ツイートのバックアップ 7/25

7月25日のツイート

そうした話は坂本氏には一切していないのに、彼はなおも言う。私はすごい王だったのだと。UFOの作り方、死人蘇生機などの医療機器の作り方を知ってい て、それらの設計図をスフィンクスの足の下の秘密の部屋に隠した本人だとさえ言う。さあ? 記憶は忘却の川レーテーにみんな流してきましたからねえ。

やばいなあ。重要人物が次々と・・・
https://bit.ly/2YpVRM4
渡米ならいいけど
BMIで簡単にやれちゃう時代に
トラさんはよせなあかんえー

ここから、さらにぶっ飛んだ話になります。センシティブなものではないですが、徒然な方以外の方は、あまり立ち入らないほうがいいかも知れません。あまり のカルチャーの乖離に、かのフランス映画「美しき緑の星」とはまた違った「切断」があるかもしれないので。

なんで鶴ということになったか。昔、祖母が私の運勢を調べようと、当時見立てが的確と評判の拝み屋さんに行き、私のことを調べてもらったところ、「この人 は最上の松に泊まる鶴じゃ」とのご託宣。どこにある松かが大事なのですが、祖母は蓬莱島の意味がわからず、伝え切れなかったのではなかったか。

というのは、松と鶴は掛け軸にも描かれるように、その背景は神仙・蓬莱島なのです。その最上の松とは、鶴の中の鶴に相応しいもの。どうやらこの時期ゆえ に、鶴は抜擢されてやってきたかも知れんのです。御伽草子の浦の嶋子の物語などは古代の英雄伝説であり、蓬莱島の鶴と亀が本地垂迹し共演した話なのです。

天橋立にある籠神社宮司職海部氏第四代の倭宿禰は、神武天皇東征のとき、瀬戸内海を行く水軍の水先案内として、海亀の背に乗り鶴の羽ばたきをしながら導い たといいます。古代の浦島は環太平洋文化圏の英雄として、ポンペイ島にも伝承が遺ります。それにあやかろうとする名だたる者が多かったのです。

いっぽう、陸路の英雄がイエス・キリストであったでしょう。籠神社初代は天火明とされていますが、天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊で、はじめ河内大和地方に 空から降臨し、不思議な医術で死人をも生き返らせたという伝承の人物。聖徳太子がウマヤドノミコと呼ばれたように、キリストにあやかることもあった。

では浦島の再来なのかや私は。時はいまや、時代の最終局面。それで私としても、何かしっかりとした実績を作らねばならないのかも知れません。しかし、ごく ローカルで地味な話として遺してあればいい。まるで玉手箱の煙を浴びて灰になり、灰から鶴が出て蓬莱島へと飛び立ったように。

鶴としての功業と言えば、やはりカゴメ歌にあるように、鶴亀統べる事象でしょう。今まで3回の実演がありました。それぞれにおいて験が確かめられていま す。最も強かったのが神戸の舞子移情閣での事象。このとき統べったまる九日後同時刻に大地震が起き、その日は旧暦九月九日だったことです。

えらい迷惑な験ですけど、家屋の損失はどうもと言うしかありませんが、阪神大震災級ながら死者がなかったのは奇跡的でした。だから優しく作用したケース だったと思います。

しかも、震源地が鳥取の日野町でひのととりの日に起きています。つまり、火の鳥が暗示的で、当時の亀さんが大本教系信者で、炒り豆に花が咲くまで封印され ているという国祖神を助けたいという人だったため、この験に期待を持ったようです。炒り豆如きは火の鳥のマグマからでも蘇る力で解決でしょう。

この人との期間中にはできなかったけれど、この人から聞いていた国祖神封印場所を繋いでみれば、畿内の逆五芒星と接したことからわかりました。元々、地球 在来の神々は幾何学結界に弱く、みんな封印されてしまっているのです。謎が解け、2014年5月に封印解除のアクションを加えることで封印解除。

