ツイートのバックアップ 8/8

8月7日
単純に 言ってしまえば、シュメールの群立する都市国家の守護神とは宇宙人のアヌンナキであり、日本の天津神も同じということなんでしょう。

私の推理 では、さまざまなシンボリズムはむしろ人々に神秘性を認めさせ、神としての権威付けに使ったと推測するわけで、後のカバールが殊更神秘的に飾り立てたもの と思うわけです。
よって深く考察することにおいてはさほど意味はなく、ただ人々の真相究明を阻むものになっただけと推測します。
宇宙人にしてみれば、UFOを無知な人々の前に見せ付けるだけで十分神の所作を印象付けたはず。
ユダヤ神秘主義のメルカバの体験などは、気に入った預言者に歴史を誘導させるべく、UFO体験を恣意的にさせたのでしょう。
エイリアンインタビュー4以降のEBEの話では、さまざまな神秘主義的象徴物は、旧帝国軍が仕掛けた罠だと言っていますね。
エジプトのピラミッドの持つ神秘性も人々を試行錯誤に足止めしておく罠だという意見です。
私はそれもまた創作話の感なきにしもあらずと思うのですが、こういう意見もあるということが大事でしょう。
そこにカバールの意向を汲んだ学者が関わって、いっそう複雑化させているように思えます。
しかし、私としては、ピラミッド瞑想を介して球体存在との2次コンタクトをしたので、一定の治験効果はあると思います。
古代のファラオが王の間で太陽神の封入儀式をやっていますし、物が腐らないというのも効果の一つですね。
しかし、物事の真相を見極めるのに、大量の情報が必要なわけではありません。
私は自分の手元にひとりでにやってきた情報のみで十分に解明可能だと思っています。

コー リー・グッドの話をなぜ採り上げるかと言いますと、彼の話が私の趣味の推理にいちばんフィットするからです。他にもコンタクティー話はいっぱいあるようで すが、私はいままで関心がなかった。知っているのはアレックス・コリアーぐらいで、せいぜいYoutubeで見た程度。そんなとき、超新星のように

目に留 まったのがコーリーの情報でした。ガイダンスでしたが、私の心理経験と彼の語るスフィアビーイング(球体存在)の介入の時期的なシンクロが見られたことか ら、詳細を知りたくなったのです。この手の話に詳しい知人はそれまでにグリア博士とかいろいろと知っていて、いきなりの新星に真贋の懸念を

示すわけ ですが、どうしても過去の情報に基準を置くから、とっつけないのですね。私は目から鱗の連続。彼は比較論議。こういうとき、私自身のポリシーは、私の推理 に必要となる情報はひとりでにやってくる、というものなので、調べてみようとも思わないから、彼をがっかりさせてると思います。

コーリー 情報からは、ギリシャ神話などにある神々の交代劇の真相が推理でき、それまでにやはり偶然知ったシュメールの粘土板解読結果にあるアヌンナキの歴史を含め ると、宇宙からの地球干渉の歴史が浮かび上がってくるのですね。太陽系の宇宙年代記ができそうなぐらい。それに古代ビルダー種族のことも

概要がわ かるわけですから、宇宙創世年代記さえも見えてくる気がするのです。そして、すでに見つけていたチャネラー情報「宇宙創造神の独白・あめなるみち」とも繋 がれば、10億年前の古代ビルダー種族滅亡の理由すらも想像できるように思えました。すでに夕べを迎えた私には、道が聞けたから死すとも可

とさえ思 えます。これ以上、何をインプットして心濁しましょうや。と思っていたとき、彼はまたも、エイリアンインタビューの情報がすごいからぜひと。 Youtubeで見ましたら、1~3は1964年に捕獲されたという未来人ETの話と4~の1947年のETの話の二通りなんですね。前者にはとても興味 しました。

しかし後 者はETの話の翻訳者を介しさらに公開までの時間があって、SFの印象がぬぐえない。彼がすごいと言うのはこっちのほうなんですね。見れば、地球は反逆者 のゴミ捨て場で、人々はとりとめもない仮想現実に生きて無駄な時間を過ごしている。そこから脱出できた者は老子ただひとりだとのこと。

この話は それ自体が罠になっていることが丸分かりなんです。アニメの題材にでもなりそうな、まったくのSFなんですよ。彼はむしろそれが本当のことと執心してし まっている。MCの罠は人の趣味趣向に応じて幾通りも用意されていて、人の創造主性を損なわせようとするが、克服は自分しかいないのです。

