ツイートのバックアップ 10/20~22

全米失踪者80万人/年の怪とカバール

10月20日
まあひどい話だ。米国では年間80万人の失踪者がいて半分以上が未成年者だとのこと。メディアも話題にしないんだろうね。警察もあまりの件数にお手上げで、保護者たちは牛乳パックに失踪した子供の名を書いてもらい、保護者間で注意し合ったという。ホントのことかと思うが、証拠が出てきたってこと。

引用ツイート
世界銀行300人委員会
@someone5963
· 10月19日
2100 Caged Children Liberated and Saved by U.S Marines and Navy Seals from DeepState owned Underground Bases in California !
これは酷い。
ディープステートのカリフォルニアの地下基地で、2100人のカゴに入れられていた子供たちが、米軍海兵隊によって解放された。 https://steemit.com/informationwar/@gomeravibz/2100-caged-children-liberated-and-saved-by-u-s-marines-and-navy-seals-from-deepstate-owned-underground-bases-in-california

こうしたところが全米200箇所ほどあるとどこかに書いてあった。まるで実験動物の檻のように見えるが、何のためにと思わない者はいないだろう。エプスタイン島のような食人性奴隷、悪魔儀式目的とするには数が多すぎ。これはやはり、宇宙人絡みと思われる。いちばん身近なのはやはりアヌンナキだろう。

はじめ地球を支配下に置いたアヌンナキは、自分の星の大気の流失を防ぐために”金”を必要としたため、豊富に埋蔵されているそれを採掘するための奴隷として人類を創り出したとの事。各地の古代文明で金が蒐集されたのはこのため。文明に興亡のサイクルをつくり、最後に収穫をどっさり船に積んで帰る。

奴隷、食料、生殖用にもなるのが人類で、持ち帰って惑星間奴隷市場で捌けば無駄がない。ちょうど人間が牛馬を改良し増やし食べるのと似て、宇宙人も人間をそのように扱うとすれば。
ただ人間は知性があるため、反抗されることが問題だった。そこで地上に彼らの仲介代理店を人間を構成員にして置いた。

それが初期の神官層、今のカバールというわけ。
初めジッグラートや宇宙港にやってきた宇宙人をもてなし交渉に当たるのが神官層だった。その彼らに期限を定めた人類文明興亡のシナリオを与えたのは宇宙人で、彼らはそれを忠実に実行する役目を負った。それが今にいうカバールだったのではなかろうか。

さらに、たくさんの宇宙人種が地球に興味して実験系を作ろうとアヌンナキに提案。今にして分かるようになったが、20万年前に生物の原種を土台にして今ある動物や昆虫類の90%が創り出され、人類の知的進化に関わらせることになった。生存競争はここに発生し、人類はさながら競技場で闘う戦士となった。

こうして宇宙人たちは人類を観察して多くの遺伝子実験データーを取得してきた。今回の檻の中にいた子供たちも、いずれ彼らの宇宙船で新たな遺伝子実験の素材になるところだったかも知れない。
だが状況は2014年末に変わった。高次元存在が介入し、人類にとり邪悪に作用した宇宙人は排除となった。

しかし、地球上では宇宙人で足切りされた者や状況が掴めぬカバールがいつまでも惑星間奴隷貿易の相手が現われることを思い、誘拐を続けていたというわけだ。カバールはこうして命運は尽き、人類に対してやってきたことの罪を問われようとしている。
そのようにこの異界探偵のお爺は推理しているわけ。

むろん普通の人の信じたり関わったりする話ではない。ごく個人的な趣味の話に過ぎないから、適当にしゃべらせといてくれたらありがたい。しかし、
宇宙的開示情報なども参考にするとき、宇宙人との関わりまで範囲を広げた地球年代記が作れそうなほど、クリアーにできそうな気がする、のだよね。

10月21日
なお、言葉の混同がみられるようだから、ちょっとコメントしときますが、カバラとカバールは異なりますからね。
カバラは精神領域にもおよぶ古代科学の集大成であり、正統な白魔術によって参考にされたものであり、カバールは知的博識を以て人類を操ろうとした黒魔術師という認識をしています。