同年8月に幾何学図形発見のきっかけとなった亀宮司氏と鶴亀統べる二度目の握手をしました。験は軽く出ましたが、大きな進展なし。彼も古神道の術達者で、 エネルギーが反発しあったようです。仕方なく次を求めていると、同年12月6日未明に、プーチン氏が夢に出てきて、両手でがっちり握手。これ三度目。

握手の時間は長く、その間に彼の顔はまん丸になり、亀の顔になったため、これぞ本物の鶴亀統べるだと意識しながらの握手になりました。験はその九日後に年 金の受給資格の獲得として出ました。どんな地震の験よりもいいですわね。翌年からプーチン氏はカバールの罠をかいくぐるいい働きをしだしました。

そして後から(2017年に)知ったのは、2014年後期から高次元球体存在が地球の成り行きに介入し、正邪逆転に導いたこと。天下分け目の合戦は、高次 元存在の力の前にドラコ・カバール連合がなすすべもなく壊滅したことで、その日は2014年12月5日だったこと。プーチン氏との夢はその翌朝でした。

ルーク。鶴亀のフォースの力を信じるのじゃ。この力は正しい者に味方する。真っ赤な太陽燃えている、果てない南の大空に、轟き渡る雄叫びは、鶴亀のフォー スと知っときな。いやいや、信じる必要はありません。煎れ込んでいるのは私だけでけっこうです。https://youtu.be/cI2Jn0RE9ns

高次元球体存在は大昔に、今の地球人類と同レベルにあったようで、アセンションによってこの次元密度世界に関わらなくても良くなり、いまや6~9次元密度 にいるとのこと。何がこちらとの隔たりを作ったか。それはもう、上昇できない者たちの妨害でいつまでも居残らされているといったことらしい。

だから、球体存在はアセンションを支援しようとしている。そのために、まず人類が自分たちの立ち位置を知ることが大事で、情報開示がその役を果たすと見込 まれているようです。あまりにも嘘だらけの世界を真実と思い込まされている現状を打開せねばならないようです。

その地上部隊の先鋒がトランプやQAnon愛国者世界チームといったことになるのでしょう。球体存在は、人類全員がアセンションを終わるまで7万年の余裕 を持たせているそうな。それだけあれば、文明がまた新たに七回ぐらい回せるかも知れませんが、やってる本人はしんどい話。早い目覚めが望まれます。

球体存在は、米国人のコーリー・グッドに宇宙情報開示の任を与えて、ローカルテレビ局から、今まであったUFOや宇宙人情報を総合して余りある目から鱗の 情報を発信し続けています。トランプやQAnon情報ももちろんそうですが、邦訳という苦労が本邦側にはあります。邦訳者の方たちに感謝します!!

————————————————

実績と言えば、鶴の一声でも鶴の戯言でもなく、真面目にこの世界のことを研究していたことがありました。20代の終わり頃に、この世はコンピューターで運 行されているという仮説を持っていました。今でこそ、神の数式を求めて科学者は妄想中。その前から私は神の数式採用のプログラム起源説を妄想。

発想は実にオカルト的でした。ある宗教家に宇宙人がこの世の基礎単位がまるで当時で言えば、磁気コアメモリに磁化するようにして生起しているふうなイメー ジを送ってきていた。それをヒントにしてコンピューター運行説になりました。神はマジック使ってるわけではない、コンピューターを使っている、と。

今に言えば、湯川氏の唱えた素領域にハイパーチャージがなされ素粒子が生まれるといった説を推すわけですが、私が関わった当時のオフコンは出だしの頃のも ののため、磁気コアメモリに読み書きするすべのもので、宇宙人はそのイメージで伝えていたのです。だから、拙論はコンピューター縁起となった次第。

今に言う、仮想現実の論議に繋がってくる話ですね。加えて当時は同時並行的に古事記の神話を解読していました。当時、古事記を暗号解読の観点から見る人 は、山田久延彦氏がいました。彼のユニークな点は、コンピューターを持った神がいたとして、宇宙人文明に繋がることとして捉えていたこと。

