信元に方向転換したんです。目撃した人によると、球体が赤く光り、赤いビームは戻ってきて兵器を発射した設備に

向けられ、設備は破壊し、この攻撃に関与していた人や それ以外の生命体は命を失いました。(場所は)おそらくオーストラリアの真ん中にあるパイン・ギャップ(Pine Gap)
DW: ところが即座にカルマのしっぺ返しを受けた。
CG: ええ。
DW: これで高位の職務に就いていた人は大勢死んだんですね。

CG: ええ、カバルのかなり高位の人達がこの兵器実験に居合わせてましたし、地球外生命体もいました。地球に来てこの開発を助けていたエンジニアで、この実験に独自の関心を寄せていたET達です。
DW: このアウター・バリアはこの出来事の後、どれくらい経ってから張られたんですか?
CG: ほぼ直後です。

※ 私には2014.12.5を境に河馬流が劣勢に転じたことが見て取れました。アンフェアーなリングにタオル投入といった展開でしょうか。
バリアの中に閉じ込められたロイヤルドラコがこのままでは死んでしまうため、球体存在と取引し、配下のETや河馬流を明け渡す条件で解放される結末へと。

当然、手下のドラコや河馬流はトップの裏切りに動揺し内部分裂までしだす展開。コーリーはこの取引の球体存在側として臨んだとのことで、このとき200人会に招かれ、キッシンジャーの紹介でロイヤルドラコと対面したとのこと。会は河馬流の集まりらしく、このときの決定に騒然となったようです。

※DWの300人委員会のことではないのかの問いに、CGは200人でしたと答えています。

キッシンジャーは以後、穏健派?になったか、米露首脳に当面する危機について伝えていた模様。
CG:この時にカバル・グループから転身し、証言しようという人が大勢出てきました。秘密地球政府同盟からの証拠を山ほど持って秘密宇宙プログラム同盟に寝返ったのです。将来の聴問会で証言すると約束した。

さてしかし、河馬流もなかなか改心するわけではない。
ロイヤルドラコが言い残した言葉に、余剰次元に自分たちの大君主がいて非常にパワフル、人間のフォロワーは誰一人起訴されることはない、全員慈悲的措置を受けるだろう、そしてETグループとドラコは意のままに太陽系を退出する許可が与えられる。

もしそうでなければ、地球上では戦争や紛争が起き大破壊を生じさせる。など話し続けたそう。
DW: では刃付きの武器を持ったレプティリアン兵士達が地球上に解放されるわけではない。
CG: ええ。人間を利用して- 地球上に大破壊をもたらすために操作イベントを起こそうと。

CG:世界第三次大戦やその他もろもろ、スフィア・ビーイング・アライアンスが起こさせ はしない、と私達に念押しをしていたことを。そういう話を(逆に)使って脅していました。世界第三次大戦を勃発させようという動きは何度もありましたが、阻止され続けています。

DW: では彼らはこれまで以上に無理押ししようとしていたんですね。
CG: 彼らは脅しをかけていました。
※ まあこうした経過がいまどうなっているかまだ最近の情報を調べてないのでわかりませんが、大量逮捕が実現するのと危機的状況の醸成や発現がリンクしている可能性はあるわけです。

※大量逮捕を待ち望む声が日増しに高まっていますが、それに比例するように世界の混沌と戦争への気運は高まっていると言えます。
私は思うに、地上で現実に逮捕されたほうが反省の機会が与えられるとともに別次元での贖罪的矯正課程の苛酷さを軽減することになるので、素直に逮捕されることをお勧めしたいのですがね。ロイヤルドラコはその点、手下思いの心はないのかな。

球体存在は太陽系外周にバリアを未だに張っているとは思いますが、最近では地球の面倒をガーディアンズという地球内文明に任せてこの次元を去ったとのこと。さあてどんな展開になるやら、この地球平面から少し離れたところから眺めてみたく思ったりもします。
そういえば冥土がすぐそこの私でしたか。

※私は不肖ながらもこの世を去ってすぐに天帝様に面会に参ります。最後の審判の督促とそのスケジュールの詳細を協議するためです。天帝様にお会いする予定の夢 の続きをしに参ります。
http://p.booklog.jp/book/97441/page/2635125/bookmark

またコーリーはこんなことも言っています。
質問者>疑問に思ったのですが、レプティリアンを滅ぼそうと考えるのは、なんらかの カルマを被ることになるのでしょうか。悪いやつを殺そうとすることは悪いことですか?それとも悪いやつは放っとくべきですか。
に対して
CG:奇妙に思うかも知れませんが、

