ツイートのバックアップ 11/1~

沖縄は狙われているのか

象徴的な事物を通して、連中は関連した出来事を暗示することが多いことを考えれば、気をつけてほしいのは沖縄だ。
2015年英エコノミスト表紙絵にあったこれ。黒で描いてある場所で災害が起きていることに注意。
null

引用ツイート
大花慶子 ハナリン
@ohanakeiko
ハロウィンの儀式ねぇ・・・なるほど
😣
とあるシャーマンが指導霊さんから教えてもらった情報では犯人は中国系韓国人ではないと。つまり中共系。日本を乗っ取りたい勢力。沖縄のシンボルを壊したい勢力。でもこれから内部告発も出てくるだろうと。日本はテロ対象の国だと気づかせるために。 https://twitter.com/shiroi_suna_/status/1190582894361600000

地獄の囚人が解放される

11月6日
囚人が野に放たれることは、日本でもありました。特に西側諸国ではこれが趨勢になるかもしれませんね。いいこととは思いませんが。

引用ツイート
blue-cle
@bluecle777
· 11月5日
オクラホマ州の何百人もの囚人が、4日、米国史上最大の減刑で刑務所を出ました
オクラホマ恩赦と仮釈放委員会は金曜日に全会一致で投票し、527人の州の囚人の刑を減刑するよう勧告しました。
もっと重い罪の受刑者が大量に予定されているのでしょうか
⁉️

Hundreds Of Oklahoma Inmates Walked Out Of Prison Today In The Largest Commutation In US History


午前9:22 · 2019年11月6日

新神話のシナリオの最終局面で天仙側がハーデース計画を発令し地獄の最下層までの囚人の解放をやるというふうにしていて、天仙でさえも手の着けられない状態になると設定。
https://redavian.club/n-myth/nmyth12yet2.html#%93V%90%E5%82%CC%8B%D9%8B%7D%89%EF%8Bc_%83n%81%5B%83f%81%5B%83X%8Cv%89%E6%94%AD_%97%DF
これを読んだ当時の彼女に猛烈に非難され、別れるまでに。

信仰の篤い人だったから、もっといいのにしてほしかったようですが、この後に大団円がやってくるというのに。
まあ当時、三人の幼子を女手ひとつでという時だったから、縁起がよくなかったのですね。今ではみな成人。よくやったと思います。

今朝6時台の夢で、車で橋を渡っていたとき、ラジオからか、ハイパーインフレを選びましたと男の声でアナウンスが。目が覚めて何じゃらほいと思ったようなことでした。
夢の話だから気にする必要はないのですが、どうしていいかもわからない以上、何もできずで一緒ですわ。さてまた買い物に。

ヒトラーへの治療は催眠術によった・・・催眠術の効用

11月1日
“治療” とは催眠術だった

引用ツイート
世界銀行300人委員会
@someone5963
· 10月29日
「ヒトラーは“治療”で怪物になった」心理学者がナチス誕生の謎を解明へ! 世界を狂わせた医師と預言者とは? https://tocana.jp/2019/10/post_120797_entry.html

11月4日
トカナがようやくこの言葉を出してくれたように思うのですが、私は50年前のお昼のゴールデンタイムに催眠術教室とタイトルした番組をやってるのを、すごいなと思いながら見ていたのですよ。人格、性格、趣向などが術者の言葉で簡単に変更できることに驚嘆。

人の脳はよく起きていても数%しか使われていないと言いますが、もし数十%にもなれば、モンスターにもなるのではないでしょうか。催眠術の効果は、人間の潜在能力の引き出しに主眼が置かれ、性格強化、性癖の矯正、人格変容、脳の活性化による潜在能力の発現が起きるという利点があるようです。

火事場の馬鹿力が施術のその場で起こせてしまったり、認識の対象を別のものに誘導できたり。例えば被術者にわさびの塊を抹茶アイスだと食べさせたら、おいしくほおばり、途中で術を解けば嘔吐と咳き込み、バナナだからと蛇を手に持たせたら食べようとし、術を解けばのけぞって逃げる、といった風に。