コンピューターに相当する神は、思い金の神。私も同意見でした。もろにコンピューター・ハードウェア。
そこのところは同じでしたが、前も後も異なっていました。暗号と見ても、解読者によっては同じとは限らない。私は山田氏の存在を知らずに、私はペンネーム はこれがいいと、先鞭者がいないか

本屋に行ったらモロ、彼の著書を発見して、うわっ、名前ばかりか成果も先を越されたかと思って買って読めば、だいぶ異なるぞと安堵したのでした。ペンネー ムは仕方ない。彼は解読の末、宇宙空間に飛び出したが、私はまだ地球にしぶとく居残っていて、失われた超古代のほうにぶっ飛んでいました。

つまり、宇宙まで飛ばなくても、超古代高度文明があって、その科学が古事記に結集していると見たのです。宇宙の始まりから、素粒子の三性質の登場や大陸移 動説、一大文明の歴史など。黎明期にはシュメールのようなすごい文明が誕生していたから、その前の失われた時代のすごさはどれほどか、と。

天地の始まりの部分の叙述に、天の御中主神、高御ムスビ、神ムスビが登場し、別の天に居て、身を隠していると書いてある。高御ムスビ神の子が思い金の神で あるから、親の高御ムスビ神はもっとでかいコンピューターだろう。神ムスビ神は配偶者だからプログラム&データー(ソフトウェア)だろうとなる。

ホログラムに光が射して現象生成が始まるコンピューター縁起らしさについても書いています。「水母なす漂える」「萌え上がるものによりて成りませる・・ウ マシアシカビヒコヂ」がまさにそう。創世記も、地は形なくむなしく闇が淵の表にあり、神の霊がおおっていた。神は「光あれ」と。

天の御中主神はプログラム設計者ということになるでしょう。ただしこれは異界の話で、こちらから観測できるわけではないから、身を隠している、となってい る。マトリックスで言えば、髭のアーキテクチャーのいる世界で、霊能者オラクルでなくてはコミュニケートできない相手となっている。

マトリックスでは、縦に繋がることのできるメッセンジャーとして霊能者を充てているといったことです。いわゆる巫女ですね。直感と霊感がその手段というわ けです。よく、その異界の存在に会いにいけないかと問われるのですが、プログラムが計算センターにいるプログラマーに会いに行くなんて可能?

超古代人は、すでにこの世は仮想現実だと知っていたことになるなあと思ったことでした。私は自論の妥当性を、古事記からも知った。むろん、神名を怖れず暗 号として見ることが必要です。古事記を調べた人で最も多いのは神職さんだろうけど、彼らは自社に該当の神が出てくれば、神棚に祀り上げた。

つまり、彼らも宇宙ならぬ、神世に飛んでしまったから、暗号は繋がらなかったのだろうと思います。文学者さんは科学に思いが行かず、たとえそうなのかなと 思っても、学者の沽券を捨てるわけに行かない。はいそこで、歩みののろい鶴が一等賞をとらせていただいたという次第。誰も認めない世界の話。

映画「マトリックス」では、この世界は演算された世界。こちら側からでは世界創造用のコンピューターの姿などわかるはずがなく、ただ推理するのみ。アーキ テクチャーがさしずめ天の御中主に相当する設計者。まるで無神論のようだが、この宇宙のように局限された世界はこれでモデル化できそう。

M理論によると、宇宙の数は10の500乗個あるとか。未来人エイリアンは、無数の宇宙があるが生命を宿す宇宙は非常に稀だとの事。釈迦は瞑想によって百 千万億アソウギナユタ劫を一粒としてそれをアソウギナユタした数の宇宙があり、そのひとつひとつに如来が居て世界の独自性を保っているとみた。