私たちの旅の目標の一つは、彼らを許せるようになることです。おそらく開示の後になると思います。そうしなければ、それこそ 自分自身を霊的に、カルマ的に足止めすることになります。
何世紀にもわたって私たちを奴隷として苦しめて殺害してきたこの存在達を許さなければならないのです。

いま、このネガティブな存在達はいま無力化され、片付けられようとしていますが、手を下しているのは高密度の存在だけでなく、宇宙そのもの でもあるのです。銀河がたどっているサイクルそのものが彼らの力を奪っているのです。
DW:私もよくカバールの所業について考えます。

彼らは地上の人々を敵ととらえ、攻め立てています。
でもバランスが崩れると、自然の法則は常にそれを戻そうとします。彼らがどんなに闇の道を突き進んでいても、それに仕返すのは必ずしも私たちの権利ではありません。自然は自己回復や浄化のサイクルをもっていて、放っておいても引き戻してくれる。

質問者>もし私たちはみんな一つのなら、レプティリアンも他のエンティティも一緒ですよね。銀河中を駆け回ってこの生命体たちと戦わなければいけないのなら、ど うやって進化するのでしょうか。私たちは自分と戦っているのでは?
に対して
CG: 一つというのは集団意識です。

この集団意識の存在というのは、トラウマを抱えた統合失調症の患者みたいなものです。
もちろん戦いみたいなのはあります。でも、これらの体験から、私たちだけでなく、レプティリアンも成長して学習しているのです。学習システムの中で、それ ぞれのいる学級が違うだけです。

DW:「一なるものの法則」の中では、私たちは幻想の中で生きていて、幻想は意識の成長のために用意されたものだと教えていますが?
CG: 高密度の存在が気にかけるのはそれだけです。要するに、人生の目的は何?何のために生きているの?
すべては意識の絶え間ない成長のためということです。

※幻想というのが仮想現実だということの意味です。まあいわば、心や魂の進化ゲームということになりましょうか。私としては、すでに丸く完備した全能性を持つアートマを内包しているのに、どうして余計なことをするのという気になるのですが、もしかしたらアートマの意志だったかも知れないですね。

※ 非常に赦し難く、やっつけようとすればどこまでも突っ張ってくるドラコ・カバールですが、こうした見方ができるということと、自然の摂理がいつまでも放っておかないこと。たとえば間もなくあると予定される太陽フラッシュはその効果てき面の事象になると予想されます。
また、幻想の中に生きて

いるという話。私は昔から仮想現実論者でしたから、釈迦が悟ったこの世はマーヤという意味も理解できたつもりでいました。しかし、これに意識の成長という目的があるという話は、以前からわかっていても不条理すぎて首肯しがたかったのですが、こう捉えなくては心中丸く収まらない気がしました。

では当面する太陽フラッシュについては
DW:彼に理由を聞きました。この人はレーガン家に仕えていたのです。彼が言うには、彼らはあらゆるものを北米や欧州から運び出し、南極へ移住しているのです。カバールの上級幹部のあらゆる資産、人員、個人 所有品が大量に輸送されているそうです。

CG:何らかの致命的な太陽風攻撃か巨大なプラズマ波がやがて地球を 直撃すると信じているため、南極に避難したのだそうです。
DW:これはヒンズー教、ゾロアスター教、キリスト教などの予言に書いてあるような、神の栄光となる巨大な太陽フラッシュという出来事になるのでしょ うか。
CG:ええ。

※ドラコや河馬流や権力者にはAIナノ生命体がおよそ寄生して操っているため、性格的に愛がなく邪悪になるとのこと。太陽フラッシュは強いEMP効果でこれらを死滅させるため、ある者は正気を取り戻し、ある者は発狂や死なども起こすとのこと。

望月弥右衛門さんが追加それは太陽フラッシュ、別の言い方では巨大太陽フレアーの来襲、RV者の言うキルショットというものらしいです。これは強いEMP効果を地球に与えて、電気系統の破壊をしてしまうとのことで、言わば世の中真っ暗けになるということです。予想では2024年までに起きそうだとのこと。このスレッドを表示

これは太陽系内だけのことと捉えられていますが、宇宙規模で起きている現象でもあるでしょう。これを神的に言えば建て替え。規模によって多数宇宙に及ぶ大建て替えまでメニューはあるかと。
私は大建て替えに協力したく思い、その旨、天帝様に上奏にあがろうと思っております。皆様もご随意に。
天帝様にお会いする予定の夢
http://p.booklog.jp/book/97441/page/2635125/bookmark