まあ、大した認識でもないですが、カバラとカバールは似て非なるものと思っていただきたいです。
これはまたトンデモ認識の拙著ですが、日本にもカバラが移入していた可能性を書いたものです。むろんカバールの流入も否定しません。1990年頃の制作です。
古代日本にカバラが来ていた西日本にカバラ由来の精妙な幾何学図形が描かれている。いったい誰が何の目的でそのようなものを設定したのか。日本の黎明期、カバラを携えた人々が渡来し、平安の国を建てようとした。歴史は皮肉にも人々の意図を歪曲したが、預言は遺って、現代に成就の時を迎えようとしている。これはフィクションである。よって預言解釈…p.booklog.jp

10月21日
最近ではカバールが表立って評判になっています。ただ悪の組織という評価ですが、それは時代の要請に彼らが従った結果という観方をします。すでにこの一連の記事で書いてますように、宇宙との関連がまずあり、文明をリサイクルさせるため、終わらせるという大目的を与えられていたと解する訳です。

聖書の文化は、時代の終わりについて預言することが多いです。それは神の与えたシナリオだから絶対的という観方をします。しかし、最近ではどうもそれは宇宙人のシナリオだったかもしれないと置き換えねばならなくなっている気がします。これも時代の変化ですね。

それについての最近の私の研究成果がこれです。
http://p.booklog.jp/book/103414/read
普通の方にはなんじゃいなといったオカルト的内容ですから、興味ある方だけご覧ください。信じる必要もありません。私は現実問題にはとんとド素人で何の知識もないのですが、昔からこんなことばかり興味したもので申し訳ない。
高御位山とウシトラノコンシン・ロマン兵庫県高砂市の高御位山は大本教の聖地として有名。古代には九鬼氏の本陣のあったところとか聞き及ぶ。九鬼氏の奉斎したウシトラノコンシンとは、大本教伝承によると、国祖・国常立尊(男神)と豊雲野尊(女神)の総称とも聞く。その両神がその昔、神代の時代に邪神の姦計に遭い、それぞれ艮と坤の方角に封印されたと言う。…p.booklog.jp

まあ平たく言えば、宇宙人の都合で与えられたシナリオだから、新しい発想の人々によって、廃止されてもいいのではないか、そうでなければまたぞろ滅亡の憂き目を是認しなければならない気がする、といったことなわけです。またつまらんことを申しました。

さらにもっとつまらん、どうでもいいことを申していいですかね。
多死社会に突入したと言う方が増えたように思います。高齢化社会がさらに前に進めば、ところてん式に”あの世往き”がふつうになるわけですよね。むろん何とか死ぬまいとする高齢者の方もおいででしょう。しかし死は必然的にやって来る。

どうも私の耳の中に、やってくるー、やってくるー・・という木霊が聞こえるようでなりません。そう私も高齢者です。
そのような方たち向けに、ひとつ童話を作っています。1980年頃の作で、HP同人サイトに載せたために、ある大学病院の末期医療現場で用途があったとのこと。
たつえばあさんあるところでひとりのおばあさんが息を引き取りました。むかし祖母から聞いた話をもとに作った童話風の物語です。奪衣婆異聞。p.booklog.jp

仏教に篤かった祖母が教えてくれた話を基にしています。人はいずれ死ぬ。この世での富、地位、名誉、人間関係にはもう関われない領域に行ってしまうわけですから、この世に遺した執着を解くことをお薦めする童話です。
しかし、故祖母が夢に出てきたとき、墨染めの衣を着た尼僧姿だったのでびっくり。

本当に童話の中の主人公をしているのではないかと思ったようなことでした。
その祖母の若かりし頃の伝記がこれです。
http://p.booklog.jp/book/104535/read
嫁入り後のこともたくさん聞きましたが、もっとたいへんな苦労の生涯だったので、ようまとめませんでした。
はつの祖母の思い出これは、教訓付きの不思議な話をたくさんしてくれたおばあちゃんの実際に生きた若かりし時代の原色の話です。p.booklog.jp

