ツイートのバックアップ 8/12

単純に言ってしまえば、シュメールの群立する都市国家の守護神とは宇宙人のア ヌンナキであり、日本の天津神も同じということなんでしょう。

気ままにトレード@自由主義 @kamisama1974
返信先: @kamisama1974さ ん、@PEGASUSTOTさ ん、@okabaeri9111さ ん
竹内文書によれば 神々は地球の日本に降り立ち、世界を創造 15人の王子と1人の王女を世界に派遣した…
2件の返信 3件のリツイート 13 いいね

竹内文書はまだ若い頃、高坂克己さんが袋に入れて背負い全国を回りながら解読 しているとのことだったので、頼もしいなと思っていたのです。焼津で一度だけお会いしました、その頃、私はもっと楽な古事記の神話の解読に掛かっていて、 それだけで夢中でした。暗号であることが見て取れたからです。

宇宙情報が頻々として入る今から思えば、天孫降臨とは宇宙人が地球計画を携え てやってきたことを物語るものとして捉えられます。ニニギに表される豊かな賑わい、文明の利器と発展のノウハウなどを移植したんですね。それによって初期 文明は開花し、これまで宇宙人の計画下で歴史は動いてきたわけです。

その辺は我々には伏されてきましたが、今ではカバールという邪悪な組織の行 なってきた犯罪が明るみに出て、その元締めが宇宙人であることが判明しています。宇宙人は地上を人間の組織で管理させようとしてエージェント・カバールを 創ったようなことだった。カバールがはるかに優秀なわけですよ。

カバールはカウボーイで、一般人類は牛などの家畜(ゴイム)という構図で今ま でやってきたのです。それが今や、人類が初めて独立を賭けて立ち上がっている光景が広がっているわけです。これこそ、神の介入だよね。これまで何度もの大 文明が興亡しリサイクルされたけど、やっと大きな希望を掴んだのです。

コーリー・グッドによれば、地球上で遺伝子実験を繰り返していた邪悪な宇宙人 組織は解体されたとのこと。そして、地球から宇宙文明に対して代表者を送り出すところまでの道筋がついたとのこと。何でも、同じような経験をしてきた惑星 の第53番目の代表として予定されているらしい。それを信じたいね。

コーリー・グッドの話をなぜ採り上げるかと言いますと、彼の話が私の趣味の推 理にいちばんフィットするからです。他にもコンタクティー話はいっぱいあるようですが、私はいままで関心がなかった。知っているのはアレックス・コリアー ぐらいで、せいぜいYoutubeで見た程度。そんなとき、超新星のように

目に留まったのがコーリーの情報でした。ガイダンスでしたが、私の心理経験と 彼の語るスフィアビーイング(球体存在)の介入の時期的なシンクロが見られたことから、詳細を知りたくなったのです。この手の話に詳しい知人はそれまでに グリア博士とかいろいろと知っていて、いきなりの新星に真贋の懸念を

示すわけですが、どうしても過去の情報に基準を置くから、とっつけないのです ね。私は目から鱗の連続。彼は比較論議。こういうとき、私自身のポリシーは、私の推理に必要となる情報はひとりでにやってくる、というものなので、調べて みようとも思わないから、彼をがっかりさせてると思います。

もうひとつ極め付けは、2018年になって発見したのですが、視聴者質問への コーリーの回答の中に、スフィアビーイングとのファーストコンタクトの仕方について、夢の中で行なわれるのがプロトコールになっていると書かれていたこ と。私も27歳頃にそれをしたのです。加えてセカンドコンタクトも33歳頃に。

これによって、私はコーリーが間違いない、というより、私にはいちばんフィッ トした情報源だと確信しました。https://bit.ly/2Z1U9kc 私には今から40年前に起きた出来事だけど、シンクロしている。彼は仮想現実を示唆しているし、彼が経験した20 to backはコンピューター縁起宇宙論からすれば妥当。

私も自分の人生は線香花火のようだとして、playback restart 式プレミアム人生経験モデルを提唱していたようなこと。なぜならば、仮想現実なら、土台はゲームソフトのようなものだからです。 この人生ソフトは、タイトルして “ある地味ぃ~でしがない救世主弥右衛門の場合” というものだったですかね。

まあ、そういうわけで、途方もない空想のようなことでしたが、地味ぃ~でしが ない一生を送ってまいりました。いや、一生ではなく、総延長1万年にも及ぶ長い工程でした。よく似た映画に All you need is kill というのがありましたか。トム・クルーズ主演で痛い目ばかりなのが痛ましい。あんなの御免。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です