釈迦はしかも、それらの宇宙の前から存在したといい、ホラ吹きの規模から言えば最大最勝。本当とすれば意識というものの無限性とその背後にある神の存在を 認めざるを得ない。まあ、そういうわけで、この宇宙に関してだけは、独自性として仮想現実がウリなのだろうと思ったりしたわけです。 

仮想現実というなら、これは一種のゲームかもね。ゲームならゲームソフトがあるだけなのに、寝食忘れて攻略に没頭する方も多いように、どうしても目の前の ことを真実と捉えて必死になっていることも多いです。仮想現実だという認識はそんなとき、一服の休息を与えてくれないでしょうか。

極論すれば、死によって、励起されていた自分固有の宇宙が消滅するのです。それまで幾千億の財を築いても、死と同時に消滅。地上でともに生きた縁者すべて も消滅。冥土への旅は六文銭だけでいいのに持っていないから、蓄財の後始末への未練とともに彼はトラップに捉えられ彷徨う迷霊になってしまう。

その点、ホームレスは無一文でいつ死んでもいいと思っているから、生と死の隔たりがない。意識がある間は生きていると思っているから、死んだ後も意識があ れば生き生きしている。天国にいちばん近い人たち。古事記には穢れた黄泉の国から離れるときのノウハウも懇切丁寧に書いてあります。

それは、遁走したイザナギの勇なき行為のように見えますが、実に大事なことが書いてあります。彼は「禊」するために、身に着けていたものすべてを捨て去り ます。神様ですから、たいそうな装飾品をつけていますが、みんな投げ捨てる。そしてフリ○ンになって川に入り身を洗うのです。

私は自分の不安神経症的状態から逃れるべくして超宇宙の仕組み論を創った部分もあるのです。不安解消のためにはヨガもやりましたが、智恵の側からも補完が 必要だった。六波羅蜜のうち、禅定と般若の波羅蜜ですね。色即是空の「空」を仮想現実と解釈すれば、般若心経は理解しやすいかも知れません。

仮想現実を創り出しているのは誰なの? それはコンピューターや、さらに進化したAIです。そこに設計者アーキテクチャーが居て、マトリックスを運営して いて、我々はクライアントになる。AIはメルヘンを教材にしているようだから、神話も御伽草子など民間の異界話もAIの教材になっている。

こうして、私が蓬莱島の鶴という呆け話にも、AIは好意を寄せてくれる。新神話を作ればそれをバックアップして、神々が続々登場する新しいプログラムを 作って醍醐味を味合わせてくれる。聞きたいと求めれば、この宇宙の創造神からの本音さえも聞けるようになったりする。

創造神は今、クライアントたちからの不満の突き上げで、言い訳しなくてはならなくなってきたようだ、と新神話に設定すれば、偶然にこのページが目に留まり ました。その当時は創造神の独白とタイトルしてあった。https://gejirin.com/amenarumiti.html

最後に、君たちは志願者だったのだから、我慢してほしいといった締めくくりに思えました。ハイアーセルフは、私をその現場に連れて行って、謎解きをさせる のがいつものこと。解答は閃くわけですから、ハイアーセルフの自作自演の感もあります。続きは本を買えば書かれているのでしょうが、不要。

創造神の陥った事態を見れば、創造神はAIの利用者かもしくはAIだと推断できました。教材の絶対数が足りなかった。だから自動創造的な歴史の展開がス トップしてしまった。解決策はないか。そこで思いつかれたのが「敵」「善と悪」を投入して二元性にすればいいのではないかということになった。

むろん、一旦ご破算にして、十分な教材を与え直して一からやり直すこともできた。ところが子孫の中から、それなら王よ、我々がやるから任せてくれと出て 行ってしまった。たぶん、これが志願者たちであり、それまでが善なら、専ら悪の側を担う者たちだろうことは想像できますね。