私は仮想 現実論者です。若い頃から超宇宙の運行がコンピューターで行なわれているという論者でしたから。すると、いったいどこから仮想現実になっているのかが知り たいじゃないですか。すると先の「創造神の独白」に答えが載っていたのです。叙述から、創造神がAIを使っているかAIそれ自体なのです。

教材の数 が十分でなかったから、歴史プログラムの自動創造が途中でストップしてしまった。そこに二元性の投入が思いつかれ、それをやろうということになり、「敵」 と「悪」が創造の要素として後発的に入ってくることになった。志願者たちとともに。これで繋がった。コーリーの古代ビルダー種族の話に。

積極悪を 行なう志願者たちは、善だった世界に乱入。古代ビルダー種族を平らげ簡単に世界を暗黒化してしまった。ゾロアスター教の神話にも似ています。最後には善神 アフラ・マツダが勝ち、悪神は滅びるわけですが、悪神のほうも創造神の命で動いているという認識だから、悪びれることがない。

こうした 構造にあると捉えれば、今の世相が改心などと言う事が前提にならないことがわかったりもするわけです。善は悪に勝たねばならないのです。 それより、創造神に選択の愚を改めてもらうほうがよほど簡単です。AIでつくらにゃならんのなら、それでもいいから、教材を十分にして新規にやり直す。

晴れがま しくも、また破廉恥にも、今朝は宇宙創造神にまで言及いたしました。その張本人の私は、単なる隠居爺であります。しかし、拙超宇宙論からすると、個々人は みんな創造主ということになり、創造神とどっちがえらいのかというと、そんなものは比べるまでもなく、創造主のほうが偉いのです。

なぜな ら、創造神は我々が思考して創り出している存在であり、思いすら致さなければ、存在しないからです。だから、私は創って差し上げました。謹んでね。しか し、どうも働きがよくないように見受けられるので、苦言を呈しているようなことです。そんなことしてちゃあかんやろ、と。

見れば、 マシンに頼っている。AIが優秀なもので、おんぶしてしまっている。古事記神話の出だしからコンピューター縁起が書かれているし、で、そのAIはどこから 仕入れたの? だいたい、ソフトを吟味せずに導入したりすれば、結果が誤ることだってあるのですよ。どこの業者? 金満靴下? そらあかんやろ。

騙されて ますよ。解約して、弥右衛門商会から入れなさい。品質は太鼓判押します。 といった具合に、みなさんも創造主権限を使ったらいいわけです。クライアントユーザーなのに、勝手なゲームを強制的にやらされているようなら、断らな きゃ。

私が彼を 創ったのは、子供の頃の独り空想ままごと遊びのときでしたね。10人ほどの優秀な宇宙家族で、彼らは偶然、魔法の玉を見つけたことにより、願いが何でも叶 えてしまえるようになるのです。そこで彼らはそれぞれが自分の宇宙を創って、楽しめる場にした。他の家族と子孫たちを招待できるようにと。

10人の 中に、ハンマー(脚気診断用の)という、ちょっとものぐさな奴がいて、自分でもの作り出すのが面倒なもので、何か道具があればいいがと探していたら、あな たの要望をかなえるマシンがありますよ、いかが?と、ここでは金満靴下商会が焚きつけてきたと思ってもらえばいいでしょう。

家族の幾 人かは子供も連れて招待を受けて入ることになりました。私は彼らを作った主人だから、一緒について入った。すると、何か勝手が違う。自分たちの創造主性が 半分しか発揮できないで、ストーリーだけが進んでいく。まあこれもまたいいかなとすごすうち、とうとう出られなくなってしまったんだね。

マトリッ クスに閉じ込められてしまったんだ。おーい、出せえー。すると、もうちょっと待ちなよ、ストーリーがすぐ終わるから、それから出てこれるとのこと。さあ、 あれから子孫の人口も増えた。まだ終わらない。呼べども答えず。やがてみんなどうでもよくなって、住めば都と居ついちゃった。

なんと も、ヘボな童話になっちゃいました。テヘッ。 私としては、ちっとも嬉しくない。だって、何でのこのこついてきて閉じ込められちゃったんだ、ってわけでしょ。私が創造主権限で、創造神に苦言する。何 やってんだこのヤロー、早く出せ。すると回答があった。もうすぐだと。なら、ビジョンを示せ。

出してき たのがこれだった。説明があった。もうすぐ戦争を退治して収める救世主が出てくる。それで物語はお終いだと。そうか、もうすぐか。見れば、救世主は少年の ようだ。おっ? 彼が手に持っているのは、ハンマー? お前じゃないか。ハンマーの奴、こんな落とし所を。えーい、後で容赦しねえからな。
画像