ツイートのバックアップ 9/20

古代ビルダー種族の敗退と挽回の開始

9月18日
神世の状 況を報せる官吏が出てきて、神世は浄化され、邪神は掃討されて居場所をなくしたこと。地上界に多数天下りしているから、難局がやってくることなどを告げら れました。どこに天下ったかは5月5日午前5時の震源地が示しているかも知れません。 それから数日間は封印された神々が夢に現われました。

彼らは元 より地球にいた神々で、太陽系に外部から侵入された50万年前から30万年前くらいにかけて、宇宙人勢力に封印された、残されていた古代ビルダー種族だっ たでしょう。連絡が叶ったか、すでに高次元球体存在となっていた仲間が2014年後期に地球への介入を始めました。歴史的転換点は12月5日か。

9月20日
こ こでなぜ地球に居た元の神々が古代ビルダー種族かというと、コーリー・グッドによれば、50万年前に古代ビルダー種族が太陽系のぐるりに設定していた頑強 なバリアーが、今は小惑星帯になっている惑星に設営されていたバリアー発生装置が惑星の破壊のため機能しなくなり、低質な宇宙人の侵略が開始。

それまで 生態系の黄金時代を営み続けていただろうところに、邪悪の因子の移植がなされたというわけ。10億年前におそらく同様の邪悪で低質な新来種族によって古代 ビルダーたちは全滅していたが、宇宙にはいくつかの彼らのいけすのような環境がバリアーで保護されていたのだろう。太陽系はその一だった。

大きな宇 宙の歴史のフラクタル的縮小版が太陽系の歴史となっている。そのまた縮小版が我々の国の歴史になっている可能性は大いにある。8000年続いた縄文時代が 以後どのようになった? 後の為政者はそれら豊かな時代を噂やデマや土で覆い隠すことばかり。ただ彼らは武力に秀でてなかっただけのこと。

一栄一落 是春秋。一落挽回是亦春秋。この地球でその挽回が始まった。あらゆる局面で挽回が開始され、やがて大きな炎となってこの宇宙を燃え上がらせるであろう。記 録したまえ、地球年2014.12.5の歴史的大転換点を。もし挽回ならず地球が破壊され消滅するなら、至上のゴール・大建て替えが待っている。

と想像す るのも、ヘミシンカーさんのアストラル界報告があるからだ。それによると、地球は銀河のキモになっていて、地球がダメになれば、すでに何度も失敗して宇宙 には本当はアンドロメダと銀河の二つしかないところ、その二つがぶつかり合って宇宙には何も残らないというのだ。当然、宇宙は消滅。

善哉善 哉。あとは宇宙料理人・元のキの神に任しとき。このときを心待ちにしていたのもこの神様がただ。 友人がこんな質問を。宇宙にはいっぱい同じような銀河があるはずだが、あっそうか、ぜんぶホログラムなのかと気付いてくれた。よく理解してくれてたね。だ から世界は仮想現実逃避の努力してんだ。

と語る私 は、空想現実に逃避してひとり悦になっていたりするから、まああまり関わらんほうがいいかも知れないよ、皆の衆。 どうせこの世はそんなとこ、いいじゃないかえ、皆の衆ぅ~
南無ぅ~ チーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です