脳が活性化すれば、運動能力、直感力、計算能力、記憶力などは高まり、超能力まで発現しだすかもしれません。ヒトラーは一種の超能力、異界の存在”あいつ”と交信するようになったようです。
https://matome.naver.jp/odai/2146984596021108101
これは悪魔だったのか、異星人や未来人や地球の歴史の監視者だったかも知れません。

ヒトラーは自身天才的な怪物になり、謎の生命体と接触してアイデアをもらっていたようですが、そのようなコンタクト能力も催眠術で獲得できたものと思われます。
異界の生命体なら、催眠術師はそれをヒトラーの体に降臨させる霊媒師でもあったかも知れません。催眠誘導の可能性の程を物語るようです。

カバールがなぜ悪魔儀式にこだわるか。それは催眠誘導にあるのではないか。人間の潜在能力のことを知っているのは一般人ではなくカバールのほうです。むしろ一般人は眠らされている側で、カバールが資質ある者を見つけてはリクルートして、そのマンパワーを利用しているのかも知れません。

その心理的技法である”催眠術”の言葉が、やはり30年ぐらい前から使われなくなったように思います。と同時に、そのようなものはこの世になかったかのように扱われ出したのではないでしょうか。オカルトとか都市伝説のように荒唐無稽化していったかと思われます。

今では語気が弱められたマインドコントロールという、CMなどどこにでも使われているニュアンスのものに変えられていますが、これもピンからキリまで。その強度で言えば最強のものが催眠術でしょう。これは薬物など使わずとも造作のないマンツーマンの人心操作術で、密室でやれるものです。
午前9:57 · 2019年11月4日

当時、催眠術教室と同じ頃、午後2時頃から戸川昌子作の「裂けた眠り」を連ドラ放送してましたね。これもいつのまにか催眠術をかけられていた美貌の夫人が”金閣寺”という電話の言葉を耳にした途端、デリヘル娼婦に変化し顧客のもとへ。帰宅すれば、あったことのすべてを忘れて普段の生活へと戻る。

このような条件付の催眠などもできてしまうようです。昔おなじみの催眠術も、今ではエンタメの奇術としか扱われていないもよう。心理学分野で研究されているものでしょうに。それを軽々に扱った結果、世界で起きている非人間的な犯罪が、単に人格落伍者の起こしたこととして片付けられていませんか。

悪魔憑きという言葉も出てきていますが、誰も悪魔が取り憑く機序を知らないから怖がるしかない。
私の推理ですが、催眠術の実際を見て、人間は適当なプロトコルを与えさえすれば忠実にそれを実行するロボットとして作られているのではないかと思います。それが仮想現実論を私がためらわない理由です。

行動生物学の行き着いた結論は、地上の如何なる動物の行動も、信号と反応の連鎖に他ならないと見たこと。感情を持つ人間も、感情に基づく情動の詳細を見れば、ロボットのする信号と反応の連鎖を詳密化しただけで、神秘化する理由などないと思うのです。要はプロトコルさえ適切であれば、

当初与えられていた能力までの範囲で、どんな指令もこなせるようになっているのではないかと思うのです。
火事場の馬鹿力が催眠状態ではその場で指令しただけで即得られる。人間の脳はふだん数%しか働いていないが、人為的に劇的に数十%に高められれば、天才を作り出すこともできるかもしれない。

あるいは、眼前の景色を異なるふうに見てしまう。オキュラスリフトなど着けずとも人為的に白昼夢状態にまでしてしまえる。
よく催眠療法では精神力を高めるためにポジティブなイメージを言葉でインプットすれば、被験者の意識はその気になって高揚し、自信がついて積極的になれるといいます。