原子力村の闇

10月21日
昇格を目論む忖度裁判長がまたここにもか。安倍自民が倒れたら昇格どころか職を追われるぞ。
しかし大丈夫だ。日本が終わるまで安倍自民は居残るから、それまでに昇格が叶うだろう。
あの世では君に対する裁きがきつかろうが、それも間近だ。
と皮肉を篭めてこのトンデモ爺は呟くのであった。

引用ツイート
Masjp
@masjp72
· 10月21日
裁判長『原発から飛散した放射性物質はすでに土と同化しているため、東京電力の管理下にはなく、むしろ、農家が所有しているといえる。
故に、東京電力に放射性物質を取り除くよう請求することはできない』
一言、狂ってる国
“土から放射性物質 取り除いて” 農家の訴え NHK https://nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/10/1017.html

10月21日
原子力ムラのメンバーというのは、戦争犯罪人よりよほどタチが悪いようだ。天がこれを裁かなければ、地上で矯められるすべがなかろう。あちらに出向いたときにしっかりと伝えます。とは奇人変人の独り言。

引用ツイート
花凛♡◡̈⃝⋆*
@rinon_nn
· 10月20日
いい動画なので、拡散しようではないか。
原子力ムラって、そういうことだったんですね、河野太郎さんの説明が上手いから
為になったわ〜。
為になるから、みんな見てねー。
https://twitter.com/i/status/1185727801384558592

ゲイツがエボラを

10月21日
さすがプーチン氏、そこまでわかったんだ。
ゲイツは軽井沢に何しに来たのか。

引用ツイート
Eri(QmapJapan)
@okabaeri9111
· 10月21日
プーチン大統領は「コンゴの村人たちをエボラウイルスの実験台にした」と、ビル・ゲイツを名指しで非難した。
#製薬利権
#ワクチンは人工削減目的
#ワクチンで大儲け twitter.com/FederalistNo78…
午後6:02 · 2019年10月21日

東村山まで直線距離で100Km。国道18号で約2時間。うーん。あまり関係ないか。どうも線引きして楽しむいつもの癖が出てしまって申し訳ない。

引用ツイート
suzushiro(Aki
すずP)
@tetsu_himokura
· 9月27日
今朝娘が学校行く前に
「今ね、テレビでエボラが運び込まれたって言ってたよ〜」
と教えてくれた
おお…情報ありがとう。
…って、前にニュースになった東村山の国立感染症研究所(BSL4)にエボラが運び込まれたのか…

10月22日
朝になってみれば。エエーッ
こりゃ、負えりゃあせんぞな。
Eriさんのパワーはすごいなあ。

偽イルミの手柄話

10月21日
日本人を90歳まで働かなくてはならなくしてやった。それは俺の手柄だぞと言ってるんじゃないの。もうカバールの独善丸出しのご意見と見ていいんではないですか。 https://t.co/8ltF138gM3

10月22日
カバールは少人数で目立たないように大衆を支配するのが常套のように思います。だから、抜きん出て目立つ者にリクルートをかけて仲間に入れようとするのは、アーロン・ルッソさんやベルナルドさんが語っていますね。政治家や芸能人はその好例でその人気を利用しながら間接的に操るということでしょう。

しかし、手下もいいとこで、いざヤバイとなれば足切りされて、ホンモノはいなくなっているという次第。結局、目だった連中だけが槍玉に上がって終りってわけ。手下はたいがい弱みを握られ脅されて指示に従うだけの小悪魔であり、自分の優位を嵩にきるジョーカー・ピエロではないかというのが拙解釈。

しかし権力の側にいるため、けっこう横暴なことが容易にできる切り札としてのジョーカーでもあります。リクルート時点からおだてられて信じっぽく、洗脳され操られやすいという性質があるから、とても危ないのです。しかし彼らは手駒であるだけで、本物から見ればこんな評価でしかありません。
null

三角バッチつけたパジャマの柄は、昔よく見かけた柄ですが、Googleの画像検索で中国の精神病棟のものにほぼ同じ柄を見つけたことがあります。つまり手下への評価とは所詮ゾンビに過ぎないということ。とすれば、イルミの会員バッチらしきものの真贋や如何にというと、偽会員が確定的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です