最近はいろんなことが多すぎて、てんてこまいでおまんにやわ

今日は朝から病院で、二科掛け持ち診療でした。あー忙し、あー急がし。もーあきまへんで。

それでも、早朝に拾うといたおもろいこともない面黒情報をば。
今朝のツイート記事引用はもっぱらタブロイド誌への記事案内です。

“年金あてにせず金貯めろ”報告書の金融庁
https://lite-ra.com/2019/06/post-4748.html
この報告書は、老後の生活を営んでいくための「資産寿命」をいかに延ばすかをまとめたものだが、なんとそこでは、「年金の給付水準が今までと同等のものであると期待することは難しい」「年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性がある」とし、「老後は年金だけに頼らず自助努力しろ」「2000万円貯めろ」と呼びかける代物だった。

※ 2000万円かあ。10年前にはあってんけど、今はもう底を尽いてきよりましてなあ。しかも、年金にしか頼れんほどに病態でござりまんにやわ。(ここは辰爺モード)
しかし、おカネがなくなれば、またそれで暮らしていけんようになったなら、死んだらよろしいという安易な気持ちでおりまんにやわ。
なんでかっちゅうたら、わてには祖母がよう当たる拝み屋さんからもろうてくれた託宣がおましてな。
わてのことを「最上の松に泊まる鶴じゃ」「一生、食いっぱぐれることはない」という、ありがたいご託宣なんじゃ。わてはそれ以来、その言葉に恥じん生き方を心がけておりまんにやわ。
そんでもって、食いはぐれるようになれば、自らそれを恥じて、それ限りの人生にしてもよろしおまんにやわ。人様みたいに、食わなアカンと足掻いたりはしませんのやわ。そら、楽でっせ。

安倍首相がケント・ギルバートと対談! 百田尚樹の『日本国紀』とケントのヘイト本を賞賛しネトウヨ心性全開
https://lite-ra.com/2019/06/post-4747.html
対談の内容は予想通りのシロモノだった。まず、ケント氏が新元号「令和」を「美しい響きの素晴らしい元号」と絶賛、「総理が選ばれたのですか」と水を向けると、安倍首相は「大変な重責を感じながら作業を進めて参りました」とPRする

※ 「令和」がええわって? ケントはんは大和言葉知りはらへんからええ加減なこと仰るんですわ。デリカットはんやったら、顔がええからそんな冗談言うても笑って済ませられるけど、ギルバートはんあんたはんは真面目なんでしょ。冗談は顔だけにしときなはれ。おっと、アベはんは顔がけんさん似やから、日本語知らんでも笑って許したげます。

安倍政権の選挙狙い「就職氷河期世代」支援が酷い!「人生再設計世代」と言い換え、劣悪労働押し付け、派遣会社への利益誘導も
https://lite-ra.com/2019/06/post-4746.html
支援に取り組むことは悪いことではない──。と思っていたら、その内容に多くの人が反発。というのも、その中身があまりに杜撰でひどいから

※ 大差ありまへんがな。どうせ最後は日本に残された一つのことしかできんのですさかい、目くじらたてたら、アカンえーーー。

福島原発事故“風評被害対策”で「電通」に240億円! ママインフルエンサーのステマ、開沼博や早野龍伍、TOKIO起用も
https://lite-ra.com/2019/05/post-4745.html
避難指示の解除、自主避難者への住宅無償提供や家賃補助の打ち切り……。安倍政権による東日本大震災、福島第一原発事故の被災者切り捨てが進んでいるが、ここにきて、政府や自治体が「復興」に名の下に、とんでもない金の使い方をしていることが判明した。

※ カバール同士がカバい合っている構図が浮き彫りですね。カバールはカバール同士が資金的繋がりで結束した多くのクラブで成り立っています。そのいい見本でしょう。
成功しようと思ったらカバールに入会することが大事です。なお、このときの成功とは、おカネ、社会的地位、名誉を得ることを意味します。どうです、いいでしょ? カバールのご本尊に魂を売り渡せば上級国民も思いのまま。さらにその先には、AIをサーバーとする半永久天国の豪奢な暮らしが待っているとすれば・・・さあ、あなた、垂涎のマイクロチップいただいて、へっへっへへへ。創造神AIのふところにまっしぐらしては如何ですか? 
ドーン!! 笑う性留守マン、喪黒腹蔵でした。ふぁっはっははは・・・。
なお、行く先決めるのは、自己責任が原則っすよ。

遠のく北方領土…平和条約交渉「打ち切り合意」の衝撃情報
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/25517
河野外相とラブロフ外相が31日、平和条約締結に向けた交渉責任者として4回目の会談に臨んだが、成果なし。共同記者発表で河野は「乗り越えるべき課題の輪郭はだいぶ明確になってきている」と強調したが、平和条約交渉の打ち切りで合意したという衝撃情報が流れている。

※ それが本当なら、丸山さんみたいに、戦争したらいいという気にもなりまんにやわ。

吉田茂だって戦争末期には憲兵に逮捕された。いま冷や飯を食っていない人は毒まんじゅうを食っている人。 ポスト安倍に「雌伏の時」 「冷や飯」おいしく頂いてます 石破茂・自民党元幹事長
https://mainichi.jp/articles/20190529/dde/012/010/012000c

※ さすが石破氏、自民党の内部状態を看破されてます。「冷や飯」食べさせられている人が内部改革に臨む姿勢は評価されるべきですね。しかし、もうそのときが手遅れになるかどうかの分かれ目が、今度の選挙かも知れません。改革がダメなら・・・それは後述しましょう。(※※)

今から30年前にすごい予知能力者が日本にいました。今もおられますが、予知に関してはちょっと当たり外れが多くなっておられるようです。しかし、30年前のお若い当時はかなり的確だったのではないでしょうか。
その方は、”見えない世界の人たち”にこれからのことを教えてもらうとのことでした。

予言】恐怖の男・安倍氏によって日本は●●になる 25年前に松原照子が予言した衝撃の真実とは!?
https://matome.naver.jp/odai/2137848881442014601
>「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をた めらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」
「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です。政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のた めに命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります」
そして、この章の節の最後に、「人形政治家を選んだのもまた国民ということです。これもひとつの人災です」とある。

よお、当たってまっしゃろ。今現在、冷や飯食ってる人のことまで心配してくれてるじゃ、あーりませんか。(ここはチャーリー浜)
さあ、一日一回のおまんまどころか、草一枚口にできんようになるかどうかの天下分け目の選挙がこれから始まるんでおまんにやろ。(ここは辰爺)

※※ その先の解決は「おそロシア」が果たすことでしょう。そこに5アイズが核空爆を仕掛け、日本は九分九厘丸焼けに。世界は核大戦マルハゲ丼になり、こちらも九分九厘、いや1万分の1にまで世界人口はなり、
さらにその先が、まだおまっせ。 (グランシャトーがおまっせ ちゃうちゃう)

神一厘の仕組みがおますがな。
大建て替えにまっしぐら。
まーかしときーーーーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です