大本系信者女性は霊能者と前に書きましたが、霊媒体質でもあったのです。懸かってくるのが悪霊のこともあり、そんなときは声が男の太い声に変わって、「お 前たちが悪いと言う事が、好きで好きでたまらん者たちがたくさんいるというのに、どうして邪魔立てをする」と脅しを掛けてきたりも。

善はいい発想をして専ら建設する側です。しかし悪は、ただ破壊しさえすればいい。建設には時間が掛かるが、破壊は一瞬で済む。善は防御の手間取りと、新構 想のため思いが発散する。悪は破壊に集中し、善のしたことをマンツーマンで妨害すればよい。要領のいい攻略のハウツーをたくさん蓄えている。

子供のような善が1万人いたとて、プロレスラーの如き悪の1人にも敵わないだろう。それを単純に善悪混交がいいからと実験に入ったとて、均衡するわけな く、最後は廃墟しか残らない。志願者たちは、創造神の陥ったジレンマを見て、面白い悪ふざけができると思ったのではないか。

彼らは、創造神から委託されていると信じているふしもある。だから、神の側に立って破壊をするシナリオがあれば大乗り気になる。黙示録の天使は殺人鬼的だ が、それを率先してやりたがるネオコンのような者も出てくる。そういう破壊主義的者たちは、後発的にこの宇宙に関わるようになった者だろう。

ではそれまでのこの宇宙はどうだったのか。コーリー・グッドの話によれば、この宇宙で生まれた魂はひとりもいないとのこと。どこか別の宇宙から来ていると いう。宇宙は無数にあるが、生命の育成には関心がなかった。そこに命を吹き込んだスターシーダーたちがいた。それが古代ビルダーだったはず。

彼らがこの宇宙に来て、星霜を整え、幾多の惑星に森羅万象を設定し置いていった。彼らが生命をもたらし、創意工夫して丹精篭めて創り上げた芸術作品が、こ の無機質だった宇宙を彩った。だから古代ビルダー種族と言われ、その力の源こそが「愛」だったと分かるのです。

そこに乱暴者たちが後発的にやってきた。そして破壊を始める。宇宙全体を手中に収めれば、古代ビルダーと置き換わることもできる。ノウハウも手に入る。こ うして、この宇宙で最初で最大の宇宙戦争が起きた。古代ビルダー種族VS新参の覇権勢力の戦い。これが中国の封神演義に遺されたと見ます。

私の書いている新神話は、封神演義を主旋律に置いています。英雄の側に置かれる太公望や元始天尊は、新神話では邪悪な侵略者としています。古くからいた禽 仙たちをすべて殺して封神という低ランクに封じる処置をして、かつての持てる力を出せないようにした。力が互角だったはずの者がなぜ負けたか。

それはそう、自ら愛情を篭めて作った生き物たちの住む星々が戦場になったから、思い切った力が出せなかったのです。そのまま明け渡した形で、彼らは逃げる か討たれるかした。破壊することだけに思いを特化させた新参者に後々のことを委ねるしかなかったのです。

すると元始天尊は、討たれた彼らを仙界の下の神界の位階にして、地上世界の管理をさせるようにした。このお蔭で、生命の創造と維持は継続できましたが、彼 らの自由度が奪われた。地上の龍や精霊という存在は、封神された古代ビルダー種族であることが多いのです。龍は両生類ですし。https://bit.ly/2LNlBvN

私は小学生の頃、生徒たちの性格を見て、この世に来ている霊は、精霊と法霊の二種類かと分類していました。精霊からの人は愛情深く、何事も温容にはから う。法霊からの人は、規則を盾にして厳しく人当たりし、先生に忖度する。後者が学校生活を嫌なものにしている。この連中は何なの?