人前に立つたびに萎縮して胃腸を患っていた神経質な人も、気弱を克服して健康にも気が大きくもなるし、ちょっとしたことに気を揉むことがなくなって精神衛生上にもとてもいいとすれば、これは治療効果と言えましょう。
しかし、密室でマンツーマンで施術されるならば、悪用は容易かも知れません。

よく人前で揚がる人が演壇に立つとき、気弱の克服に、かつて先輩らが助言したのは、聴衆をジャガイモと思えというものでした。同様のインプットを催眠術師がしたなら、被術者は素直にそのように捉えます。催眠を解かずにいたり、繰り返しインプットされたら、彼は普段でもそう思うようになるはず。

人間? それがどうしたというんだ。何の意味もない。奴らは俺たちに奉仕する奴隷だぜ。とアーロン・ルッソに言ったニックのようなタイプの人物を作ってしまわないでしょうか。https://youtu.be/f0PDhMZf6Yc
冷酷なサイコパスにも発生理由がないかを突き詰めれば、意外とこんなことかも知れません。
「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ (2 of 2)
歌手ベット・ミドラーやマンハッタン・トランスファーのマネージャーを務め、映画のプロデューサーとしてはミドラー主演の『ローズ(The Rose)』やエディー・マーフィー主演の『大逆転(Trading Places)』を手がけ、アカデミー賞ノミネートをはじめ数々の賞に輝いたアーロン・ルーソ(Aaron Russo)が…
youtube.com

11月6日
悪用する側は、表側に立って活動する被術者を操る楽屋裏の存在ですから、催眠術というツールも、術者の姿も隠します。被術者が犯罪を犯すなら、術者は犯人が捕まる前に逃げおおせなくてはならないから、自動的に記憶を消す条件付催眠すらかけるでしょう。
要は、言葉で命令すればいいだけのこと。

あるいは犯行後自殺する条件を付加するも可能。操り人形は量産も可能。犯行と同時自殺の例が自爆テロかも知れない。
要は、人を操るプロトコルさえ確立すれば、人を使って犯罪をさせることができる。証拠も残りにくく、黒幕の側も発覚しにくいから催眠術が究極のステルス兵器になりえるのでは。

今では催眠術をキーにしてYoutube映像を探っても、コメディアンマジックの例しか出てきません。マジックではトリックとしてしか見られません。注意の死角で犯罪は行われるもの。真相が闇に封印される現状では、犯罪の表面だけ見て世直しを論じても解決にはならないのではないかと思います。

30年前から話題にされなくなったものに、地震兵器などがあるといいますが、人々の評定から消えたものが人知れず使われている可能性に思いが行かなくなっている世相のほうがよほど怖い気がします。これもマインドコントロールの典型例で世間一般が催眠にかかったような状態ということに注意が要ります。

人はみな性善であり、隣人を愛すことが本当です。しかし今は、人と異なったものが姿を見せている時代で、そのものの催眠に感染して操り人形と化したものと闘っているような状況。ちょうど人体内の正常細胞組織と癌細胞組織といった感じに思えます。
免疫力はキラーT細胞やNK細胞の保有する異物情報の

記憶をもとに異物を攻撃して破壊しますが、長く経つと記憶が薄れて免疫力低下の原因となり、以前の病気にも感染しやすくなります。
癌の場合は、正常だと仮装して免疫系を騙し、太い血管を引き量産体制をとるため栄養不良を全身に起こし死に至らしめます。
人体と日本や地球は相似形をしていませんか。

先ほどAbemaTVでアニメ「からだの細胞」というのを見て、ふとそのようなことを思ってみました。
望月弥右衛門

11月7日
↑ からだの→ はたらく
アニメ「はたらく細胞」でした。すぐ忘れるようになって困ります。
癌細胞の今わの際の言葉がADSLなもんで途切れて聞けなかったのを、無料視聴期間があってビデオを見てわかりました。
癌細胞にも言い分があることに思いがいく作者には敬意を表したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です