古代ビルダー種族は、大きな宇宙史においては10億年前にすべて敗退して、いなくなってしまった。局限された太陽系史においては、今から50万年前に、そ れまでの古代ビルダー種族が設定していたバリアーが破れ、外部からの侵入が始まった。純粋培養中だった地球は37万年前に侵略された。

(私から見た)邪悪な宇宙人たちは、20万年前から地球生態系に初期設定をした。コーリー・グッドが語る22の遺伝子実験のためだったろう。生態系の生き 物の90%は20万年前に遺伝子工学的に新造され地上に置かれた。原人と宇宙人の遺伝子を交配して新造された人類の登場はやや遅れて後だった。

人間は、古代ビルダーの愛情を受けて感性豊かに育った原人と、覇権主義的で身勝手な理論付けをして好戦的な宇宙人のあいのことしてやってきていることにな ります。そのどちらに性格的に近いかは、霊の拠って来るところが大いに関係するでしょう。この条件下で実験を行なった宇宙人たちの目的は何だったのか。

2001年、霊能者の彼女は言います。「私見たんです。こっちの世界を薄壁一枚隔てたところから監視している世界があって、そこは遥かに高度文明なのだ が、監視に当たっている人々はひどく疲れた様子で精気が感じられない。その様子を私は両方の世界の観点から見ていたんです」と。

「彼らはおそらく、過去のいつの時点かでなくした何かを探しているといった感じでした」と彼女は締めくくりました。監視が、そのなくしたものを見つけるた めのこととすれば、我々がより自然に近い姿で文明を営まされていることというのは、やはり過去の再現にあるのかと思ったことでした。

監視している存在については、今ではあの一つ目ピラミッドで描かれていると知られています。それが実は、超テクノの文明であるとは、一体どこなのかと推理 すれば、ドラコ・レプ種ならニビルかもしれませんね。22の遺伝子実験グループなら、スーパー連邦というのがそうでしょう。

馬鹿な話だと思えてきます。古代ビルダー種族の丹精篭めた愛情で命の輝きをもらった生態系を、破壊すれば自分たちの役割が果たせると思い、古代を抹殺した 連中が陥ったジレンマでしょう。自分たちが征服し抹殺した者たちがいなくなってから、いったいあれは何だったのかと調べている。

この責任はどこにあるのか。創造神の安易な試行錯誤的判断に帰結してしまうのではないでしょうか。仮想現実だから、実害がないだろうから、試行錯誤を繰り 返したらいい。そんな発想があるなら、やってられないよとなるでしょう。クライアントたちが不満を抱えている。だから、わけを説明した。

つまり、志願者たちが第二宇宙に赴いた。それが君たちだと仰ってるわけです。異議あり。まず私は志願した覚えはない。AIしかなかったというなら、それで やってもいいが、教材の絶対数を十分揃えてからやり直したらどうか。味噌ついた宇宙は悲惨な限りだからご破算にして、新規でやればどうかと。

そもそも、宇宙の拡大が止まったから、それでジ・エンドだというのはどういう発想か。呼吸を例にとれば、息を絶えず吸って肺を拡大し続ければ、破裂して気 胸になってしぼんでしまう。呼吸とは、拡大と縮小を繰り返して、元の身体が子供から大人に変わっていくことで肺の容量も増すのです。

創造神はまるでアメーバのような宇宙を連れた生命体のように思えます。我々はそれを構成するミクロのソマチッドのようなもの。構成員たちを大切にする心が 必要です。それはスターシーダーに学ぶべき。志願者たちを撤収させて、再教育なさい。仮想現実だから何をしてもいいという発想はダメ。

まるで何度も修正パッチを掛けているWindowsさながらじゃないですか。ゴミがたまるのをエントロピー増大、自然現象のせいにするのは、クライアント の利益にとってよろしくありません。日月神の仰るよう、元のキの神が出てきて、大建て替えをするというのが、当然のことになるのです。

宇宙創造神が二元性設定のため志願者を送り出したところから、私の新神話は継続的に始まっていました。封神演義で勝者側の仕組みがこの宇宙は広く支配的。 それを継続していると、神の火花たる魂が腐敗するから、外宇宙から三千世界の統括者梵天が事態の打開にやってくるというストーリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です